ポンタ カード ウォレット。 Ponta(ポンタ)カードをLINE Payマイカードに追加してみた|美しき楽園~年齢を重ねても輝く女性達~

Pontaカード一覧

ポンタ カード ウォレット

ローソンでチャージする場合の注意点• チャージには、「au WALLET プリペイドカード」が必要• チャージ単位:1,000円以上 1円単位で設定可能• それでは詳細な手順について説明していきますね。 4:「ポンタカード」または「dカード」はauペイ支払いと一緒に使える 少し話題はそれますが、ローソンではポンタポイントとdポイントを貯めることができます。 auペイ支払い時でも当然、この両者のポイントを貯めることが可能です。 5:auペイ支払いで購入できないもの ローソンの場合、バーコード決済では購入できないものがあります。 以下、ローソンのHPに記載がありました。 テレホンカード類• バスカード・各種乗車券・回数券• 各種商品券• QUOカード• 切手・ハガキ ・印紙• 一部のLoppi取次サービス• 公共料金・収納代行票 でのお支払にはご利用いただけません。 引用: このあたりは、クレジット支払いも同様ですね。 あまり購入するケースは多くないかもしれませんが、注意しましょう。 公共料金の支払いができれば大きなポイント還元に繋がるのですが、残念ながら不可みたいです。 6:auペイと他の支払い方法は併用できない auペイなどのスマホ決済サービスで支払う場合、注意したいのが残高不足で支払えないケースです。 急なチャージができない場合、現金など別の支払い方法と併用したい時があるかと思いますが、 残念ながらauペイと他の決済方法は併用できません。 ローソンの公式HPに以下の記載がありました。 QUOカードPayを除くバーコード決済は、現金を含む、他の決済手段との併用支払いはできません(クーポン・ポイントを除く) 引用: 事前に十分な残高をチャージしておきましょう。 7:auペイ支払いができない場合の原因 最後はauペイ支払いができなかった場合の原因について解説します。 auペイで支払い時にエラーが発生する場合、以下のような原因が考えられます• 不足分は事前にチャージしておきましょう。 なお、auペイでは現金などとの併用はできませんのでご注意を。 また、コンビニの無料Wifiに繋げている場合も、接続状態が悪く支払えない場合があります。 その場合は、携帯回線に切り替えてしまうのがベストです。 ポイントは以下となっています。

次の

スマートフォン「iPhoneウォレットのSuicaにポンタカード」

ポンタ カード ウォレット

Pontaカードの複写について 今回の作業によりデメリットはないと思っています(たぶん)。 Pontaカードをアプリに複写しよう! 作業は3分ほどでできる。 仕組み上、複数端末もOK スマホの買替後も安心• アプリに登録してもカードもそのまま利用できる• 現在のポイントがわかる• スマホを買い替えても手間はほとんどない 実現の流れ 実現の流れは以下の通りです。 比較的スムーズにできます。 Pontaカードアプリのインストール• メール送受信確認• 会員登録 リクルートID• ポンタカードの引継ぎ 操作方法 4ステップで行います。 Pontaカードアプリのインストール 『Ponta公式アプリのホームぺージ』に移動します。 パソコンで上記を参照している方は、QRコードをカメラアプリで撮影します。 スマホなら直接タップします。 「入手」をタップします。 メール送受信確認 最初にメールの送信確認があります。 会員登録 リクルートID リクルートIDが必要です。 リクルートIDを使うとリクルート社の様々なサービスを利用することができます。 リクルートは、「じゃらん」とか「スーモ」とか無意識にサービスを利用していますね! 尚、パソコンをお持ちの方は、パソコン経由で登録した方がさらに楽です。 『』 メールを受信すると会員登録するためのURLが送られてきます。 登録に必要な情報について(ご参考) Pontaカードの引継ぎ Pontaカードは、会員IDとセキュリティーコードがあればアプリに移行できます。 Pontaカードの裏に会員IDとセキュリティーコードが記載されています。 「持っている」をタップします。 まずは、Ponta会員IDを入力します。 次にセキュリティコードを入力します。 以上でポンタカードが利用できるようになりました。 実際に利用するには、ホーム画面か「Pontaカード」アプリを起動します。 素早くできるように準備をしておきましょう。 コツコツと2,821ポイントがたまっているとので価値はありますね! まとめ:持ち歩くカードを減らそう スマホの登場により徐々に改善されつつある「カードが沢山になる問題」。 Pontaカードはお手軽に解決できるのでお試しください。

次の

auWallet(ウォレット)ポイントがPONTA(ポンタ)ポイントに統合されました。

ポンタ カード ウォレット

Contents• Ponta(ポンタ)カードをLINE Pay「マイカード」に追加してみた アプリでLINE Payウォレットを開いて、 「マイカード」をタップします。 (赤く囲んであるところです) 緑で囲んであるところは、「ポイントがこれだけになったよ」とお知らせするためです(笑) マイカードをタップして出てきた画面の中の、 黒丸の中に+が書いてあるものををタップ、(その下に「Ponta」と書かれています)LINE Payと連携させます。 すでにカードを持っている場合も手続きが必要です。 私はPntaカードを持っていなかったので、登録手続きをしました。 (プロフィール情報の入力) 登録ができると下の画面に進みます。 Ponta会員IDは黒く塗りつぶしてあります。 レジの方にPontaIDを見せます。 「ピッ!」 緑で LINE Payコード支払いと書いてありますね。 そこをタップします。 LINE Payパスワード画面になるので、パスワードを入力すると決済画面が出てきますので、またレジの方に、「ピッ!」としてもらえば決済完了です。 LINE Pay加盟店でのみ利用をすることができます。 PontaとLINEのポイントを得ることができます。 デジタルPontaカードと提携社であるLINEのアプリでも、デジタルPontaカードが使えるということです。 デジタルPontaカードアプリとは? スマホでPontaポイントをためることができて使うこともできます。 ポイントを使って決済をしたいときは、「ポイントを使います」とレジで伝えましょう。 今回書いたように提携社のアプリでもポイントをためたり使うことができます。 アプリに出てくるお得な情報を利用して、お試し引換券・特別ポイントを利用することができます。 キャンペーンが行われるときがあるので、エントリーして対象商品を店舗で購入すると、後日にポイントが加算されます。 LINEマイカードに導入するとすぐに使えます 自分が良く利用をするお店のポイントカードなどをLINEに入れて置くと便利です。

次の