チャージ アックス コンボ。 【モンハンクロス攻略】チャージアックスの特徴と操作方法【MHX】|ゲームエイト

チャージアックスの強いコンボ・GPの使い方【MHWモンハンワールド操作】

チャージ アックス コンボ

チャージアックスの特徴 剣と斧の2つの形態を持つ武器。 身軽な立ち回りが可能な剣モードでエネルギーを蓄積し、 剣と盾を合体させた斧モードでそのエネルギーを解放して強力な攻撃を繰り出せる。 盾突きが多段ヒットなので、状態異常にさせやすい。 超高出力属性開放斬りのスタン能力が高い• 盾強化中、ガードポイントのビン効果が付与される。 (榴弾ビンだとガード時に爆発して敵にダメージを与える) チャージアックスのビン 剣モード時に攻撃すること溜まったビンをチャージすることで、属性強化状態になれます。 斧モードで属性解放斬りや高出力属性解放斬りを行うことで、 ビンを消費して攻撃を当てた部位で小爆発を起こせます。 ビンには「榴弾ビン」と「強属性ビン」があり、 属性解放斬り時に各ビンの効果が付与されます。 榴弾ビン:モンスターを気絶させやすくするビン• 強属性ビン:武器と同じ属性の爆発でダメージを与えるビン なお、チャージを行わないまま攻撃を続けていると、「CHARGE」アイコンが表示されオーバーヒート状態となり、攻撃が弾かれてしまうので、こまめにチャージしましょう。 盾の属性強化状態 ビンがチャージされている時に「高出力属性解放斬り または 超高出力属性解放斬り」の出始めに「R」で「属性強化回転切り」をすることによって盾が属性強化状態になります。 属性強化状態では、斧モードの攻撃力とビンのダメージがアップし、剣モード時のガード性能アップ・一部の攻撃で爆発が起きるなどのメリットがあります。 剣の属性強化状態 盾が属性強化されている状態でチャージ溜めから高圧縮属性斬りを使うと剣の属性強化ができます。 効果時間は45秒で、剣の攻撃に属性と心眼効果(はじかれない)が付与されます 剣モードで剣撃エネルギーを溜め、「チャージ」する。

次の

【MHW】モンハンワールドチャージアックスの3つの必須コンボ!初心者必見!|下級エリート道

チャージ アックス コンボ

モンスターハンター4Gからの新要素 かち上げからのジャンプ攻撃 他のプレイヤーを斧:斬り上げと、斧:超高出力属性解放斬りでかち上げて、ジャンプ攻撃につなげさせることができるようになった。 属性強化状態が追加 属性解放斬りを[R]でキャンセルすると、溜まっていた剣撃エネルギーが武器に蓄積されて、属性強化状態となり、盾が赤く発光した状態になる。 発行状態は時間経過とともに赤から黄色へと変化し、一定時間が経つと点滅して消えて効果が終了する。 効果中は、斬れ味ゲージ横にアイコンも表示される。 「属性強化状態」では、盾の強化や斧モードの攻撃力が上昇し、「斧:高出力属性解放斬り」が「斧:超高出力属性解放斬り」に強化される。 盾突きからの高出力属性解放斬り、超高出力属性解放斬り 剣モードのアクション中に盾による突き攻撃が追加。 「属性強化状態」では、盾の強化や斧モードの攻撃力が上昇し、「斧:高出力属性解放斬り」が「斧:超高出力属性解放斬り」に強化される。 共通の特長• 攻撃後の横回避がサイドステップ• 武器出し時通常の回避は前転回避もしくは側転回避• 剣モードから斧モードへ、斧モードから剣モードへ変形斬りを出しながら可変(合体・分離)できる 【剣モードの特徴】• リーチがちょっと長めの片手剣、盾も大きめ• 攻撃モーションも片手剣に似ている、剣を振る速度は若干遅め• 武器出し時の歩く速度は、片手剣より若干遅め• ガードができる• 攻撃後の横回避がサイドステップ• 武器出し時通常は前転回避• 高い位置を攻撃できるも 剣モード時は、モンスターを攻撃するごとに柄部分にあるビンに剣撃エネルギーが蓄積されていく。 エネルギーが一定量溜まって、[黄色]に光るとチャージ可能になるが、 [黄色]時にチャージしないでいると、さらにエネルギーが蓄積して[赤色]に光りだす。 [黄色発光]時にチャージ行動を取ると、ビン3つ分をチャージ。 [赤色発行]時にチャージ行動を取ると、ビン5つ分をチャージ。 注意!!チャージアックスのデメリット 【オーバーヒート】 ビンが赤色発光時にチャージしないで攻撃を続けると、オーバーヒートになり、斬れ味ゲージの状態に関係なく、攻撃が弾かれてしまう状態になる。 チャージすればオーバーヒート状態は解除できる。 なので、チャージアックスの剣撃エネルギーは、赤色発光したらチャージして、斧モードで属性解放斬りを使って、ビンを消費する必要がある。 【チャージミス】 剣戟エネルギーが溜まっておらず、黄色発光もしていない状態でチャージ行動を取ると、チャージミスとなり大きな隙が生まれてしまうので、注意しておこう。 【斧モードの特徴】• 縦斬り、叩きつけ、斬り上げと、攻撃の多くがリーチが長いので高い位置を狙いやすく、一撃の威力が高い• 移動速度は大剣なみに遅いので、前転もしくは納刀して移動• ガードはできない• 属性解放斬り、さらに高出力属性解放斬りでめまいを狙える 剣モードでチャージしたエネルギーは、斧モードの属性解放斬りで使用できる。 属性解放斬りは、エネルギーがストックされていないと使用できないが威力は高く、 さらにボタンの追加入力によるフィニッシュ技があり、 フィニッシュ技まで当てれば、大型モンスターをめまい状態にする効果がある。 【榴弾ビン】 頭に攻撃を当てれば、属性解放斬りの爆発時に、めまい値を蓄積させることができる。 【強属性ビン 属性解放斬りの爆発時に、武器と同じ属性の爆発を起こし、属性の追加ダメージを与える。 属性が通りやすいモンスターの部位ならば、高いダメージを期待できる。 斬り上げは高い位置を攻撃できるが、味方をふっ飛ばしてしまうので使う時には注意が必要。 全ての攻撃がのけぞり無効なので、使いやすい。 転倒時などの大きな隙がある時に向いている。 変形斬りの後に[X]+[A]で、いきなり高出力属性解放斬りを出せる。

次の

【MHW】上級者を目指す!チャージアックスの操作使い方や立ち回り

チャージ アックス コンボ

こんにちは! モンハンダブルクロスでは 全14種もの武器が存在しますね! あなたはメイン武器を何にするか決まっていますか?決まってない方、今作から始める方は、どの武器か迷っていると思います。 どちらのプレイヤー様も、一度は試してほしい武器が チャージアックス! チャージアックスはMH4から登場の割と新しい武器ですね。 今までの武器で満足してるし…と、手にすら取ってない方もいそうな感じですが(笑) これには剣モードと斧モードがあって…って、それスラッシュアックスやん!と思う方は…考えが甘いですぞ!スラアクとは似ても似つかない武器に仕上がってます。 ということで、この記事ではMHXXにおけるチャージアックスの操作方法を全スタイル別に解説していきます! 目次• チャージアックスの基本動作 まずは武器を収納している姿からですが…カメです。 だいたい丸い形の盾が多いこともあって、、カメですね。 ダサい 攻撃に関して剣モードですが、片手剣よりも一回り大きいかな、程度のサイズの剣で戦います。 機動力はそこそこ良くて、動きやすいイメージ。 そして右手側には盾を持っていますので、弱いですけど一応ガードもできますね。 まぁチャージアックスは、普通にRでガードするのがメインではないんですよね。 「 ガードポイント」と言って、特定モーション中に敵から攻撃を受けると自動的にガードする動作を使うことが多いです。 ガードポイントでガードが成功すると、そのまま攻撃することができる優れもの。 しかも、このガードポイントでのガードの方が防御力は大きいので、受け止められる攻撃も増えます。 ちなみに、ガードポイントが発生する特定モーションは次の3つ。 XXXコンボの、最後の回転斬りの斬り終わり• 斧モード中Rで発動する、剣変形斬りの斬り終わり これらのうち、回転斬りの斬り終わりが一番使いやすいので、練習する場合は回転斬りからですよ。 Xコンボで回転斬りしている時に、前方が一瞬白く輝きますよね、あれがガードポイントのエフェクトです。 そして、斧モード。 斧モードにすると、盾と剣が合体してシャッキーン!といきなり伸びます!斧モードは高火力なので、ここぞという時の必殺技扱い。 しかし、高火力を出すには剣モードで努力しなくてはいけません。 チャージアックスの剣モードで盾として使ってた部位にはビンが5個ついてます。 もちろん最初は空っぽ。 剣モードでモンスターを攻撃するとエネルギーが溜まっていきます。 斧モードだと溜まりません。 そして、エネルギーを溜めるということは、ビンはまだ空のままで、ビンの周りのもやもやしたオーラみたいな部分が変化します。 まずは 黄色、そして 赤色に変化します。 まだこれだけではビンには何も変化がおきません。 黄色だとビン3本分、赤色だとビン5本全部にチャージします。 しかし!ここでほっとしててはいけません!!ビンだけじゃない、盾の部分も強くしてこそ本気のチャックスです。 盾の部分を強くする…なんじゃそら、と思いますが、これが「 属性強化状態」と呼ばれるものです。 属性強化できるコンボは2種類あって、お手軽モードと本気モードですね。 お手軽モードは「 簡易属性強化」といい、チャージしたビン1本あたり20秒間だけ効果があります。 ビンの横にある盾もマークが黄色に。 本気モードは「 属性強化」といい、チャージしたビン1本あたり40秒間の効果がつきます。 これは盾マークが赤色になります。 9倍だよ!技の名前も長いが威力も高い。 そして、 属性強化状態へ持っていくコンボを忘れてしまいがちですので、下に書いておきます。 たったこれだけ!でもギルドとエリアル限定です。 忘れてもいいです、またここを見に戻ってきてください! さて… チャックスの基本的な使い方だけで大半が終わりそうですが、オススメのコンボとかもご紹介します。 ギルドスタイル オススメのコンボ ギルドスタイルでのオススメコンボはこんな感じ。 これだけでビンが赤にならなかった場合は、回転斬り後にもう一度溜め二連斬りをしても良いかもしれません。 属性強化状態だと、武器によってはではスタン値を溜められたり、状態異常値蓄積に便利だったりします。 まぁ、ビンに何も入っていなくてもいいじゃない、属性強化してなくったっていいじゃない。 とりあえず高い所、当てて行こうよ!…という使い方かもしれません。 とにかく長くなりますからね、チャックスの斧モード。 属性強化状態の超高出力属性解放斬りはロマン溢れますが、属性強化状態の解除とビンを全て消費するため、高出力属性解放斬りにダウングレードして続けて使うのもいいと思います。 ギルドスタイルとの差異 無し。 ストライカースタイル モンスターに攻撃を当てると「狩技」ゲージが溜まり、タッチパネルを押すだけで発動する特別な大技を使えます。 狩技装備可能数も全スタイル中で最多。 狩技メインで戦いたい場合にオススメですね。 攻撃操作もシンプルに変化しているため初心者でも使いやすいです。 剣モードでの盾突き、簡易属性強化回転斬りができない• 突進斬りの出始めにガードポイントが付加されている• 属性強化状態なら、斧モードでの攻撃力が高め という点がギルドスタイルと異なっていますね。 エリアルスタイル 空中戦メインのスタイルです。 普段の前方回避がエア回避に変化します。 エア回避中にモンスターと接触するとそのモンスターを踏みつけて空に舞い上がることができます。 オススメのコンボ せっかくのエリアルなので踏みつけジャンプを挟んだコンボがおすすめです。 ギルドスタイルとの差異 さて、エリアルでできなくなったことは• 剣:溜め二連斬りができない• 剣:ジャンプ斬りができない その代わり、ジャンプしてからの攻撃が増えました。 ジャンプ斬り払いができる• ジャンプ高出力属性解放斬りができる• ジャンプ超高出力属性解放斬りができる 変更点をしっかり理解して使いこなしてみましょう! ブシドースタイル これは上級者向けのスタイルです。 モンスターの行動を把握していないと、うまく使えません。 ブシドーではモンスターの攻撃に合わせて回転回避をすると「ジャスト回避」となり、これに成功すると反撃モーションにより攻撃へとつなぐことが可能です。 オススメのコンボ ジャストガードを入れたコンボを紹介してみます。 ジャストガード後の溜め二連斬りは、名前に「溜め」と入っているものの、特に溜めることなくすぐに発動します。 ギルドスタイルとの差異 ブシドーでできないことは• 簡易属性強化回転斬りができない この程度ですね。 ベテランが「簡易版」を使うとは何事だ!…みたいな、ね。 また、チャックスは 斧モードでは「ジャスト回避」ですが、剣モードでは「ジャストガード」になります。 モンスターの攻撃があたる直前にRを押すと発生します。 Bの回避ではないので、お気をつけて! ブレイヴスタイル MHXXから追加された新スタイル!ブレイブゲージを満タンまで貯めることでモーションが強化される楽しいスタイルですね! 通常の納刀と違い、Yを押すと特別な「納刀継続」状態になり、体が青く光ります。 この状態でモンスターに攻撃を当てるとブレイヴゲージが溜まります。 また、納刀継続状態でモンスターに当たっても攻撃を受け流せる「イナシ」状態になります。 イナシだとダメージも少なめに。 オススメのコンボ まずは、非ブレイヴ時のオススメコンボ。 狩技オーバーリミットがあれば更に…! ギルドスタイルとの差異 大きな変化は…• ブレイヴ状態になると、盾の色が青くなり、常に属性強化状態になる• ブレイヴ状態でのステップ回避は、剣モード時にガードポイントが発生 というところでしょう。 もちろん、攻撃や回復などの便利なアイテムを作れますし、自分だけではなく仲間にも有効です。 このスタイルを選ぶと、マカ錬金タルを常備する状態になっていて、タルが最初からアイテム欄に入っています。 時間経過や、攻撃するとゲージが溜まってアイテム生成が可能。 チャックスだと、斧:高出力属性解放斬りでのゲージが溜まりやすいです。 オススメのコンボ レンキンのコンボはギルドと同じでいいと思います。 ギルドスタイルとの差異 レンキンスタイルのデメリットは• 剣:盾突きができない• 斧:超高出力属性解放斬りができない うーん…大目玉の必殺技ができないんですね。 もうこれはタルを振ることばかり考えるしかない!.

次の