シミが消える化粧品 ランキング。 【効果抜群!】人気のシミ消しクリームランキングBEST8

【2020最新】シミに効く化粧品ランキング|口コミで人気のおすすめや市販のプチプラも!

シミが消える化粧品 ランキング

『ぎゃあ!こんなところにシミが…』シミが発生する原因とは? 知らないうちにうっすらと影ができ、気が付くとほくろのように濃くなっているシミ。 透明感溢れるお肌を目指す私たちにとって、シミは本当に厄介な存在ですよね。 そもそも今まで何ともなかったお肌に、一体どうしてシミが出来てしまうのでしょうか。 まずはシミが発生するメカニズムを探っていきましょう。 室内でも危険!?紫外線はシミの原因No. 1 シミができる原因の中で最も多いのが紫外線によるものです。 これは、肌の奥にある細胞が紫外線のダメージを受けて、皮膚トラブルや皮膚がんを起こさないようにするためです 日傘みたいなものですね。 そして最終的にドーパキノンが酸化すると、メラニンが完成するんですね。 ターンオーバーと言います しかし、何らかの事情でメラニンが過剰生成されたり、ターンオーバーが乱れたりすると、肌の表面にメラニンが溜まり、シミになってしまうというわけです。 シミの種類と原因 シミの元・メラニンを生成する要因は紫外線だけではありません。 ここで、顔にできるシミの種類と原因をさらに詳しく見ていきましょう。 シミの種類 原因や見た目、できやすい場所など 老人性色素班 紫外線や加齢によるメラニンの蓄積が原因 頬骨や日差しがあたるところにできやすく、数ミリ~十数ミリの丸いシミができる 最初は薄い茶色だが、メラニンがさらに蓄積されると徐々に黒く変化していく そばかす 雀卵斑 紫外線によるもので、遺伝によってできることが多い 鼻や頬にかけて小さな点状のシミができる ほとんどが薄い茶色で、濃くなるケースはあまりない 炎症性色素沈着 ニキビや虫刺されなど、皮膚の炎症がそのまま肌に沈着して赤っぽい色から黒っぽい色まで様々 肝斑 女性に多いシミで、紫外線やホルモンバランスの崩れによって起こりやすい 頬骨あたりに左右対称にできることが多い ほとんどが薄い茶色 脂漏性角化症 紫外線によってできるシミで、良性の腫瘍 「年寄りイボ」とも呼ばれ、ポツンと盛り上がっているのが特徴 小さいサイズからほくろよりも大きいものまで様々 やはり大体のシミは紫外線が大きく関係していますね。 しかし、中にはニキビやホルモンバランスの乱れによってできるシミも…。 原因が異なるそれぞれのシミですが、美白化粧品で改善することはできるのでしょうか。 シミを消す化粧品を使えばシミは本当に消える? それでは次に、シミを消す効果が期待できる美白化粧品の役割についてお話して参りましょう。 美白化粧品ができる3つのこと 先程ご紹介した、シミができるメカニズムをもう一度振り返ってみましょう。 メラノサイトにメラニン生成の命令が届く• メラノサイトでチロシナーゼによってメラニンがつくられる• 生成されたメラニンが肌に蓄積する こんな感じでしたよね。 それに対し、美白化粧品は• メラニンの生成指令を止める• チロシナーゼの働きを抑える• チロシナーゼを分解する 増やさない• メラニン色素を還元する• メラニン色素を肌の外に排出する といったことができます。 つまり、美白化粧品は、メラニンを 「つくらせない」「元に戻す」「肌の外に追い出す」といった3つの効果ができるというわけです。 美白化粧品で消せないシミもある 美白化粧品のほとんどは、メラニンをつくらせない美白成分を含んだものが多いため、商品によっては消せるシミと消せないシミがあります。 シミの種類 美白化粧品の有効性 老人性色素班 有効 濃いシミに関してはやや有効 そばかす 無効 炎症性色素沈着 かなり有効 肝斑 やや有効 脂漏性角化症 無効 幼少期からできるそばかすや、皮膚そのものが変化する脂漏性角化症は、基本的に美白化粧品で改善することができません。 そのため、これらのシミを改善する場合は、クリニックによる飲み薬やレーザー治療が必要となります。 選び方で大事なポイントは、以下の3点です。 美白成分で選ぶ• 肌質で選ぶ• 価格で選ぶ それぞれについて詳しく見ていきましょう。 美白成分で選ぶ 前項でお話した通り、美白化粧品はシミを「つくらせない」「元に戻す」「肌の外に追い出す」効果が期待できます。 しかし、美白成分全てがその効果を持っているわけではありません。 配合成分によってシミへの働きが異なるので、まずは自分の目的に合った働きを行ってくれる美白化粧品を選びましょう。 効果 働き 成分 つくらせない メラニンの生成指令を止める• カモミラET• トラネキサム酸 チロシナーゼの働きを抑える• アルブチン• ルシノール• エラグ酸• ビタミンC誘導体• 4MSK• プラセンタエキス• コウジ酸 など チロシナーゼを分解する• マグノリグナン• リノール酸S 元に戻す メラニン色素を還元する• ビタミンC誘導体• ハイドロキノン 肌の外に追い出す メラニン色素を肌の外に排出する• ビタミンC誘導体• ハイドロキノン• リノール酸S• エナジーシグナルAMP• レチノール 上記の美白成分のうち、ハイドロキノンはお肌の漂白剤とも呼ばれるほど、凄まじい効果を持っています。 既にできたシミにも高い効果が期待できるので、即効性を求める方はハイドロキノン配合の化粧品を選ぶと良いでしょう。 肌質で選ぶ シミを改善するために、少しでも美白効果の高いものを!と意気込む気持ちもわかりますが、ここで一点注意しておかなくてはいけないことがあります。 それは、みなさんの肌質です。 先程もお話しましたが、シミの元・メラニンは本来、細胞を紫外線から守るための色素です。 そのため、肌の防衛反応に対抗する美白効果の高い成分は、時に肌トラブルを招くことも。 特に、肌荒れを起こしやすいハイドロキノン配合の化粧品を選ぶときは注意が必要! 敏感肌や乾燥肌の方がハイドロキノン配合の化粧品を選ぶ際は、特殊なカプセルなどでコーティングされた、肌にやさしいタイプを選びましょう。 肌が弱い方はパッチテストがおすすめ アトピー性皮膚炎をお持ちの方や、肌の乾燥がひどい方は、事前にパッチテストを行うことをおすすめしています。 しかし、内側にひっそりと隠れている潜在ジミは、季節問わず、シミになるのを今か今かと心待ちにしています。 ですから、美白化粧品は基本的に年中使い続けるのが鉄則。 毎日続けても負担にならない価格の商品を選びましょう。 購入場所 価格 効果 市販 薬局・ドラッグストアなど 安い 低い 通販 安い 高い 皮膚科・クリニック 高い 保険適用外 高い ちなみにですが、既にできたシミを消したい人に、薬局やドラッグストアで販売している美白化粧品はおすすめできません。 なぜならば、美白成分の効果があまり高くないからです。 いくら価格が安いといえど、効果があまり期待できない商品を選ぶのは、正直お金の無駄だと思いませんか? どうせなら、効果がしっかりと実感できる、コスパの良い商品を選びましょう。 商品の効果に関しては個人差があります。 プラセンタエキス• グリチルリチン酸ジカリウム• 水溶性コラーゲン• シコンエキス• サクラ葉抽出物• ヒアルロン酸Na など おすすめしたい人• 保湿と美白の両方をケアしたい人• アレコレ揃えるのが面倒な人• リフトアップも兼ねてシミ対策をしたい人 「シミは悩みの種だけど、色々と化粧品を揃えるのもな…」 そんな人におすすめの化粧品が、シミウスのホワイトニングリフトケアジェル! 1つで10役もこなすオールインワン化粧品なので、ステップごとに化粧品を切り替える手間がなく、その上美白ケアしながら保湿することが出来ます。 その上、「ダブルクリスタル製法」によって、肌表面をしっかりとマッサージしながら角質層まで成分を行き渡らせることが出来るので、肌の明るさを取り戻しながら、ハリを取り戻すことが出来るんです! また、現在実施しているキャンペーンは、割引だけではなく、プレミアムマスクパック3枚セットが付いてきます。 30日の全額返金保証、いつでも解約可能とお得に始めることもできるので、気になっていた方は、今が買い時と言えるのではないでしょうか。 口コミ 子供に手がかかってなかなかスキンケアできずに困っていた時に、口コミサイトで人気だったので、お試し感覚で1箱使ってみることに。 頬のところにあるシミよなくなれ~!って思いながら、毎日塗ってマッサージしていたけど消えることはなく…正直効果ないじゃん!って思ってたら、久しぶりに会った友人から「肌がきれいになった」と言われることが増えました。 自分が気が付かないだけで、かなりくすみがなくなって明るくなっていたみたいなので、もうちょっとつかってから判断していこうと思います 45歳・混合肌 【第2位】b. glen ホワイトケアトライアルセット 内容量 トライアルセット• クレイウォッシュ…15g 洗顔料• QuSomeローション…20ml 化粧水• Cセラム…5ml• QuSomeホワイトクリーム1. 9…5g• ビタミンC誘導体• すぐにでもシミを消したい人• 美白化粧品でなかなか実感できない人• ハイドロキノン化粧品で刺激を感じる人 薬学博士 ブライアン・ケラー氏が開発したビーグレンは、化学で実証された浸透テクノロジーを採用している化粧品です。 このシリーズで最もおすすめしたいのが、ピンポイントのシミをがっつりケアすることができるQuSomeホワイトクリーム1. ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110…3ml スポット集中美容液• ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ…8g 薬用美白美容液• ラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルEX…10g• 新安定型ハイドロキノン• シコンエキス• ピザボロール など おすすめしたい人• シミをすぐに改善したい人• 信頼性の高い美白化粧品を使いたい人• 肌に透明感が欲しい人 アンプルール ラグジュアリーホワイトは、現役の皮膚科医が開発した美白化粧品シリーズです。 顔全体のトーンを引き上げるのはもちろん、諦めていた一点を集中ケア、さらに24時間美白を続行する化粧品がずらりと揃っています。 中でも特に注目したいのが、スポット集中美容液のラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110。 肌の表面の角質?みたいなのがちゃんと剥がれて、シミがまえよりも薄くなりました。 なんていうのかな?ターンオーバーが早くなった感じ?こんな風に肌が変わったのは初めてかもしれません。 38歳・女性 【第4位】サエル ホワイトニングシリーズ 内容量 トライアルセット• エル ホワイトニングローション クリアリスト…14ml 化粧水• サエル ホワイトニング エッセンス…8ml 美容液• サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト…9g クリーム• ビタミンC誘導体• アルブチン• トラネキサム酸• ヒト型セラミドナノスフィア など おすすめしたい人• 乾燥肌・敏感肌の人• 顔全体のトーンアップをしたい人• ニキビなどによる炎症後色素沈着を改善したい人 敏感肌専門ブランド・DECENCIA ディセンシア のサエルは、独自のホワイトサイクルシステムを取り入れた敏感肌用美白シリーズです。 さらに、心を癒す女性らしい香りで、毎日のお手入れを優雅なひとときを演出。 お肌も心も癒してくれる優秀美白化粧品です。 口コミ 季節の変わり目になると、肌がガサガサ、顔全体のトーンもかなりくすみがちになってしました。。。 でも、サエルのお試しを始めてからは、なんだか顔が白くなったような!?シミはまだ消えていないけど、もう少し使って様子を見てみたいな~と考えています! 29歳・敏感肌 【第5位】アスタリフトホワイトシリーズ 内容量 トライアルセット• ジェリー アクアリスタ…0. ブライトローション…20ml 美白化粧水• エッセンスインフィルト…5ml 美白美容液• クリーム…5g 美白クリーム• パーフェクトUVクリアソリューション…5g UVクリア美容液兼化粧下地 価格 税込 1,080円 配合成分• ビタミンC誘導体• アルブチン• アスタキサンチン• ナノAMA など おすすめしたい人• エイジングケアも美白ケアも譲れない人• 肌荒れが起こりやすい人• 夕方になると肌がくすんでみえる人 アスタリフト ホワイトは、エイジングケアに定評のある富士フィルムが手掛けた美白化粧品シリーズです。 写真フィルム研究から生まれた独自技術と美容成分の組み合わせで、気になる部分をしっかりケアします。 さらに、アスタキサンチン配合で、気になるハリもキチンとカバー。 エイジング世代のスキンケアに欠かせない成分がギッシリと詰まっています。 口コミ ずーっと長い間愛用しています。 最初は気休めでしたが、使っていくうちに、気になっていたモヤモヤのシミ 多分肝斑なのかな? がかなり薄く変化!!!ファンデーションを塗りたくる必要がないぐらい肌が良くなった気がします。 56歳・乾燥肌 【第6位】ポーラ ホワイトショットSXS 内容量 20g 価格 税込 12,960円 配合成分• SCリキッド• m-Aクリアエキス• m-シューター など おすすめしたい人• シミやくすみがどんどん濃くなってきた人• 気になるポイントを集中ケアしたい人 エステや化粧品で有名なポーラが開発したホワイトショットSXSは、ベスト・オブ・ベスト美白大賞2018に輝いた集中美白美容液です。 口コミ ポーラのエステで働いている友人からサンプルを頂いてお試し。 使用感が心地よかったので、現品購入して使っています。 値段は確かに高いけど、それなりの満足感は得られると思います。 26歳・混合肌 【第7位】HAKU メラノフォーカスV お試しサイズ 内容量 10g 約33回分 価格 税込 2,700円 配合成分• Vカット複合体• 4MSK• m-トラネキサム酸 など おすすめしたい人• 知名度の高い美白化粧品を使いたい人• 薬局やドラッグストアでも気軽に美白化粧品を購入したい人 13年連続で美白美容液売上トップクラスを記録している資生堂のHAKU メラノフォーカスV。 メラニンの過剰生成と、メラノサイトの活性化を効果的に抑える抗メラノ機能体で、シミの記憶をリセットし、美しい色白肌へ。 口コミ 今まではあまり実感できませんでしたが、リニューアルしたハクに再度挑戦したら確かな違いを実感。 これは使ってみる価値アリですよ!!! 35歳・混合肌 【第8位】ジェイドブランシリーズ 内容量 トライアルセット• バランシングクレンジングジェル…25g クレンジング• バランシングソープ…10g 石鹸• 美白ハイドレーティングローションM…18ml 薬用化粧水• 美白コンセントレートエッセンスM…5ml 薬用美容液• 美白モイストエマルジョンM…13ml 薬用乳液• ビタミンC誘導体• グリチルリチン酸ジカリウム• 12種類のオーガニック成分 など おすすめしたい人• オーガニック成分でスキンケアを行いたい人• 美白を含めたトータルケアを行いたい人 ジェイドブランは、年齢肌に応じたケアができるオーガニック化粧品です。 植物成分で高い保湿力と美白アプローチをサポート、使い続けることでどんどん自信が持てる素肌へと生まれ変わることができます。 トラネキサム酸• シュガースクラワン• バイオベネフィティ など おすすめしたい人• 1回でスキンケアを済ませたい人• そんな中で、やっと自分に合った商品に巡り合えました。 シミもしっかりケアしてくれるし、もう言うことなし!あっ、でも値段が安くなればもっと良いかな~なんて… 苦笑 30歳・敏感肌 【第10位】ファンケル ホワイトニングシリーズ 内容量 美白1ヵ月実感キット• ホワイトニング 化粧液…30ml 化粧液• ホワイトニング エッセンス…30ml 乳液• マイルドクレンジングオイル…20ml クレンジング• 洗顔パウダー…10包 洗顔料• ビタミンC誘導体• グリチルリチン酸2K• ヤグルマギクエキス など おすすめしたい人• 肌に刺激のある成分が少ない商品を求めている人 防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤無配合で、肌への負担が少ないことでおなじみのファンケル ホワイトニングシリーズ。 シミのはじまりから、既に生成されて居座っているメラニンまで、シミの元となる要因を徹底的にブロックします。 薬用ホワイトニングローション…25ml 化粧水• 薬用ホワイトニングミルクローション…20ml 乳液• 薬用ホワイトニングクリーム…5g クリーム 価格 税込 1,944円 配合成分• ビタミンC誘導体• ヒメフウロエキス• グリチルリチン酸ステアリル など おすすめしたい人• ビックリするポイントが、高級感溢れる化粧品の香り!まるで香水を使っているかのように、トップ・ミドル・ラストの香りを楽しみながらスキンケアを行うことができます。 口コミ 美白化粧品といえば、サラサラとしているイメージが強かったですが、これはかなりテクスチャーがしっとりしています!真夏にクーラーガンガンの部屋で作業しても、乾燥しないし肌も透明感があふれています! 36歳・女性 お気に入りの化粧品が見つかったら、お次はしっかりとシミ・くすみをケアするための使い方をご紹介致しましょう。 シミにSTOP!正しい美白化粧品の使い方 美白化粧品の使い方は、目的や配合成分によって大きく異なります。 例えば、ピンポイントのシミを消す目的でつくられたハイドロキノン配合のクリーム。 これを肌全体に塗ってしまうと、とんでもない事態になってしまうってご存知でしょうか。 前項でもお話した通り、ハイドロキノンは肌に刺激が強い成分です。 特殊なカプセルでコーティングされたものでも、なるべくなら肌全体に使わない方が安全だと言えるでしょう。 それでは、シミやくすみを消す美白化粧品の使い方で、注意しておくポイントや、効果的な塗り方をご紹介したいと思います! シミはすぐに消えない!まずは1カ月間継続してケアすること まずみなさんに勘違いしないで頂きたいこと!それは…シミは1日で治らないということです。 シミができるメカニズムを解説したときにもお話しましたが、通常、生成されたメラニンは、肌の生まれ変わりとともに、だんだんと肌の表面へ押し上げられていきます。 この周期は一般的におよそ28日間と言われていますから、当然シミも、大体1ヵ月経たなければ変化が見られることはありません。 美白化粧品の中には、肌のトーンアップが早く実感できる商品もあるため、ついついシミもすぐに消えるのではないかと思いこんでしまう方がいますが、最低でも1ヵ月は続けてケアすることが大切です。 ハイドロキノン配合化粧品は保管に注意 美白効果の高いハイドロキノンは、実は熱や光が大の苦手。 直射日光が当たるところで保管していると、あっという間に酸化が進み、肌へダメージしか与えない成分へと変化します。 開封後は1カ月以内に使いきることを目標にしておくと良いでしょう。 また、ハイドロキノン配合化粧品は、妊娠中・授乳中は使用を控えることをおすすめします。 肌全体に塗る美白化粧品の効果的な使い方 画像引用: 化粧水タイプや乳液タイプなど、顔全体に使用する美白化粧品は、以下の3ステップで塗ると、くすみがきれいに抜けてトーンアップします。 適量を手のひらに出し、体温で少しだけ温める• 顔全体を包み込むように化粧品をつける• 手のひら全体でハンドプレス 乾燥が気になる人は重ね付けしながら肌の様子を見てみましょう。 乾燥はシミを増やす元なので、付け忘れには要注意! ピンポイントに塗る美白化粧品の効果的な使い方 画像引用: 一方で、ピンポイントをケアするときの塗り方はどうしたら良いのでしょうか。 チューブの先端 綿棒などでも可 を気になる箇所に当て、真珠1粒ぐらい中身を出す• 美容液を浸透させるように、指の腹でくるくるとなじませる こちらは付けすぎNG!あまり使いすぎると、シミが消える前に商品を使いきってしまうことも。 欲張らずに、適量を使ってケアするように注意しましょう。 シミをつくらないためのヒント さて、いくら正しい美白化粧品の使い方をマスターしても、シミができる要因をつくってしまえば、効果はプラマイゼロです。 そこで最後に、シミをつくらせないためのヒントをご紹介致しましょう。 シミの大敵・紫外線は室内でも容赦ない シミができる一番の原因・紫外線は、• 紫外線A波 UV-A• 紫外線B波 UV-B• 紫外線C波 UV-C の3タイプに分かれます。 どの紫外線も十分注意が必要ですが、中でも一番用心しておきたいのが紫外線A波。 この紫外線は、室内にいても、窓ガラスをすり抜けて、私たちの肌へ容赦なくダメージを与えてきます。 しかも、シミやくすみだけではなく、肌内部のコラーゲンを破壊し、しみやたるみまでつくってしまうものですから、本当に気を付けたいものですね。 日焼け止めを塗っても外出する際は注意して シミ予防のために美白化粧品と使うと同時に、日焼け止めなどでUV対策を行っている方も多いことでしょう。 しかしみなさん、たった1回日焼け止めを塗っただけで、満足してしまってはいませんか? いくら丁寧に日焼け止めを塗っても、時間が経てば、汗や皮脂で徐々に効果は薄れていきます。 日焼け止めはSPFやPAで持続する効果が変わりますから、お手持ちの日焼け止めを確認しながら塗りなおすことをおすすめします。 ただし、塗りすぎも肌に負担を与える原因ですから気をつけてくださいね。 シミは食事でも予防できる!? シミを徹底的に予防したい方は、内側からの美白ケアも行ってみてはいかがでしょう。 以下、シミ予防に効くとされる栄養素と、含まれている食べ物です。

次の

ドラッグストアで買える人気のシミ消し対策美白化粧品

シミが消える化粧品 ランキング

記事の目次• [1]実は間違ってた!? シミ対策の基本 しっかりケアしていたはずなのに、気付けばいつの間にか増えてしまった「シミ・そばかす」。 ここでは、シミが出来る原因や正しいシミ対策、シミに効く化粧品の成分について詳しく紹介していきますね。 どうしてシミが出来るの? 本気でシミを予防するなら、まずは「どうしてシミが出来るのか」を理解することが大切です。 シミが出来るメカニズムを知って、予防対策が出来ていればシミに悩まずに済むかもしれません。 まずは、シミを作らないお肌の環境を整えるために、何が大切なのか知っておきましょう。 紫外線 シミが出来る原因の8割位は紫外線と言われています。 私たちの肌は、紫外線を浴びるとメラニンを生成します。 お肌が正常な状態であっても、メラニンが過剰分泌されるとシミが出来てしまうのです。 誰でも紫外線を浴び続けています。 シミが出来るのは「海に行って日焼けした!」という1〜2日の話ではなく、長年に渡る日々の蓄積が原因なのです。 ですから、以前浴びて蓄積された紫外線の対策を今になって防ぐということは出来ないのです。 まずは、直射日光を避け、外出時は日焼け止めを塗る等して紫外線からお肌を守るように心掛けましょう。 コチラの記事もおすすめ• 加齢 シミは30代までは出てこないとされています。 シミが出てくるのには色々な原因がありますが、「加齢」もその1つと言われています。 理由は、年齢と共に「新陳代謝」が衰えてくるためです。 新陳代謝の働きが鈍くなると、ターンオーバーが遅れてしまい、メラニン排出が上手くできずに、メラニン色素の生成が優先されてしまうのです。 加齢によるシミ対策はとても難しいと言われますが、大切なことはシミを取るスキンケアだけではなく、お肌の潤いや若々しさを保つためのスキンケアが大切になっています。 そのためにも、生活習慣を見直し、「しっかりとした睡眠」を取り「肌に負担のかからない基礎化粧品を使う」ことが理想的といえます。• ストレス お肌に良くないとされるストレスですが、ストレスによってシミが出来てしまう人が意外と多いということをご存知でしょうか?ストレスが溜まるとホルモンのバランスが崩れたり、お肌のターンオーバー乱してしまうのです。 お肌の異常に敏感なのが、蓄積されたシミです。 ストレスを溜めた状態のお肌は、シミや吹き出物が目立った状態になりがちです。 疲れやストレスは知らず知らずに溜まっていますので、意識して発散・解消するようにしましょう。• 自律神経の乱れ 先にお伝えした通り、シミが出来る原因の1つにストレスがあります。 そして、ストレスは自律神経に乱れを与えます。 身体の中で自律神経はとても繊細で大切な部分です。 ですから、自律神経が乱れると、お肌のコンディションにも影響を及ぼします。 落ち込むことがあったり、夜に眠れない時は自律神経の状態に異常をきたしている可能性があります。 もし、自立神経の乱れによってシミが出てきていたとしたら、頑張ってケアをしていてもシミを直すことは出来ません。 自律神経は自分で元の状態に戻すことは出来ませんので、病院で医師に診てもらうのが良いでしょう。• 食べ物 お肌をキレイに保つためには食生活がとても大切です。 パセリやレモン等の柑橘系を食べるとシミが出来やすい体質になるという報告もあります。 この場合、食べるからシミになるのではなく、レモン等に含まれるソラレンという成分が、光毒性をもつためであり、日光に反応しシミになってしまうのです。 過剰に摂取するのが良くないということであって、食べたらいけないという訳ではありません。 栄養やバランス・量を気にしながら適量を摂取するように気をつけましょう。 コチラの記事もおすすめ 出来てしまったシミの対処法 「あれ?こんな所にシミ!!! 」「しっかりケアしていたはずなのに…」ある日突然現れるシミに驚いた方も多いのではないでしょうか?ファンデーションやコンシーラー等で隠す人もいますが、厚塗りをしてシミを隠しても余計目立ってしまったり、肌が汚く見えてしまいあまりおすすめは出来ません。 ここでは、出来てしまったシミを根元から取り除くために、効果が期待出来る方法をご紹介します!• 自宅でシミを消す シミを見つけたら、まずは自宅セルフケアでなんとかしたいものです。 ですが、基本的には化粧品でシミを消すことは出来ません。 よく誤解されているのが「美白化粧品を使えばシミは消える」ということです。 一般的に売られている美白化粧品に含まれる成分には、「ビタミンC誘導体」や「アルプチン」等があります。 これらの成分には、シミの生成を防ぐ効果は期待出来ますが、「出来てしまったシミを消す」という効果はほとんどありません。 しかしながら、出来てしまったシミを消す効果が期待出来る化粧品がいくつか存在します。 その中に含まれる有効成分として「ハイドロキノン」があります。 ハイドロキノンは色素自体を分解して、無色化する漂白効果をもっているのです。 強い作用があるため、以前は医師の管理下で無ければ使用できませんでしたが、2001年の薬事法の規則が緩和されたことにより、化粧品にも使用可能になりました。 出来てしまったシミをセルフケアで改善したいという方は、ハイドロキノンが含まれた薬品を医師に処方してもらうか、ハイドロキノンが含まれた化粧品を使用するのことをおすすめします。• クリニックでシミを消す 先に自宅セルフケアでシミを消す方法をご紹介しましたが、濃いシミの場合は、薄く出来たとしても完全に消し去ることは難しいとされています。 そのため、はっきりと濃いシミを消すのには皮膚科等でのレーザー治療をおすすめします。 レーザー治療は、シミを焼失させますので、濃いシミでも数回で改良することが出来ます。 簡単なシミ消しの場合は、1回数分の治療で終わるので、すぐにシミを消したい人に最適です。 施術の際は、肌を焼くわけですから多少の痛みを感じることもあります。 また、施術後は照射部分にかさぶたができ、剥がれるまでに1〜2週間はかかります。 それに、かさぶたが取れた後は炎症後色素沈着が起こる恐れがあるため、日焼けをしないように注意する必要があります。 料金はクリニックによってさまざまですが、上記の通りそれほど高額ではありません。 はっきりと濃いシミが出来てしまった場合や、短時間でシミを取り除きたいという方には、クリニックでのレーザー治療をおすすめします。 シミ対策化粧品にかかせない8つの成分 ここでは、しみ・そばかすを予防出来る美白成分を紹介していきます。 しみ・そばかすを改善するための化粧品を選ぶ時は、配合されている成分をしっかり確認することが大切です。 しみ・そばかすを予防するためには、「メラニンの生成を抑制する」ことが最重要となります。 メラニンを抑制出来る成分は次の2つがあります。 「チロシンをメラニンに変える酵素のチロシナーゼを抑制するもの」「メラノサイトの活動を抑制するもの」です。 それでは、それぞれの具体的な成分を確認していきましょう。 チロシナーゼを抑制する成分 <ビタミンC誘導体> 壊れやすく肌に浸透しづらいビタミンCを、肌の奥まで吸収しやすくしたのがビタミンC誘導体です。 肌の奥まで浸透するとビタミンCに変化してメラニンの生成を抑制してくれます。 <アルプチン> 黒色メラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑制してくれる成分です。 肌の奥深くで、シミの元が作られないように働きかけるため、潜伏しているシミの成長を抑制出来し、効果的な予防が出来ます。 <コウジ酸> 味噌や日本酒等を作る時に使われる麹菌の成分で、チロシナーゼを抑制する効果があるため、メラニンが黒くなるのを防いだり、色素沈着を予防して肌に透明感を出してくれる効果があり、年齢が気になりだした肌にはとても強い見方です。 <プラセンタ> 馬や豚等の動物の胎盤から抽出されるもので、メラニンの生成を抑えてターンオーバーを促してくれます。 栄養素が豊富で、とても美容効果が期待されている成分です。 比較的、刺激が少ないので肌荒れがある人、敏感肌の人にも人気です。 <リノール酸> 体内で作ることが出来ない脂肪酸で、ベニバナ油から抽出されます。 保湿作用が強く、角質から水分が蒸発してしまうのを防ぐ働きがあります。• メラノサイトの活動を抑制する成分 <トラネキサム酸> 止血剤の成分として使われています。 シミ・そばかす以外にも、ニキビ後や肝斑等にも効果を発揮します。 また、抗炎症作用があるので、湿疹やじんましんの治療のために病院で処方される場合もあります。• メラニンを還元する成分 <ビタミンC誘導体> 先にもお伝えしましたが、壊れやすく肌に浸透しづらいビタミンCを、肌の奥まで吸収しやすくした形の成分です。 肌の奥まで浸透するとビタミンCに変化してメラニンの生成を抑制してくれます。 出来てしまったメラニンを還元するので、シミ・そばかすに効果があり、コラーゲンを生成する働きもあるため、美肌になるためにはとても有効な成分と言えます。 <ハイドロキノン> イチゴやコーヒー等に含まれる天然成分で、チロシナーゼの抑制とメラノサイトの抑制の両方に効果があります。 とても強力な還元作用があるため、出来てしまったシミ・そばかすを消す(薄める)効果がありますし、使っていくうちに肌の透明感を実感していただける程、とても効果的な成分です。 薬用美白成分プラセンタエキスが高濃度で配合されているので、メラニンの生成を抑制しシミを予防してくれます。 たっぷりの潤い成分が「乾燥」にアプローチし、11種類の天然由来成分が透明感のある美肌へ導いてくれます。 また、弾力のある2層のジェルテクスチャは、肌によく馴染むのでマッサージに最適です!「リピート率93. シンプルでありながら、きちんと「シミ対策・美白効果を実感出来る上に、エイジングケアまで出来てしまう」パーフェクトなアイテムです。 シミへの効果が高いピンポイント美容液TOP3• 肌が受けた紫外線のダメージを蓄積する前にリセットしてしまおうというのが、ビーグレンのホワイトエッセンスです。 ハイドロキノン誘導体の一種であるアルプチンを配合しているので、ハイドロキノンそのものよりも、安定性が高いので日中に使っても大丈夫です。 また継続して使用する事で、「肌の色がワントーン明るくなった」や、「ニキビ痕が目立たなくなった」等、使う前よりも肌の状態が良くなったという声も多く聞かれます。• また、ポリフェノールの一種であるレスベラトロールが肌の肌理を整え、艶やかな肌にしてくれますし、アスタキサンチンを配合する事で、製品の酸化を防ぎ安定安心して製品を使用することが出来ます。 いつものお手入れにプラスして、クリームをひと塗りするだけです。 ファンデーションやコンシーラーで隠していた肌を、「魅せる素肌」へ導いてくれます! シミ対策に優秀なプチプラ化粧品TOP3• [3]もっと知りたい!シミ対策 シミにも種類があることをご存知ですか?タイプによっては、化粧品での対策が有効なものと、そうでないものがあるのです。 まずは、自分のシミがどのタイプに当てはまるかを知ることが大切です。 それでは、シミの特徴、有効的な治療法等を詳しく紹介させて頂きます。 効果や対策が違う?シミの種類• 化粧品で効果が感じられるシミ <老人性色素斑> 紫外線が原因で出来るシミで「日光黒子」とも呼ばれます。 ターンオーバーの乱れによってメラニンの排出が上手く出来なかったり、UV対策が足りずメラニンが増えてしまったりすると、紫外線を浴びやすい顔や手等に現れます。 【特徴】 はっきりとした輪郭の楕円形、薄茶色、「一度出来るとなかなか消せない」 -セルフケア- UV対策、美白ケアを入念に続ければ予防は可能。 -クリニック- レーザー治療が一般的。 外用薬(ハイドロキノン、トレチノイン等)による治療をすることもある。 <炎症性色素沈着> 肌荒れ、ニキビ等による炎症が一段落した頃に出来るシミ。 出来やすい部位や年齢はバラバラ。 【特徴】 茶褐色、傷の完治により色素沈着は軽減されるが、同じ場所ばかりに慢性的に出来るニキビや吹き出物、アトピー性皮膚炎等の場合、定着して消えない場合もある。 -セルフケア- ターンオーバーを促す、美白化粧品を使用することで改善が可能。 セルフケアで改善が出来やすいタイプのシミと言える。 リコピン トマト、ピンクグレープフルーツ• ポリフェノール 赤ワイン、ブルーベリー、カカオ• ビタミンA レバー、うなぎ、緑黄色野菜• ビタミンC 赤ピーマン、レモン、イチゴ• ビタミンE アボカド、ナッツ類• 化粧品での効果が少ないシミ <肝斑> 肝斑は、男性にはほとんど見られず、妊娠中やピルを服用している時等に出やすいことから、女性ホルモンが影響しているのではないかと考えられています。 注意すべき点は、摩擦や炎症で悪化するので刺激を与えるのは厳禁です。 【特徴】 輪郭ははっきりしない、茶褐色、頬や口元に左右対称で出来やすい、30〜40代女性に多く見られるシミ -セルフケア- トラネキサム酸を含む化粧品でのケアが有効。 -クリニック- 皮膚科にて、トラネキサム酸の内服薬を処方してもらう。 レーザー治療が可能だが、医師の見解の意見が分かれているため、慎重に判断すべきとのこと。 <そばかす> 幼少期に現れ、思春期以降から目立ちはじめるが、遺伝によって出来るシミと言われていて、色白の人は出来やすく、加齢によって薄くなる場合もあると言われています。 子供の頃からあるものなので、完全に消すことは難しいとされています。 【特徴】 はっきりとした輪郭は無く、目・頬を中心に散らばっている、茶色の小さな斑点、「一度出来るとなかなか消せない」 -セルフケア- UV対策、美白ケアを入念に続ければ悪化を防ぐことは可能。 -クリニック- レーザー治療、内服薬(トラネキサム酸等)での治療が可能。• 化粧品で効果が無いシミ <花弁状色素斑> 強い紫外線によって出来るシミで、色白で日焼けをすると肌が赤くなりやすい人に多く見られます。 日焼けから数ヶ月後に現れるケースもあるので注意が必要です。 【特徴】 花びらのような形、薄茶色、紫外線をあまり浴びない背中、肩に出来やすい。 -セルフケア- UV対策(紫外線を浴びない) -クリニック- レーザー治療、外用薬(ハイドロキノン)による治療。 <脂漏性角化症> 盛り上がった形をしたシミで、老人性イボとも呼ばれます。 とても目立つので気になる人が多いようですが、良性腫瘍のため放っておいても大丈夫なものです。 【特徴】 イボのように盛り上がった形、薄茶色、手のひらや足の裏以外に出来る。 -セルフケア- 消すことは出来ない。 -クリニック- レーザー治療、液体窒素での除去、サイズによっては手術で取り除く場合もあります。 悩んでいる人は、一度皮膚科で相談してみるといいでしょう。 シミ予防に効果的な対策を習慣にしよう 年を重ねても美しい肌をされている人は、毎日の中で色々なことを気にかけていて、「努力=習慣」として生活されている方が多いように感じます。 肌にとって良いライフスタイルが続けられれば、違いが現れるのは明らかです。 シミ予防に必要な3つの対策を習慣にして、数年後の美肌を目指しましょう! — 2017 11月 30 6:05午後 PST• 紫外線対策の徹底 朝のスキンケア時、日焼け止めまで塗ることを習慣にしましょう。 シミ・そばかすの原因の8割は紫外線によるものです。 日傘や帽子、手袋等の対策に加えて、1年中日焼け止めを塗ることを習慣にして、シミやシワによる肌老化を防ぎましょう。• バランスの良い食事で有効な栄養を摂取する シミ対策には身体の中からのアプローチも大切です。 シミの改善や美肌に効果的な食材、調理法等を知ることで、キレイな肌と健康体に1歩近づきましょう!• サプリメントで身体の内側からシミ対策 食事だけで、全ての栄養をバランス良く摂取するのはとても難しいことです。 そんな時に取り入れたいのがサプリメントです。 身体の内側から、シミに直接働きかけてくれる美白をサポートしてくれるサプリメントや、不足しがちな栄養素を補ってくれるサプリメントまで豊富に販売されています。 上手く利用してしっかりとシミ対策を続けられるようにしましょう。 [4]効果が実感出来るシミ対策で美肌を手に入れよう! 若い時に沢山浴びてしまった紫外線によって、ある日突然顔を出すシミ。 出来てしまったシミには、予防等の対策をしないと悪化する一方です。 「シミに効果的な成分を含む化粧品でしっかりとケアをすること」「バランスの取れた栄養価の高い食事を取ること」「しっかりと睡眠を取って、ストレスを溜めないこと」といった地道な努力が、これから先の5年後、10年後の肌の状態を左右します。 毎日の紫外線対策と正しいスキンケアで、理想の美肌を目指していきましょう!.

次の

シミ・そばかすに効く美白化粧品ランキング

シミが消える化粧品 ランキング

「 シミを本気で消したいけど、市販の医薬品って効果あるの?」と気になりますよね。 実は ドラッグストアで買えるシミ用の医薬品は、シミを本気でなんとかしたい方にぴったりなアイテムなんです。 そこでこの記事では、カスタムライフ編集部による徹底的な調査をもとに、• シミは市販の医薬品で消えるの?• 具体的にどの医薬品がシミに効くの?• 皮膚科でもらえるシミの薬ってどんなもの? といった、 シミを消す医薬品についての疑問をしっかり解消していきます。 なおこの記事では、医学的知識に関して専門家に監修をしていただいています。 医薬品と医薬部外品は、 次のように効果が異なりますよ。 医薬品…シミを「 改善」する• 医薬部外品…シミを「 予防」する 予防と聞くと効果が弱いように感じてしまうかもしれませんが、 シミは消すよりも「できないようにする」方がずっと簡単。 シミのない美肌を叶えるには、今あるシミの改善だけでなく 徹底した予防も重要なんです。 美白有効成分を複数配合している• 実際の愛用者の口コミ評価が高い といった基準で厳選した、 シミに効く市販薬おすすめランキングTOP3をご紹介します。 どれも ドラッグストア・通販などで手軽に購入できるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 高品質なサプリや健康食品を手掛ける、えがおの 「」。 アスコルビン酸カルシウム(363㎎)• L-システイン(240㎎)• パントテン酸カルシウム(24㎎) など、日焼けやシミ、そばかすケアに有効な成分をたっぷり配合しています。 有効成分:トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリル その他の成分:BG、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマ ー、1,2-ペンタンジオール、アルギニン、スクレロチウムガム、 スクワラン、メドウフォーム油、トリエチルヘキサン酸グリセリ ル、セテアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、 ジメチコン、セスキオレイン酸ソルビタン、SEステアリン酸グリセリル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、水添大豆リン脂質、党参抽出物加水分解液、アルピニアカツマダイ種子エキス、油溶性甘草エキス(2)、ウメ果実エキス、ジラ ウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ステアロイルフィト スフィンゴシン、天然ビタミンE、フェノキシエタノール 皮膚科では、一人ひとりのシミに最も適した薬を処方してもらえるというメリットがあります。 とくに、• 市販の飲み薬では効果が出なかった• 確実にシミを薄くしたい という方には、皮膚科での治療がおすすめです。 皮膚科の塗り薬によるシミ治療には、 主に次の2種類の薬が用いられます。 処方薬で満足のいく効果が出なかった場合は、 シミ消しレーザーなど別の治療を検討してみるのも良いかもしれません。 カウンセリングが無料で受けられる皮膚科も多くあるので、まずは医師に相談してみてくださいね。 次からは、 より効果的にシミ対策を行うための豆知識をご紹介します。 5.シミを効果的に消すための3つの豆知識 ここでは、 シミに効く医薬品を使うときに役立つ3つの豆知識をご紹介します。

次の