ゴーヤ の 苦味 取り。 ゴーヤの苦味取りを簡単にするにはレンジや茹でたり冷凍したりどれがいい?栄養はどうなるの?

ゴーヤの苦味取りを簡単にするにはレンジや茹でたり冷凍したりどれがいい?栄養はどうなるの?

ゴーヤ の 苦味 取り

節電から始まった緑のカーテンブームによって、夏になるとゴーヤを家庭菜園する人が増えました。 そのおかげで、おすそ分けされることが多いです。 それも、1本や2本ではなく大量にもらうこともありますよね。 困るのは、 ゴーヤの苦味が気になること。 独特な味がして、ゴーヤの料理を作ってみても家族は食べてくれません。 今回の話題のテーマは、 ゴーヤの苦味取り。 電子レンジを使う方法や、一般的に行わている 下処理の方法をお伝えします。 今度こそは、ゴーヤを食べられるようにしたい! そう思っている人は、どうぞご覧ください。 SPONSORED LINK ゴーヤの苦味取りに電子レンジを使う方法 はじめに、ゴーヤの種類の話をしておきます。 沖縄産のゴーヤは、「あばしゴーヤ」と呼ばれるもの。 太くて丸く、どんぐりのような形をしています。 そして、苦みはやや控えめなのです。 だから、沖縄の人たちはゴーヤの苦味も平気のなのかもしれません。 私たちがスーパーでよく見かけるのは、中長ゴーヤ(中長レイシ)が多いそうです。 形は細長く、やや苦みが強くなります。 めずらしいのは白ゴーヤ。 こちらは、苦みが少なく食べやすいそうですよ。 手のひらサイズのゴーヤは、ミニゴーヤ。 家庭菜園に選ばれることが多いです。 ゴーヤの苦味取りに電子レンジを使う方法について! それでは、ゴーヤの苦味取りに電子レンジを使う方法です。 料理として何を作るかによっても、下処理として電子レンジで加熱するときに、ふりかけておくものが異なります。 塩のみで、塩もみ。 塩に砂糖をプラスしてもむ。 油と合わせて苦味を抑える。 うま味のある調味料で苦味を感じにくくする。 塩のみで塩もみも、砂糖と塩を使った塩もみも、もんだあとは10分ほど置きます。 ゴーヤから水分が出て、ゴーヤがしんなりすれば、下処理は完了です。 油やうま味のある調味料の場合は、調理するときに絡めるだけになります。 うま味のある調味料としては、しょうゆ、味噌、酢、オイスターソースなどを使ってください。 人気レシピもいくつか紹介しておきますね。 ゴーヤのフリット 油で揚げるので、ゴーヤの苦味を抑えることができます。 フリットは、衣にメレンゲを加えるのがポイント。 メレンゲ作るときは、ボウルに卵白と塩を入れて、泡立て器でツンと角が立つまで泡立てましょう。 お菓子作りではないので、砂糖は使わなくても大丈夫です。 フリットの衣作りの分量• 卵白1個分• 塩少々• サラダ油小さじ2• 小麦粉大さじ1. 片栗粉大さじ1. 5 角が立つメレンゲと、小麦粉、片栗粉を合わせて、サラダ油を加えて混ぜ合わせてください。 塩もみで苦味取りをしたゴーヤに、フリットの衣をつけて揚げればできあがり。 ゴーヤの佃煮 材料は、こんな感じ。 ゴーヤ:500g• しょうゆ:50cc• 砂糖:100g• 酢:40cc• かつおぶし:10g• ゴマ:適量 濃い味付けにするので、下処理は茹でるだけ。 ゴーヤは2ミリくらいに薄く切って、熱湯でサッと茹でます。 砂糖、醤油、酢を合わせて沸騰させ、しっかりと水気を切ったゴーヤを入れて中火で煮ます。 汁気がなくなるまで煮込んでください。 かつお節とゴマをふりかけて、できあがりです。 ゴーヤ豚キムチ 材料は以下の通り。 豚肉(薄切り):100g• キムチ:100g• 卵:1個• ゴマ:大さじ1• 醤油:少々• ゴマ油:少々 豚肉を炒めてから、薄切りにしたゴーヤと、食べやすい大きさにカットしたキムチを混ぜて、さらに炒めます。 最後に溶き卵を混ぜて、調味料で味付けをすればできあがり。 キムチの辛さで、ゴーヤの苦味をカバーするのがポイントです。 以上のように、油で揚げる調理や濃い味付けをする料理で、ゴーヤを食べてみてください。 SPONSORED LINK ゴーヤには栄養成分が豊富!苦味成分モモルデシンにも注目! ゴーヤの豊富と言われる栄養成分は、100gあたりに以下の通りに含まれています。 ビタミンC:76mg• 鉄分:0. 4mg• 食物繊維:2. カリウム:260mg 参考までに、ゴーヤの苦味成分は「モモルデシン」と呼ばれるものです。 苦味はあるものの、胃腸の粘膜を保護する効果があると言われています。 SPONSORED LINK ゴーヤを冷凍保存するには?保存期間は何日まで? ゴーヤの苦味成分である「モモルデシン」は水溶性なので、茹でるだけでも流れ出ると言われています。 薄切りにしたゴーヤを茹でて、取り上げたあと、ペーパータオルで余分な水分を拭き取れば冷凍保存しておけます。 苦みを生かしたままで良いなら、ゴーヤを生のまま薄切りにして冷凍するだけでOKです。 保存期間は、2週間が目安。 早めに食べてください。 SPONSORED LINK 【まとめ】苦み取りには電子レンジを活用 ゴーヤの苦味取りをするには、• 「塩のみで、塩もみ」• 「塩に砂糖をプラスしてもむ」• 「油と合わせて苦味を抑える」• 「うま味のある調味料で苦味を感じにくくする」 の4通りの方法があります。 SPONSORED LINK•

次の

ゴーヤの苦味の取り方は?冷凍は出来る?栄養価やおすすめレシピは?イケジョ通。

ゴーヤ の 苦味 取り

スポンサードリンク ゴーヤの苦味抜きに砂糖を使う方法 ゴーヤの苦味をもう少し取りたいなら、 苦味に対抗して砂糖を使うという方法もあります。 やり方は、塩1に対して砂糖4の割合で揉みこむこと。 裏技的になりますが甘みで苦味を緩和するのもありですね。 実際にゴーヤの黒糖漬けというような料理もあります。 黒糖使用することで、コクのある甘味がゴーヤの苦味を消してくれるといううれしい一品になります。 出来上がり後、冷蔵庫で2日ほど寝かせるとめちゃ美味しいです。 沖縄では黒砂糖のみで煮て食べるので、本場の味を楽しみたいなら黒糖のみでもいいですね。 ゴーヤの下処理にゆでるとNGな理由は? ここまで、ゴーヤの苦味をとるということに重点的に話ししてきましたが、 実はゴーヤをゆでて苦味を緩和する方法もあるのですがおすすめしません。 あれっと思った方もいるかも知れません。 「ゴーヤのビタミンCは熱に強いはずじゃなかったっけ・・・」 そうなんです。 油で炒める分にはいいのですが、ゆでてしまうとダメなんですよね。 それに、ゴーヤの苦味成分には夏バテ防止など体に良いとされる成分が含まれているんです。 ゴーヤの苦味成分をとってしまって、さらにゆでてしまうと食べても意味のないものにもなりかねません。 苦味をとって食べるのなら茹でないで食べることをオススメします。 でも、ゴーヤの苦味って慣れてくると美味しいんですよ。 、 子供が食べるにはダメかも。 うちの場合は、そもそも苦くて食べてくれません。 大人になれば味覚も変わるから焦ってはいませんが・・・.

次の

ゴーヤの苦味取りを簡単に!下処理や苦味を軽減する方法を紹介!

ゴーヤ の 苦味 取り

スポンサードリンク ゴーヤが苦くない下ごしらえ方法の基本とは 夏になるとスーパーの野菜売り場で ひときわ目を引くのがゴーヤ。 私自身、食わず嫌いで大人になるまで 食べたことがなかった食材なのですが 苦手な人って多いですよね。 うちの旦那も子どももゴーヤが苦手なので あまり自宅の食卓に並ぶことがなかったのですが 下ごしらえの方法を変えると あのゴーヤ特有のみんなが嫌う苦味を和らげることができて 今では我が家の食卓にゴーヤが並ぶ頻度が増えました。 もちろん、旦那も子どももゴーヤ大好き! ゴーヤLOVE!とまではいきませんが 食卓に並ぶと残すことなく食べてくれるようになりました。 ちなみに、ゴーヤの苦味をとりたいなら ワタを取れ!というのを聞いたことがありませんか? ゴーヤの綿をしっかりとることで 苦味が抑えられますよ~というもの。 これ、やっても苦味取れませんから!(経験談) 実は、ゴーヤのワタって あの苦味の原因じゃないんですよ。 むしろゴーヤの綿は苦いのですが ちょっと甘いというかなんというか 緑の皮の部分の苦味とはちょっと違う苦味なんですね。 ゴーヤ嫌いさんが嫌がる苦味は ワタよりも緑の皮の部分。 さらにゴーヤの綿の部分には ビタミンCがゴーヤの皮よりも多く含まれているので よく天ぷらとかピカタとか ワタを使った料理もレシピサイトに載ってるくらい。 多少の苦味はあるので とるに越したことはないですけど そこまでワタで神経質にならなくても大丈夫です。 ワタはスプーンでなでるように軽く すくうと簡単にとることができます。 ゴーヤの基本の苦味消し方法 ゴーヤの苦味を消す方法のひとつに 塩で苦味をとるというものがあります。 あの苦味が美味しいのですが 苦味が強すぎると食べにくいのも事実。 なので基本的に調理前には ゴーヤの苦味を抑える下処理をします。 ゴーヤ1本に対して 塩が大体小さじ1です。 塩で苦味が消える仕組みは ゴーヤの苦味成分が水溶性であることから ゴーヤを塩もみすることで ゴーヤの細胞を壊して水分を出すのと同時に 苦味成分も一緒に出しちゃうんですね。 ゴーヤの塩もみは一般的に知られている ゴーヤの苦味消し方法で苦味を適度に抜いてくれます。 ゴーヤの塩もみ方法は簡単で 薄切りにしたゴーヤに塩を合わせて よくもんで10分程置くだけ。 炒めて使うときは、そのまま使って 茹でて使うときは10秒ほど茹でて下処理とします。 ゴーヤが苦くないのは切り方も影響がある ゴーヤは下処理だけでなく 切り方をちょっと意識するだけでも 苦味を和らげることができます。 あなたがゴーヤを切る時の厚みって どれくらいの厚さですか? ゴーヤは薄く切れば切るほど その後の下処理の塩もみや下茹でて 苦味が抜けやすくなります。 なので薄く切れば苦味が和らぐのです。 ただ、あまりにも薄くしすぎると あのシャキシャキ触感的にも味的にも ゴーヤっぽくない物足りない感じになってしまいます。 なので薄いといっても最低2mm程まに しておくのが無難です。 また、あえ物であれば薄くても構わないですが 炒め物にするときは油を使って炒めることで 苦味が多少和らぐのでもう少し厚めの 5mmくらいに切るのがいいと思いますよ。 合わせて読みたい ゴーヤの下処理といったら 今紹介させていただいた「塩もみ」が一般的ですが 実は塩もみだけだと まだゴーヤが苦手な人がゴーヤが食べられるように なるほどの苦味は抜け切れません。 なので、ゴーヤ嫌いさんが ゴーヤの苦手を克服するためには 塩もみだけでなく、一緒に砂糖を加えてあげる という方法があります。 原理はちょっとよくわからないのですが 砂糖も塩と同様に野菜に含まれる水分などを 引き出す効果があるので 少なくとも砂糖を加えることでゴーヤ特有の あの苦味が塩もみだけの時と比べると違います。 ただの塩もみだけだと ゴーヤ全体の苦味が取り除けていることは確かなのですが 口に入れて感じる苦味は残っているというか…。 その点、塩と砂糖で揉みこむ場合は ゴーヤを口に入れたときの苦味も 後に残るあの特有の苦みのある臭いを消してくれるのです。 砂糖と塩を使った塩もみは だいたいゴーヤ1本に対して塩が小さじ1、 砂糖が小さじ2を目安に入れてよく揉んでおきます。 ゴーヤは揉むとクタ~っとなってしまうので 食感をしかり残しておきたい場合は 揉むというよりも混ぜておくだけにするといいです。 ゴーヤの苦味を抑えるほかの方法 ゴーヤの下処理として 塩もみや砂糖もみを紹介してきましたが 調理方法も工夫をすると より苦味が抑えられます。 その方法というのが油を使った調理方法にすることです。 ゴーヤって結構あえ物とかにして 使うことがあると思うのですが 下茹で後、そのまま調味料と和えるのではなく 油を引いて炒めるといいです。 ちょっと気持ち多めの油を 使ってあげることで苦味が緩和されます。 たとえば、最初に引く油だけでなく 豚肉と一緒に炒めたり油あげを使ったりするのも一つの手。 また、鰹節を混ぜることでも 苦味が軽減できるという話もあります。 ゴーヤに鰹節で苦味が抑えられるというのは 論文も出ているほどの話らしいです。 確かに、ゴーヤチャンプルーって ゴーヤの炒め物で、油を使いますし 鰹節も使ってるレシピですよね。

次の