初台 駅 構内 図。 幡ヶ谷駅

駅構内図のある駅:JR東日本

初台 駅 構内 図

やはり京王のサイトにある構内図が一番的確かとは思います。 PDFファイルになりますが…。 改札口は東口 新宿寄り オペラシティ方面 か中央口 笹塚寄り 新国立劇場・商店街方面 かしかありませんので、どちらかをきっちり伝えれば間違うことはないでしょう。 但し初台駅には冷房がありません。 今の時期は改札口付近も大変暑く、汗が吹き出るほどです。 そのうえ列車が到着するたびに熱風が吹き込みます。 通路・改札前も広くないので、新国立劇場やオペラシティコンサートホールでイベントがあった際には大変混雑します。 また通勤時間帯の東口は相当に混みます。 できることなら、オペラシティの広場であるとか、飲食店、ガレリアなど、または新国立劇場前など、地上でお待ち合わせになったほうが快適かとは思われます。 京王電鉄のホームページにある構内図ではいかがでしょうか? 参考URL(京王電鉄のホームページ)で ・左側にある緑色の「電車・バス」をクリック ・「電車のご案内」の右上にある「駅構内マップ」をクリック ・表示される路線図上で「初台」をクリック とやれば、構内マップが表示されます。 ただし、pdf形式(Adobe Acrobat Readerがあれば見ることができます)ですので、表示に時間がかかることがあります。 初台駅は中央口が地下1階、東口(オペラシティー方面)と新宿方面のホームが地下2階、橋本方面のホームが地下3階といった構造になっています。 よくある上り下りのホームが同一階ではなく、新宿方面のホームの下の階に橋本方面のホームがあると言った構造となっていますので、その部分に注意して見てください。 橋本方面への電車からですと、エスカレーターで1つ上がると新宿方面のホーム及び東口となります。 さらに階段で1つ上がると中央口という構造ですね。 この部分、私にはわかりづらく感じましたので注意してください。

次の

初台駅

初台 駅 構内 図

「」も参照 当時の所在地である「 大字」より命名される。 に出征する途中のが、の白旗をこの地の池(旗洗池)で洗ったという伝説が地名の由来とされている。 なお、この洗旗池は(昭和38年)に埋め立てられ、社員寮になっている。 駅構造 [ ] 駅本体はと()の地下にあり、ホームは地下2階にある。 中柱のある2面2線で、への上り階段は笹塚駅寄りにある。 改札は地下1階で、改札内にがある。 トイレは夏から秋にかけて改装され、の一環としてやなどの利用にも対応した「だれでもトイレ」を追加した。 改札を西向きに出ると地下自由通路で、右に行けば甲州街道の北側に、左に行けば南側に出る。 いくつかのビルと直結している。 元々は京王線の駅で地上に位置していたが、京王新線開通時に移転・地下化された。 現在京王線(新宿駅1 - 3番線発着)の電車は各駅停車含め全て停車しない。 なお、京王線の初台 - 笹塚間は当駅移転後の1983年に地下化されたため、初台駅と異なり京王線のトンネル内にホームはない。 2004年から駅の改修工事を開始、の新設やホームを除く床・壁・天井に至るまでほぼすべてを張り替え、または上から貼るなどして改修され、従来の圧迫感のある暗いイメージから脱却した。 2008年10月頃、ホーム初台寄りに非常階段が設置され供用された。 地上の出口は1番線、2番線ともに国道20号のの中、首都高速4号新宿線の高架下で、のほぼ真下にある。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 備考 1 京王新線 下り ・・・方面 2 上り ・ 方面 新宿駅から 都営新宿線へ直通• と快速は新線新宿から先の都営新宿線内で各駅停車として運転される。 非常口(上り) (2010年1月6日) 利用状況 [ ] (令和元年)度の1日平均は 32,604人である。 近年の1日平均 乗降人員と 乗車人員の推移は下表の通りである。 年度別1日平均乗降・乗車人員 年度 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 出典 1955年(昭和30年) 21,659 1960年(昭和35年) 30,667 1965年(昭和40年) 40,375 1969年(昭和44年) 41,939 1970年(昭和45年) 40,190 1975年(昭和50年) 40,148 1978年(昭和53年) 37,079 1979年(昭和54年) 33,200 1980年(昭和55年) 33,234 1985年(昭和60年) 32,226 1990年(平成 02年) 33,432 16,052 1991年(平成 03年) 16,904 1992年(平成 04年) 17,005 1993年(平成 05年) 16,784 1994年(平成 06年) 16,219 1995年(平成 07年) 34,124 16,044 1996年(平成 08年) 16,085 1997年(平成 09年) 16,014 1998年(平成10年) 15,797 1999年(平成11年) 15,019 2000年(平成12年) 32,154 14,901 2001年(平成13年) 15,258 2002年(平成14年) 15,230 2003年(平成15年) 31,284 15,112 2004年(平成16年) 30,881 14,964 2005年(平成17年) 30,379 15,066 2006年(平成18年) 29,425 14,964 2007年(平成19年) 30,097 15,342 2008年(平成20年) 30,584 15,570 2009年(平成21年) 30,809 15,655 2010年(平成22年) 29,909 15,197 2011年(平成23年) 29,639 15,025 2012年(平成24年) 30,116 15,274 2013年(平成25年) 30,985 15,668 2014年(平成26年) 31,229 15,770 2015年(平成27年) 31,946 16,090 2016年(平成28年) 31,992 16,129 2017年(平成29年) 32,314 16,279 2018年(平成30年) 32,833 16,518 2019年(令和元年) 32,604 駅周辺 [ ]• 幡ヶ谷商店街• 幡ヶ谷六号通り商店街• 六号坂通り商店街• 西原商店街• 幡ヶ谷店• 幡ヶ谷店• 幡ヶ谷店• 幡ヶ谷2丁目店• 幡ヶ谷店• 幡ヶ谷• 京王幡ヶ谷店• 東京消防庁消防技術安全所• 中央試験センター• 東京国際センター• 西原出張所• 笹塚出張所• 渋谷区立西原図書館• 代々木店• 幡ヶ谷南郵便局• 渋谷幡ヶ谷郵便局• 幡ヶ谷支店• 幡ヶ谷支店• 幡ヶ谷支店• 幡ヶ谷支店• 幡ヶ谷第一公園• 幡ヶ谷第二公園• 幡ヶ谷第三公園• 幡ヶ谷駅前公園• 幡ヶ谷新道公園• 幡ヶ谷ひだまり公園• 6号通り公園• 7号通り公園• 代々木大山公園• グッドコンディション• 教育機関• 渋谷区立代々木中学校• その他• バス路線 [ ] 駅そばに、「幡ヶ谷駅」停留所がある。 : - - 幡ヶ谷駅 - - - -• :渋谷駅 - 代々木八幡 - 幡ヶ谷駅 - 中野車庫 -• :渋谷駅 - 代々木八幡 - 幡ヶ谷駅 - 代田橋 - 方南八幡通り - 新高円寺 - 阿佐ケ谷駅• : - 幡ヶ谷駅 - - 南口 - 南口 1日2本)• :新宿駅西口 - 幡ヶ谷駅 - (季節運行) 南口を出て徒歩数分の所に、「幡ヶ谷折返所」停留所がある。 詳しくは、を参照。 脚注 [ ] [].

次の

京王新線の初台駅の地下構内図は?

初台 駅 構内 図

やはり京王のサイトにある構内図が一番的確かとは思います。 PDFファイルになりますが…。 改札口は東口 新宿寄り オペラシティ方面 か中央口 笹塚寄り 新国立劇場・商店街方面 かしかありませんので、どちらかをきっちり伝えれば間違うことはないでしょう。 但し初台駅には冷房がありません。 今の時期は改札口付近も大変暑く、汗が吹き出るほどです。 そのうえ列車が到着するたびに熱風が吹き込みます。 通路・改札前も広くないので、新国立劇場やオペラシティコンサートホールでイベントがあった際には大変混雑します。 また通勤時間帯の東口は相当に混みます。 できることなら、オペラシティの広場であるとか、飲食店、ガレリアなど、または新国立劇場前など、地上でお待ち合わせになったほうが快適かとは思われます。 京王電鉄のホームページにある構内図ではいかがでしょうか? 参考URL(京王電鉄のホームページ)で ・左側にある緑色の「電車・バス」をクリック ・「電車のご案内」の右上にある「駅構内マップ」をクリック ・表示される路線図上で「初台」をクリック とやれば、構内マップが表示されます。 ただし、pdf形式(Adobe Acrobat Readerがあれば見ることができます)ですので、表示に時間がかかることがあります。 初台駅は中央口が地下1階、東口(オペラシティー方面)と新宿方面のホームが地下2階、橋本方面のホームが地下3階といった構造になっています。 よくある上り下りのホームが同一階ではなく、新宿方面のホームの下の階に橋本方面のホームがあると言った構造となっていますので、その部分に注意して見てください。 橋本方面への電車からですと、エスカレーターで1つ上がると新宿方面のホーム及び東口となります。 さらに階段で1つ上がると中央口という構造ですね。 この部分、私にはわかりづらく感じましたので注意してください。

次の