人魚の歌 ピアノ レベル。 ピアノの森|楽譜|学研 おんがく.net

ピアノの森 こどものための名曲集|楽譜|学研 おんがく.net

人魚の歌 ピアノ レベル

カワイ音楽教育システムの各コースカリキュラム・教材は、その上達の程度ごとに「レベル」が設定されています。 学習の課程でそのレベルの習熟・理解度を確認し「グレード(級)」として認定しています。 カワイグレード認定委員会にて、各学習課程の修了時(各レベルの修了時)ごとに「カワイグレードテスト」を実施し、レベルの習熟度・理解度を『技術』と『表現』の視点から検定しています。 また、音楽指導者・演奏家を目指す方には能力検定として、各コースに定められた様々な課題を目指して学習を続けることにより、実技、理論、見識等のあらゆる側面を習得することができます。 <目 的>• 内的動機づけ 生徒さんの学習に対する動機づけとして、外から与えられるものによって動機づけられるのではなく、自らの意識の中で知識や技術が身に付いてゆくことを自覚し、その自覚が次のステップへの意欲となることを目指します。 より専門的な音楽教育への案内 より高いレベルの教育を継続し、専門家への道筋を開くことを目指します。 音楽教育者の育成 音楽指導者・演奏家として、常に心掛け実践しなければならない演奏技術の向上と、知識や音楽能力の向上のための自己啓発を促します。 カワイグレードテスト 16〜7級 生徒さんのためのグレード 受験資格• カワイ音楽教室の生徒さん• カワイシステム教室の生徒さん• カワイ音楽教育研究会会員の生徒さん• カワイシステム契約特約店の生徒さん ピアノ 16級 15級 14級 13級 12級 11級 10級 9級 8級 7級 ドリマトーン 15級 14級 13級 12級 11級 10級 9級 8級 7級 おとな• クラシックピアノコース• ポピュラーピアノコース• 音楽指導者・演奏家を目指す方であれば、どなたでも受験できます。 「ピアノ」「ポピュラーピアノ」「ドリマトーン」「音楽教育」の4種類のコースが設定されており、全コースとも、演奏あるいは実技能力を問う「演奏(実技)グレード」と、指導者としての基礎能力を問う「指導(筆記)グレード」に分けられています。

次の

楽譜一覧 連弾・アンサンブル作品

人魚の歌 ピアノ レベル

Facebookを見ていたら、オベロン序曲のことが書いてあって、ウェーバーのオベロンと言えば、気になっていることがあるので、書くことにしました。 ピアノ曲に関することです。 私が小さい頃、レッスン用とは別に、子供の為のピアノ曲集を持っていて、適当に色々弾いてみるうちに、 1曲だけ、何か他の曲と違うようなセンスの良さ 子供だましではない感じ のある曲があり、それが、ウェーバーの「人魚の歌」でした。 ウェーバーが有名な作曲家だと知ったのはもっと大きくなったあとです。 この、「人魚の歌」は、ご存じの通り、小さい子供の弾くピアノ曲としては定番。 しかし、原曲がどのようなものであるかは、意外と情報が少ないんです。 ピアノ版がひとり歩きしているというか。 私が調べた範囲では、歌劇「オベロン」の中に出てくるらしいです。 しかし場面や状況は分かりません。 端役というかチョイ役に、人魚 ソプラノ がいて、それが歌うらしいという程度にしか分からないんです。 ストーリーのどの場面で歌われるのか、又、歌詞の意味など、どなたか、ご存じの 方いらっしゃいましたら、教えていただけるとありがたく思います。 ソ~~~ミラソ~~~ミドシ~~~ラシド~~~ というやつです。 子供のピアノ曲として編曲された物の中には、このように、出典が良く知られていないものがたくさんあるように思います。 9歳の息子が、今月、カワイのグレードテスト 12級 を受けるのですが、その課題曲が、とても簡単な曲なのですが、「こんにちはドミニック」というタイトルがついており、ミヨーの作品だそうなんです。 12級というのは、他の課題曲がバイエルの 62番、又、自由曲の一つに先述の「人魚の歌」があることからも、ごく易しいレベルであることがおわかりいただけると思いますが、この、「こんにちはドミニック」は、いっそう音が少ないです。 右手・左手それぞれ1音ずつの2声しかないだけでなく、テンポもゆったりというか、音と音の間が空いています。 長さは、たった16小節しかありません。 だけど内容は難しいと言うか、ちょっととぼけた味というか、私にはよくわからないです。 もともとミヨーの曲とか聴くことがないので 食わず嫌いってやつでしょうか。 増4度も出てきます。 初歩の教本にこんな和音の連続が出てくるので私は面食らいました。 こどもは、案外こうした不思議な音の世界にスッと入っていけるのかもしれませんが。 2声しかないという、シンプルすぎる音ゆえ、どんな和声なのか、よくわからなくて落ち着かない私は、「きっと元はピアノ曲ではなく、編曲ものに違いない」と思い、原曲はどんななのか、気になって仕方ありません。 冒頭には、速度とかの発想標語もないので、その点も謎です。 先生から指定されているテンポは、「小さな子どに話しかけるように、ゆっくり優しく」ということで、アンダンテというか、むしろラルゴかアダージョに近いぐらいです。 それでいて、諧謔的な雰囲気があります。 以下は推測というより、勝手な想像で妄想なのですが、オーボエ・ファゴット・ピアノのトリオか何かの、第2主題部分か、緩徐楽章かな~と思っています。 独特のとぼけた味なので、弦楽器はありえません。 やはりここは木管でしょう。 左手は、表情と音域から見て、ファゴット以外にありえないと思います。 右手部分は、フルートでも合う音域ですが、テンポがすごくゆっくりなので、8小節ブレス無しはフルートには無理だろうと考え この8小節はどうしても一息で奏さなければならない 、オーボエに違いないと考えました。 原調がもしもっと下であれば、クラリネットのセンもありかな…あっでもそれだと、今度は左手がファゴットの音域をはみ出てしまう。 デュオではなく、ピアノも入っていると考えた理由は、デュオだと、前述したとおり、 和声が全然見えてこず、そんな曲を書くとも思えないから。 ピアノではなく、第3の管楽器 というセンもあるかもしれませんね。 事実をご存じの方は、以上の文を読まれて、「何的外れな事を言ってるんだ」と、お思いでしょうね。 そんな方は、ぜひ、正解を教えて下さいね。 ドードーミーミードードーソーーー ラーソーファーミーファーレーミードー ドードーミーミー ドードーラーーー ソーファーミレドシドーミードーーー 以上で全曲 です。 よろしくお願い致します。 筆者より、後日報告です。 先日、息子のグレードテストに付き添ってきました。 演奏の音は、私達保護者が待っている待合室に筒抜けだったので、同じ曲を弾いても、色々違う演奏内容なのが聴けておもしろかったです。 「こんにちはドミニック」は、速度や表情の発想標語もないし、強弱記号もアーティキュレーション スラーなど も書いてない分、奏者による というか指導者による 解釈の違いの幅は、すごく大きかったです。 ゆっくりしたテンポで、長~いスラーをつけて弾くよう指導されていたのは、私の聴いた中では息子だけだったようで、他の子は、テンポが速かったり、跳びはねるような感じだったりしました。 なので、この曲の謎は、ますます深まるばかりです。 投稿: 所縁草白花.

次の

ピアノ発表会の選曲について相談です!

人魚の歌 ピアノ レベル

ピティナの予選通過の割合 ピティナコンクールも全国各地区で予選大会が開催され 地区本線、全国大会へとすすみます。 A2級 だいたい半分くらいです。 A1級以上 3分の1~3分の1弱くらいで、開催場所によっては 4分の1程度の時もありましたが、 最低で30パーセントくらいでしょう。 難易度の高いコンクールではありますが審査員の好みなど 地区によってさまざまなな事が違うので 精一杯自分の演奏を心がけましょう。 ピティナ予選通過レベル ピティナコンクールの本選は、地区予選と違って 出場者のミスもとても少なくて完成度が高いので レベルがとても高いので予選の時よりも ピリピリしている雰囲気があります。 予選を併願している子も多く、早い時期にある予選は、 早く決めたい子が遠方からも来る為 コンクール自体のレベルも難易度高くなります。 ピティナコンクール本選の常連さんは、 予選の時点で本選曲を練習していることがとても多いです。 全国大会 地区本線から全国決勝に進む割合は、大体30人に1人位です。 50人の大型地区でも2人位しか進むことができないとても狭き門です。 決勝に行ける子はかなりそれなりの練習を時間をかけているでしょう。 全国を真剣に狙うのなら、簡単だと思う位の曲を選ぶ事がポイントです。 余裕を持って弾ける曲は、とても審査員には聞きやすく かつ表現も伝わりやすいので、カット数にも少なくなります。 決勝レベルになると、上下カットの点数で8. 8位とってます。 学びとまとめ ピティナコンクールは本選に進むのはかなり難しいだけあって、 かなり独特な表現力をもつ子が評価されていたりします。 初めてピティナコンクールに参加される子は 独特の雰囲気に負けそうになるくらいですが 練習の成果を出すことを目標に、頑張って弾き切りましょう。 【関連記事】 スポンサーリンク.

次の