三井 アウトレット パーク 横浜 ベイサイド プレ オープン。 三井アウトレットパーク横浜ベイサイドの全テナント店舗&バイト求人は?いつオープン予定?閉店建て替え再開発

Zoff三井アウトレットパーク横浜ベイサイド店が2020年6月4日(木)オープン

三井 アウトレット パーク 横浜 ベイサイド プレ オープン

Aブロック2階(1階は屋内) Aブロックの中央には木々や芝生が豊かでベンチ(新型コロナウイルスの影響で間隔確保)も充実します。 お店に入らずとも荷物を整理したり、屋外のオープンな場所で一休みできるスペースが増えてゆったりしたのはリニューアル前から施設を愛用していた身としては嬉しい変化でした。 フードコートは10店舗が集結。 ロンカフェ、、カレー&ナン ディヤ エクスプレス、梅蘭、江之島亭、全国ご当地 てっぱん屋台、白楽栗山製麺、塩ら〜めん 横濱本丸亭、難波千日前 釜たけうどん 明石焼、メレンゲ 利用時間を調整したので席は待たずに難なく確保できましたが、席数を通常時から だいぶ限定しているのでお昼に覗いた時は席を確保できない人で溢れかえっていました。 フードコート内にお手洗いも設けられていたのも地味に良かったです。 お昼に食べた栗山製麺 2階に位置するフードコートの下「 フードマーケット」には、「」や「」「スターバックスコーヒー」「ミゲル ファニ」「回転寿司 函館まるかつ水産」「成城石井」「もみじ茶屋」が個別で店舗を構えます。 フードマーケットの隣、「 フードホール」には「クラフトチーズアンドピザ ロマーノ」や「ベイサイドグリルザバーベキュー」「ベイサイドロースタリーコーヒー」などの飲食店・カフェが出店。 共用スペースで食べるスタイルのように見えました。 Aブロックでたまたま並ばずスムーズに入れるカフェがあったので、高い気温とマスクで疲れた身体を涼しいところで休ませながら最後にソフトクリームを食べてサッと帰宅。 帰るときには三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドの施設自体に入るための 入場制限が実施されて外に大行列ができていたり、一部店舗では店舗の 入場制限・整理券配布を実施するなど時間帯によってはかなりの混雑を確認。 そのため、週末の利用はもとより、もう少し落ち着いてからの利用が良さそうです。 また周辺道路もかなり混雑していたのでもし利用する際は 公共交通機関を。 同施設の公式サイトでは昨今の情勢を踏まえて、当面の間は 他県からの来館は控えてと呼びかけています。 ユニクロパークはA・B・Cブロックとは別に独立棟としてオープンしています。 また一時的にコイン式ベビーカーの貸出や館内喫煙所の休止・閉鎖を実施。 公式サイトにて最新の営業状況をご確認ください。 また来館前の検温や来館時のマスク着用、ソーシャルディスタンス確保、また当面の間は他県からの来館は避けるよう呼びかけています。 おすすめ関連情報.

次の

三井アウトレットパーク横浜ベイサイド,オープン延期,プレオープン中止,テナント

三井 アウトレット パーク 横浜 ベイサイド プレ オープン

以前は小規模だった横浜ベイサイドアウトレットが大規模リニューアルされ、 2020 年 6 月 4 日にリニューアルオープンしました! 敷地面積は約3万2000㎡とリニューアル前と同じですが、建物が3階建になり 延床面積が約 1 万 9700 ㎡から約 5 万 3000 ㎡と約 2. 7 倍に増えました。 店舗数も約 80 店舗から 2 倍となる約 170 店舗に拡大されました。 また、 駐車場も約 1200 台から約 3000 台と拡大されています。 本来は2020年4月10日にグランドオープンの予定でしたが、コロナ拡大防止のため延期となり、6月4日から時短営業でオープンしました。 三井アウトレット横浜ベイサイドの最寄駅・アクセス・駐車場は? 三井アウトレット 横浜ベイサイドは神奈川県横浜市金沢区にあります。 所在地:神奈川県横浜市金沢区白帆5番2 最寄駅とアクセス 周辺道路が渋滞する可能性がかなり高いので、電車などの公共交通機関を利用することをオススメします。 基本料金 30分250円• 最大 4時間無料!• 税込 3,000円以上の買い物で 2時間無料• 税込 6,000円以上の買い物で 3時間無料• 今回は電車で横浜ベイサイドアウトレットに行ってきた! 八景島シーパラダイスに行く時にも使うシーサイドライン。 今回はJR新杉田駅でシーサイドラインに乗り換えて行きました。 シーサイドライン新杉田駅〜最寄の鳥浜駅まで2駅、約4分です。 シーサイドラインは座れないほどの混雑具合。 ほとんどの乗客が鳥浜駅で下車しました。 かなりの乗客が鳥浜駅で下車したので、改札を出るまで少し時間がかかりました。 鳥浜駅の出口は1つなので迷うことはないと思います。 出口を出て右にある歩道橋を渡り、そのまま道なりに進むと、徒歩約5分で三井アウトレット横浜ベイサイドに到着です。 リニューアル前にも訪れたことがありますが、その時は電車もそこまで混雑していませんでした。 しかしリニューアル後は、鳥浜駅で下車し徒歩でアウトレットに行く人が増えたので、ずらずらと行列が出来ています。 なので人の後をついていけばアウトレットまで迷うことはないと思います。 三井アウトレット横浜ベイサイドの混雑状況は? オープン後すぐの平日は昼過ぎから入場制限が始まったとの口コミを見たので、お昼前の到着を目指しました。 (訪れたのは土曜日。 ) 今回訪れた日の営業時間は11:00~19:00。 営業時間は現在変則的なのでで確認したほうがいいです。 鳥浜駅には11時に到着しました。 駅から徒歩でアウトレットに向かう人はかなり多かったです。 また車で来てる人も多く、アウトレットに面した道路は渋滞していて、ほとんど進んでいないようでした。 買い物前にアウトレットの側のマクドナルドで腹ごしらえをして、11時半ごろにアウトレットに向かいました。 その時の様子がこちら。 土曜日11時半ごろの様子 オープンしてまだ30分ほどだったためか、特に入場制限もしていませんでした。 行列もなく、入り口でアルコール消毒をしたらすぐに入場できました。 店舗に関しては個別に入場制限をしているところもありました。 リンツやSABON、NIKE、coachなどの人気店は11時半時点で入場制限のため、店舗前に列ができていました。 特にNIKEは1番の激混みで、まず店舗前のQRコードで整理券を発行、入場可能時間にLINEが届くように設定します。 その後、LINEで通知された入場可能時間に店舗に行ってみると、そこからさらに50分待ちとかなりの混雑具合でした。 ただ 入場制限の行列が出来ている店舗は一部のみ で、他の店舗は スムーズに入店できる所が多かったです。 14時過ぎにアウトレットから出てみると、かなり人が増え入場制限の行列ができていました。 雨だったり炎天下の中で並ぶのはかなりキツそうです。 オープン後しばらくは混雑が予想されるので、もし 入場制限前に行きたい場合は、お昼前から行くことをオススメします。 日本最大級のマリーナと隣接!海と緑を感じる空間でショッピング! 施設コンセプトは NEW MARINA LIFE。 日本最大級のマリーナが隣接し、マリーナを眺めながらショッピングや食事をしたり、人工芝がある広場でイベントに参加したり休憩出来たりと、緑と海辺の環境を楽しみながら過ごすことができます。 マリーナを楽しめるように、海に面した場所に横浜・湘南・鎌倉など人気店を集め、海辺の心地よさを感じながら過ごせる空間になっています。 また、アウトレットは広場を囲う様に建物が立っており、真ん中のスペースは緑があふれる広場になっています。 セントラルコート フードコートの側にも緑のスペースが。 人工芝の上で子供たちが裸足で遊んだり、寝転んだり、ゆっくりと休憩できるスペースになっていました。 くじらの大屋根広場 アウトレットの側の海辺では、水際まで近づける岩場があります。 たくさんのファミリーがここで磯遊びをして賑わっていましたよ。 アウトレットの側の海辺 再入場する場合は、再入場券が必要?! 今回、アウトレットから出る際にこの再入場券をもらいました。 この再入場券がないと、またアウトレットに入りたい場合に、入場制限の列に並び直す必要があります。 入場制限時は、再入場券を見せれば列に並ばずスムーズに再入場が可能です。 オープン後しばらくは混雑が予想されるので、この再入場券をもらい忘れないようにしましょう。 三井アウトレット横浜ベイサイドには分散来館と公共機関の利用をオススメ! 三井アウトレットパーク横浜ベイサイドの 周辺道路や駐車場は大変混雑しています。 駐車場はスペースが限られ、12:00以降は特に駐車場への入庫・出庫にかなり時間がかかるようです。 車で行くよりも、 電車などの公共交通機関を利用する方がオススメです。 また、入館制限の可能性もあるため、 比較的空いている開館時間直後の来館がオススメです。 また、もしっかり行われていました。 アウトレット施設への入場の際は、アルコール消毒や入場制限を行なっていました。 またエレベーターも4人までの人数制限を行なっていました。 ベンチやフードコートも座席制限を行うなどかなりしっかり対策がとられています。 また風通しの良い屋外店舗も多いので安心でした。 三井アウトレット横浜ベイサイド 詳細• 所在地:神奈川県横浜市金沢区白帆5番2• アクセス:横浜シーサイドライン鳥浜駅徒歩5分• 電話番号:045-775-4446 受付時間11:00~19:00• 営業開始日:2020年6月4日• 詳しい営業時間はをご確認ください。 敷地面積:約32,000㎡• 延床面積:約53,000㎡• 店舗数:172店舗• 駐車台数:約3,000台• 公式HP: 三井アウトレット横浜ベイサイド隣接のユニクロパークもオススメ! 三井アウトレット横浜ベイサイドの海側に隣接する ユニクロパーク。 アウトレットと共に是非一緒に訪れたい施設です。 ユニクロパークはユニクロとジーユーの合同店舗で、3階建ての独立した建物になっています。 PLAYをコンセプトに公園が併設されています。 屋上には東京湾を一望できる公園、またすべり台、ジャングルジム、ボルダリングなどの遊具が設置されています。 買い物できる店内スペースもかなり広く、かなりの大規模建物になっています。 このユニクロパークはアウトレットとは独立した建物になっています。 ユニクロパークの後に再度アウトレットに再入場する際も、再入場券があればスムーズに再入場が可能です。 (でもその分人が少なく買い物はしやすかったです。 ) なので、今回の三井アウトレット横浜ベイサイドの大規模リニューアルを心待ちにしていました! 以前と比べ かなり大規模になっていたので、買い物のしがいがありました!(残念なのはハイブランドのテナントが少ないことです。 ) 御殿場や木更津アウトレットに比べるとまだ店舗は少ないですが、1日過ごせる規模になっています。 また、公園が併設されたユニクロパークがあったり、のんびりできる広場や海を眺められる広場があったりと、 買い物だけでなく遊んだり休憩したり、満足できるアウトレットになっています。 オープン後の混雑が落ち着いたらまた訪れたいと思います。 営業時間は変則的になっているようなので事前にを確認してから訪れるのがオススメです。 今回アウトレットで購入したもの ー・)もまたご紹介したいと思います!.

次の

Zoff三井アウトレットパーク横浜ベイサイド店が2020年6月4日(木)オープン

三井 アウトレット パーク 横浜 ベイサイド プレ オープン

三井不動産は10月9日、横浜市で全面建替え工事を推進している「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」を2020年4月10日にグランドオープンすると発表した。 <三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド> 敷地面積は約3万2000m2と建替え前と同じだが、延床面積を約1万9700m2から約5万3000m2と約2. 7倍に増床、店舗数は約80店から2倍となる約170店に拡大する。 駐車台数は約1200台から約3000台に増強する。 施設コンセプトは、「NEW MARINA LIFE」で、アジア最大級のマリーナを眺めながらのショッピングや食事、広場でのアウトドア体験イベントなど海辺の環境ならではの上質なライフスタイル提案をする。 横浜や湘南、葉山・逗子、鎌倉といった地域色を取り入れ、海辺の心地よさと賑わいを感じてもらえる滞在価値の高い施設づくりを目指す。 <施設全体図> 最大街区となるA ブロックでは、サーキット型にモールを配置し、2 階には他ブロックとの行き来をスムーズにするブリッジを設置するなど、ショッピングを充実させる回遊性を強化した。 Aブロック2・3 階は、空がひらけマリーナの空気を感じられるオープンモール、1階は季節や天候に左右されない室内型のエンクローズドモールとした。 異形態のモール空間を同ブロックに配置し、屋外の開放感と屋内の快適性の両方を享受できるショッピング環境を実現する。 <オープンモール> <エンクローズドモール> モール通路には「garage YOKOHAMA」のオリジナルプランターを配置し、洗練された感度の高い空間を演出する。 マリーナに面したCブロックは、海辺の倉庫をイメージした三角の切妻屋根が連続した外観デザインを採用する。 東側にはフードコートを配置、西側には「BAYSIDE FOOD HALLが出店するなど飲食機能を集積する。 海側の飲食店舗とフードコートには、潮風を感じられる開放的なテラス席を設け、海辺の環境ならではの賑わいを演出する。 <海沿いのテラス席> マリーナの魅力を最大限に活かし、海に面したエリアを中心に、飲食機能を充実・強化。 商業施設初出店店舗や、横浜・湘南・鎌倉など地元の人気店など、「ここならでは」の店舗を集積。 ランチからディナーまで、幅広い世代のお客さまにくつろいでいただける、新たな滞在価値を提供する。 江の島・鎌倉の人気店や、横浜エリアで話題のラーメン店など商業施設初出店3店を含む10店が集結。 テイクアウトメニューも充実し、屋内だけでなく、テラス席や広場などでも自由に食事が楽しめる。 <フードコート> 「ここに訪れる楽しさ」「海辺の賑わい」を提供する、これまでにないフードホール「BAYSIDE FOOD HALL」が出店。 アウトレット初出店の高品質な食品を取り扱うグローサリーショップや、こだわりの食材を使ったSNSで人気のスイーツショップなど、日常を豊かに彩る話題の食物販店舗が出店する。 専門店では、アウトレット日本初出店12店、関東初出店3店のほか、人気海外ブランド、セレクトショップ、上質なライフスタイルを提案するブランドや地元の名店、幅広い世代が楽しめる飲食店舗が多数出店する。 DIESELのカフェ併設新業態「DIESEL/Glorious Chain Cafe」、日本初出店の「FREDY&GLOSTER OUTLET」、関東商業施設初出店で、「植物と暮らす」をコンセプトに、植物とそれに合うインテリアを扱うグリーンショップ「garage YOKOHAMA」などを誘致する。 アウトドアの「mont-bell/mont-bell factory outlet」は、施設中心部に位置する中庭のボルダリングウォールで、ボルダリング教室を開催する。 ワイングラスのリーデルの新業態「RIEDEL THE CELLAR Ginza」では、ワインのテイスティングセミナーを開催し、好みやスタイルに合うワイングラスを提案する。 キッチン用品の「COOK&DINE HAYAMA」では、鉄鍋を使った料理の美味しさ・楽しさを体感できる、手作りベーコン講座やローストビーフ講座のほか、溶接体験講座やペイント教室など、アウトドア系イベントも開催する予定だ。 <セントラルコート> ショッピングの途中やお帰り前に一息つきたいお客さまや、外で遊びたい子どもたちを迎える2000m2超の大規模な中庭「セントラルコート」を配置。 大きな桟橋のデザインを中心に、3つのゾーンを形成する。 コンテナをイメージしたカラフルな外壁によって、マリーナに隣接する施設にふさわしい賑わいの空間を演出する。

次の