砕け 散る ところ を ネタバレ。 美しく、砕け、散る

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)

砕け 散る ところ を ネタバレ

東京公演と大阪公演、1回ずつ観劇しました。 冒頭10分ほどについての映像。 山姥切長義が本丸にやってくることになり、なんとか山姥切国広にあわせまいと奮闘するメンバーと、別に気にすることないでしょ、というメンバーとの間ですったもんだが繰り広げられるコメディパートを経て、ご対面からのシリアスパート。 長義の申し出により、本丸全体を使った大掛かりな手合わせをすることになるが、果たして結果やいかに…という内容。 コメディは何かが噛み合わないだけで悲しいことになる可能性がある、わりと難しいジャンルだと思ってるんですが、テンポや間合いが良い感じで、スベリ芸ではなく、ちゃんと中身を見て笑える感じで安心して見ることが出来、とても楽しかったです。 OPからわちゃわちゃしていてかわいかった~まさか内番衣装でOPスタートするとは思わなかった。 アニメの表現手法を移植してきてるような感じの演出だったのもあって、より「花丸」感が。 特に好きなのが、長義が布をかぶったを山姥切国広と勘違いするシーン。 がまんばちゃんの真似しだした時点でウケてたんですが、そこからどんどんテンポよく掛け合いが畳み掛けられるから、笑い死ぬかと思った 笑 梅津さん、コミックリリーフ的な情けない声うまいですね。 「その目、気に入らないな」「見てないだろお!?」のところとか大好き。 あと逆に長義がと勘違いされるシーンも好きです。 長義を見たまんばちゃんがさっと怒りの顔になるのに目を奪われる…という事情もあるのですが 事情? 、まったく状況がわからない長義がかわいそうでかわいい…笑 「へぇ…っ!?」とか心底情けない感じで好き。 がただの馬鹿みたいになってるのはいいのか?とは思うんですが、全キャラそれぞれ持ち味出しつつ、どのキャラも均等に出番がある感じで、それでいてごちゃごちゃすることもなく、一つの話としてちゃんとまとめてきたのはすごいなと思います。 始まる前はこんなに人数いて大丈夫なのか?と思っていて、実際全員舞台にいると多いなとは思うんですけど 笑 、あれだけいると、長義に対してのスタンスでもいくつかの派閥に分けて表現できるし、何より大勢でわちゃわちゃしていることで、彼らにも日常があることがよりリアリティを持って伝わってくる感じがあるので、これはこれでよかったなと感じました。 これまでは、基本的に敵を倒すという主線があるところに、その話にからめて刀剣男士の心情を描くという形でしたが、今回は刀剣男士の葛藤オンリーなので、そこに集中して見られるなと感じました。 「お前たちは手を出すな」からの山姥切同士での一騎打ち。 この時のまんばちゃんの心情に関してはいろいろ解釈あると思うんですけど、私は悲伝でさっさと燭台切を止めるために刺した三日月を見てるだけに、極力斬らないようにしてる山姥切めちゃくちゃやさしいなと感じました。 頭を鞘で殴ってる部分も、崩れてはいるけど、昏倒はしてないんで、おそらく手加減してるんじゃないかなと。 蹴り飛ばしたりしてるとことか、絵面としてはエグいんだけど、実際は斬る方が圧倒的にダメージを与えられるはずなんですよ。 でもそうしない。 長義は動けなくなるまで向かってくるだろうなってなんとなく感じてて、付き合ってやろうって心情だったんじゃないかなと感じました。 実際、もうどう考えても勝てないだろう状況でも「まだまだ…!」とばかりに立ち向かおうとしてましたからね、長義。 負けん気の強さがすごい。 そういえばまんばちゃんが逆刃にしたの見た時に、練習として刀剣男士でやりあう場合も普通に切れる感じなのかっていまさらに驚きました 笑 練習の時は斬れない仕様だからみんながんがんいってるのかと思っていた…。 あっこれ普通に斬れるんだ!?っていうところから、上記の解釈に至った面もあります。 慈伝の感想見てるとけっこう賛否両論なんですが、「雰囲気がこれまでのシリーズと違うから無理、しんどい」という理由でイマイチと評価している人がいるのは興味深いなと感じました。 話の内容がどうこうじゃなくて、そこが違うから無理というのがあるんだなぁ…と。 作品としてどこまで許容できるかの違いなのかな。 役者が下手だから笑えない、って分析してる人もいたけど、個人的にはコメディパート、ちゃんと笑える間合いやテンポだと思うし、笑えないのは単純に今回の脚本の笑いが合わないんだと思う。 あ、それから会場替わり刀剣男士について。 初めに見たのは東京公演の小夜ちゃんなんですが、淡々と、でもぴしっと長義に「あなたが素晴らしいから写しを作ったんじゃないですか? 山姥切さんを侮辱することは、あなた自身を侮辱するのと同じです」って言う小夜ちゃんに最初の頃からずっと一緒の刀の絆みたいなものを感じて、ぐっと来ました。 大阪では骨喰でしたが、長義とのくだりはほぼ内容としては同じなんだけど、ちょこちょこ言葉の選択が変わっていて、へぇっとなったのと、小夜に比べるとふわっと浮いた感じというか、どこか超越者的な視点があるように感じました。 そもそも顕現したのも比較的最近 いや、そうでもないか…? まぁ小夜に比べると… ですし、まんばちゃんに対しての思いがあるからというよりは淡々と事実を指摘しているように感じられておもしろかった。 に対して、「ばみって呼び方はなんなんだ?」みたいに疑問を呈してたの笑ったwいまさら…? 記憶薄れちゃってるところもあるので、凱旋公演見てからまた記事書けたらいいな。 hirokuhukaku.

次の

【AviUtl】ティム氏のスクリプトまとめ(1/9)【破壊・崩壊・燃焼・侵食系の効果】

砕け 散る ところ を ネタバレ

10月28日、この生きてきた中で一番の恋が終わった。 寝るまで泣いて、泣いて、泣いた。 今までの、気持ちはこんなにもあっけなく終わってしまうことを、身にもって知った。 あの人の悪いところを書きながら、涙を流した。 あんなにも、素敵な人にこの先、出会えるのだろうか。 あの、全ての事は好意はゼロでやってきたのか。 ただの優しさで僕の誘いに付き合ってくれたのか。 そう、考えると胸が痛くて痛くて、泣くことしか出来なかった。 終わってしまって、どうしようもない事は知ってる、報われないことは知っている。 でも、一つ、後悔がある。 未練がある。 それは、携帯越しで告白したことだ。 あの、最初に告白した時みたいなドキドキを最後に味わいたい。 自分の口で全ての気持ちをぶつけたい。 最後は美しく、砕け、そして、散りたい。 この、恋を終わらせたい。 そしたら、僕も少しは救われるだろう。 僕は、失恋する為に。 この、最大の恋を終わらせるために。 そして、後悔を消すために。 もう、一度、最後の告白をして散りたい。 それが、今の僕に出来ることじゃないかな。 それまで、僕があの人から貰った禁欲というものを 一から始める。 エロも、完全にそれまでやめる。 自分はそれ位しか出来ない。 でも、それが今の僕に出来る最も美しい事なのではないかな。 未来の僕は、この選択を恨むかもしれない。 失恋する為に頑張れるとは思えない。 でも、言わない方が痛いと思う。 この先の人生で一番辛いものになると思う。 報われない。 それは、知っている。 あの人が、好きな人のようには絶対になれない。 だから、最後は自分なりに輝いて、美しくこの恋を終わらせよう。 この、最大の恋が、未練で終わらないよう。 これからの、一日一日を失恋の為に、砕かれるために生きよう。 それでも、僕は幸せだ。 気分を悪くさせてしまったら、すいません。 今は、気持ちは収まっています。 友達との遊びとかで、忙しいので、今は男友達と遊んで遊んで、楽にしたいです。 そして、あの人の親友に言ったので、色々と気分は楽です。 相手は、慰めるの下手くそでしたけどね 笑 そして、コメントもありがとうございます。 本当に、感謝しかありません! 美しく散れたら、僕は幸せです。 後悔を、未練を残さないよう。 ありがとうございます。 感謝しています。

次の

エヴァンゲリオンQ(映画)ネタバレあらすじ!結末の死の意味を考察!

砕け 散る ところ を ネタバレ

A post shared by on Apr 25, 2013 at 6:31am PDT エヴァンゲリオンQ(映画)のあらすじをまずネタバレなしでお送りします。 序、主人公の碇シンジは父によって第三新東京という架空の街に呼ばれ、説明もなく半ば無理やりエヴァンゲリオンに乗せられ敵である使徒と戦闘。 シンジはあっさり負けてしまうがエヴァンゲリオンが勝手に暴れ勝利。 そしてなし崩し的にエヴァに乗り続け使徒をさらに撃退。 ヒロインの一人、綾波レイと少しいい感じになって終了します。 内容に関してはアニメ版とほとんど同じですが、序の方が短い時間でしっかりまとめられ見やすく、 映像や演出などもかなり進化しており、特に第5ラミエルの動きのリアル感には感動を覚えます。 破、もうひとりのヒロイン、アスカの登場からスタート。 幸先よくシンジたちは使徒を撃退しますが、新キャラ、マリの登場やシンジの親友トウジのチルドレンリストラなど 原作にはなかった展開が続き、予想のつかないストーリー構成となっています。 そしてストーリーのラストでは、シンジと綾波レイが全ての登場人物が防ごうと奮起していたサードインパクトを起こそうとし、それを渚カヲルが月から持ってきたエヴァとロンギヌスの槍によく似た別の槍で無理やりとめるという結末です。 え、これ続くの?と思った方は私だけではないと思います。 instagram. 始まりは14年後の世界 エヴァンゲリオンQは14年後の世界、渚カヲルによって防がれたサードインパクトは完全ではなく、ニアサードインパクトによってネルフは廃墟となり、シンジは初号機に取り込まれ、地球の衛星軌道上で遊泳しています。 そして眼帯をつけたアスカとピンクのエヴァに乗ったマリによってシンジはサルベージ、助けられますがそこで首に自爆装置をつけられます。 アスカ達はミサトら元ネルフ職員を中心とした反ネルフ組織ヴィレを結成しゲンドウらネルフと対立しており、シンジに対し冷たく接し、シンジは孤独感を感じ始めます。 そこにかつて助けた綾波レイの声が聞こえ、ミサトの静止を振り切りヴィレを脱出、レイと共にネルフへと行きます。 渚カヲルとの再会 レイの呼びかけに応じ向かった先には妙なゼーレがつけていたメガネを装着したゲンドウと、かつてサードインパクトを食い止めたカヲルがおり、シンジはカヲルと二人で新しいエヴァに乗ることになります。 当初、事情もわからず反発していたシンジですが、自分の行った事態の大きさを知り、カヲルと協力して二本の槍を抜くことを決意します。 エヴァVSエヴァ カヲルとシンジの二人乗りのエヴァが目標まで移動している際、アスカの弐号機、マリの七号機が現れ、シンジを止めようと攻撃してきます。 そこにレイがシンジを守る為、アスカに攻撃をはじめ、エヴァVSエヴァの戦いは混沌としていきます。 A post shared by honda1019 on Sep 5, 2014 at 6:08am PDT エヴァンゲリオンQの結末・ラストは意外な形で終わります。 シンジ・レイVSアスカ、マリの戦いはシンジをアスカが抑えようとし、レイがそれを阻み、レイの邪魔をマリがするというものですが、アスカの攻撃も口撃もむなしく、シンジは槍の元にたどりつく。 そして、カヲルの嫌な予感を無視して二本のロンギヌスの槍を抜き、シンジはあれほど後悔したサードインパクトに次ぐ悲劇、フォースインパクトを引き起こしてしまったのです。 そして世界はリリン(人間)が住めない場所にシンジ、アスカ、レイの三人だけを残すという後味の悪い結末を迎えます。 a on Sep 19, 2016 at 3:37am PDT エヴァンゲリオンQのラストシーン「死」の意味について考察、解説していきます。 まず死の意味ですが、エヴァンゲリオンQの場合、幾つかの場合があります。 物語開始時点、ゲンドウとの再会後、そしてラストシーンです。 ストーリー開始の死は不特定多数、ゲンドウとの再会後は同級生、トウジの制服を見て死を意識しますが、シンジにとっての死のトラウマはやはりアニメ版同様、ラストシーンでの渚カヲルの死となります。 あえて言いますが、カヲルはシンジの首輪を奪い、自分につけたから死にました。 つまりシンジから外した後、自分でつけずに捨ててしまえばよかったのです。 しかしそれを行わなかった意味はおそらくフォースインパクトにあります。 ここからはあくまで推測ですが〇〇インパクトは基本、シンジやレイ、そして使徒が核となっているようで、シンジを守るにはもう一つの鍵、使徒をいつでも消滅させる事が可能な状況を作る必要があったのではないかと考えられます。 そしてシンジを守り、インパクトを防ぎたいカヲルは自身の死すら計算に入れる必要があったのではないでしょうか。 さらに自身の死がシンジに慎重さを身に着けさせるきっかけになるとも考えていたと思われます。 つまり、カヲルの死の意味はシンジを守り、成長を促す為の捨て身の策だったのではないかと思います。

次の