天気 の 子 夏美。 【天気の子】陽菜と夏美のカップ数をマジメに考察【あと三葉】

「天気の子」にスーパーカブが!?|Honda Magazine|Honda公式サイト

天気 の 子 夏美

オカルト系の記事作成を請け負っているK&Aプランニングの取材活動では、「胡散臭い」といって取材内容を一蹴する圭介に対して、 夏美は完全に信じ切った様子で熱心にヒアリングを行っています。 夏美が熱心に聞くため、話し手も思わずたくさん話してしまう、まさに聞き上手といった印象を受けます。 そんな優秀なスタッフの夏美の苗字は 須賀で、 大学4年生であることが後に判明します。 K&Aプランニングでの熱心な仕事ぶりとは裏腹に「腰かけ」発言をし、熱心に就職活動に取り組んでいる姿が描写されています。 ただし、 就職活動には苦戦しているようで、帆高が女性が誕生日プレゼントにもらって嬉しいものを夏美に聞いた際、「ハグとキスと、現金と、まっとうな彼氏と、あ、あと 就職先!」と答えて失笑を誘っている。 明るくて少し抜けている印象を与える夏美だが、その仕事熱心さから「晴れ女」の伝説にだれよりも早く触れることになり、物語を進める重要な役割も果たしています。 また、終盤でスーパーカブを神業テクニックで運転するなど、さまざまな面をもっているおもしろい人物です。 関連: 【天気の子】夏美と須賀の関係 夏美と帆高は、K&Aプランニングの事務所で出会います。 露出の多い夏美の恰好を見て、どぎまぎしてしまう帆高が高校生らしくて、好感がもてるシーンでもあります。 夏美と帆高は挨拶を交わしますが、上司である圭介のことを気軽に 「圭ちゃん」と呼ぶ夏美に帆高は不信感を抱き、夏美と圭介の関係を探ります。 夏美が意味深な身振りをしたり、 「想像通りの関係」と言ったりすることで帆高は2人の関係を 「愛人」だと確信します。 愛人という大人な関係に、「愛人って初めて見た」という感想を漏らします。 しかし、実際は圭介と夏美は単に 叔父と姪の関係であることが明らかになります。 夏美は疑わしいようなことを散々言っておきながら、帆高が2人を愛人関係にあると思っていたことを知ると心底驚いた様子を見せ、その様子に夏美の無邪気さが感じられます。 帆高の予想に反して、圭介と夏美は単に叔父と姪の関係ではありますが、 ごく一般の叔父と姪の関係よりも深い絆でつながっているように感じます。 圭介は実は結婚歴があり一人娘もいるのですが、奥さんが事故で亡くなったことをきっかけに娘とも離れ離れになり、一気に一人になってしまっています。 夏美は圭介が幸せの絶頂だったときも、そこから突き落とされたときも見ている人物です。 いざというときには頼りになる、圭介のよき理解者であり協力者であることが作品全体を見るとよく分かります。 2人の関係が天気の子のテーマ性を支えている重要な要素だと感じました。 関連: 【天気の子】夏美のその後の就職先 明るく柔軟性のある優れたスタッフの夏美ですが、先に述べたように 就職活動には苦戦しているようです。 物語も山場から、帆高と陽菜を中心とした大騒動に陥り、世界の形が変わる大事件が起きます。 そのため、夏美の就職がどうなったのか分からない状況になっていきます。 作中では世界の形が変わる大騒動のあと、その変わったあとの世界の 3年後を描いています。 そこでも夏美の就職がそうなったかについて、直接の言及はありません。 ただ、夏美がどうなったのか分かる場面があります。 それは、やはり圭介に関係しています。 圭介はオフィスも綺麗になり、人員も増えたK&Aプランニングをまとめている姿が描かれています。 そのデスクの一つに、 夏美が使っていたヘルメットが置かれています。 恐らく、 夏美は3年後もK&Aプランニングで働いていると思われます。

次の

【天気の子】夏美の可愛いセリフ・名シーン・名言【まとめ】

天気 の 子 夏美

天気の子、素晴らしい作品でしたね! ストーリーはもちろん、君の名はから続く圧倒的な映像美。 特に今作は雨がシトシト振り続けている描写が多いので、雲が消えて晴れていく瞬間は息を飲むばかり。 これだけで映画館に来てよかった!と思えるほどでした。 ところで…男性諸君は気になりませんでしたか? ヒロインの陽菜さんと夏美さんのカップ数はどれくらいなのか?という女性に話したら呆れられそうな、しかし男性にとっては非常に重要な事実に。 自分でもなぜこんな事に時間を使って記事を書いているのか心底疑問ですが、 世の中の男性諸君を代表し、私が夏美と陽菜のカップ数をマジメに予想してみることにしました。 ついでに三葉 そして結論は… 陽菜:Bカップ 夏美:Fカップ 三葉:Cカップ となりました。 Aカップ 10. 0cm Bカップ 12. 5cm Cカップ 15. 0cm Dカップ 17. 5cm Eカップ 20. 0cm Fカップ 22. 5cm Gカップ 25. だが、いきなり本丸を攻めるのは難しいので、やはりここは「君の名は」で一躍有名になった三葉さんに来ていただこう。 それに「天気の子」と違って「君の名は」のほうが参考資料いっぱいあるし。 とりあえず、瀧くんには申し訳ないが三葉さんの出番です。 まずは注目したいのはこの画像。 「君の名は」でも印象深い瀧くんのムッツリタイムだが、この時に胸が完全に手に収まっているかというと、少し微妙な判断ではないだろうか… 情報収集の段階で「Cカップ=ちょうど手に収まる」という事実があったことを考えると、この画像1枚でCもしくはDカップ付近ではないかと予想できる。 そして、次にこの画像。 同じく瀧くんが活発に動き回ったことで、 三葉さんの胸が縦揺れした印象的なシーンなわけだが、Dカップくらいないと縦揺れしないとの情報もある。 ただ、三葉(瀧くん入り)がこの時ブラをしていたかと言うと微妙なところがあるので、それを考えるとCカップでもおかしくないのかもしれない) ただ、Dカップまで行くと明らかに大きい部類になる。 メインヒロイン、しかもお姉さんキャラというよりは少女っぽいキャラであることを考えると、メタ的な視点からいってDカップは少々大きすぎる。 (だって、 学生モノの映画なのに、あからさまにヒロインのカップ数大きくするのは監督的にも少しやりづらいじゃありませんか。 ) 作画の関係で大きさが可変するのは事実ですが、キャラクター設定的にはCカップくらいに設定されていた、と考えるのが妥当ではないかなと思います。 スポンサーリンク いよいよ本命、「天気の子」の陽菜さん ウォーミングアップも済んだところで、 陽菜さんの出番がやってまいりました。 そして確信しているのは、三葉よりはカップ数が小さいだろうこと。 いや、別に映画で女性キャラのカップをひたすら眺めていたわけではないですが、陽菜の胸のサイズが大きい印象は受けませんでした。 三葉より小さい時点で、BはもしくはAは固いかなと。 では、次に参考写真を1枚。 ちょっと厚めに服を着込んでるので分かりづらいですが、この画像を見る限りAというよりBカップくらいならありそうな印象を受けます。 あと、 こんなくだらない記事で本編のネタバレになって大変恐縮なのですが、陽菜が帆高の前で上着をはだけるシーンがあります。 ちなみに、超マジメなシーンです) 正直、このシーンの画像がカップ数判定には最適なのですが、どうも記憶に残っている限りだと、Aカップという印象はありませんでした。 そして、さらにネタバレで申し訳ないのですが、 陽菜の年齢は15歳。 中学3年生でCカップDカップは、設定的に無理がある(いや、もちろんそういう子は現実でもいるんだけど、老若男女をターゲットとした映画でそんな事はしづらい) それを考えると、陽菜のカップは Bカップが妥当だと思われます。 真打ち、夏美さん デカい(確信) 予告PVで本田翼の滑舌の悪さと棒読みが知れ渡ったこのシーン。 下まで写りきっていないので判定が難しいですが、とりあえず大きい事は分かります。 三葉:Cカップ 陽菜:Bカップ 今までの予想が正しいと仮定すると、 少なくとも夏美さんはDカップ程度ではない。 Eカップ、もしくはFカップはあると考えられます。 今の段階では参考画像が少ないので判断しづらいですが、夏美さんって主人公を大人の魅力でからかうキャラなわけです。 となると、スタイルはかなり良い設定になっているはず。 すると、 どっちかと言えばFカップくらいあるかなーと思われます。 夏美さんのカップサイズは考察の余地が大きいので、もし今後映画館に足を運ぶ方はぜひ確認をお願いします。

次の

映画「天気の子」ロケ地紹介※ネタバレ有り 聖地巡礼用マップあり

天気 の 子 夏美

『天気の子』エンドロールで夏美の名字が「須賀」と判明!原作小説でわかる夏美の裏設定 須賀と夏美の関係は叔父と姪、須賀と夏美の父親は兄弟 『天気の子』エンドロールで、夏美の名字が「須賀」だと判明します。 映画の中で、須賀の娘・萌花(もか)と遊ぶシーンで 須賀と夏美の関係が叔父と姪だったことがわかります。 ずっと夏美の名字が伏せられていたのは、帆高に須賀と夏美の関係を愛人だと勘違いさせ、叔父と姪という関係性を隠すためだったんですね~。 夏美の名字が「須賀」なのは、 須賀と夏美の父親が兄弟だからです。 夏美が須賀の事務所でバイトをしている理由 実は、須賀も帆高と同じように、10代で東京に家出してきています。 須賀家は地方で代々議員をやっているような名家で、 須賀の兄はすごく優勝な人で、 地元の進学校を首席で卒業してストレートで東大に入り、海外留学して今は財務官僚になっています。 それが、夏美の父親です。 そんな父親と、夏美はどうも相性がよくなく、弟の須賀とはなぜか馬が合い、須賀のところでバイトをさせてもらっているのです。 原作小説では映画にはなかった夏美と父親の関係性も詳しく描かれています。 東京の天気が大きく変わったあの日、夏美は須賀の事務所へ向かうため、家を出ますが、 「おい夏美、こんな日にどこ行くんだ!」 父親の苛立った声を背中に聞きながら、私はヘルメットを手にとって玄関のドアを開けた。 この描写からも、夏美と父親の仲があまり良くないことがうかがえます。 もちろん、父親の発言は娘である夏美を心配してのことですが・・・。 須賀「オヤジからうちに逃げ込んできてる奴が言うセリフかよ?」 と須賀が言っている通り、父親に反抗するのは、夏美自身も幼い反抗心だとわかってはいます。 要するに私は大人になりたくなくて拗ねているのだ。 そんな夏美も、帆高との出会いでモラトリアムの終わりを受け入れ、大人になる決心がつきます。 ちなみに夏美の実家は都内なので、 お兄さんも東京に移り住んでいるということ。 夏美がカブで移動できる距離なので、結構須賀とは近くに住んでいますね。 この後兄弟間の関係性も変わっていくといいなあ・・・。 スポンサーリンク 須賀の娘・萌花(もか)とは従姉妹で仲良し 夏美と萌花は従姉妹同士になります。 なので仲が良かったんですね~。 夏美は萌花が生まれた時から知っており、 4年前の「K&Aプランニング」の事務所開きの小さなパーティでは、須賀と奥さんの明日花(あすか)が来客のもてなしをしている間、萌花と遊んであげていました。 私は高校生になったばかりだった。 病院で赤ちゃんを見た時のほろ苦さと感動は、今では好きな花の香りのように優しく穏やかなものになっている。 というほど、萌花との関係は深いです。 須賀の奥さん・明日花(あすか)との関係 帆高を追い出した夜、飲んだくれて眠ってしまった須賀は、 須賀「明日花・・・」 とつぶやきます。 それを聞いて夏美は、 今でも奥さんを夢に見るんだ と事務所開きの小さなパーティがあった、4年前の夏を思い出します。 須賀の事務所には、当時まだ高校生だった夏美が撮った幸せそうな家族3人の写真が飾られています。 夏美は須賀の家族とは高校生のころから付き合いがあり、 須賀の奥さんの明日花(あすか)とも親しかったのでしょう。 陽菜に事故で死んだ明日花について語る時、 あの頃の話はちょっと複雑すぎる。 ちょっと重すぎる。 今でもちょっと辛すぎる。 と話題を変えた夏美。 今も左手に結婚指輪を2つはめ、一途に明日花を想っている須賀だけでなく、夏美にとっても明日花は大きな存在だったのではないかと思います。

次の