戸籍 謄本 もらい 方。 婚姻届受理証明書とは?5つの便利な使い方&もらい方

婚姻届を出すのに必要な「戸籍謄本」と「戸籍抄本」…なにが違うの? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

戸籍 謄本 もらい 方

遠方にお住まいのため、または、お仕事などで市役所・各総合支所市民生活課・本庁の各支所の開庁時間帯に戸籍謄本・抄本などをお受け取りになれない場合は、郵便請求することができます。 お電話やファックス、電子メール等でのご請求は受け付けておりません。 ・謄本 全部事項証明書 とは、その戸籍に記載されている方 除かれた方を含む 全部を写したものです。 ・抄本 個人事項証明書 とは、その戸籍に記載されている方のうち必要な方だけを写したものです。 ・日数の目安について 郵送による請求では、処理日数と往復の郵便配達日数の合計日数がかかります。 投函してから証明書がお手元に届くまで、通常10日程度を見込んでいますが、郵便事情や休日等の要因により、さらに日数がかかる場合がありますので余裕をもって請求してください。 お急ぎの場合には、書類の送付・返送の際の速達郵便ご利用をご検討ください。 一度に複数の証明書を申請された場合や、書類の請求内容に不明な点等があり確認が必要な場合などは、証明書作成に日数を要します。 通常よりも返送までに日数を要しますのでご了承ください。 郵便請求の際に必要なもの 戸籍謄本・抄本などを郵便で請求する際は、以下の 1~4を下関市役所市民サービス課市民係・各総合支所市民生活課市民国保係・本庁の各支所のいずれかにお送りください。 1 戸籍証明書等郵便請求書 下部よりダウンロードできます。 2 手数料 定額小為替か普通為替 または現金 3 本人確認書類の写し 4 返信用封筒 1 戸籍証明書等郵便請求書 「戸籍証明書等郵便請求書」をダウンロードする場合は、下部のダウンロード項目をクリックしてください。 便箋などの白い紙に、以下の内容をご記入いただいても結構です。 本籍 【例】下関市南部町1番 筆頭者氏名 【例】下関 太郎 必要な証明の種類と通数 【例】妻・下関 花子の戸籍抄本 戸籍個人事項証明書 を1通 必要な方の氏名・生年月日 花子の生年月日:昭和33年3月3日 使用目的 具体的に詳しく 【例】パスポート取得のため 提出先 【例】〇〇パスポートセンター 請求者の氏名と住所、印 【例】下関市南部町1番1号 下関 太郎 印 自署の場合は押印不要 筆頭者と請求者との続柄 【例】本人 昼間連絡のつく電話番号 【例】083-231-1111 最近、戸籍に変動があれば記入してください 【例】平成30年2月22日に婚姻 2 手数料 手数料合計分の 「定額小為替」 あるいは普通為替 をゆうちょ銀行で購入して、同封してください 受取人欄は空欄にしてください。 または現金を現金書留で送付してください。 手数料は市区町村によって料金が異なる場合がありま すので、下関市以外の市区町村に請求される場合は、その市区町村にご確認ください。 また、不足が生じた場合は追加で送っていただくこととなりますので、その際はお電話でお知らせします。 書類と手数料 注意事項など ・請求される戸籍に記載されていない方からの請求や、第三者からの請求には、委任状や関係を証明する書類を添付いただく必要がありますので、ご注意ください。 ・身分証明とは、禁治産・準禁治産の宣告、成年被後見人の登記および破産に係る通知の有無についての証明です。 ・戸籍の附票とは、その戸籍編製以降の住所の異動を記載したもので、謄本 全部の写し ・抄本 一部の写し があります。 ・戸籍のコンピューター化に伴う戸籍の改製 旧下関市H16. 10、旧豊浦町H16. 17、旧菊川町H16. 22、旧豊田町H15. 5、旧豊北町H14. 20改製 と同時に附票も改製していますので、必要な住所がありましたら、「〇〇~現在までの附票」、「〇〇が記載された附票」等明記の上、ご請求ください。 その際、複数の附票が必要になることがありますので、手数料を多めにご準備ください。 ・筆頭者とは、戸籍の1番目に記載されている方です。 既婚の方は夫または妻、未婚の方は一般的には父または母になります。 ・筆頭者の方が亡くなられても、戸籍の筆頭者は変わりません。 ・戸籍業務のコンピューター化に伴い、今までの紙による戸籍は『平成改製原戸籍』として保管されるようになりました。 ・コンピューター化前に死亡や婚姻などで除籍された方は、コンピューター化後の戸籍には記録されません。 また記録されない事項も一部あります。 コンピューター化で記録されなかった事項の記載が必要な方は、コンピューター化前の戸籍 平成改製原戸籍、手数料750円 を請求してください。 3 本人確認書類の写し 戸籍等を郵送で請求される場合、お名前と現住所の分かる本人確認書類の写しを同封してください。 本人確認書類とは、運転免許証・マイナンバーカード・写真付きの住民基本台帳カード・国民健康保険被保険者証・後期高齢者医療被保険者証などです。 パスポート及び通知カードは本人確認書類として認められません。 下関市以外の市区町村に請求される場合は、請求先の市区町村にお問合せください。 4 返信用封筒 返信用の封筒には、請求者の住所・氏名をご記入の上、送料分の切手を貼付してください。 ただし、返信先は本人確認書類等に記載された住所となります。 身分証明書・独身証明書・戸籍の附票については、本人確認書類等に記載された住所と異なるところへも送付が可能ですが、その場合は、理由を明記してください。 請求される通数が多い場合は、あらかじめ多めに切手をご同封ください。 ご同封いただいた切手の中から不足分を補います。 余った切手は返却いたします。 速達郵便を希望される方は、通常郵便料金に速達料金分を加えた額の切手を貼付ください。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 請求先 下関市役所市民サービス課市民係・各総合支所市民生活課市民国保係・本庁の各支所の連絡先 ・市民サービス課市民係 750-8521 下関市南部町1番1号 083-231-1190 ・菊川総合支所市民生活課市民国保係 750-0317 下関市菊川町大字下岡枝1480番地1 083-287-4002 ・豊田総合支所市民生活課市民国保係 750-0421 下関市豊田町大字殿敷1918番地1 083-766-2079 ・豊浦総合支所市民生活課市民国保係 759-6301 下関市豊浦町大字川棚6895番地1 083-772-4015 ・豊北総合支所市民生活課市民国保係 759-5592 下関市豊北町大字滝部3140番地1 083-782-1921 ・彦島支所 750-0075 下関市彦島江の浦町一丁目3番1号 083-266-5254 ・長府支所 752-0974 下関市長府土居の内町1番6号 083-245-0121 ・王司支所 752-0911 下関市王司神田一丁目9番1号 083-248-0211 ・清末支所 750-1152 下関市清末陣屋5番20号 083-282-1138 ・小月支所 750-1142 下関市小月本町一丁目7番7号 083-282-1120 ・王喜支所 750-1114 下関市王喜本町二丁目15番10号 083-282-1165 ・吉田支所 750-1102 下関市大字吉田地方2499番地 083-284-0125 ・勝山支所 751-0872 下関市秋根南町二丁目4番33号 083-256-2001 ・内日支所 750-0253 下関市大字内日下1146番地5 083-289-2011 ・川中支所 751-0849 下関市綾羅木本町三丁目1番20号 083-252-1353 ・安岡支所 759-6612 下関市安岡駅前二丁目7番1号 083-258-0317 ・吉見支所 759-6523 下関市大字吉見下1533番地 083-286-2511.

次の

婚姻届の入籍手続きで必要な戸籍謄本はここがポイント

戸籍 謄本 もらい 方

このページの目次• 戸籍謄本はどんな場面で必要? 「戸籍謄本が必要!」となるときって、戸籍謄本を発行すること自体に意味があるというより、これから行う手続きで「必要だから用意してくださいね」と言われて用意するイメージですよね。 では、戸籍謄本はどのような手続きのときに必要なのでしょうか? 【戸籍謄本が必要となるときの一例】• パスポートの発給を申請するとき• 本籍地以外の市区町村に婚姻届を提出するとき• 生命保険を請求するとき• 年金を受給し始めるとき• 遺言書をつくるとき• 相続の手続きをするとき などなど 自分自身のことを証明するときや、入籍するとき、相続など家族関係の証明が必要なときに 戸籍謄本を求められるのがわかりますね。 これらの必要な場面から、戸籍謄本とは、 家族間の繋がりについて証明する必要がある場合や、 申請者本人情報を証明する場合に とても重要な書類であるといえます。 そもそも「戸籍」って何? 戸籍謄本の読み方は? 戸籍謄本は(こせきとうほん)と読み、 戸籍の原本の内容すべての写しのことを言います。 戸籍謄本は、「戸籍全部事項証明書」や「全部事項証明書」とも呼ばれます。 似たことばに 戸籍抄本(こせきしょうほん)があり、 戸籍抄本は、 必要な人の部分だけの写しのことを言います。 原本の内容の一部だけの写しなので、「戸籍部分事項証明書」や「個人事項証明書」とも呼ばれます。 手続きによって、全部の写しである「戸籍謄本」が要る場合と、 一部の写しである「戸籍抄本」で良い場合があります。 事前にどちらが必要かを確認できるのがベストですが、 わからない場合は「戸籍謄本」を用意しておくと安心です。 戸籍謄本の取り方 パスポートの申請や婚姻届の提出の際には、申請の必要書類として「戸籍謄(抄)本」が必要です。 ここでは戸籍謄本の取り方について説明します。 戸籍謄本はどこで取れるのか? 戸籍謄本・抄本は、 本籍地のある市区町村役場に対して申請をし、手続きします。 なので、 本籍地のある市区町村役場に出向けばその場で取得できます。 また、郵送で取り寄せることも可能です。 郵送の場合、本籍地の役場から戸籍謄本を送ってもらえるので、 自宅で受け取りが可能です。 もう一つは、 コンビニでも取ることができます!こちらは、受け取りの条件があるので、詳しくは下記でご確認ください。 【戸籍謄本の4つの取り方】• 本人が直接役所に出向いて請求する方法 コンビニ発行のメリット コンビニ交付には下記のようなメリットがあります。 役所に出向かずにコンビニで発行できる• 市区町村によっては、発行手数料が役所窓口で申請するよりも安くなる場合がる このようにメリットもありますが、そもそも、お住まいの市区町村がコンビニ交付に対応していなければ利用ができませんし、また、マイナンバーカードがなければ発行がきません。 利用条件を満たさなければ利用ができないということを知っておいてくださいね。 コンビニで戸籍謄本を取るのに必要なもの コンビニ交付をするときには下記のものを用意しましょう。 「マイナンバーカード」もしくは「住民基本台帳カード」• お住まいの市区町村と本籍地の市区町村が異なる場合 現在の住所地と本籍地が異なる場合は、事前に本籍地の市区町村へ、利用登録申請を行う必要があります。 利用登録申請もコンビニのマルチコピー機によって申請が可能です。 マルチコピー機のガイドに従って、本籍地の利用登録を完了させます。 もしくは、 ICカードリーダーがついたパソコンであれば、インターネット経由で利用申請を行うことができます。 下記のURLにアクセスしてください。 コンビニのマルチコピー機や、インターネットからの利用登録申請後、 すぐに戸籍謄本が発行できるわけではありません。 あくまで申請を依頼した段階なので、「利用可能」にステータスが移るまで、数日かかることがあります。 利用可能になったかは、戸籍証明書交付の登録申請サイトより確認ができます。 ステータスが「利用可能」になれば、コンビニ交付が可能となります。 例えば、パスポートは6ヵ月以内に発行されたものでなければ申請ができません。 婚姻届については、役所によって、3ヶ月以内や6ヵ月以内といった指定がある場合もあれば、 特に期限が定められていないこともあります。 特に期限が明示されていない場合、指定がないからといって、 何年も前の戸籍謄本を持っていってしまうと、記載内容が現状のものと異なってしまっていたり、そもそも受け付けてもらえない可能性もあります。 事前に、これから行う手続きの申請先に確認をしておき、 なるべく直近に発行した戸籍謄本を用意するのが安全です。 戸籍の附票を取ることも可能 本籍地の市区町村役場では、戸籍謄本の他、戸籍の附票を取ることもできます。 戸籍の附票には、戸籍に記載されている人の現在と過去の住所と住所移転の経歴が記載されています。 過去の住所と現在の住所の連なりを証明する必要がある場合に必要です。 住民票を取るには 住民登録してある市区町村役場に行き、住民票交付申請書を提出します。 本人が行く場合には認印だけ必要です。 代理人に取ってきてもらう場合は署名・捺印した委任状が必要です。

次の

戸籍抄本・戸籍謄本の取り方、申請方法

戸籍 謄本 もらい 方

除籍謄本とは何? 除籍謄本とは、 養子縁組、婚姻、離婚、分籍、転籍、失踪宣告、死亡などによって全員が抜けた状態の戸籍原本の内容をそのまま謄写したものをいいます。 通常、戸籍は戸籍簿に綴られていますが、全員が抜けた状態の戸籍は、戸籍簿から除かれ除籍簿に綴られます。 また、原本の内容をそのまま謄写したもののことを謄本といいます。 除籍簿に綴られた戸籍の謄本なので、除籍謄本というのです。 なお、戸籍事務をコンピュータ化している自治体では、謄本のことを全部事項証明書といいます。 したがって、除籍謄本のことを除籍全部事項証明書といいます。 もっとも、除籍全部事項証明書のことを除籍謄本と言っても通じますし、むしろ、一般的には除籍全部事項証明書も除籍謄本とよばれること多いように思います。 なお、戸籍原本の一部を抜き書き(抄写)したものを抄本といいます。 つまり、戸籍の全員が記載されているものが戸籍謄本、一人分だけ記載されているものが戸籍抄本です(除籍簿にある戸籍については、除籍謄本に対して除籍抄本といいます)。 ちなみに、養子縁組、婚姻、離婚、分籍、転籍、失踪宣告、死亡などによって戸籍を抜けることを除籍といいますが、戸籍の中に除籍になった人がいても、除籍にならずに残っている人がいれば、その戸籍は、除籍簿ではなく、戸籍簿に綴られています。 戸籍簿にある戸籍の中の除籍になった人についての抄本は、除籍抄本ではなく、戸籍抄本ですので、ご注意ください。 また、戸籍事務をコンピュータ化している自治体では、抄本のことを一部事項証明書または個人事項証明書といいます。 つまり、除籍抄本のことは、除籍一部事項証明書または除籍個人事項証明書といいます。 なお、2018年時点で、全国1,896の自治体のうち、4の自治体を除く1,892の自治体が、戸籍事務をコンピュータ化しています。 除籍謄本はいつできる? 「除籍謄本は、いつできるのですか」という質問を受けることがありますが、前述の通り、除籍謄本とは、全員が抜けた状態の戸籍原本の内容をそのまま謄写したものことですから、 除籍謄本ができるのは、役場の職員が交付請求に応じて戸籍原本を謄写した時ということになります。 しかし、質問の趣旨は、おそらく、いつ除籍簿に移されるのかということかと思われますから、そうであれば、養子縁組、婚姻、離婚、分籍、転籍、失踪宣告、死亡などによって戸籍に記載された全員が抜けた状態になったとき、すなわち、 養子縁組届、婚姻届、離婚届、分籍届、転籍届、失踪届、死亡届といった除籍の原因となる届が役場に出されて、それが受理されたときということになります。 なお、養子縁組について詳しくは「」を、失踪宣告について詳しくは「」を、死亡届について詳しくは「」を、それぞれご参照ください。 除籍謄本の見本と見方 除籍謄本と除籍全部事項証明書の見本を紹介し、その見方を説明します(東京都北区のウェブサイトからの転載)。 除籍謄本(コンピュータ化される以前のもの)の見本と見方 まず、除籍謄本(コンピュータ化される以前のもの)の見本は次のとおりです。 右上に「除籍」と記載されてあり、また、 左に「この謄本は、除籍の原本と相違ないことを認証する」と記載されているため、除籍謄本であることが分かります。 また、下の各人の名の欄(「夫 義太郎」、「妻 サチエ」、「啓太郎」)に罰点が付けられていますが、このように除籍になった人の名の欄には罰点が付けられます。 このように戸籍に記載された全員が除籍になっているので、この戸籍は戸籍全体が除籍となります。 また、各人の名の欄の上の欄(「見本」の字が被っている部分)には、身分事項といって、戸籍上の出来事が記載されています。 「夫 義太郎」と「妻 サチエ」の身分事項欄には、それぞれ、出生による入籍、婚姻による入籍、死亡による除籍が記載されています。 「啓太郎」の身分事項には、出生による入籍、婚姻による除籍が記載されています。 そして、右の方に戻って、「本籍」と記載されている欄(右から左に読むので「籍本」と記載されています)が本籍地です。 そして、そのしたの「氏名」欄には、戸籍筆頭者の氏名が記載されています。 戸籍筆頭者が除籍になっても戸籍筆頭者は変りません。 本籍の左には、戸籍事項といって、戸籍の編製(戸籍を新たに作ること)、改製(古い様式の戸籍を新しい様式に書き換えること)、消除(戸籍全体が除籍になること)の事実が記載されます。 上の見本には、編製と消除について記載されています。 このように消除について記載されていることからも、この戸籍全体が除籍であることが分かります。 除籍全部事項証明書(コンピュータ化された後のもの)の見本と見方 除籍全部事項証明書(コンピュータ化された後のもの)の見本は次のとおりです。 このように記載事項が多いと、2枚に分かれることがあります。 まず 冒頭に「除籍」、「全部事項証明書」と記載があり、 末尾の方に「これは、除籍に記録されている時効の全部を証明した書面である」と記載があるので、この書類が除関全部事項証明書であることが分かります。 また、コンピュータ化前の除籍謄本では、除籍になった人は、名の欄に罰点が付けられていましたが、除籍全部事項証明書では、罰点ではなく、「戸籍に記載されている者」の欄に「除籍」と記載されます。 その他の点については、コンピュータ化前の戸籍謄本の項目で説明したことと重複するので、そちらをご参照ください。 除籍謄本と戸籍謄本の違い 除籍謄本と戸籍謄本の違いは、 除籍謄本が消除された戸籍の謄本であるのに対し、 戸籍謄本は消除されていない戸籍の謄本であるということです。 戸籍は、消除されると、戸籍簿から除籍簿に移されるので、除籍謄本が除籍簿にある戸籍の謄本であり、戸籍謄本が戸籍簿にある戸籍の謄本であるという言い方もできます。 戸籍は、戸籍に記載されている者のすべてが除籍になったときに消除されます。 したがって、戸籍に記載されている者のすべてが除籍になった戸籍の謄本が除籍謄本で、除籍になっていないものが一人でも残っている戸籍の謄本が戸籍謄本であるという言い方もできます。 除籍謄本と戸籍謄本の見分け方は、前述の通り、冒頭に「除籍」と記載があるものが除籍謄本で、その箇所に何も記載がないものが戸籍謄本です。 除籍謄本が必要となるケース 除籍謄本が必要となるケースは、 主に、相続手続きか家系図の作成です。 多くの相続手続きで、被相続人(亡くなった人)の死亡が確認できる戸籍謄本か除籍謄本が必要になります。 被相続人の戸籍が消除された場合は除籍謄本、消除されていない場合は戸籍謄本になります。 また、相続手続きでは被相続人の相続人が誰であるか確認できる戸籍謄本等が必要なことも多いです。 手続き対象の財産の取得者が遺言によって決まっていて遺言執行者が選任されている場合は、相続人が誰であるかが確認できる戸籍謄本等は不要なことが多いですが、遺言執行者がいない場合や遺言がない場合は、相続人が誰であるかが確認できる戸籍謄本等が必要となる手続きが多いです。 相続人が誰であるかを確認するためには、被相続人の出生(または生殖能力を獲得する12歳頃)から死亡までの連続した戸籍謄本等が必要です。 この戸籍謄本等には、戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本(戸籍の様式変更により使われなくなった古い様式の戸籍の謄本)が含まれます。 また、 家系図の作成の場合も、一つずつ前の戸籍に遡りつつ親族関係を調べるため、その過程で除籍謄本が必要になります。 除籍謄本はどこで取る?コンビニでは取れない 除籍謄本は、 本籍地の市区町村役場で取ることができます。 本籍地以外の役場では取ることができません。 役場に行って取る方法と、郵送で取り寄せる方法があります。 なお、現時点では、コンビニで取ることはできません。 除籍謄本を取れる人 除籍謄本に限らず戸籍謄本等を取れる人は、 原則として次のいずれかに該当する人です。 その戸籍に記載されている者• 1の配偶者• これらのいずれかに該当していても、不当な目的によることが明らかなときは、役場は請求を拒むことができます。 例えば、嫡出子(法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子)でないことや離婚歴を探る目的で戸籍謄本等を取ることは不当な目的であるとした事例があります。 除籍謄本を取るための費用・金額 除籍謄本を取るための費用は、 1通あたり750円です(なお郵送などで行う場合の手数料などは各自治体で異なることがあります)。 除籍抄本、除籍全部事項証明書、除籍個人事項証明書もすべて1通あたり750円です(なお郵送などで行う場合の手数料などは各自治体で異なることがあります)。 ちなみに、戸籍謄本、戸籍抄本、戸籍全部事項証明書、戸籍個人事項証明書は1通あたり450円です(なお郵送などで行う場合の手数料などは各自治体で異なることがあります)。 なお、 行政書士等に戸籍謄本類の取得の代行を委任する場合、安いところでは1通当たり3,000円ほどの費用で受けているようです。 除籍謄本の取り方 役場に行って取る方法と、郵送で取り寄せる方法がありますが、まず、役場に行って取る方法について説明します。 除籍謄本を取るには、 次のものを本 籍地の市区町村役場に提出して、除籍謄本の交付を請求します。 請求書(役場に用紙があります)• 印鑑(認印可)• 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、写真付き住民基本台帳カード、身体障害者手帳、在留カード、特別永住者証明書、運転経歴証明書のうち、いずれか1点)• 手数料(1通750円を現金払い) その戸籍に記載されている人やその配偶者が請求する場合に必要なものは以上です。 戸籍に記載されていない、直系尊属、直系卑属の人が請求する場合は、以上のものに加えて、戸籍に記載されている人との続柄が確認できる資料(戸籍謄本等)が必要です(ただし、続柄が確認できる戸籍の本籍が、請求先の自治体にある場合は不要)。 除籍謄本の郵送での取り寄せ方 除籍謄本を郵送で取り寄せる場合は、次のものを同封して請求します。 請求書(ウェブサイトで用紙をダウンロードできる自治体が多い。 消せるボールペンや鉛筆は使用不可)• 本人確認および現住所確認書類のコピー(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(個人番号カード)、写真付き住民基本台帳カード、身体障害者手帳、在留カード等のうちのいずれか1点。 現住所の記載が裏面にある場合は裏面のコピーも必要)• 手数料分の定額小為替(1通750円。 無記入のもの。 郵便局で購入可能)• 返信用封筒(住所氏名を記入し切手を貼付。 住所は請求者の現住所(法人の場合は法人所在地)でなくてはならない) 郵送での取り寄せの場合も、戸籍に記載されていない、直系尊属、直系卑属の人が請求する場合は、以上のものに加えて、戸籍に記載されている人との続柄が確認できる資料(戸籍謄本等)が必要です(ただし、続柄が確認できる戸籍の本籍が、請求先の自治体にある場合は不要)。 第三者が除籍謄本を取る方法 他人の除籍謄本を取る方法について説明します。 前述に3つのいずれにも該当しない第三者でも、下表の左の欄に該当する場合に、下表の右の欄の事項を明らかにすれば、戸籍謄本等を取ることができます。 戸籍謄本等を取ることができる場合 明らかにしなければならない事項 自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために戸籍の記載事項を確認する必要がある場合 権利又は義務の発生原因及び内容並びに当該権利を行使し、又は当該義務を履行するために戸籍の記載事項の確認を必要とする理由 国又は地方公共団体の機関に提出する必要がある場合 戸籍謄本等を提出すべき国又は地方公共団体の機関及び当該機関への提出を必要とする理由 以上のほか、戸籍の記載事項を利用する正当な理由がある場合 戸籍の記載事項の利用の目的及び方法並びにその利用を必要とする事由 例えば、次のような場合は、上表のケースに該当し、戸籍謄本等を取ることが認められるものと思われます。 公正証書遺言の作成にあたり、遺言によって財産を譲与する者の戸籍謄本を公証人に提出する必要がある場合• 生命保険会社が保険金受取人である法定相続人の特定のために請求する場合 第三者からの請求の場合は、債権や相続など正当な利害関係の確認できる資料が必要です。 また、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士、行政書士は、受任している事件または事務に関する業務を遂行するために必要がある場合等には、他人の戸籍謄本等でも取ることができます。 士業の人が代理で請求する場合は、委任状が必要です。 委任状は、本籍地の自治体が作成した書式がある場合は、それを利用するとよいでしょう。 本籍地の自治体が作成した書式がない場合は、任意の書式によることになりますが、以下の金沢市の書式が、記入例も付いていて分かりやすいです(あくまでも一例です。 (Wordファイル) 除籍謄本の保存期間 「除籍謄本の保存期間は何年間ですか」と質問を受けることがありますが、謄本というのは原本を謄写したものなので、除籍謄本の保存期間はその除籍謄本を保管している人次第ということになります。 しかし、質問の趣旨は、除籍簿の保存期間、すなわち、 戸籍が消除されてから除籍謄本を取れる期間を知りたいということかと思いますので、その点について回答するならば、 消除された年度の翌年から150年です。 役場で取ることができる最も古い戸籍は、明治19年式の戸籍で、明治19年(1886年)は2018年現在から132年前なので、まだ、保存期間が経過した戸籍はないでしょう。 しかし、除籍簿が必ず残っているとは限りません。 保存期間が150年になったのは2010年6月1日からで、それ以前は80年だったからです。 もっとも、80年を経過したら必ず廃棄していたかというと、そうではなく、保存期間が経過しても保存を継続していた役場も多いようです。 また、保存期間が経過していなくても戦争によって焼失していること等もありえます。 除籍謄本の有効期限 除籍謄本自体には有効期限は設定されていませんが、 除籍謄 本の提出先が「発行から〇か月以内のもの」と指定していることはあります。 次の手続きに必要な戸籍謄本等には有効期限は設定されていません。 法定相続情報証明制度(「」参照)• 相続登記(「」参照)• 相続による自動車の移転登録(「」参照) また、預貯金や有価証券の相続手続きについては、金融機関によっては有効期限が定められていることがあります(その場合は概ね発行から6か月程度)。 相続税の申告の場合は、有効期限は設定されていませんが、「被相続人の死亡から10日を経過した日以後に作成されたもの」という条件が指定されています。 消除された戸籍の附票(戸籍の附票の除票) 住民票の氏名等の情報を戸籍の氏名等の情報と一致させるため、 住民票と戸籍を連携させるものとして「戸籍の附票」があります。 戸籍の附票は、相続登記で、登記簿上の住所と住民票の除票上の住所が異なる場合等に必要になります。 戸籍の附票には、これまでの住所の履歴が記載されています。 戸籍の附票は、戸籍を単位に作成されるため、戸籍がある限り戸籍の附票も存在し、戸籍が消除されたときは、戸籍の附票も消除されます。 消除された戸籍の附票(=戸籍の附票の除票)の保存期間は5年です。 まとめ 以上、除籍謄本について説明しました。 戸籍謄本類の取得を含め、相続手続きについては、司法書士や行政書士に相談するとよいでしょう。

次の