何 か ありま したら ご 連絡 ください。 「何かありましたらご連絡ください」のビジネス英語メール表現・フレーズ│Lifework English ライフワーク・イングリッシュ

「ご連絡ください」は間違い?連絡をお願いする際の敬語と例文集

何 か ありま したら ご 連絡 ください

お疲れさまです。 たびたび失礼します。 初めてメールをお送りいたします。 突然のメール失礼いたします。 下記の件、確認いたしました。 本日確かに、受領いたしました。 お問い合わせの件について、お答えいたします。 進展がありましたら、また改めてご連絡いたします。 〜につきまして、3点確認したいことがあります。 〜の日程につきまして、 いくつか候補日をお送りいたしますので、 ご都合のいい日時をお知らせいただければ幸いです。 〜につきまして 4月18日(月)にメールにて送りしましたが、 お手元に届いておりますでしょうか? もし、届いてないようでしたら申し訳ございません。 再度、お送りいたしますのでご確認いただければと思います。 上からにならないよう気を付けましょう。 お忙しいところ恐れ入りますが、至急ご連絡いただければ幸いです。 早速、ご連絡いただきましてありがとうございます。 大変申し訳ございません。 ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした。 どうぞ宜しくお願いいたします。 何卒よろしくお願い申し上げます。 引き続きよろしくお願いいたします。 お忙しいところお手数おかけいたしますが、 ご返信いただければ幸いです。 ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。 何かございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。 ご不明な点がありましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。 特に問題がなければ、ご返信は不要です。 取り急ぎご連絡までに。

次の

「何かございましたらご連絡ください」の使い方と例文・種類

何 か ありま したら ご 連絡 ください

尊敬語は先輩や上司など自分より目上の人に使い、相手を自分より高める効果があります。 一方、謙譲語は目上の人に対して自分を下げることで、相手を高める効果を発揮しています。 丁寧語は語尾が「だ。 」「である。 」といった表現を「です。 」あるいは「ます。 」に変えることで、相手に対して丁寧な印象を与えます。 これらの敬語を曖昧に使わないためにも一つ一つの敬語表現の意味と違いをよく理解し、実際の例文を通して学ぶ必要があるのです。 そこで今回はよく使われる敬語表現として「ご連絡ください」についてまとめました。 相手からの返事を求める表現です。 この記事を通して各々の敬語表現の違いを正しく理解して、ぜひビジネス現場に生かしてください。 ビジネスの場面に限らず相手に何か連絡や返事を求めるとき、あるいは自分からその旨を連絡したい時によく使われるのが「ご連絡ください」の敬語表現です。 皆さんは正しい意味をご存知ですか。 なんとなく使い分けている方も多いはずです。 まず、「連絡」を少し丁寧にしたものが「ご連絡」です。 目上の方に返事を求める時は後者を使うのがふつうです。 相手により丁寧な印象を持たせることができます。 次に文章としての「ご連絡ください」ですが、一般的に「ご連絡ください」は実際に使われる方も多く、ビジネスマナーや敬語表現として間違った表現ではありません。 ただ、「ご連絡ください」の「ください」の部分がどうしても相手に強い印象を与えてしまうので、全体的に強引な印象を与えます。

次の

「何かございましたらご連絡ください」の使い方は?敬語/相談

何 か ありま したら ご 連絡 ください

また、何かありましたら、ご連絡ください。 それは、時と場合によっては、いたたまれない言葉である。 ある時、スーパーの駐車場で、車のエンジンがかからなくなった。 車を停める前に、バッテリーが上がるような、予兆はなかった。 そもそも、セルモーターが回る音さえしない。 こんなことは初めてだ。 携帯電話で、ディーラーに問合せた。 「ブレーキペダルを踏んでいますか?」 ブレーキを踏んだら、すぐエンジンはかかった。 すみません、かかりました・・・ お騒がせしました。 こんな、初歩的なもの忘れで、慌てて泣きついてしまったのか。 情けない思いで、電話口で詫びた。 そこに、その言葉がきた。 「また、何かありましたら、ご連絡ください」 もう、こんなど素人質問で、恥ずかしい思いをしたくない。 「また、何かあって」はならないのだ。 ある時にそれは、言う側にとっての、親切の押し売り言葉だ。 ある時、インターネットがつながらなくなった。 さっきまでは、つながっていたのである。 パソコンの再起動もしてみたが、やはり、つながらない。 モデムのパイロットランプを確認したが、正常を示すグリーンのランプが並んでいる。 こんなことは、初めてだ。 キャリアに電話をかけて、問い合わせた。 「モデムの電源を一旦切って、10秒ほど待ってから、もう一度電源を入れてみてください」 言われた通りにやってみると、ネットワーク接続が復活した。 狐につままれたような気分だが、現状が復帰したことは、とてもありがたい。 感謝の言葉を述べた。 そこにも、その言葉が追い打ちをかけてきた。 「また、何かありましたら、ご連絡ください」 そんなに、何度も何かあったら、たまらない。 それでも、彼らは、最後にそれを言わずにいられない。 ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。 けれども、私たちは、今日もそして、これからも、真摯に対応いたしますよ。 逃げも隠れもしません。 お問い合わせいただくことは、我々には歓びなんです。 お客様の声がきけますから。 我々は、こんなに親切ですよ。 ユーザー思いなんです。 その言葉が持つ 慇懃な意味合いには、礼を失わずに返す言葉がない。 その言葉を、ただ、黙って聞くだけだ。 わずか20文字、この言葉を聞く、10秒はとても長く感じる。

次の