メルカリ 写真 加工。 メルカリのアクセスが激増するたった4つの写真撮影のコツ!画像加工は不要です!

ヤフオクの出品写真で加工アプリを使わず4分割させる方法

メルカリ 写真 加工

メルカリがどんどんバージョンアップしていてパソコンからもログインできるだけではなく、出品と購入も行うことができるようになりました。 実際にメルカリのパソコン用サイトから商品購入と出品をしたところ、取引が簡単でスマホより高速に売買できましたので、使い方と出品方法のコツを詳しくご紹介したいと思います。 また、パソコンで出品する場合、デジカメや一眼レフで撮った綺麗な商品画像を使うことができます。 ここでポイントとなるのが画像(写真)加工ですが、それも無料ソフトPhotoScapeを使えば簡単にできるので合わせてご紹介したいと思います。 メルカリのアカウントをお持ちでない方は招待コード「 KUPZDU」をお使いください。 メルカリで買い物が出来るポイントが付与される招待くじを引くことができますので、購入する際にお使いいただけます。 【購入編】パソコンからメルカリで商品を購入する方法 検索画面にキーワードを入れて、欲しいものが出てきたら 「購入」ボタンを押すだけ。 スマホと全く同じ流れです。 スマホ画面を見慣れていると、パソコンでは購入ボタンが大きく感じます! 購入後は、スマホで購入した時と同じように メールで発送通知などのお知らせが届きますので安心です。 商品を検索した時に、 パソコンの方が沢山の商品を一度に見ることができます。 じっくり選びたい時にパソコンから購入するのも良いですよね。 マイページからスマホと同じようにメッセージのやりとりができる 出品者や購入者とのメッセージのやり取りは、パソコンからもできますし、もちろんスマホからの操作もOKです。 【出品編】パソコンからメルカリで出品する時の使い方と流れ 出品も意外と簡単!パソコンからメルカリにログインすると、 右下に「出品」ボタンがあります。 出品ボタンをクリックしたら 「商品の情報を入力」画面になります。 「出品画像」「商品名」「商品の説明」「商品の詳細(カテゴリー・商品の状態)」「配送について(配送料の負担・発送元の地域・発送までの日数)」「販売価格」を入力して「出品ボタン」を押します。 パソコンなら超高速でメルカリに出品できる3つの理由 出品の流れや手順自体はスマホで操作する時と同じなのですが、パソコンの方が超高速に出品できると感じた点が3点あります。 特に、スマホではコピーアンドペーストが使い辛く商品説明のテンプレートが作りにくかったので、パソコンならではのメリットがあると感じました。 ひな型としてなんとかコピーアンドペーストすることはできるのですが、操作しづらいと思っていました。 出品中の画面そのままでは文章をコピーすることができません。 パソコンからメルカリに出品してみたところ、パパッと高速で商品が売れました。 これには理由が2つあると思います。 同じような商品を色々な出品者が出品している中、より高く速く売るには、 丁寧さと安心感を感じてもらうことが大事だと思っています。 パソコンからメルカリ出品する時、デジカメや一眼レフで撮った画像(写真)を使えば商品が売れやすい スマホからメルカリ出品する時にも画像を少し加工して、明るくしたり文字入れしたりすると思うのですが、パソコンでも画像加工は簡単にできます。 パソコンから出品する場合、デジカメや一眼レフで撮った画像を出品に使用できるので、同じ商品を出品している他の出品者より綺麗な商品画像を使って出品することができて、売れやすくなります。 【すぐ売れる出品画像を作る加工方法】無料ソフトPhotoScapeやFotorブラウザ版で簡単に画像加工できる【メルカリ用に正方形で対比1:1、綺麗、文字入り出品画像制作】 メルカリの出品画像のポイントは 対比が1:1(正方形)なこと。 無料ソフトPhotoScapeの使い方 無料ソフトのPhotoScapeを使って画像加工すると簡単です。 今回は、メルカリ出品用に、1:1比率の正方形画像を作って、画像を明るくして、文字入れする方法を詳しくご紹介します。 このままでは画像が暗いのと、画像の大きさの対比が1:1になっていないのが問題です。 あまり購買意欲がわきませんよね。 この画像のまま出品すると、画像の上下に白い余白ができてしまって商品が小さく表示されてしまいます。 画像加工するには、無料ソフトPhotoScapeを起動します。 (ソフトをパソコン上にダウンロードしたらショートカットアイコンをダブルクリックで起動。 ) 真ん中の一番上にある「画像編集」というボタンをクリックします。 左上のファイル一覧から出品画像に使いたい画像を選びます。 画像を選んだら、「ホーム」タブ画面下の「リサイズ」ボタンをクリック。 「アスペクト比を保持」にチェックを入れたまま、画像の幅か高さどちらかの ピクセル数が小さい方を640にして、OKをクリックします。 (横長の写真なら「高さ」を640で「アスペクト比を保持」、縦長の写真なら「幅」を640に設定して「アスペクト比を保持」します。 それを避けるために、「アスペクト比を保持」にチェックを入れます。 次に、トリミングのタブをクリックします。 これで、今回の 横長の写真の横に長過ぎる部分を自由にトリミングして切り取ることができます。 マウスを左クリックしたままキープして動かし、画像の大きさが640x640に近づいたところでパッと離せば範囲指定ができます。 画像の大きさは画像下の「photo」という文字の横に数字が表示されています。 エンターキーを押してトリミングした大きさで画像を保存します。 (今回は640x639になってしまいましたが、およそ1:1ならOKです。 (パソコンの場合は20文字) その時に「これ良いかも!」とクリックしてもらうことが大切なので、画像にも文字を入れておくと情報量がアップしてクリックしてもらえる確率がアップします。 文字を入れるには「オブジェクト」タブから「T」(テキスト)ボタンをクリックします。 すると文字入れ画面が出てきます。 今回は、文字フォントサイズは54と大きめにしてみました。 文字を入れて「OK」ボタンを押すと、最初は文字の位置がずれています。 文字範囲をマウスでドラッグアンドドロップすると好きな位置へ移動させることができます。 文字をさらに加えて、もう少し情報量を増やします。 「新品未開封」「送料込」という情報を入れると、商品説明を読まなくても「新品で、送料無料の商品」であることが分かりますので、購入される確率がアップします。 画像の中に番号を振っておいたのは、商品説明の中でセット内容を箇条書きにするためです。 例えば、今回画像加工した化粧品セットを出品する場合、以下の様に箇条書きすると、パッと見てどんなセット内容の商品なのかが伝わりやすくなるのでおすすめです。 1:1対比の画像やコラージュ画像もテンプレートを使って簡単に作ることが出来ます。 また、文字入れや色補正(明るさ調整)などが簡単にできて、ソフトのダウンロード不要なのでオンラインならいつでも使用できるのが便利なポイントです。 使い方と実際に使った感想についてこちらの記事にまとめました。 画像加工が完成したらファイルからドラッグアンドドロップするだけ 画像の加工が完成したら、ファイルを開いてメルカリの出品画像のところにドラッグアンドドロップするだけで完成です! 正方形の画像がアップされて、商品が明るく見えて、文字も入っているので見る人にとって、分かりやすい画像となっています。 PhotoScapeの使い方はYouTube動画が超分かりやすい 慣れてくると1~2分で画像加工できますので、簡単で便利だと思います。 PhotoScape自体の使い方は、先程ご紹介したYouTube動画がとても分かりやすいと思います。 この動画をチェックしてから今回のブログ記事を読むと、ササッと画像加工できるかなと思います。 今回のブログ記事の画像も、PhotoScapeで作りました。 矢印を入れたり文字を入れたりするのも楽しいですよ。 最初は、少し面倒かなという気もするのですが、慣れてくるとパソコンからの出品する方が速くてポンポン売れるので楽しいと思います。 まとめ:メルカリがパソコンからも利用できるようになって高速で売買できる時代がやってきた 今回は、パソコンからメルカリで出品&購入する方法と、デジカメや一眼レフで撮った商品画像を簡単に加工して出品画像にする方法をご紹介しました。 スマホアプリとして人気が高いメルカリがパソコンからも利用できるようになって、さらに売買のスピードが加速してきました。 売りたい物がある人、買いたいものがある人も、スマホだけではなくパソコンも併用してみれば、もっと楽しくメルカリを利用できそうです。 メルカリが初めての方用招待コード(メルカリポイントを当ててお得に買い物しよう) メルカリのアカウントをお持ちでない方は招待コード「 KUPZDU」をお使いください。 メルカリで買い物が出来るメルカリポイントが当たる招待くじを引くことができますので、購入する際ににお使いいただけます。 合わせて読みたい(おすすめ記事) sanpogarden.

次の

ヤフオクの出品写真で加工アプリを使わず4分割させる方法

メルカリ 写真 加工

Sponsored Links ペイントは、WindowsのPCに標準ソフトとしてインストールされているので、Windowsユーザーであれば一度は利用したことがあるのではないでしょうか。 画像に色を入れたり、フリーハンドで文字を書いたりするだけのツールというイメージが強いと思いますが、ある程度の写真(画像)編集や、複数の画像を合成加工をすることができます。 今回は、ペイントで写真のサイズを変更したり、文字を入れたりと基本的な使い方から、写真の合成まで解説します。 ペイントの使い方【基礎編】写真(画像)サイズの変更や文字入力を解説 はじめに、ペイントで写真を加工するときによく利用する以下の3つの基本的な使い方を解説します。 ・写真のサイズを任意のサイズに変更 ・写真の必要な部分だけを使用する ・写真にテキスト文字を入れる 写真加工の基本になりますので、是非参考にしてください。 写真を任意のサイズに変更する ペイントに写真を表示させる• 「ファイル」をクリック• 「開く」をクリック• 編集する写真を選択• 「開く」をクリック 縦横比を保ったまま任意の写真サイズに変更する• 「サイズ変更」をクリック• 「ピクセル」を選択• 「縦横比を維持する」にチェック• 「OK」をクリック 写真のある特定の箇所だけを使用する 上記例のように、特定の部分だけを切り抜いて、任意の箇所だけの写真に変更したい場合に有効です。 任意の箇所だけの写真を作る方法は「必要箇所だけを切り抜いて新規画像として張り付ける方法」「トリミングを使用する方法」の2つあります。 参考: 参考: 必要箇所だけを切り抜いて新規画像として張り付ける方法 1. 「ファイル」から編集する写真を表示 2. 「四角形選択」をクリック 4. 始点を決めて「左クリック」したまま右斜め下にスライド 5. 終点で「左クリック」を離して選択範囲を確定 6. 選択した特定の範囲だけの画像が作成 トリミングをする方法 1~5までは「特定の箇所だけを切り抜く方法」と同様 6. 「トリミング」をクリック 7. 選択した特定の範囲だけの画像が作成 写真に文字を入力する 1. 「A(テキスト)」をクリック 2. 始点を決めて「左クリック」したまま右斜め下へスライド 3. 終点で「左クリック」を離して選択範囲を確定 4. 任意の文字を入力 5. フォントや文字サイズを設定 6. 選択範囲の背景「透明」「不透明」どちらか選択 (不透明)を選択した場合、背景色が白くなる) 7. フォント色を選択 8. 「選択範囲の縁」にマウスカーソルを合わせると自由に移動できる 9. 選択範囲外で「左クリック」するとテキストが確定 Sponsored Links ペイントの使い方【応用編】写真を合成加工する方法を解説 有料ソフトを使用しないと写真の合成ができないと思っている人も多いでしょう。 しかし、ペイントでも写真を合成する方法がありますので紹介します。 参考: 「透過処理」された画像を作る 写真の合成をするには、「透過処理」された画像を使用する必要があります。 「透過処理」とは、必要な箇所だけの画像にするため、必要のない箇所を透明(背景が見える状態)にすることです。 Microsoft PowerPointを使用して写真を透過処理する パソコンにパワーポントをインストールしている方は、パワーポイントを使用して簡単に透過処理をすることができます。 パワーポイントを起動し、透過処理したい写真をコピーして貼付 2. 画像が選択されている状態で「書式」をクリック 3. 「保持する領域としてマーク」をクリック 5. 透過処理せずに残したい部分にマウスカーソルを合わせてクリック 6. インターネット上からの画像の取得方法について解説します。 「名前を付けて画像を保存」をクリック 4. 画像名を入力 5. 「保存」をクリック」 複数の写真(画像)を合成加工する ペース(背景)として設定する画像を開く• ペイントを起動し「ファイル」をクリック• 「開く」をクリック• 画像を選択• 「開く」をクリック ベースの画像に別の画像を合成する 1. 「ファイルから貼り付け」をクリック 3. 「透過処理された画像」を選択 4. 「開く」をクリック 5. 「透明の選択」をクリック(透過処理された部分が透明に表示される) 7. 点線の枠が表示されている時に、サイズ変更、画像の移動をして調整 8. 合成写真の完成!.

次の

メルカリの写真のコツは?印象を左右する撮影のポイント

メルカリ 写真 加工

メルカリ販売において、 とても重要なことの一つに 「商品写真」 が、あります。 第一印象は見た目が9割! という言葉があるように、 メルカリでもそれは同じです。 そこで、 あなたは売れる商品と 売れない商品の違い について、分かります? 売れる商品というのは ズバリ、 見た目が良いです! 出品する商品の写真は撮り方次第で、 売れ行きが大きく変わってくるので 大事なポイントとなります。 「出品したけれど、なかなか売れない」 「上手く写真を撮ることができない」 「どうすれば綺麗に撮影できるのか分からない」 など、 写真の撮り方について 悩んでいる人も多いと思います。 今回の記事では、 商品の魅力を最大限に引き出す写真を 撮るために、 写真を撮るコツ に、ついてご紹介していきます。 メルカリで売れる商品の写真の特徴は? メルカリで売れる商品に共通している事は 写真の撮り方や見せ方が上手だという事です。 その商品がどんな色・形状なのか、サイズや質感はどうか、というように商品の情報を正確に伝えることが大事です。 ここでは、メルカリで売れる商品の写真、その特徴について解説していきます。 何の商品かがハッキリと分かる 商品が売れるためには 商品の状態がハッキリと分かる まずはそれが重要です。 新品で綺麗な状態なのか? 傷や汚れがあるのか? と、いった状態をきちんと 伝えなければいけません。 例えば、服を売るのであれば 「色」 「素材」 「シミ汚れ」など、 伝えたい情報がしっかりと写っていないと、 購入希望者が見ても把握できません。 運よく売れたとしても、 後でクレームにつながる 恐れがありますので注意しましょう。 汚れている所をアップしておいた方が、クレーム回避に繋がりますね! キレイで清潔感がある メルカリの出品ページを見ていると、 「背景がゴチャゴチャして見にくい」 「照明が暗くて商品が分かりにくい」 「撮影者の手が入っている」 というように、意外と 見づらい写真が多くあります。 服などを床に置いた状態 で、撮影している写真を よく見かけますが、 購入者側の立場に立った時に、 その商品を本当に買いたいか? ということも考えてみましょう。 メルカリの利用者の多くは女性です。 女性にはキレイで清潔感の ある写真が好まれますので、 背景や明るさなどを 意識して撮影することで、 他の出品者とも差別化 することができ効果的です。 商品の情報が分かる写真を複数枚用意する メルカリは商品の写真が 購入の判断基準として とても重要になってきます。 購入希望者が「この商品が気になる」 と思っても、写真の数が少なかったり、 同じような写真ばかりだと、 得られる情報が少ないので 購買意欲が下がってしまう 原因になります。 出品時に登録できる写真は4枚なので、 「正面の全体像」 「裏面」 「アップ」 「傷の状態」 など、 商品の情報が伝わるように 意識をして撮影しましょう! 例えばこの方は 中古のiphoneを販売していますが、 このように写真も複数あり、 傷の状態などもきちんと載せているので 商品の情報を細かく知る事ができます。 カテゴリーごとの写真のポイントについて 【本】 ・表紙 ・背表紙 ・中身 ・傷み部分 【衣類】 ・表、裏 ・タグ(ブランド名) ・コーディネート・傷み部分 【靴】 ・つま先側の上部 ・かかと側の上部 ・靴裏 ・ブランド名 ・傷み部分 【CD・DVD】 ・ケース正面 ・ケース裏面 ・傷部分 ・歌詞カードなどの付属品 【鞄】 ・外観だけでは分からない部分 ・ポケットの数 ・模様 ・ファスナーの部分 ・鞄の中の状態など。 メルカリで売れる写真の撮り方とは? 商品の情報をきちんと伝えることや、キレイで清潔感があることが大事だとお分かり頂けたと思います。 実は売れる写真を撮るのには ちょっとしたテクニックも必要になってきます。 ここでは売れる写真の撮り方について具体的に解説していきます。 あらかじめ撮影した写真を使おう! 出品で使用する写真は メルカリアプリを使って その場で撮影した写真を使う場合と アルバムから選ぶ場合の 2種類があります。 ここでは、 あらかじめ撮影した アルバムの写真を使うことを おすすめしています。 メルカリアプリのカメラ機能は 保存ができないので、 試し撮りができません。 特に慣れない内は一回で ベストショットを撮影するのは 難しいです。 通常のカメラモードで いろんな角度やシチュエーションを 試すことで、ベストショットの写真を 撮る練習にもなります。 ただし、保存されないので、同じ商品を再出品する場合、もう一度撮影しなければいけない。 再出品の際も使い回しできるので便利です。 背景は商品に合った色を選ぼう 商品を撮影する際の背景は 基本的に 「白」をおすすめします。 背景に色々なものがあると、 商品が目立たなくなってしまいます。 また白は光を反射するので、 見栄え良く撮影することができます。 白ですと清潔感もありキレイですね。 売りたい商品をきちんと見せるためには、 シンプルな白の背景が一番良いです。 ただし、商品の色が「白系」の場合は 背景に溶け込んでしまったり 輪郭がぼやけてしまうので 茶系など暖かみのある 濃い目の色にすると、 商品が映えます。 暗すぎたり、明るすぎる写真は とても見にくいので、 「少し明るめ」を意識しましょう。 自然な色合いや明るさで撮影するなら、 太陽の自然光で撮るのがおすすめです。 蛍光灯の光だと、商品の自然な色味が 撮りにくいので、実際と違った印象を 与えてしまいがちです。 実際に昼に撮ったものと 夜に撮ったものとで比べてみましょう。 左が昼で、右が夜撮ったものです。 商品の色が若干違いますよね? 本来の色合いがはっきり出やすいのは 蛍光灯などではなく 自然の明かりになります。 ですので、昼間に撮影できる人は ぜひ試してみてください! 他にも、 レフ板を使用した撮影 も、おすすめです。 レフ板とはよく人物撮影などで 使われている光を反射させる 板のことです。 小さいアイテムで、もっと気軽に 撮影したい場合はアルミホイルを使うと、 レフ板のような効果があります。 写真撮影も色々なテクニックや小道具が必要ですね!こういった一つ一つの行いが大切です! 商品は整った状態で撮影する 商品は、できるだけ キレイに見えるように整えて撮影する ことが大事です。 商品が売れるかどうかは、 写真の第一印象で決まります。 いくら感じの良いプロフィールや 商品説明を書いていても、写真のピントが 合っていないと全てが台無しです。 しっかりとピントの合った写真は、 キレイなので好印象を与えます。 撮影の際には手ぶれなどに気を付け、 ピントがボケないよう意識しましょう。 不具合のある箇所は必ず載せる 商品の欠点を隠しまま販売すると、 必ず、クレームに繋がります。 出品者は普通だと思っていることでも、 相手が同じ感覚で捉えるとは限りません。 ちょっとした不具合でも、 伝えておくようにしましょう。 不具合があると売れなくなるのでは? と、考えがちですが、メルカリでは 欠点を隠さずに正直に伝える方が 好印象を与えます。 相手の事を考え、納得してもらって 購入してもらえるようにしましょう! メルカリで使えるおすすめの画像加工アプリ5選! 「写真の加工」なんて聞くと、パソコンを使って作業するなど「少し面倒くさそう…」と思うかもしれません。 しかし最近では スマホを使って簡単に画像加工できるアプリが色々と登場しています。 明るさ調整はもちろん、文字を入れたり、女子らしく可愛い加工をすることも簡単にできます。 ここではメルカリで使えるおすすめの画像加工アプリを3選をご紹介しますのでぜひ活用してみて下さい。 LINEカメラ <LINEカメラの解説> LINEカメラは、女性を中心に 人気があるアプリです。 簡単な操作で写真加工ができることもあり、 多くのユーザーに愛用されてます。 LINEカメラでは、写真サイズを 簡単に選ぶことができます。 きれいに正方形の画像を作れたり、 スタンプや文字も簡単に 入れることができます。 画像が暗くなった場合は、 フィルター機能を使い 明るくすることもできます。 色々な角度から撮影した商品画像を、 4分割に加工することで、 伝える情報を4倍にする事が出来ます。 写真の枠は4枚までなので、 伝えたい情報が入らない場合や、 インパクトをつけたい場合に 使用すると効果的です。 また文字も入力できるので、 個性的な商品ページを作ることができます。 またフレームやテンプレートも 用意されているので、色々なパターンを 試すことがでるのも魅力の一つです。 さらに、スタイリッシュなフォントが 揃っているので文字入れも楽しめます。 Snapseed スナップシード <スナップシードの解説> スナップシードはGoogle公式のアプリで 使い勝手がとても良いアプリです。 機能が優秀で、細かい角度の変更や 明るさの微調整等に使えます。 インスタグラマーの方が多用していて 紆余曲折ありますが、最強の加工アプリ! とのことです。 マジックという機能を使うと、 アーティスティックな写真になります。 メルカリの出品に使う場合は、 基本機能で全ての加工が可能です。 売れにくいのは、商品写真に 何か問題があるのかも知れません。 明るさが足りなかったり、 逆に明る過ぎて見づらいなど。 他にも購入者が一番見たい部分が 写っているのか? ピントは合っているか? というように、 一度撮って終わりではなく、 再度撮影した写真を 見直してみることが大事です。 他の出品者と差別化するために、 画像加工アプリで独自のページを 作ってみたり、ちょっとした手間を 加える事で反応が変わるものです。 ただし、あまり加工しすぎると、 実物からかけ離れてしまいます。 いろいろと試しながら、 反応の良い、目を引く写真撮影を 目指しましょう!.

次の