新型 コロナ ウイルス 終息 は。 コロナウィルス(新型肺炎)の終息(収束)期間はいつ?SARSとMERSのデータから予想

新型コロナウイルスは「集団免疫」獲得で終息するのか?

新型 コロナ ウイルス 終息 は

もはや新型コロナウイルスの蔓延を止められないとしたら、誰もがこのウイルスに対する免疫を持つようになる日を待つしかないのでしょうか? しかし、この考えには致命的な欠点があります。 集団免疫は個人を守ることはできても、ワクチンがない病気から全人口を守ることはできないからです。 ピンときませんか? では、理解を深めるために、集団免疫とはどのようなものか?どうすれば集団免疫を実現できるのか?そして、その結果はどうなるのか?を見ていきましょう。 そもそも集団免疫とは? 死に至る可能性がある伝染病が流行すると、結果的には生き残るか死ぬかです。 多くの伝染病の場合、生き残った人たちは免疫がつき、二度とその病気にかかることはありません。 その点はCOVID-19ももしかしたら同じかもしれません。 個人レベルで見ると、免疫できれば伝染病から守られます。 ですから、COVID-19に免疫がある人は、外出しても病気になる心配はありません。 また、私自身にCOVID-19 の免疫がなくても、世界中の人に免疫があれば私自身も安全です。 ワクチン接種により実現する集団免疫なら問題ありません。 たとえば、町民の95%に麻疹の免疫があるとしたら、麻疹にかかった旅行者がその町にやってきても、誰かにうつす可能性はほとんどありません。 ワクチンが町民のほとんどを守り、ワクチンを接種していない少数の人たちも、麻疹がその人たちまで到達しようがないので守られます。 集団免疫はすべての人の安全を保証するものではありませんが、感染が拡大してもたいていは急速に終息します。 全体の何パーセントが免疫すると集団免疫になるかは、病気によります。 麻疹はとても感染力が強く、感染者がいない集団では1人の感染者が12人から18人に感染させます。 COVID-19はそこまで強い感染力はないようで、感染者1人につき2人から3人に感染させると見込まれますが、まだ正確な数字はわかっていません。 今のところ、全体の60%が免疫すると集団免疫に達する可能性があるとしか言えません。 集団免疫を獲得すれば新型コロナウイルスは終息する? ことはそう簡単ではありません。 Murrayさんによれば、新型コロナウイルスに感染してもあまり重症化しないこともあり得ますが、実際には感染した人の多くが重篤になっています。 死を免れる場合も、何週間も重篤な状態が続き入院が必要になったり、臓器障害やその他の長期的な後遺症に苦しむことになるかもしれません。 もっとも、新型コロナウイルスの感染症に人類が苦しむのは歴史上初めてのことであり、回復した人たちもまだ数か月しか経過していないので、どのような後遺症があるかもわかっていません。 そして、死者も出ます。 これを米国全体に適用すると、何百万人もの死者が出ることになります。 麻疹の場合、ワクチンがあるおかげで私たちは集団免疫で守られています。 しかし、ワクチンが存在しないCOVID-19のような感染症の場合は、免疫するには感染するしかありません。 ですから、 「みんなで病気になろう(=集団免疫を獲得しよう)」という考えは、「みんなが病気にならないためにはどうすればよいか」という問題の解決策にはなりません。 全員が感染したら、少なくとも免疫はできる? 短期間はそうなるかもしれません。 しかし、 COVID-19に対する免疫がどのくらい持続するかは、まだわかっていません。 ほかのコロナウイルスについて科学的にわかっていることに基づいて考えると、COVID-19の免疫は1年ぐらいしかもたない可能性があります。 また、新型コロナウイルスに感染すると一生免疫が保たれることがわかったとしても、別の問題があります。 それは、 どんなコミュニティも、ほぼ全員が新型コロナウイルスに免疫のある状態を長期間維持できないということです。 旅行者も来れば子どもも生まれます。 はしかのワクチン接種が実施される前は、数年ごとに麻疹が大流行していました。 たった数千人の赤ん坊が生まれただけで、感染しやすい人間の数が増えて麻疹の大流行が再発したのです。 この数字はCOVID-19に関しては異なるかもしれませんが、原則は同じです。 若くて健康な人たちに免疫をつけてもらう方法は? ちょっと待ってください。 その場合、誰が感染させる役目を負うのでしょうか? 死に至る可能性のあるこの実験の被験者をどうやって募るのでしょうか? このような実験は、少なくとも倫理に反します。 仮に、不必要に多くの人が死亡することを受け入れるとしましょう(はっきりさせておきたいのですが、私はこの考えは支持しません)。 COVID-19に感染しても生き残る可能性が最も高い人々だけ感染させる方法はあるでしょうか? 実は、高齢者は隔離して、学校を再開したり若者を仕事に復帰させるという提案の裏にはこの思惑があります。 しかし、 集団免疫が全人口に適用されないところが問題だとMurrayさんは言います。 交流する人の輪の内側に限って有効な集団免疫になるからです。 老人ホームで暮らすおじいちゃんが交流するのは、ほぼその老人ホームにいる人たちだけで、そこでは誰もウイルスに対する免疫がないとします。 すると、たった1人の感染者が(それはあなたかもしれません)訪問者としてやってきただけで、その建物全体で集団感染が起こります。 結局、「集団免疫の獲得」はウイルスを克服できる? さらに別の問題もあります。 エピデミックには勢いがあるからです。 人口の半分以上が既に感染しているエピデミックになると、その勢いは止まらないでしょう。 ですから、もし大規模感染を阻止できるなら、死者が出る前に感染者ゼロの時点で阻止すべきです。 倫理上の問題がここでも生じます。 一握りの人たちを死に至らしめることは、たとえ統計的に個人を特定できなくても、あまりにも非人道的です。 志願者を無理やり募っても、やはり倫理上の問題は避けられません。 また、免疫の有無で社会的階層を作るという思想には、恐ろしい差別の歴史があることも忘れてはいけません。 集団免疫を作るには、多数の人命という大きすぎる犠牲を払うことになり、しかもその効果は長期的に続かないかもしれません。 ですから、集団免疫は、COVID-19との闘いに勝つ方法でなく、むしろウイルスに敗北した証明になるでしょう。 あわせて読みたい Image: Elena Scotti, Wikipedia Source: The Conversation, Boston University, PBS NewsHour, Worldometer, The New York Times 1, 2 , NCBI, CBS News, MyNorthwest. com Beth Skwarecki — Lifehacker US[原文].

次の

【新型コロナウイルス】ニュースで使われる終息と収束正しいのは?意味や使い分けについても

新型 コロナ ウイルス 終息 は

こんにちは、shiro-mameshibaです。 昨今のヤフコメ欄などを見ると、 熱帯地方や夏である南半球でもコロナが感染した、という事実を持って、 日本でも夏までにコロナ感染は終息しない、という意見の方が多いようです。 また、それを裏付けるかのように、2020年3月のニュースによると、WHOは感染拡大が続くの終息時期について、「 夏になればインフルエンザのように消えてなくなるだろうという希望的観測は間違っている。 そうなる証拠は今のところない」と述べた、とあります。 このWHOの発言に間違いはないでしょう。 しかし、正確でもないと考えます。 つまり、この発言は、発言自体に間違いはないものの、 受け取り側の拡大解釈だと私は捉えています。 今回は、その理由( 私が夏までにコロナ騒ぎが終息すると考える理由)について述べてみます。 インフルエンザは暑い地方でも感染する さて、同じように、日本において毎年冬季に流行するに、インフルエンザがあります。 このインフルエンザですが、日本では冬のみに流行が見られますが、 熱帯地方では、実は、 通年性に感染がみられるのです。 その点について研究された論文は何本かありますが、その中で最も分かりやすい表現だった1本をご紹介します。 2015. 181 より 要約すると• インフルエンザは、 低温・低湿環境(日本の冬にあたる)だけではなく、 高温・高湿環境(熱帯地方)でも 流行する。 むしろ、熱帯地方では通年性に流行が見られる。 インフルエンザウイルス自体は常にどこかで存在しており、日本の冬季の流行の季節性は、 低温・低湿環境( cold-dry)と 高温・高湿環境( humid-rainy)の地域の間で、ウイルスが伝播されるために起こる。 というわけです。 インフルエンザは、季節の変動の中で消滅する つまり、もともとインフルエンザウイルスは、 高温・高湿環境は得意なのです。 そして、 低温・低湿環境において、最も感染力が高まるのです。 さて、ここで一つ疑問が出てきます。 それならば、日本本州で、夏期にインフルエンザがほとんど見られないのは何故でしょうか? 実は、ここのところは、あまり良くわかっていないのです。 おそらくですが、 低温・低湿環境の冬から、 高温・高湿環境の夏に移行する間の、春と秋の気候(適温・低湿度)が、おそらくウイルスにとっては生存に適していないため、そこで繁殖の連鎖が途絶え、自然に消滅しているのだと思われます。 これは、インフルエンザに限らず、どのウイルスにも言えます。 ウイルスは、本来とても弱い存在です。 繁殖に適した環境の中でしか増えられない。 したがって、 環境変化が顕著な 四季がある地域では、多くのウイルスは一年中存在することが困難なのです。 にも当てはまるか? 上記は、あくまでインフルエンザウイルスや他の風邪のウイルスの場合です。 本年発見されたばかりのにも同じことが言えるかどうかは、世界中のどんな専門家にも、断言することは出来ません。 だから、WHOは、「夏になれば終息しますか?」と聞かれれば、「それは分からない。 (終息するというのは)希望的観測だ。 」、と答えるしかないのです。 つまり、「夏以降も終息する可能性は低い」、とは 言っていない、いわば受け取り側の 拡大解釈だと、私は考えるのです。 そして、同じ属のや他の風邪ウイルスは、季節の変化の中で自然に流行が終息しましたし、MERSは今でも散発的に見られますが、ある特定の地域だけで、爆発的に感染する徴候は今の所ありません。 も、当然、同じ属の特性を有していると考える方が自然でしょう。 だから、私は、感染が、おそらく夏までには自然と終息すると、いまでも考えているのです。 むすびに とはいっても、いつ流行が終息するかは、確かに、誰にも断定できません。 私は、他の属の特性から、季節の変動の中で終息する方が可能性は高いと考えますし、日本と同じ四季のある米国でもそうであろうと予測しますが、実際はそうではないかもしれません。 最近出てきた、コロナ騒ぎをきっかけにハイ・イールド債がはじける、という話も、たしかに気がかりです。 大切なのは、どちらのストーリーになっても、命や生活に大きな影響がないようにすることです。 私は、ここでリスクをとっても、失うものが少なく(数年で回復する)、得るものが大きい(コロナが夏までに収束すれば、株価は急騰)と考えたまでです。 相場に残るも、一時撤退するも、各自のキャッシュポジションとライフステージに合わせて、自分で考えて、各々が正しいと考える戦略をとることが大切です。 shiro-mameshiba.

次の

新型コロナウイルスもSARSのようにいずれ消滅するのか

新型 コロナ ウイルス 終息 は

COVID-19の流行は暖かくなると収束する? 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はインフルエンザと違って、暖かくなっても収束に向かう可能性は低いことが、復旦大学(中国)のYe Yao氏が主導した研究で示された。 詳細は「European Respiratory Journal」4月9日オンライン版に発表された。 米国科学アカデミー(NAS)の専門家らも、同団体のプレスリリースで「気候的には夏を迎えているオーストラリアやイランといった国々でも感染が急速に広がっていることを考慮すると、気温や湿度が上昇しても感染者数が減ることはないだろう」との予測を示している。 NASの専門家らは、「実験室での研究では、気温と湿度の上昇に伴い新型コロナウイルスの生存期間が短縮することが示されている」と述べる一方で、気温や湿度以外にも、ヒトからヒトへの新型コロナウイルス感染に影響を与え得るさまざまな要因があることを強調している。 Yao氏らは、COVID-19が流行した中国224都市における1月上旬~3月上旬のデータに基づき、毎日の気温と紫外線量、湿度の変化と新型コロナウイルス感染との関連について調べる研究を実施。 湿度と紫外線レベルを調整して解析した結果、気温が上昇しても、新型コロナウイルスの感染拡大能力は変化しないことが分かった。 また、気温と湿度で調整して解析した場合も、紫外線の量により感染率が変わることはなかった。 Yao氏は「われわれの研究では、高い気温や紫外線量がCOVID-19の感染拡大を抑え得るとする仮説を支持する結果は得られなかった。 現時点では、暖かくなればCOVID-19の感染者数が減ると考えるべきではないだろう」と説明している。 こうした特徴は、2012~2013年に流行した中東呼吸器症候群(MERS)に類似していると、同氏らは指摘する。 流行当時、アラビア半島では、気温が華氏113度(摂氏45度)まで上昇したにもかかわらず、MERSの感染拡大は続いていた。 ただし、Yao氏らは、今回の研究結果が確定的なものではないことを強調しており、「今後、より長期の追跡期間で、より幅広い範囲の気温との関係を調べる研究を行う必要がある」としている。 しかし、希望も残されている。 Yao氏らも説明しているが、寒い季節には上気道感染症の患者が増えるが、暖かくなるにつれて感染者数は減る。 その明確な理由は不明だが、複数の要因が考えられるという。 例えば、夏になって日照時間が増えると人々のビタミンDレベルが上昇し、免疫システムが活性化する可能性があること、また、日光の紫外線がインフルエンザや一般的な風邪の原因となるウイルスを死滅させる可能性があることなどだ。 さらに、夏には学校が休みになる国が多く、小児の間で感染が広がりにくくなることも感染の抑制に寄与している可能性があるという。 この報告を受けて、米ロング・アイランド・ジューイッシュ・フォレスト・ヒルズの感染症専門医Miriam Smith氏は、COVID-19の感染拡大の勢いを最終的に弱めるのは、気候以外の要因だろうとするYao氏らの見解に同意を示している。 その上で、「集団免疫の獲得や科学的根拠に基づく有効な治療法の導入、ワクチンの開発が実現するまでは、引き続きソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)が感染拡大を阻止するための重要な戦略になるだろう」と話している。 All rights reserved.

次の