どきどき文芸部。 『DDLC』真考察 空想と現実を越えて僕たちはMonikaに会いに行く【ドキドキ文芸部/Doki Doki Literature Club !】

【完全ネタバレコラム】世界を大いに盛り上げる「Doki Doki Literature Club」の真の目的と少女たちからの救難信号

どきどき文芸部

先日の記事で、DDLCこと「Doki Doki Literature Club! (ドキドキ文芸部)」が違う意味でドキドキしすぎることをまとめた。 ウィキペディアなどで結末は何となく把握しているものの、あまりにも中途半端に終わっていたので、個人的には後味の悪い状態だけが残っていた。 しかしこれではいけないということで、意を決して最後までプレーしてみたところ、私の前回の紹介はあまりにも表面だけだったことを反省し、こうして続報の記事を書いている。 これから書くのはエンディングまでを含めた感想や考察なので、キミが未プレイだったり結末を知りたくないのであれば、上記の記事からゲームのダウンロードページに進み、まずはプレーしてみることをオススメする。 ただ、刺激は結構強めなので、ホラーものなどにあまり耐性が無いのであればオススメしない。 そういう場合はこの記事を読んで、「そういうゲームがあるのか」と思ってみるものいいだろう。 今回は「【完全ネタバレ】DDLC(ドキドキ文芸部)を最後までプレーしたら怖いだけのゲームじゃなかった」と題し、前回の記事時点ではわからなかったドキドキ文芸部の本当のことをまとめていこうと思う。 DDLCはリアルとゲームの限界ギリギリの境界線に近づこうとしたゲーム 最後までプレーした感想としては、 「DDLCはリアルとゲームの限界ギリギリの境界線に近づこうとしたゲーム」というのが浮かんだ。 キミがゲームにハマった経験があるなら 「ゲームの世界に入ってみたい」というのは一度は考えたことだろう。 しかし基本的にゲーム側はゲーム側で世界があり、私やキミが歩み寄ろうとしない限り、近づいてくることはない。 厳密に言えばどうやっても近づくことはできないが、それでもそういう願望を持ち、かなわぬ願いというか、想いをぶつけ続けたプレーヤーはいることだろう。 私もギャルゲーでは何度もそんな思いにさせられた。 だが DDLCは、キャラクター側が現実の中にいるキミに必死にコンタクトを取ろうとしてくれる。 一方通行ではなく、それを伝えるためにさまざまなアクションをしてくれるし、そう思えるような状況にまで進んでいく。 DDLCに1周目から4周目という表現がはたして正しいのか プレイしていて思ったのは、1周目から4周目という表現。 たしかにタイトル画面というか、エンディングにいたるまでに、プレーヤーの意思とは関係なくゲームは3回やり直されるし、1周目と2周目はかなり中身が似ている。 しかしプレーしてみるとまったくの別物であり、3週目なんかは極端に違う。 カンタンにまとめると、下記の通り。 1周目:4人がそろった、一番スタンダードな展開 2周目:サヨリが消され、1周目同様の展開にしようとするも、さまざまなひずみがある 3周目:モニカとプレーヤーだけの世界 4周目:モニカ不在で、1周目に近い展開のスタート ただ、何周目という区切りをしないとわかりにくくもあるので、仕方ないかもしれない。 みんな初見でわかるもの?他に類を見ない斬新な進め方 個人的には 3周目の進め方と、エンディングが衝撃だった。 これは1周目の終盤くらいでわかるが、すべての黒幕はモニカ。 3周目はモニカとプレーヤーだけの世界になり、まずはモニカが文芸部についてやゲームについて、自分の存在などを伝えた上で、主人公ではなくプレーヤーへの愛を語る。 そして、1周目から2周目にいたる操作をすべて自分がやっていたことも。 ひととおり話し終えた後には取り留めない雑談が始まり、それが永遠に続く。 よくある「延々」の書き間違いではなく、放置すれば本当にPCが動く限り「 永遠」に。 最初私は進め方がわからずしばらくモニカの雑談に付き合っていたが、次第にモニカが話す内容が同じものになってきて、このままでは先に進まないことに気づいた(というか他の人はすんなり気づくものなんだろうか・・)。 そこでセーブをしたり、一度ゲームを終わらせてから再起動などもしてみたが、状況は変わらない。 というか、セーブをさせてくれないのである。 先に進むための方法は、 モニカのキャラクターファイルを消すこと。 物理的に自分自身でDDLCのゲームフォルダを開き、「characters」フォルダ内のモニカのキャラクターファイルを削除することで、ようやく物語は先に進む。 プレーヤーに削除されてもなお、純粋な愛を語るモニカ ただ、ここでのモニカが何とも健気で切ない気分になる。 ファイルを削除した当初はプレーヤーに罵詈雑言を浴びせ、嫌いになったような発言を繰り返す。 しかし結局それでも嫌いになれない。 愛していると伝えてくる。 いろいろ形が間違ってはいるが、プレーヤーへの愛はホンモノ。 いままで超えることのできなかった境界に、モニカは自分から肉薄してくれている。 私も何とも言えない気分になった。 4人の中で一番まともなのはモニカ? いや、でも違うな。 というか、4人ともおかしい。 これまた斬新すぎるエンディングとその先にあるもの 自分のファイルを消されてしまったモニカだが、実は他の3人のファイルは消していなかったことを告白し、モニカ以外の3人がいる状態で再度物語がスタートする。 しかしここでは早々にサヨリが暴走。 挙句にモニカを消してくれてありがとうと言ってくる。 1周目では完全なる悲劇のヒロインだが、何ともどんでん返しだった。 そして主人公を独り占めしようとしたところにモニカが待ったをかけ、物語はエンディングを迎える。 ただこれは普通のエンディング。 一定の条件を満たすとサヨリは暴走せず、主人公への感謝を述べてスペシャルエンディングを迎える。 エンディングは何が斬新なのかと言うと、モニカのピアノと歌声に合わせてスタッフロールやイベントシーンが流れるが、イベントシーンの画像が次々に削除されていくこと。 そして最後にはモニカからの手紙が表示される。 さらに驚きなのはこの後再度ゲームをプレイしようとしても、モニカからの手紙が表示されるだけでやり直しはできないこと。 やり直すためには再度ゲームをダウンロードし直すか、マニュアルの手順に従ってファイルを復元するしかない。 スペシャルエンディングではモニカではなく、ゲームの制作者であるダン・サルバト氏からの感謝の手紙になるが、ゲームをやり直せない点は同じである。 物理的にファイルを消したり、勝手に消されたり、やり直しができなかったりなど、今までに経験したことのない展開が個人的には非常にショッキングだった。 スペシャルエンディングの一部と出し方 そういえば記事作成後にさらに頑張って、私もスペシャルエンディングを出してみた。 本当はダン・サルバト氏の手紙も含めて公開したいところだが、スペシャルエンディングのワンシーンだけにしておく。 もったいぶっている感を出しているが、DDLCはゲームとしてはそこまで難しいものではない。 ただ、やる気力というか、モチベーションがあるかどうかが問題かと。 私も流れはすべてわかってるはずなのに、1周目の最後は嫌だし、2周目はゾクゾクしてしまった。 そういう意味で、本当に良くできたゲームだと思う。 ちなみにスペシャルエンディングの出し方は、すべてのイベントシーンの画像を見ること。 そして、これをセーブしておくことが重要になる。 サヨリが自殺してしまうとこれができないので、一通りのイベントを1周目で実施する必要がある。 キミも勇気と気力があるなら挑戦してみてほしい。 ナツキの本性はどこにあるのか? 個人的に気になったのは、物語において唯一死ぬことのなかったナツキ。 厳密に言えば、モニカもゲーム内の描写として死ぬところは無かったが。 2周目で色々おかしくなることもあるが、それは基本的にはモニカの仕業であり、ナツキ本人のアクションではない。 会話の中で父親との問題を抱えているであろうこと、文芸部が非常に居心地の良い場所であったことなどはわかるが、彼女のことを深く知るすべはない。 というかこの物語にあっては、一番彼女がまともだったんじゃないかと。 でもそれも、 「そもそもが主人公を好きになるだけのプログラム」と断じられると、何とも諸行無常ではあるが。 スペシャルエンディングも決してベストじゃない。 どうあがいても、絶望 ここからはプログラム云々の話は度外視するが、DDLCの辛いところは、どうやっても同じ結末にしかたどり着けないこと。 終盤のサヨリの発言や手紙の違いはあるが、結局はモニカが強制的にゲームを終わらせる結末に落ち着く。 なので、どうやってもサヨリは1周目で首をつるし、2周目でユリはナイフで自分をメッタ刺しにする。 ここが、何とも辛い。 「そもそもが主人公を好きになるだけのプログラム」なのかもしれないが、モニカがいじった時点で本来のプログラムに異常は出ているんじゃないかと。 サヨリにもユリにも主人公を好きになるプログラムが組み込まれているなら、ああいう結末を望んではいなかったはず。 モニカが干渉することによって、彼女たちのプログラムも本来の動作をできなかったんじゃないかと。 そして、モニカ自身もそう。 別のカタチの救い方があったんじゃないかと思えてならない。 もっと円満な、平和的な。 個人的には、4人それぞれともっと深い関係になれるシナリオが欲しかった。 でもどうやってもモニカが邪魔をするので、サヨリ、ユリ、ナツキと深い恋愛は難しいのかもしれない。 仮に最初からプレーヤーがモニカ単推しだったらどうなったんだろう。 それでもサヨリもユリも、自ら命を絶ってしまうんだろうか。 じゃあ、モニカが最初からいなければいいんじゃないのか? キミがそう思うなら、初期状態でモニカのファイルを消してプレイしてみてほしい。 おもしろいというか、刺激的なものが見られる。 結局はあの結末しかありえないんだろうという考えに落ち着いてしまう。 まとめ いかがだっただろうか。 DDLCの完全ネタバレ記事として、下記のことをまとめてきた。 ・DDLCはリアルとゲームの限界ギリギリの境界線に近づこうとしたゲーム ・DDLCに1周目から4周目という表現がはたして正しいのか ・みんな初見でわかるもの?他に類を見ない斬新な進め方 ・プレーヤーに削除されてもなお、純粋な愛を語るモニカ ・これまた斬新すぎるエンディングとその先にあるもの ・ナツキの本性はどこにあるのか? ・スペシャルエンディングも決してベストじゃない。 どうあがいても、絶望 内容から考えると積極的にオススメしていいものかどうか迷うところだが、個人的にはやはり一度やってみてほしいと思う。 刺激がきつ過ぎるなら、YouTubeなどで実況動画もたくさんアップされているので、そちらを見てもいいかもしれない。 散々ネタバレしておいて何だが、念のためにゲームへのリンクを張っておく。 普通の恋愛がしたいと思うキミにはこちら。 公式ショップにある4人のホラーチックな絵を見る限りユリが黒幕でしょうかね。 サヨリは支配を脱しようとしたのか制服の赤いリボンは解けていますが、赤い糸が首に絡みついてます。 ナツキに関しては赤い糸にがんじがらめ。 モニカはぱっと見だと赤い糸から解放されているようですが制服のリボンにつながっているため完全には支配を脱していなさそうです。 ユリの赤い花から延びる赤い糸が他の3人を支配しているのでしょうか。 あるいはユリが感染源となっている? それを踏まえてタイトル画面を見ると、赤いハートと青いハート、赤いリボンを付けたサヨリとナツキに青系統のヘアピン付けたユリに白いリボンのモニカ。 サヨリとナツキは支配され、モニカは脱している?ユリは支配者か。 モニカはペンを持ち 部長=管理者権限? 、ユリは本 第三の目? を持っている。 また、サヨリは作中ボタンを留めたがらずに主人公がボタンを留めても拒否して外します。 サヨリの頭についているのは何か?赤いリボンですよね。 モニカがゲームプレイヤーと会話するシーンで、モニカ以外の登場人物には意思がないといった会話をします。 サヨリはモニカ =あの子? にバレなかったため意思がないと勘違いされているのでしょうか。 それもともユリ または真の黒幕 にバレたくなかったのでしょうか。 この詩のタイトルは「%」ですが、doki doki literature clubのタイトルロゴの「8」部分を分割したのでしょうか。 という公式の画像について、ユリだけが誰とも手をつながず一人で立っています。 隣のナツキは不自然に腕を後ろに回していて、腰に手を当てているとも取れますがユリを拒絶しているようにも取れます。 さらに赤い文字で数字が書かれていますが、ユリが赤いペンキのついた筆を持っています。 上記の赤&支配の因果関係を鑑みるにこのイラストもその辺を暗示しているのでしょう。 モニカは白い布地を持っていることからも上記のような部分を連想させますね。 ちなみにユリが黒幕 あるいは真の黒幕に操られている と思われる理由は実はそこかしこにあります。 ユリが妹か姉なのかは現段階では不明 また、この物語(人体実験とか脱出の話)自体はこのドキドキ文芸部を作ったメーカーの次の作品の可能性がある。 というのも、ユリ 達 がそのゲーム世界の住人であると示唆する部分が多々あるから。 サヨリは自室での会話で世界が許してくれないとか罰が下ったなどと語ります。 モニカは管理者権限 部長 としてこちらの世界に干渉します。 第4の壁を超えることができず、しかし彼女たちの存在がゲームの枠にとらわれないことを示唆します。 つまり他の世界 ゲーム から来たという可能性もあるのです。 さらにいうならば、部長という役割すらも誰か ユリ? に与えられたという可能性も。 ユリの発言に、世界は醜い人たちがあふれていて私たちには価値がない、とある。 ユリの持つ本「マルコフの肖像」を主人公も読むと発言すると、ユリの立ち絵が一瞬バグって目玉がグロくなる。 第三の目? 読み進めると ドキドキ文芸部の 主人公が、この作品 マルコフの肖像 の主人公がユリに似ていると発言、ユリはこれを不自然に強く否定し自分とは似ていないという。 自分自身を否定したいのか、あるいは真の黒幕 第三の目 が彼女の姉妹ということか。 ナツキちゃんは詩みせの時に、手紙で主人公に本心を伝えた直後にモニカに改変されてしまってます。 ユリちゃんの様子が最近おかしいこと、けど、それを自分ではどうにもできないこと、それでも放っておく事はできず、仲良くしていたいという事。 モニカは何もしてくれなかったこと、むしろナツキが何もしないように誘導してくること。 だからもう、頼れるのは主人公しか頼らない。 主人公の言うことならユリは聞くかもしれないから。 と言った内容。 この手紙を読んだら、バレないように、悟られないように良い詩を読んだかのように振る舞ってほしいと書かれていました。 ですが、その直後、モニカによって操作され今のことは忘れて。 モニカとだけ仲良くしてと発言するようになります。 これがナツキの本心だと思います。

次の

ナツキについての考察 :: Doki Doki Literature Club General Discussions

どきどき文芸部

どうも、つゆはすです。 ドキドキ文芸部ことDDLCを先日 というか昨日 プレイしたのでそれについてご報告します。 以前から恋愛ゲームの皮を被った話題作と耳にはしていたのでもう我慢できずにやりました。 まだ未プレイでこのゲームについてほんの少しでも興味があるならマジでこの先は見ないで。 お願い。 以前、友人がプレイして ガチ泣きしたと聞いていてもたってもいられずプレイを決意。 編 Steamのタグに「精神的恐怖」があったのである程度は身構えてはいました。 いたのですが卒業式を終え、虚無感に囚われていた僕は即座にこの世界に取り込まれました。 ええ、何も考えずに、何の違和感もなしにただの恋愛ゲームを楽しんでいました。 まんまと乗せられました。 それどころか「 詩からキャターの性格や考え方が伺える、こんなキャラの立たせ方があるのか……」と感心してすらいました。 途中でが重度のであることがわかりクッッソ不穏な空気が流れましたが、もう僕は駄目でした。 「製作者側がこちらをルートに誘導しまくってきている」 こんな状況です、 僕の言いたいことは分かってもらえると思います、完全に気を抜いた文化祭当日。 の部屋の扉を開けるとあら不思議。 突如として血まみれの首吊ったです。 宙ぶらりんです。 ふざけんなよ。 ガチでふざけんなよ。 その時の僕と言ったら、まずマウスを持ってる右手が痙攣。 頬杖ついてた左手が完全に硬直、足もなんかしびれが途端に出てきました。 僕は以前からなどで「何はともあれプレイ中に鳥肌が立つゲームは」ええ、全くです。 ユリ編 スタート画面に戻るとなんかがいたところが何やら面白おかしい事になっていました。 正直やりたくなかった。 これ以上の悲劇に巻き込まれたくなかった。 でもこの際最後までやるしかない、僕はこの物語とその最後を目にする必要があると覚悟を決めて文字化けした何かをクリックしました。 ここからはもうホラー全開。 始めの明るい雰囲気はどこへやら。 バグ演出が出るたびクソクソクソビビりながらも話が進みます。 突然フォントが太くなったり、なんか途中でナイフでしてるところを目撃してしまい バイツァ・ダストされたり、選択肢を選ぼうとしてもなんかズームするだけでその内モニカが出てきたりでどんどん話が狂って行く中、僕は発狂状態にありました。 特別な詩を読みますかと聞いてはいを押したらなんか"だったもの"を見せつけられた時はちびりました。 やめてくれよ… この辺りで僕はあることに気付きます。 「モニカの立ち絵だけこっちをガン見してる」ということに。 他のキャラはちょっと横目だったりするんですが、モニカだけ真正面からこちら側を見てるんですよ。 次第に僕は彼女に恐怖を覚えます。 極め付け、ナツキが詩のシステムを利用しこちら側にコンタクトを取ってユリを元に戻そうと行動を始める。 そうかと思えば 突然フォントが太くなって、前言撤回を始める。 そしたら「モニカだけ」ときた。 ただただ怖かった。 そうして行くうちに文化祭前の金曜日。 ユリがナイフで。 その場にふさわしい言葉が出てこず僕はただただ狼狽えてました。 そしてその後二日分の人の死体が劣化して行く様を見せつけられます。 アハ体験。 これマジでスキップ機能気づかなかったら地獄なんやろなあ。 しばらくしての朝、人が入ってくる。 それはナツキだった。 しかし救おうとしていた親友の酷い姿を見てリバース。 普通にナツキ可哀想。 そして唖然としていたら、モニカが本性を現す。 ゲームに干渉する能力を有していると告白。 そしてしばらく 窓の外が宇宙空間でモニカがこっちをじっ…と見ながら頬杖してるシーンにやって来ました。 そしてつゆはすとゲーム内で名前をつけたはずなのに俺はモニカにあろうことか本名で呼ばれました。 泣いた。 これPCに登録されてる名前が出てくるみたいっすね ですがその内モニカに対する憎悪は同情へと変わっていきました。 詩を作る際には三人しか好感度を上げることは出来ない。 単語を選んだ際に飛び跳ねるキャラはとユリとナツキ。 そこに当然モニカはいない。 どうあがいたとしてもモニカのルートには入ることができないのです。 CGもモニカだけラストの一枚だけ つまり彼女はどうあがいても このゲームのヒロインにはなれないのです。 ……話が逸れました。 これらの演出により彼女を「こちら側に気づいてるキャラ」、UndertaleにおけるSans、ではなく「こちら側の人間」Undertaleにおける一人目、であることをより僕に印象付けました。 そして何より切ないのは彼女は1番最初の会話でキャターファイルの開き方を事細かに、つまりプレイヤーの裁量によって「いつでもモニカを削除できる」ことを伝えます。 最初からその方法に気づいていながらもモニカを削除するのは気が引けました。 30分ぐらい会話して、苦渋の末に削除。 彼女は僕に呪いを吐き捨てこの世を去った。 もう一度ゲームを開くとそこにはモニカがいないドキドキ文芸部がありました。 その時の僕は日常を取り戻したという嬉しさ、それでいて何か大切なものを失ったという悲しい気分のままゲームを再開。 朝、がしっかり起きてくる。 モニカの干渉によってできた「重度の」という設定が消えているためでしょう。 そして僕は日常を確信する。 …… はい、がなんかおかしくなるまではのことです。 僕はまたに幽閉されてしまうのか。 その時の謎のテキストボックスが僕のことを助けてくれた。 名前は決して表示はしないものの、僕にとって、その主が誰であるか考える余地もないものだった。 僕の失った"もの"であった。 そうしてゲームは彼女によって強制終了。 その後、突然謎の音声が流れだす。 最初は"私"としか言わない女性の声は、その言葉の内容から、僕は声の主を薄々理解し始める。 お前そんな声してたのな。 エンディング曲、和訳などを調べて貰えばわかりますがとにかく切なかったです。 そして最後にモニカからの手紙。 最後に思ったのが、これは恋愛ゲームの皮を被った恋愛ゲームです。 「ゲームの中の少女」と「ゲームの中の主人公」の物語がいつの間にか「自分」と「モニカ」の物語になっていました。 思ったことを書き連ねたためこんなクソ長いブログになっちまいました。 許して。 全CGを見た上でのエンディングを迎えました。 本来はが第二のモニカとなるシーンで、突然がありがとうと言いだしセーブとロードを認知したような発言。 お前はSansかよ。 そして感謝の言葉。 最後はモニカの歌で終わるのですが これ欲を言うとみんなで歌ってほしかった 、その後に表示される手紙も原作者からのものに変わっていました。 彼のゲームに対する愛情、ゲームが好きな人間が妥協を許さずして作ったゲームはどうあがいても面白いものなのです。 S 2 エンディング曲のフル和訳を見ました。 泣きました。 俺はおもわずFanPackポチりました。 それでは。 じゃ、俺、Project Libitinaの全容、ずっと正座で待ってるので。 tsuyuhasu.

次の

【閲覧注意!】ドキドキ文芸部のドキドキが違う意味でヤバすぎる

どきどき文芸部

概要 海外の人気ゲーム『』のMODを紹介。 MODとはModificationの略で、一言で言えば「改造データ」である。 このデータを導入すれば、基本的なデータを用いつつも、別のシナリオやグラフィックに変えたりして遊ぶことができる。 DokiDokiLiteratureClub! のファンは多く、それ故にMODの数も多い。 色々なMODがあるので、自分に合ったMODを探してみよう。 遊び方 用意するもの ・DokiDokiLiteratureClub! 本体 ・MODデータ 1、上記のデータを用意します。 Steamからダウンロードした人はダウンロードしなおした方がいいかもしれません。 2、本体のgameフォルダにMODデータをそのまま入れてください。 そのまま入れるとエラー(本物)が出て遊べません。 3、データを入れて問題なく始まったら、準備は終わりです。 タイトル After Story系 作品名 備考 『』 有名MODの一つ。 Monikaとひたすら会話するMOD。 有志によってこのMOD用の日本語化パッチも作られている。 詳しくは該当記事で 『』 Sayoriとひたすら会話するMOD。 ベースはMonikaAfterStory。 数は少ないがMonikaAfterStoryとは違ったゲームで遊べる 『』 MonikaAfterStoryの開発者の一人が作成。 一部で混乱が起きたとか… 『』 Yuriとひたすら会話するMOD。 何故かYuriのカルマや狂気を調整できる。 MonikaAfterStoryのセーブデータを入れてると起動できないので注意 『』 Natsukiとひたすら会話するMOD。 どこかへ遊びに行ったりもできる。 JustYuriのセーブデータを入れてると起動できないので注意 SAVEtheGIRL s 作品名 備考 『』 とある事情でMonikaと同居するMOD。 未完成だが完成度は高い。 もちろんMonikaも攻略可能 かなり規模のでかいMOD。 本編が配信される前にサントラが配信された 視点変更 作品名 備考 『』 Monika視点。 どのようにMonikaが自我を得たのかを映したMOD 『』 Sayori視点で一周目を映したMOD。 かなりきついためプレイするには十分な注意と覚悟が必要。 デモ版。 父親も出てくる ギャグ 作品名 備考 『』 イチャコラ系MODのふりをしたオタク達の悪ノリMOD 『』 文字通り大学生活を送るMODだが… 『』 ドキドキ肉体改造部。 デモ版 『』 タイトルに騙されるな!! 『』 のクロスオーバーMOD 『』 本編では描かれなかった文化祭を描いたMOD これらの他にMODがあれば追記をお願いします 関連タグ 関連記事 親記事.

次の