八木 山 バイパス 渋滞。 【八木山展望台】アクセス・営業時間・料金情報

八木山バイパス | 国土交通省九州地方整備局北九州国道事務所

八木 山 バイパス 渋滞

1月23日、日帰りで上京し、八木山バイパス4車線化整備促進福岡県議員連盟で、衆議院議員会館の麻生太郎事務所(野田秘書官)と同行し、国土交通省事務次官をはじめ、決裁権のあるトップの関係官僚に要望活動を行なったきた。 議連は、12月定例会最終日の12月20日に、県議会のコンセンサスを経て、沿線沿いの県議13名で設立された。 1月12日には、国土交通省九州整備局北九州国道事務所に、会長(吉村敏男県議)・副会長(江藤秀之県議)・事務局長(神崎聡)の三役で要望活動した後、麻生太郎副総理の東京事務所に連絡を取り合い、国土交通省のトップ武藤浩事務次官をはじめ、技監、大臣官房審議官、道路局長、道路局次長、道路経済調査室長、国道事業調査官などに直接要望書を手渡し、認識の共有と地元の声を届けた。 一般国道201号(筑豊横断道路)の建設促進については、既に筑豊横断道路建設促進期成会の尽力により着々とその進捗が図られているが、議連としては、この「筑豊横断道路建設促進期成会等」の事業に対して支援等を行なうことを目的としている。 麻生太郎事務所の野田秘書官より、周辺にはこの一般国道201号の他、200号、322号など4つの期成会があり、地元自治体間のバランスをどうするのか等の問題もあるが、初めて福岡県議会として議連を八木山バイパスに焦点を絞っている点等を国土交通省に伝えて頂いていた。 また八木山バイパスは、既に用地の確保や橋桁も完成しているため、着手には政治的な動きが必要なのではないかと・・・話しを聞きながら感じた。 事務次官や技監からは、ビッグデータをより詳細に分析し、どこでどううった交通事故が発生しているのか、渋滞を早期解消するためには、どこからの着工がより有効なのか等々、かなり突っ込んだ着工のためのヒントを頂いた。 何れにしても、今はまったく予算も計画もない状態であるから、今回の要望活動は、後世きっと、この日からスタートしたんだということになるんだと思う。 その事務局長を担わせて頂いていることに感謝しながら、改めて麻生太郎副総理の影響力の大きさを実感させられた活動であった。 PS:八木山バイパスを無料化して一気に事故が増え、一年間(H26. 10〜H27. 9)に78件発生している。 約5日に1件の頻度となり、断トツで九州ワースト1位となっている。 一旦、交通事故が発生すると、通行規制が敷かれ、渋滞が長期にわたり発生する。 このため、当面の短期対策としては、回転場の整備をすることにしている。 (九郎原、筑穂IC、城戸IC) 今となっては、無料化が仇となっているように思う。 無料化ではなく、通行料を下げ、同時に4車線化に取り組むべきというのが県議会の総意だったということだった。 今となっては、着工するための検討がなされ、まず効果的な部分的着工することから始めるべきだと思う。

次の

無料化道路の「再有料化」なぜ検討 利用者負担で課題解決なるか 福岡・八木山バイパス

八木 山 バイパス 渋滞

それは、福岡県篠栗町と飯塚市を結ぶ国道201号「八木山バイパス」(13. 3km)です。 同バイパスは1985(昭和60)年に開通し、日本道路公団を経てNEXCO西日本が管理していましたが、2014年10月に無料開放され、現在は国土交通省が管理しています。 無料化前の通行料金は普通車で530円でした。 国土交通省が無料化からおよそ1か月後に発表した資料によると、交通量は平日・休日ともに約2倍となり、並行する国道201号や県道の交通量は半減、八木山バイパスへの転換が図れたとされていました。 これをなぜ再び有料化するのか、国土交通省九州地方整備局に話を聞きました。 ——なぜ八木山バイパスの再有料化を検討されているのでしょうか? 無料化以降、渋滞や事故が増えたことを背景に、福岡県から利用者負担による財源確保も視野に入れ、4車線化してほしいという要望を受けてのことです。 現状では2車線の対面通行であるため、事故が起きた際に車線がふさがれてしまい、通行車両が長時間抜け出せなくなるという事例が発生しています。 ——有料だった時代、そして無料化以降に、どのような対策がなされてきたのでしょうか? NEXCO西日本さんが管理していたころは、大きな問題はなかったようです。 無料化され国が管理するようになってからは、渋滞対策のほか、本線上に緊急避難路や、途中のICに転回所を設けるなどしてきました。 しかし、緊急避難路や転回所は利用できる方向が限定されていることもあり、その後も事故時に車両が立ち往生を余儀なくされる事例が発生しています。 ——料金を徴収する期間や、今後のスケジュールなどは決まっているのでしょうか? 現段階では決まっていません。 4車線化の必要性や、再有料化の是非も含めこれから検討していきます。

次の

八木山バイパス4車線化、渋滞減に期待 篠栗-筑穂、24年度に開通|【西日本新聞ニュース】

八木 山 バイパス 渋滞

道路交通渋滞の状況は深刻化しており環境問題、経済効率の低下を引き起こしています。 このような状況をかんがみ、関係機関と協力し、様々な渋滞対策を行っています。 福岡県交通渋滞対策協議会 本会は福岡県における交通渋滞状況を把握し、交通渋滞の著しい箇所について交通の円滑化を図るために必要な総合的な交通渋滞対策(交通容量拡大施策、交通需要マネジメント施策、マルチモーダル施策等)を実施及び推進することを目的に設置しました。 今般、交通観測技術の進展・普及により、道路交通状況の詳細に係るデータが容易に取得可能となるなど、観測環境に大きな改善が見られること等を踏まえ、関係機関の連携による検討体制を整え、課題の状況を継続的に把握・共有し、効果的な渋滞対策を推進します。 体制 国土交通省 九州地方整備局 国土交通省 九州運輸局 福岡県 福岡県警察本部 福岡市 北九州市 西日本高速道路 株 福岡県道路公社 福岡北九州高速道路公社 福岡県道路協会 福岡市道路利用者会議 資料 協議会名 開催日 資料 平成27年度 第1回福岡県交通渋滞対策協議会 H27. 26(水)開催 平成28年度 第1回福岡県交通渋滞対策協議会 H28. 26(火)開催 平成29年度 第1回福岡県交通渋滞対策協議会 H29. 02(火)開催 平成30年度 第1回福岡県交通渋滞対策協議会 H30. 07(火)開催 平成30年度 第2回福岡県交通渋滞対策協議会 H31. 20(水)開催 令和元年度 第1回福岡県交通渋滞対策協議会 R01. 08(木)開催 令和元年度 第2回福岡県交通渋滞対策協議会 R02. 26(木)書面開催.

次の