ご検討いただけますと。 「ご検討いただけますか?」を英語で言うには?

「ご検討いただければ幸いです」の意味と使い方・正しい敬語か

ご検討いただけますと

就職の面接を良い感じに乗り切れたと思ったのに、最後の最後に「前向きに検討させていただきます」なんて言われたら混乱しますよね。 手ごたえがあったはずなのに「前向き」に「検討する」ようなラインにいるの?この一言にショックを受け、翻弄される人は意外に多いようです。 面接の終わりに「前向きに検討させていただきます」と言われた場合は、採用の可能性が高いのでしょうか?それとも不採用の可能性が高いのでしょうか?その意味をまとめていきます。 「前向きに検討します」は必ずしも前向きじゃない 面接で「前向きに検討させていただきます」と言われて「採用された!」と思って舞い上がってしまう人も多いのではないでしょうか。 しかし、実際はそう言われても不採用になってしまうケースはあります。 でも、よく考えてみてください。 もし本当に採用なら「前向きに検討します」ではなく「採用します」と言われると思いませんか?では、この「前向きに検討させていただきます」はただの社交辞令なのでしょうか。 その真の意味をさらに探ってみましょう。 面接の「前向きに検討させていただきます」に隠された真意とは? では、この「前向きに検討します」に隠された面接官の真意を探っていきたいと思います。 ビジネスシーンでも「前向きに検討します」というのは良く使われる言葉ですが、この場合の多くは「前向きに検討はしましたが、今回は見送りになりました」という台詞につなげるための、布石の意味があるとも言われています。 あるいは面接での「前向きに検討」であれば「他者と比べた結果で判断します」というニュアンスも含まれている可能性もあります。 どちらにしても、現時点で即採用という状況ではないようです。 「前向きに検討します」は可もなく不可もなく状況次第 前向きに検討させていただきます、というフレーズは、どちらかと言えば「即採用」ではなく「検討した上で決める」ライン上にいる人へ告げる言葉のようですね。 でも「前向きに検討させていただきます」と言われたからとガッカリしないでください。 この「前向きに検討します」という言葉が飛び出したからと言って、必ずしもダメだったとは限りません。 面接での「前向きに検討させていただきます」という言葉の受け取り方 「前向きに検討します」と言われても、その場の雰囲気や言い方で受け取り方も変わってきますよね。 どんな心構えでいたら良いのでしょうか。 面接官から「前向きに検討します」と言われたら、ついつい落ち込んでしまいそうになりますが、必ずしも不採用になるとは限りません。 検討しますと言われても、前向きな気持ちを失わないように、モチベーションを保っておきましょう。 「検討します」という言葉で一喜一憂しない つまりは「前向き」といえば相手が嫌な気持ちがしないという気遣いのだけであって、ただ単に「検討する」という意味なのです。 ですから「前向きに検討します」という言葉は本来の意味通りに捉え、一喜一憂せずに選考結果の連絡を待つようにしましょう。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 就職の面接での「前向きに検討させていただきます」はどちらとも言えないのが本音 面接で「前向きに検討させていただきます」と言われた場合の原因と真意、そして対策について見てきましたがいかがでしたでしょうか。 手ごたえがあった面接で「前向きに検討します」と言われても、早とちりして大喜びしないこと。 逆に、ダメだったんだ…と落ち込み過ぎてもいけません。 「前向きに検討させていただきます」は、受け取り方次第でどちらの解釈もできる意味の言葉なので、冷静に考える必要があります。 結果が分かるまで、ドンと構えて待ちましょう。 加えて覚えておいて欲しい事は、就活の期間中はできるだけ一喜一憂しない事です。 面接の回数を重ねていくうちに、面接官からいろいろな事を言われます。 前向きに検討しますというのもその一つ。 そうした一つ一つの発言に一喜一憂していると、それだけで疲れてしまいます。 内定が出るまではできるだけ平常心を保っておく事を念頭におきましょう。

次の

「ご検討いただければ幸いです」の意味と使い方・正しい敬語か

ご検討いただけますと

北洋銀行、それから南日本銀行がこれについて 検討をし始めたということを発表されているということは、この趣旨にかなって、特に北海道あるいは鹿児島といった経済状況が非常に厳しいところでこれを活用して円滑な資金供給が出来るということは、私は申請をしていただいてそういうふうになれば非常にありがたいことであり ますし、ほかの地域あるいはほかの金融機関でも是非こういうことをやって いただければありがたいというふうに思っており ます。 The Hokuyo and that they are this , were and , where the , , would were other other institutions. - 金融庁 私がたまたま国会の都合で、大臣政務官が(諮問文を)代読して頂けたということでござい ますが、今のご質問に関して、投資信託、投資法人法制の見直しについては、一昨年公表された「金融資本市場及び金融産業の活性化等のアクションプラン」において、平成25年度までには制度整備の実行を行うということにしているところでございまして、この 検討を本格的に進めるために、今般、金融審議会総会において、私が行けませんでしたので大臣政務官が代読をして頂いたわけでござい ますけれども、諮問させて頂きました。 The , was business. the and that was your , 2013 for , which was 2010. that, I the , the the behalf. - 金融庁 まず、金融機能強化法について申し上げたいと思い ますが、私はこれまでいろいろな制度の制定に携わってまいりましたけれども、いろいろな制度ができるときには、必ずその時代の背景とニーズがあると考えており ます。 今日、金融機能強化法というものが制定され、そしてまた、それを活用する金融機関も増えてきているということは、まさしくそういった時代の背景に基づくものだと思っており ます。 各金融機関におかれましては、「先を読む経営」の中で、様々な資本増強策の中で、この金融機能強化法の活用も積極的に 検討して いただければ、と思っているところでござい ます。 , for Functions. , I , each and time. for and the time. - 金融庁 例文 二重ローンの話で、先ほど3党の案が出たということでしたけれども、自民党と公明党は、債権を金融機関から買い取る機関について、(企業再生)支援機構を使ったり、新しく作ったりという仕組みを考えているのに対して、民主党は中小再生ファンドを使って、それでやっていこうというのを軸に据えていて、(企業)再生支援機構はあくまで 検討課題としているわけですけれども、一方で、被災地以外にも、今後、この震災の影響というのが全国的に間接被害という形で広がっていくことを考えると、この再生支援機構が10月で終わってしまうと、その後、被災地以外の再生はどうするのだという課題も出てくると思うのですが、その辺も含めて、大臣はどのようにお考えか教えて いただければと思い ます。 the ' for , the and are the from , the DPJ and that future. Given that are the , from , how the thereafter. that? - 金融庁.

次の

「ご検討状況は?」がダメな理由:日経ビジネス電子版

ご検討いただけますと

「検討させていただきます」は、「検討」に「させてもらう」の謙譲表現である「させていただく」、さらに丁寧語である「ます」を付けたもので、文法的には正しい敬語です。 「検討させていただきます」と同様に、ビジネスシーンで広く使われている敬語表現である「検討いたします」は、「検討」に「~する」の謙譲表現である「~いたす」、さらに丁寧語である「ます」を付けたもので、こちらも文法的に正しい敬語です。 「検討させていただきます」も「検討いたします」も丁寧な敬語表現ですので、連絡手段や前後の文とのバランスも考えて、適切に使うようにしましょう。 以下の記事では、「する」の尊敬語・謙譲語・丁寧語を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 「持ち帰って検討させていただきます」(社外で要望やクレームを受けた時)• 「社内にて検討させていただきます。 返事をする意思があることを伝えるために、「恐れ入りますが、一週間ほどお時間をいただけないでしょうか」のように添えると、回答までに少し時間がかかったとしても、相手に安心感を与えることができます。 期限を伝える場合には具体的な日時ではなく、「何日ほど」「何週間ほど」のように、あいまいに伝えるのがポイントです。 自分に最終的な決定権がないのに回答期限を勝手に決めてしまうと、後々大変なことになってしまう可能性もありますので、十分気を付けましょう。 「お見積書を送付していただき、ありがとうございます。 社内にて精査の上、前向きに検討させていただきます」• 「お見積書のほう、本日確かに受領いたしました(拝受しました)。 お見積り内容につき弊社内にて検討し、改めてご連絡いたします」 こちらから資料や見積書の送付を依頼した場合は、それらを受け取ったらすぐに、送付してくれた相手にお礼メールを送るのがマナーです。 まず、「お見積書を送付していだたき、ありがとうございます」のように、確かに資料や見積書を受け取ったことに加え、送付してくれたことに対してお礼を伝えます。 次に、「社内にて精査の上、前向きに検討させていただきます」と結びます。 このメールの目的は、送付物の受け取り報告とそれに対するお礼です。 とりあえず「これから検討する」という旨を伝えておけば十分ですから、相手から指定されていない場合は、具体的な回答期限を設定する必要はありません。 つまり、こちらの意思に関係なく、「本当に検討する気があるのか」と相手に思われてしまう可能性があるのです。 メールの場合は、定型フレーズとしてあまり気にせずに使って構いませんが、会話で「検討させていただきます」を使う場合には、相手を安心させるために、相手の表情や口調から要望を的確に把握し、言葉を選んで対応することが大切です。 検討に必要な期間の目安や、検討後に日を改めて連絡する旨をしっかり伝えることを基本に、柔らかい口調で、真摯さが伝わるような態度で接しましょう。 以下の記事では、検討に必要な時間を伝える際などで使いたい「取り急ぎ」について紹介しています。 例文や使い方をぜひ参考にしてみてください。 RELATED ARTICLE 「検討させていただきます」をもっと活用して円滑なコミュニケーションを 「検討させていただきます」は正しい敬語表現で、「じっくり考えたい」という文字通りの意味としてだけではなく、返事の保留や断りを入れる時にも使われます。 ビジネスシーンに相応しく、使い勝手の良い言葉ですが、複数の解釈ができるため相手に誤解を与えることもあります。 そのため、「検討させていだきます」を使う時には、同じ意味でより簡潔な表現である「検討いたします」を使ったり、社交辞令と受け取られないように、前後に言葉を補ったりするなどして、こちらの真意を正確に伝えるための工夫が必要です。 言われた相手がどのように感じるかも意識しながら、円滑なコミュニケーションの実現のために、「検討させていただきます」の使い方を見直してみましょう。

次の