ホット サンド メーカー。 【Twitterで話題!!!】ホットサンドメーカーで作る「ホットサンドじゃない」絶品レシピ3選!

【直火式・電気式】ホットサンドメーカーの種類・特徴をキッチン道具メーカー目線でご紹介!

ホット サンド メーカー

直火式ホットサンドメーカーの特徴 直火式はコンロの上などで直接火にかけて調理を行います。 コンパクトで収納しやすいです。 持ち運びやすく、キャンプなど屋外でも活躍します。 パンに具をたっぷり挟めます。 使い方• パンと具材を挟み、中火〜弱火で両面をお好みの焼き加減まで火にかけます。 使うたびに薄く油やバターを塗ると焦げ付きにくくなります。 もちろん、IHに対応した商品もあります! IH対応はガス火専用に比べて少し重くなりますが、IHとガス火のどちらでも使えるので汎用性は高いかと思います。 焼き加減が分かりにくく、パンが真っ黒に焦げてしまうこともあります。 ときどき開いて焼け具合をチェックすると失敗しにくいです。 本体がアルミニウム製のホットサンドメーカーは熱伝導が良いので、中火〜弱火で加熱しましょう。 上下をひっくり返したり、円を描くように火に当てると、まんべんなく焼き目を付けられます。 電気式ホットサンドメーカーの特徴 電気式はその名の通り電源を必要としますが、コンロのない場所で調理できます。 コンロ不要なので、リビングで家族や友人と賑やかに作ってみたり、忙しい朝にはホットサンドを焼いている間に他の作業を行うことができます! もちろん、完全に放っておく訳にはいきませんが、その場で飲み物やお皿を用意したりのことはできるかと思います。 使い方• 余熱後にパンと具材を挟んだら自動で焼き上がります。 プレートが交換できるものもあり、弊社商品ですと、ホットサンド以外にワッフルや焼きおにぎりを作れるものもあります。 機種によりますが、パンの耳を切らないと入らないものもあります。 パンに挟む具が多いと、ホットサンドメーカーが閉じない場合があります。 アルミニウム製:直火式ホットサンドメーカーのお手入れ 多くのホットサンドメーカーがアルミニウムを素材にしているかと思われます。 直火式ホットサンドメーカーの素材がアルミニウムの場合、基本的には食器用洗剤を付けてスポンジ等で洗い、水気を拭き取ればOKです! 表面に傷がついてしまうので、スチールたわし、磨き粉等は使用しないでくださいね。 本体が取り外せるものは、取り外して洗ってください。 実際に本体を取り外した様子 直火式ホットサンドメーカーの焦げ付きの落とし方(アルミニウム製) 金属製の固いものは使用せず(金属製の固いものを使用して表面を傷つけると腐食の原因になってしまいます!)、お湯に浸して焦げ付きを柔らかくしてから取り除きます。 直火式ホットサンドメーカーの塗装が剥がれた・ぶつぶつしてきた!(アルミニウム製) お手入れが不十分だったり、物をいれたままにしておくと、塗装が剥がれたり、ぶつぶつ状になる場合があります。 この状態になると、こびりつきやすくなってしまうので注意が必要です。 劣化を防ぐためには正しいお手入れの他、使うごとに薄く油を引いて調理すれば塗装が長持ちします。 また、アルミニウムは熱伝導の良い素材ですので、火力は中火以下で使いましょう。 高温になりすぎると塗装が剥がれる原因になってしまいます。 同様の理由で、過度の空焚きも注意が必要です。 アルミニウムは多量の酢や重曹に注意! 多量の酢や重曹等の酸性又は、アルカリ性のもののご使用は避けてください。 アルミニウムに腐食(サビ)が生じる事があります! 安全性が高く、便利な重曹ですが、アルミニウムとの相性はあまり良くありません。 鉄製:直火式ホットサンドメーカーのお手入れ アルミニウム素材のホットサンドメーカーが主流かと思いますが、鉄素材のものも存在します。 しかし、誠に申し訳ない話なのですが、現在弊社に鉄製ホットサンドメーカーはありません…。 それでも!フライパンや天ぷら鍋などの鉄製品を数多く取り扱っている弊社は、鉄の魅力も特徴も十分に把握しております!メーカー的にはフライパンベースになってしまいますが、鉄製品のお手入れをご紹介したいと思います。 電気式ホットサンドメーカーはプレートが取り外せるものと、取り外せないものがあります。 取り外せるプレートは直火式のものと同様に、基本的には食器用洗剤を付けてスポンジ等で洗い、水気を拭き取ればOKです。 実際にプレートを取り外した様子 取り外せないプレートは、使用後の温かいうちに水を含ませよく絞った柔らかい布や、水をしみ込ませたキッチンペーパーを使って拭き取ります。 電気式ホットサンドメーカーの焦げ付きの落とし方 使っている内に焦げ付く様になってくると、焦げ付きが癖になってしまい、その焦げ付きが中々落ちにくくなります。 この場合は、焦げ付き部分に少し多目に油を引いて通電し、焦げを少し浮かしてティッシュなどで擦り落とします。 ある程度の焦げ付きが無くなれば、問題なくご使用頂けるかと思います。 焦げ付き防止に、連続して焼く場合はプレートに残った調理クズをしっかり拭き取りましょう! 電気式ホットサンドメーカーの塗装が剥がれて来た! 直火式でも取り上げましたが、過熱やキズなどによる劣化で塗装が剥がれてくる場合があります。 こびりつきやすい場合、少し多目の油を引いてご使用ください。 電気式ホットサンドメーカーで上側が上手く焼けない! 直火式は自分で加減を見ながら熱を通せますが、電気式は自動で焼き上がります。 そこでたまに出てきてしまう、電気式ホットサンドメーカーで「下側は上手く焼けるが、上側は上手く焼けない」現象。 トースター用の食パン1枚の場合や、ホットケーキなどの比較的粘度のある柔らかい生地でご利用の場合、生地全体が下側に偏ってしまいます。 そのため、上部のプレートに上の部分が少ししか接触していない時に、下側だけが焼けてしまうのです。 そうなった場合は生地を裏返すと上手く焼けます。 単純な話ではありますが、故障を疑う前に是非お試しください。 まとめ 直火式と電気式、それぞれの特徴や使い方、お手入れについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?少しでもお役に立てれば幸いです。 手軽で便利なホットサンドメーカー。 正しく使って、長く美味しいホットサンドを楽しみましょう!.

次の

ホットサンドメーカーは意外と奥深い?4つも買った私がおすすめ10選を紹介。|湘南で暮らすキャンパーのブログ

ホット サンド メーカー

定番具材 ハム&たまごサラダサンド 定番のハム&たまごのホットサンド。 セブンイレブンに売っている「たまごサラダ」と「ハム」。 材料は2つだけ。 コンビニ食材だけで作れる簡単ホットサンドです。 ベーコンエッグチーズホットサンド 定番のベーコン、卵、チーズのホットサンドです。 ホットサンドメーカーをフライパン代わりにして、卵とベーコンを焼いてパンに乗せると洗い物が少なくて済みます。 登山や徒歩キャンプにもおすすめのレシピ。 ボリューム満点おかずサンド ななチキのチキンフィレサンド セブンイレブンに売っている「ななチキ」を使ったレシピです。 ななチキは衣に塩、コショウが混ぜ込まれているので、しょっぱくてパンに合います。 さらに、 キャベツとマヨネーズを入れて挟めば、チキンフィレホットサンドになります。 チーズ&ハンバーグ セブンイレブンに売っている「5種のチーズハンバーグ」を使ったレシピです。 このハンバーグ120円なのに、食べ応えがあってすごくコスパが良い!おすすめです。 月見つくね スーパーのお惣菜売り場にあった 大きなつくねの上に目玉焼きをどーんと乗せた「月見つくねホットサンド」です。 大きなつくねもホットサンドメーカーは余裕で挟むことができます。 ハムカツ&目玉焼き お惣菜売り場に売っていたハムカツに目玉焼きとキャベツの千切り、ソース、マヨネーズを入れたボリューム満点のホットサンド。 これは美味しかったです。 メンチカツ&チーズ コンビニで売っているメンチカツに、スライスチーズとソースを入れた簡単&お手軽ホットサンド。 キャベツの千切りを入れてもおいしそう。 大葉&チキンカツ&チーズ スーパーのお惣菜売り場で売っているチキンカツにチーズと大葉をいれたホットサンド。 大葉の風味がチーズ、カツとよく合います。 ポテトサラダ&グラタン コンビニで販売しているポテトサラダと、「ポテサラでつくるグラタンの素」で作ったホットサンド。 かなりボリューミーでした。 甘い系 メロンパン メロンパンをホットサンドメーカーで焼くと、焼き立てのさくさくメロンパンのような食感になります。 焼く前に半分に切って板チョコとバターを加えると、たまらなく美味しい!2つに切ると中からチョコレートがとろ~りします。 アップルパイ(パイシートver) ホットサンドメーカーは冷凍パイシートも挟んで焼くことができます。 鉄板にうすくバターを塗り、片面3分ずつ焼けばパイが完成します。 このレシピでは、りんごとバターを炒めたものを入れていますが、リンゴジャムでもOK。 簡単なのに、ごちそう感のあるレシピです。 アップルパイ(コンビニver) パイシートからアップルパイを焼くのはめんどう!という方はコンビニでよく見かけるヤマザキのアップルパイをホットサンドメーカーで焼くのがおすすめ。 正直、自分でパイシートから焼いたアップルパイと何も謙遜ない美味しさになります。 スイートポテトパイ アップルパイの応用編でスイートポテトパイにしてみました。 こちらも鉄板にうすくバターを塗り、パイシートを焼けばOK。 ジャンボむしケーキプレーン 冒頭で紹介した意外な食材はこちら。 「木村屋のジャンボむしケーキプレーン」です。 この昔ながらの蒸しパンを、うすくバターを塗った ホットサンドメーカーに挟むとめちゃくちゃおいしい! バター風味で、外はカリカリ、中はふわっと・・!冷やしても、そのままでも美味しいジャンボむしケーキプレーンですが、 一番の食べ方はホットサンドメーカーに挟むことだと思っています。 まるごとバナナのホットサンド こちらは、バナナをまるごと一本切らずにはさんだホットサンドです。 ホットサンドメーカーにバナナをはさむと、甘くてふわふわになります。 クリームチーズやチョコをトッピングしても美味しい。 セブンイレブンの厚切りシュガートースト セブンイレブンに売っている「厚切りシュガートースト」です。 表面にお砂糖がついているので、ホットサンドメーカーで焼くと、カリカリに焦げて美味しい。 パンは超熟が使われているので、ふわふわ!!120円で買えるのでこれは絶対に試してほしいです。 お米 ライスサンド(焼肉) モスバーガーでおなじみのライスサンドが、ホットサンドメーカーで作れるんです。 サンドの中には焼き肉を入れ、お米で挟みます。 外側のお米がホットサンドメーカーにプレスされてカリカリに。 石焼ビビンバ風の焼き肉ライスサンドになります。 最後は焼き肉のタレをつけていただきます。 変わり種ホットサンド カレーパン カレーパンをホットサンドメーカーに挟むと、焼き立てカレーパンにそのまま蘇生する感じです。 ペチャっとしていた冷たいカレーパンがカリカリの焼き立てカレーパンになります。 ハッシュドポテト 電子レンジで蒸したじゃがいもを、そのままホットサンドでプレス。 ホットサンドメーカーにバターを塗っておけば、つぶれたジャガイモの皮がバターでぱりぱりになります。 外はぱりぱり、中はほくほくの食感。 マヨネーズ、塩、コショウをお好みで着けていただきます。 カレー粉もいいですね。 鉄板にうすくバターを塗って表面を焼きます。 中はふわっと外はカリカリバター風味。 食べるときに、肉まんに餃子のタレや、ラー油をかけると立派なおつまみに変身します。 ピザまん 最後は肉まんの応用でピザまんです。 作り方はほとんど一緒ですが鉄板にはオリーブオイルを塗っています。 外はカリカリ、中はふわふわでおいしい。 いかがでしたでしょうか? このページは、ホットサンドメーカーにはさんで美味しいレシピを発見したら随時更新していきます。 また遊びに来てください! 私が愛用しているホットサンドメーカー ここまでレシピを紹介してきましたが、最後にホットサンドメーカーの紹介も。 色々なメーカーからホットサンドメーカーは販売されていますが、 ブランドによって 「パンの焼き加減」が変わってきたり、 「持ち運びやすさ」が違います。 私は直火式ホットサンドメーカーを4つ持っていますが用途によって、どのメーカーにするか使い分けています。 ここからは私が購入した4つを紹介していきます。 天下のバウルー bawloo 日本で一番最初にホットサンドメーカーを発明した元祖「バウルー」。 バウルーのホットサンドメーカーを使うと外はサクサク、中はふわふわのホットサンドが作ることができ、 「パンを丁寧に上品に仕上げてくれる」老舗のこだわり&底力を感じます。 パンそのものが美味しくなるので、個人的に 少ない具材で美味しいホットサンドを作りたい時にはバウルーを使っています。 ホットサンドメーカーの風雲児 TSBBQ TSBBQは「たくさん挟めて」、「2cmのカリカリ耳ができる」ことが特徴のホットサンドメーカーです。 TSBBQからホットサンドメーカーが発売されるまで、 「耳はどちらかといえばカリカリの方がおいしいよね」程度の存在でした。 しかし、 耳の圧着を2cmにまで拡張して 「耳がカリカリであることの重要さ」をTSBBQは世の中に知らしめたのです。 発売された当時は、一時期売り切れで買えないほど人気になりました。 使ってみるとパンの耳の概念が覆されます。 たくさん挟める事も魅力で、ステーキを2枚入れても大丈夫。 個人的には ボリュームのあるホットサンドが食べたいときにTSBBQホットサンドメーカーを使っています。

次の

ホットサンドメーカーの使い方!上手に焼くコツやお手入れ方法をご紹介

ホット サンド メーカー

定番具材 ハム&たまごサラダサンド 定番のハム&たまごのホットサンド。 セブンイレブンに売っている「たまごサラダ」と「ハム」。 材料は2つだけ。 コンビニ食材だけで作れる簡単ホットサンドです。 ベーコンエッグチーズホットサンド 定番のベーコン、卵、チーズのホットサンドです。 ホットサンドメーカーをフライパン代わりにして、卵とベーコンを焼いてパンに乗せると洗い物が少なくて済みます。 登山や徒歩キャンプにもおすすめのレシピ。 ボリューム満点おかずサンド ななチキのチキンフィレサンド セブンイレブンに売っている「ななチキ」を使ったレシピです。 ななチキは衣に塩、コショウが混ぜ込まれているので、しょっぱくてパンに合います。 さらに、 キャベツとマヨネーズを入れて挟めば、チキンフィレホットサンドになります。 チーズ&ハンバーグ セブンイレブンに売っている「5種のチーズハンバーグ」を使ったレシピです。 このハンバーグ120円なのに、食べ応えがあってすごくコスパが良い!おすすめです。 月見つくね スーパーのお惣菜売り場にあった 大きなつくねの上に目玉焼きをどーんと乗せた「月見つくねホットサンド」です。 大きなつくねもホットサンドメーカーは余裕で挟むことができます。 ハムカツ&目玉焼き お惣菜売り場に売っていたハムカツに目玉焼きとキャベツの千切り、ソース、マヨネーズを入れたボリューム満点のホットサンド。 これは美味しかったです。 メンチカツ&チーズ コンビニで売っているメンチカツに、スライスチーズとソースを入れた簡単&お手軽ホットサンド。 キャベツの千切りを入れてもおいしそう。 大葉&チキンカツ&チーズ スーパーのお惣菜売り場で売っているチキンカツにチーズと大葉をいれたホットサンド。 大葉の風味がチーズ、カツとよく合います。 ポテトサラダ&グラタン コンビニで販売しているポテトサラダと、「ポテサラでつくるグラタンの素」で作ったホットサンド。 かなりボリューミーでした。 甘い系 メロンパン メロンパンをホットサンドメーカーで焼くと、焼き立てのさくさくメロンパンのような食感になります。 焼く前に半分に切って板チョコとバターを加えると、たまらなく美味しい!2つに切ると中からチョコレートがとろ~りします。 アップルパイ(パイシートver) ホットサンドメーカーは冷凍パイシートも挟んで焼くことができます。 鉄板にうすくバターを塗り、片面3分ずつ焼けばパイが完成します。 このレシピでは、りんごとバターを炒めたものを入れていますが、リンゴジャムでもOK。 簡単なのに、ごちそう感のあるレシピです。 アップルパイ(コンビニver) パイシートからアップルパイを焼くのはめんどう!という方はコンビニでよく見かけるヤマザキのアップルパイをホットサンドメーカーで焼くのがおすすめ。 正直、自分でパイシートから焼いたアップルパイと何も謙遜ない美味しさになります。 スイートポテトパイ アップルパイの応用編でスイートポテトパイにしてみました。 こちらも鉄板にうすくバターを塗り、パイシートを焼けばOK。 ジャンボむしケーキプレーン 冒頭で紹介した意外な食材はこちら。 「木村屋のジャンボむしケーキプレーン」です。 この昔ながらの蒸しパンを、うすくバターを塗った ホットサンドメーカーに挟むとめちゃくちゃおいしい! バター風味で、外はカリカリ、中はふわっと・・!冷やしても、そのままでも美味しいジャンボむしケーキプレーンですが、 一番の食べ方はホットサンドメーカーに挟むことだと思っています。 まるごとバナナのホットサンド こちらは、バナナをまるごと一本切らずにはさんだホットサンドです。 ホットサンドメーカーにバナナをはさむと、甘くてふわふわになります。 クリームチーズやチョコをトッピングしても美味しい。 セブンイレブンの厚切りシュガートースト セブンイレブンに売っている「厚切りシュガートースト」です。 表面にお砂糖がついているので、ホットサンドメーカーで焼くと、カリカリに焦げて美味しい。 パンは超熟が使われているので、ふわふわ!!120円で買えるのでこれは絶対に試してほしいです。 お米 ライスサンド(焼肉) モスバーガーでおなじみのライスサンドが、ホットサンドメーカーで作れるんです。 サンドの中には焼き肉を入れ、お米で挟みます。 外側のお米がホットサンドメーカーにプレスされてカリカリに。 石焼ビビンバ風の焼き肉ライスサンドになります。 最後は焼き肉のタレをつけていただきます。 変わり種ホットサンド カレーパン カレーパンをホットサンドメーカーに挟むと、焼き立てカレーパンにそのまま蘇生する感じです。 ペチャっとしていた冷たいカレーパンがカリカリの焼き立てカレーパンになります。 ハッシュドポテト 電子レンジで蒸したじゃがいもを、そのままホットサンドでプレス。 ホットサンドメーカーにバターを塗っておけば、つぶれたジャガイモの皮がバターでぱりぱりになります。 外はぱりぱり、中はほくほくの食感。 マヨネーズ、塩、コショウをお好みで着けていただきます。 カレー粉もいいですね。 鉄板にうすくバターを塗って表面を焼きます。 中はふわっと外はカリカリバター風味。 食べるときに、肉まんに餃子のタレや、ラー油をかけると立派なおつまみに変身します。 ピザまん 最後は肉まんの応用でピザまんです。 作り方はほとんど一緒ですが鉄板にはオリーブオイルを塗っています。 外はカリカリ、中はふわふわでおいしい。 いかがでしたでしょうか? このページは、ホットサンドメーカーにはさんで美味しいレシピを発見したら随時更新していきます。 また遊びに来てください! 私が愛用しているホットサンドメーカー ここまでレシピを紹介してきましたが、最後にホットサンドメーカーの紹介も。 色々なメーカーからホットサンドメーカーは販売されていますが、 ブランドによって 「パンの焼き加減」が変わってきたり、 「持ち運びやすさ」が違います。 私は直火式ホットサンドメーカーを4つ持っていますが用途によって、どのメーカーにするか使い分けています。 ここからは私が購入した4つを紹介していきます。 天下のバウルー bawloo 日本で一番最初にホットサンドメーカーを発明した元祖「バウルー」。 バウルーのホットサンドメーカーを使うと外はサクサク、中はふわふわのホットサンドが作ることができ、 「パンを丁寧に上品に仕上げてくれる」老舗のこだわり&底力を感じます。 パンそのものが美味しくなるので、個人的に 少ない具材で美味しいホットサンドを作りたい時にはバウルーを使っています。 ホットサンドメーカーの風雲児 TSBBQ TSBBQは「たくさん挟めて」、「2cmのカリカリ耳ができる」ことが特徴のホットサンドメーカーです。 TSBBQからホットサンドメーカーが発売されるまで、 「耳はどちらかといえばカリカリの方がおいしいよね」程度の存在でした。 しかし、 耳の圧着を2cmにまで拡張して 「耳がカリカリであることの重要さ」をTSBBQは世の中に知らしめたのです。 発売された当時は、一時期売り切れで買えないほど人気になりました。 使ってみるとパンの耳の概念が覆されます。 たくさん挟める事も魅力で、ステーキを2枚入れても大丈夫。 個人的には ボリュームのあるホットサンドが食べたいときにTSBBQホットサンドメーカーを使っています。

次の