女性 が バイアグラ を 飲む と。 【性の真実〜女たちの本音】バイアグラ、女性が飲むと? 媚薬効果は残念ながら…

【ラブグラ通販】女性用バイアグラの種類や価格|効果や副作用|レビトラ徹底調査隊!

女性 が バイアグラ を 飲む と

バイアグラの女性への効果|竹越昭彦院長コラム【浜松町第一クリニック】• 以前の記事では、女性でもED治療薬によって血行が改善し、膣やクリトリスの神経が敏感になる可能性があることを紹介しました。 しかし、そこでもお伝えした通り、それに医学的根拠はなく、あくまで憶測でしかありません。 ところが、最近の臨床実験結果において、ED治療薬の女性への効果が指摘され始めています。 バイアグラの製造元であるファイザー社が50人の女性にバイアグラを処方したところ、なんとその多くの女性に、性欲増進、女性器が濡れやすくなった、オーガズムに達しやすくなったという効果が見られたのです。 女性の不感症は男性のEDより多いと言われていますが、その改善の可能性が期待される実験結果でした。 ただし、ファイザー社は、「バイアグラにその効果があるかどうかは、まだハッキリしない」という見解を出しています。 それを明言するには、まだまだ実験や調査が足りないからです。 しかし、そもそもバイアグラ自体、その効果がすべて確認されているわけではないので、女性への効果は決して否定できません。 バイアグラには、男女双方の性生活をサポートする、夢のようなポテンシャルがまだ隠されているかもしれないのです。 さらに、そのポテンシャルはSEXだけにとどまりません。 帝京大学医学部附属病院泌尿器科の堀江重郎教授の論文によると、バイアグラには老化防止の効果があるとされています。 ここには、バイアグラを常用すると体内の酸化ストレスが減り、男性ホルモンが増加すると書かれています。 酸化ストレスとは、細胞劣化に悪影響をもたらす「活性酸素群」と、それに対抗する「抗酸化ポテンシャル」との差のことです。 この差が大きければ大きいほど細胞は劣化し、老化が進みやすいとされます。 また、男性ホルモンの増加も身体機能の改善につながり、老化防止につながります。 最近の研究結果では、男性ホルモンは女性の若返りにも効果があると言われています。 また私見ですが、血管拡張作用のあるバイアグラを頻繁に飲むことで、加齢による動脈硬化の改善が促され、血管の老化防止にも効果がある可能性があります。 さらに、バイアグラを服用する患者さんからは、持続時間(約4時間)を超えた翌日、翌々日にまで、これまでなかった朝勃ち現象が見られたという声が聞かれますが、これもある意味、若返り効果と言えるかもしれません。 女性用バイアグラがアメリカFDAで承認 2015年8月18日に米FDAは女性のHypoactive sexual desire disorder(HSDD:性的欲求低下障害)を改善する薬剤を国内にて初めて認可し、同年10月17日にアメリカにて発売開始予定とのこと。 この薬剤は重篤な副作用も多いため処方をする医師には研修が必要であったり治療を受ける患者からの同意書が必須であったりとFDAとしては認可はしたものの、かなり慎重な処方が必要と判断していることと思われます。 以下に要点だけまとめておきます。 発売元はスプラウト・ファーマシューティカルズ社。 一般名は「フリバンセリン」、商品名は「ADDYI(アディ)」(現在はスプラウト・ファーマシューティカルズ社はカナダの製薬大手バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルに買収されています)• バイアグラを代表とするED治療薬と違って、抗うつ薬などと同様、 脳の中枢神経に働きかける薬で毎晩服用する。 失神や極度の眠気、吐き気といった重篤な副作用のリスクが薬効を上回ると専門家から問題点が出ていた。 アルコールや避妊薬と併用すると副作用のリスクが増大するとの報告がある。 処方をする 医師は研修を受ける必要があり、リスク理解に関する 同意書への患者の署名が必要。 満足のいくセックスが月に2、3回のHSDD(性的欲求低下障害)患者を対象とした治験では、アディを服用した人は偽薬を飲んだ人よりもその数が平均で月0. 5~1回しか多くならなかった。 所見 副作用のリスクが高いのにも関わらず効果は満足のいくセックスが月0. 5~1回程度。 FDAも効果が低い割に副作用のリスクが高いということから2013年に一度、認可を却下しています。 一部の医師や研究者から「男性の性機能に関する治療薬は24種類も承認しているのに女性向けはゼロだ」「性差別的だ」と批判を浴びたため致し方なく承認したように感じます。 FDAでこれだけ慎重なのだから、更にお堅い日本の厚労省では認可が下りることは考え難いです。 おそらく日本での登場はないと思います。 処方をする医師に研修必須、同意書まで必要という点から、専門医師からの重要な注意点、経過診察も必要であることは間違いありませんので個人輸入で流通することはないかと思いますが、万が一にも入手・使用は考えないようにしてください。 余談ですが性的欲求低下障害(HSDD)治療薬情報として、2019年6月、新たにブレメラノチド(商標名Vyleesi)というHSDD治療薬がFDAによって承認されています。 開発は米Palatin Technologies(パラティン・テクノロジーズ社)、販売は米Amag Pharmaceuticals(AMAGファーマシューティカルズ社)です。 使用方法は性行為の45分前に腹部か大腿部に自己注射します。 注意点は1回使用したら24時間空け、1ヶ月に8回以上は使用してはいけない等です。 こちらも日本での認可の予定は今のところありません。 本家バイアグラのように、必要なときに服用するタイプとのことです。

次の

女性用バイアグラ|ラブグラなど女性用バイアグラジェネリックが通販で買える

女性 が バイアグラ を 飲む と

女性用バイアグラジェネリック「ウーメラ」とは? バイアグラで有名な製薬会社ファイザー社が、女性向けの不感症改善媚薬(女性向けバイアグラ)を開発しました。 それが「ウーメラ(Womera)(ウメーラ)」という薬です。 性器付近の血流を良くすることによって神経が過敏となり、感度が増す効果があると言われています。 すでにアメリカでは女性の不感症を治す薬として認知され、広く販売されています。 残念ながら、まだ日本では販売されていないのでジェネリック商品を通販で購入するしかありません。 ウーメラの誕生経緯 ウーメラとは、男性用バイアグラがヒットしたことを受けて、女性にも素晴らしさを体験してもらいたいという願いをこめて開発しました。 つまりは女性用バイアグラとも言い換えて問題ないかもしれません。 日本では男性用のバイアグラですら、そこまで一般的にオープンになっていませんよね。 ちょっと恥ずかしいこと、他人には言いにくい部分があるのです。 そうした環境ですから、女性のバイアグラなんて聞いたことが無い人もほとんどでしょう。 しかし男性だけでなく、女性でも性生活を充実したいと考えている人はとっても多いことが、アメリカの調査で分かっています。 世の中には広く知られていないだけで、市場規模はかなり大きいんだろうなと認識されていたんですね。 性のグローバル化が進んできた そんな女性用バイアグラであるウーメラが、日本でも入手が可能となりました!この事実を知っている人はそんなに多くはないでしょう。 それもそのはず、日本人の女性は奥ゆかしい点を「美」と考えているので、文化に馴染んでいなんですね。 でも世の中はグローバル化がどんどん進んでいます。 世界の常識が日本に浸透してくるのも時間の問題で、その片鱗が性生活のオープン化という点で広がりを見せいます。 日本でも女性用バイアグラであるウーメラが人気になってきたのは、こうした背景があったからなんですね。 ウーメラの効果・特徴を教えて! ウーメラの効果はどのようなものなのでしょうか? ウーメラに含まれている、「クエン酸シルデナフィル」という成分は、バイアグラ主成分となります。 すのため、バイアグラを女性用に着色等をしてアレンジしたもが、ウーメラということになりますね。 クエン酸シルデナフィルという成分は、PDE-5酵素の働きを抑制する動きがあります。 すると血管の拡張を助ける働きをしており、女性器付近の血流が活発になり、ちょっとした刺激でもすぐに濡れて感じやすくなります。 不感症でお悩みの女性もウーメラを飲むとクリトリスが感じやすくなるようです。 女性は性行為によって、精神的な安定を受ける場合もあるので、ウーメラによって性機能が改善されていくことで精神的な安心感、満足感を受けることができます。 日頃のストレスや悩みなどが一気に解消される可能性もあるのです。 ウーメラは閉経前後の中年女性であっても、若々しい時のような快感を感じることもできるようです。 ただし個人差はありますので、過度の過信はしないほうが良いでしょう。 女性用バイアグラとしてアメリカで大人気のウーメラ。 性生活を劇的に変えるだけでなく、パートナーを喜ばすこともできるので、積極的に使っていきたいものです。 国内で買えるウーメラジェネリック(女性用バイアグラ・シルジョイ)とは、どんなお薬ですか? 女性用バイアグラのウーメラジェネリック SiljoyPink です。 ウーメラジェネリックは、女性の性的な欲求不満を解消されせるために開発されたウーメラと同じ成分のお薬です。 性行為の30分から1時間前に服用することにより4時間~6時間効果が継続するといわれています。 ウーメラジェネリックの成分クエン酸シルデナフィルは、女性性器の血行を改善し不感症を解消することにより女性の性的満足を高めると言われています。 ウーメラジェネリック(女性用バイアグラ・シルジョイ)の服用方法 一般的に性行為の約30分から1時間前に服用します。 ウーメラジェネリックの服用方法の詳細は、必ず医師など専門家にご確認ください。 ウーメラジェネリック(シルジョイ)のレビュー・クチコミ• 最初ほてる感じがあったようですが、いつもとは違うと言っていました。 本人は最初は抵抗があったようですが、使ってよかったという感想です。 自分が購入したので、男性の名前で買って届くか心配でしたが、特に問題なく届きました。 ウーメラと同じような効果が出たら、またリピートしたいと思います。 楽しみです。 効果に期待!! まずは試しにウーメラジェネリックを購入。 内緒で購入したかったので局留めを利用しました。 局留めで購入できるというのは魅力的です。 効果があればと期待しつつ使用してみようと思います。 ウーメラジェネリック(シルジョイ)の商品詳細と価格 商品名 シルジョイ 販売価格 2780円 有効成分 シルデナフィルクエン酸塩 100mg 内容量 4錠 メーカー SAVA Healthcare Limited.

次の

バイアグラの持続時間はどれくらい?回数や硬さはアップする?

女性 が バイアグラ を 飲む と

Contents• バイアグラの有効成分であるシルデナフィルが陰茎集権の血行をよくすることで、強い勃起力を促します。 バイアグラはもともと米ファイザーが開発したものですが、2013年に特許が満了を迎えたことで、アジャンタファーマというインドの製薬会社が 女性専用のバイアグラジェネリックを開発・発売しました。 実はファイザー社が行った研究では、50人の女性にバイアグラを処方したところ、過半数の女性に対して、女性器が濡れやすくなった、性欲が増進した、オーガズムを得やすくなったなどの効果が現れたそうです。 ファイザー社は公式で、バイアグラに女性の性感を高める作用があるのか確証を得ることができなかったと発表しており、それ以来女性に対するバイアグラの研究を行っていません。 しかし他の製薬会社がその研究結果から、女性の不感症に対するバイアグラの効果に関心を持つようになり、バイアグラの特許が切れた後にアジャンタファーマが女性向けのバイアグラ「 ラブグラ」を発売したのです。 他にも、スマート社という製薬会社が発売した「 ラブスマ」、サンライズレメディ社の「 マレグラPRO」といった女性用バイアグラがあり、これらもバイアグラと同じシルデナフィルが含まれています。 女性用バイアグラの作用・効果 「ラブグラ」のような女性用バイアグラを女性が服用すると、女性器周辺の血管が拡張することによって血流がよくなり、性的刺激を受けた時に膣が潤いやすくなったりクリトリスが敏感になったりします。 女性用バイアグラは不感症に効果があるとされています。 不感症とは性交の際に女性が快感を催さない症状で、セックスの際に快感を得られないことでオーガズムに達しにくいことからオーガズム不全とも言われています。 不感症はストレスや更年期のホルモン変化などさまざまな要因で起こり得るのですが、快感を得られないことでセックスへの意欲が低下し、セックスレスを招くことがあるのです。 さらに、膣が濡れにくいことでペニスを挿入する際に女性が痛みを感じてしまうこともあります。 女性用バイアグラを飲むことで、不感症の症状が改善され、セックスの際により多くの快感を得られることができますし、それによってオーガズムに達しやすくなるのです。 女性バイアグラを使ってみた人の感想 実際にラブグラなどの女性用バイアグラを使用した経験を持つ方の感想を集めてみました。 40代・専業主婦 愛撫されてもあまり気持ちよくない、っていうかそもそも濡れなくて、ただ違和感だけがある感じでした(笑)だんだんと誘われても断るようになり、1年くらいはレスでした。 不感症な私をどうにかしようと旦那が見つけてきたのがラブグラです。 最初は飲むのか怖かったけど、これで気持ちよくなれるなら、と思って飲んでみました。 なんか、すごく興奮してくる!ってわけじゃないけど、触られるとそこがジンジンしてきて、今までにないくらい濡れました。 驚きです。 40代・専業主婦 何を試しても彼とのセックスで、気持ちよさはあるのに絶頂することができなくて何が悪いのだろうと悩んでいました。 彼も私がなかなかいかないことに直接言うことはなかったのですが、彼も不満が溜まっていたと思います。 レスになりかけていた時にラブグラを知ってすぐに購入、そして使ってみました。 そしたら全く気持ちよさが違って、いくのは初めてなのに2回もいきました。 それからは良く利用しています。 彼も喜んでくれていて、回数も増えました!! 女性用バイアグラの購入方法 男性用のバイアグラは日本国内での販売許可が得られているのですが、ラブグラなどの女性用バイアグラは、どれも未承認となっています。 よって、どの病院やクリニックでも女性用バイアグラを処方してもらうことはできません。 もし女性用バイアグラに興味があって買いたいと思っているなら、個人輸入で海外メーカーから取りよせる必要があります。 ただし、個人輸入を自分でやるとなると、英語でやりとりができなければいけませんし、発注依頼など面倒なプロセスを行うことになります。 そこで便利なのが、 海外医薬品の個人輸入代行を行う通販サイトです。

次の