サノバビッチ ェ。 ”サノバ・ビッチェ” by モーモールルギャバン

レッドスター・ベオグラード

サノバビッチ ェ

サードカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ レッドスター・ベオグラード(: Red Star Belgrade)は、の首都に本拠地を置くクラブである。 総合スポーツクラブ、の一部でもある。 日本では英語読みのレッドスターが用いられるが、一部では現地語表記に倣った呼称も見られる(UCL等でのアルファベット略称はZVEである)。 時代から最も成功したセルビアのクラブであり、リーグ優勝は25回、カップ優勝は12回を数え、いずれも歴代最多である。 国際大会でも、などのメジャータイトルを獲得し、(IFFHS)が発表した20世紀ヨーロッパにおけるクラブランキングでは、のと並び27位にランクされた ユーゴスラビアを代表するクラブであった。 歴史 [ ] 1945年 - 1965年 [ ] 中の、レッドスターは反を標榜する若者たちの集団による 系 の総合文化クラブとして設立された。 クラブは主将としてで活躍をしていたを迎え入れ 、終戦後のからに参加する。 からまで3年連続でユーゴスラビアカップを優勝した クラブのリーグ初優勝は1951シーズンであった。 には前年王者の中心選手だったやなどを獲得。 後に星人(後述)の称号を得るミティッチ、シェクララツを始め、幾人もの代表選手が顔を揃えたクラブは、このシーズンからリーグ4連覇を達成するなど国内では無類の強さを見せ、1950年代は6回のリーグ優勝 、2回のカップ優勝を記録した。 欧州の舞台に初めて姿を見せたのは、1956-57シーズンのチャンピオンズカップ(の前身大会)であった。 この大会ではオランダの、のを破り準決勝まで勝ち進むが、準決勝では得点を奪えないままのに敗れた。 2年後の1958-59シーズンはのを相手に当時の最多得点記録となる2試合計14対1の大差で勝利するものの 、準々決勝でのに敗れた。 1960年代に入ると50年代までの強さは影を潜め、3シーズン連続で無冠に終わる。 1962-63シーズンはクラブ史上最低順位となる7位に低迷し、得点数は降格争いをしていたの半数以下であった。 1966年 - 1985年 [ ] ドラガン・ジャイッチ(右) が監督に就任し、世代交代を推し進めた。 クラブの中心だったシェクララツはへ去り、後に「第3の星人」の栄誉を受け、にて過去半世紀におけるセルビア史上最高の選手と称えられる左サイドのウインガー、が台頭した。 就任初年度は5位に低迷するものの 、1967-68シーズンからリーグ3連覇を達成。 1970-71シーズンには再びチャンピオンズカップの準決勝まで進出したが、のの前に4対4のタイスコアながらアウェイゴールの差で敗れた。 ミリャニッチは1974年、に引き抜かれるまで指揮を採り、4度のリーグ優勝 、3度のカップ優勝を成し遂げた。 ミリャニッチ辞任の翌年にジャイッチはクラブを去り、の時代が始まった。 1972年6月にデビューした ペトロヴィッチは「ピジョン()」のニックネームを授かり、1970年代後半に入るとクラブの絶対的なエースへと成長した。 1978-79シーズンのUEFAカップでは、このシーズンリーグ得点王に輝いたらと共にクラブを初のUEFA主催大会決勝へ導き 、後に「第4の星人」として表彰された。 ペトロヴィッチはにクラブを去るが、以降も、、のジュロヴスキ兄弟などのユーゴスラビア代表選手が活躍し 、ミリャニッチ辞任後の10年で2強を形成していたライバル、パルチザンを上回る4回のリーグ優勝を飾った。 1986年 - 1991年 [ ] 、復帰したジャイッチを始めとするフロント陣は5年に渡る長期計画を立て、欧州制覇という大目標を掲げる。 そしてジャイッチに才能を見いだされ、「ピクシー(妖精)」が入団したのもこの年であった。 1987年の夏より5ヶ年計画は始まった。 のクラブが誕生した日、レッドスターはレアル・マドリードにマラカナで敗れた。 この日から1992年の3月までの5年間、レッドスターは黄金時代と言える最良の時間を過ごした。 、、、などユーゴスラビアを代表する選手が顔を揃え、国内リーグでは5シーズンで4度の優勝を飾った。 ストイコビッチは3年連続でMVPを獲得するなど大活躍し、1990年にクラブを去った。 この5年間で監督は5人変わったが、フロント陣の顔ぶれに変わりはなかった。 4月から5月にかけてユーゴスラビア各地で初のが行われ、連邦を構成する各共和国で独立の機運が高まっていた。 5月13日、で行われた対との試合でが起こり 、これをきっかけにユーゴスラビア全土に戦火が広がっていくことになる(詳細はを参照)。 1990-91シーズンのチャンピオンズカップでは、のをPK戦の末に破り初の欧州王者となる。 皮肉にも前年までクラブに多大な貢献をしてきた「第5の星人」ストイコビッチはマルセイユのベンチを暖めていた。 試合を決めるPKを蹴ったはこのシーズンのを獲得した。 その後のでもチリのを破り世界一となり、このときの「」というスローガンは、その後のでも多用された。 1992年 - 現在 [ ] 長引く紛争に国連による制裁など、欧州王者となったクラブを取り巻く状況は苦しいものとなっていく。 前回大会王者として臨んだ1991-92シーズンのチャンピオンズカップでは、ホームゲームは全て第3国での開催となり、この大会から導入されたグループステージでイタリアのに及ばず敗退した。 主だった戦力は西側諸国に流出し、ユーゴスラビアは解体された。 紛争終了後の新生ユーゴスラビアリーグでは、や、などの新しい力がコンスタントに台頭するも、ほとんどのシーズンでパルチザンの後塵を拝する結果となった。 監督は次々に更迭され、星人ピジョン・ペトロヴィッチまでもが1年を待たずに職を追われた。 紛争終了後のリーグ優勝は1999-00シーズンまで無く、1990年代を通じてリーグ優勝は2回に留まった。 にはジャイッチが、にはストイコビッチが会長に就任し、には再びペトロヴィッチが監督として復帰した。 2000年代に入っても国内リーグではパルチザンとの2強を形成しているが、2009年は所属選手の給与未払いが表面化するなど 、2500万ドルに上るとも言われる負債による財政難もあって、欧州の舞台では活躍できない日々が続いている。 2010年、クラブは新たなメインスポンサーとしての社と5年の契約を結んだ。 契約料は年間380万ドルと報道されている。 スタジアム [ ] 詳細は「」を参照 ホームスタジアムであるは1963-64シーズンから使用が開始された。 3年の工期を経て建設された収容者数55,000人の巨大スタジアムは、当時の最大規模を誇った。 スタジアムのこけら落としは1963年9月1日の戦で、試合はレッドスターが2対1で勝利した。 翌年、スタジアムには110,000人もの観衆が押し寄せ、その光景は世界最大のスタジアム、を連想させた。 これ以降、スタジアムは「マラカナ」の通称で呼ばれることとなる。 このシーズン、レッドスターは4季ぶりにリーグ優勝を果たした。 現在の収容人員は55,538人で、マラカナの北西に位置するの本拠地とは直線距離にして約1キロ程しか離れていない。 サポーター [ ] この節のが望まれています。 その実績からセルビア国内では圧倒的な人気を誇り、セルビア国内の半数弱がクラブを支持しているという調査結果もある。 サポーターは英雄を意味するデリエ(Delije)と呼ばれ 、同じくベオグラードを本拠地とするライバルであるとのは特に盛り上がりを見せる。 4月にはパルチザンとの試合中にサポーターが警察と衝突し、95人もの逮捕者を出した。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ] リーグ [ ]• : 19回• 1950-51, 1952-53, 1955-56, 1956-57, 1958-59, 1959-60, 1963-64, 1967-68, 1968-69, 1969-70, 1972-73, 1976-77, 1979-80, 1980-81, 1983-84, 1987-88, 1989-90, 1990-91, 1991-92• : 5回• 1994-95, 1999-00, 2000-01, 2003-04, 2005-06• : 6回• 2006-07, 2013-14, 2015-16, 2017-18, 2018-19, 2019-20 カップ [ ]• : 12回• 1947-48, 1948-49, 1949-50, 1957-58, 1958-59, 1963-64, 1967-68, 1969-70, 1970-71, 1981-82, 1984-85, 1989-90• : 9回• 1992-93, 1994-95, 1995-96, 1996-97, 1998-99, 1999-00, 2001-02, 2003-04, 2005-06• : 3回• 2006-07, 2009-10, 2011-12 国際タイトル [ ]• : 1回• 1990-91• : 1回• 1991• : 2回• Pos. 選手名 1 2 3 5 6 7 8 9 11 14 15 17 18 19 20 No. Pos. 選手名 21 22 23 24 25 27 29 31 73 77 82 87 91 92 99 ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 out No. Pos. 選手名 8 33 34 36 欠番 [ ]• 12 クラブ・サポーター 歴代監督 [ ]• 1946 -1946• 1946-1948• 1948-1950• 1951 -1951• 1951-1953• 1953 -1953• 1953-1954• 1954 -1954• 1954-1957• 1957-1964• 1964-1966• 1966-1974• 1974-1975• 1975-1976• 1976-1978• 1978-1982• 1982-1983• 1983-1986• 1986-1988• 1988-1989• 1989-1990• 1990-1991• 1991-1992• 1992-1994• 1994-1996• 1996-1997• 1997 -1997• 1997-1998• 1998-1999• 1999 -1999• 1999 -1999 (代行)• 1999-1901• 2001-2003• 2003-2004• 2004 -2004• 2004 -2004 (代行)• 2004-2005• 2005-2006• 2006-2007• 2007 -2007• 2007 -2007• 2007-2008• 2008 -2008• 2008-2009• 2009 -2009 (代行)• 2009-2010• 2010 -2010• 2010 -2010• 2010-2012• 2012-2013• 2013 -2013• 2013-2014• 2014-2015• 2015-2017• 2017 -2017 (代行)• 2017-2019• 2019- 2019 歴代所属選手 [ ] 詳細は「」を参照 星人 [ ] クラブでは大きな功績を残した功労者に対して、「ズヴェズディナ・ズヴェズダ(Zvezdina zvezda)」という称号を授けている。 日本語では「星人」と訳される。 現在までの受賞者は以下の通り。 第1の星(Prva Zvezdina zvezda) (、1945-1958)• 第2の星(Druga Zvezdina zvezda) (、1955-1966)• 第5の星(Peta Zvezdina zvezda) (MF、1986-1990) 1991世代 [ ] ジギッチはセルビア最優秀選手も同時に受賞した。 The Rec. Sport. Soccer Statistics Foundationの記録による。 コスタ・トマシェヴィッチ 1951、1954-55• トドル・ジヴァノヴィッチ 1952-53• ティホミル・オグヤノヴ 1955-56• ボラ・コスティッチ 1958-59、1959-60• ヴォイン・ラザレヴィッチ 1968-69、1972-73• 1974-75、1978-79• 1976-77• スレイマン・ハリロヴィッチ 1984-85• 1989-90、1990-91、1991-92• 1992-93• 1996-97• 1997-98• 2003-04• 2004-05• 2007-08• 2010-11 出典・脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2015年6月25日閲覧。 - IFFHS(2010年6月11日閲覧)• com(2010年6月11日閲覧)• 322。 - reprezentacija. rs(2010年6月11日閲覧)• com(2010年6月11日閲覧)• - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - crvenazvezdafk. com(2010年8月30日閲覧)• - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - スポーツナビ(2010年6月11日閲覧)• ジョセフ・ロスチャイルド(羽場久美子、水谷驍・訳)『現代東欧史 多様性への回帰』共同通信社、1999年、p. 390。 2010年6月15日閲覧。 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - guardian. uk 2010年8月30日閲覧。 - ロイター(2009年4月12日)• biz 2010年7月22日付記事• - SportsPro 2010年7月16日付記事• - crvenazvezdafk. com(2010年6月11日閲覧)• - B92(2008年2月27日)• - スポーツナビ(2010年6月11日閲覧)• - dailymail. uk 2009年11月27日付記事。 - ロイター(2009年8月21日)• FK Crvena zvezda. 2019年9月16日閲覧。 UEFA. 2016年7月9日閲覧。 superliga. 2016年7月20日閲覧。 - B92(2010年5月26日)• - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 外部リンク [ ]• (セルビア語) (英語)• (英語)• (英語).

次の

洋画でよく聞く「サノバビッチ!」の意味は?実は〇〇な意味だった!|YARUBLO

サノバビッチ ェ

サードカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ レッドスター・ベオグラード(: Red Star Belgrade)は、の首都に本拠地を置くクラブである。 総合スポーツクラブ、の一部でもある。 日本では英語読みのレッドスターが用いられるが、一部では現地語表記に倣った呼称も見られる(UCL等でのアルファベット略称はZVEである)。 時代から最も成功したセルビアのクラブであり、リーグ優勝は25回、カップ優勝は12回を数え、いずれも歴代最多である。 国際大会でも、などのメジャータイトルを獲得し、(IFFHS)が発表した20世紀ヨーロッパにおけるクラブランキングでは、のと並び27位にランクされた ユーゴスラビアを代表するクラブであった。 歴史 [ ] 1945年 - 1965年 [ ] 中の、レッドスターは反を標榜する若者たちの集団による 系 の総合文化クラブとして設立された。 クラブは主将としてで活躍をしていたを迎え入れ 、終戦後のからに参加する。 からまで3年連続でユーゴスラビアカップを優勝した クラブのリーグ初優勝は1951シーズンであった。 には前年王者の中心選手だったやなどを獲得。 後に星人(後述)の称号を得るミティッチ、シェクララツを始め、幾人もの代表選手が顔を揃えたクラブは、このシーズンからリーグ4連覇を達成するなど国内では無類の強さを見せ、1950年代は6回のリーグ優勝 、2回のカップ優勝を記録した。 欧州の舞台に初めて姿を見せたのは、1956-57シーズンのチャンピオンズカップ(の前身大会)であった。 この大会ではオランダの、のを破り準決勝まで勝ち進むが、準決勝では得点を奪えないままのに敗れた。 2年後の1958-59シーズンはのを相手に当時の最多得点記録となる2試合計14対1の大差で勝利するものの 、準々決勝でのに敗れた。 1960年代に入ると50年代までの強さは影を潜め、3シーズン連続で無冠に終わる。 1962-63シーズンはクラブ史上最低順位となる7位に低迷し、得点数は降格争いをしていたの半数以下であった。 1966年 - 1985年 [ ] ドラガン・ジャイッチ(右) が監督に就任し、世代交代を推し進めた。 クラブの中心だったシェクララツはへ去り、後に「第3の星人」の栄誉を受け、にて過去半世紀におけるセルビア史上最高の選手と称えられる左サイドのウインガー、が台頭した。 就任初年度は5位に低迷するものの 、1967-68シーズンからリーグ3連覇を達成。 1970-71シーズンには再びチャンピオンズカップの準決勝まで進出したが、のの前に4対4のタイスコアながらアウェイゴールの差で敗れた。 ミリャニッチは1974年、に引き抜かれるまで指揮を採り、4度のリーグ優勝 、3度のカップ優勝を成し遂げた。 ミリャニッチ辞任の翌年にジャイッチはクラブを去り、の時代が始まった。 1972年6月にデビューした ペトロヴィッチは「ピジョン()」のニックネームを授かり、1970年代後半に入るとクラブの絶対的なエースへと成長した。 1978-79シーズンのUEFAカップでは、このシーズンリーグ得点王に輝いたらと共にクラブを初のUEFA主催大会決勝へ導き 、後に「第4の星人」として表彰された。 ペトロヴィッチはにクラブを去るが、以降も、、のジュロヴスキ兄弟などのユーゴスラビア代表選手が活躍し 、ミリャニッチ辞任後の10年で2強を形成していたライバル、パルチザンを上回る4回のリーグ優勝を飾った。 1986年 - 1991年 [ ] 、復帰したジャイッチを始めとするフロント陣は5年に渡る長期計画を立て、欧州制覇という大目標を掲げる。 そしてジャイッチに才能を見いだされ、「ピクシー(妖精)」が入団したのもこの年であった。 1987年の夏より5ヶ年計画は始まった。 のクラブが誕生した日、レッドスターはレアル・マドリードにマラカナで敗れた。 この日から1992年の3月までの5年間、レッドスターは黄金時代と言える最良の時間を過ごした。 、、、などユーゴスラビアを代表する選手が顔を揃え、国内リーグでは5シーズンで4度の優勝を飾った。 ストイコビッチは3年連続でMVPを獲得するなど大活躍し、1990年にクラブを去った。 この5年間で監督は5人変わったが、フロント陣の顔ぶれに変わりはなかった。 4月から5月にかけてユーゴスラビア各地で初のが行われ、連邦を構成する各共和国で独立の機運が高まっていた。 5月13日、で行われた対との試合でが起こり 、これをきっかけにユーゴスラビア全土に戦火が広がっていくことになる(詳細はを参照)。 1990-91シーズンのチャンピオンズカップでは、のをPK戦の末に破り初の欧州王者となる。 皮肉にも前年までクラブに多大な貢献をしてきた「第5の星人」ストイコビッチはマルセイユのベンチを暖めていた。 試合を決めるPKを蹴ったはこのシーズンのを獲得した。 その後のでもチリのを破り世界一となり、このときの「」というスローガンは、その後のでも多用された。 1992年 - 現在 [ ] 長引く紛争に国連による制裁など、欧州王者となったクラブを取り巻く状況は苦しいものとなっていく。 前回大会王者として臨んだ1991-92シーズンのチャンピオンズカップでは、ホームゲームは全て第3国での開催となり、この大会から導入されたグループステージでイタリアのに及ばず敗退した。 主だった戦力は西側諸国に流出し、ユーゴスラビアは解体された。 紛争終了後の新生ユーゴスラビアリーグでは、や、などの新しい力がコンスタントに台頭するも、ほとんどのシーズンでパルチザンの後塵を拝する結果となった。 監督は次々に更迭され、星人ピジョン・ペトロヴィッチまでもが1年を待たずに職を追われた。 紛争終了後のリーグ優勝は1999-00シーズンまで無く、1990年代を通じてリーグ優勝は2回に留まった。 にはジャイッチが、にはストイコビッチが会長に就任し、には再びペトロヴィッチが監督として復帰した。 2000年代に入っても国内リーグではパルチザンとの2強を形成しているが、2009年は所属選手の給与未払いが表面化するなど 、2500万ドルに上るとも言われる負債による財政難もあって、欧州の舞台では活躍できない日々が続いている。 2010年、クラブは新たなメインスポンサーとしての社と5年の契約を結んだ。 契約料は年間380万ドルと報道されている。 スタジアム [ ] 詳細は「」を参照 ホームスタジアムであるは1963-64シーズンから使用が開始された。 3年の工期を経て建設された収容者数55,000人の巨大スタジアムは、当時の最大規模を誇った。 スタジアムのこけら落としは1963年9月1日の戦で、試合はレッドスターが2対1で勝利した。 翌年、スタジアムには110,000人もの観衆が押し寄せ、その光景は世界最大のスタジアム、を連想させた。 これ以降、スタジアムは「マラカナ」の通称で呼ばれることとなる。 このシーズン、レッドスターは4季ぶりにリーグ優勝を果たした。 現在の収容人員は55,538人で、マラカナの北西に位置するの本拠地とは直線距離にして約1キロ程しか離れていない。 サポーター [ ] この節のが望まれています。 その実績からセルビア国内では圧倒的な人気を誇り、セルビア国内の半数弱がクラブを支持しているという調査結果もある。 サポーターは英雄を意味するデリエ(Delije)と呼ばれ 、同じくベオグラードを本拠地とするライバルであるとのは特に盛り上がりを見せる。 4月にはパルチザンとの試合中にサポーターが警察と衝突し、95人もの逮捕者を出した。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ] リーグ [ ]• : 19回• 1950-51, 1952-53, 1955-56, 1956-57, 1958-59, 1959-60, 1963-64, 1967-68, 1968-69, 1969-70, 1972-73, 1976-77, 1979-80, 1980-81, 1983-84, 1987-88, 1989-90, 1990-91, 1991-92• : 5回• 1994-95, 1999-00, 2000-01, 2003-04, 2005-06• : 6回• 2006-07, 2013-14, 2015-16, 2017-18, 2018-19, 2019-20 カップ [ ]• : 12回• 1947-48, 1948-49, 1949-50, 1957-58, 1958-59, 1963-64, 1967-68, 1969-70, 1970-71, 1981-82, 1984-85, 1989-90• : 9回• 1992-93, 1994-95, 1995-96, 1996-97, 1998-99, 1999-00, 2001-02, 2003-04, 2005-06• : 3回• 2006-07, 2009-10, 2011-12 国際タイトル [ ]• : 1回• 1990-91• : 1回• 1991• : 2回• Pos. 選手名 1 2 3 5 6 7 8 9 11 14 15 17 18 19 20 No. Pos. 選手名 21 22 23 24 25 27 29 31 73 77 82 87 91 92 99 ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 out No. Pos. 選手名 8 33 34 36 欠番 [ ]• 12 クラブ・サポーター 歴代監督 [ ]• 1946 -1946• 1946-1948• 1948-1950• 1951 -1951• 1951-1953• 1953 -1953• 1953-1954• 1954 -1954• 1954-1957• 1957-1964• 1964-1966• 1966-1974• 1974-1975• 1975-1976• 1976-1978• 1978-1982• 1982-1983• 1983-1986• 1986-1988• 1988-1989• 1989-1990• 1990-1991• 1991-1992• 1992-1994• 1994-1996• 1996-1997• 1997 -1997• 1997-1998• 1998-1999• 1999 -1999• 1999 -1999 (代行)• 1999-1901• 2001-2003• 2003-2004• 2004 -2004• 2004 -2004 (代行)• 2004-2005• 2005-2006• 2006-2007• 2007 -2007• 2007 -2007• 2007-2008• 2008 -2008• 2008-2009• 2009 -2009 (代行)• 2009-2010• 2010 -2010• 2010 -2010• 2010-2012• 2012-2013• 2013 -2013• 2013-2014• 2014-2015• 2015-2017• 2017 -2017 (代行)• 2017-2019• 2019- 2019 歴代所属選手 [ ] 詳細は「」を参照 星人 [ ] クラブでは大きな功績を残した功労者に対して、「ズヴェズディナ・ズヴェズダ(Zvezdina zvezda)」という称号を授けている。 日本語では「星人」と訳される。 現在までの受賞者は以下の通り。 第1の星(Prva Zvezdina zvezda) (、1945-1958)• 第2の星(Druga Zvezdina zvezda) (、1955-1966)• 第5の星(Peta Zvezdina zvezda) (MF、1986-1990) 1991世代 [ ] ジギッチはセルビア最優秀選手も同時に受賞した。 The Rec. Sport. Soccer Statistics Foundationの記録による。 コスタ・トマシェヴィッチ 1951、1954-55• トドル・ジヴァノヴィッチ 1952-53• ティホミル・オグヤノヴ 1955-56• ボラ・コスティッチ 1958-59、1959-60• ヴォイン・ラザレヴィッチ 1968-69、1972-73• 1974-75、1978-79• 1976-77• スレイマン・ハリロヴィッチ 1984-85• 1989-90、1990-91、1991-92• 1992-93• 1996-97• 1997-98• 2003-04• 2004-05• 2007-08• 2010-11 出典・脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2015年6月25日閲覧。 - IFFHS(2010年6月11日閲覧)• com(2010年6月11日閲覧)• 322。 - reprezentacija. rs(2010年6月11日閲覧)• com(2010年6月11日閲覧)• - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - crvenazvezdafk. com(2010年8月30日閲覧)• - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - スポーツナビ(2010年6月11日閲覧)• ジョセフ・ロスチャイルド(羽場久美子、水谷驍・訳)『現代東欧史 多様性への回帰』共同通信社、1999年、p. 390。 2010年6月15日閲覧。 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 - guardian. uk 2010年8月30日閲覧。 - ロイター(2009年4月12日)• biz 2010年7月22日付記事• - SportsPro 2010年7月16日付記事• - crvenazvezdafk. com(2010年6月11日閲覧)• - B92(2008年2月27日)• - スポーツナビ(2010年6月11日閲覧)• - dailymail. uk 2009年11月27日付記事。 - ロイター(2009年8月21日)• FK Crvena zvezda. 2019年9月16日閲覧。 UEFA. 2016年7月9日閲覧。 superliga. 2016年7月20日閲覧。 - B92(2010年5月26日)• - RSSSF 2010年8月30日閲覧。 外部リンク [ ]• (セルビア語) (英語)• (英語)• (英語).

次の

レッドスター・ベオグラード

サノバビッチ ェ

モーモールルギャバン サノバ・ビッチェ 作词:モーモールルギャバン 作曲:モーモールルギャバン サノバビッチェ! ダンディー ダイナミクス Mr. ダンディー ダイナミクス Mr. ダンディー 大丈夫? ダンディー 大丈夫! 完全に地狱 あれあれあれ头爆発 络み付いてくる梦の中のダンディー 大変大変 充电し忘れた携帯踏んづけ バキバキバキ大惨事 まぁいいや 永远の空回り 君はMr. 石ころ ワイルドな俺の运命 いつも夜に震えて 叫ぶ呗声が响き渡る 近所迷惑 ハンサムな俺の辞书は不可能の文字だらけ 能天気だぜ Yes!! 伤は深くそれでも强く 俺は无敌 お前は太阳 见てろよサノバビッチェ 俺は无敌 ちょっとおめでたいよ 见てろよサノバビッチェ Thank you for the Freedom! あれあれあれは止まらない スーパー马鹿で逆方向行ってしまったの 更多更详尽歌词 在 バラ色の涙もろい君はMr. 成り行き ワイルドな俺の运命 いつも夜に震えて 叫ぶ呗声が响き渡る 近所迷惑 ハンサムな俺の辞书は不可能の文字だらけ 能天気だぜ Yes!! 伤は深くそれでも强く 丑三つ时の暗い部屋で旅の続きに想い驰せる これから何かが壊れたら笑っておしまい 丑三つ时の暗い部屋で旅の终わりに想い驰せる 静かなる部屋 今だけの呼吸 Go! Let's go jungle! 丑三つ时の暗い部屋で旅の続きに想い驰せる これから何かが壊れたらなんて考えたって仕方ねぇ仕方ねぇ えっと头まっしろになっちゃったってもうなんつーのダイヤモンド の壳を破って えっと迸る命をもやしてえっとえっと 石ころでも成り行きでも 空回りしても走る君はきっと まだまだまだまだ 俺は无敌 お前は太阳 见てろよサノバビッチェ 俺は无敌 ちょっとおめでたいよ 见てろよサノバビッチェ 俺の尸を越えてゆけ.

次の