スイカ iphone 登録。 Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaをはじめる

Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaをはじめる

スイカ iphone 登録

1. モバイルSuicaの新規発行 まずは、モバイルSuicaを新しく発行する場合の登録方法を説明します。 ここでは、My Suica(記名式)を発行する手順を説明していきます。 準備として、App StoreからSuicaアプリケーションをダウンロードしてください。 なお、Suica(無記名)を選択すると、会員登録せずにモバイルSuicaを利用できます。 また、電車利用でもポイントが付かないというデメリットがあります。 クレジットカードを登録する場合 クレジットカードを登録する場合は、「カード番号」、「カード有効期限」、「セキュリティコード」を入力し、「完了」をタップします。 ビューカードを持っている人はクレジットカードを登録しても良いですが、持っていない人は登録しないようにしましょう。 クレジットカードを登録しない場合 クレジットカードを登録しない場合、Apple Payに登録したクレジットカードからチャージすることになります。 Apple Payにクレジットカードを登録する方法については、別記事で説明しているので、をご覧ください。 「金額を選ぶ」をタップし、チャージ金額(最低1,000円)を設定します。 続いて、Apple Payにカードを追加の画面で「次へ」をタップします。 以上で、Suicaの発行は完了です。 2.すでに持っているカードSuicaを取り込む すでに持っているカードSuicaをモバイルSuicaに取り込むには、SuicaアプリケーションまたはWalletアプリケーションから行います。 Walletアプリケーションから取り込む場合は、Walletアプリを開き、「+ボタン」をタップします。 以上で、カードSuicaの取り込みは完了です。

次の

Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaをはじめる

スイカ iphone 登録

登録できないSuicaが存在する。 なぜかiPhone7にSuicaが登録できない!と思って調べてみると、事前に取り込めないSuicaが告知されていました。 それがこちら。 ・ビュースイカ等のクレジットカード一体型 ・ゆうちょ等キャッシュカード一体型 ・Suica定期券(高校・中学・小学生用通学定期) ・小児用My Suica ・社員証・学生証と一体になったSuica ・JR東日本以外で発売されたSuica (引用元:) 私の場合、「ビックカメラSuica(クレジットカード一体型Suica)」をApple Payに取り込もうとしていたため、iPhone7にSuicaが登録できない事態になっていました(涙)これが出来たらすごい便利だったのになぁ。 Suica定期をApple Payに登録する方法。 ちなみに、Suica定期を登録したいという方も多いようです。 ノーマルのSuica同様、下記に該当するSuica定期以外はApple Payへ登録することができます。 ・ビュースイカ等のクレジットカード一体型 ・ゆうちょ等キャッシュカード一体型 ・Suica定期券(高校・中学・小学生用通学定期) ・小児用My Suica ・社員証・学生証と一体になったSuica ・JR東日本以外で発売されたSuica (引用元:) 上記に該当するSuica定期を持っている方は、そのSuica定期を登録することは出来ません。 上記の条件に該当しないSuica定期を、新たに作る必要があります。 JR東日本の窓口で新たにSuica定期を作ってApple Payに登録しても良いでしょうし、「Suicaアプリ」内でSuica定期券を作っても良いでしょう。 ちなみに、「Suicaアプリ」でSuica定期を購入する方法はカンタン。 支払い方法もApple Payで登録済みのクレジットカードか、新たにクレジットカードを登録するか選べます。 ただ、定期券の使用期限が切れるのはまだ先…という場合、今すぐ新規のSuica定期へ切り替える方法もないとは言えませんが、結構労力がかかるでしょう。 Apple Payに新たにSuica定期を登録したい場合は、次回の定期券更新を待つのが現実的かもしれません。 Apple PayではVISAのクレジットカードが使えない? 現状、Apple PayにVISAのクレジットカードを取り込むことは可能でした。 しかし、Suicaアプリの支払い方法でApple Payを選択した場合、 VISAのクレジットカードは「App内の支払いはできません」と表示されます。 しかし、これにも裏技が存在します。 Apple Payに取り込んだVISAカードでのアプリ内の支払いはできませんが、「Suicaアプリ」に登録できるクレジットカードは 「ビューカード(VIEWマークのついたカード)」のほか、「VISA」「JCB」「MasterCard」「American Express」「Diners Clubs」「JR東海エクスプレス・カード」の計7ブランドとなります。 (引用元:「Suica」アプリ内) つまり、Apple Payに登録してもアプリ内では使えない「VISAカード」が、この「Suicaアプリ」内であれば使えるということなんです。 ちなみに、上記の画像にもありますが、私はVISAつき楽天カードをApple Payに登録してみたら出来ました!噂ではVISAはApple Payに登録も出きない可能性があるという噂もあったので、かなり感動です。 もちろん VISAつき楽天カードはSuicaアプリに登録もできましたし、コンビニでも使うことができましたよ。 今なら「楽天カード新規入会&1回利用でポイントプレゼントキャンペーン」と題して、楽天カード新規入会と利用で、もれなく5,000円相当ポイントが得られるキャンペーン中のようです。 私の時もあったのかなぁ。 楽天カードでコンビニの買い物が簡単に出来ただけでなく、Suicaアプリで新たに作ったSuicaをApple Payに登録し、改札を通ってみた結果…スッと通れて、かなり快感でした!無駄にテンション上がっちゃいましたよw 今までモバイルSuica使ってた人は「やっとiPhoneもモバイルSuica対応したのかー」という感想かもしれませんが、今までiPhoneを使ってきた私としては、すごく新鮮な気持ちで、改札を通るたび感動の1日となりました。 あなたも是非、試してみてくださいね。 0 mm 幅71. 4 mm 厚さ8. 1 mm 重量188 g ・iPhone11 Pro MAX:高さ158. 0 mm 幅77. 8 mm 厚さ8. 1 mm 重量226 g ・iPhone11高さ150. 9 mm 幅 75. 7 mm 厚さ8. 3 mm 重量194 g.

次の

iPhoneのSuica設定方法・使い方|カード登録・チャージ・機種変更の引き継ぎ方法

スイカ iphone 登録

Suica(スイカ)をiPhoneで使うメリットとは iPhoneでSuicaを使うことには、さまざまなメリットがあります。 通常のカード型のSuicaにはないモバイルSuicaならではの特徴や利点を確認して、なぜiPhoneで使うことがおすすめされるのかを把握しておきましょう。 いつでも好きなタイミングでチャージ可能 iPhoneに登録したクレジットカードを利用すれば、いつでも好きなタイミングでSuicaにお金をチャージできます。 通常のカード型Suicaでは自動券売機やコンビニのレジでチャージを行うことが求められますが、モバイルSuicaなら思い立ったときに入金が可能です。 「明日の朝に必要な金額を夜のうちにチャージしよう」といった使い方もできるので、よりSuicaが便利に利用できるでしょう。 モバイルSuica(スイカ)の年会費は無料 iPhoneでモバイルSuicaを利用する場合、特別な年会費等はかからないのもメリットです。 Android系のスマホの場合、ビューカード系以外のクレジットカードを使う際に1,050円の年会費がかかります。 (2020年2月26日以降はすべて無料になる予定) コストを気にせずに使える点も、iPhoneとSuicaを組み合わせるメリットだといえるでしょう。 スマホでのスマートな支払いが快適 iPhoneで買い物の支払いや交通機関の利用ができることも、モバイルSuicaが持つ特徴です。 手軽かつスマートに決済が済ませられるので、普段の生活に発生する支払い作業を簡略化できるでしょう。 iPhoneにはSuica以外の多くの電子マネーを登録できるため、上手に利用すればスマホにすべての決済記録をまとめることも可能です。 キャッシュレス決済の支払いを的確に管理したいときにも、iPhoneでのモバイルSuicaの利用がメリットになるでしょう。 Suica(スイカ)をiPhoneで使うための設定方法 iPhoneでSuicaを利用するには、ショッピングなどに利用できる決済システム「」に登録する必要があります。 一度Apple Payに登録してしまえば、iPhoneをタッチするだけで対応している店舗での買い物や交通機関の乗車が可能です。 設定方法は簡単なので、以下を参考に所持しているiPhoneでモバイルSuicaを始めてみましょう。 Apple PayにSuica(スイカ)登録 Apple PayにSuicaを登録する方法は、以下の手順で進められます。 iPhoneは7以降の機種が必要となるので、所有している端末の種類を確認してから登録を行ってみましょう。 WalletアプリでSuica(スイカ)情報を取り込む すでにカードタイプのSuicaを持っている場合には、iPhoneのWallet機能で情報を取り込むことができます。 Suica(無記名)、My Suica(大人用記名)、Suica定期券が対象となるので、以下を参考に取り込み方法も確認しておきましょう。 一度移行してしまうとカードに戻すことができないので、その点は注意して進めましょう。 iPhoneでのSuica(スイカ)の使い方 iPhoneのApple Payに登録したSuicaは、簡単な方法で日常的に利用できます。 下記からチャージなどの基本機能から、買い物への利用方法などをチェックしておきましょう。 iPhoneでのSuica(スイカ)チャージ方法 iPhoneのモバイルSuicaには、登録時に設定したクレジットカードから以下の手順でチャージを行うことができます。 オートチャージが行われるのは駅の改札を使ったときだけなので、買い物やバスの利用時は自動入金の対象とならないことを注意しておきましょう。 iPhoneならSuica(スイカ)定期券の新規購入や更新も可能 Apple Payを利用することで、定期券の新規購入や更新もスマホだけで簡単に行えます。 SuicaアプリとWalletから実行できる(Walletでは定期更新のみ)ので、以下で手順を確認しておきましょう。 iPhoneであればすぐに購入まで進めるので、必要になったときに備えて手続き方法をチェックしておいてください。 iPhoneのSuica(スイカ)で交通機関の利用・買い物の支払い モバイルSuicaは基本的にiPhoneを駅の改札やレジの読み取り端末に直接タッチするだけで、Suicaの機能を利用できます。 Touch IDかFace IDをiPhoneを必要なタイミングで起動して支払いを実行しましょう。 事前にSuicaの「エクスプレス設定」を行っておけば、Touch IDやFace IDを行わずに駅の自動改札と一部の店舗でSuicaの機能を利用できるようになります。 毎日のようにSuicaを利用する場合は、以下を参考により手軽に使える設定を整えておきましょう。 【動画】Suicaをスマホで使うには?モバイルSuicaの登録やチャージの方法を紹介 ここまでで、iPhoneでSuicaを使うための設定方法や使い方を紹介してきました。 動画でもモバイルSuicaの登録方法やチャージ方法をわかりやすく紹介しているのでぜひご覧ください。 iPhoneに登録したSuica(スイカ)の各種手続き iPhoneにSuicaを登録した後からでも、各種設定は必要に応じて変更することができます。 特に機種変更後の引き継ぎ方法はSuicaを使う上で重要です。 機種変更時の引き継ぎ方法 新しいiPhoneに機種変更する場合、まずは旧端末で以下の手順を実行します。 iPhoneとSuica(スイカ)の組み合わせで生活はより快適になる! iPhoneのApple PayにSuicaを登録することには、多くのメリットがあります。 今注目が高まっている。 Suicaを使っている方は、まずはiPhoneとSuicaを組み合わせることから始めてみてはいかがでしょうか。 Suicaを登録したiPhoneであれば、交通機関の利用だけでなく、買い物もスムーズに行えます。 現在Suicaの使い道はどんどん広がっているので、今後のためにも登録方法や使い方をチェックしておくことをおすすめします。 関連する記事•

次の