近鉄ひのとり 料金。 近鉄特急ひのとりの魅力と料金、乗り方など。

近鉄の新名阪特急「ひのとり」、わかっていること全詳細。車両、料金、時刻表など掲載!

近鉄ひのとり 料金

ここでは、注目したいポイントを写真とともに確認していきたい。 車両編成は6両もしくは8両編成で、両先頭の2両がプレミアム車両、中間車がレギュラー車両となっている。 製造は近鉄グループの近畿車輌(株)。 すでに3編成が搬入され、デビューの3月14日を迎えることになる。 ハイデッカー構造で窓も高い位置にあることが分かる。 筆者は全座席がバックシェル付きであることが最大の魅力だと思う。 プレミアム車両だけでなく、レギュラー車両すべての座席にバックシェルが付いているのだ。 通常の座席だと、後ろに座る人に気兼ねしつつ倒すことが多い。 後ろの人に「倒していいですか?」と聞くのがマナーなのでは、とまで言う人すらいる。 バックシェルがあることで、そこまでの気遣いが不要になることがうれしい。 既存の鉄道車両の座席で、バックシェルがついている車両といえば、東北・北陸新幹線を走るE5系やE7系・W7系に1両のみ連結されている「グランクラス」シートのみだ(ほかJR東日本の新型特急などに導入予定あり)。 ちなみに「ひのとり」のプレミアム車両の座席は本革製。 2列+1列のシートで、座席の前後の間隔(シートピッチ)は1,300mmと広い。 このサイズはグランクラスと同じで、まさに鉄道車両としては最高水準の快適さが得られるわけだ。 後ろに気兼ねせず倒せることがうれしい。 特急用の車両といえども、普通車両でバックシェル付きは、国内初のことになる。 レギュラーシートのシートピッチも1. 160mmと広々している。 さらに全車に空気清浄機を設置、紫外線、赤外線をカットする大形窓が採用された。 まさに「近鉄特急」らしい、時代の先端を走る画期的な車両となりそうだ。 こうした画期的な車両ということもあり、利用料もかなり上がるのでは、と心配されている方も多いのではなかろうか。 利用料を確認しておこう。 このようにバックシェル付き。 高さを調整できるフットレストも用意されている 前述したように大阪難波駅〜近鉄名古屋駅の料金は運賃が2410円+特急料金1930円で計4310円となる。 東海道新幹線に比べると2000円ほど安い。 では「ひのとり」のプラス料金はいくらになったのだろう。 プレミアム車両の場合は+900円(大阪難波駅〜大和八木駅間は300円)、レギュラー車両利用の場合は+200円(大阪難波駅〜大和八木駅間は100円)が必要となる。 レギュラー車両とプレミアム車両の差はわずかに700円。 これは利用する時に悩まされることになりそうだ。

次の

近鉄新型名阪特急「ひのとり」乗車記!レギュラーシートの乗り心地やオススメ座席・安く乗る方法などを徹底レポート!

近鉄ひのとり 料金

ひのとりの予約画面を追加しました! 名古屋-大阪間が新幹線なら50分で、 近鉄特急は2時間7分程度です。 新幹線に比べれば乗車時間は倍以上かかりますが、距離が短いので2時間程度と、メチャクチャタイトな日程で無ければ十分有りと思います。 料金はのぞみ指定席が5,830円に対し、 近鉄特急なら4,340円と、差額で昼食代と食後のドリンク代が賄えますよ。 そして、近鉄特急の料金を さらにお安くする方法があります。 2017年までは、名古屋-難波間の乗車券と特急券がセットでお得になる「 近鉄名阪まる得きっぷ」が近鉄から販売されていました。 「近鉄名阪まる得きっぷ」は回数券ですが、金券ショップではバラ売りしていて、3,100円~3,500円程度で販売していました。 今では、この「近鉄名阪まる得きっぷ」の販売が 終了しています。 では、それに代わるものが無いのかとい言いますと、「近鉄名阪まる得きっぷ」ほどの格安ではありませんが、乗車券と特急券を別々に購入することでお安くできます。 それらの手配方法を図解入りで詳細にご説明します。 それでは1つずつご説明します。 金券ショップでお安く購入できる 「名阪ビジネス回数きっぷ」は、その名の通り 回数券です。 近鉄では14枚つづり、おとな24,100円で発売されています。 24,100円を14で割りますと、1枚あたり1,721円となります。 金券ショップではバラ売りしていまして、1枚1,800円程度で販売されています。 近鉄では普通運賃がおとな2,410円ですので、 600円程度お安くなります。 名古屋で僕が利用する金券ショップは、『』です。 1,800円で購入できました。 乗降駅は4つ 「名阪ビジネス回数きっぷ」で乗降できる駅は次の 5ヵ所です。 大阪側 ・大阪難波 ・近鉄日本橋 ・大阪上本町 ・鶴嘴 名古屋側 ・近鉄名古屋 下図は近鉄さんの公式サイトに掲載の近鉄特急路線図です。 近鉄日本橋駅には特急が停車しませんので、大阪上本町駅まで急行などで移動して、大阪上本町駅から特急に乗車することとなります。 名古屋-大阪間をお得に乗車するためのきっぷですので、5ヶ所と言っても実際問題無いと思います。 「名阪チケレス割」 今度は特急券をお安くする方法についてご説明します。 「チケットレス特急券発売サービス」 近鉄では、 インターネットで特急券を購入する「 チケットレス特急券発売サービス」を行っています。 「チケットレス特急券発売サービス」が使いやすいのは、 会員登録しなくても利用できる点です。 購入方法 それでは購入方法についてご説明します。 今回、僕はスマホで購入しましたので、スマホでの方法です。 パソコンやタブレットでも画面レイアウトが違うぐらいで操作内容は同じです。 サイトにアクセス まずは「」にアクセスします。 下の画像のような近鉄の公式サイトが表示されますので、『会員登録せずに特急券を購入する』が表示されるまで画面を下にスクロールします。 『会員登録せずに特急券を購入する』をクリックしますと、特急券の購入画面に変わります。 この画面内に購入での注意点が書かれています。 しばらくの間、乗車の1週間前からに短縮していたのを、7月1日から元の1ヶ月前からに戻すこととなりました。 列車検索画面 『購入開始』をクリックしますと、列車検索画面になります。 乗車日時を選択します。 乗車区間の発駅と着駅を入力するか、下の画像のように駅名から選択ウインドウから選びます。 選択ウインドウは「あかさたな」で分類されていますが、近鉄名古屋駅は「か」行だけでなく「な」行でも選択できます。 「近鉄名古屋」でなく「名古屋」で検索するのが一般的と配慮されています。 「大阪難波」も「難波」として「な」行で選択できます。 ほんの些細なことですがとても親切ですね! あるいは路線図から駅を選択することもできます。 発駅と着駅の選択ができましたら『検索』をクリックします。 これ以降は、 アーバンライナーや ビスタカーの場合と、 ひのとりの場合とで別々に説明します。 ただ、 アーバンライナー・ ビスタカーの所で詳しく説明していますので、 ひのとりを予約する方も、 アーバンライナー・ ビスタカーの部分を飛ばさずに一読ください。 アーバンライナー・ビスタカーの場合 列車の検索を行いましたら、次は列車選択です。 列車選択画面 列車検索画面で指定した日時で発車する列車が、指定時刻の近い順に表示されます。 まずは、15:00ちょうど発の アーバンライナーが表示され、さらに画面を下にスクロールしますと、15:10発の ビスタカーが表示されます。 下の画像は、各列車の詳細を表示した状態です。 アーバンライナーも ビスタカーも近鉄特急で料金は同じです。 大阪難波から近鉄名古屋までの途中の停車駅が アーバンライナーの方が少なく乗車時間も短いです。 アーバンライナーは難波発も名古屋発も毎時刻0分発です。 時間帯により0分発以外でも アーバンライナーの場合もあります。 詳しくは近鉄のでご確認ください。 特急券購入条件画面 ご希望の列車が決まりましたら、その列車の『選択』をクリックしますと、特急券購入条件画面になります。 乗車日時と乗車区間が正しいかを確認します。 乗車人数欄を選択します。 アーバンライナーでしたら座席タイプを一般かDX(デラックス)かを選択します。 デラックスはDX料金として520円が追加されます。 座席位置選択が、最初は『選択しない』にチェックされていますので、 『シートマップから選択』にチェックします。 『次へ』をクリックしますと、座席選択画面になります。 座席選択画面 まずは車両を選びます。 アーバンライナーの1号車はデラックスカーです。 座席タイプで「DX」を選択した場合には1号車に限定されます。 一般タイプは2号車以降となります。 到着駅が近鉄名古屋駅の場合、進行方向は2号車が前方となります。 名古屋駅で名鉄や地下鉄や新幹線に乗り換えるなら2号車の方が改札に近くなりますよ。 車両が決まりましたら、次は座席の選択です。 グレーで塗りつぶされている席は既に予約済みの席で選択できません。 僕は2号車の10Aを選択しました。 理由は次の2点です。 ・トイレが1号車と2号車の間にあります。 トイレに近い2号車の前方としました。 ・午後3時難波発名古屋行きですので西から東に向います。 なるべく西日が差し込まない進行方向右側を選びました。 窓際席で車窓からの景観が楽しみですので、景観の良い方を選ぶと思いますが、直射日光が眩しくカーテンを閉めていては景観の良し悪しなんて関係なくなりますよね。 乗車中に直射日光が差し込む時刻なのか・方角なのかも座席選択のポイントですよ。 座席も決めましたので『購入情報入力へ』をクリックします。 割引選択画面 まずは特急券の割引選択を行います。 通常の料金は 1,930円です。 名阪チケレス割(前日まで)を選択しますと300円引きの 1,630円となります。 名阪チケレス割(いつでも)を選択しますと100円引きの 1,830円となります。 違いは、前日までに購入するのか当日なのかですね。 前日までなら名阪チケレス割(前日まで)の方の『選択』をクリックします。 特急券情報 お客様情報入力画面の最初に、特急券情報が表示されます。 合計金額が1,630円に割引されていることを確認します。 ひのとりの場合 2020年3月14日に新型の特急『』が難波-名古屋間にお目見えします。 『ひのとり』は「くつろぎのアップグレード」がコンセプトで、プレミアム車両とレギュラー車両が設定され、乗車料金と特急料金のほかに、 ひのとり特別車両料金が必要です。 列車検索画面までは、 アーバンライナーと同じです。 列車選択画面 列車選択画面に ひのとりが表示されます。 『この列車を選択』ボタンをクリックします。 特急券購入条件画面 ひのとりの車両は「レギュラー」と「プレミアム」に分かれます。 『シートマップから選択』を選択し、『次へ』ボタンをクリックしますと、車両選択および座席選択画面になります。 座席選択画面 ここからは、レギュラーとプレミアムの違いが判るよう、左にレギュラーの場合、右にプレミアムの場合と横並びで画像を掲載します。 ひのとりは6両または8両編成で、 プレミアム車両は両端の1両目および6両目(8両目)です。 残りの2両目~5両目(7両目)がレギュラー車両です。 座席の前後間隔の違いと運転席の有無から、レギュラー車両とプレミアム車両では、座席数が全然違います。 座席を決めましたら『購入情報入力へ』ボタンをクリックします。 で、ここからが アーバンライナーや ビスタカーと違います。 アーバンライナーや ビスタカーでは、『購入情報入力へ』ボタンをクリックしましたら、次は「割引選択画面」に移りました。 しかし、 ひのとりでは「割引選択画面」が無く、「お客様情報入力画面」になります。 つまり、 ひのとりでは「名阪チケレス割」の設定が有りません。 アーバンライナー(レギュラー):1,630円 アーバンライナー(デラックス):2,150円 ひのとり(レギュラー) :2,130円 ひのとり(プレミアム) :2,830円 お客様情報入力から ここからは、 アーバンライナーや ビスタカーと ひのとりと共通になります。 説明は アーバンライナーを例で行います。 特急券情報の下に、お客様情報を入力する欄が表示されます。 氏名と連絡先メールアドレスを入力します。 氏名は全角カタカナで姓と名を別々に入力します。 メールアドレスは半角英数記号で入力します。 続けて、クレジットカード情報を入力します。 利用可能なクレジットカードは、VISA、MasterCard、JCBの3つです。 アメリカンエキスプレスや銀聯は利用できません。 クレジットカード情報を入力しましたら、画面をさらに下にスクロールします。 利用規約を読み、『上記の規約に同意します』をチェックし、『購入内容確認』をクリックします。 お客様情報入力確認画面が表示されます。 間違いが無ければ『確認したため次へ進む』をクリックします。 入力内容確認画面 まだまだ購入が完了ではありません。 念押しの入力内容の確認があります。 全て間違いが無ければ『購入決定』をクリックします。 チケットレス画面 全てが完了しますとチケットレス画面が表示されます。 乗車までに変更やキャンセル(払戻し)を行う場合についての制約事項なども記載されています。 特急券購入結果メール 購入が完了しますと、登録したメールアドレスに、特急券購入結果メールが届きます。 このメールの下の方に、 払戻し・変更・チケットレス再表示のURLが記載されています。 乗車するときまで メールを削除しないようにしましょう。 まとめ 「 名阪ビジネス回数きっぷ」をお近くの金券ショップで購入し、スマホやパソコンで「 名阪チケレス割」サービスを利用して特急券を乗車前日までに購入することで、難波-名古屋間の近鉄特急が、 アーバンライナーの場合1,800円+1,630円= 3,430円までお安くなります。 ひのとりの場合は「名阪チケレス割」の設定がありませんが、レギュラー車両で1,800円+2,130円= 3,930円までお安くなります。 近鉄特急 アーバンライナーや ひのとりでしたら乗車時間はたったの 2時間7分です。 新幹線のぞみの50分には敵いませんが、料金はのぞみ指定席5,830円に対し、 アーバンライナーなら 2,400円もお安いです。 往復でしたら4,800円ですよ。 居酒屋分が浮きますよ!.

次の

近鉄名阪特急 ひのとり 乗車記 名古屋~大阪難波

近鉄ひのとり 料金

意外と知られていない近鉄特急は全席指定で自由席がない理由 近鉄は日本最大で私鉄で関西を拠点としている鉄道会社です。 路線の総延長はJR以外の鉄道会社としては異例の501. 1kmを有しています。 近鉄特急の主力路線といえば大阪難波~近鉄名古屋を結ぶ名阪特急をはじめ、8つの系統の近鉄特急が運行しています。 nicovideo. 当時の所要時間は4時間3分で結んでいました。 当時は終戦間もないころで設備が不十分で、車両も足りていない状況下での特急列車の運行でした。 当時の日本はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)占領下にあり、先述の状況かにもかかわらず特急列車を運行させたことに対して「在来列車の整備を先行させよ」と強いクレームがついたそうで、近鉄はこの列車の特急料金を名目上「座席指定料金」とせざるを得ませんでした。 1947年~1949年までは「ホームライナー」のように座席定員制となっていましたが、1949年6月25日からは座席指定制となり、この流れは現在まで受け継がれています。 nicovideo. また、有料特急としては戦後日本初の有料特急として誕生します。 一時期は東海道新幹線の開業で名阪ノンストップの廃止も検討され、2両編成で運転されていたこともありましたが、車内サービスのアップと国鉄との運賃格差が広がったことから徐々に乗客が増え、現在の名阪特急には80000系列の「ひのとり」が新しく投入されさらなるサービスアップを図っています。 2020年度末で消滅する伝統の「近鉄カラー」 一般の方であまり知っている方は少ないと思いますが、長年近鉄特急といえば、オレンジと紺の伝統の「近鉄カラー」は2020年度末まで消滅することになりました。 これは近鉄カラーが古い12200系という車両のみに塗装されています。 実はビスタカーなど2020年度末以降も使用する近鉄特急の車両は塗装が変更されています。 従来の近鉄カラーとは異なり車体の大部分は白色、車体上部はオレンジ、運転席の全面部分のみが黒という配色になっており、近鉄12200系以外の車両については全て新しい近鉄カラーに塗装が変更されています。 ということは12200系は2020年度末で特急列車から引退となりますので、今後近鉄特急を利用する時に従来の近鉄カラーの車両に巡り合うことは無くなってしまうので、近鉄沿線の一般の方でも思い入れのある方は今のうちに記録しておいた方がいいと思います。 団体列車として使用する場合には塗装を変更することが予想されるのでいずれにせよ、従来の「近鉄カラー」を身にまとった近鉄12200系は記録していくことが必要かと思います。 関連記事.

次の