電気料金 安くする。 電気代が安くなる電気料金プランの選び方!あなたの家庭はどのプランがおトク?

電力会社の乗り換えで電気代は安くなる?変更する方法や注意点も紹介!

電気料金 安くする

関連記事• 具体的な節約額は? では、具体的にいくら節約できるのでしょうか。 金額の目安は以下の通りです。 今回は世帯人数ごとの標準的な使用量(総務省統計などから)で、関西電力から新電力に乗り換えた場合をシュミレーションしてみました。 世帯人数 現在の 年間電気代 年間削減額 乗り換え先 1人世帯 44352円 -2317円 2人世帯 100428円 -11902円 3人世帯 115272円 -15803円 4人世帯 131148円 -19976円 傾向として使用量が多い世帯ほどお得額・お得率が大きくなります。 地域や電気の使用状況(特に使用量)によってお得になる額が変わるので、まずはシュミレーションをしてみてください。 関連記事• 逆に高くなるケースもある 乗り換えで 逆に値上がりするケースもあるので注意が必要です。 特に値上がりの可能性が高いのは「一人暮らし世帯」と「オール電化住宅」です。 以下の記事に詳細をまとめたので、こちらもあわせてご覧ください。 平均よりも大量の電気を使う家庭でシミュレーションした結果を宣伝している会社が多いので、標準的な使用量のご家庭ではそうならないことがほとんどです。 詳細記事 乗り換えることで、値上がりする2つの「条件」を説明してます 新電力が安いカラクリは? 電力会社を新電力に 乗り換えるだけで、電気料金が安くなります。 ですが、新電力に乗り換えても停電が増えたりすることはありませんから、今までと全く変わりなく電気を使うことができます。 では、どんなカラクリがあるのでしょうか?• 関連記事• 新電力の電気料金が安い理由はこうです。 「総括原価方式」ではない 今までの電力会社は、 かかった費用を積み重ねて電気料金を決める「 総括原価方式」という方法を取っていました。 かかったコストはそのまま消費者に負担させることが出来ますし、地域独占で守られているおかげで、電気料金が高くなっても客を他社に奪われることはありませんでした。 よって、高コスト体質が染み付いていたと指摘されています。 電力会社と言うと社員の給料が高いイメージがありますが、厚生労働省の統計によると業種別で最も平均年収が高いのが電力会社を含む「電気・ガス・熱供給・水道業」です。 人件費一つとっても、 今までの電力会社は高コスト体質でした。 新電力は違います。 品質が全て同じなら、勝負出来るのは価格くらいです。 01円でも電気料金を安くするために、血の滲むような努力をしてコスト低減に努めているのです。 3段階制料金プラン 日本の電気料金プランは、使う量に応じて 単価が上がっていく「3段階制」を採用していました。 たくさん使えばお得になっていきそうですが、実はその逆で たくさん使うと割高になるように設定されています(オイルショックがきっかけ) 新電力各社はここに注目しています。 これまで割高だった、 3段階制の一番上の料金単価を大きく引き下げることで、 使用量の多い家庭の電気料金がこれまでよりお得になるようなプラン設定をしています。 元々の料金単価がかなり高く設定されていたので、値下げをするのは難しい話ではありません。 自由化前の電力各社は、3段階制料金の3段階目で利益の大部分を確保していたと言われています。 逆に、1段階目は割安であるため利益はほぼ出ません(もしくは赤字) その証拠に、新電力各社も1段階目の料金の値下げにはなかなか踏み込めていません。 関連記事• 新電力を知るための記事•

次の

エアコンの電気代を安くする方法って!?

電気料金 安くする

「あれ、水道代は安くならないの?」と思った方も多いでしょうが、今のところ水道代は頑張って節水してもらうしか方法がありません。 予めご了承ください。 本題に移りますが、 電気とガスの請求を安く方法というのは大きく分けて2つあります。 あまり使わないようにする• ちなみに私は、この方法を2度試してどちらも大幅な削減に成功しております。 冗談抜きで5分もあれば手続き完了するので、まだ試してない場合は必見です! この記事の内容• 電気・ガスを切り替えると? まず「 電気やガスを切り替えるとどうなるのか?」核心に触れておきます。 ただ、私の言葉で伝えても信憑性がないので、SNSに投稿されたものを紹介させてもらいます。 — つる 米国株投資 T10262936 今年からLooopでんきに切り替えて2か月経過したけど、明らかに安いな。 これは正解だった。 スイッチングコストもゼロだしおすすめ。 もし、不安であれば、試算もできます。 真面目な回答してしまった。 ほんとにびっくりした。 東京電力はやっぱりボッタクリだわ。 — 渡仁 niohangya ネットでも話題の「 Looopでんき・東京ガス・ENEOSでんき」に対する口コミを紹介しましたが、みんな「安くなった!」といった内容に怪しいと感じた方も多いのでは? でも本当に安くなるんですよ(笑) 一応、勘ぐられるのは嫌なので言っておきますが、電力会社をおすすめしても当サイトにメリットは一切ありません。 その証拠に外部リンクは一切設けません。 電力(ガス)自由化を活用しないと損する 2016年に電力自由化、2017年にガス自由化の法改正がされました。 詳細について説明するのは面倒なので省きますが、要は独占状態だった市場がオープンになった訳です。 関東なら東京電力、関西なら関西電力といった大手電力会社から切り替えが可能になり、ガスも同様、新たに参入してきた「 新電力・新ガス」と呼ばれる企業のサービスを利用できるようになりました。 参入企業が多すぎて諦めてしまう 新電力及び新ガスに切り替えれば間違いなく得します。 しかし、参入する企業が多すぎて「 選ぶのが面倒」と感じてしまい、超簡単な手続きなのに諦めてしまう人が多いようです。 私がはじめて切り替え先を選んだ時も、数ある中からひとつだけ選ぶのは正直面倒でした。 ただ、選び方さえ解ってしまえばめちゃめちゃ簡単な作業なんです! 業者選びは「比較サイト」で! 新電力・新ガス選びを超簡単に行うには「 比較サイト」を活用するのが一番です。 もちろん、1円も使わずに利用でき、自分で探したら数時間かかる作業が数分で完結します。 但し、無料で使える代わりに注意点もあります。 注意点• 一番お得なサービスではない可能性あり• シュミレーションの精度が微妙• メリットしか記載がない どの比較サイトも収益を上げるのが目的です。 その為、偏った情報を掲載している可能性が高く、比較サイト経由で申込みしてしまうとワナに嵌ってしまうこととなります。 そうならない為にも… 比較サイトでは申込みしない 比較サイトでは「 業者を探すだけ」にし、そのまま申込みボタンを押さないようにしましょう。 これはインターネット回線などの申込みをでも同じで、お得なのは代理店が運営している窓口となります。 「光コラボの新規申込みでやってはいけない3つのNG」でも説明されている通り、電気やガスも代理店をおすすめします。 料金のシュミレーション 比較サイトなどで良さげな業者を見つけたら、それぞれのオフィシャルサイトに訪問して「 料金シュミレーション」を行ってください。 もう一度伝えますが、オフィシャルサイトで行ってくださいねw その際、以下の情報があればスムーズに行えます。 比較サイトでシュミレーションをするとズレが大きいので、少し手間に感じても業者ごとのサイトで試算してください。 一番安いところに申込みして完了 料金シュミレーションをして最も安くなりそうなところに申込みしましょう。 比較サイトで業者選び、料金シュミレーションの作業時間は「5~10分」ぐらいあれば終わります。 たったこれだけの作業で「 年間1万円以上の節約」が出来るって凄くないですかw 今回は文字で説明したのでちょっとややこしそうに感じたでしょうが、実際にあなたがWEBで確認すれば思っている以上に超簡単です! 当然ですが、今回の方法は1円も掛かりません。 騙されたと思ってまずは行動しましょ。 参考にしても良い電力比較サイト 「比較サイトを参考にしよう!」とは言ったものの、「 新電力」とネットで検索すると星の数ほど比較サイトがヒットします。 本来であれば比較サイトを選ぶところから行う必要がありますが、さすがにその手間を考えると断念する人が増えそうなので、いくつか信頼できるところをピックアップしておきます。 利用する際は自己責任でお願いします。 新電力比較サイト 出典: 電力自由化が始まった当初からある比較サイト「 新電力比較サイト」です。 おそらく、企業ではなく個人で運営されているみたいですが、個人とは思えない充実した内容を知ることができます。 今時っぽくないデザインではあるものの、使いやすいうえ、地域別や世帯数別などでも検索可能です。 ただ、報酬目当て?と感じる新電力を推奨している一面もあるので、その辺はしっかりと見極めが必要かもしれません。

次の

動力(低圧電力)の電気代を安くする方法は3つある

電気料金 安くする

もしあなたが、いまだに東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力、このいずれの電力会社で電気料金を支払っているとしたら、毎月かなり損しています。 これまで電気は、政府から認可を受けた各地域の電力会社だけが販売を許可されていたため、独占状態の市場では価格競争は起きず、私たち消費者は各地域の電力会社から言われた電気代を支払うしかありませんでした。 ところが、2016年4月1日より、「電力小売り全面自由化(電力自由化)」が始まり、各地域の電力会社以外にも、自分で契約する電力会社選べるようになりました。 これにより、ようやくいま電気料金の価格競争が起きており、契約会社を切り替えるだけで、簡単に電気代が安くなるようになりました。 電気の契約会社を切り替えるというと何かとても大変なイメージがありますが、全くそんなことはありません。 むしろ、めちゃくちゃ楽です。 契約の切り替えと言っても、工事も不要で立会いなどもなく、ネットで切り替え申し込みをするだけで完結します。 もとの電力会社に解約の連絡をする必要もなく、家の電気は今まで通りそのまま使えます。 家の外に設置されている電気メーターが古い場合は、メーターの交換が必要になりますが、これも立会い不要で、電気会社が勝手にやってくれるので、こちらが準備したり、立会い日を決めたりする必要はありません。 おそらく、実際やってみると驚くほど簡単に切り替えが完了し、拍子抜けすると思います。 たったこれだけで、毎月1,000円ほどの電気代の節約繋がる可能性があるので、やらないのは絶対に損です。 持ち家・戸建賃貸の方はもちろん、賃貸アパート・マンションでも契約切り替えは可能です。 一部、高圧一括受電契約をしているマンションのみ、残念ながらできません。 切り替え後に停電したらどうなる?新しい電力会社が倒産したら? 電力会社の切り替えは初めてなので、色々と不安に感じる人もいらっしゃると思います。 今回はその中でも代表的な不安・疑問についてご紹介します。 電気が送られてくる電線も、電所も、これまで通り同じものです。 全く同じ製品を安く売ってる店が隣にあるのに、あえて高い値段で買う必要はないですよね。 電気も同じです。 切り替えた電力会社が倒産したらどうなるの? 参入している企業はどこも大手なので、倒産の可能性は低いですが、もちろんゼロではありません。 倒産するとなった場合、新たに電力会社を切り替える必要があります。 切り替えについても、今回と同様に簡単にできるので、安心して下さい。 仮に急遽倒産してしまった場合でも、セーフティネットが働き、新たに別の電力会社と契約を結ぶまで、送配電事業者が電力供給をしてくれることになってるので、ある日急に電気の供給が止まるということはありません。 新しい電力会社はどこが安くて、おすすめなの? もともと全国に10しかなかった電力会社(東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力)ですが、2016年の電力自由化により、450以上までその数は増えています。 この中から、選ぶのは大変ですよね。 そこで今回は、値引き率も高く、かつ電気代の値引き以外にも得点がある電気会社を紹介します。 このうちどこの電気会社に切り替えたとしても、間違いなく今より電気料金は安くなるので、すぐにでも切り替えることをおすすめします。 ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザー・インターネットユーザーは、電気代が安くなるだけでなく、スマホ代や、インターネットの料金も値引きされる「おうちでんき」がおすすめです。 ご家族でソフトバンク・ワイモバイルユーザーの場合は、こちらをチョイスするのが一番お得です。 値引き率は、プランによって異なるので、一度サイト内の電気料金シミュレーションを使ってみてください。 毎月の電気代が安くなるのに加えて、 申し込みで楽天ポイントが2,000ポイントもらえて、さらに毎月の電気料金に応じて、毎月楽天ポイントがもらえます。 キャッシュバックがあったり、電気代の値下げ率だけで見ると、他の電力会社よりも割安になる可能性が高いです。 ソフトバンクユーザーではなく、楽天カードも持っていない方で、電気代を安くしながら、年2回のお楽しみがあるので、宝くじが好きな方にはオススメです。 連番かバラかも選べますし、送られてくる宝くじは、日本一有名な「西銀座チャンスセンター」の売り場で購入されたものです。 電気同様に、ガスの自由化にも対応しており、都市ガスも切り替えるのであれば、ガス料金も毎月5%やすくなります。 電気同様に、ガスの質の違いはないので、安心してください。 どの電力会社に切り替えても、今より電気料金は安くなります! もしまだ、東京電力、関西電力、中部電力、東北電力、九州電力、中国電力、四国電力、北海道電力、北陸電力、沖縄電力で契約している方は、早速契約切り替えをして、簡単に電気代の説客をしてしまいましょう! 通常こういった契約契約は、メリットとデメリットを比べながら判断するものですが、電気自由化による電気会社の切り替えについては、デメリットがなく、メリットしかないので、契約切り替えをしないのは、単純に毎月損をしていることになります。 家計のやりくりをして、毎月1,000円の節約するのは大変かもしれませんが、電気自由化の制度を使えば、数分のスマホやパソコン作業で年間1万円以上、しかもそれを毎年節約効果が期待できます。 まだ対応をしていない方は、ぜひ今からやってみてください。

次の