フェン ベンダ ゾール ガン。 犬の駆虫薬で末期癌が完治?!ガンの原因はやはりカンジタ(真菌)か

フェンベンを使った治療方法

フェン ベンダ ゾール ガン

~~~~~~~追記:飲んでいる人たち~~~~~~~~ ~~~~~追記ここまで~~~~~~ ガンと透析は、巨万の富が得られる闇ビジネスらしいです。 ・・・これを聞いて思うのは、じゃあ何で煙草が衰退したんだろう?と。 煙草も全盛期当時は1箱200円~300円くらいで、男性なら2人に1人以上吸っていただろうし、これも巨万の富になりそうだけど・・・。 闇ビジネスに関しては、確かにそうかもと思っている自分が居ます。 ・・・ただ、やっぱり煙草が腑に落ちない。 もうひとつは、 ジョーさんご本人の記事(記事真ん中あたりに使用した薬に関しての記述アリ。 ちなみにこの薬、日本では販売がなく海外でしか買えない。 たぶん日本ではウサギを診察する動物病院くらいしか置いてない。 ガンが治るかは、知らない — ウサギのハート usaginoheart 3月にはじまった海外のフェンベンコミュニティーがもうすぐ4000人にいきそうな勢いです。 ちょうと2ヶ月すぎて現在、多くの結果報告が出始めてます。 ここから3ヶ月でさらに多くの結果が見られると思うので様子を見てみましょう。 — kozybgoodツイートお休み中 kozybgood ブログやツイッターだと情報やリソースを分類できないので 以下の場所に投稿するようにします 個別の癌の治療、改善例、サプリ、フェンベンダゾールの商品リンク など追加していきます 情報は集まっている方が便利なので ここにまとめていきます — kozybgoodツイートお休み中 kozybgood フェンベンダゾールの摂取量 200mgを200mlと間違えている人がいる。 パナクールc なら1グラム。 液体のパナクールなら2mlで200mgのフェンベンダゾールを得られる。 単位に気をつけてお大事に。 — こーまっちゃん 5u7U6vRinXZGnD2 アメリカにMorgellonsという珍しい病気を持つ人たちがいます。 その患者さんたちの中には7年間など長期にわたって日常的にフェンベンダゾール使っているひともいます。 そこではとくに副作用は問題になっていないようです — kozybgoodツイートお休み中 kozybgood 日本発注の方もまだ届かずです 本スレ見てるとフェンベンダゾール品薄になってきている様ですね 闘病している皆さんが全員良くなりますように — +11 ReiwaSurvivor クルクミンは使わない方が良い?抗がん剤効果が薄れる可能性あり。 ただし、クルクミンも一緒に服用しないと悪化する可能性があるので、やっぱり一緒に飲んだ方が良いかも。 goo. 抗がん剤治療中にクルクミンを併用する方が良いという意見と、併用すべきでない という真っ向から反対する意見があるからです。 多くの研究者は、ウコンやクルクミンのNF-kB阻害作用などが、抗がん剤の効き 目を高める可能性を示唆しています。 ヌードマウスに膵臓がん細胞移植した動物実験では、ジェムシタビン(gemcitabine)とクルクミンを 併用すると抗腫瘍効果が高まるという実験結果が報告されています。 同様に卵巣がんの動物実験では、クルクミンがドセタキセル(docetaxel)の抗腫瘍効果を高めることが報告されています。 クルクミンがオキサリプラチン(oxaliplatin)の効果を高める結果も報告されています。 しかし一方、クルクミンが抗がん剤の抗腫瘍効果を妨げる結果も報告されていることも事実です。 クルクミンが放射線照射による細胞のアポトーシスを阻害するという報告もあります。 したがって、クルクミンやウコンが抗がん剤や放射線の効き目を妨げる可能性は否定できません。 この議論は、抗がん剤や放射線治療中の抗酸化性ビタミンなどの抗酸化作用をもった サプリメントの使用の是非に関する議論と似ています。 抗がん剤や放射線治療は活性酸素によるがん細胞のダメージによって効果を示すのであるから、 抗酸化作用をもったサプリメントを多く摂取すると、治療効果が妨げられるという意見があります。 一方、抗酸化性サプリメントは抗がん剤治療や放射線治療の効果を高めるという意見もあります。 この議論の結論はまだ出ていません。 同様に抗がん剤や放射線治療の際のクルクミンの使用の是非も結論が出ていません。 少なくとも、Cancer Researchというがん研究では極めてレベルの高い論文に、 抗がん剤治療中のクルクミンの使用のデメリットが報告されている以上、この問題の結論が出るまでは、 クルクミンやウコンは抗がん剤治療中は併用しない方が無難かもしれません。 早速注文して試してくれる予定の人らしいです。 食事療法は、あんまり信じてない。 (今のところは) でも上のニュースは、ちょっと期待しているかも・・・。 他の選択肢が万が一なくなったら、動物病院でもらってこようかな。 今度は忘れないうちに、ブログに書いて残しておきました。 はっ・・・。 1年くらい待っていたら、誰かが駆虫薬を試してくれていて効果とか書いていてくれたり・・・して・・・、って人頼みすぎますね。 でも1年後くらいに、こっそりツイッターとかで検索してみようかな。 しかし、結果が出てもしよかったら価格が高騰するかも・・・。 そうなる前に購入しておくのもありか・・・うーん。 悩みどころ。

次の

補助療法としての駆虫剤

フェン ベンダ ゾール ガン

駆虫薬ということなので、要は虫下しです。 おもにヒト以外の動物に使用されるモノらしい。 きっかけは、「ある獣医」 から聞いた話によるということです。 こあたりはニュースに記述がありますね。 獣医さんは、どういうわけかこの薬が「癌に効く可能性」があることを知っていた。 それでステージ4の脳腫瘍の患者にフェンベンダゾールを処方したところ、6週間も経たないうちに腫瘍が消えてしまったのです」 2009年の記事ですが、以下のようなページもあります。 これは要するに、何を言ってるのかというと、• 癌細胞は代謝によって増殖する• その「代謝システムのキーとなる酵素」を選択的に阻害する薬物が、副作用のない新たな抗がん剤となり得る 代謝を抑制することイコール癌細胞の死滅であり、癌細胞増殖のシステム自体を破壊することによって、癌が消える。 これ、ホントだったらすごいよな。 副作用のない薬を飲むだけで癌が消えてなくなるなんて・・・ はい、あとは再現性の問題をクリアすればOK。 どんな条件でも効くことが証明できればね。 しかも価格が安い!! これは動物の虫下し薬として開発されたモノですから。 将来、ヒト用として動物の虫下し薬から「ガンの特効薬」が開発されるかもしれませんが、薬価格はもっと高くなる可能性はあります。 しかし、多くの研究を経て、この薬物の薬効が証明されればすばらしいことです。 癌で苦しんでいる方は希望を捨てないでほしい。 僕の父も癌で苦しんで亡くなりました。 何度も手術しましたからね。。 もっと早くこのことを知っていれば試していたかもしれません。 頭の片隅にでも覚えておいたほうがいい情報だと思います。 えてして重要な発見は「偶然の出来事」からはじまる さて、病床で苦しみ、延命治療の末に亡くなった「オヤジ」の姿を思い出してたら、なんか切なくなりましたね。 追記 虫下し薬が「がん」に効く? メタボローム解析でがんが回虫と同じ代謝を使うことを示唆 上のリンクらは先に挙げた 慶 應義塾大学先端生命科学研究所の平山明由研究員、曽我朋義教授らと国立がんセンター東病院(千葉県柏市)の江角浩安病院長らの研究グループ の研究記事とおなじものです。 意外だったのは、この仮説というのは、世界に先駆けて日本の研究グループが発表したものであるということです。 これは 2009年5月19日、米国がん学会誌Cancer Researchの on-line版に掲載されました。 時系列をたどると、今回のアメリカにおける ジョーさんの事例は、論文が発表されてかなり後だということが分かります。 おそらく、この日本人研究グループによる論文に刺激を受けて、アメリカにおいてもいろいろ研究が行われていることが推察されます。 関心のある方は、この記事内容からいろいろ検索して、関連情報を知ることもできるはず。 悪性であれ良性であれ、細胞というのは代謝活動によって生命を維持します。 ガンも同じ細胞であり、増殖するためには何かしらエネルギーが必要となるはずです。 内容は、フェンベンダゾールによるがん治療についての研究です。 翻訳にはグーグルを使いましたが、ほぼ問題なく理解することができました。 肝心の内容ですが、ここでもフェンベンダゾールが癌治療に有効なものであるとして受け止められています。 詳しい実験結果は原文を読めばほぼ理解できるレベルだと思います。 僕としては、「癌治療にフェンベンダゾールが有効である」というのは、もう「疑うことのできない事実」だとしか思えません。 ちなみに、 英語版ウィキでの内容は、日本語版ウィキとほとんど違いがなくて、新しい情報はありませんでした。 以下、機械翻訳による翻訳文 インドの科学者たちは、獣医学分野で使用される広域スペクトルの抗寄生虫薬であるフェンベンダゾールが癌に対しても同様に有用である可能性があることを発見しました。 パンジャブ大学の国立ヒトゲノム研究センター(NCHGSR)の研究者らは、フェンベンダゾールが効果的な抗がん剤として開発するための良い可能性を秘めていると報告しています。 それは現在、馬のような動物の寄生虫によって引き起こされる感染症を治療するために使用されるものとして使用されています。 研究結果はScientific Reports誌に掲載されました。 フェンベンダゾールの有効性を確認するために、研究者らはまずヒトの「非小細胞肺がん細胞」(肺がん細胞の種類)をフェンベンダゾールで処理し、がん細胞を免疫蛍光法で分析しました。 彼らは、その薬が細胞核の周りの微小管ネットワークの部分的な変化を引き起こすことを発見しました。 腫瘍細胞株はまた、野生型(WT)p53腫瘍抑制遺伝子の存在下で細胞死誘導活性の増強を示した。 研究者らはマウスでフェンベンダゾールをテストし、2日ごとに12日間経口で薬を与えた。 12日目の終了後、腫瘍を切除し、測定しそして秤量した。 研究者らは腫瘍の大きさと重量の減少を発見しました。 結果は、フェンベンダゾールが腫瘍細胞のアポトーシスを誘導することによってインビボで腫瘍細胞増殖を阻害することを示唆した。 癌細胞は、それらのエネルギー必要量のためにグルコース取り込みの増加を示すことが知られている。 そこで、研究者らは、ヒト癌細胞のグルコース取り込みに対するフェンベンダゾールの効果をテストしました。 2つの異なる種類の癌細胞、H460およびA549細胞をフェンベンダゾールで処理した。 研究者らは、両方の細胞株におけるグルコース取り込みの阻害を発見した。 研究者らによると、フェンベンダゾールは癌治療で一般的に遭遇する薬剤耐性を回避するのにも有利かもしれない。 腫瘍形成のプロセス12日間フェンベンダゾールを与えられたマウスの腫瘍サイズの縮小は、さまざまな細胞シグナル伝達経路を変化させる多数の遺伝子およびタンパク質を含むため、単一標的薬物はしばしば限られた有効性を示し、薬物耐性をもたらし得る。 したがって、複数の細胞標的を有する薬物は、耐性を発症する可能性を回避する能力に加えて、有効性が改善されると期待される。 NCHGSRの元ディレクターであるTapas Mukhopadhyay博士は、次のように述べています、「フェンベンダゾールは、中程度の微小管破壊、p53の安定化、およびグルコース代謝の妨害を介してin vitroおよびin vivoの両方で癌細胞を排除する。 インドサイエンスワイヤーに話しながら。 多発性腫瘍タイプの治療のための微小管標的化剤(MTA)の使用は非常に一般的であるが、それらの有効性は薬物耐性のためにしばしば妨げられる。 「通常、新薬の開発にはかなりの時間、お金、そして努力が必要です。 有望な分子を承認された薬に開発することはしばしば数年かかる。 したがって、これらの障害を克服するための戦略を採用することが重要です。 人間の使用に有望な結果を示す獣医薬の再利用は、新薬を開発するのに必要とされるかなりの時間と費用の削減をもたらすことができます」とMukhopadhyay博士は言いました。 研究者によれば、フェンベンダゾールは高い安全域で知られており、ほとんどの種がそれを非常によく耐えています。 それは実験動物において非常に低い程度の毒性および高い程度の安全性を有する。 それ故にそれは抗癌療法のためのよい候補である場合もある。 あるいは、それはアジュバント療法としても使用され得る。 「動物に対して行われた毒性試験に関するFDAおよび他の公表された前臨床データは、承認された投与量の数倍の投与量で異なる種で投与されたフェンベンダゾールが動物にいかなる悪影響も引き起こさないことを示す。 さらに、我々の以前の研究はまた、正常なヒト細胞においてフェンベンダゾールの最小限の毒性を示した。 この情報を考慮すると、FZは抗がん剤として開発するのに理想的な候補となり得る」とMukhopadhyay博士は付け加えた。 パンジャブ大学のMukhopadhyay博士とAshok Kumar博士の他に、研究チームにはチャンディガルの大学院医学教育研究所のNilambra Dogra博士が含まれていました。

次の

ガンの闇ビジネスって本当・・・?&犬の駆虫薬で末期癌が完治?

フェン ベンダ ゾール ガン

この山奥の村まで暑くなってきた5月10日です。 皆さんの地域はいかがですか? 明日、日曜日はもっと暑くなるようです。 本当に何度も書きますが、「季節感」が無くなってきた・・・ 「冬」の次は「夏??」ですね。 春は?秋は? 本当にどうしたのでしょうね。 冬に使用する「薪」割がたくさんあるというのに・・・ 頑張って割って見せますよ!と強がっているこの頃なのです。 (でも必ず割らなくてはなりませんからね) さて、今回は衝撃的な報告ですね。 あの有名な「カンジタ菌」(水虫で有名です)が「癌」の原因だったとは。 では、いつものブロガーさんから引用させていただきましたので、ぜひお読みください! 『 犬の駆虫薬で末期癌が完治?!ガンの原因はやはりカンジタ(真菌)か おほぉ。 なにこれ。 ちょっと驚いたので張っときます。 yahoo. 全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが世界中の注目を集めている。 英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、この男性はオクラホマ州エドモンドに住むジョー・ティッペンズさん(写真)。 2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて治療を始めたが、17年1月には、がんは胃、首、脾臓、骨など全身に転移し、手の施しようのない状態になった。 医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。 余命は3カ月ほど」と宣告された。 ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。 ある日、母校オクラホマ州立大学のフォーラムをチェックしていたら、「あなたが、もしくは知り合いががんにかかっているなら、連絡してみて」という投稿が目に入った。 連絡を取ってみると、驚いたことに投稿者は獣医だった。 獣医はジョーさんに、次のように説明した。 「偶然、犬の駆虫薬として使われるフェンベンダゾールが、マウスのがん細胞を攻撃した可能性があることが発見されたんです。 それでステージ4の脳腫瘍の患者にフェンベンダゾールを処方したところ、6週間も経たないうちに腫瘍が消えてしまったのです」 この話を聞いたジョーさんは実験療法を続けるとともに、フェンベンダゾールをネットで購入、服用し始めた。 価格は1週間分でたったの5ドル(約560円)。 そして3カ月後、実験療法を受けている病院で、PET(放射断層撮影法)スキャンを受けたところ、がんがきれいに消滅していたというのだ。 「3カ月前……がんは頭からつま先まで、体中に転移していました。 恐ろしい転移で、3カ月以内に100%死ぬという状態でした。 ところが3カ月後、PETスキャンには何も映っていなかった。 どこにもがんはありませんでした」 ジョーさんは実験治療、フェンベンダゾールの他にビタミンEのサプリ、大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)、香辛料のウコンの有効成分であるクルクミンなどを摂取していた。 しかし実験療法を受けた約1100人のうち、がんが完治したのはジョーさんのみ。 フェンベンダゾールが劇的に効いたとしか考えられなかった。 ジョーさんはその経緯を、公式ウェブサイト「Get Busy Living(必死で生きる)」で発表した。 「がん患者に誤った希望を与える」との批判も受けたが、ジョーさんは次のように語った。 「医学的治療に関するアドバイスをする資格はありません。 でもできるだけ多くの人々に体験談を語る資格はあるはずです」 一方、フェンベンダゾールによってがんが治ったというケースが、ジョーさん以外に40件以上あることも判明。 ジョーさんの話を知ったオクラホマ医療研究基金がフェンベンダゾールのがん治療の性質に関する研究を始めているという。 ワタスが驚いたのはこれがヤフーニュースに載ってたことですた。 こういう話は実はずーっと昔からいくらでも出てる。 そのたびに握りつぶされて来たのですた。 医療利権が一番困るのが、癌が簡単に治ってしまうことです。 そうなると、まったく儲けられなくなってしまうではないですか。 だから、本来こういうニュースは全力で潰しに来るはずなのです。 ヤフーと言えばいろんなスポンサーがいるのになんで出て来たんでしょうか。 最近、ワタスは、他にもこのようなニュースを良く聞きますた。 令和時代。 もしかしたら医療利権が弱まってる? 今後、医療利権が崩壊するかもしれない。 とかなんとか。 ところで、この記事に書かれてるフェンベンダゾールという成分が入ってる駆虫薬。 探すといくらでもありますた。 他にも探せばいっぱい出てきます。 末期がんの人は一か八か取り寄せて飲んだら如何でしょうか。 まぁ、犬の駆虫薬を飲んで具合が悪くなってもワタスは何の責任も取りませんが。 ちなみにワタスがこれで思い出したのは癌の原因=カンジタ菌(真菌)説です。 以下は、5年ぐらい前に出た本。 医療利権に潰された癌の治療法がいっぱい載ってる本ですた。 ケイ・ミズモリさんという方が書いた本です。 船瀬俊介氏激賞! 「国際ガン・マフィアに消された良心の研究者たち、その執念と苦闘が伝わってくる」 癌は人間が感染症から身を守るための正常な免疫反応である。 医者と製薬会社が結託したガン利権にとって、最も困るのはシンプルで安価で効果的な治療法である。 潰されかけてもなお、海外で評判を呼ぶ最新の癌対策のすべてを紹介。 あなたがガンに侵された時、選択すべき治療法がここにある! しかし体内微生物のバランスを崩し真菌が蔓延。 ガンを招く結果となった! これがガンの原因か! 以下は、ネットに載ってた説明です。 イタリアの医師。 トゥリオ・シモンチーニという人がカンジダ菌=ガンの原因と発見したという記事ですた。 ・・ ガンがカンジダという健康な人の体内でさえ少量存在するイースト(酵母)菌に似た有機体によって生じる真菌であることを発見したことである。 普段は免疫系がそれを抑制しているが、カンジダが強力な菌に変異する時、いくぶん深刻な健康問題が発生することになる。 ガンもそれである。 私の友人で、ワイト島の私の家の近くにあるシェン・クリニックのマイク・ランバートは、カンジダについてこう述べる。 「特に真菌とカンジダは、宿主の体を分解し、それを食べることで成長します。 単独では繁殖できないので、そのためにも人体を必要とします。 慢性疲労の健康状態が、多くの場合、カンジダのコロニー形成に起因することは驚くに値しません。 患者は、身体的にも精神的にも非常に心地悪くなります。 」 ガンとはこのカンジダ真菌感染症であり、細胞機能不全であるとする従来の説明は明らかに間違っていると、トゥリオ・シモンチーニは主張する。 シモンチーニは、腫瘍学(腫瘍の治療)、糖尿病や代謝不全の専門医だが、彼はそれ以上の存在だ。 彼は患者の利益のために真実を追い求め、型にはまった見解を機械的に繰り返したりしない真の医師である。 証明されていない全ての仮説、嘘、操作、欺瞞に基づく「知的整合性」にシモンチーニは挑戦している。 ガンの世界的な流行に対し、役立たずの「処置法」を追求し続ける医療体制派に、彼は極めて辛らつであり続けている。 医学界に入った時から、彼はガンの処置法に関して何かが深刻に間違っていると気づいていた。 「私にはひどい苦痛が分かるんです。 小児科のガン病棟に勤務していた時、全ての子供達が死亡しました。 その哀れでかわいそうな子供達が化学療法と放射線で死んでいくのを目の当たりにして、私は苦悩してましたよ。 」 その挫折と悲しみが、この破壊的な疾患を理解し治療するための新たなる探求の道へと彼を導いた。 主流の「医学」や「科学」に教化され凝り固まったいかなる前提にも汚されていない、開かれた心と白紙の地図を手に、彼はこの旅を始めた。 人々が医者を全知の「神」と見なすのを止め、途方もない規模の無知がその中にあると気づく前に、あとどれだけの人々が苦しまなければならないのか? シモンチーニは、ガンが体内のどこにあろうと、あるいはどんな形をとろうと、全てのガンが同じように振る舞うことに気がついた。 そこには共通項がなければならなかった。 彼はまた、ガンの「しこり」が常に白いことに着目した。 他に白い物とは何だろう? カンジダである。 シモンチーニは、細胞増殖が激しくなったと主流医学が信じていたもの、すなわち「ガン腫瘍」が、実はカンジダの攻撃から体を守るために細胞を生成している免疫系であることに気がついた。 彼が主張するその順序は次の通りである。 通常カンジダは、免疫系によって抑制されているが、免疫系が蝕まれて弱体化した時にカンジダは増殖し、「コロニー」の形成が可能になる。 ついには、そのカンジダが臓器に広がり、免疫系はその脅威に対して別の方法で反応しなければならなくなる。 この「方法」とは、それ自体の細胞で防御壁を形成することであり、この増殖を私たちはガンと呼んでいる。 体内の他の部位へのガンの転移は、発生源から広がる「悪性腫瘍」の細胞群に起因するとされているが、シモンチーニは、これはまったく正しくないと主張する。 ガンの転移は、真の原因であるカンジダ菌が発生源から広がるために引き起こされるのである。 私が著書で長年にわたって主張しているように、ガンの発生を許しているのは弱体化された免疫系である。 免疫系が効率的に機能していれば、免疫系は手に負えなくなる前に問題を処理する。 この場合は、カンジダを抑制することである。 ガンはカンジタ(真菌)が原因だった。 これはあり得る。 だから、犬の駆虫薬であっというまに治ってしまう。 実は簡単に治るのがずーっと医療利権のために潰されて来た。 そういう話なのでしょう。 本当にありがとうございますた。 と以前に書きました。 この報道がそうなら、「以前からわかっていたのに隠していたのね!」となりますね。 まあ、利権が絡むとこうなるのでしょう。 癌の治療薬だけでも巨額のお金が動いています。 (巨額の利益が出ています) みすみす手放すバカな連中はいないでしょうから・・・ 犠牲になった方は星の数ほどおられます。 ご冥福を祈るばかりです。 『 怖がらせニュースへの対処法 基本を忘れなきゃ大丈夫 ヒャッハー! さて、10連休終わりますたね。 今日から皆様はまた奴隷の毎日です。 あーまた毎日満員電車か。。 そう絶望している皆様。 一応、載せときますが8月も9連休あるようですよ。 そこまでなんとか耐えましょう。 とかなんとか。 さて、昨日はワタスは車のタイヤを交換しに行ってますたよ。 なんたってワタスのところは山頂ですから4月まで雪が降る。 あまり早くノーマルタイヤに戻してしまうと あらぁ? まだ雪降る? 麓に降りられなって困るので5月になって戻すのですた。 まぁ、毎年のことです。 で、タイヤ交換の順番待ちの時ですた。 待合室にテレビが置いてあって またどこかで交通事故が起きただの。 何人死んだだの。 そういう怖いニュースが流れてますた。 それを見て子連れの女性が いやね~ と眉をひそめて見ていますた。 ったく、いつもいつも。 支配者層は、こういう怖がらせニュースで人を洗脳している。 こういうイタイケな子連れのお母さんなどを怖がらせる。 その恐怖心が子供にも伝搬する。 この世界。 最近、どうも明るい方向に変わってる気がする。 でも、こういう怖がらせニュースが流れてる間はまだ変わらないでしょう。 だいたい人口1億もいればどっかで何か起きる。 なぜこういうどうでも良い事故のニュースなどを流すのか。 それより、誰それが結婚しますた。 その人たちはこんなエピソードの人達ですた。 お幸せに! とか。 どこかで子犬の赤ちゃんが生まれました。 可愛いですね~ とか。 どっかのおばあちゃんが100歳の誕生日を迎えました。 こんな人生を生きて来たおばあちゃんです。 おめでとう! とか。 なんで、ほのぼの、ニコニコ。 温かい気持ちになるニュースを流さないのか。 まぁ、当たり前ですが、 皆さんがほのぼのニコニコ。 温かい気持ちになって、ワクワクを思い出すとみんな波動が上がってしまうからですね。 ワクワク。 今日は何して楽しもう。 ヒャッハー! こんな風になったら奴隷が逃げ出してしまうではないですか。 まぁ、ワタスの場合、最近はこういう怖がらせニュースを見ても影響されなくなりますた。 自分が世界を映し出してる。 この世界は自分の心が映し出してる。 なんで宇宙と脳みそがそっくりなの? それはあなたの心が外側に現実を作り出してるだけだからです。 この基本。 これさえ忘れなければなんということはない。 いくら怖いニュースを見ても自分の心が怖がらなければ、その現実はやってこない。 あなたが怖いと思うから外側に怖い現実が映し出される。 支配者層は、あなたのゲームを面白くさせるための敵キャラです。 実は何の力もない。 単に煽ったり、誘ったり、怖がせたりする存在です。 あなたの心が影響されなければ何の力もない。 どんどん弱体化していくのです。 力を与えてるのはあなたなのです。 大丈夫。 大丈夫。 あなたはそのままで大丈夫~。 とにかく、自分を落ち着かせること。 安心させること。 振り回されない力。 安心力。 大丈夫力。 令和はそっちを高めて重い現実から抜け出しましょう。 本当にありがとうございますた。 「現代医学は最高だから」と言わんばかりの勢いでせめてきます。 私も「薬学」や「医学」を少しは、かじった身ですから、それなりのことは理解しています。 東洋医学を勉強すると「免疫力」を維持し、時にはアップさせることが万病に効く対策と理解できます。 何が強いって「免疫」ほど頼りになるものはありません。 私の知る限りでは、 「ほどほどの運動」と「36. 5度以上の体温」を維持すること。 ということは、食事は少なめでよく動き、よく寝て、体温の維持を心がけること。 これだけで「健康」は維持されると信じています。 (免疫が活性化します) なにせ、「低体温」ほど悪いものはありません。 それと寝不足です。 (体を錆びさせる。 活性酸素が遺伝子を傷つけるようです) そして、少し贅沢を言うなら「水は湧き水」「空気は新鮮でキレイな」は当たり前にしてほしい。 これを読んで「出来ないようー!」という方は仕方ありませんが。 健康は簡単に手に入るようで「簡単」ではありません。 多くの犠牲が伴います。 (やりたいことも少し少なくなるかもしれません) お金や時間がかかるかもしれません。 それでも「何を取るか?」です。 病気になっても「遊び」や「贅沢」を取るのか? 質素倹約しながら「自然な生き方」をするのか? どちらかでしょう。 山奥に来てよくわかりました。 このブログでも様々な「健康法」や「意識改革」を取り上げています。 何人の方が取り入れられていることでしょうか? 読むだけでは「頭でっかち」になるだけですよ。 「良いと思うなら即実行です!」 なので、私自身の意識改革で、私の人生はまたまた変わりそうです。 やったことのない世界へチャレンジです。 やるだけやってみます! 近いうちに皆さんに報告します! 自然人2009.

次の