ルイージマンション3 8階。 ルイージマンション完全攻略

チャート4

ルイージマンション3 8階

ミッション攻略 くもの巣を掃除する ランダムに選ばれた2部屋と固定の7部屋、合計9部屋を回って42個前後のくもの巣を掃除するのが目的です。 くもの巣を除去する上で基本的な事項:• 天井近くに張られている事もあるので、Xボタンで上を向いて見落とさないように。 ボール状のくもの糸には火を点けて、たいまつの様に持ち歩ける。 天井から垂れ下がっているくもの糸の塊は引っ張ればかなり伸びる。 火を点ければ導火線の様になり、糸の先のくもの巣が燃え上がる。 火の元として使えるものには「ロウソクの火」、「ストーブの火」、「バーベキューの火」、「炎の絵」がある。 炎が描かれた絵にダークライトを照射すると、絵の中で火が燃える。 部屋にあるくもの巣を掃除し終えると、部屋の中がピカピカになりマップから「!」マークが消える。 以下、詰まりそうな部分を解説します。 書斎 1階と2階に分かれています。 2階にはダイニング方面から入り、ボール状のくもの糸に炎の絵で火を点けて、巨大なくもの巣を焼き払いましょう。 バルコニー ストロボに反応するバーベキューがあります。 寝室 ストーブを調べて火を点けたら、シーリングファンを回します。 シーリングファンの回転と共に、それに付いたくもの糸の塊が回り、巨大なくもの巣に火が移ります。 屋根裏 2階の廊下をきれいにすると、一番奥にプルスイッチが見つかります。 プルスイッチを引っ張ると天井収納梯子が降りてきて、それを上ると屋根裏に出る事ができます。 細い梁を渡らないといけない所があり、ルイージがバランスを崩して落ちそうになったら 3DS 本体を傾けて体性を整えましょう。 梁を渡るのを1階に抑えるため、屋根裏は一番最後に来る事をお勧めします。 ここにも炎の絵があるので、ダークライトを使って炎を実体化させ、それを火の元にします。

次の

ルイージマンション2 > A

ルイージマンション3 8階

画面のコインはすべて吸い込める! 見た目はほぼ銀行強盗だが、スッキリすること間違いなしだ 普段の生活では掃除もそこそこの筆者だが、部屋のものがゴソッとまるごとなくなる、こんまりメソッドもびっくりの断捨離プレイが爽快すぎてクセになる。 「部屋もスッキリ、気分もスッキリ」なんてニコニコしていると、なんと部屋には仕掛けも用意されている。 オバキュームの風力などを使って様々な仕掛けを動かすと、大量のお金や隠し部屋、さらには隠しアイテムの宝石が現われたりする。 絵画、ドア、自販機、トイレ、蛇口などなど、仕込まれたギミックがいちいち巧妙で、探索心がビシバシ刺激されていく。 「この狭い部屋によく詰め込んだな」というくらいそれぞれ緻密に計算されていて、ゲームが後半になるにつれて探索が楽しくて仕方なくなってくる。 それが「ルイージマンション3」ならではの面白さだ。 ルイージの怯えショット3連発。 本編中はもっといっぱいあります 暗ーいホテルは、お化け屋敷としては初級クラス程度ではあるものの、あまりにルイージが怖がるのでこちらも怖くなってくるのが不思議である。 物音がして「わぁっ!」と飛び上がるルイージを見て、同じように「わぁっ!」と声を上げている筆者がいた。 本当、びっくりするからそんな怖がらないでよ……。 今作では、縦に長く伸びたホテルが舞台。 謎のオーナー、パウダネス・コナーの招待によって豪華ホテルに導かれたマリオ一行だったが、一夜のうちに様子は激変。 すべてはパウダネス・コナーの罠であり、オーナーの正体はオバケだったばかりか前2作のボスであるキングテレサまで呼び出され、マリオやピーチ姫が「絵」にされてしまう。 運良く生き残ったルイージは、オバキュームを手に1人オバケ退治に立ち向かう。 オバケに弱すぎるルイージ。 最初に穴だらけのエレベーターボタンを見たときには「えっ、こんなにあるの……!」と思わず及び腰になったが、その分やりごたえもある。 しかもフロアは、それぞれ城、映画撮影セット、砂漠、ディスコフロアなどテーマが異なり、趣味嗜好や攻略の流れまでもがガラッと変わる。 ゲーム的にも見た目的にも、最後まで飽きさせない工夫に満ちている。 この丁寧さは、さすが任天堂謹製といったところだ。 開発スタッフの遊び心が極まったなと思わせるボス戦。 ちなみに、あの映画オマージュの完成版も見られます!(これは見てのお楽しみ) 本作は基本的に出てきたオバケを退治するゲームであり、オバケはルイージを見ると攻撃してくるのだが、この「ジョーノーズ」に関しては撮影に専念してルイージと戦おうとしない。 というよりも、映画しか見えていないのでルイージ自体にはまったく興味がない、といった感じ。 数あるオバケの中でも、「映画を愛するオバケ」だけ特別扱いされているのはとても興味深かった。 こうしたこだわりは「スタジオフロア」だけではなくて、各フロアごとにそれぞれある。 砂漠が広がる「デザートフロア」では地面の砂を吸うことができたり、「グリーンフロア」では植物に関連した有機的なギミックが詰まっている。 小物のデザインやファッション、音楽、それらを活かした仕掛けに至るまで、見ているだけで色々なカルチャーを感じられてとても楽しい。 つまり、クリアまでの謎解きはそこまでハードではないが、隠しアイテムをコンプリートしようとなると一筋縄ではいかないような設計だ。 一度戻って改めて丁寧に探索してみると、「あ、こんなところにこんな仕掛けがあったのか」と驚くことばかりで、しかもフェアなことにちゃんとヒントはある。 書きすぎるとネタバレになるので多くは語らないが、細かいものから、解いてみると想像以上にダイナミックに展開するものまで、ひとつひとつアイデアに工夫がある。 普段は収集物コンプリートにあまりこだわらない筆者だが、本作に関しては「このフロアにはどんなアイデアを凝らしたの?」という興味によって最終的にすべての隠しアイテムを集めてしまった。 それほど、筆者もお気に入りのギミックの数々が散りばめられている。 ひとつひとつのギミックが「なるほど」と思わせるものばかり 「ルイージマンション3」をプレイしていて思うのは、オバキュームの機能だけで戦闘も謎解きも完結するムダのなさ、そこにスライム体の分身である「グーイージ」の特性も加わることによる広がっているプレイの幅が、まあ良くできていることだ。 ルイージとグーイージはできることが違うので、2Pプレイではという塩梅も面白い。 「任天堂製のゲームには丁寧さがある」などという褒め言葉はいまさら改めて言う必要もないだろう。 ただ、「ルイージマンション3」に関しては内容の詰め込み加減と工夫の数々に、開発者たちが楽しんで作っている様子がありありと伝わってくるところが特徴的だ。 今回のプレイは発売前ということでオンラインのマルチプレイはできていないが、ソロとは違う楽しさが生まれてくることは想像に難くない。 ルイージのオバケ退治はまだまだ続きそうだが、まずは想像力に富んだオバケホテルをぜひ堪能していただきたい。 個人的には、今年のベストの1つに入るくらいに気に入った作品だ。

次の

ルイージマンション3 攻略メモ

ルイージマンション3 8階

マジックフロアフロアを探索してみよう 【エレベーターホール】 左の本棚が描かれている布を引っ張って取る。 ダークライトでドアを出現させる。 【ツイストベッドルーム】 左下の時計のストロボスイッチをオンにする。 ベッドが動くので、ベッドがあった壁にダークライトを当ててドアを出現させる。 【イリュージョンバスルーム】 宝箱を調べるとオバケに変化する。 グーイージを出して、グーイージが襲われている間に「ダークライト」で元の姿に戻そう。 【ラウンジ】 自販機をキューバンショットで壊して先に進む。 【タンクバスルーム】 グーイージを出して、排水溝から地下に行き待機させる。 左の窓が描いてある布を取って、ダークライトを当てる。 呪いの玉が地下に移動するので、待機させておいたグーイージで吸い取る。 【テイマーベッドルーム】 カギを調べるとウサギに変化する。 オバキュームでウサギを吸い取って捕らえたら、 グーイージでダークライトを当てて元のカギに戻して入手する 【フェイクベッドルーム】 画面手前の壁の布を2枚取り、先に進む。 【ワードローブ】 部屋に入るとイベント。 アリーナに戻るとソードベッドルームにいつの間にかワープさせられる。 【ソードベッドルーム】 オバケと戦闘になるので倒す。 迷路を通ってボスオバケを追いかけてやっつけよう 部屋の扉を通過するとマップとは違う部屋にワープする仕組みになっています。 ワープは以下のようになっています。 「ソードベッドルーム」から目的地の「アリーナ」への通過ポイントだけにすると以下のようになります。 【アリーナ】 ボスオバケ「ニラ・リラ・グラ」 周りをグルグルまわってトランプを投げてきた後に、 赤く光って襲ってくる、この時にバーストをして気絶させる。 帽子を引っ張ると本体が出てくるので、ストロボを当ててオバキュームで攻撃しよう。 本体が減ると、帽子の中身が爆弾に変わる。 爆弾入りの帽子を引っ張ってしまうとダメージを受けるので、よく見て見極めよう。 撃破すると、「エレベータボタン12階」を入手できる。

次の