朝倉 未来 メンバー。 てんちむは100万円で体を売るのか? 朝倉未来メンバーが検証

朝倉未来の生い立ちと戦績!ユーチューブチャンネルについて徹底的に調査!|AchieveRog

朝倉 未来 メンバー

煽り運転に遭遇した 地元・愛知県の豊橋市で歩きたばこを注意する動画を撮影すべく、車を走らせていた朝倉とそのスタッフたち。 信号待ちの際、前方の車が青信号に変わったにもかかわらず発進しなかったため、発信を促すべく軽く「ププッ」とクラクションを鳴らす。 すると、前方の車の運転手は逆上したらしく、動き出したは良いものの、超低速走行を始めた。 仕方なく、朝倉たちはもう一つの車線へ移動して抜き去った。 しかし、その車も同じように移動し、朝倉たちの後ろにピタリとつけ、クラクションを鳴らしながら追い回してきた。 以上は朝倉による談話。 ここからはカメラが回されたため、動画内でもその様子を確認できる。 問題の車は執拗で、なかなかあおり運転をやめない。 そこで、朝倉たちが車を道路わきに止めると、あおり運転を続けていた車も停車。 中から男が出てきて、「舐めた運転してんじゃねーぞ!」と朝倉たちの車に詰め寄った。 しかし、車の窓が開き、助手席に朝倉がいることがわかると、怒り狂っていた男の態度は一変。 男は「いや、すいません……朝倉未来さんですか?」と言い、朝倉が落ち着いた調子で「そうだけど」と返すと、「あの……気づかなくて」とたちまち弱気に。 朝倉が「車、停め直したほうが良いんじゃないの? あんなところに停めて」と冷静にたしなめると、男は「すいません……」と言って自分の車へ戻り、逃げるようにして走り去っていった。 その時のことを朝倉は「あの変わりようは面白かったよ。 『スカッとジャパン』に投稿できるくらい変わりようでしたから」と振り返る。 RIZINを代表するトップファイターであり、素人時代も喧嘩で負け知らずだった朝倉にとっては、今回のようなケースも笑い話にできる。 けれども、力なき一般人にとってはそうもいかない。 現に危険なあおり運転による事件・事故は多発しており、この夏には罰則強化が検討されるなど社会問題と化している。 朝倉もそのことを憂慮しているようで、「高速道路で停まって亡くなった方もおるやん。 何考えとんの? って感じ」と憤り、「高速道路だったら停まらなくても良いと思うんですよね。 高速道路で停まるのって1番危ないから」と訴えた。

次の

朝倉未来

朝倉 未来 メンバー

2019年5月23日、プロ格闘家の朝倉未来がYouTuberとしてデビューを果たし、大きな話題となっている。 登録者数は既に15万人を突破しており、プロ格闘家YouTuberの中でもかなり注目度の高いチャンネルとして格闘技ファンだけでなく、多くのYouTubeユーザーから高い評価を得ているようだ。 そこで今回は、YouTubeで初めて朝倉未来を知ったという方のためにプロフィール情報や簡単な略歴など、朝倉未来に関する情報をご紹介! 朝倉未来のプロフィールをご紹介! では、まずはじめに朝倉未来のプロフィール情報からご紹介していこう。 「みくる」という可愛い女性的な名前ながらも、格闘技の実力はピカイチ。 幼い頃「強くなりたい」と空手・相撲を習っていたのだが、学生時代は真剣な格闘技の道から逸れてしまい一時期喧嘩三昧のやんちゃな日々を送っていたそう。 「喧嘩三昧」であることからお察しいただけると思うが、 暴走族だった不良時代も。 そのため 少年院に入所していたこともあったのだそう。 少年院を退院後、格闘技の道へと進むべく空手団体である 禅道会に入門。 名古屋で行われた数々の地下格闘技大会に参加し、後に弟である海と共にYouTubeでも有名な 「THE OUTSIDER」に参戦した。 【補足】THE OUTSIDER アウトサイダー って何? THE OUTSIDER ジ・アウトサイダー とは、格闘技のアマチュア・セミプロの格闘技大会である。 朝倉のような青春時代喧嘩に明け暮れていた不良に、格闘技を通じて更生への道を切り開きたいという目的で設立。 キャッチフレーズは「不良達ヨ、覚醒セヨ」。 しくじり先生で話題になった黒石高大やYouTuberのプロレスリングシバターなど「尖った系」の有名人を数多く排出している。 THE OUTSIDERにて 大会初の二階級制覇を果たすなどの輝かしい記録を残し、現在はROAD FCを経てRIZINにて活躍中。 プロでの戦績は 13試合中11勝という格闘技をあまり知らない・観戦しないという方でも「強い」とわかる程の記録を残している。 現在はトライフォース赤坂所属。 格闘家としての朝倉未来についての詳細は、上の動画でも詳しく語られているので、より詳しく彼のことを知りたいという方は是非。 「路上の伝説」朝倉未来がYouTuberデビュー!! そんな朝倉未来が、なんと2019年5月23日にYouTuberとして個人チャンネル 「朝倉未来 Mikuru Asakura」を開設。 矢地祐介や桜井マッハ速人などプロの格闘家が次々とYouTuberデビューを果たしている中、朝倉はワンテンポ遅れてのデビューでありながらも彼のカリスマ性や動画の企画力の高さなどからチャンネル開設わずか1ヶ月弱で登録者数はプロ格闘家YouTuberの中でもトップの 15万人以上を獲得することとなった。 どんな動画を投稿しているの? 朝倉のチャンネルでは、格闘家ならではのトレーニング動画やスパーリング動画はもちろんのこと 「初めて料理してみた」「イベント中に観客にバレずにお菓子を何個食べることができるのか? 」など、YouTuberらしいおもしろ企画動画も投稿されている。 そのため、格闘技ファンだけでなく 「怖い雰囲気とのギャップが面白い・可愛い」と格闘技をあまり観戦しない層からの人気も獲得。 特に、こちらの料理動画で強面のお兄さんがじゃがいもなど食材を「さん付け」で呼んだり、何故か全ての食材を切り餅のように四角く切るなど、不思議でお茶目な彼の姿に心を打たれた視聴者はかなり多いようだ 笑。

次の

朝倉未来

朝倉 未来 メンバー

2019年5月23日、プロ格闘家の朝倉未来がYouTuberとしてデビューを果たし、大きな話題となっている。 登録者数は既に15万人を突破しており、プロ格闘家YouTuberの中でもかなり注目度の高いチャンネルとして格闘技ファンだけでなく、多くのYouTubeユーザーから高い評価を得ているようだ。 そこで今回は、YouTubeで初めて朝倉未来を知ったという方のためにプロフィール情報や簡単な略歴など、朝倉未来に関する情報をご紹介! 朝倉未来のプロフィールをご紹介! では、まずはじめに朝倉未来のプロフィール情報からご紹介していこう。 「みくる」という可愛い女性的な名前ながらも、格闘技の実力はピカイチ。 幼い頃「強くなりたい」と空手・相撲を習っていたのだが、学生時代は真剣な格闘技の道から逸れてしまい一時期喧嘩三昧のやんちゃな日々を送っていたそう。 「喧嘩三昧」であることからお察しいただけると思うが、 暴走族だった不良時代も。 そのため 少年院に入所していたこともあったのだそう。 少年院を退院後、格闘技の道へと進むべく空手団体である 禅道会に入門。 名古屋で行われた数々の地下格闘技大会に参加し、後に弟である海と共にYouTubeでも有名な 「THE OUTSIDER」に参戦した。 【補足】THE OUTSIDER アウトサイダー って何? THE OUTSIDER ジ・アウトサイダー とは、格闘技のアマチュア・セミプロの格闘技大会である。 朝倉のような青春時代喧嘩に明け暮れていた不良に、格闘技を通じて更生への道を切り開きたいという目的で設立。 キャッチフレーズは「不良達ヨ、覚醒セヨ」。 しくじり先生で話題になった黒石高大やYouTuberのプロレスリングシバターなど「尖った系」の有名人を数多く排出している。 THE OUTSIDERにて 大会初の二階級制覇を果たすなどの輝かしい記録を残し、現在はROAD FCを経てRIZINにて活躍中。 プロでの戦績は 13試合中11勝という格闘技をあまり知らない・観戦しないという方でも「強い」とわかる程の記録を残している。 現在はトライフォース赤坂所属。 格闘家としての朝倉未来についての詳細は、上の動画でも詳しく語られているので、より詳しく彼のことを知りたいという方は是非。 「路上の伝説」朝倉未来がYouTuberデビュー!! そんな朝倉未来が、なんと2019年5月23日にYouTuberとして個人チャンネル 「朝倉未来 Mikuru Asakura」を開設。 矢地祐介や桜井マッハ速人などプロの格闘家が次々とYouTuberデビューを果たしている中、朝倉はワンテンポ遅れてのデビューでありながらも彼のカリスマ性や動画の企画力の高さなどからチャンネル開設わずか1ヶ月弱で登録者数はプロ格闘家YouTuberの中でもトップの 15万人以上を獲得することとなった。 どんな動画を投稿しているの? 朝倉のチャンネルでは、格闘家ならではのトレーニング動画やスパーリング動画はもちろんのこと 「初めて料理してみた」「イベント中に観客にバレずにお菓子を何個食べることができるのか? 」など、YouTuberらしいおもしろ企画動画も投稿されている。 そのため、格闘技ファンだけでなく 「怖い雰囲気とのギャップが面白い・可愛い」と格闘技をあまり観戦しない層からの人気も獲得。 特に、こちらの料理動画で強面のお兄さんがじゃがいもなど食材を「さん付け」で呼んだり、何故か全ての食材を切り餅のように四角く切るなど、不思議でお茶目な彼の姿に心を打たれた視聴者はかなり多いようだ 笑。

次の