協同 病院。 神戸協同病院

外来のご案内 がん診療連携拠点病院 JA神奈川県厚生連 相模原協同病院|神奈川県

協同 病院

1 開設者 倉敷医療生活協同組合 管理者 里見和彦 院長 開設年月日 1953年 所在地 目次• 概要 [ ] 正式名称は、「 総合病院水島協同病院」。 認定病院であり、病院評価結果 4回目 は3rdG:Ver. 1 2016年12月2日認定,2021年9月16日まで有効。 認定証発行病院。 (民医連)に加盟している。 沿革 [ ]• 8月:水島医療生活協同組合創立(組合員302名)• 1953年10月:水島診療所開設(職員3名)• 4月:水島協同組合病院開設(25床)、水島診療所廃止• 6月:水島協同組合病院増築工事完成(55床)• 4月:協同病院に名称変更、第1期工事完成(170床)• 8月:協同病院、第2期工事完成(258床)• 1月:開始• 1月:水島協同病院に名称変更• 1977年11月:「倉敷市医療生活協同組合」に名称変更• 10月:導入• 4月:内科教育関連病院• 1985年11月:新築移転「総合病院水島協同病院」(320床)• 5月:「倉敷医療生活協同組合」に名称変更• 4月:倉敷市入院助産施設となる• 1987年10月:施設開設(1991年閉鎖)• 10月:シネアンギオ導入• 5月:導入• 12月:外来オーダリング開始• 4月:厚生省• 1月:マルチヘリカルCT設置• 10月:体外衝動破砕装置導入• 5月:入院導入• 2003年9月:倉敷医療生活協同組合全事業所で「」取得• 2003年11月:2対1看護基準取得• 10月:みずしま診療所開設・外来機能分離、医薬分業開始、外来電子カルテ導入• 11月:総合病院水島協同病院増改築工事完成、282床に減床(個室74室)透析34床• 2005年12月:マンモグラフィ検診施設画像認定• 10月:さくらんぼ助産院開設• 7月:一般病棟7対1入院基本料• 7月:DPC対象病院• 1月:MRI更新(1. 5テスラ)• 2009年4月:画像システム(PACS)導入• 3月:透析室拡張(55床:一般48、外来個室1、透析可能病床6)• 2010年7月:透析中央監視・透析液清浄化システム導入• 2010年9月:内視鏡ファイリングシステム導入• 3月:透析室拡張(67床:一般60、外来個室1、透析可能病床6)• 10月:水島協同病院・みずしま診療所統合(みずしま診療所廃止)• 2013年12月:卒後臨床研修評価機構(JCEP)認定病院• 7月:透析可能病床増床(12床)• 2014年10月:非常用電源高架・多系統化・連動化• 5月:シネアンギオ装置更新• 3月:体外衝撃波結石破砕装置更新• 2016年11月:地域連携・患者サポートセンター開設• 7月:核医学検査装置(RI)更新• 2月:新版電子カルテ導入• 2019年4月:開始 診療科 [ ]• 小児科• 皮膚科• 泌尿器科• 産婦人科• 耳鼻咽喉科• リウマチ科• リハビリテーション科• 放射線科• 麻酔科• 救急科 医療機関の認定 [ ]• 指定医療機関• 指定自立支援医療機関(更生医療)• 指定自立支援医療機関(精神通院医療)• 指定医の配置されている医療機関• の配置されている医療機関• 指定医療機関 等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律に基づく指定医療機関を含む。 指定医療機関• 一般疾病医療取扱医療機関• 公害医療機関• 委託医療機関• 差額ベッド代について [ ] 病院の理念により、(個室料)を徴収していない。 関連施設 [ ]• さくらんぼ助産院 (岡山県倉敷市水島南春日町2-28) 交通アクセス [ ]• 「」からのアクセス• 「」または「」下車徒歩約10~15分• 市役所・吉岡・古城池経由霞橋車庫行き乗車「水島郵便局前」停下車で正面 周辺 [ ]• 小ざくら保育園• 水島支店• 水島公民館• 水島児童館• 水島支所• 脚注 [ ] 出典 [ ]• 岡山県病院協会. 2020年5月9日閲覧。 (公財)日本医療機能評価機構. 2020年5月9日閲覧。 NPO法人卒後臨床研修評価機構. 2020年5月9日閲覧。 全日本民主医療機関連合会. 2020年5月9日閲覧。 水島協同病院. 2020年5月9日閲覧。 岡山県. 2020年5月9日閲覧。 水島協同病院. 2020年5月9日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

通所リハビリテーションのご案内

協同 病院

1 開設者 倉敷医療生活協同組合 管理者 里見和彦 院長 開設年月日 1953年 所在地 目次• 概要 [ ] 正式名称は、「 総合病院水島協同病院」。 認定病院であり、病院評価結果 4回目 は3rdG:Ver. 1 2016年12月2日認定,2021年9月16日まで有効。 認定証発行病院。 (民医連)に加盟している。 沿革 [ ]• 8月:水島医療生活協同組合創立(組合員302名)• 1953年10月:水島診療所開設(職員3名)• 4月:水島協同組合病院開設(25床)、水島診療所廃止• 6月:水島協同組合病院増築工事完成(55床)• 4月:協同病院に名称変更、第1期工事完成(170床)• 8月:協同病院、第2期工事完成(258床)• 1月:開始• 1月:水島協同病院に名称変更• 1977年11月:「倉敷市医療生活協同組合」に名称変更• 10月:導入• 4月:内科教育関連病院• 1985年11月:新築移転「総合病院水島協同病院」(320床)• 5月:「倉敷医療生活協同組合」に名称変更• 4月:倉敷市入院助産施設となる• 1987年10月:施設開設(1991年閉鎖)• 10月:シネアンギオ導入• 5月:導入• 12月:外来オーダリング開始• 4月:厚生省• 1月:マルチヘリカルCT設置• 10月:体外衝動破砕装置導入• 5月:入院導入• 2003年9月:倉敷医療生活協同組合全事業所で「」取得• 2003年11月:2対1看護基準取得• 10月:みずしま診療所開設・外来機能分離、医薬分業開始、外来電子カルテ導入• 11月:総合病院水島協同病院増改築工事完成、282床に減床(個室74室)透析34床• 2005年12月:マンモグラフィ検診施設画像認定• 10月:さくらんぼ助産院開設• 7月:一般病棟7対1入院基本料• 7月:DPC対象病院• 1月:MRI更新(1. 5テスラ)• 2009年4月:画像システム(PACS)導入• 3月:透析室拡張(55床:一般48、外来個室1、透析可能病床6)• 2010年7月:透析中央監視・透析液清浄化システム導入• 2010年9月:内視鏡ファイリングシステム導入• 3月:透析室拡張(67床:一般60、外来個室1、透析可能病床6)• 10月:水島協同病院・みずしま診療所統合(みずしま診療所廃止)• 2013年12月:卒後臨床研修評価機構(JCEP)認定病院• 7月:透析可能病床増床(12床)• 2014年10月:非常用電源高架・多系統化・連動化• 5月:シネアンギオ装置更新• 3月:体外衝撃波結石破砕装置更新• 2016年11月:地域連携・患者サポートセンター開設• 7月:核医学検査装置(RI)更新• 2月:新版電子カルテ導入• 2019年4月:開始 診療科 [ ]• 小児科• 皮膚科• 泌尿器科• 産婦人科• 耳鼻咽喉科• リウマチ科• リハビリテーション科• 放射線科• 麻酔科• 救急科 医療機関の認定 [ ]• 指定医療機関• 指定自立支援医療機関(更生医療)• 指定自立支援医療機関(精神通院医療)• 指定医の配置されている医療機関• の配置されている医療機関• 指定医療機関 等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律に基づく指定医療機関を含む。 指定医療機関• 一般疾病医療取扱医療機関• 公害医療機関• 委託医療機関• 差額ベッド代について [ ] 病院の理念により、(個室料)を徴収していない。 関連施設 [ ]• さくらんぼ助産院 (岡山県倉敷市水島南春日町2-28) 交通アクセス [ ]• 「」からのアクセス• 「」または「」下車徒歩約10~15分• 市役所・吉岡・古城池経由霞橋車庫行き乗車「水島郵便局前」停下車で正面 周辺 [ ]• 小ざくら保育園• 水島支店• 水島公民館• 水島児童館• 水島支所• 脚注 [ ] 出典 [ ]• 岡山県病院協会. 2020年5月9日閲覧。 (公財)日本医療機能評価機構. 2020年5月9日閲覧。 NPO法人卒後臨床研修評価機構. 2020年5月9日閲覧。 全日本民主医療機関連合会. 2020年5月9日閲覧。 水島協同病院. 2020年5月9日閲覧。 岡山県. 2020年5月9日閲覧。 水島協同病院. 2020年5月9日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

外来受診の方

協同 病院

事前に「外来診療体制表」をお確かめのうえ、ご来院ください。 診療科によっては、時間帯や休診、予約制などにより受診できない場合があります。 急な休診・代診が、医師の学会出張や業務の都合により発生する場合がございます。 事前に各診療科ページの休診情報をお確かめください。 外来診療は 午前7時45分より受付けで,開始は午前9時からとなります。 紹介状をお持ちではない新患・初診の患者様は初診料とは別に選定療養費として200円をご負担いただきます。 当院は、入院時の 差額ベッド料金を頂いておりません。 中央受付 初めて来院される方へ• 当院を初めて受診される方は,中央受付にて初診申込用紙に必要事項の記入をお願いします。 記入が終わりましたら,保険証と一緒にファイルに入れて,カウンターの上に置いてあるカゴの中に入れて,中央受付前の椅子にかけてお待ちください.• ファイルを出された順番に受付の手続きを行います.受付手続きが終わりましたらお名前をお呼びし外来総括表をお渡しします.• その外来総括表をお持ちになり,各診療科の受付に提出し,看護師がお名前をお呼びするまで,各診療科受付付近の椅子に腰掛けてお待ちください. 初診・再診・予約の方へ 当院の診察券をお持ちの方へ• 自動受付にて受付します。 その際は中央受付で受付をいたします。 自動受付機に診察券を挿入し,受診される診療科を選択してください。 内容を確認し,よろしければ「はい」を押してください。 受付表と診察券が出てきますので受付表はファイルにお入れし,受診される各診療科の受付に提出してください。 診察券は会計の時まで使用しないので,カバンや財布にお入れください。 当院の診察券をお持ちでない方へ• 中央受付にて受付を行います。 中央受付に保険証を提出して、受付前の椅子に腰掛けてお待ちください。 受付が終わりましたらお名前をお呼びし、外来総括表をお渡しします。 その外来総括表を各診療科の受付に提出してください。 会計について• 中央受付の会計付近にある白いカゴにファイルをお入れください。 その際受付表や処方箋も一緒にお入れください。 会計処理が終わりましたら、お名前をお呼びします。 その際に 診察券と駐車券を準備して会計までお越しください• 診察券をお持ちの方は自動精算機へ案内しています。 他の患者様の待ち時間軽減に繋がりますのでご協力をお願いいたします。 会計をお済になりましたら、処方せんをお渡しします。 (印鑑がない場合は無効となります。 ) ' その他 患者様・ご家族の皆さまへ 当院は、厚生労働省より「基幹型臨床研修病院」に認定されています。 患者様の立場にたった、より良い医療を行う医師を育てるには、実際の診療を通した臨床研修が大切です。 当院では、研修医が「担当医」として患者様の診療に当たらせていただくことがあります。 研修医が担当する患者様には「指導医」を必ず配置し、診療の責任をおっております。 臨床研修の主旨をご理解いただき、ご協力をお願いします.

次の