しか勝たん 元ネタ。 後藤輝樹の政見放送【動画】NG用語連発でも正論との声も…?

リゼロのパック猫の種類は?巨大化した精霊のモデルは別物か?

しか勝たん 元ネタ

忘れそうなので。 日付が変わった瞬間にできなさそうならログインしてすぐに やっておきます。 忘れそうなので。 後はいつも通りですね。 時間が合えばやるし、合わなきゃスルー。 前の日の降臨分でガチャ4でやりたい奴があれば 1つストックしとくぐらいですかね。 トラベルベルは実装から1回も使ってないです。 1日前に戻ってまでやりたいのって コラボで間に合わなかったやつぐらいかなと思うのですが、 コラボは前半で作りたい運極は作り終えるので、 ベルを使う機会がありません。 超究極・轟爆絶含めベルを使ってまでやりたいって思う 降臨は無いですね。 Lv200 超究極(真シリーズ)は興味も適正も無ければガン無視でいいと思います。 今は数が増えたせいでスケジュール欄を圧迫していますが、中身を見れば別に絶系枠を潰している訳でもないので(書庫があるご時世に今更リアルタイムで周回する人がいないような古い究極の枠が潰れてるだけ)モンストの日なのにやりたい高難易度が無いのはたまたまスケジュールの噛み合わせに恵まれなかっただけ。 でもよく考えて下さいよ、やりたいクエストがない日なんてむしろ普通では... 余ってる。 気が向いたら(時間があれば) ・書庫絶系をガチャパで乱獲 ・チケットクエストをガチャパで乱獲 ・普段はやらない神殿マラソン(ベル30分コース) ・書庫2倍ならラキモン作り をやる。 毎日やるチャンスがあることなのでわざわざモンストの日の為だけにガチャパに組み替えてやるのも面倒くさいというだけの話なのですが...

次の

後藤輝樹の政見放送【動画】NG用語連発でも正論との声も…?

しか勝たん 元ネタ

あ~お ・あうぅ ひぃん どちらも甜花の口癖。 困ったり辛かったりする時に使う。 ・諦めない、絶対! ストレイライトの曲『Wandering Dream Chaser』の歌詞から。 ・圧巻のパフォーマンス オーディションやフェスで、のアイドルたちが踊っている様子を指す言葉。 オーディション終了後に右上に出てくる文章「今話題のアイドルたちが登場!圧巻のパフォーマンスを披露!」が元ネタ。 一般に、3Dキャラが踊るムービーと比べて物足りないことを揶揄する時に使われる。 ・アマナアアア 初出は4コマ漫画 甘奈が甜花を甘やかすときの擬音。 ・アンカP アンカを推している・担当にしているプロデューサーのこと。 他のユニットと比べの実装頻度が妙に多く、ガチャ更新の度に苦しんでいる姿が散見される。 がこれを名指しして批判したことで注目を浴びた。 アンカと語感が似ていたことや、『 霧子』の「わ、トランプの兵隊さんが……!」というセリフと情勢が紐づけられて話題となった。 繊細なネタなので使う場面には注意。 のライブチケットの販売を請け負う。 ・一等賞 4コマ漫画第62話『金メダル』から。 智代子は「たのしい一等賞」樹里は「やさしい一等賞」夏葉は「筋肉一等賞」凛世は「一等賞」。 1stライブでは夏葉役のさんが渡す側に回った。 凛世役の丸岡和佳奈さんには「?一等賞」が、果穂役のさんには「みんなの太陽一等賞」が贈呈された。 ・いっぱい食べm sシリーズ 放課後クライマックスガールズのイベントコミュ「五色爆発!合宿クライマックス!」の果穂のセリフ「ちょこ先輩はー…… ご飯を、いっぱい食べまーす!」を使った音MAD動画のこと。 ちょこ先輩の褒め方だけ妙にズレていたためプロデューサーの笑いを誘った。 ・卑しい プロデューサーとの色恋沙汰に積極的なアイドルのこと。 詳しくは「かーっ!見んね霧子!卑しか女ばい!」の項を参照。 例:「千雪は卑しか女ばい!」「は卑しいアイドルばっかだな」 ・嫌です 円香に感謝祭の協力を頼んだ時のセリフ。 嫌と言いながらもしっかり協力に来てくれる。 ・営業スロット 営業ページで、3枠全てに同じアイドルが揃うかどうかという遊び。 ちなみに各営業に1人ずつしかアイドルを送らなければ必ずビンゴになる。 ・駅花星 サポート「駅線上の日常 櫻木真乃」「花笑み味匂う 八宮めぐる」「星掬い藍仰ぐ 風野灯織」3人それぞれの略称。 その強力な性能から3人まとめて「」などと喩えられることも。 なお、灯織については「温泉灯織」と略されることも。 ・越境 他シリーズとがクロスオーバーすること。 また、内において複数のユニットが登場するイベントコミュのこと。 ・エネル 市川雛菜の愛称。 雛菜の口癖「やは〜」と『』に登場するキャター・エネルの笑い声「ヤハハハ」が似ていたことから。 ・えらいっ えらすぎるよ甜花ちゃん! ゲーム内限定4コマ漫画第7話『甜花ちゃんの目標』より。 ・奥歯欠けた 素晴らしい演出・イラストを見た時などに使う。 「凛世花伝 杜野凛世」のムービーを見て凛世役の声優・丸岡和佳奈さんの奥歯が欠けてしまったことから。 西城樹里役ので判明。 ・おちんちんのことだよー! TBSのニュース番組『グッとラック!』の特集「どうする? 子どもからの性に関する質問」から。 子どもの「大きなイチモツってなに?」に対する答えが、まるで八宮めぐるが言ってるみたいだと。 ・オマエさ、そんな顔すんの……反則 「をとめ大学 杜野凛世」の凛世のセリフ。 また、4コマ漫画でも登場。 2019にもノミネートされた。 時の公式のツイート曰く、「『ルールが壊れちゃうくらい可愛い』みたいな意味で使う言葉……かなぁ……?」。 公式の説明通り可愛いアイドルに対してよく使われている用語。 か~こ ・俺がW. まで連れていった冬優子じゃん! 合宿で小宮果穂役のさんが黛冬優子役の幸村恵理さんに言い放ったセリフ。 冬優子の部分が好きなアイドルに改変されて定型文として用いられる。 ・かーっ!見んね霧子!卑しか女ばい! 当然言ってないセリフだが、なんだか言いそうということで定着してしまった。 「霧子」と「卑しか女」の部分を改変して用いることも多い。 プロデューサーに恋愛感情を向けているアイドルに対して(恋鐘が言ったという体で)使われる。 また、えちえちなモノを見た時にもよく使われる。 4コマ漫画の4コマ目の恋鐘に言わせているも有名。 ・ 奇怪な文章のこと。 好きなアイドルへ異常なまでの愛を叫んだ文章や、内容が不可思議なSS(ショートストーリー)などがこう呼ばれる。 元々広く使われていたネット用語。 ・概念 特定のキャターに対する妄想設定を話す時に使われることがある言葉。 ・顔がいい 顔が美しいキャターを評する言葉。 ・家族 グループの仲の良さを表現する言葉。 「アルストは家族」のように使われる。 ・(かそだに きょうこ) 『』の2面ボスで山彦の妖怪。 幽谷霧子と1文字違いの名前。 ただし響子の名字の読み方は「かそだに」である。 ・ガルバアルルナ 東京の立川・吉祥寺にあるコスプレ。 公式サイトのトップ画に真乃っぽいキャターが掲載されていることで話題になった。 ・キキー!ドンッ! sSSR「風野署長の一日勤務回想録 風野灯織」のサポートイベント「取りたい満点」及び4コマ漫画の2コマ目から。 音MADにおいて、爆発とセットでオチに使われることが多い。 ・餃子、パリッとさせたくて 「アイムカミングスーン 八宮めぐる」のサポートイベント「パリッとしたい」で灯織が発したセリフ。 に投稿された をきっかけとしてこのセリフ及びこれを素材としたMAD動画通称PARIM Sが流行することになった。 2019では見事大賞を受賞した。 ・巨大化真乃 プロデュース「はじけてスマイル 櫻木真乃」の衣装を着た真乃が、リンクアピールやGRAD優勝時に巨大化するバグのこと。 2020年6月10日の更新で起きたバグだが、翌日修正された。 ・ぎりぎり義理 初出は凛世の2020年バレンタインコミュ。 チョコレートをプロデューサーに渡す時に発言。 バレンタインコミュ後に実装されたサポートSR「をとめ辞典 杜野凛世」でその背景が判明した。 プロデューサーに渡すチョコをどう言い表せばいいか分からない凛世に対し、樹里が提案した。 意味は「凛世たちの大事な大事な方に想いを伝えるためチョコレートを渡すこと」。 ・霧子のどこが好きなんだい? もともとは「切子のどこが好きなんだい?」というセリフで、発言者はアニメ『』第18話に登場した職人。 取材で彼の店を訪ねたとに対して発言。 うまく答えられなかった二人に一度はがっかりするも、から激励を受けた二人が再び訪れた際には心を開いてくれた。 声優は金光宣明。 が出る前からの音でそれなりに使われていたセリフ。 リリース後は霧子と絡めたネタが多くみられるようになっている。 ・筋肉は全てを解決してくれるわ! 各コミュや4コマ漫画より。 夏葉の筋肉信仰を端的に表すセリフとしてよく用いられる。 質問に対してこの言葉で返すことも。 ・くいあらためてください シナリオイベント「オペレーション・サンタ! 〜包囲せよ283プロ〜」で、果穂が283プロに侵入した泥棒に宛てた手紙から。 全文は「くいあらためてください 今からでも遅くありません スープを飲んだらおうちに帰りましょう」 ・クイズメーカー クイズを作って遊べるサービス。 、、などに関するクイズでが盛り上がり、2020年2月4日にがトレンド入りする原因となった。 ・クール系ボーカルユニット 4コマ漫画第5話『目指せクール』より。 アンカはクール系ユニットして売り出されているものの、普段の彼女たちは個性豊かかつ賑やかで、お世辞にもクールキャラとは言い難いためネタにされる。 一方で、楽曲やパフォーマンスを評する際には肯定的に使われることもある。 ・ 『』で初登場したでんき・むしタイプのくわがた。 冬優子の愛称のひとつ。 4コマ漫画とこのをきっかけに広まったネタ。 幸せなことがあった時に使われる用語。 ・米レベル 2020年1月14日の生配信内のコーナー「気持ちをひとつにイルミネーション川柳」で風野灯織役のさんが披露した川柳の下の句。 上の句として「ゴリラ力(-りょく)」中の句として「グレーゾーンさ」もそれぞれ披露されたが、いずれも意味はよく分かっていない。 さ~そ ・財布ないわ 浅倉透のサポートRのコミュ「小糸ちゃんと雛菜、幼なじみ」から。 後輩の小糸と雛菜にお菓子を奢ろうとした透が支払い前に発したセリフ。 その残念な美少女っぷりが大きく話題となった。 ・ざっけ…! 冬優子の親愛度が低い時のタッチコミュ「ざっけ…… ……や、やーん、どうしたんですか?」というセリフから。 「ふざけるな」という意味で使われる。 ・サマパはもうすぐさしすせそ 「SUMMER PARTY 2019ルコミュ」のイルミネコミュの灯織のセリフ。 幽谷霧子と同じ名前であるためか、同作中のキャター・の「俺は霧子を愛しているようだ」などのキャプ画が界隈でも使われている。 ・湿度 愛の重さなどを表す指標。 三峰結華について語る際によく使われる用語。 「三峰は湿度が高い女だからな」のように使われる。 ・釈迦マス 『シャイニーカラーズ』の略。 ゲーム発表後しばらく流行したが次第に公式の略称「」に取って代わられた。 ・社長 283プロの社長・天井努のこと。 その声優・のことや、彼が同じく声優を務めた『』のキャター・のことを指すこともある。 ・は文学 を褒める際に使われる定型句。 その流れを汲んで自然発生したものだと思われる。 例えば、「」「は芸術」「」など。 ・㊙情報。 「芸能人㊙️情報」というアカウントが元ネタの元ネタ、「バンドリ㊙️情報」が直接の元ネタだろうか。 デレマス・ミリシタにも同名のアカウントがあり、こちらも16000・7000フォロワーを超えている人気アカウント。 ・樹里 機械が苦手という樹里の特徴から、同じく機械の扱いが下手な人・ネット初心者のことを樹里と呼ぶことがある。 ・義士 漫画『テコンダー朴』の原作者。 漫画では白正男名義で活動している。 2019年3月14日にを始め、「ヘイトガチャ」「謝罪しろ!」などの定型文を界隈に広めた。 ・スゴいです!! 果穂の口癖。 すごいものに対して使う。 ・すごいのよ! 夏葉の口癖。 シナリオイベント「五色爆発!合宿クライマックス!」 の「ってってすごいのよ!」が初出。 に、タイムラインから単語を拾って呟くがあることでも知られる。 ・ストレイライトしか勝たん 小宮果穂役のさんのから。 元々アイドル界隈で使われてきた「〜しか勝たん」構文にストレイライトを当てはめたもの。 ストレイライトが最高という意味、さんは冬優子(ストレイ)Pとして知られている。 冬優子があさひを怒る時の叫び声。 ・『芹沢あさひと僕』 男子中学生の「僕」が芹沢あさひへの気持ちを語る、という形式の夢小説。 小宮果穂役のさんがパーソナリティを務めるネット番組「とピザの耳」第3回で披露された。 ・ゼンゼンヘイキデスゼンゼンヘイキデス タノシクナッテキマシタネ オーディション・フェスにおける真乃のボイス。 真乃が強キャラ扱いされる所以の一つである。 ・の白瀬P 2019年のに現れた。 アクリルスタンドを立てて祭壇を作っている様子などがに晒され話題を呼んだ。 また、肝心の「」の字を「咲夜」と誤字していたことでも笑いを誘った。 ・先輩 園田智代子の愛称。 ・走法 主にPや歌姫の攻略法のことを指す。 実在する走法と(ネタとしての文脈で使われる)実在しない走法とがあるので注意。 ・園田智代子 の。 空の写真を添付し、その日の天気が晴れかどうかをツイートする。 ツイートの文面は大きく分けて「今日は晴れてるねぇ〜w」「今日は晴れてたねぇ〜w」「今日は晴れてないねぇ〜w」「今日は晴れてなかったねぇ〜w」「今日は晴れてるんだか晴れてないんだかよくわかんないねぇ〜w」の5パターン。 元ネタは放課後クライマックスガールズの楽曲『太陽キッス』の歌詞「今日は晴れてるねえ」。 た~と ・高山……お前とやるの息苦しいよ 漫画『』の有名なセリフから。 期間限定ガチャ連発に対するプロデューサーの叫び。 ・助けて…真乃…めぐる…! 4コマ漫画より。 「助けて…」部分はゲーム内で言ったことがないものの、なんだか言いそうということで定着した。 ・助けて…真乃…めぐる…灯織! 上記用語の改変。 「お前誰だよ」と誰かが返すところまでが1セット。 ちくわ大明神のコピペに見られるように、インターネットはこのようなネタやりとりがよく流行る。 ・ル 夏葉のこと。 特にWING決勝で登場する夏葉(アイドルC)のこと。 ・ル pSR「ストイックトグ 有栖川夏葉」のこと。 転じて単に夏葉のことも指す。 カフェでルで鍛えながら『』を読むというぶっ飛んだスタイルで多くのプロデューサーを驚かせた。 一周年記念に公開された「思い出いっぱい!283メアルバム」で彼女は「冷静に考えたら本と鉄アレイは、さすがに一緒にできないわよね…」と反省している。 ちなみに『』とはイタリアの政治思想家の著作。 「君主はどうあるべきか」を論じている。 ・チエルアルコおじさん 屈指の名コミュとして知られるプロデュースSR「チエルアルコは流星の 八宮めぐる」への感想や考察が止まらなくなった人のこと。 転じて、八宮めぐるに並々ならぬ感情を抱く人のことを指す。 ・『チキン「ドロップ」前夜の物語』 原作・井口達也、作画・歳脇将幸の漫画。 著の小説『ドロップ』の登場人物・井口達也にフォーカスを当てた番外編という立ち位置。 内容は硬派なヤンキー漫画であるにもかかわらず、ネタが随所に盛り込まれていることで知られる。 簡単には気づかないような隠し方をしていることも。 だけでも「暗帝禍」、『NEO THEORY FANTASY』のセリフパート、さんが描いた真乃のイラスト、ノクチルの4人を連想させる看板、トイレに飾られている、樋口円香に似ている男の娘……と枚挙に暇がない。 ・チケットをご用意することができませんでした。 チケットの当落発表時はこのメッセージのスクショと共に悲哀が各地で叫ばれる。 ・付き合ってます……から…… プロデュース「ないしょのスイーツ 大崎甘奈」のTrueEndから。 お菓子屋でル限定のサービスを受けるために店員に甘奈が言ったセリフ。 直接的な恋愛表現のためか界隈で大きく話題を呼んだ。 ・~っす あさひの口癖。 真似して使うプロデューサーが多い。 ・っっっっ 霧子の汗。 焦っている様子を表現したい時に使う。 4コマ漫画の表現から。 参考 ・てやーん アンカの曲『NEO THEORY FANTASY』の冒頭会話パートの三峰のセリフ。 「ていあーん!」が「てやーん」と聴こえるためよくネタにされる。 ・甜花……お昼寝をいっぱいしたくて…… 甜花がお休みの約束を取り付けようとするときのセリフ。 他のアイドルと比べてお休みを要求することが非常に多いことをネタにされがち。 ・天井 一定回数ガシャ(ガチャ)を引くことで、確実に欲しいキャラを手に入れることができるゲームのシステムのこと。 の場合はスタンプ付きの10連ガシャを30回引くことで、対象アイドルが選べるセレクションチケットを入手できる。 2018年7月31日に登場したガシャ「夏は短し海でしょ!乙女たちスタンプガシャ」で初めて天井が実装された。 (この頃はチケット式ではなく、直接対象アイドルが入手できる仕組みだった。 ) ・童貞 性行為を経験したことがない男性のこと。 または灯織のこと。 サポート「スプラッシュビート 櫻木真乃」の灯織の様子や普段の言動から童貞と称されるように。 ・登山 期間限定でシーズン2の最終週に開放される特別オーディション「エレぇベスト」及びそれをクリアすること。 ・とんでもねーモンスター 4コマ漫画より。 帽子・サングラス・マスク・マフラー・ジャンパー・手袋・セーター・タイツを身に付けて肉まんとココアを持った智代子のこと。 な~の ・な、なーちゃん!こいつ、いま煽った……! しおこ氏のより。。 もちろん甜花は言ったことないセリフだがなんだか言いそうなセリフということで定着した。 ・鳴く パッシブスキルが発動すること。 例:パッシブが鳴くタイミングが良ければパーフェクトライブ狙えそうだな。 ・成りました… レッスン・お仕事が成功したときの凛世のセリフ。 「実現する・成就する」的なニュアンスて使われる。 アニメイベントのチケットを取れないことに対して冬優子が言ったセリフ。 ライブのチケットを取れなかったプロデューサーがしばしば引用する。 ・何なんすかねこれ あさひの朝コミュより。 「プロデューサーさんは何だと思います?」に続く。 単純に疑問を提起する時に使う。 ・にへへ… 甜花の口癖。 嬉しかったり喜んでいるときに使う。 は~ほ ・() を持ち活動するYouTuberのこと。 2020年4月17日に、のが配信を行い、コミュの考察をハイテンションで語る様子などで好評を博した。 同じくに所属する神田笑一、雪城眞尋、樋口楓、渋谷なども配信を行っており、Pがに、ファンがに興味を持つきっかけとなった。 プロデュース中もしくはホーム画面で可能。 プロデュース中は親愛度、ホーム画面では信頼度に応じて反応が変化する。 親愛度・信頼度が充分でないと基本的に嫌がられるので注意しよう。 また、間違って触れてしまうのが嫌な人は設定でこの機能を無効化しておこう。 ちなみに以前から界隈で使われていた用語。 2005年に稼働開始したアーケード版『』でもパイタッチは実装されていた。 ・爆死 ゲームでガチャを引いて狙いのものが引けなかった時に使う。 でも有名。 ・バグマス アプリ版で画面の表示がおかしくなること。 バクライ 杜野凛世役の丸岡和佳奈さんと有栖川夏葉役のさんのコンビのこと。 第47回はばたきラジオステーションでされた。 ライブイベント「SUMMER PARTY2019」の一コーナー「ご褒美争奪!VTRクイズ」でも活躍した。 シアターデイズ』には、エミリー・スチュアート、白石紬、からなる「花咲夜」というユニットがいる。 ・ひぃん あうぅ どちらも甜花の口癖。 困ったり辛かったりする時に使う。 ・日替わり商品をお知らせする杜野凛世。 毎日ゲーム内で安くなっているアイテムのことを凛世が教えてくれる。 ・引くけーん ガシャを引くこと。 月岡恋鐘風の定型句。 ・ひひぃん シナリオイベント「ミルキィウェイ61 -世界と世界がまじわる夜に-」の仔馬(座)のセリフから。 実は仔馬は「ひひーん」「ひぃん」「ひひん」しか言っていない。 また、シナリオイベント実装前に投稿されたメカPによる動画のネタでも有名。 ・ぴゃっ 福丸小糸の口癖。 ・ぴゃ!?ななな、なんですか……!わたし、何かしちゃいましたか!? 福丸小糸が初めて発表した際に添えられていたセリフ。 なろう系主人公を思わせるセリフだったため一部でネタにされた。 『賢者の孫』の主人公シン・ウォルフォードのセリフ「またオレ何かやっちゃいました?」から連想した人が多いか。 甘奈がいつも頑張っているプロデューサーを気遣ってチョコに添えた言葉。 2019にノミネートされた。 公式のツイートによると、門外不出の写真が友人の手違いで流出した際に使う。 また、その友人の家を訪問し、質問を畳み掛けられた時にも使う言葉らしい。 また、「冬、どかんね〜? 月岡恋鐘」でも「ふぇ、結華〜!」と少し改変されて使われていた。 ネット上では単に三峰の愛称として、また恋鐘と三峰の掛け合いに対して使われることが多い。 ・冬優子 サジェスト 「サジェスト」とは検索した文字列に関連する言葉を予測して表示する機能のこと。 で「冬優子」と検索した際のサジェストキーワードの酷さが界隈で有名。 「青学の柱になれ」「(の姫)」「オフパコ」「」「」「(タピオカ)産卵」「死体(遺棄)」「ソープ」「天気の子」「同棲」「」「幼虫」「AV」など。 ・冬優子 死体(遺棄) 小野未練氏のから広まった冬優子のキャラ付けの一つ。 ・冬優子 青学の柱になれ ス塚本氏のから広まった冬優子のキャラ付けの一つ。 元ネタは漫画『』で青学(せいがく)テニス部の部長・手塚が主人公のに言ったセリフ。 ・冬優子 同棲 冬優子のサジェストキーワードの一つ。 冬優子と同棲したら…という妄想ツイートが大量に投稿された。 「歌姫庭園21」ではが頒布された。 ・冬優子の胸を盛るな高校校歌 架空の高校の校歌。 おそらくゲーム『Re:ステージ! 』に登場するが初出。 このツイートが『プリンセスコネクト!Re:Dive』に登場するキャルに改変され、。 その後、アカウント「㊙情報」がをしたことで界隈にも認知されることとなった。 ・冬優子 あかい氏のを、タイムラインの単語を拾って文章を作る・ことで界隈に広まった。 ・ブーン……! プロデューサーのセリフ。 『鱗・鱗・謹・賀 幽谷霧子』のアイドルイベント「なかみ」で、「クルマだ……!ははっ、小さいなぁ」を選んだ時のもの。 霧子Pの妙なテンションの高さを象徴するセリフ。 ・ぶらり サポートアイドル「と摩美々のぶらり旅 白瀬」のこと。 長期戦に持ち込んでグレードフェスを戦う編成、通称ぶらカの鍵となるライブスキルを持つことで有名。 ・『』 で2001年から2016年まで連載されていたの漫画。 の衣装ポエム 『』の単行本冒頭にあるポエムとの衣装ポエムを見分ける。 冬優子と涅マユリ マユリは『』に登場するキャター。 で、背後に映る涅マユリの存在感がメインの冬優子に負けず劣らず強かったことから話題となった。 ぶりーち 凛世と愛依の会話コミュでのセリフ「凛世に……『ぶりーち』は……似合いましょうか……」が元ネタ。 1の衣装ポエムやこのセリフをきっかけとして、とを絡めたネタが増加した。 ・ブ (修正中) ライブイベント「SUMMER PARTY2019」内の一コーナー「Sランクのクールアイドル」より。 クールじゃないことを指す言葉。 ・ぶんたん 「菜・菜・輪・舞 幽谷霧子」のコミュより。 霧子Pの妙なテンションの高さを象徴するセリフ。 ・プロデューサーさんは……エビさん……ですから…… 「白・白・白・折 幽谷霧子」のコミュより。 (夢の中で)今にも油で揚げられようとしているプロデューサーに対して霧子が放ったセリフ。 霧子の不思議さを象徴するセリフとしてしばしば用いられる。 ・ヘイトガチャ 漫画『テコンダー朴』の原作者・白正男(義士)のから。 目当てのアイドルが引けなかった時に使う。 「ヘイトガチャは魂の殺人」というも使われる。 ・ほわっ 真乃の口癖。 初期PSSR「ほわっとスマイル」のカード名にも使われている。 ま~も ・マジフィコ横浜 桑山千雪役の芝崎典子のから。 「まじ?」と同じニュアンスで使われる。 ・まみ(まみていすと、まみうぇい) 摩美々のこと。 ・美城常務 アニメ『』に登場するキャター。 の常務取締役。 灯織と見た目が似ていることからネタにされることも。 ・三峰 笑ってるけど心は泣いてるよ?(三笑心泣) 4コマ漫画より。 三峰がかわいそうな時やアイドル問わず貧乳アイドルがいじられるときなどによく使われる。 「顔は笑ってるけど」と微妙に改変されたり、単に「心が泣いてるよ」とだけ使われることも。 4コマ漫画にも登場。 また、シナリオイベント「ミルキィウェイ61 -世界と世界がまじわる夜に-」では「見ない券種ですねぇ」と少し改変されて登場した。 2019にもノミネート、 一部のファンの間では期間限定アイドルの画像に対して「見ない顔ですねぇ…」と返すといったやり取りで知られている。 ・むきむきりこ 筋肉隆々の霧子のこと。 ・むんっ 真乃の掛け声。 本人曰く「怒っている」時の声。 ・めぐるはさぁ…カの人? つなむし氏がC88で頒布した同人誌のネタから。 を参照。 漫画内でがに対して発した「…みおはさぁ… みおはカの人」というセリフがもととなっている。 リリース以前からではの素材としてよく使われていた。 めぐるが実際にカの人(カ人の母を持つハーフ)であることや、ゲーム内でハグをよくしているなど漫画の内容と奇跡的に一致していたことから界隈でも使われるように。 ・めっちゃ 甘奈の口癖。 イントネーションが特徴的。 ら~ろ ・凛世100時間配信 amiamiが2020年5月2日から始めた狂気の配信。 内容は、杜野凛世のフィギュアを回転台に乗せてGW中配信し続けるというもの。 のトレンドに乗ったり、「お前さそんな顔すんの…催促…」「樋口ドル香」などのが生まれたりした。 二度のにも耐え、100時間で6589回転を成し遂げた。 ・智代子 2019年12月30日に伯爵( co2eral)氏と竹輪( chikuwa2014)氏とのやり取りから生まれた謎の生き物。 2020年1月3日に投稿されたから本格的に流行した。 鋼っぽい、〜子という名前など似たような共通点を持つミリシタのネット「メタル桃子」を想起したプロデューサーも。 ・れっつてんか 『Let's get a chance』の空耳・愛称。 ・恋愛感情 プロデュース「柔らかな微笑み 風野灯織」のTrueEndから。 イベントコミュ「PiCNic BASKET! 」で、をしているアイドルたちが捕まったアイドルを解凍(解放)する時に言わなければいけない言い文句。 2人のアイドルに挟まれるシチュエーションを指す言葉として使われる。 ・ 株式会社が運営するアダルト向け事業。 2018年8月に「DMM. R18」から名称が変更された。 を配信しているプラットフォーム・enzaと名前が似ていることからネタにされている。 ・MMM 摩美々のこと。 Ma Mi Miから。 余談だがpSSR「パープル・ミラージュ 田中摩美々」の一つ目のアイドルイベントのタイトルは「MMMirage」となっている。 ・P で行われるゲーム内イベント「」の略。 とても過酷なイベントということで有名。 同じく過酷な、ゲーム『』のイベント「古戦場」に絡めて「版古戦場」と称されたり、さらには「古戦場に逃げるな」などとも。 開催が発表されのトレンドに上がった際に、を知らない人が乳のサイズのことだと勘違いしてトレンドを検索し、がっかりしている様子がよく確認される。 また、2020年1月6日にはされ、開催される訳でもないのにトレンド入りするという奇妙な事態が発生した。 ・Pラブ プロデューサーが好きなアイドルのこと。 ・tnk 甜花の略称。 ・ 一般的に界隈ではを指す。 2018年4月27日にレンタルサービス「wikiwiki」で制作され、有志によって編集・更新されている。 基本的な攻略情報はここで確認できる。 記号 ・〜のコミュ好き 好きなコミュを言いたい時に使う定型文。 ただし、この定型文を使う際のコミュは実在しないコミュを指すことが多い。 ・〇〇りんぜ 「〜り」で終わる言葉と「凛世」を組み合わせること。 「にっこりんぜ」「おこりんぜ」「しょんぼりんぜ」など。 nnyara.

次の

『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』'05・米

しか勝たん 元ネタ

〇〇しか勝たんの意味について 「〇〇しか勝たん」の意味は、そのままの意味で 〇〇しか勝たないという意味です。 〇〇しか勝たんの由来とは? 「〇〇しか勝たん」は、由来という由来や元ネタは特になく、使い始めた人もわからないようです。 ですが、女性アイドルファンの間で使われていたネットスラングであり、2016年頃から徐々に使われだしたと言われています。 SNSが普及したことにより徐々に多くの人へ、特に十代の若年層に広まっていったようです。 そして女子高生や女子中学生に使われることが増え、今年流行った言葉、来年さらに流行る言葉と言われるようにまでなっていきました。 〇〇しか勝たんの使い方について 元はアイドルの推しに使われていましたが、現在はアイドル以外の人や食べ物、ゲームなどの物、アニメのキャラクターなどに使われるようになっています。 他にも推しの応援や握手会やコンサートなどのイベントに行った際、誕生日をお祝いする時に使われていることが多かったです。 また推しの写真を一緒に投稿する人が多かったです。 好きな食べ物が一番だと思っている方におすすめです。 他のハッシュタグもつけて、今日食べたごはんや好きなお店についてを投稿する際にも使われているので、幅広い場面での投稿にも使うことができます。 また好きな食べ物についてなら、誰でも使うことができるので初めての方でも簡単に使えます。 やっぱりラーメンしか勝たん。 — ぶらいと🌞約束の卵を目指して生きる。 またTシャツなども発売されていてお酒好きな人多いこともわかります。 アイドルの時と同様に好きやかわいいと思った時、推しの応援やイベントに行った際の投稿が多かったです。 友達とのプリクラの投稿でも使われていることがあり、〇〇に友達の名前を入れて仲良しや好きという気持ちを表すのに使われいるようです。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 ありがとうございます。 ニュースなどにも取り上げられていて、そのニュースについての投稿をしている方も多くいました。 流行ったからこそお試しの投稿や知らない方の投稿も増えているようです。 このランキングでは、1位は「ぴえん」、2位は「湧いた」、3位は「レベチ」でした。 このランキングは、ニュースでも取り上げられてさらに話題になりました。 他には、流行った人、こと、物などの計4つのランキングが紹介されています。 「〇〇しか勝たん」には、由来や元ネタは特にないですが、女性アイドルファンの間で使われていたネットスラングで、徐々に十代の若年層に広まっていったようです。 そして女子高生や女子中学生に使われることが増え、来年さらに流行る言葉と言われる言葉にまでなっていきました。 アイドルや芸能人に使われることが多いですが、食べ物や飲み物、二十代以降にはお酒など、さまざまなものに使われていました。 来年はどんな言葉が流行るのか、そしてまだまだ広がる「〇〇しか勝たん」のブームに乗っちゃいましょう!.

次の