小島 よしお 授業。 小島よしおの算数の放課後授業 0について 知ってトクしよう

教員免許がなくても関係ねー!小島よしおの「オンライン授業」が大好評

小島 よしお 授業

そう、おっぱっぴー小学校とは、小島よしお氏が講師として出演している一連の映像授業のことである。 何を隠そう、筆者も数日前まで同校(?)の存在を知らなかった。 先日、某報道番組が取り上げたことで初めて知った次第。 まだまだ数えるほどの本数しか収録・公開されていないが、長さも1テーマあたり10分程度で、小学校低学年の子どもでも、最後まで飽きずに観ることができる仕立てになっている。 これからのリモート授業のあり方を考える上でも参考になる、と感じた。 「円周率」の回の最後のオチはご愛嬌であるが、これも最後まで観させるための仕掛けと捉えれば合点がいく。 お粗末な公立校 対応の早い私立校 3月上旬以降、新型コロナウイルスの影響により全国規模で休校が続いていることから、各校、各予備校・塾などでなんらかの代替え措置がとられている。 その方法や開始時期はさまざまであるが、総じて、公立に比べて私立や民間のほうが、格段に対応が早い。 身近なところからいくつか挙げてみたい。 【筆者が非常勤講師を務める大学・大学院(地方の大規模校)】 緊急事態宣言発出の約1週間後、4月中旬のうちに、前期授業をGW直後の開始とし、同時に前期授業はすべてメディア授業で代替えする(主にZoomとGoogle Classroomを使用)ことを決定。 【知人の子息が通う都内の私立大学附属高校】 GW以降もしばらくのあいだ登校中止。 その間は、メール添付で随時送られてきた課題に取り組み、後日提出。 5月11日からは当面の間、平日の朝一から夕方までGoogle Meetによるオンライン授業を実施。 【知人などの子息が通う公立の小・中・高校】 副教材やプリントなど、学校から課題が指定されている。 休校が続いているにもかかわらず、復習中心で単調な課題が多い。 課題の量は普段の宿題と大差ない学校が多く、映像などを活用しているという話は聞かない。 登校日が設定されることはあっても、家庭訪問はおろか、電話1本すらないらしい。 生徒は随時その動画を視聴し、各自で課題を進める。 塾によっては、Zoomなどでオンライン授業を行っているところもある。 ちなみに、筆者が主戦場としている塾・予備校では、映像授業に加えて主に3種類の対応をとっている。 一つは、生徒が映像授業を視聴した後に取り組んだ課題の一部を宿題として提出してもらい、講師は週1回程度出社して、添削したり電話フォローを行ったりしている。 もう一つは、生徒が各教科、週1本の映像授業を視聴するのと並行して、Zoomでクラス単位に学習サポートを行っている。 さらに、生徒が課題を進める中で質問したいことが出てきた際には、保護者が質問事項(テキストと画像)をサーバーにアップすると、そのお知らせが自動的に担当講師にメールで送られてくる。 講師は画像をダウンロードした後、回答(テキストと画像)を作成してサーバーにアップすると、その内容が自動的に生徒側に送られる。 いわばクローズドなストレージシステムであるが、休校要請後、急遽構築されたものである。 平常時から、映像授業やe-ラーニングを併用できる状態にあり(各教室に個人用ブースあり)、ICT(情報通信技術)に慣れている社員スタッフが多いことが幸いしたようだ。 国の対応・指示を待ってはいられない 休校要請が出されてこの方、「学習格差」が叫ばれて久しいが、国や都道府県(政令指定都市)がやることと言えば、目的決めて予算を付けることくらいで、ICTに関しては何も実行できていないに等しい。 かと思えば、ある新聞のWeb版に「オンライン学習、国が開発へ…作問から成績評価までの活用目指す」という記事(4月27日付)が掲載されたので目を通してみると…自動採点されるという点を除けば、内容も方法も活字教材で学習するのと大差ない。 「これからは5G!」という時代に、インタラクティブ性もなく、勘違いも甚だしいと感じるのは筆者だけだろうか。 記事中には「問題は、…国立教育政策研究所などと協力して拡充…」とあるが、文科省の天下り先ではないか。 呆れてものが言えないとは、まさにこのことだろう。 どの方式のリモート授業にも向き不向きがある 閑話休題。 時勢柄、テレワーク、リモートワーク…といった言葉が飛び交っているが、仕事と違って学習や授業に関しては、まだ用語の定義が確立されていない感がある。 筆者なりに整理してみると以下のようになる(タブレットなどを使って独りで取り組むe-ラーニングは除く)。 リモート授業にどの方式が向いているかは、学習の段階や目的、生徒の学力レベルや性格、受験経験の有無などによって違ってくる。 初出単元なのか復習なのか、暗記事項が多い単元なのか計算問題が中心の単元なのか、発展的な内容を理解したいのかテスト対策なのか、解説が中心なのか演習が中心なのか…。 生徒の性格や学習経験という点で言えば、一般的に学年が下がるほどリモート授業による学習は難しくなる。 生徒が大手塾に通っている個別指導先(生徒は小5)からも、映像授業に関して、「PCの前でじっとしていられなくて…」「聞き流してしまって…」「理解できてない(しづらい)みたいで…」と聞かされている。 中学生以上であっても、受験経験(成功体験)があり自宅学習の勘どころが備わっている生徒なら効果的でも、映像を視聴してもその後に何をどのように進めたらよいのかイメージできない生徒だと、一方通行の解説では成果が出づらい。 さらには、同じ映像授業という形態であっても、生徒が飽きずに集中して学習できるかどうかは、講師自身の工夫(演出)によるところが大きい。 今後、5Gの普及に伴って、リモート授業でも双方向化が進むことは間違いないが、一時的にはICT環境格差も広がることになる。 その部分は、政策でカバーしてもらうしかないが、現場にいる教師・講師の適性も大きく変化していくことだろう。 これから塾を選ぶ(私立の中・高校や大学を選ぶ際も同様)のであれば、今も続く休校要請に対して、その教育機関がどんな対応をとったのか(とれたのか)を吟味することの重要性が、一段と高まったのではないだろうか。 京都大学工学部卒。 株式会社リクルートを経て2002年3月に独立。 産業能率大学通信講座「『週刊ダイヤモンド』でビジネストレンドを読む」(小論文)講師、近畿大学工学部非常勤講師。 日頃は小~高校生の受験指導(理数系科目)に携わっている。 「SankeiBiz」「ダイヤモンド・オンライン」で記事の企画編集・執筆に携わるほか、各種活字メディアの編集・制作ディレクターを務める。 編・著書に『三国志で学ぶランチェスターの法則』『シェールガス革命とは何か』『元素変換現代版<錬金術>のフロンティア』ほか。 【受験指導の現場から】は、吉田克己さんが日々受験を志す生徒に接している現場実感に照らし、教育に関する様々な情報をお届けする連載コラムです。 受験生予備軍をもつ家庭を応援します。

次の

教員免許がなくても関係ねー!小島よしおの「オンライン授業」が大好評

小島 よしお 授業

お笑い芸人の小島よしおさん(39)が、小学生向けの「授業」で人気を集めている。 新型コロナウイルス感染拡大による臨時休校措置を受けて、YouTubeチャンネルに数本投稿し、テレビの情報番組でも披露。 ファンはもちろん、2007年に「そんなの関係ねぇ」でユーキャン新語・流行語大賞トップテン入りした「一発屋」のイメージで止まっている視聴者からも、現在の活動に驚く声が見られた。 小島さんはスタジオでも、実際に円周率(小学5年生の算数)の授業を行った。 ピザやメダル、フラフープを用いて、ときに身体に書いた「円周率」の文字を見せるなど、肉体派の芸風を生かして説明。 授業が終わると、キャスターの小倉智昭さんから「いつもの芸より面白いよ」と評される場面もあった。 ツイッターでは「日本のトレンド」に、小島さんの名前がランクインし、 「いい体の張り方だよな小島よしお」 「やっと小島よしおの時代が来たかww」 「算数の先生が小島よしおだったら絶対算数好きになってる自信ある」 「小島よしおみたいな先生いたら学校楽しかったやろうなぁと思った」 「この人、人にものを教えるのがすごく上手やねぇ。 人を話に巻き込むのが上手い。 そして相当な努力家と見ました」 といった声が出ている。 早大教育学部出身でも「教員免許は持ってねぇ!」 小島さんはYouTubeチャンネル「小島よしおのおっぱっぴーチャンネル」で、4月8日から「おっぱっぴー小学校」と題した動画をアップロードしている。 以降、小数や体積、角度といった小学生向け算数の授業を9本(5月5日13時現在)公開している。 なお、いずれの動画にも「学習監修:進学個別桜学舎」のクレジットがある。 「とくダネ!」出演後、小島さんは「背中の文字が消えないうちにYouTube用の動画として撮りたいと思います」とツイートし、番組で初披露した「円周率」の授業についても、動画投稿をほのめかしている。

次の

小島よしおユーチューブオンライン授業!算数動画が大人気!経歴とおっぱっぴー小学校の紹介

小島 よしお 授業

小島よしおさんの経歴は? 小島よしおさんの経歴を紹介します。 ・沖縄県島尻郡久米島町出身、千葉県育ち ・早稲田大学教育学部出身 ・当初はアマチュアのコントグループWAGEで活動後、ピン芸人としてデビュー ・2007年大ブレイク! 「そんなの関係ねぇ」「おっぱっぴー」が流行語大賞ノミネート かつては「おバカ芸人」として大人気となりましたが、実は偏差値65の難関大学出身。 頭がいいんですね~。 2007年のブレイク前、短編映画「下妻物語サイドストーリー」で俳優デビュー、「海の金魚」や「神様のパズル」などの映画にも出演しています。 小島よしおの算数授業が大好評 子供のアイドルで再ブレイクか YouTubeの「小島よしおのおっぱっぴーチャンネル」 — FXあき fxaki7 子供向けの体操や絵本など、本も出版している小島よしおさん。 不定期で講演絵本読み聞かせも開催しているようです。 子供の心を掴むのが上手なんですね! 【おっぱっぴー小学校】小島よしおが小学生に算数を教えるYouTube動画にジワる人続々 「おっぱっぴー」の角度を測る問題も — ここのblge kokomaru1106 大人も引き込まれる!?「おっぱっぴー小学校」 話題の「おっぱっぴー小学校」は小島よしおさんの公式チャンネル「おっぱっぴーチャンネル」で公開されています。 個人動画としては珍しく、進学塾が監修に入っているので保護者としても安心!?ですね!実際、「面白い」「勉強になる」と引き込まれる大人も多いようです。 とくダネで小島よしおさんの算数の授業やってたけど… メチャクチャ面白くて分かりやすい!!子供達へ向けた授業だけども…大人も引き込まれるわ!!! おっぱっぴー小学校に入学したい!!(笑) 小島さん、本当に頭の良い方だなぁ。 いろんなアイテム使ってて分かりやすいし、そのアイテムの手作り感がなんとも言えず味がある。 子どもたち、すごく楽しみながら学べると思います。 オススメ。 学年別の授業もある。 子供が先週からRISU、東進とオンライン授業受けてる。 おっぱぴーもGW明けにやってみよっと。 ぜひユーチューブで検索してみてください。

次の