創価 学会 納骨。 創価学会の葬式である友人葬とは?香典やマナーなども紹介します

創価学会のお墓と納骨

創価 学会 納骨

創価学会は、 日蓮の教えをベースとする宗教法人です。 創価学会の支部は、日本に限らず世界で192もの国と地域にあるのです。 創価学会の起源は、1928年~30年頃に端を発します。 前身は 教育団体『創価教育学会』でした。 しかし、創設者が1928年に日蓮正宗に入り変化します。 創価学会の目標 『人格価値の創造』の実現には、日蓮の教えが必要と認識したのです。 以降宗教系の色を帯び、1946年団体名を『創価学会』に改名しました。 そして、3代目会長にあの池田大作氏が就任するのです。 池田氏は国内外への布教を目標に掲げ、理想通り世界規模の団体に発展させます。 創価学会の葬式の特徴 創価学会の葬式では、 白木位牌を用います。 戒名ではなく、 亡くなった人の現世での姓名を記すのです。 白木位牌は、未塗装で白木そのままの素材で出来ています。 通例は四十九日が過ぎると、塗装された位牌(本位牌)を作成します。 戒名はここで初めて本位牌に刻印されるのです。 しかし、 創価学会の場合は本位牌の作成は無いと考えて良いでしょう。 創価学会の位牌自体への考え方は 『位牌は、元来は中国の儒教を起源とし、後に仏教が採用した。 その役割は亡くなった人のあの世での【名刺】である 名刺に神聖な意味は見出せないので、手を合わせる必要はない』 といったものです。 創価学会の葬式における位牌には、 『故(亡くなった人の名)之霊位』と刻印します。 構成は、右側に永眠した日付、左側に亡くなった時の満年齢を刻むのです。 友人葬では、祭壇中央に配置します。 創価学会の納骨 創価学会の葬式では、 和尚さんを呼びません。 創価学会幹部で団体の弔事に詳しい者が、進行役を務めるのです。 その人は儀典長となり、題目の詠誦や葬式での挨拶をします。 参列者である『友人』は、葬式ではただ焼香するだけではありません。 お坊さんを招かない代わりに、友人の手で弔いが全行程で実施されるのです。 創価学会の葬式では、 『遺族や友人達の故人を悼む気持ち』が重視されます。 友人葬はよく知らなければ、どこか不気味な感じさえしますね。 しかし、その特徴や流れを知る事で『友人』と称する理由も解るのです。 当記事が、創価学会の葬式への理解に役立てば幸いです。

次の

友人葬(創価学会)|葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」

創価 学会 納骨

目次はこちら• 創価学会とは 創価学会とは仏教系(日蓮・法華)の新興宗教です。 新宗教の中で最も信者が多く、宗教団体としての影響力も強いと言われています。 創価学会に大量の会員が入会したのは、高度経済成長がはじまった1950年代半ば以降であり、1960年代、70年代が最盛期だと言われています。 現在の会員数は非公開で827万世帯と公称していますが、実際に活動している現役の会員はもっと少なく、その 多くは二世や三世の会員です。 創価学会の葬儀は少し特殊で友人葬とも呼ばれ、僧侶を呼ばず執り行う事で有名です。 創価学会の墓苑 創価学会の墓苑は3種類あります。 墓地公園と納骨堂(長期収蔵・常楽)の3つで、墓石の大きさやデザインは仏教の平等観から同じものを使う風習となっています。 いずれの施設に納骨する場合にも必ず法要があります。 これらの墓苑は、 創価学会の会員のための墓苑です。 創価学会のお墓は、厚めの台石に低くて幅の広い石が乗せられ、洋型のに近い形状をしています。 竿石には上部に「妙法」、その下に故人の名前や家名が掘られる形式が多くあります。 墓誌には一般的なお墓と同様に、水鉢と線香立てが設置されています。 そして墓誌の手前側には、創価学会のシンボルマークである八葉蓮華が、エンブレムのようにつけられています。 また、墓誌の両側には花立がついています。 他にも、風を避けるために水鉢の下に線香立てがあるタイプのお墓では、両側の花立の下に八葉蓮華が掲げられていることがあるなど、墓苑によっても若干の差があるようです。 創価学会の墓地公園 創価学会の墓地公園は基本的に全国共通した設計をされています。 全面芝生の公園で、墓地公園にあるお墓はどれも同じデザイン、同じ大きさの白みかげ石を使用したものとなっています。 墓地公園への納骨の費用は、一般公開されていませんが、墓石がおよそ40万円から90万円、他に永代使用料を合計して 約100万円程度が必要と言われています。 墓地公園の中でも戸田記念墓地公園(北海道)の桜は地元でも名所となっており、8000本を超える桜に囲まれ創価学会の会員には人気です。 創価学会の長期収蔵納骨堂 納骨堂は墓に墓石や永代供養が安く済みます。 長期収蔵型納骨堂は お骨の保存期間が20年間となっている場合が多く、20年後にお骨が永久収蔵納骨室に移動され、永久に供養、保存される仕組みとなっています。 納骨の費用は、20万円から30万円程度と金額が違い、納骨堂によっては5万円程度の寄付といった形をとっている場所もあるようです。 創価学会の常楽納骨堂 常楽納骨堂は長期収蔵型納骨堂と違い、納骨後、一定期間でお骨が移動されることもなく 保存期間は永久となっています。 注意したいのは、納骨した後の改葬や引き取り、分骨ができません。 常楽納骨堂での納骨の費用ですが、こちらも20万円から30万円程度と金額が違い、納骨堂によっては5万円程度の寄付といった形をとっている場所もあるようです。 納骨堂というお墓の考え方 納骨堂はお墓ではないという考え方もあります。 お墓でない理由として、昔は納骨堂と言えば遺骨の一時的な預かり場所という意味でした。 現在では、 長い期間に渡って遺骨を管理・供養してくれる施設(お墓)という考え方に変化しています。 納骨堂は主に建物内にあり、ロッカー形式、仏壇形式、墓石形式などその形式は実に様々です。 特に都心などのスペースが限られた地域において、そのニーズは年々高まっていると言えるかもしれません。 年間管理費を支払続けるかぎり、永代で遺骨の安置が可能なところは一般的なお墓と同様です。 全ての費用を前納する永代供養墓との違いは、年間を支払いの単位としているところが多いのが特徴です。 創価学会のお墓参り 創価学会にはお墓参りという風習は基本的にありません。 創価学会のお墓参りは、学会員が自宅の本尊前で勤行や唱題をすることで功徳を得、それを毎日故人やご先祖が成仏できるように捧げ、常彼岸としています。 そのため、お盆やお彼岸という風習は無く、特定の時期にお参りに出掛けるというような決まりはありません。 また、創価学会のお墓は全国の都道府県にありませんから、 最寄りの会館で法要という形で代用する事も出来ます。 また、一般的な仏花ではなく樒(しきみ)をお供えするのが創価学会の風習となっています。 まとめ.

次の

創価学会の芸能人や有名人一覧【2019最新版】

創価 学会 納骨

葬儀の流れ 友人葬 創価学会の葬儀 の流れ 宗教や宗派によって葬儀の方法は異なります。 日本で1番多いと言われる仏式であっても、その宗派はさまざまあり、同じ宗派でも地域によって葬儀の内容は異なるのだと実感する方は少なくないでしょう。 創価学会の葬儀に関しても同様です。 ここでは、創価学会の葬儀である「友人葬」について、葬儀の流れと知っておくべきマナーを紹介します。 友人葬とは 創価学会の葬儀である「友人葬」は、1991年ごろに始まりました。 大きな特徴としては、僧侶を呼ばないことが挙げられるでしょう。 友人葬では僧侶ではなく、導師である儀典長を中心に参列している学会員全員で、式の間題目を読み上げます。 導師は、友人の代表が行い、おもに個人や遺族が住んでいる地域にある創価学会の支部長が執り行うことが多いでしょう。 他にも、一般的な仏式の葬儀との違いは、 お布施がないこと、戒名がないことが挙げられます。 まず、お布施に関してですが、これは僧侶を呼ばないため、その必要がありません。 同時に、友人葬では儀礼的な香典を必要としないのも特徴です。 僧侶の代わりに葬儀の進行役となる導師を呼びますが、導師に対しての謝礼も発生しません。 また、創価学会では、戒名は必要とは言えない、という立場を取っているため戒名はなく、生前の名前をそのまま使用し、見送ります。 さらに、友人葬とそれ以外の葬儀との違いは、祭壇にも見られます。 友人葬で使用する祭壇は、「しきみ祭壇」と「白い生花祭壇」の2種類です。 一方、一般的な葬儀で使用される祭壇は、「白木祭壇」と呼ばれる白木で組まれた祭壇を用います。 こうした友人葬の特徴は、創価学会の信仰に則った葬儀であると言えるでしょう。 創価学会では、故人の成仏と葬儀の形式は関係がないとされています。 成仏は故人の生前の信仰によるものであり、僧侶を呼んでの読経や戒名は成仏とは関係ないという考えです。 葬儀は遺族と友人が集い、故人を思いながら見送ることが目的とされています。 こうした心から故人を悼む葬儀を行う意味で、友人葬は創価学会以外の宗派からも注目されつつあります。 近年では「家族葬」が広がりを見せていますが、そのさきがけとも言えるのが友人葬でしょう。 従来の仕来りや慣習のわずらわしさから、僧侶を呼ばず、戒名をつけず、近親者だけで落ち着いて故人を送り出す友人葬は、新たな葬儀としての魅力を持っています。 創価学会の葬儀、という枠組みから外れ、アットホームな雰囲気で故人を悼み、送り出すという意味において、友人葬は従来の形式にとらわれない自由度の高い葬儀として今後ますます注目される可能性を秘めているでしょう。 友人葬の流れ 創価学会が執り行う友人葬の流れは、一般的な仏式の葬儀の流れとそれほど変わりはありません。 式次第としてはまず、開式の辞によって友人葬が開始されます。 その後、導師を中心に読経・唱題が始まります。 読経では法華教の経文の1つである、法華教の方便品、寿量品の自我偈を読誦するのが一般的です。 さらに、唱題では「南無妙法蓮華経」の題目を唱えます。 読経の際には自我偈が2回読まれ、1回目が始まると同時に焼香を行うのが一般的でしょう。 焼香は、導師から始め、副導師、親族、参列者の順で行います。 焼香が終わると、導師が唱題終了の合図として鈴を打ち、続いて、御祈念文・題目三唱です。 導師が追善供養の祈念をし、導師が鳴らす鈴の合図に併せて全員で題目を三唱します。 このように、全員で唱題する点が、他の宗教・宗派の葬儀との違いでしょう。 そして、弔慰文、弔電が紹介されます。 弔慰文に関しては、次に行われる導師挨拶の際にまとめて行われる場合もあるでしょう。 導師による挨拶が終わると、喪主、または親族代表者が会葬者へ謝辞を述べます。 その後、再び題目三唱です。 導師の鈴の合図に合わせて全員で唱え、閉式の辞が行われます。 葬儀・告別式が終わると、次はお別れの儀式です。 お別れの儀式では、納めるのは一般的は葬儀では花が中心ですが、しきみを納める点が友人葬の特徴でしょう。 また、儀式中は唱題する点も友人葬ならではです。 お別れが済むと、棺を霊柩車に運び入れます。 出棺の際には喪主が挨拶を行い、その後出棺となるのが友人葬の主な流れです。 なお、友人葬の作法やマナーは一般的な葬儀とほとんど同じです。 服装や焼香の作法についても一般的な方法で問題ありません。 ただし、注意が必要なのが数珠と香典、供花についてです。 まず、焼香の回数は一般的には3回、額までおしいただきます。 ただし、地方によってはこの限りではないため、地域の慣習にならって行うことが大切でしょう。 次に、数珠ですが、創価学会には独自の数珠が存在します。 他人と違う数珠を使うことに抵抗が在る場合は、数珠を持って行かないという選択肢もあるでしょう。 その他に、友人葬では一般的に香典を受け取りません。 しかし、地域や遺族によっては受け取る場合もあるため、事前に確認しておきましょう。 ただし、確認できなかった場合も普通に出して問題ありません。 さらに、供花については、基本的にしきみや白い生花を使用します。 けれども、特に決まりはないため、花を送る場合は遺族に確認を取るようにしましょう。 火葬終了後、仏式の葬儀と同様に骨上げを行います。 学会員は創価学会が所有する納骨堂への納骨を希望するケースが多いのが特徴です。 また、法事・法要に関してですが、創価学会では日々の勤めが何よりの追善回向となるとされており、法事の必要性は説かれていません。 このように、友人葬の最大の特徴は、僧侶が存在しないことでしょう。 加えて、祭壇に関しても見慣れた配置ではないため違和感を覚えるかもしれません。 しかし、それ以外では一般的な葬儀とほぼ変わらないでしょう。 友人葬の準備 故人が亡くなってからの葬儀の準備に関しては、友人葬も他の葬儀もほとんど同じ流れです。 まず亡くなった際、葬儀社の手配を行います。 次に、自宅へ搬送、安置します。 この際、弔問・線香を供え、三具足と枕飾りをしましょう。 続いて、葬儀社と打合せながら葬儀の日時と場所を決定します。 特に場所に関しては制限があり、寺院で貸し出している斎場では断られる場合があるため、事前に確認が必要です。 同時に、式の流れや役員の配置、導師やご本尊の確認を行います。 この際、遺族が所属する地域の創価学会の幹部とも打合せを行いましょう。 祭壇や位牌、遺影など葬儀社と費用や手配の打合せを行います。 中でも、参列する人数に関しては地域の学会員がどれくらい来るのか、故人と直接面識のない方も学会の繋がりで参列する場合があるため、多くなると予想しておいた方が良いでしょう。 続いて、故人の旅支度を整え、祭壇の設営も行います。 友人葬の祭壇は、ご本尊(掛け軸)を掛ける御厨子を中心に飾り付けをします。 祭壇に関しては、魔除けとされる常緑樹のしきみで飾った「しきみ祭壇」もしくは「白い生花祭壇」が友人葬では一般的です。 ただし、厳密に祭壇の種類が区別されているわけではなく、しきみと白い生花をあわせて供えることがあったり、生前故人が好きだった花を供えたりなど、自由にデザインする花祭壇が増えています。 さらに、 友人葬の場合は宗教者を呼ぶこと無く身内のみで式が執り行われるため、お布施などを支払うことなく、司会も導師も全て学会の「身内」が行ってくれるため、費用も抑えられるのが特徴です。 また、友人葬ではお布施は必要ありませんが、香典も基本的に受け取らない場合が多いため、香典収入はありません。 参列者数や規模、地域によりますが、およそ15万円からの金額を想定していれば問題ないでしょう。 葬儀の準備だけでなく、葬儀後の納骨に関しても、納骨場所が決まっていなければ検討し始めておくことが大切です。 友人葬の場合は納骨墓地に関していくつかの決まりがある場合もあるため、事前に学会に確認を行ってから準備することが重要でしょう。 創価学会の所有する納骨堂では、遺骨を長期間にわたり管理する「長期収蔵型納骨堂」と遺骨を永久に保管する「常楽納骨堂」があります。 どちらの納骨堂を利用するのか、もしくは、宗派を問わない納骨堂に納骨することも可能なため、まだ決めていない場合は早めに検討しておきましょう。 友人葬の位牌は? 友人葬では、位牌は白木位牌を用意します。 ただし、戒名がないため、故人の生前の名前である俗名が書かれます。 右側に亡くなった日付、左側に死亡した時の満年齢が記されます。 白木位牌は基本的に祭壇中央に置かれます。 一方、 創価学会では異なりますが、他の仏式の宗派では戒名や法名があるため、位牌を作るのが一般的です。 位牌は主に「白木位牌」と「本位牌」の2種類あり、葬儀の際は仮の位牌として白木位牌を祭壇に安置します。 白木位牌はその名の通り、白木のままの塗りのない位牌です。 四十九日に忌明けになると、本位牌(塗位牌)と呼ばれる塗りの位牌を作り、そこに戒名が書かれます。 忌明けからは本位牌を安置するため、多くの場合、白木位牌は四十九日に寺院や仏具店を介してお焚き上げをしてもらうでしょう。 一方、 友人葬では葬儀の際に白木位牌を用意していても、創価学会では戒名がないため、本位牌を作る必要はありません。 なおかつ、創価学会の見解としては、「位牌はもともと中国の儒教の風習を仏教が取り入れたものであり、故人の名札としての役割を持っているだけで、拝んだりする必要はない」とされています。 故人の成仏とも関係ないと考えられているため、本位牌を作る必要もないのです。 白木位牌に関しては、他の宗派同様、葬儀が終われば処分して問題ありません。 古くから、日本において位牌は故人の魂が込められたものとして扱われてきました。 先祖供養が盛んだった日本において、先祖を供養する対象として位牌は大切にされてきた歴史があります。 そのため、位牌がないとどこに手を合わせて良いのかわからない、という方も少なくありません。 そうした背景から、本位牌を作る必要はないけれど、中には自宅で手を合わせるときに対象となるものが欲しいという理由で位牌を作る方もいます。 創価学会では位牌を作る必要はない、と言われていますが、作ってはいけないわけではありません。 故人を供養する上で必要だと感じるのであれば、位牌を作っても問題ないでしょう。 まとめ 葬儀の内容は時代とともに変化しています。 1991年ごろに自然発生的に広まった創価学会の友人葬は、当時は少数派の葬儀として扱われたでしょう。 しかし、現在では身内のみで行う葬儀は「家族葬」などと呼ばれ、宗派を超えて広がりを見せています。 葬儀の内容が、故人を心から弔いたいと思っている方たちと見送りたいというものに変わってきているのでしょう。 創価学会の友人葬では、その当初より、真心から故人を見送る、という思いを一貫して持ち続けてきたのが特徴です。 宗教者を呼ばず、司会も呼ばず、可能な限り自分たち身内の手で葬儀を執り行ってきた姿が見られます。 祭壇は一般的な仏式の葬儀とは異なり、ご本尊と呼ばれる掛け軸が正面の高い位置に置かれ、その下に故人の遺影が置かれます。 多くの葬儀では遺影が1番目立つ場所に置かれるため、しきみや白い生花など独特の雰囲気も合わせて、ものものしい空気に圧倒されたり、戸惑ったりする方も少なくないでしょう。 加えて、題目と呼ばれる創価学会ならではの唱題は、参列者全員で行うためにさらにものものしい雰囲気に包まれます。 こうした特徴的な葬儀や、学会員という身内が中心となって行われることから馴染めないと感じる方もいるかもしれません。 しかし、式の流れは一般的な葬儀とほぼ変わらず、故人を温かく見送るという点において同じ気持ちであることに違いはありません。 もし、喪主として友人葬を執り行うのであれば、故人の所属する地域の創価学会にすぐに連絡し、相談することが重要です。 また、参列者として友人葬に行く場合は、供花や香典、数珠に関して一般的な葬儀と異なる点があるため、遺族と連絡が取れるのであれば事前に確認することも大切です。 しかし、遺族は故人を亡くした悲しみの中葬儀の準備をしているため、余計な仕事を増やしたくない場合は、葬儀業者に相談してみてもいいでしょう。 供花や数珠に関しては無難にしきみや白い供花を用意し、数珠はその場に応じて使用しないという選択をしてもいいかもしれません。 香典に関しても、念のため用意し、香典辞退の旨を伝えられた場合にはそのまま持って帰りましょう。 いずれにせよ、どの宗教、宗派の葬儀であっても、故人を悼み、故人を亡くした遺族への気遣いを忘れず葬儀に参列することが大切です。 他の葬儀の工程の流れを見る.

次の