茨城 あおり 運転 女。 “あおり運転殴打”宮崎容疑者(43)過去にも逮捕歴 女性を監禁か

【速報】煽り運転&暴行を加えた男性と同乗していた女性に逮捕状請求へ。更に代車を返却した代理人は男性の従業員であることも【動画有】

茨城 あおり 運転 女

茨城県守谷市の常磐自動車道で10日、男性会社員(24)があおり運転を受け、車を停止させられた上、殴られた事件で、傷害容疑で茨城県警から指名手配された宮崎文夫容疑者(43)が18日、大阪市内の自宅マンション近くの駐車場で県警に身柄を確保され、逮捕された。 同県警は一緒にいたスーツケースを持った容疑者の交際相手の喜本(きもと)奈津子容疑者(51)も犯人隠避容疑で逮捕した。 宮崎容疑者は日付が変わった19日午前0時5分過ぎ、移送先の茨城県警取手署に到着した。 宮崎容疑者は事件から9日目、16日の指名手配から2日後に逮捕された。 捜査関係者によると「殴ったことに間違いない」と容疑を認めているという。 18日午前11時ごろ、大阪市の自宅マンションから現れると、張り込んでいた茨城県警の捜査員たちに取り囲まれた。 帽子をかぶり、マスクとサングラスで顔は隠していた。 付近の駐車場で捜査員に車に押さえつけられながらも、大声を張り上げ「暴れてない」「自分で出頭する」などと抵抗。 捜査員が連れて行こうとしていた東住吉署は「嫌だ」などと主張し、別の生野署に出頭したいと叫んだ。 宮崎容疑者の手には、事件の際に車に同乗していた女性が持っていた黒のガラケーとは別のピンク色の「ガラケー」があった。 近くには、スーツケースを持った容疑者の交際相手の喜本容疑者の姿もあった。 喜本容疑者は黒いガラケーを持っており「(宮崎容疑者を)絶対に生野署に連れてってくださいね」などと大声で訴えた。 喜本容疑者は、傷害事件時に宮崎容疑者の車に同乗し、被害者を撮影していた「ガラケー」の女だった。 宮崎容疑者は「そっちに一緒に乗りますから」と喜本容疑者と同じ車に乗りたい様子。 喜本容疑者も「こっちに一緒に乗るから」などと警察に訴えた。 押し問答の末、2人は別の警察車両に乗せられ、午前11時30分ごろ、車が出発。 大声が飛び交う騒ぎに多くの近隣住民が駆けつけ、騒然となった。 宮崎容疑者の逮捕容疑は10日午前6時15分ごろ、茨城県守谷市の常磐道上り線の守谷サービスエリア付近で茨城県阿見町の男性会社員の車を停止させ、「殺すぞ」などと言いながら男性の顔を複数回殴り、けがをさせた疑い。 宮崎容疑者に白いSUV車を貸し出した神奈川県内のドイツ製高級車販売店によると、7月21日の貸し出しから今月11日に「代理人」を名乗る男女3人が返却するまで2000キロを走行。 返却時には後部ハッチとリアバンパーに傷が付いていた。 この間、7月23日には愛知県岡崎市と静岡市で同じ車によるあおり運転が発生していた。 宮崎容疑者を乗せた車は18日午後2時半ごろ、大阪府警東住吉署から500キロ以上離れた移送先の茨城県警取手署に向け出発。 混雑する新幹線は避けたのか、Uターンラッシュの中、警察車両で9時間半以上が経過した、19日午前0時5分過ぎに取手署に到着。 車内で顔を手で覆って上体を伏せ、顔は見えなかった。 【佐藤勝亮】.

次の

茨城あおり運転のドラレコ映像!犯人の男と女の顔画像は?逮捕は目前か⁉︎|エンタナビ

茨城 あおり 運転 女

母親は亡くなっとるし、お姉さんは距離を置いとるようだし、友達もいてへんから」 と地元の男性は言う。 茨城県守谷市の常磐自動車道で'19年8月、前を走る車をあおって無理やり停車させ運転手の男性を「殺すぞ」などと恫喝。 何発も殴って傷害容疑で逮捕された大阪市出身の会社役員・宮崎文夫容疑者(44)のことだ。 傷害容疑は処分保留とされたが、強要罪で再逮捕。 刑事責任能力を調べる鑑定留置の期限が12月23日までとなっており、先行きが注目される。 先に釈放された女性の行方 しかし、鑑定がどう転んだとしても、宮崎容疑者にとって重大事態が起こっていた。 「遺産として姉らと分割相続した大阪市東住吉区の7階建てマンションについて、宮崎容疑者の持ち分が差し押さえられたんですわ。 大阪地裁が11月に強制競売の開始を決め、粛々と手続きが進んでいる。 このまま売られたら、自宅にしとる最上階のペントハウスから退去せにゃならん」 とマンション関係者。 宮崎容疑者は、このマンションに恋愛相手を住まわせるなど好き勝手に使ってきた。 「女性は釈放後、大阪では見かけない。 マンション玄関の容疑者宅ポストは郵便物であふれ返っているのに、身内もあの女性も誰も片づけようとしないらしい。 元のサヤに収まる気はないんじゃないか」(近所の住民) 容疑者には税金の滞納があるほか、大手信販会社に対する車などのローンが残っているとみられる。 ほかにも債権者がおり、持ち分の競売によって返済させたいようだ。 「12月初めには裁判所職員5~6人が現地調査を実施している。 マンション住人も協力を求められ、各部屋の間取りや使用状況を写真に撮っていったそうだ」(同・住民) 件の女性に話を聞くため、実家のある神奈川県川崎市へ。 近所の女性は「最近ちょっと変化があった」と話す。 「12月中旬に彼女の自宅の電気がついていることに気づいたんです。 本人か近い人が室内に入ったのは間違いない。 でも生活音や水の音は全くしないし、日中も電気はつきっぱなしなので、ここで暮らしてはいないみたい」(同女性) インターホンを押しても応答はない。 ポストの投函口にはなぜかピンク色のガムテープが張られ、郵便物などが入れられないように細工してあった。 親類に連絡し、取材依頼の伝言を頼むと、 「そういう話はいいや」と断られた。 前出の大阪のマンション関係者は言う。 あの凶暴な性格は直らんよ。 母親も手を焼いて怖がっていた。 交際していた女性は大阪には戻ってこんほうがええと思う」 すべてを失いそうな気配だ。

次の

茨城の高速道路であおり運転手が殴る!犯人は誰?名前や顔画像の特定は?|SollaStudio

茨城 あおり 運転 女

宮崎容疑者のSNSより 宮崎容疑者は約10年前にも事件を起こしていた。 『女性を監禁した』と後で警察官から聞きました。 連行されるとき、宮崎はワーワーとずっと騒いでいて、なかなか警察車両に乗ろうとせず、さらに応援で警察官が何人かやってきて、なんとか後部座席に乗せるような有り様だった。 警察から戻ってきてからは、かえって夜に出歩くことが多くなったようでした。 昨年は京都でタクシー運転手を監禁したという話も聞きました」(同前) その後も懲りずに警察沙汰を繰り返していたという宮崎容疑者。 だが、ここ数年は自身の会社を経営し、神奈川、愛知など、拠点を移していた。 宮崎容疑者の贅沢な暮らしぶりを証言する関係者も少なくない。 「親族が亡くなり、多額の遺産が入ったようです。 実業家だと名乗り、同窓会にも顔を出すようになりました。 初対面の人にも積極的に話しかけるようになって、SNSで『友達申請』を繰り返し、人脈を広げていると聞きました」(宮崎容疑者の同級生) 既報の通り、最近の宮崎容疑者は、高級外国車を乗り回し、SNS上で派手な生活を披瀝していた。 サングラスに帽子という出で立ちが多く、同じような恰好をした女性と一緒にいるところも目撃されている。

次の