クリンダマイシン。 クリンダマイシン:ダラシン

ダラシン(クリンダマイシン)の作用機序:抗生物質

クリンダマイシン

また、偽膜性腸炎を起こしやすいことが知られている。 クリンダマイシンなどが有名だが、セファロスポリンも同程度の頻度で起こすことが知られている。 産生菌におけるセファロスポリンの生合成は、途中まではペニシリン生合成過程と同一であり、ペニシリンNより生合成される。 バクテロイデス属と比べ、フソバクテリウム属は長いリポ多糖を持つ。 クリンダマイシンは、フソバクテリウム属に対して最も効果のある抗生物質である。 クロラムフェニコール、カルベニシリン、セフォペラゾンもほぼ同程度の効果を持ち、次いでセファマンドールも効果がある。 原則併用療法としてはセフタジジムとクリンダマイシンの併用を行う。 B群の治療にアミカシンやシプロフロキサシンを併用する。 セフェム系薬剤に治療抵抗性を示すときには、市中獲得型MRSAも念頭に置き、ST合剤やミノサイクリン、クリンダマイシンを用いることがある。 嫌気性菌感染症では、メトロニダゾールやクリンダマイシンを用いることもある。 慢性感染になった場合の治療法は確立していないが、特に症状が出るわけではないので問題になることは少ない。 実験的にはや、アトバコンとクリンダマイシンの合剤がシスト中の緩増虫体を死滅させることがわかっている。 トキソプラズマの慢性感染が宿主に影響を与えるという研究報告がいくつかある。 そのため代替されてあまり用いられなくなった。 しかし、熱帯熱マラリアにクロロキンやメフロキンに対して耐性を持つものが多くみられるようになったことから、ドキシサイクリンやクリンダマイシンとの併用で利用される場合がある。 また熱帯熱マラリアの重症例に対しては経口投与ではなく静脈注射で利用される。 における非メバロン酸経路の発見はホスミドマイシンやその他の阻害剤が抗マラリア剤として使用できることを示している。 実際に、ホスミドマイシンはマラリア治療のためのクリンダマイシンとの併用療法が試験され、好ましい結果を収めた。 において、標的酵素のコピー数の増加がin vitroにおけるホスミドマイシン耐性と相関することが示されている。 これはアモキシシリンとは異なり皮疹を起こすリスクが低いといわれている。 それ以外にクリンダマイシン、アジスロマイシン、ミノサイクリンが用いられることがある。 蛋白合成阻害薬として、機序はマクロライド系抗生物質と同じだが、化学的構造は全く異なる。 クリンダマイシンは嫌気性菌への抗菌活性のため誤嚥性肺炎や、他の抗菌薬の併用剤として用いられることが多い。 主な使用例を以下にまとめる。 外来治療が可能な場合は安静にし、患肢挙上のうえ抗生物質の経口投与を約7日間程度行うが、それ以上かかる場合もあり、2週間ほど投与する場合もある。 セフェム系薬剤に治療抵抗性を示すときには、市中獲得型MRSAも念頭に置き、ST合剤やミノサイクリン、クリンダマイシンを用いることがある。 嫌気性菌感染症では、メトロニダゾールやクリンダマイシンを用いることもある。 しかし、レンサ球菌咽頭炎に対してその有病率から想定されるより高い割合で抗生物質が処方されている。 重度のペニシリンアレルギーのある患者にはエリスロマイシンをはじめとするマクロライド系抗生物質やクリンダマイシンが推奨される。 アレルギーが重度のなければ第一世代セファロスポリンを用いることがある。 テリスロマイシンはマクロライド耐性の肺炎球菌にも効果があるが意識障害の副作用があり、普及していない。 クリンダマイシンは非定型肺炎には効果がないがグラム陽性球菌や口腔内の嫌気性菌に効果があり誤嚥性肺炎によく使われる。 一方で、休薬後の外科的な処置が治療として有効であるとする報告もあり、結論は出ていない。 他の顎骨壊死とメカニズムが異なるため、クリンダマイシンや高圧酸素療法の適応はないとされるが、高圧酸素療法については、その有効性を示唆する報告も出ており、補助療法として用いられるなど、評価が分かれている。 現在のところ、確実に予防する方法は無いが、専門家による口腔清掃や、歯科治療前の抗生剤の投与により、発症のリスクを低下させることができるとの研究がある。 代表的なMRSAに対する抗菌薬は以下の通りである。 菌種によっては、ミノサイクリンやレボフロキサシン、クリンダマイシン、ST合剤などが、有効か中等度有効であることがある。 また、国内では適応がとれていないが、欧米ではキヌプリスチン・ダルホプリスチンも有効であることが証明され、使用が認可されている。 エリスロマイシン、クラリスロマイシンは共に副作用としての消化器症状が強く、シクロスポリンやワーファリンとの相互作用があり、更にエリスロマイシンは一日四回投与でクラリスロマイシンは一日二回投与なのでアジスロマイシンと比べると使いにくい。 マクロライド系の親戚としてはケトライド系のテリスロマイシンとリンコマイシン系のクリンダマイシンがあげられる。 テリスロマイシンはマクロライド耐性の肺炎球菌にも効果があるが意識障害の副作用があり、普及していない。 抗菌せっけんやスクラブ入りせっけんの使用は、有用な皮膚常在菌を過剰に洗い流し、且つ皮膚を刺激し悪化させる恐れがある。 現在日本では、一般的に皮膚科で処方されるニキビ治療には外用の局所抗菌剤として、クリンダマイシン、ナジフロキサシンの2種類のほか、過酸化ベンゾイルや抗炎症剤が使われている。 外用の抗菌薬が効かない場合、毛穴の詰まりを取る効果のあるトレチノインなどを使うが、トレチノインは日光に対し過敏になる作用があり慎重な処方が行われる必要がある。 CA-MRSAは、院内感染でのMRSAとは異なり、ミノサイクリンやST合剤、クリンダマイシンが有効であることが多い。 臨床症状だけでは確定診断は不可能であり、脳脊髄液あるいは血清を材料とした間接蛍光抗体法が使用される。 治療にはサルファ剤、エリスロマイシン、ドキシサイクリン、クリンダマイシンが有効であるが、筋肉の硬直、上行性麻痺を示すイヌでは予後が悪い。 効果的な予防は確立されていない。 リンパ節の腫脹は認めない場合がある。 抗菌薬投与が中心で、例としてスルバクタムとアンピシリン、ペニシリンGとクリンダマイシン等の組合せによる。

次の

クリンダマイシン外用製剤の解説|日経メディカル処方薬事典

クリンダマイシン

用法・用量 [カ]• 1回150 mg 力価 6時間ごと,重症感染症には1回300 mg 力価 8時間ごと,急性及び亜急性細菌性心内膜炎には1回300 mg 力価 6時間ごと 増減• 1日600~1,200 mg 力価 を2~4回に分注 増減 7. 作用機序• 細菌の70Sリボゾームの50Sサブユニットと強く結合して,蛋白合成を阻害する. 8. 使用上の注意 禁忌• 本剤の成分又はリンコマイシン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者 原則禁忌 慎重投与• 高齢者及び衰弱患者,大腸炎等の既往歴のある患者[偽膜性大腸炎等の重篤な大腸炎が現れるおそれがある]• ドライシロップ 未熟児・新生児• 肝障害のある患者[胆汁排泄のため,消失半減期が延長するおそれがある]• 腎障害のある患者[腎排泄は本剤の主排泄経路ではないが,消失半減期が延長するおそれがある]• アトピー性体質の患者[重症の即時型アレルギー反応が現れるおそれがある]• カプセル 食道通過障害のある患者[食道に停留し,崩壊すると,食道潰瘍を起こすおそれがある]• 重症筋無力症の患者[筋への直接作用により収縮を抑制するので,症状が悪化するおそれがある] 相互作用 併用禁忌• エリスロマイシン[細菌のリボソーム50S Subunitへの親和性が本剤より高いため,併用しても本剤の効果が現れないと考えられる] 相互作用 併用注意• 末梢性筋弛緩剤 塩化スキサメトニウム,塩化ツボクラリン等 [本剤は神経筋遮断作用を持つため,筋弛緩作用が増強される] 臨床検査値への影響 13. このデータは、主として発売時のデータであり、必ずしも現時点に適合するものではありません。 最新データについては、各種サーベイランスデータをご参考ください。 19 0. 1 0. 045 0. 045 0. 56 1.

次の

クリンダマイシン (リンコマイシン系)

クリンダマイシン

クリンダマイシンと過酸化ベンゾイル• 2019 このページで共有機能を使用するには、JavaScriptを有効にしてください。 なぜこの薬は処方されますか? にきびの治療には、クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルの組み合わせが使用されます。 クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルは、局所抗生物質と呼ばれる薬のクラスに含まれています。 クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルの組み合わせは、にきびを引き起こす細菌を殺すことによって機能します。 この薬はどのように使用すべきですか? クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルの組み合わせは、皮膚に適用するゲルとして提供されます。 通常、1日2回、朝と夕方に塗布されます。 クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルの使用を忘れないように、毎日ほぼ同じ時間に塗布してください。 処方ラベルの指示に注意深く従ってください。 理解できない部分については、医師または薬剤師に説明を求めてください。 指示通り正確にクリンダマイシンと過酸化ベンゾイルを使用します。 多かれ少なかれそれを使用したり、医師の処方よりも頻繁に使用しないでください。 ゲルを使用するには、次の手順を実行します。 患部をぬるま湯で洗い、清潔なタオルで軽くたたいて乾かします。 指先で患部にジェルの薄い層を均等に広げます。 目、鼻、口、または他の身体の開口部にゲルを入れないでください。 目に入った場合は、ぬるま湯で洗ってください。 鏡を見てください。 皮膚に白い膜が見える場合は、薬を使いすぎています。 手を洗ってください。 この薬の他の用途 この薬は他の用途に処方される場合があります。 詳細については、医師または薬剤師にお尋ねください。 どのような特別な注意事項に従う必要がありますか? クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルを使用する前に、• あなたが取っている処方薬と非処方薬、ビタミン、栄養補助食品、ハーブ製品などの薬剤師。 必ず以下のいずれかに言及してください:エリスロマイシン(EES、E-Mycin、エリスロシン)およびにきびのための他の局所薬。 医師は、薬の投与量を変更するか、副作用がないか慎重に監視する必要がある場合があります。 胃の問題、潰瘍性大腸炎(結腸と直腸の内壁に腫れと痛みを引き起こす状態がある場合) )、または抗生物質による重度の下痢。 妊娠している場合、妊娠する予定がある場合、または授乳中の場合は医師に相談してください。 クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルの使用中に妊娠した場合は、医師に連絡して、日光への不必要または長時間の暴露を避け、保護服、サングラス、日焼け止めを着用してください。 クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルは、肌を日光に敏感にする可能性があります。 治療中に肌を柔らかく保つために、医師または薬剤師に保湿剤の推奨を依頼してください。 どのような特別な食事の指示に従うべきですか? 医師からの指示がない限り、通常の食事を続けてください。 投与量を忘れた場合はどうすればよいですか? あなたがそれを覚えたらすぐに逃した線量を適用します。 ただし、次の服用の時間が近い場合は、忘れた服用をスキップして、通常の服用スケジュールを続けてください。 逃したものを補うために二重用量を適用しないでください。 この薬はどのような副作用を引き起こす可能性がありますか? クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルは副作用を引き起こす可能性があります。 これらの症状のいずれかが重症であるか、治まらない場合は医師に相談してください• 乾燥肌のかゆみ 一部の副作用は深刻な場合があります。 次の症状は一般的ではありませんが、いずれかが発生した場合は、すぐに医師に連絡してください。 便中の重度の下痢血または粘液重度の胃の痛み、または真菌の感染の徴候である可能性のある皮膚または爪のけいれんの変化 クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルは、他の副作用を引き起こす可能性があります。 この薬の使用中に異常な問題がある場合は、医師に連絡してください。 fda. この薬の保管と廃棄について知っておくべきことは何ですか? この薬は入った容器に入れ、しっかりと閉じて、子供の手の届かないところに保管してください。 室温で、余分な熱や湿気から離れて保管してください(バスルームにはありません)。 10週間後に未使用の薬を処分します。 不要な薬は、ペット、子供、および他の人が摂取できないようにするために、特別な方法で廃棄する必要があります。 ただし、この薬をトイレに流さないでください。 代わりに、薬を処分する最良の方法は、薬の回収プログラムを使用することです。 多くの容器(毎週のピルミンダーや点眼薬、クリーム、パッチ、吸入器など)は子供に安全ではなく、小さな子供でも簡単に開けることができるため、すべての薬を子供の目に見えない場所に置いておくことが重要です。 幼い子供を中毒から守るために、常に安全キャップをロックして、すぐに安全な場所に薬を置いてください。 upandaway. org 他に知っておくべき情報は何ですか? すべての予定は医師に相談してください。 あなたの髪や衣服にクリンダマイシンと過酸化ベンゾイルのゲルが付かないようにしてください。 クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルは、髪の毛や色のついた布を漂白することがあります。 他の人にあなたの薬を使わせないでください。 処方箋の補充について質問がある場合は、薬剤師に尋ねてください。 あなたが服用しているすべての処方薬および非処方薬(店頭)薬、ならびにビタミン、ミネラル、または他の栄養補助食品などの製品の書面によるリストを保持することが重要です。 医師を訪れるたびに、または入院する場合は、このリストを持参してください。 緊急の場合に携帯することも重要な情報です。 コンビネーション製品のブランド名•

次の