福祉 住 環境 コーディネーター 1 級。 福祉住環境コーディネーターの独学勉強法【試験対策・勉強時間など】

福祉住環境コーディネーター 難易度

福祉 住 環境 コーディネーター 1 級

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対し、できるだけ自立しいきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザーです。 医療・福祉・建築について体系的に幅広い知識を身に付け、各種の専門家と連携をとりながら相談者に適切な住宅改修プランを提示します。 福祉住環境コーディネーターは• 福祉住環境コーディネーター3級• 福祉住環境コーディネーター2級• 福祉住環境コーディネーター1級 の3種類あり、難易度が最も高いのが1級。 福祉住環境コーディネーターの学習内容 当時、私は介護福祉士の専門学校に通いながら資格取得の学習をしていました。 福祉住環境コーディネーターの資格を取得するためには福祉用具についてや疾患について、住宅改修に必要な建築関係の知識も学ぶ必要があります。 「トイレのアームサポートの高さは座面から220mm〜250mm上方、手摺を付ける場合は750mm〜800mmの高さに」等 住宅改修を実際にするにあたり、重要な部分なので仕方ないのですが・・・。 苦笑 福祉住環境コーディネーターの合格率は実施回によって様々 2017年度は以下です。 9 2級 26,215 23,747 11,980 50. 4 3級 11,906 10,839 4,483 41. 8 3級 5,139 4,585 2,595 56. 6 第41回 11月25日(日) 2級 12,545 11,446 4,812 42. 0 3級 5,870 5,294 2,934 55. 4 引用: 1級は毎年合格率は低く難易度も高いです。 2級に関しては合格率のふり幅が広いです。 2017年度・2018年度だけ見ても13. 私自身、試験を受けて感じるのは、3級に関しては気軽にかまえていましたが 2級以上を受けるとなるとそれなりの勉強が必要だと思いました。 2級も3級も学習範囲は同じです。 3級の応用編が2級なので、2級ではより細かい範囲が出題されます。 資格取得のための受験検定料や認定料 受験料は、3級4,320円、2級6,480円、1級10,800円です。 更新料はありません。 なので経済的にも負担が少ない資格だと言えます。 (・・・・他の資格で更新料が何万もとらえるものだってあるの・・・涙) ネットで探すときは、その本の発行年に注意しましょう。 古い本には古い情報が残っていることがあるので。 それと、「過去問題集」「用語集」「予想問題集」等々さまざまあるのですが どれをどう揃えていいのか面倒くさくなってしまいました。 なので、私のような面倒くさがりの方にはオススメしません(笑) 公式のテキストもわかりにくい・・・と感じたことがあります。 費用はかかるがユーキャンで効率よく資格取得をする では資格取得のための学習をする場合、6か月で2・3級のダブル合格を目指せるコースで、49,000円です。 なぜ、ユーキャンをおすすめするのかというと、自分自身がユーキャンを使って合格したからです。 良かったと思う点が以下です。 テキストにイラストが入っていて、わかりやすかった。 問題集や用語集などは同じ発行元の方が繋がりがわかりやすい• テスト直前に使用する教材まで入っていた(暗記用赤シート)• 福祉用具に関するDVDもついていた 独学で資格の勉強をすると、「ただ暗記しただけ」になってしまう場合ってありませんか? 実践としてどう役立てるのかまで視野にいれると、より具体的に丁寧に学べた方が後々自分を助けてくれます。 福祉住環境コーディネーターの仕事や資格の活用方法 資格取得した後にどう活用するのかってところが大事です。 私の場合、介護の仕事をする上で活用したことはありません。 しかし、これはあくまでも入居施設での介護福祉士をしていた場合なので ケアマネージャー(介護支援専門員)や住宅会社勤務の方、設計に携わっている方等は福祉に関する住宅改修に関わる場面があります。 介護保険で規定されている住宅改修費の支給申請時には、ケアマネージャー等が作成した住宅改修理由書が必要です。 ケアマネージャーの資格がなくても、福祉住環境コーディネーター2 級を取得していれば、住宅改修理由書を作成することができ、単価は1件2,000円です。 ただし、介護学生さんや介護福祉士など、直接住宅改修に携わらない方にとっても取得し無駄になる資格ではないです。 資格取得を目標に学習したこと自体が自分自身の知識として身についています。 私自身、仕事としては活用していませんが、今は亡き祖母宅の住宅改修のアドバイスができたことがよい想い出です。 資格を取得したからといって給料が上がるわけでも求人があるわけでもない。 スキルアップしたからといって、給料が上がるわけではありません。 おわりに 介護分野の方よりも、住宅リフォーム会社や福祉用具・福祉機器を取り扱っている法人の方が資格が活用されるように思います。 ただし、すでに述べましたが、介護分野の方でも資格を取得することが勉強の動機になることもあります。 疾患名だとかがっつり頭に叩き込んだ記憶がありますし、今も覚えてるんですよね。 そして、取得するのであれば、3級だけでなく2級まで目指した方がいいと思います。 学習方法に関しては、ユーキャンのテキストが分かりやすくて活用がしやすかったです。 もし、市販のテキストを購入する場合でも今年用のを選んでくださいね。 公式テキストがかわれば、市販テキストも内容が変更になることがあるので。

次の

福祉住環境コーディネーター検定試験®

福祉 住 環境 コーディネーター 1 級

住宅の新築・リフォーム• ベッドやトイレなど福祉用具の提案• 車椅子などの介護用品の選定• 介護保険サービスで利用できる福祉用具・住宅改修の提供 また、医療・福祉・建築と異なる分野においてそれらの知識を幅広く持ち合わせて、建築士やケアマネジャーなど、それぞれのプロの人たちと連携をとりつつ、クライアントにとっての理想となる建物に仕上げるためのコーディネーターとなります。 介護や建築などを繋ぐ橋渡し役 住宅環境を提案する上で、建築業界の人たちだけでは福祉への視点が減ってしまいがちだったり、福祉関連の仕事をしている人たちでも、建築における禁止事項やコストが見えないのが現状です。 そのような時に橋渡し役が必要となるということです。 そのため建築業界の人たちにも求められる資格となっており、介護業界以外でも必要となる資格となっています。 無料で資料請求できます 福祉住環境コーディネーターの将来性 どの分野でも十分に通用する資格 福祉住環境コーディネーターの将来性は非常に高いです。 この資格を持っているということは 建設・医療・福祉関連業界においての様々な知識を持っていることを意味しているので、どの分野でも十分に資格の存在を活かすことができます。 つまり介護以外の業界にも進みやすくなるので別の方向に進みたい人にとっての将来性も高くなります。 高齢者や障害者の話を伺ってその人たちのニーズに合った提案を、どちらかに偏らずに総合的な視点から行うことができるようになるため、高齢化社会まっしぐらの日本においては存在価値がますます高まること間違いなしです。 福祉住環境コーディネーターの就職先 医療・福祉・建築など幅広い職場 福祉住環境コーディネーターにはどのような働き先があるかというと、• 建築会社• 工務店• リフォーム会社• 建築設計事務所• ハウスメーカー• 有料老人ホーム• グループホーム• 介護保健施設• 訪問介護事業所• 高齢者福祉センター• 福祉機器メーカー など非常に幅広い分野で活躍することが期待されます。 とにかくそれぞれの業界において他の業界の知識を持っている人間としてアドバイザーやコーディネーターとしての役割を求められることになります。 高齢や障害を負ってしまったために行われる改築は介護保険の導入に伴って一部保険が適用されるようになったため、さらにこの福祉住環境コーディネーターの存在が注目されるようになりました。 2級取得は必須条件 福祉住環境コーディネーターは、1級、2級、3級の3つあり、3級は福祉と住環境の基礎知識、2級からより具体的な実務の幅広い知識が必要になるため、 2級を持っていることで就職・転職に有利になるでしょう。 医師や弁護士とは違って独占できる業務はなく、アドバイザーやコーディネーターなどの人の手助けや橋渡しや仲介やとりまとめが多くなるので、この資格のみで生計が成り立つことはありません。 建築士であれば一級、二級建築士、介護士であれば介護福祉士や社会福祉士などの資格と組み合わせることで需要が高まります。 福祉住環境コーディネーターの給料 月収は10~25万円ほど 福祉住環境コーディネーターの資格を持っている人の給料は、どの業界の人間なのかでだいぶ変わってきますが、だいたい平均月収は10~25万円くらいで年収はだいたい330~400万円、時給は800円~1400円くらいになります。 給料 金額 年収 300万円400万円 月収 10万〜25万円 時給 800円~1400円 建築業界からこの資格取得を行った人は、その人のスキルにだいぶ依存しますが平均月収は20万円を超えるのではないでしょうか。 どの業界からこの資格取得をしたかによって月収などはかわってきますが、資格手当がある場合は資格取得をすれば月収にプラス数千円~1万円はあると予想されます。 福祉住環境コーディネーターの資格取得ルート 福祉住環境コーディネーターの資格を取得するためには東京商工会議所が主催している年に二回行われている試験に合格する必要があります 1級は年に一回。 勉強方法は、「独学」「通信講座」「スクールへ通う」の3通りの分かれておりますので、自分に合ったスタイルで勉強するようにしてください。 福祉住環境コーディネーターの受験資格 福祉住環境コーディネーターの資格は1級・2級・3級が存在します。 受験資格は、 学歴・年齢・性別・国籍による制限はなく誰でも受験することが可能です。 ただし、1級は2級合格者のみ受験可能であり、申込登録時に2級証書番号が必要になります。 1級 2級合格者のみ可能 2級、3級 誰でも受験可能 無料で資料請求できます 福祉住環境コーディネーターの試験内容 それでは試験の内容について触れていきましょう。 試験日や試験会場についても説明します。 合格率 2015年:1級6. 高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境• 福祉住環境コーディネーターの役割と機能• 障害のとらえ方• リハビリテーションと自立支援• 高齢者・障害者の心身の特性• 在宅介護での自立支援のあり方• 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備• 障害別にみた福祉住環境整備• 福祉住環境整備とケアマネジメント• 福祉住環境整備の進め方• 福祉住環境整備関連職への理解と連携• 相談援助の実践的な進め方• 福祉住環境整備の共通基本技術• 生活行為別福祉住環境整備の手法• 福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識• 福祉用具の意味と適用• 生活行為別にみた福祉用具の活用 1級(前半 マークシート方式) <例題> 地域において、多職種連携の体制を支える共通基盤として「地域包括支援ネットワーク」の構築が求められており、そのための手法として「地域ケア会議」が設置・運営されている。 「地域ケア会議」は個別ケースの支援内容の検討を通していくつかの課題に取り組むとされているが、その課題を1つ挙げ、記述しなさい。 テキストとDVDを用いて学習することで、その人に合った介護用品や福祉用具のアドバイスをすることができたり、高齢者や障害者のニーズに合った住宅リフォームの提案をすることができるようになります。 注意ポイントや事例を基に受講内容を学習してレポート課題を提出します。 参考までに一部スクールの通信講座を紹介しますので資格取得の参考にしてくださいね。

次の

福祉住環境コーディネーターの一級と二級の違い

福祉 住 環境 コーディネーター 1 級

福祉住環境コーディネーターとは? 福祉住環境コーディネーターとは、 高齢者や障がい者が安全かつ快適な暮らしができるよう、現状の住環境をより住みやすく・使いやすくするための提案を行う役目を担う資格です。 ケアマネジャーや建築士といった各専門家と連携しながら適切な住宅改修プランを提案したり、車いすや介護ベッドなどの福祉用具や介護用品の使用についてアドバイスを行ったりします。 東京商工会議所が検定試験を主催する民間資格であり、1級から3級までの階級が設定されています。 「利用者さんにより適した住環境整備」のために誕生した、福祉住環境コーディネーターという資格 福祉住環境コーディネーターの資格が誕生したのは、高齢者や障がい者の「暮らし」の支援を行うにあたり、 建築・医療・介護福祉・行政などの各専門職の立場を理解した上で、それらを調整・仲介し、住環境整備を円滑化する役目が必要だったためです。 従来の自立支援では、それぞれの専門職がばらばらに介護福祉の各分野を担当していました。 住んでいる家の環境にかかわる、建築関係の問題は建築士が担当。 当事者となる高齢者、障がい者の介護は介護福祉士が担当。 高齢者、障がい者が必要としている医療分野に関しては医師や理学療法士・作業療法士が担当。 自分達の専門領域にのみ注力する形で、利用者さんの一部分だけを各々支援する形になっていたのです。 しかし、 利用者さんの暮らしや生活は、介護も医療も住環境もすべて密接にかかわりあって初めて成り立つもの。 各分野の専門職が独自に支援を行い、それぞれが得ている視点や情報の共有ができないやり方では、住環境整備に本来必要だった要素なども抜け落ちやすくなってしまいます。 そうした問題を解決し、スムーズかつ最適な「住まいの環境整備」を行うため、福祉住環境コーディネーターは生まれました。 建築、介護、行政……幅広い業界で活躍する資格 福祉住環境コーディネーターは、 医療・福祉業界はもちろん、建築業界や福祉用具メーカーなど、幅広い職場での活躍が期待される資格です。 取得することで働ける職場の選択肢も大きく広がります。 具体的に、どのような場で活躍できるようになるのか見てみましょう。 福祉住環境コーディネーターの主な勤務先 保健・医療分野 保健所、病院など 福祉分野 ケアマネジャーなどの相談業務、グループホーム、福祉用具メーカーなど 建築・住環境分野 建築設計事務所、工務店など その他 行政、公共施設、NPOなど 実際、福祉住環境コーディネーターの資格取得を目指す人々の所属もさまざまです。 リフォーム会社や工務店に勤める 建築士、福祉用具の貸し出しや住宅改修を行う介護事業所の 福祉用具専門相談員、 ホームヘルパーや ケアマネジャー、 社会福祉士など……。 幅広い分野で注目されている資格と言えますね。 ーーーーー介護求人をお探しの方へーーーー ー 住環境コーディネーターの仕事内容はこれから増えていく? 住環境コーディネーターの主な仕事内容は、 高齢者や障がい者の住む家や使う生活用品を、より使いやすい形にするためのアドバイスを行うこと。 段差の解消や手すりの設置などといった住まいのコーディネートや、より生活しやすくするために使用するべき介護用品の提案を行うのがメインの役割です。 福祉住環境コーディネーター2級を取得すると、介護保険を利用した住宅改修を行った際の必要書類である 「住宅改修が必要な理由書」を作成することができます。 しかし、福祉住環境コーディネーターの資格は、設立されてからまだ日の浅い、比較的新しい資格です。 現状では「福祉住環境コーディネーター」という肩書きで独立して仕事をするというより、 介護業界・建築業界にいる人が資格を活かしてより質の高い業務を提供するという働き方がメジャーになります。 この資格単体ではアドバイスを行うことはできても適宜介入や専門対応ができないため、「現状勤めている職種でのスキルアップ」のために取得する、という方が多いようですね。 ただし、昨今の日本では高齢化社会の進行に伴い、住環境のコーディネートを請け負う専門職の需要も増えてきています。 今後さらに求められる仕事が増えていけば、福祉住環境コーディネーター単体としての求人も出てくるかもしれませんね。 誰でも受験できる! 福祉住環境コーディネーター資格試験の概要 福祉住環境コーディネーターになるには、東京商工会議所が実施している試験に合格する必要があります。 1級から3級まである福祉住環境コーディネーターの資格は、その階級に応じて試験内容・時間・受験料が異なるため、まずは自分がどの階級を取得したいのかを考えましょう。 ちなみに、受験するにあたって満たさなければならない条件は特にありません。 学歴・年齢・性別・国籍による制限もなく、誰でもチャレンジすることができます。 2・3級の併願受験や、3級を飛ばして2級から受験することも可能です。 ただし、 1級は2級を合格した人だけが受験できます。 申込登録時に2級の証書番号が必要になりますので注意しましょう。 【福祉住環境コーディネーター、各階級の試験概要】 試験時間 受験料 1級 前半:マークシート方式 2時間 後半:記述式 2時間 11,000円 2級 マークシート方式2時間 6,600円 3級 マークシート方式2時間 4,400円 試験はそれぞれ100点中70点以上正解すれば合格です。 1級は年に一度ですが、2. 3級は年に二回試験があります。 申込期間中に忘れず申し込むようにしましょう。 個人申し込みはで行えます。 試験範囲 どのような内容が試験で出題されるのか、階級ごとに分けて見てみましょう。 福祉住環境コーディネーター3級 3級公式テキストに該当する知識と応用力が問われます。 具体的には以下のような項目が該当します。 少子高齢社会と共生社会への道• 福祉住環境整備の重要性・必要性• 在宅生活の維持とケアサービス• 高齢者の健康と自立• 障がい者が生活の不自由を克服する道• バリアフリーとユニバーサルデザインを考える• 生活を支えるさまざまな用具• 住まいの整備のための基本技術• 生活行為別に見る安全・安心・快適な住まい• ライフスタイルの多様化と住まい• 安心できる住生活• 安心して暮らせるまちづくり 福祉住環境コーディネーター2級 3級の範囲および2級の公式テキストに該当する知識と応用力が問われます。 具体的には以下のような項目が該当します。 高齢者・障がい者を取り巻く社会状況と住環境• 福祉住環境コーディネーターの役割と機能• 障がいのとらえ方• リハビリテーションと自立支援• 高齢者・障がい者の心身の特性• 在宅介護での自立支援のあり方• 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備• 障がい別にみた福祉住環境整備• 福祉住環境整備とケアマネジメント• 福祉住環境整備関連職への理解と連携• 相談援助の実践的な進め方• 福祉住環境整備の共通基本技術• 生活行為別福祉住環境整備の手法• 福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識• 福祉用具の意味と適用• 生活行為別にみた福祉用具の活用 福祉住環境コーディネーター1級 前半:マークシート方式 2級・3級の範囲および1級公式テキストに該当する知識と応用力が問われます。 試験問題はテキストに準拠していますが、 法令制度については最新情報を踏まえて出題されるため、注意が必要です。 これからの社会に求められる福祉住環境整備• 福祉住環境コーディネーター1級の目標と役割• 地域で支える高齢者ケア• 地域で支える障がい者ケア• 地域福祉の推進と福祉コミュニティ• 福祉コミュニティづくり• ユニバーサルデザインの概念および沿革• ユニバーサルデザイン環境の整備手法• 高齢者・要介護者向け住宅・施設の流れ• 高齢者住宅・施設の種類と機能• 障がい者向け住宅および施設の種類と機能• 福祉住環境のコーディネートの実際 後半:記述式 課題に対する提案力など、実務能力における実践・応用力、総合的判断力が問われます。 福祉住環境コーディネーター試験の合格率 2018年に行われた第40回試験・第41回試験の合格率の年度合計は、 1級が11. 8%、 2級が28. 6%、 3級が56. 0%となっています。 前年度である2017年の合格率が1級5. 9%、2級50. 4%、3級41. 4%だったことを鑑みると、1級と3級の難易度は安定しているものの、2級の合格率の変動がかなり激しいことがわかります。 福祉住環境コーディネーターの試験は、その回ごとに難易度が上がったり下がったりする傾向があるようです。 一発合格を狙うなら過去問題集で出てきたポイントだけでなく、予想模擬問題やテキストの欄外に書いてあるところまで頭に入れておくとよいでしょう。 福祉住環境コーディネーターになるメリットは、「より質の高い介護を提供できる」こと 福祉住環境コーディネーターを取得するメリットとして、まず 自己のスキルアップが挙げられるでしょう。 とくにケアマネジャーなどの相談業務であれば、介護の視点だけでなく住環境という生活の根幹から利用者を支えるという視点も加わるので、より質の高いサービスを提供することに繋がり、利用者さんの満足度も高めることができるのではないでしょうか。 また、生活の基本である住宅について学べるので、仕事はもちろんご自身の毎日の暮らしにも活かすことができます。

次の