医療保険 40代 女性。 おひとり様必見!独身女性に保険は必要?どの保険に入るべき?

【2020年6月】女性医療保険ランキング|保険比較ライフィ

医療保険 40代 女性

〔photo〕iStock 今回のテーマは 「20~40代独身女性と保険」。 入るべきか入らざるべきか、入るにしても種類がいろいろある保険のどれを選べばいいのか。 悩みは尽きない。 実際、この年代の独身女性の話を聞いていると、保 険について間違った認識をしていて、危うく保険で大損してしまいかねないような人も少なからずいる。 そもそも死亡保障の生命保険、入院や手術に備える医療保険、日本人の2人に1人がかかると言われるがんに備えるがん保険は必要なのか。 いまは貯蓄が少ない人、近い将来に出産を考えている人、老後のおカネが不安な人はそれぞれどうすべきか。 そうした商品別、ケース別で20~40代独身女性と保険について解説していきたい。 死亡保障の生命保険は基本的に「入る必要なし」 まず死亡保障の生命保険に関しては、気持ちの問題はともかく、誰かを扶養しているとか、遺された人が経済的に困るような事態にならないのであれば、 保険に入る必要はない。 自分が亡くなったときの葬式代くらい残したいという人もいるだろうが、亡くなっても貯蓄はそのまま残るので、その 貯蓄で亡くなった後の始末をしてもらえばいいだけ。 あえて、保険で備える必要はない。 むしろ遺族が後始末に頭を抱えないよう、 カードローンやリボ払いなどの借金を残さないなどの配慮が、保険に入るよりも大事だ。

次の

20、30、40代の「おひとりさま」は要注意! 大損する保険商品(内藤 眞弓)

医療保険 40代 女性

<ちゃんと応える医療保険レディースEVER>は短期の入院も、入院前後の通院 通院ありプランの場合 も保障します。 更新後の保険料は更新時の年齢・保険料率によって決まります。 お申込み後にアフラックから送付する書面をご確認ください。 詳しくは募集代理店までお問い合わせください。 【AFH234-2019-5421 6月3日(210603)】 保険ランキング一覧• 死亡時に「遺族の生活費」や「葬儀費用」を残すことを目的とした保険のランキングです。 その名の通り一生涯保障が継続する医療保険のランキングです。 期間限定の医療保険のランキングです。 通常の病気やけが以外に女性特有の病気を手厚く保障している医療保険のランキングです。 ご持病があっても加入が比較的容易な保険のランキングです。 原則として「がん 癌 」のみを対象として保障する保険のランキングです。 お子さまの入学時や進学時に祝金や満期保険金を受け取ることができる教育資金のための保険ランキングです。 火災、落雷、風災、水災など自然災害から、水濡れ、爆発、盗難など屋内のさまざまな事故を補償する保険のランキングです。 海外旅行のときの病気やケガだけではなく、携行品や賠償責任を補償する保険のランキングです。 ペットの病気やケガなど、入院や手術による支出に備えて加入する保険のランキングです。 事故の相手だけではなく、自分自身や搭乗者の死傷まで補償できるバイク保険のランキングです。 自転車事故や交通事故を補償範囲とする傷害保険の自転車保険ランキングです。

次の

医療保険の見直しタイミングは30~40代!?見直しの必要性と保険の選び方

医療保険 40代 女性

com) 医療保険が必要ない可能性が高いのは、「貯金が十分にある人」です。 生命保険文化センターが行った「生活保障に関する調査(2019年)」によると、直近で入院経験がある方が「自己負担した医療費」と「病気やケガで働けなかったために得ることができなかった収入」の合計金額の平均は約30万円でした。 100万円以上と答えた方も5. 5%いましたが、残りの方はそれ以下で収まっています。 100万円程度の貯金があるなら、入院することになったからといって急に金銭的に困窮する可能性は低いので、医療保険は不要と判断することもできますね。 逆に、医療保険に入っておいたほうがいいのはどんな人かというと、「貯金が少ない方」と「自営業やフリーランスの方」です。 貯金が少ない人は、医療費がかさむようになってしまうと、すぐに家計が回らなくなるかもしれません。 「お金がないから保険に入らない」という方もいますが、本当はお金がない方にこそ保険が必要なのです。 ある程度貯金ができるまでの間だけでも、シンプルな保障内容でよいので加入しておくと安心ですよ。 自営業やフリーランスの方は、会社員や公務員の方に比べて収入が不安定になりやすいうえ、もし働けなくなっても有給休暇も傷病手当金も厚生年金もないなど社会保障が手薄です。 会社や組織が守ってくれない分、自分で備えておくことを検討しましょう。 掛け捨て型を選べば月々の保険料を抑えて加入できます。 がん保険や特約はつけておくべき? (写真=PIXTA) 一般的な医療保険は基本的に「広く浅く」保障してくれるものなので、ある程度の出費に耐えられる家計で、その浅い(=少ない)保障が不要ということであればわざわざ加入しなくてもよいと判断できます。 浮いた保険料を貯金や運用に回して、自分で備えるという方法もありますね。 民間の医療保険やがん保険に入っていなくても、毎月お給料から保険料を引かれている「国の健康保険」があります。 原則3割負担で済むほか、高額の医療費がかかっても自己負担を一定額までに抑えられる「高額療養費制度」や、会社員や公務員が働けない場合にお給料の約3分の2を支給してくれる「傷病手当金」なども利用できますよ。 ただ、貯金があれば医療保険は不要と言われても「それでもやっぱり不安だ」という方もいるでしょう。 その場合、多額の医療費がかかる可能性のあるがんに特化して備えられる「がん保険」や全額自己負担が必要な先進医療の治療費をカバーする「先進医療特約」などを使って、「狭く深く」保障を持っておくのがおすすめです。 がん保険やがん特約に入っていれば、がんと診断された時点でまとまった診断給付金をもらうことができるので治療費に充てることも当面の収入源に耐えるため生活費に充てることもできます。 また、傷病手当金は最長1年6ヵ月受け取れますが、がんの治療はそれ以上の長期間に及ぶ可能性もあるため、その備えにもなります。 com) 医療保険はいくらくらいで加入できるものなのか、以下はその目安です。 当然ですが、どんな医療保険でどのくらいの金額をどのように備えるのか、保険会社によっても保険料は違います。 今回は40歳女性が入院日額5,000円の医療保険を選び、一生涯保険料を払い続けて一生涯保障してもらうタイプで先進医療特約を付けた場合で比較しています。 シンプルな掛け捨て型……月2,000円程度• 掛け捨てではなくお金が貯まるタイプ……月5,000円程度• 掛け捨て型+特約(がん含む三大疾病50万円保障)……月4,000円程度• がん保険(がんと診断されたら100万円、入院日額1万円)……月3,000円程度 自分が不安を感じる部分は医療保険を検討してみて.

次の