エクセル 最大 値 抽出。 【Excel・エクセル】最大値と最小値を抽出!MAX関数、MIN関数

【Excel】エクセルで上位の名前と数値を抽出する方法【順位トップ5やトップ10の表示】|白丸くん

エクセル 最大 値 抽出

「Excelの便利機能活用術」 INDEX関数とMATCH関数で表からデータを検索して抽出する ITライター 立山秀利 ExcelでINDEX関数を使うと、表から行と列を指定してデータを抽出できる。 さらにMATCH関数を組み合わせると、目的のデータを検索して抽出できるようにできる。 今回は両関数の基本的な使い方を解説する。 行と列を指定してデータを抽出するINDEX関数 INDEX関数は指定した表から、指定した行および列が交差する位置するデータを取得する関数である。 この表の2行目かつ3列目のデータ(C4)をA1セルに抽出するには、A1セルにINDEX関数を次のように入力すればよい。 行番号は3行目を1行目とするので、4行目は2となる。 列番号はA列を1で指定するので、C列は3となる。 すると、表の2行目、3列目に位置する「京都」が抽出される。 (画像をクリックすると拡大表示します) 指定した値を検索するMATCH関数 MATCH関数は指定したセル範囲から、指定した値が先頭から何番目にあるかを検索し、数値を返す関数である。 最大値を検索するなら1、最小値を検索するなら-1を指定する。 省略すると1を指定したとみなされる。 例えば、次の画面のように、A3~A5セルに都道府県名が入力されているとする。 このセル範囲で「千葉」が何番目に位置するかをA1セルに求めるには、A1セルにMATCH関数を次のように入力すればよい。 完全一致で検索するので、引数「照合の種類」には0を指定する。 (画像をクリックすると拡大表示します) INDEX関数とMATCH関数の組み合わせでデータを検索・抽出 INDEX関数とMATCH関数を組み合わせると、データを検索して抽出できる。 まずはMATCH関数を用いて、目的のデータが表の行または列の何番目に位置するのか、検索して数値として取得する。 その数値をINDEX関数の行または列に指定すれば、目的のデータを検索して抽出できる。 例えば、次の画面のように、売上のデータ表がA1~E10セルに、商品の元データの表がG1~I6セルにあるとする。 売上のデータ表のB列に入力した商品コードから、該当する商品名を元データの表から検索し、C列に抽出したいとする。 D列の単価も同様に、B列の商品コードから検索・抽出したいとする。 B~C列のセルにはどのような数式を入力すればよいか、商品名の最初のセルであるC3セルを例に見ていく。 まずはMATCH関数を使い、B3セルの商品コードが商品の元データの表のI列で何行目にあるか検索する。 引数「検査範囲」には見出し行を除いたI3~I6を指定する。 B3セルの「B001」はI3~I6セルの3番目に位置するので、MATCH関数は3を返す。 その数値をINDEX関数の行に指定し、抽出したいデータが格納されている列を指定することで、目的のデータを抽出できる。 INDEX関数の引数「配列」には、商品の元データの表で見出し行を除いたG3~I6セルを指定する。 引数「行」には、先ほどのMATCH関数の数式をそのまま指定する。 商品名は商品の元データの表の1列目にあるので、引数「列」には1を指定する。 以下、同様の仕組みでC4~C10セルに商品名、D3~D10セルに単価を検索・抽出する数式を入力すればよい。 (画像をクリックすると拡大表示します) 表からデータを検索して抽出したい場合、VLOOKUP関数を利用することが多いが、検索対象のデータが表の1列目になければ対応できない。 しかし、今回紹介したINDEX関数とMATCH関数を組み合わせた方法なら、検索対象のデータが表の1列目になくても対応できる。 このように、INDEX関数を使えば、行と列を指定して表からデータを抽出でき、MATCH関数を使えば、表内の位置検索が可能になる。 そして、これら両関数を組み合わせれば、目的のデータを検索して抽出できるようになるのである。 その他の【Excel】を見る•

次の

指定した条件の中から最大値を抽出する(MAX)

エクセル 最大 値 抽出

条件付きで最大値、最小値を求める:Excel関数の技• 条件付きで最大値、最小値を求める スポンサードリンク 単純な最大値と最小値を求める• 単純に最大値や最小値を求めるには、MAX関数とMIN関数が使えます。 [例題] 下表の売り上げの最大値と最小値を求めます。 B C D 2 月 商品名 売上 3 1月 りんご 9,649 4 1月 みかん 6,183 5 1月 バナナ 4,896 6 2月 りんご 2,249 7 2月 みかん 6,843 8 2月 バナナ 4,478 9 3月 りんご 5,991 10 3月 みかん 6,432 11 3月 バナナ 7,228 12 4月 りんご 3,046 13 4月 みかん 6,297 14 4月 バナナ 5,152 15 最大値 9,649 16 最小値 2,249• Microsoft 365ではFILTER関数を使うことができます。 FILTER関数の使い方は をご覧ください。 【例題】上表のデータで、みかんの売上の最大値、最小値を求めます。 FILTER関数で 商品名を条件に一致するデータを配列に取り出し、MAX関数で最大値を計算します。 [例題] 上表のデータで、みかんの売上の最大値、最小値を求めます。 条件をF2:F3セルに入力します。 F2セルに条件とする列見出し「商品名」を入力します。 F3セルに条件「みかん」を入力します。 DMAX,DMIN関数の詳細な使い方は をご覧ください。 最大値と最小値は上と同じ数式で求めることができます。 [例題] 上表のデータで、みかんの売上の最大値、最小値を求めます。 このときの数式は以下のように配列間で処理されています。 [例題2] ある期間のバナナの売上の最大値、最小値を求めてみます。 なお、データ表は以下のようにB列に日付のシリアル値が入力されています。 条件は2009年2月のバナナの売上で最大値と最小値を求めます。 ここに書いた例では 最大値を求めることはできますが、最小値は求めることができません。 ここで書いた方法では、条件に合わないものは「0」となり、他の数値よりもっとも小さくなるためです。 INDEX関数の配列形式を利用する方法もあります。 詳細な使い方は をご覧ください。 この数式の計算途中を見てみると、配列の中から最大値を求めているのが分かります。 下図は、G4セルの数式を使っています。 ここに書いた例では 最大値を求めることはできますが、最小値は求めることができません。 条件に合わないものは「0」となり、他の数値よりもっとも小さくなるので• 条件付きの計算でよく利用されるSUMPRODUCT関数とMAX関数の組み合わせでも求めることができます。 詳細な使い方は をご覧ください。 Excel for Microsoft 365,Excel2019では、MAXIFS関数やMINIFS関数を使うことができるようになりました。 詳細な使い方は をご覧ください。

次の

『最大値が複数ある場合の抽出方法について』(こころ) エクセル Excel [エクセルの学校]

エクセル 最大 値 抽出

「Excelの便利機能活用術」 INDEX関数とMATCH関数で表からデータを検索して抽出する ITライター 立山秀利 ExcelでINDEX関数を使うと、表から行と列を指定してデータを抽出できる。 さらにMATCH関数を組み合わせると、目的のデータを検索して抽出できるようにできる。 今回は両関数の基本的な使い方を解説する。 行と列を指定してデータを抽出するINDEX関数 INDEX関数は指定した表から、指定した行および列が交差する位置するデータを取得する関数である。 この表の2行目かつ3列目のデータ(C4)をA1セルに抽出するには、A1セルにINDEX関数を次のように入力すればよい。 行番号は3行目を1行目とするので、4行目は2となる。 列番号はA列を1で指定するので、C列は3となる。 すると、表の2行目、3列目に位置する「京都」が抽出される。 (画像をクリックすると拡大表示します) 指定した値を検索するMATCH関数 MATCH関数は指定したセル範囲から、指定した値が先頭から何番目にあるかを検索し、数値を返す関数である。 最大値を検索するなら1、最小値を検索するなら-1を指定する。 省略すると1を指定したとみなされる。 例えば、次の画面のように、A3~A5セルに都道府県名が入力されているとする。 このセル範囲で「千葉」が何番目に位置するかをA1セルに求めるには、A1セルにMATCH関数を次のように入力すればよい。 完全一致で検索するので、引数「照合の種類」には0を指定する。 (画像をクリックすると拡大表示します) INDEX関数とMATCH関数の組み合わせでデータを検索・抽出 INDEX関数とMATCH関数を組み合わせると、データを検索して抽出できる。 まずはMATCH関数を用いて、目的のデータが表の行または列の何番目に位置するのか、検索して数値として取得する。 その数値をINDEX関数の行または列に指定すれば、目的のデータを検索して抽出できる。 例えば、次の画面のように、売上のデータ表がA1~E10セルに、商品の元データの表がG1~I6セルにあるとする。 売上のデータ表のB列に入力した商品コードから、該当する商品名を元データの表から検索し、C列に抽出したいとする。 D列の単価も同様に、B列の商品コードから検索・抽出したいとする。 B~C列のセルにはどのような数式を入力すればよいか、商品名の最初のセルであるC3セルを例に見ていく。 まずはMATCH関数を使い、B3セルの商品コードが商品の元データの表のI列で何行目にあるか検索する。 引数「検査範囲」には見出し行を除いたI3~I6を指定する。 B3セルの「B001」はI3~I6セルの3番目に位置するので、MATCH関数は3を返す。 その数値をINDEX関数の行に指定し、抽出したいデータが格納されている列を指定することで、目的のデータを抽出できる。 INDEX関数の引数「配列」には、商品の元データの表で見出し行を除いたG3~I6セルを指定する。 引数「行」には、先ほどのMATCH関数の数式をそのまま指定する。 商品名は商品の元データの表の1列目にあるので、引数「列」には1を指定する。 以下、同様の仕組みでC4~C10セルに商品名、D3~D10セルに単価を検索・抽出する数式を入力すればよい。 (画像をクリックすると拡大表示します) 表からデータを検索して抽出したい場合、VLOOKUP関数を利用することが多いが、検索対象のデータが表の1列目になければ対応できない。 しかし、今回紹介したINDEX関数とMATCH関数を組み合わせた方法なら、検索対象のデータが表の1列目になくても対応できる。 このように、INDEX関数を使えば、行と列を指定して表からデータを抽出でき、MATCH関数を使えば、表内の位置検索が可能になる。 そして、これら両関数を組み合わせれば、目的のデータを検索して抽出できるようになるのである。 その他の【Excel】を見る•

次の