バーミキュラ 炊飯 器。 保温機能なしの炊飯器なのに人気!?バーミキュラのライスポットとは?

ウワサのバーミキュラ炊飯器、ご飯以外の料理はどうなんだ? ホットクックと比べてわかった驚きの調理能力と2つの欠点

バーミキュラ 炊飯 器

バーミキュラってどんなメーカー? 最近、話題の「バーミキュラ(VERMICULAR)」というメーカーですが、どんなメーカーがご存知ですか? バーミキュラ(VERMICULAR)は、愛知県名古屋市に本社を構える 鋳物メーカー「愛知ドビー株式会社」のブランドです。 「手料理と生きよう」というコンセプトで、2016年12月にブランド初の家電となる「バーミキュラ ライスポット」を発売。 「鋳物ホーロー鍋」と「IHコイル」を組み合わせた斬新な商品設計や、スタイリッシュなデザイン性がユーザーから高い評価を受けています。 発売直後から雑誌やテレビなどのメディアに大きく取り上げられ、一時期は 1年以上も注文待ちになるほどに。 現在は人気こそ落ち着いていますが、依然注目度の高いブランドになっています。 【関連記事】 バーミキュラのライスポットの魅力は? そんな人気ブランド「バーミキュラ」が発売する「ライスポット」ですが、多くのユーザーを惹きつけるその魅力はどこにあるのでしょうか? 調理+炊飯の2つの使い方が可能 バーミキュラ ライスポットが人気になった最大の理由は、炊飯だけでなく「調理も可能」であるという点にあります。 今までも、おかずの調理が可能な炊飯器は他にもありましたが、あくまでも炊飯を行うのがメイン。 おかず調理はあくまでもオマケのような機能でした。 しかし、ライスポットは、鋳物ホーロー鍋の特徴を生かした 本格的なおかず調理が可能になっています。 01ミリという高精度で製造され「フタ」と「本体」の密閉性が非常に高く、食材からでる水分を逃がさないため、水を使わない「無水調理」が可能です。 水を使わないので、野菜やお肉の「あまみ」をダイレクトに生かすことができ、いつもの料理がワンランク上の味わいになります。 ライスポット1台で、料理の幅が一気に広がること間違いなしです! 保温機能を省き、炊き上がりの美味しさを重視 また、ライスポットのもう一つの特徴として「保温機能」が搭載されていないことがあります。 これには炊き上がりのお米を「より美味しくしたい」といメーカーの理念があります。 保温用のフタを省くことによって、鍋の内部の対流を促進。 ムラの無い炊き上がりが可能になります。 また加熱後に急速に冷ますことによって、水分をお米にしっかりと吸収させ、お米にツヤを出すことを実現しました。 【関連記事】 バーミキュラのライスポットの口コミや評判 実際にバーミキュラの「ライスポット」を使用しているユーザーの口コミや評判について調査をしていきます。 デザインに関する口コミ・評判• 普通の炊飯器とは比べ物にならないくらいカッコいい!特にホワイトがおすすめです。 炊飯器っぽくないデザインで置く場所を選びません。 デザインに関しては、高い評価が見られました。 シンプルなデザインで、まさにオシャレ家電。 「ソリッドシルバー」「トリュフグレー」「シーソルトホワイト」の 3カラーから選べるのも嬉しいポイントですね。 ソリッドシルバ- トリュフグレー シーソルトホワイト 味に関する口コミ・評判• 冷めたご飯でも美味しいので、お弁当に入れるのに最適です。 ライスポットで作ったローストビーフはめちゃくちゃ美味しい。 炊き上がりのご飯は、やや硬め。 自分の好みに合っているので大変満足です。 好みの硬さに調節するためには、何回か試行錯誤する必要がある。 水の量の調節がうまくいくと、美味しく炊くことが出来ます。 無洗米の使用はこの炊飯器には合わないので、おすすめしません。 冷めてもお米の甘みが消えずに美味しくいただけます。 おにぎりもよく合う。 炊き上がりに関しても、高い評価がされています。 お米は 粒感がしっかりとしていて、やや硬めに炊き上がります。 ただし、レシピ通りの水の量だと硬くなりすぎてしまうという意見も。 水分量をうまく調節する必要がありそうです。 また冷めても美味しいので、「お弁当」や「おにぎり」のご飯にすごく合うという口コミも多数みられます。 使い勝手に関する口コミ・評判• テフロン加工でないので、食材がこびりついてしまいます。 クッキングシートを敷いて調理を行うと良いでしょう。 こびり付きは多いと思うが、洗剤で軽く洗えば綺麗に落ちます。 よっぽど汚れがひどいときには重曹を使用しています。 お米のセットや炊き上がりの設定など操作が簡単なので高齢の両親でも充分使用できます。 両親へのプレゼントとして購入しましたが、大変喜んでくれています。 ボタンの反応が悪くイライラする。 本体が重いのと、焦げ付きがひどいので扱いづらい。 保温機能がないので、毎回炊くかいちいち冷凍しなければならないのが面倒です。 ただ冷凍しても美味しく食べれるので、及第点です。 使い勝手やお手入れに関しては、賛否両論があります。 マイナス面としてよく見られたのが、 「食材が鍋へこびり付いてしまう」と言う点です。 テフロンではないので、致し方無いですが、頻繁に使用する方にはストレスなようです。 一方で、シンプルな操作性に関しては高い評価がされています。 直感的に操作をすることが出来るので、初心者や高齢の方でも安心して使用することが出来ます。 バーミキュラの炊飯器「ライスポット」のスペック 炊飯方式 IH炊飯器 炊飯量 5合 最大消費電力 1350W サイズ(cm) 幅31. 8 重量 約6. 保温機能を普段からあまり使用しない• インテリアとしても機能するおしゃれな炊飯器が欲しい• 少し硬めで、冷えても美味しく食べれるご飯が炊きたい• 「無水調理」や「低温調理」を駆使してワンランク上の料理を楽しみたい 上記のポイントに当てはまるのであれば、ライスポットの購入を考えてみてもいいかも知れません。 【関連記事】.

次の

賛否両論! バーミキュラとバルミューダのオシャレ炊飯器、良いところ、ダメなところ

バーミキュラ 炊飯 器

家電ジャーナリスト安蔵靖志が本音で語る! 【ホットクック VS バーミキュラ】バーミキュラ ライスポット・詳細レビュー編 は「ヘルシオ ホットクック vsバーミキュラ ライスポット」の第2弾ということで、シャープの「ヘルシオ ホットクック」の魅力や欠点などについて紹介した。 もう一度おさらいすると、ホットクックの魅力は「レシピの分量が分かりやすくて、初心者でも簡単においしく『無水調理』ができる」ということと、「予約調理が可能で、製品名通り『放っておける』こと」にある。 一方で操作が分かりづらい部分があり、「調理道具として料理スキルアップには役立てにくい」ことが欠点として感じられた。 では、愛知ドビーの「バーミキュラ ライスポット(以下ライスポット)」はどんな魅力や欠点があり、どのような人に向いているのだろうか。 以下で検証していこう。 ライスポット専用鍋はバーミキュラの人気鋳物ホーロー鍋「オーブンポットラウンド」とは形状が少し異なるものの、普通の鍋としてIHクッキングヒーターはもちろんのこと、ガスコンロでも使うことができる。 要するに従来の「オーブンポットラウンド」を進化させた形状の鋳物ホーロー鍋に、専用のヒーターを追加することで自動調理を可能にしたというわけだ。 バーミキュラは、鍋とフタとの接触部分を誤差100分の1mmというとてつもない精度で加工されており、2010年の発売から現在まで数か月以上のバックオーダーを抱える人気鋳物ホーロー鍋だ。 この精度によって無駄に蒸気を逃がさない密閉空間を作り、野菜の味を引き出す「無水調理」を可能にしている。 無水調理は決して難しくはないのだが、「弱火」や「極弱火」などの火加減を習得するためにちょっとしたコツが必要になる。 タイマー設定が可能なので、調理中に他の家事を済ませることも可能だ。 直感的に操作できて表示もわかりやすい 操作パネルはとても親切で分かりやすい。 ポットヒーターの操作部はタッチパネルになっており、次に選べるメニューだけが表示される仕組みなので迷わずに操作できる。 タッチパネルのため、油や水がはねて付いてもすぐに拭き取れるのがうれしい。 電源をオンにすると「調理モード」と「炊飯モード」の2つが選べる 「炊飯モード」では白米や玄米、おかゆなどのメニューから選んでお米の量をセットし、炊飯時刻を設定してスタートを押すと炊飯が開始される。 タイマーボタンを押せば予約炊飯も可能だ。 残念ながら鍋に炊飯用の水位線は付いていないので、炊飯用に付属する計量カップ(お米用と水用が付属する)で計量してセットする必要がある。 この点、水位線が付いている炊飯器で炊飯している人にとってはちょっと面倒なところだろう。 調理モードボタンを何度か押すと、「極弱火」、「弱火」、「中火」、「低温調理モード」が切り替わっていき、スタートボタンを押すと調理がスタートする。 タイマー設定も可能だが、そのままスタートすると調理時間が表示されるのでこちらも便利だ。 直感的に操作できるタッチパネル、わかりやすい表示と、操作系統は総じて使いやすいといえる。 カレーを作ったら驚くほどの甘さに仕上がった では、実際に作ってみよう。 まずは「無水カレー」から。 完熟トマト、玉ねぎスライス、セロリ、にんじん、鶏もも肉、ローリエ などの材料を投入し、フタをして弱火で60分加熱してから火を止める。 カレールウを入れてかき混ぜながらとろみを付けたら、もう一度フタをして10分おき、予熱で味をなじませたらできあがりだ。 材料を投入したら、1時間待ってルウを入れ、かき混ぜるだけなのだから。 完成したカレーを食べてみて、驚くのがその甘さ。 ホットクックで作った無水カレーも野菜の甘みが際立っていたが、ライスポットでは、さらに甘みが強く感じられる。 レシピブックにも「野菜の甘みがたくさん出るので、ふだん使っているものより辛目のルウを使うのがおすすめです」とあるが、まさにその通り。 ちなみに、このカレーを振る舞った筆者の娘からは「甘すぎる」という文句が出た(笑)。 レビュー用に用意したルウがいつもより辛くなかったのは確かだが(それでも「辛口」は使った)、本機が引き出す「甘さ」は場合によっては好みが分かれるところだと感じた。 前回のホットクックでは豚バラ肉を下ゆでしたが、ライスポットのレシピでは下ゆでは行わない。 鍋に何も入れずに中火でしばらく加熱すると「炒めOK」という表示が出るので、豚バラ塊肉を脂身の方から炒めていく。 各面1分ずつ、計6分ほど炒めたら、鍋底にたっぷりと出てきた脂をキッチンペーパーでしっかりとぬぐい取る。 豚の角煮を作る場合、この脂の処理が重要なのだが(冷やして固まった脂を取り除く方法もある)、これは極めてシンプルでリーズナブルな方法に感じられた。 最後に別レシピで作った半熟卵を加えて味をなじませたらできあがりだ。 弱火で90分加熱したら完成だ 最初に焼き色を付けて肉の旨味を閉じ込めていることや、下ゆでしていないことから、味が濃厚で凝縮されている印象を受ける。 個人的に、角煮の味はホットクックよりライスポットのほうが好みだが、「角煮だけどさっぱりしている」という方向性が好みの人にはホットクックの方が向いているだろう。 もう1品、ブリ大根も作ってみた。 こちらはホットクックと同様、お酒を加えて水を沸騰させてブリに回しかけるという下ごしらえをしてから調理していく。 水をまったく使わない無水調理なのも同様だ。 濃いめの味付けでしっかりとブリに味が染み渡り、おいしくいただくことができた。 対して、ライスポットは火加減と時間を設定する程度で、一度でも料理をしたことがある人なら誰でも直感的に使えるのが魅力だ。 ただし、付属のレシピブックは初心者にとっては少しわかりづらい印象がある。 「完熟トマト 大4個」、「大根 10cm」といっても大きさはまちまちなので、ここの分量によって味が大きく変わってくる可能性がある。 料理に慣れている人ならいいが、これから料理を本格的に始めたいという人向けは分量もしっかりと書いておいてほしかった。 紙の質が良く、立派な本に仕上がっているが、食材の分量がはっきり書いていないので初心者には分かりづらい 無水調理をはじめとする煮込み調理だけでなく、中火なら炒め調理も可能で、油でじっくり煮込む「コンフィ」などの低温調理にも対応している。 もちろん炊飯機能も搭載しているなど、調理の幅が広いのはうれしいところだ。 メリット2 炊飯器としての実力が高い 今回は「調理鍋」としてホットクックと比較したため、ここではあえて紹介しなかったが、本機は「ライスポット」という名前だけあって炊飯機能が充実している。 最大5合まで対応で予約炊飯も可能になっており、ハリと粒感のある仕上がりは個人的には抜群においしいと感じている。 あくまでも何分後に加熱が終了するタイマー調理機能のみだ。 ただし、じっくりと弱火でコトコト煮込む無水調理は、調理している間ずっと見張っている必要はない。 ホットクックのような「作業そのものを省く時短調理」とは方向性が異なるが、調理時間中に他の家事などの作業ができるという点ではホットクックと共通。 作業時間の短縮に役立つのは間違いない。 デメリット2 扱いやすさはイマイチでメンテナンスも必須 もうひとつ、ライスポットを「オススメしにくい」理由があるとしたら、「扱いやすさ」の点だ。 専用鍋には木製の取っ手などが付いておらず、調理中は鍋はもちろん、フタも高温になってしまう。 そのため、フタや鍋を扱うときにはミトンなどが必須になる。 一度ザルで洗米して水を切り、計量した水を入れて炊飯するというひと手間が必要になる。 また、炊飯後に保温する機能がなく、炊飯後はファンが作動して鍋を冷ますため、炊飯直後しかアツアツのご飯を食べられないというデメリットもある(冷ますのはご飯をおいしくするために必要とのことだが)。 あとは、鍋とフタとの接触部分がさびやすい点だろう。 この部分は密着度を高めるためにホーロー加工がなされておらず、どうしてもサビが生じてしまうので、油を塗るなどのメンテナンスが必要になる。 このあたりは「調理道具」として長く使うためのコツといったところだ。 「道具として大事に扱う気持ち」が必要になりそうだ 一般のレシピが使えるので料理の腕を上げたい人に最適 ライスポットの魅力は、「あくまでも調理道具のひとつとして使える」という点にある。 ホットクックがいわば「ホットクック用レシピ専用調理家電」に近いのに対し(手動調理も可能だが)、ライスポットは「市販のレシピ本をそのまま使える」のが利点だ。 操作性は火加減(中火~極弱火)もしくは低温調理の温度を設定してスタートし、必要に応じて調理時間を設定するだけ。 そのため、料理を本格的に始めたいという初心者から、何十年も作り続けているベテランまで、迷わずに調理道具として使い回すことができる。 「調理家電」と考えれば扱いにくい部分はあるものの、長く「調理道具」として使いつつ、料理の腕を上げたいという人にピッタリのモデルといえるだろう。 協力:楽天市場.

次の

賛否両論! バーミキュラとバルミューダのオシャレ炊飯器、良いところ、ダメなところ

バーミキュラ 炊飯 器

話題沸騰中の人気調理器具ブランド「バーミキュラ」をご存知でしょうか?炊飯器であるバーミキュラライスポットは発売当初から話題になって注文が殺到、一時期は予約待ちで買えなくなったほどです。 バーミキュラライスポットを知らない人にとっては、何がそんなに人々を魅了するのか?今までの炊飯器と何が違うのか? 今回、その特徴や機能、人気の秘密をまとめました。 また、バーミキュラは鍋としてもとても優秀。 ル・クルーゼ、ダッチオーブン、ストウブなど、人気の鍋返礼品もご紹介します! 2020年現在バーミキュラは提供されている? 現在、バーミキュラを提供している自治体はありません。 また提供が再開された際にはこちらでご紹介しますね! 現在提供されている炊飯器やストウブの返礼品情報は下記記事をご覧ください。 バーミキュラとは? 珍しい名前ですが、日本のメーカー「愛知ドビー」が開発したホーロー鍋のブランドです。 愛知ドビーをご存知でない方も多いと思いますが、1936年から創業している老舗企業で、鍋作りに関する高い技術を持っています。 小さな町工場から世界に通用する製品を作り出したいという思いから、バーミキュラが開発されました。 品質の高さが評価され、今や日本のみならず、世界からも注目を集める人気商品となっています。 バーミキュラの炊飯器はなぜ人気なのか まずはおいしさ。 炊き上がるご飯をはじめ、蒸し料理や煮物など、できあがったお料理がとても美味しいと好評です。 その秘密は鍋の機密性が非常に高いこと。 食材の旨みが逃げないのです。 まさに技術の結晶と言えますね。 もう一点はデザイン。 銀と黒を基調としたバーミキュラライスポットの外観はとってもスタイリッシュ。 炊飯器は通常キッチンに置くものですが、このデザインならリビングなど人目に付くところに置いても問題ないですね。 バーミキュラライスポットでできること お米の炊飯はもちろん、鍋としても使用することもできます。 IHヒーターのようなイメージですね。 4段階の火力調節が可能で、作る料理に合わせて最適な火加減にすることができますよ。 またバーミキュラライスポットの売りとして「無水料理」ができることが挙げられます。 密閉される鍋の構造を活かし、蒸し料理を作るイメージです。 栄養価や旨味が水で流れてしまうことがないため、特に野菜の味が一変すると好評です。 こちらの炊飯器も白と黒の2色から選ぶことができます。 バルミューダの炊飯器はご飯が大好きな人にも大変好評で、「おかずがなくてもご飯が進む」と言われるほど。 バルミューダの炊飯器で炊いたご飯は、卵かけご飯やお茶漬けなど、美味しく炊き上げたご飯が主役になる料理で真価を発揮します。 ご飯の味がしっかりわかる料理でご飯が美味しく感じられるということは、お米自体が美味しいだけでなく、炊飯器が良い働きをしたということではないでしょうか。 まとめ バーミキュラの魅力をいろいろな視点で紹介しました。 外側から内側まで、今までの炊飯器にはなかった新しさがありますね。 機能や品質の面でもクオリティが高く、大人気なのも納得です。 日本人が愛するご飯において、こういった斬新な製品が国内から、しかも町工場から誕生したという部分も嬉しく、誇りに思えるような製品と言えます。 斬新で万能な調理器具が手に入り、被災地を直接支援することができ、優れた技術を持つ国内企業の存在を知ることができる。 商品を通常購入するよりも、はるかに味わい深い経験を得ることができます。 これもまたふるさと納税の魅力と言えますね。 愛着も増すのではないでしょうか。 気になった方はぜひ寄附を検討してみてください。 その他、家電の返礼品をお探しの方は以下の記事にお得な家電情報をまとめているので、是非ご覧ください。

次の