韓国 経済 コロナ。 韓国経済に新型コロナ拡大で迫る「世界的なデフレ」の恐怖

日本の底力!(韓国経済危機特集)

韓国 経済 コロナ

米国の責任論は「中国叩き(チャイナ バッシング)」となり、この間中立を守ってきたヨーロッパも中国の透明性を強化するようにもとめ、その動きに同調している。 今まで米中の葛藤に中立を守っていたヨーロッパも中国に背を向け始めている。 英国とフランス政府も新型コロナがどのように発病し、事前に防げなかったのか、疑心を抱き中国責任論に同調している。 そのため今までヨーロッパに進出していた中国の通信機器会社「ファーウェイ」も被害を受けるしかないようになった。 特に新通信規格「5G」に関してはその協力のレベルが下がると予想される。 このことはヨーロッパだけではなく、最近は中国との関係改善に努力していた日本も中国と距離を置き始めている。 中国依存度の高い製品・素材の生産地を日本国内に戻そうという、主要供給網の再構築である。 韓国はどうだろうか。 すでに韓国経済は中国とカップリング状態になっているということである。 これから韓国の選択はどうなるのか、その行方が注目されている。 過去記事一覧• 20年• 19年• 18年• 17年• 16年• 15年• 14年• 13年• 12年• 11年• 10年• 09年• 08年• 07年• 06年• 05年• 04年•

次の

「コロナで韓国経済は地獄に落ちる…」隣国で通貨危機!日本にスワップ要求 わが国に何かメリットはあるのか (2ページ目)

韓国 経済 コロナ

それぞれの経緯についてまとめてみた。 (1)台湾 台湾の人口は約2360万人(2020年2月時点)だが、新型コロナウイルス感染者数は393人、死亡者数が6人にとどまっている(4月14日 衛生福利部疾病管制署発表)。 政府の巧妙な対処によってウイルスの封じ込めに成功している。 4月14日と4月16日は新たな感染者が1人も確認されなかった。 功労者の1人は16年にデジタル担当の政務委員(大臣)に起用された天才ホワイトハッカー、オードリー・タン(唐鳳)氏である。 この人物は、マスクの在庫データを管理するアプリを活用し、どの店にどのくらい在庫があるのかを市民が常に把握できる状況をつくり上げた。 これにより、買い占めなどの混乱を防ぐために政府がマスク全量を買い上げて流通を管理する制度(2月6日導入)が、円滑に運営されるようになった。 筆者の知り合いの台湾人は、タン氏の話をするときは本当に誇らしげである。 天才を起用する度量の大きさ そして、そうした民間の天才を大臣として起用する度量を示しつつ、水際対策や入国者の隔離措置を徹底し、医療用マスクの計画的増産を主導したのが、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統である。 中国・武漢市における新型ウイルス感染拡大にいち早く気付いた台湾は昨年12月31日、世界保健機関(WHO)に情報を伝えて警戒を呼び掛けるとともに、武漢からの入境者への検疫を開始した。 原因不明の肺炎患者の確認を武漢市が発表したのは同じ12月31日だが、台湾でも緊張感はまだ広がっていなかった時期だという。 年明け5日には原因不明の肺炎に関する専門家会議を開催し、20日にはこの問題で指揮センターを設置。 21日に初の感染者が台湾で確認されると、翌22日に蔡総統は全力での防疫を国家安全会議で指示した(3月14日付読売新聞)。 また、1月下旬には台湾全土のマスク工場に予算を投じて生産ライン増設に着手し、人員の不足に対しては軍人も動員。 1月時点で1日に製造できるマスクは188万枚だったが、現在ではその7倍にあたる1300万枚の製造能力があり、近く1500万枚まで増えるという。 蔡総統は4月1日、感染拡大が深刻な欧米や外交関係がある国に、医薬品や医療技術を提供するとともに、マスク計1000万枚を寄贈すると表明した。 その背景には上記のマスク計画増産の成功がある。 蔡総統の支持率は大きく上昇した。

次の

「地獄が始まった韓国経済」通貨大暴落! 頼み綱の日韓スワップも締結至らず そんな隣人、あなたならどうする?

韓国 経済 コロナ

Photo:PIXTA 隣国である 韓国の経済状況が心配だ 中国でコロナウイルス感染拡大にやや一服感が出る一方、欧州各国や米国などで感染の拡大が深刻化している。 特に、イタリアや米国に加えて、医療制度の整備が遅れているアフリカ諸国にも感染が拡大している。 そうした状況は短期間では解決が難しいだろう。 終息までには、まだ時間がかかるとみるべきだ。 そうした状況下、隣国である韓国の経済状況が心配だ。 文在寅(ムン・ジェイン)政権は自国経済を守ろうと必死なのだが、3月に入り韓国から投資資金の流出が顕著になっている。 一時、韓国の通貨ウォンの対ドル為替レートは過去10年間の安値を更新し、韓国総合株価指数(KOSPI)はリーマンショック発生直後の水準にまで下げた。 投資家心理が冷え込んでいる背景には、コロナショックの終息時期が読みづらいことに加えて、韓国経済の貿易依存度の高さなどの構造的な問題が浮き彫りになっている。 今後、そうした状況に大きな変化が見られないと、同国を取り巻く経済環境は依然として不安定な状況が続くとみた方がよいだろう。 米ニューヨーク市でも感染者が急増している。 同市では医薬品の枯渇など、医療制度の維持が困難になりつつある。 トランプ政権がオバマケア制度の廃止を明確にしたため、医療保険に未加入の国民が増えたことも事態を悪化させる一因となっている。 一部の専門家からは、「米国の医療制度は崩壊の危機に瀕している」との声も上がっている。

次の