公文 休会。 公文をやめた後どうするか?

公文の月謝はいくら?高いと感じた時に賢く習うには?

公文 休会

3月になって習い事が次々お休みになってしまって・・・。 個人のお宅で教えてもらっているピアノ以外は全滅でした。 4月から開催されるのかさえ分からない・・・学校や幼稚園は始まりそうだけど、習い事はね。 感染者数日に日に増えているし厳しいかなぁと思っています。 少し前までは60歳以上の方が重症になりやすいと認識されていましたが、どうやらもっと若くても重症化している人はいるそうで・・・ これじゃあ本当に家から出られませんね。 公文の教室・再開に向けて時間を分けて密集を防ぐ 金曜日からの再開のお知らせをもらいましたが、学年ごとに行って良い時間が分かれていました。 小学1・2年生・・・15時から 小学3・4年生・・・16時から 小学5・6年生・・・17時から 次の学年を受け入れる前に、窓を全部開けて換気するそうです! 幼稚園児は少し小さめの部屋で小学生以上とは分かれて受けているので、いつの時間でも大丈夫と言われました。 幼稚園児はもともと人数がすくないので分ける必要があまりないのもあるでしょう。 さくらが15時ぴったりに行ったとしても、タイムリミットは1時間。 たまに1時間以上かけてドリルを終わらせてくることもあるので、本当に集中してやってこないとですね。 公文の教室がお休み中は、新しいドリルをもらってはいますが、丸付けしてくれたものを返してもらっていません。 物の受け渡しを少なくすることで、感染の危険性を減らすのが目的だそうです。 金曜日はたまりにたまった間違えの直しをやるのかな。 実は新しいドリルをやるよりも、間違えを直すほうが体力使うよね。 大分言っていることが伝わるようになってきたので、この3月から公文の無料体験を受けさせようと思っていたんだけど、厳しそうです。

次の

公文式 高進度部門表彰(オブジェ)の条件

公文 休会

こんにちは。 今小学校1年の息子と、年中の娘を公文に通わせていましたが 新入学とともに生活リズムが崩れ 5月より休会しちゃいました。 実質4月からみたいなものですが・・・ といいますのも共働きの我が家。 息子を有料の学童に入れました。 しかし、学童で友達ができないみたいで朝学校に行く前に泣かれる始末・・・ 学校は楽しいらしいのですが・・・ というわけで・・・朝勉をしていたのですが それどころではなくなってしまったのです。 親としては高い月謝を払っていますのでなんだかもうイライラしちゃうんです。 プリントは進まない、もちろん土日だってやらない。 二人分ですのでイライラは2倍。 息子の気持ちに寄り添わなければいけないのにできない。 私が変わらなければ!!と・・・ それで休会しました。 下の娘も調子が出ないんでしょうね。 休会したのは・・・別ブログで私がか〜〜〜っと悩んでるのを気に留めてくれたお友達からのコメントがあったから。 それもアンチ公文で批判をしていらっしゃる。 そのときの私は息子が学童で生活リズムを崩してるので 公文などその他の習い事のせいなんだろうか? 進度を気にしてしまう仕組みになってる公文に私が動揺して 躍起になってやらせたせいか? なんてどんどんはまってしまい、 子供を公文から離さなければ!!と思ってしまったのです。 しかし、いざお休みしてみると・・・ なんだか今まで積み上げてきたものがどんどん崩れていくような気がして寂しいんです。 現実的に公文のプリントを今はできる時間がないので 休むというのは楽は楽なのですが 楽になってしまうと復帰できないのでは・・・? このままやめてもいいかも・・・? なんて思っています。 このコミュニティでは公文の経験者がたくさんいらっしゃって 本物の体験談が聞ける〜〜〜 ととてもうれしいです。 今までですと公文をさせてるママしか知らなかったので 実際やってみた方の気持ちを知ることができるのってすごいです。 ちなみに息子の進度は国語B? 、算数A、英語B? 娘の進度は国語2A、英語A(このあいだ3Aの復習を言い渡されました><) です。 アンチ公文論についてどう思われるか聞かせてください。 いもっちさん >大阪の公文でアルバイトをしている大学生です。 進度を気にしてしまうのも共感できます。 進度は子どもも気にしますからね。 一方で、公文のプリントが子どもにとって苦痛という声も確かです。 はい・・・そうなんです。 >1学期の間は学校の行事やらで子どももごった返しています。 落ち着いてからの復帰を考えているのであれば、1科目から復帰されてはいかがでしょう? 特に息子さんは3科目されているようなので、荷が重いのでは? 私もそう思いました。 1教科でも続けていれば年齢も上がっていきその他の教科についても欲がでるかもしれませんよね。 >これは私の意見ですが、子どもにとって交友関係は生活の軸です。 公文は学童でのことを優先させてからでいいと思います。 はい・・・ 子供がまさか友達いないからつまらないなんて言うとは思っていなく、 (保育園の延長のような学童なんですよ。 半分は知ってる子ばかりなのに) 保育園をものすごく楽しんでいたので驚いている次第です。 子育ては驚きの連続なんでしょうね。 ありがとうございました。 それもアンチ公文で批判をしていらっしゃる。 ごめんなさい。 簡単に書いてしまって・・・ ミクシィは初心者なのに・・・ 子供の変化に驚いた私は自分のブログで自分についての反省を書きました。 実は子供が熱を出したんです。 それが元気になって学校に行ったらまたすぐ熱が復活したんです。 普通ある程度熱を出して学校も休めば そんなに復活しないと思うんです。 (無理をしなければ・・・ですよ。 ) それが復活しちゃったものですから 何故??子供のSOS? という疑問を自分に投げかけました。 子供が熱を出してこっちがいろいろ心配してもことごとく反抗し・・ (たとえば病院行こうね。 とか、座薬しようね。 とか、をすべて却下) 子供との信頼関係に亀裂?なんて思ったわけです。 今思えば具合悪いんですから子供もイライラしてたんでしょうね。 公文もやってほしいし、学童でやってる習い事にも行って欲しい。 でもそれってひどいですよね。 体調が悪いんだからゆっくり休むべきです。 あせることもないはず。 もし何もしていなければのんびりと休ませる余裕が私にはあるはず。 公文は3教科もしています。 下の子も入れると5教科です。 すごい金額だと思いませんか? 結局は私が良かれと思ってやったことです。 幼児期に自分からやりたいなんて言いません。 そう、私の欲でやらせてるわけです。 私がやらせて私が勝手に悩んでるんです。 自己満足の世界なんです。 だから、子供の変化=公文のせい ではないんですよ。 ピアノでもスイミングでも力を入れていたものがあって それに対してお金も時間もかけていたら 私は、ピアノはやめせる??やらせすぎ??なんて思っていたはずです。 ただ力を入れていた公文が滞ってしまった。 学童が17時半くらいに終わってそれから公文に通わせることができるだろうか? 仕事が終わってばたばたする夕方。 そこまでして教室に通わせるなんて・・・? そんなところへ公文は才能をつぶすプリントだ!!なんて改めて意見されたものですから (そういう批判の本も以前読んでいたけど私は公文を信じていたんです) ぐらっと来ちゃったわけです。 公文タイムは朝しかできないので 短い時間でさっとやってもらいたい。 これはもう・・・本人が慣れていくしかありません。 長々と状況説明しちゃいましたが 生活状況の変化に親もおろおろしててそんなところへ必死だった公文を批判され、 もうやめちゃえ〜〜〜となってしまったわけです。 >結論としては「経験者からの意見を聞いて復帰するか?辞めるか?」ということで大丈夫だと思うのですが、 求める方向性はどこに向いているのでしょう? そうです。 事実、休会という形で先生に話しました。 でもそのまま行かなければ退会・・・それでいいかな〜〜って思いました。 ただ・・・ やっぱり・・・ がんばってきたんです。 私も子供も。 働きながら・・・ですから ものすごく急いで帰って幼児タイムという時間に送り届けたりしました。 近くに私の母がいますが協力してくれないし・・・ そんなことを思い出すとやっぱり寂しい〜〜って。 何もしない生活が今は楽で楽しいですが なんかこう・・・うだうだしちゃって・・・ それぞれの教育法ってなんか宗教みたいですよね。 どれかを信じて取り組む。 でもだれかがそれは間違ってるよって言う。 O真理教みたいなのはまわりで止めるべきでしょうが 笑) 果たして公文教をやめた方がいいなんて言われて はい、そうですね。 ってやめるのが口惜しい。 それこそキリスト教か仏教か? みたいなものでどちらでもいいはず。 人それぞれの信念で。 自分が子供の頃(中学生でしたが)、ちょっと公文をやってすぐやめました。 つまらなかったから。 親もすぐやめさせる人なので私はすぐ苦痛から逃げ出してきました。 学力、、ありませんでしたね〜〜 テスト前に徹夜して人並みの点数とって終わり・・・でした。 こういう試練のない生活をしてきた私です。 反面教師というか・・・ 子供にはそうなってほしくないんです。 プリントをしない毎日。 (市販のプリント2枚くらいやってますが^^) ぬるま湯に使う生活。 がんばってきた習慣が崩れていく日々。 迷ってます。 >もし以上の文章の内容が私の勘違いでしたら申し訳ありません。 これからは1教科に絞ってゆっくりやっていこうかな〜〜 なんて思っているところです。 ありがとうございました。 公文の指導者です。 指導者というよりもう一人のお母さん(おばあちゃん?)だと思いながら子供とたちと保護者の方に接してきました。 そんな、わたしからのお願いです。 多くのお子さんは、意外と教室と家庭の二つの顔を上手に使い分けていると感じています。 保護者の方は、「家庭で、こんなに嫌がっているのだから教室でもそれなりのイヤイヤサインを出しているだろう」と思われるようす。 でも、教室では教室の顔で、そんなことは微塵も感じられないことが多いのです。 「今月いっぱいでお休みします。 」「今月でくもん止めます。 」 ある日突然にこんなことを聞かされて「なぜ???」とビックリします。 お願いです。 お子さんの変化に気が付いたら、電話でもいいですから相談してください。 どんなに長い電話でもかまいません。 教室時間中なら、かけなおしてでも、お互いの納得のいくお話をしましょう。 お子さんに「くもん止める? 」とか、「しばらく休む?」とか言いたくなったら、その言葉を一度飲み込んで、指導者に相談してください。 私たち指導者は、引き止めるだけではありません。 少しでもお子さんと保護者の方のストレスを解消して、冷静に今後のことを考えます。 教室でのこと、家庭での対処の仕方。 もしどうしても今は続けるのが無理なのであれば、また、来るときに来易いように。 子供に一度「止める(休む)と言ってしまう」と子供はその気になってしまって、どんなに説得してもやる気にさせることは不可能に近いのです。 例えば、しばらくは家庭での宿題をなくして、教室でその分をやっておいて、夏休みなど、機会を見つけて家庭学習を復活すると言う方法など、やり方はあります。 「今は、やめないで」という気持でいっぱいです。 はじめまして。 子供がずっと公文でお世話になってきました。 現在6年生、公文の3教科をやってきただけです。 ただ、これはお母さんへのお願いですが、 生活の中でいっぱい経験させてあげて欲しい、ということ。 公文の国語さえやっていれば読解力がつくか? ある程度はつくでしょう。 でも読み聞かせを楽しくされてきたお子さんとはちがいます。 算数も同じ。 生活の中で数で遊んできた子と、公文の算数だけの子とでは やはり違うと思うのです。 読解力だけで文章問題が解けるか、というと そうでもないような気もしますし、パターン学習と読解力と計算力と、様々な力が必要ですね。 机上のプリント学習だけで実力がつくか、というと、Noだと思うのです。 遊びも大事、経験も大事です。 公文が学習のメインではないですね。 ひとつの方法でしかないと思うのです。 実際、公文だけでやってきた我が子、つるかめ算と連立方程式が一致しませんでした。 でも数回やれば、それが実践として使えるようになります。 それをやらなければ一致しない子もいるでしょうし、自然と一致する子もいるでしょう。 文字式はそのまますぐにできました。 文章を式に出来るんですね。 問題によって、ジャンルによって、お子さんによって色々です。 遊びや経験として公文を上手に活用していかれたら、とても良いと思いますよ。 私が子供達を通して感じるのは、やっていてよかった、ということです。 また、途中でやめないでよかった、ということです。 どんな子でも続けていれば必ず伸びます。 そのためには、お母さんが接し方をちょっと気づかってあげて欲しいです。 公文の教材を(公文に限らず)上手に使えば素晴らしい教材になるし、使い方を間違えれば凶器にもなります。 できたね、すごいね、と誉めつつ、見守りつつ育てたら、素晴らしいものになるでしょう。 叱りながら、叩きながら、イライラしながらやらせると、それは逆効果となるでしょう。 (そのような場合もある、ということで書いてみました) そのような公文なら 少しお休みしてクールダウンも良いでしょう。 でも私は やっていてよかったと心から思っています。 だから、親戚やごく身近な存在の方へ、だったら やめないで、と伝えます。 我が子はもう公文は卒業してしまいましたが(算数以外は研究教材まで終了) 途中で辛いことも、面倒なこともあったそうです。 泣きながらやったこともあります。 でも、だから今、精神的にすごく強いし、量をこなすし、自分ですべて読んで理解しようとします。 作業力も集中力もすごくあります。 計算ミスはほとんどしません。 そして、そのことが彼女にとってそれだけの宝になっているか、ということも分かっています。 ただ単に勉強ができればいい、という事ではなく、 公文をやることによって付随してついてきたものの方がとても大きかったです。 公文は幼児期から始めて、小さいうちに学習習慣をつけて(余裕もありますね) 4〜5年までに卒業して、あとは応用に・・・ このパターンが良いと今感じています。 実際我が家はそうですし、塾に行かなくても6年生の内容は全て自力終了し、中学の問題集まで手をつけています。 それも子供が自ら。 英語は大学受験用の問題集を「面白い!」と言ってやっています。 公文じゃなかったら こうなならなかったでしょう。 公文の英語はとても良いですよ。 余裕もあるし、楽しいし、ゆるぎない自信も持てます。 変な自信ではなく、心からの落ち着いた安定した自信です。 まだそう書く年齢ではないのでしょうが、勉強のことでとやかく言う必要もなく、朝と午後の部活を堪能し、学校から帰ってすぐに遊びに行き、友達と楽しみ、本も読み、テレビも見て・・・ 塾塾塾で遊ぶヒマもない! というより、ずっと楽しい生活だと思います。 (塾を楽しんでいるお子さんもいっぱいいますけどね) アンチ公文に関してですが、 色々なシステムがあり、アンチは必ずいます。 私もアンチ公文の本はたくさん読んでいます。 読めば読むほど公文の良さがわかりますよ。 お母さんご自身がどうしたいか、お子さんをどう育てたいか、ですね。 そこをしっかり自分の中に持って決めてはいかがでしょうか? あと、私も指導者に相談することをおすすめします。 お子さんのことを一番分かってくださいますし、ママのこともわかってくれます。 じっくり面談をして、話を聞いてもらうと、解決策も意外と早くみつかると思いますよ。 指導者から見て、 今はやめちゃダメ と思う時期と 今は少しお休みしないと、親子ともキケン という時期があると思います。 それを的確に判断してくれるのが指導者だと思いますよ。 信頼して相談してみてくださいね。 我が家も、何度指導者に助けてもらったことか! (笑) 良い方向に向かわれることを祈っております。 参加早々に偉そうな書き込みでごめんなさい。 私達親子は公文にとっても感謝しているので。 途中でやめたい時もありましたけど、やめなくてよかった、と思う今があるから、あえて書かせていただきました。 色々な意見があると思います。 その情報を上手に活用して、最終的にどうするか、じっくり考えて下さいね! また、公文をされている方に・・・・ですが 進度だけを気にしてどんどん先に進める無謀な公文は賛成しません。 何度も繰り返し? もううちの子は飽きたわよ! こういう場合、飽きたのは大抵は「お母さん」です。 お子さんの目線に立って、時に見守り、時に励まし、 「継続は力なり! やっててよかった!」と思うような教育にして欲しいです。 公文に限らず・・・・ですね。 (^^) 4歳から中3までの11年ほどやっていた者です。 初めは国語・算数で小3から英語が加わり・・・という形です。 結論から言いますとやらせた方がいいです。 私の場合は、教室ではなく通信だったので、初めは親の監視の元でやってました。 優しく教えてくれる親や兄弟ではなかったので、わからないときは怒られれながらでした。 ものすごくしんどかったです。 何度辞めたいと思ったか数えきれないほどです。 でも、頑張った分だけ学校の授業がとてもラクになります。 初めて優越感を感じたのは入学したてで、周りの子達が平仮名で名前を書いている中、自分の名前が漢字で書けたことです。 また、計算問題で1番とれたという達成感がいまだに心に残ってます。 現在の私は、中学から気を抜いて勉強をしていたということもあり、決してかしこいと言える部類ではありませんが、土台だけは鍛えられたので、集中力はついたと思います。 また、プリントを毎日こなしていたのが今でも体にすりこまれているようで、簡単な暗算や計算、文章・漢字に関しては困ることは少ないです。 お子さんに口うるさくすると恨まれるかもしれませんが、将来感謝される日がくると思います。 「今日は何枚できそう?」と聞くなど、能動的に動かした方がいいかもしれません。 もしくは「ここまでできたらごほうびあげる!」などとアメとムチをうまくあやつるとか。 公文の英語に関してはアンチよりかもしれません。 リピータを使って毎日発音の練習をしていたので、発音はいまだに上手と言われます。 が! 小学生は、公文のプリントで文法を覚えさせるより、英会話教室で楽しみながら体で覚えさせたほうが良いのでは???と思うほどとりあえずやっている・・・という感じだけが残りました。 英語のおもしろさを感じる前にプリントから始めてつまづいた・・・という感じです。 今思えば受動的だったんでしょうね。 学童で友達ができないという問題ですが、お子さんにとっては大問題ですよね。 私も寂しい思いをしたことがあるのでわからなくもないです。 ひとつ質問なのですが、お子さんは友達ができないというのであって、いじめられているわけではないんですよね? もうされているかとは思いますが、些細なことでもどんな嫌なことがあったかを聞いてあげた方がいいですね。 そしてその問題を取り除く提案をしてあげる、実践させるの繰り返しです。 学童を休ませるのは難しいとのことで、私でしたらとりあえず学童の先生にぴったりとくっついていると思います 笑。 そうやって先生に心配させることで他のお子さんと仲を取り持ってくれる可能性が高いです。 こんにちは。 私は小学1年から小学6年まで公文に通っていました。 今は大学3年生です。 通っていた時は公文が好きではなかったし、友達がいた訳ではなかったですけど、 それでも出来るようになっていくのが嬉しかったです。 今でも、特に計算には自信があります。 先生として生徒さんを見ていても、 イヤイヤながらプリントをやってる生徒さんいます。 幼児さんで、飽きちゃう子もいます。 でも、みんな決して投げ出さないし、最後まで頑張ります。 本当にスゴいなって感じます。 こういう習慣って、やっぱり身につけないていけないことだと思います。 何かをずっと続けるってことは難しいかもしれないですが、必ずその子にとってプラスになると思います。 絶対です。 私なら完全にお休みするのではなく、宿題の枚数を減らすとか、 算数の方がかなり進んでいるので国語がある程度進むまで算数をお休みするとかそういう方法を取るかな。 せっかくついた習慣を崩すのはもったいないし そうですよね。 なんだか先走ってしまったような気がします。 >朝時間がなくなるとか、学童が・・・・とかはまた違う問題ではないかと思います。 学童に公文の宿題をもって行くことは出来ないのでしょうか? はい〜〜うちは共働きで夜に公文をさせるには時間が一定されなかったものですから 朝というしっかり時間を確保できる時に今までさせていました。 学童には・・・別なプリントを持たせています。 そんなにできるわけでもないのに 公文の教材を見られてしまうのがなんか心地良くなくて。 でもそんなことにいちいち振り回されず、 信念を貫くことをしないと 子どもはさらにそれに振り回されることになります。 学校によって違うでしょうが、これから学校の宿題も出るようになり、公文抜きの生活リズムがついてしまってから 公文をまた始めよう、ということになったら 今頑張って続けるよりきっと大変だと思うのです。 うんうん、そうですね。 私ってすぐ振り回されちゃうんですよ〜〜〜 信じるとまっすぐ信じちゃうんですけど。 だからこういう批判を聞くとそっちを信じちゃうんですね。 困った性格です。 >アンチ公文は私の周りにもいるけど その人たちが私の子供の学力や将来をフォローしてくれるわけではないですから・ はい!!そのとおりです。 ありがとうございます。 一息というのは、お子さんもそうですが、お母さんもね。 ありがとうございます。 今休憩させていただいて・・・・なんか気が楽になりました。 >公文の学習はいつから始めても遅すぎることはないし、 いつから始めても早すぎることもない、と思います。 なるほど〜〜 すばらしいです。 自信がわいてきました。 >公文を離れて寂しい・・・というその感覚、本物だと思います。 離れられた教室の先生も、きっと待っておられると思いますよ そうですね、ほんとにそう思いました。 寂しい・・・っていう感覚。 今まで真剣にやってきたんだと思います。 うちの子は今国語が読むのを大変そうにしてます。 いやいやで大変そうなのでこっちもつらいのですが ゆっくりやって続けたいな〜〜と今では思っています。 この間、何度公文をやめようと葛藤したかわかりません。 公文には、いい面と悪い面があるのは確かで、それぞれそのことに対して本も出ていますよね。 いろいろ試行錯誤してこられたんですね。 ほんとに賛否両論とはこのことといいますか・・・ 情報過多時代ですよね。 >簡単に言えば、公文は勉強の習慣はつくけど、字は汚くなるような気がします。 いろいろ説はありますげと。 そうならないようにしなきゃいけないんでしょうね・・・ ふぅ。 >とにかく、勉強は公文だけではないので、ベネッセの通信教育なとはたまた別の塾。 公文にこだわることはないと思います。 そうなんです。 他にも方法がいっぱいあるんです。 でもがんばってきたんですよ〜〜〜><私なりに。。。 >公文も6年余り続けてきましたが、初めは折角月謝を払っているのでプリントはこなさないといけないと思ってがんばっていましたが、2年ほど前からは、宿題を遣り残すことも多くなりました。 うんうん、我が家もできないときが多々ありました。 >毎日、毎日では、子どももかわいそうな気がします。 1週間に1度ぐらいは、休んでもいいと思うのです。 本人も休みたがってるんです〜〜 >今までの公文のコミュでは、肯定的な意見ばかりだったので、否定的な意見も聞けて私としては、ほっとしています。 ありがとうございます。 ただほんとに批判される方はとにかく批判するので 素人の私としては心が揺らぐんです。 自分がしっかり信念を持たなきゃいけないんですよね。 はじめまして。 幼稚園から高校生までずっと公文式で育ってきたものです。 主に数学ばかりやっておりました。 たまに英語や国語もやったりやらなかったりはしましたが、 数学は一貫して続けておりました。 ずっと続けて得たものとしては ・その教科の知識 ・ものの基本的な考え方 ・集中力と持続力 ・思考力 などかなと思っています。 知識以外のものは、すべてにおける基礎力だと考えています。 ずっと続けていたから得ることができたんだと思います。 ・プリントをする時間がない ・プリントをしたくない などの問題は、誰にでもあることだと思います。 私も何度もやめようとするタイミングがありましたが、 結局、やめるタイミングを逃すという形で続けることができました笑 今思うと、続けた、というのが本当によかったんだなと思っています。 あれこれいろいろ手を伸ばしてしまうと、 結局、深みを知ることなく過ぎ去ってしまうのではないのでしょうか? それよりは、ある方法で(また、ある教科で)深みを知り、そこから得たものを他に応用する方が いわゆる成績なども上がると思いますし、それ以上に学校を卒業した後にも生きる力を身につけれると思います。 これは私の経験論でしかないので、みなに当てはまるとは思っておりませんが。 ちょっと荒い言い方ですが、 公文式だろうが、別の方法だろうが、全員に当てはまる「万能薬」のような方法はこの世に存在しないと思っております。 だから、公文式を突き詰めてやればいい、というものでもありませんし、 ほかの何かを突き詰めればいい、というものでもないのではないかと。 大切なのは自分にあった方法を長く続けることだと思います。 私は、アンチ公文論というものを目にしたことはないので、そこについては何も言えません。 しかし、大切なのことはその是非を問うのではなくて、その方法がどれだけあっているかを判断することだと思います。 ハートちゃんさん レスありがとうございました。 うちの息子も新1年生、国語はB? 、算数はAの後半あたりですので同じくらいの進度だと思いますが そういえば私、あまり進度については気にしていませんでした。 それよりも机に向かうこと、勉強をすることが習慣になって生活の一部になることの方が公文の目的でした。 九州の田舎で、今は仕事を辞めましたがつい先日までは仕事をしており、状況は似たような感じでした。 幼稚園のバスの時間が早いときは、朝学習の時間が取れなかったので、降園後に通っていた学童保育所で宿題していました。 学童でお友達と馴染めないのであればそれを逆手にとって お友達と遊べないくらいやることがたくさんあるんだ、ということでもいいんじゃないでしょうか?? 別に公文のプリントをすることは恥ずかしいことでもないし。 堂々とやればよいのです。 うちのこだってたかだか学年を少々超えている程度の進度ですが お友達の前でもやってますよ、プリント。 朝は算数だけ。 学校から帰っておやつの前に国語。 最近は音読の時間も自分でストップウォッチを使って計っていますので私は横についていません。 別に3教科一緒にやらなくてもいいんじゃないかしら??? それと、教室は一人で行っています。 帰りが5時を過ぎるときだけ迎えに行きます。 ちょっとした発想の転換や工夫で、無理なく続けることは可能だと思います。 今月の無料体験から英語もスタートします。 うちは中学受験を考えており、志望校の中のひとつは英語の試験があります。 別の学校も。 今はないけれど6年後、英語の試験が加わる可能性もあります。 ですので、「英会話」ではなく受験に使える英語が必要なのです・・・・。 算数国語もそうですが英語も本人がやりたいと言うのを何ヶ月も何ヶ月も我慢させて、いろんな条件 宿題を約束通りにするとか、教室の日に忘れ物をしないとか)をクリアできたら、という約束だったので・・・・。 少々厳しいかもしれないし、やりたいといったときに始めていればそれこそ今はだいぶ進んでいたでしょう。 だけど安易に始めると安易にやめることを口にするかも、と思い、あえて我慢させました。 おかげで毎日私が言うより先にプリント広げています。 私の周りで一番身近なアンチ公文は 小学校の先生をしている友人です。 (小学校の先生は公文嫌いが多いですね。 ) いかに公文が良くないか、会うたびに言われます。 でも彼女の息子 1年生 に比べたら、集中力、忍耐力、当然ですが今の時点でも学力などは比べ物になりません。 今どれだけひどく言われても、中学受験のとき笑うのはどちらか。 (同じ学校を受験するらしいので) 公文がすぐ受験に結びつくことはありませんが 誰の監視がなくとも勉強をする「習慣」が身についた子ならば 受験対策の勉強にシフトしたとき、スムーズに取り組めると思います。 中学受験に関わらず、この先、誰もが高校、大学の受験を経験するわけですから、学習の習慣をつけるのは今かな、と思いますよ。 長くなりましたが、もし自分だったら???と考えたら、状況が似ているだけにハートちゃんさん、とお子さんにもあきらめずに頑張って欲しい!と思い、しつこくもレスつけてしまいました。 継続されてきたんですね。 >『プリントは進まない、もちろん土日だってやらない。 』 私も経験しました!! 小学校入学したころでした!! あと、中学のとき。 そうでしたか〜〜^^ >でも、先生も親も続けさせました。 進度を一回下げたり。 「1日1枚でいいからやる」と約束したり。 時には1日半ページとかもありました。 国語は好きだったので5枚。 でも英語は3枚、数学は1枚とか。 数学大嫌い 何度も何度も同じとこ繰り返したり。 なるほど〜〜 いろいろ工夫されてきたんですね。 >教室行っても寝てばっかりで…。 もうやだ!! とか言ってプリント破いたこともありました。 さすがにその時は母に「月謝の無駄!!!!! 」って激しく怒られました…。 でも続けさせてくれました。 その時期を越えたら楽になりましたし。 でも開き直って「ま、いっか」って思える時がきました。 w まだ友達と比べるとか進度とか・・・ 私がごちゃごちゃ言うからわかってるみたいだけど 実際はわかっていない息子。 きっとこれからなんですよね。 >自分のペースで、自分のやりたいようにできるのがメリットですから。 進度のこととか、時間がないとかでやめちゃったら勿体無い…と思います。 辞めたい時もいっぱいありますけどね。 w でも、ここでやめたらそれこそ月謝の無駄じゃないかと思って耐えました。 辞めるのも自分次第ですし。 ありがとうございます。 枚数を減らしてもらう。 科目を減らす。 簡単なところに戻してもらう。 とにかく続けることが大事かと私は思います。 そうですね。 日曜日ってどうしてもできなくて・・・ 私は付き合ってもいいんですけど 仕事休みだし・・・・ それなのに本人も休みモードなので私の声かけに反応してくれません。 >まだ小さいのにずいぶん進んでいるんだな、と感心しました。 指導者とよく話し合ったらいかがでしょう。 完全にやめてしまうのはもったいない。 せめてF,できればIまでがんばらせてほしい。 長いみちのりなので親も子も休み休みで…。 指導者と話し合っていません・・・・ というのも話せばきっと続けろって言うだろうし、 枚数減らすだろうし、 公文らしい得策を言ってくれるだけでこの公文批判を受けた私の気持ちまでは 察してくれない・・・・と思って。 今まで何度も何度も辞めさせようか悩みました。 子供も辛そうでプリントをなかなかやらない、 それをイライラしながら怒っている私も嫌で…。 でも辞めさせなかったのは 公文の先生との信頼関係でしょうか。 そうですか〜〜〜 先生との相性って大事ですよね。 >悩んだ時、先生に相談していました。 こういう状態でどうしようもなくて…と。 先生は土日祝日の宿題は出さず、 枚数を減らしてくださったり、 子供に対しても無理のないように接してくださいました。 今思えば・・・先走って結論を出したような気がします。 >新しい環境に難しい内容でお子さんも躓く事も 多々あると思います。 それは公文だけではなく何に対してでもそうだと思います。 とりあえずは先生に相談されてはいかがでしょう? その子にあった指導をしてくださるのではないでしょうか。 辞めさせてしまうのは勿体無い気がします…。 そうですね。 とりあえず5月から休会しましたし、この1ケ月でまた状況も変わりそうです。 ありがとうございました。 ものすごく私が先走っていましたし、 ほんとにプリントが進まず毎日学童に行かせることに集中してたので。 >あと子どもにかけるお金をもったいないと思うならやらさない方がまし。 子どもからしたらいい迷惑ですよね? もったいないって思うのは・・・・自然現象という気もしますが・・? やってくれないっていうのは非常にイライラしますよ〜〜 やってさえいればもったいないって思いません。 講師の方への報酬金を払う義務は必要ですもの。 >親の『こうなってほしい』とか『周りの子はやってるんだから』 なんてゆうエゴに振り回される子どもの気持ちって考えた事ありますか? はい。 あります。 考えすぎて疲れました。 うちの上の子は4歳から公文を始めましたが・・・(それも通信で) ほんとに最初の1ケ月くらいしか喜んでいなかったかな〜 他のプリントは喜んでいたから公文でも・・・なんて思ったのに。 それでもあの頃は夢中でしたし、燃えてたので、 手を変え品を変えやらせてきました。 教室に通うことにしてからは下の子(当時まだ2歳でしたが)も一緒にやらせることにして 先生の協力のもとがんばってきました。 それはもったいないとは思っていません。 それに現在はどう見ても自己満足ですし、親のエゴ丸出しです。 ただ、いつも子供はいろいろなことを言ってきますし、 いろいろな気持ちをぶつけてきます。 それを続けさせるのってほんとに大変です。 そこで行き着くのは・・・月謝のことでしょう。 なぜなら練習がつらいのか・・・遊びたかったんですよ。 小学校上がるちょっと前くらいだと思います。 その時はよかった、ほっとしました。 でも子供には将来は予測できないし、今が楽しければいい。 って思う。 そうですよね? 母には子供の将来を予測する能力はなかったわけです。 こういう経験があるので子供がやめたくなる気持ちもわかるし、 当時の母の気持ちも今ではわかります。 長くも短い子育て期間。 いつも冷静ではいられません。 育児は育自です。 日々勉強です。 ただそこに存在してくれるだけで幸せだということを思い出しながら 日常を過ごさなくてはいけないんですよね。 私が親のエゴで燃えすぎているとは思いますが 悩んでいるんですよ。 そうなんですか〜 >最近、妻も働きだしたのでなかなかペースがつかめず似たような境遇です。 心中お察しいたします。 ありがとうございます。 >算数はなかなか学年まで到達は難しいので、本来ならペースダウンさせたくないですよね。。 国語は2年生辺りに到達しているので、それこそ枚数を半分なり4分の1くらいまで減らすことでうまくいきそうなきもします。 ふむふむ・・・ そうですね。 >我が家もすべて完全に間違え直しまでやってから教室を迎えるようにしていましたが、ここからは「教室を休まない」「先生を信頼」「毎日の癖付け」この3点に目的を絞りました。 我が家も同じく登校前に毎日やるようにしています。 明確な目標を立てられたんですね。 >まだまだ我が家の子は、間違うことも、進度が進まないことも自己責任と言う認識が薄いようですが、これも社会に出てから必要なことなので、少し離れてみるようにしています。 完全に辞めてしまうことへの不安もよく伝わってきます。 一応休会ですがこのまま惰性で退会ってなりそうで^^ 楽なんですよね。 公文しないって。 >辞めるのはたぶん簡単ですけど、少し脱力して深呼吸。 きっとまた生活のペースができあがれば力も沸きますよ! お互い暖かく子を見守って行きましょう! ちょっと大きく深呼吸してみます。 公文への信頼が私なりに回復してきました。 またよろしくお願いします。 家の息子の場合です。 細かい事情は抜き書かせていただきます。 現在小学校2年です。 年少〜年長始まで嫌々公文に通っていました。 国語・算数・英語3教科。 (完全に親の自己満足です。 ) 訳ありまして、約1年ほど休会。 その後、国語・英語に復帰。 さらに約1年後、算数に復帰。 復帰時には、あんなに小さい頃は嫌がっていたのにすんなりむしろ喜んでプリントをやるようになりました。 モチロン、休んでいたので現在の進度は学年相応のレベルです。 公文的には遅いかもしれませんが、私は進度は気にしません。 息子が「自ら進んで勉強する」事が重要だと思っているからです。 なので、算数だけが5枚で国語と英語は3枚づつです。 公文については、肯定派でも否定はでも有りません。 ただ、 「繰り返し学習する事は小さい頃には必要。 自分で勉強する習慣を低学年のうちにつけさせたい。 」 と思ってはいます。 私は、公文式は親と別のところにありました。 それは私が昔から生意気なのか親に対して反抗的だったのか、いつでも親を通して私自身のことを決められることに不満を持っていたので、自分で枚数の調整や進度の調整ができたことがとても嬉しかったです。 そうなんですか^^ でもきちんと自分で決めてやり遂げていたんですね〜〜 立派ですね〜 >ですから、中学生の頃なんかは部活動に忙しく毎日の宿題は0枚でした 苦笑 ただ、お教室だけはさぼらず、決められた枚数(確か5枚だったと記憶しております)はしっかりやりました。 それは誰に言われるわけじゃなく、自分で決めたことでした。 ほんとにすばらしいですよ。 そのことから、私は「子供さん本位の公文式」と考えて欲しいと思っています。 どんなに小さな子でも、自分の意見をきちっと持っています。 「もう一回、公文やってみる?どうしよっか」等聞いてみるのもいいかもしれません。 親御さんだとまた本音を言いにくいこともありますので、お教室の先生から子供に聞いてみる等 ご相談なさってください^^ やめるのは簡単ですが続けることは本当に難しいですね。 ありがとうございます。 子供に聞くって大事だと思います。 そこでつまづくのが親の気持ちを考えて喜ばそうとしちゃうところ。 本音・・・をどれだけ語れるのか・・・? まだ手探り状態です。 本人に今月休んだら算数だけ復活して徐々に全部やりたい!! ということを聞きました。 とはいえ・・・ なんか私の主観が入ってるっていうか願いが入ってるっていうか・・・^^ でもこのコミュで公文の良さを再確認できました。 小1〜小3の間までは学童に通ってて、17:00まで学童に行ってその後公文に行ってました。 うわ〜〜〜すごいです〜〜 うちの子供の境遇と似てなす〜〜 >入会して当初は学童との兼ね合いでさぼりにさぼっていましたが、1回先生が真剣に怒ってくれて、それからは宿題は真面目にだすようになりました。 なるほど〜〜 >多分そこで言われてなかったら約10年間も頑張れなかったと思います。 体験談ですが公文を少しずつでも続けていけばかなりの力がつくと思います。 小学校1年生のときから頑張れば中学校でとても楽です。 やっぱりそうなんですね。 >そしてその余裕が他の科目にも良い面をもたらし受験などにつながっていくと思います 私は高校受験のときは公文だけでした!! でもあたしも公文の先生とかなり衝突がありました。 何度も泣いたりもしたし、言い合って教室飛び出したりしたこともあります。 ドラマみたいですね。 >環境が変わって大変かもしれませんが、1日1枚でも続けていければと願ってます。 子供の言う通りそのままではなく、先生に相談してみたり、子供の将来を考えたり総合的に判断してあげてください!! やっててよかったっていう言葉が本当に救いです。 masakoさんのようにきちんと学力をつけさせてやりたいです。 公文をやってた事で学校の算数の授業が分かりそれが楽しくて好き!! という気持ちの変化が訪れました。 今は大学生なのですが・・・小学生からの算数好きは今も変わらずで、中・高も維持・・・理系の大学に通うことになりました。 なるほど〜〜〜 私自身の体験談ですと数学大嫌いでしたから^^ 子供にそんな想いさせたくないって願ってるんです。 やっぱりいいんですね。 >嫌なときは枚数減らしたり・・・して頑張りました。 継続することが公文では大切なんじゃないかな?って思います。 長くなってしまいごめんなさい。。。 いえいえ、本当にありがとうございました。 国語は1年くらいしかやってませんが… そうですか〜〜 >5歳下の妹も、私と同じく始めたのですが 嫌々やってたというコトもあって今でも公文は嫌だと言ってます。 トラウマのような状態です ですが私は、やって良かったと心から思ってます。 兄弟でも違いますからね〜〜 >最初は、私も嫌で嫌で仕方なかったです。 毎日宿題を消化しないといけなかったし、 何より時間を計ってやるってコトが苦痛でした。 でもある時、学校の授業で 公文でやったような問題が出たんです。 その時、『あっ、これはやったコトがある!』っと ちょっとした優越感を味わったんです。 それからは枚数を調整したり、 何とか楽しみながら続けるコトが出来ました。 なるほど〜〜 >皆さんも書かれてますが、 何かを辞めるのは簡単だけど何かを続けるって大変なコトなんですよね。 でもちょっとした楽しみを作ったり見つけ出してあげると、 子供は続けて頑張ってみようと思うのではないでしょうか? 繰り返し問題を解くコトで、 確実に力は付いていくと思います。 そうですね。 でも辞めるのも結構大変ですよ^^ なんか踏ん切りがつかなくて。 レスなんかたてて悩んじゃってるもの。 >ただ私の妹のように嫌がるのを無理やりやらせて、 後々トラウマになるようでは逆効果だと思います。 まずはお子さんに現在の気持ちを聞いてみるか、 公文の先生に相談してみたらイイと思います。 まだ始めたばかりで力が付き具合や、 進度を気にする気持ちは分かります。 ですが今苦労した分、あとで楽になるんですよ! そうですね。 とりあえず公文自体を嫌がってるわけではないんです。 小さいときにやらせたので生活の一部にはなってるはず。 ただ生活環境の変化で親の私がどう対処したらいいかわからなくなって・・・ 子供の反応が自分のせいではないか・・・?って思ったわけです。 指導者というよりもう一人のお母さん(おばあちゃん?) それはそれは・・・ドキドキ・・・ >そんな、わたしからのお願いです。 多くのお子さんは、意外と教室と家庭の二つの顔を上手に使い分けていると感じています。 保護者の方は、「家庭で、こんなに嫌がっているのだから教室でもそれなりのイヤイヤサインを出しているだろう」と思われるようす。 でも、教室では教室の顔で、そんなことは微塵も感じられないことが多いのです。 そんな気はしますね。 嫌だ〜〜〜って言われながら連れて行くんですが結構まじめにすべてをこなしているみたいで・・・ >「今月いっぱいでお休みします。 」「今月でくもん止めます。 」 ある日突然にこんなことを聞かされて「なぜ???」とビックリします。 お願いです。 お子さんの変化に気が付いたら、電話でもいいですから相談してください。 どんなに長い電話でもかまいません。 教室時間中なら、かけなおしてでも、お互いの納得のいくお話をしましょう。 そ、そうですか・・・ そうですよね^^ 私は口下手なのできちんと話せないタイプ。 今回はメールでど〜〜んっと休会宣言しちゃいました。 もちろん学童が原因だ・・・という内容で。 >お子さんに「くもん止める? 」とか、「しばらく休む?」とか言いたくなったら、その言葉を一度飲み込んで、指導者に相談してください。 私たち指導者は、引き止めるだけではありません。 少しでもお子さんと保護者の方のストレスを解消して、冷静に今後のことを考えます。 教室でのこと、家庭での対処の仕方。 もしどうしても今は続けるのが無理なのであれば、また、来るときに来易いように。 子供に一度「止める(休む)と言ってしまう」と子供はその気になってしまって、どんなに説得してもやる気にさせることは不可能に近いのです。 わかりました。 言ってはいけないことなんですね。 よく言ってました。。 >例えば、しばらくは家庭での宿題をなくして、教室でその分をやっておいて、夏休みなど、機会を見つけて家庭学習を復活すると言う方法など、やり方はあります。 「今は、やめないで」という気持でいっぱいです。 ありがとうございます。 とりあえず気持ちの整理としましては5月中は休ませて 6月から1教科ずつ復活させようと思っています。 1教科をしっかりやるだけでも違いますよね? 本人もそれでいいと言ってます。 学童でいっぱい遊んだり習い事に熱中してくれればいいのですが どうなることやら・・・・です。 初めは国語・算数で小3から英語が加わり・・・という形です。 ふむふむ。 >結論から言いますとやらせた方がいいです。 なんて明瞭なご回答!! >私の場合は、教室ではなく通信だったので、初めは親の監視の元でやってました。 優しく教えてくれる親や兄弟ではなかったので、わからないときは怒られれながらでした。 ものすごくしんどかったです。 何度辞めたいと思ったか数えきれないほどです。 でも、頑張った分だけ学校の授業がとてもラクになります。 初めて優越感を感じたのは入学したてで、周りの子達が平仮名で名前を書いている中、自分の名前が漢字で書けたことです。 そうですか・・・ うちの子も優越感にしたってくれているんでしょうか・・・ >また、計算問題で1番とれたという達成感がいまだに心に残ってます。 現在の私は、中学から気を抜いて勉強をしていたということもあり、決してかしこいと言える部類ではありませんが、土台だけは鍛えられたので、集中力はついたと思います。 また、プリントを毎日こなしていたのが今でも体にすりこまれているようで、簡単な暗算や計算、文章・漢字に関しては困ることは少ないです。 は〜〜〜すばらしいです。 ほんとにきちんとコツコツやってきた成果なんですね。 >お子さんに口うるさくすると恨まれるかもしれませんが、将来感謝される日がくると思います。 「今日は何枚できそう?」と聞くなど、能動的に動かした方がいいかもしれません。 もしくは「ここまでできたらごほうびあげる!」などとアメとムチをうまくあやつるとか。 いいですね〜〜 「何枚できる?」っていうのを最近聞いていなかったかも。 アメとムチ・・・ 最初の頃こればっかりでした^^ >公文の英語に関してはアンチよりかもしれません。 リピータを使って毎日発音の練習をしていたので、発音はいまだに上手と言われます。 が! 小学生は、公文のプリントで文法を覚えさせるより、英会話教室で楽しみながら体で覚えさせたほうが良いのでは???と思うほどとりあえずやっている・・・という感じだけが残りました。 英語のおもしろさを感じる前にプリントから始めてつまづいた・・・という感じです。 今思えば受動的だったんでしょうね。 なるほど〜〜〜 >学童で友達ができないという問題ですが、お子さんにとっては大問題ですよね。 私も寂しい思いをしたことがあるのでわからなくもないです。 ひとつ質問なのですが、お子さんは友達ができないというのであって、いじめられているわけではないんですよね? それはないようです。 学童嫌だって言われたその日にすぐ学童の先生に電話しちゃいましたよ。 楽しそうにやってるのに〜〜〜と 驚かれました。 >もうされているかとは思いますが、些細なことでもどんな嫌なことがあったかを聞いてあげた方がいいですね。 そしてその問題を取り除く提案をしてあげる、実践させるの繰り返しです。 学童を休ませるのは難しいとのことで、私でしたらとりあえず学童の先生にぴったりとくっついていると思います 笑。 そうやって先生に心配させることで他のお子さんと仲を取り持ってくれる可能性が高いです。 そうですね。 なんか学童を嫌がってるのはうちの息子だけみたいで^^ 心配してくれています。 1歳からうちの子を知ってくれている先生です。 厳しいですがこちらはこちらで信頼するしかないですね。 いろいろありがとうございました。 私は小学1年から小学6年まで公文に通っていました。 今は大学3年生です。 そうですか〜〜 >通っていた時は公文が好きではなかったし、友達がいた訳ではなかったですけど、 それでも出来るようになっていくのが嬉しかったです。 今でも、特に計算には自信があります。 そうですか〜〜^^ >先生として生徒さんを見ていても、 イヤイヤながらプリントをやってる生徒さんいます。 幼児さんで、飽きちゃう子もいます。 でも、みんな決して投げ出さないし、最後まで頑張ります。 本当にスゴいなって感じます。 そうですよね。 ホントにがんばってると思います。 >こういう習慣って、やっぱり身につけないていけないことだと思います。 何かをずっと続けるってことは難しいかもしれないですが、必ずその子にとってプラスになると思います。 絶対です。 やっててよかったという経験談が私にはほんとに励みになりました。 ありがとうございました。 にーとんさん >はじめまして。 主に数学ばかりやっておりました。 たまに英語や国語もやったりやらなかったりはしましたが、 数学は一貫して続けておりました。 そうですか〜 ずっと続けて得たものとしては ・その教科の知識 ・ものの基本的な考え方 ・集中力と持続力 ・思考力 などかなと思っています。 知識以外のものは、すべてにおける基礎力だと考えています。 ずっと続けていたから得ることができたんだと思います。 そうですか・・・・ これらのことは一朝一夕で身につくようなものではありませんものね。 >・プリントをする時間がない ・プリントをしたくない などの問題は、誰にでもあることだと思います。 私も何度もやめようとするタイミングがありましたが、 結局、やめるタイミングを逃すという形で続けることができました笑 今思うと、続けた、というのが本当によかったんだなと思っています。 そうなんです。 この壁にはぶちあたってばかりです。 >あれこれいろいろ手を伸ばしてしまうと、 結局、深みを知ることなく過ぎ去ってしまうのではないのでしょうか? それよりは、ある方法で(また、ある教科で)深みを知り、そこから得たものを他に応用する方が いわゆる成績なども上がると思いますし、それ以上に学校を卒業した後にも生きる力を身につけれると思います。 これは私の経験論でしかないので、みなに当てはまるとは思っておりませんが。 なるほど〜〜 深みがあります。 >ちょっと荒い言い方ですが、 公文式だろうが、別の方法だろうが、全員に当てはまる「万能薬」のような方法はこの世に存在しないと思っております。 だから、公文式を突き詰めてやればいい、というものでもありませんし、 ほかの何かを突き詰めればいい、というものでもないのではないかと。 大切なのは自分にあった方法を長く続けることだと思います。 そこなんですよね。 自分の子供に何をさせればいいのか・・・? 応援してあげたらいいのか・・? 見極められないでいます。 >私は、アンチ公文論というものを目にしたことはないので、そこについては何も言えません。 しかし、大切なのことはその是非を問うのではなくて、その方法がどれだけあっているかを判断することだと思います。 そうですね。 その子供に合えばいいんですよね。 私が信じた公文式です。 突き詰めていけたらいいな〜〜と思っています。 ありがとうございました。 細かい事情は抜き書かせていただきます。 現在小学校2年です。 年少〜年長始まで嫌々公文に通っていました。 国語・算数・英語3教科。 (完全に親の自己満足です。 ) 訳ありまして、約1年ほど休会。 その後、国語・英語に復帰。 さらに約1年後、算数に復帰。 復帰時には、あんなに小さい頃は嫌がっていたのにすんなりむしろ喜んでプリントをやるようになりました。 モチロン、休んでいたので現在の進度は学年相応のレベルです。 公文的には遅いかもしれませんが、私は進度は気にしません。 息子が「自ら進んで勉強する」事が重要だと思っているからです。 なので、算数だけが5枚で国語と英語は3枚づつです。 そうですか〜〜 長い休会期間を乗り越えて再スタートしてるんですね。 >公文については、肯定派でも否定はでも有りません。 ただ、 「繰り返し学習する事は小さい頃には必要。 自分で勉強する習慣を低学年のうちにつけさせたい。 」 と思ってはいます。 私もそう思っていたんです。 繰り返しだって何回もやって脳に刻むものだって思ってますし。 小5の娘がいます。 小1の7月から算数・英語を始めて 小1の3月ぐらいから国語も加えましたが、娘が3科目は こなしきれなくなり、国語は1年足らずでやめました。 うちも共働きだったので、学童に公文のプリントを持たせて 学校の宿題が終わったらやるようにしていましたが あまり出来ていなかったような気がします。 (学童は勉強の時間と遊ぶ時間の区切りがはっきりしていて 勉強する時間は少なかった) 結局家でやっていました。 そして学童は大嫌いで、3年間散々文句を言いながら通って いました。 (友だちができない。 つまらない 等など) でも通ってもらわないと親として困るので我慢させました・・ 小4の夏休み明けから、個人指導塾に受験対策+学校補習の ため、週3通うようになってから、娘は2回公文の宿題の プリントを隠しました。 (計10日分は隠していました) 隠したことに強く叱りましたが、娘が隠した背景を考えると 塾と公文(算数)の宿題の量の多さ、今つまづいている部分が スムーズに合格できないので、公文の日は教室に4時間もいる・・と いった問題が見えてきて、算数は退会することに決めました。 本当は続けたかったんですけど、小1からやっていて学年相当 までしか進めなかったのと、学校の授業で苦手分野が出てきても 公文では解消できなかったためです(図形など) ハートちゃんさんのお子さんはまだ小さいですから、ホント ゆっくりでいいと思います。 休会しているのが精神的にラクならばそれでいいし、1科目に 絞ってゆっくりやるのがいいな・・と感じたならばそれで いいんじゃないかなと思います。 うちは小1から3教科やってみて、英語しか残らなかった形に なってしまいましたが、それもいいかなと今は感じています。 アドバイスにも何にもなりませんが、ハートちゃんさんの お子さんとご自身がその時その時の状況に合わせて公文を 選択されていくのが、一番いいですよね。 頑張ってくださいね。 >ハートちゃんさん 公文の指導者です。 「いつでも指導者にご連絡ください」と申し上げているのですが、お母様方が、お子達の変化に戸惑いながら、なかなか指導者に言えず迷っていらっしゃる様子が伺えます。 このコミュを読みながら、自戒させていただいております。 幼児さんお2人に、お仕事もあって大変なのに、朝、学習時間を持つなど、すごい努力家なんだと、頭が下がる思いです。 ピカピカの1年生。 元気で学校に行ってくれるはずが大泣きされては、どんなにかご心配なことでしょう。 でも、お子様にとって見れば、ただでさえ緊張するのに、学校の後は、学童保育に行ってお教室に行って、宿題をやって、、、。 大人で言えば、残業の後にアルバイトしているような負担だったのでしょうね。 学校や、学童保育に慣れて、生活のリズムが整えば、きっとまた楽しくできそうだと感じていました。 国語は、お母様がついていないとできないというのは、進度が高いのかもしれません。 自力学習できるようになれば、お母様にも、学習者であるお子様にも、負担感はずいぶん違うことでしょう。 >>> とりあえず気持ちの整理としましては5月中は休ませて 6月から1教科ずつ復活させようと思っています。 1教科をしっかりやるだけでも違いますよね? 本人もそれでいいと言ってます。 学童でいっぱい遊んだり習い事に熱中してくれればいいのですが どうなることやら・・・・です。 >>>引用終わり というお話を伺い、ほっとしております。 ただ、休会は3か月で自動退会となります。 目礼さんもおっしゃっておられますが、お教室でのお子様の様子などお聞きになって、ご相談されることが何より大切と存じます。 公文に批判はあるでしょうが、立派な建物を建てるには、それに見合う基礎が必要です。 公文はその基礎学力を必ず作ります。 そして、自分からどんどん進んでいく意欲をつけます。 どんな方でもスラスラできるところから、学ぶ喜びを感じることができます。 どうぞこれからも、指導者と一緒に楽しんでくださることを念じてやみません。 YAYAさん >はじめまして。 ほんとですよね。 感謝してます。 >ひとつ気になったのですが、お子さんが学童に行きたくないといって朝のご機嫌が悪い、っていうお話でしたが、公文をやめてみて、その状態は変わられたのでしょうか? はい・・・ 直接の原因というのは公文ではない・・ということを私は認識してます。 たまたま私が力を入れていたものが公文で 毎日宿題をさせておりましたし、子供もがんばっていたんです それが滞る・・・ ワーキングマザーにとっては朝学習がすべて・・・ その貴重な朝時間に泣かれる毎日・・・ 公文が進まない。 という流れが生じました。 汚い性格なのかもしれませんが、二人合わせて5教科分のお月謝は相当なもの。 もったいないって思ってしまいますし、 それが苛立ちを生み・・・・ 子供を変な理由で怒ってしまう私がいた。 ということで子供の気持ちに寄り添わなければならない大事な時期に 私に余裕がないなんて・・・・ それですぐ休会させてもらったわけです。 >朝、仕事に出るときに子どもの調子がよくないのは、本当に気がかりですよね。 勉強の負担がなくなったことで少しでもご機嫌よく通えるようになったのかな、と思いまして。 トピックからはずれた質問だったらごめんなさい。 いえいえありがとうございます。 今は勉強そのものを嫌っておりませんし、 あれこれ理由をつけてなだめて学童へ行かせています。 特に今日はいい感じでした^^ もう少し・・・だと思っています。 symantecさん >文章を読んでて思ったのですが、性格が私と似ていますね(笑) そ、そうですか^^ >その気持ちが先行してある時「みんなのためというのは建前で、結局自分が目立ちたいから」と思いました。 それからは敢えて難しい質問をして口出しすることを控えました。 気づかれたってすばらしいですね。 いろいろ意見を言えるというのはなかなかできないものです。 私なんて口下手ですのでこのようにゆっくり文章にできる場があると ほんとに目立つことができていい時代です^^ >ハートちゃんさんは純粋な方だと思います。 心の内をえぐるようで申し訳ないですが、恐らく「子どもと一緒に自分も成長したい」と思いつつも、 それは自分が「あなたのお子さんすごい!」と言われるための手段としてしかなかったと予想します。 そしてそれが悪い方向に進んで、気付いたら自分で自分を追い込み、自信をなくしている。。。 ほんとに自分のコンプレックスをバネに・・・って変ですが そんな想いがいつもあるんですよ。 私が学校時代苦労したという経験をさせたくない・・・・ もちろんしなきゃいけない苦労は買ってでもさせなきゃいけないと思うんですが 学習習慣・・・なんていうのは なかなかつかないもの。 そのうち気づいて自分から取りくむことも多々あるでしょうが それを待っていて失敗した〜〜〜なんていうこともあるかもしれないですし・・・ う〜〜ん。 先々考えすぎですね。 >けどこれは私に対しての戒めでもありますが、「同じ失敗は二度繰り返してはだめ」です。 再度熱を出した時、「お母さん何でも聞いてあげるから勇気を出して言ってみて」とお子さんに問いかければ そこで解決が導かれたのかなと思いますが。 なんていいますか・・・・ うちの息子はたぶん言いたいことは言ってる方だと思います。 学童の先生と話したこととつなぎ合わせてみて 別にいじめられてるわけでもありませんし、 今までの保育園時代のお友達もたくさんいますし、 先生も保育園時代の先生がたくさんいますから、 深刻なことにはならないと思ってます。 ただ、性格的にお友達の輪に入っていけないようです。 ということだったので 私もそうなので はぁ・・・やはり我が子だな〜〜と。 >公文は自分のペースで、もっと踏み込めばその子のペースに合わせて学習すればよいのです。 何も競争して人より進度が進んだとか、そういうことは正直どうでもよいことなのです。 問題は、壁を乗り越えた時、自分自身に成長を感じたかどうか?に尽きます。 指導の立場からしても、 間違いなく小学生にとっては難しい約分や四則混合、主従関係をパーフェクトに正解した時のこどもの表情は生き生きしています。 体調が悪ければ回復に専念すればよい。 公文はいつでも戻ってきても構いません。 ただ15分でもいいのでプリントに向かう時間は作ってください。 少しの時間でも集中できるこどもを育てることが公文式教育です。 この時、自分から教えることは禁物ですよ。 「自学自習」。 この意味を考えてみてください。 >> この言葉いつでも反芻したいと思います。 >某省庁が創造力だとうるさく言っていますが、基礎学力なくして何が創造力ですよ。 それはまるっきり絵の描き方を知らない人に真っ赤なアクリルで水墨画を描かせるようなものです。 ピカソが奇抜な絵が描けたのも基礎的な描き方を取得していたからこそ。 けどそれでも公文を否定する人は存在します。 基礎学力・創造力を先に置くかはそれぞれです。 それはその人の哲学ですので否定することはないでしょう。 自分の考えを崩さなければ問題ないのです。 ありがとうございます。 自信が回復しました。 >1教科だけでも絞っていく姿勢、前向きですね。 ただ仮にペースが上がってきたら指導者・お子さんと相談してみて調節してみてください。 復習の平均時間が1分でも短くなったらチャンスですよ。 ご健闘を祈ります。 まだまだですがいい方向に進んでいます。 これからもよろしくお願いします。 まゆさん >はじめまして。 小1の7月から算数・英語を始めて 小1の3月ぐらいから国語も加えましたが、娘が3科目は こなしきれなくなり、国語は1年足らずでやめました。 うちも共働きだったので、学童に公文のプリントを持たせて 学校の宿題が終わったらやるようにしていましたが あまり出来ていなかったような気がします。 (学童は勉強の時間と遊ぶ時間の区切りがはっきりしていて 勉強する時間は少なかった) 結局家でやっていました。 そして学童は大嫌いで、3年間散々文句を言いながら通って いました。 (友だちができない。 つまらない 等など) でも通ってもらわないと親として困るので我慢させました・・ 状況が似てますね。 >小4の夏休み明けから、個人指導塾に受験対策+学校補習の ため、週3通うようになってから、娘は2回公文の宿題の プリントを隠しました。 (計10日分は隠していました) 隠したことに強く叱りましたが、娘が隠した背景を考えると 塾と公文(算数)の宿題の量の多さ、今つまづいている部分が スムーズに合格できないので、公文の日は教室に4時間もいる・・と いった問題が見えてきて、算数は退会することに決めました。 本当は続けたかったんですけど、小1からやっていて学年相当 までしか進めなかったのと、学校の授業で苦手分野が出てきても 公文では解消できなかったためです(図形など) そうでしたか・・・ 苦難があったんですね。 >ハートちゃんさんのお子さんはまだ小さいですから、ホント ゆっくりでいいと思います。 休会しているのが精神的にラクならばそれでいいし、1科目に 絞ってゆっくりやるのがいいな・・と感じたならばそれで いいんじゃないかなと思います。 ありがとうございます。 >うちは小1から3教科やってみて、英語しか残らなかった形に なってしまいましたが、それもいいかなと今は感じています。 アドバイスにも何にもなりませんが、ハートちゃんさんの お子さんとご自身がその時その時の状況に合わせて公文を 選択されていくのが、一番いいですよね。 頑張ってくださいね。 自分の子が何に向いてるかしっかり見極めらるよう・・・ これからも努力していきたいです。 「いつでも指導者にご連絡ください」と申し上げているのですが、お母様方が、お子達の変化に戸惑いながら、なかなか指導者に言えず迷っていらっしゃる様子が伺えます。 このコミュを読みながら、自戒させていただいております。 いえいえ・・・ やはり性格にもよるといいますか・・・・ たくさんの生徒さんを見ている先生ですからこちらで解決できるものはしちゃおうかなんて 思ったりして・・・ >幼児さんお2人に、お仕事もあって大変なのに、朝、学習時間を持つなど、すごい努力家なんだと、頭が下がる思いです。 照れます^^ >ピカピカの1年生。 元気で学校に行ってくれるはずが大泣きされては、どんなにかご心配なことでしょう。 でも、お子様にとって見れば、ただでさえ緊張するのに、学校の後は、学童保育に行ってお教室に行って、宿題をやって、、、。 大人で言えば、残業の後にアルバイトしているような負担だったのでしょうね。 そうですね。 この4月は公文教室に・・・ 3回くらい通ったでしょうか・・・・ 本格的に学童が始まる前のことです。 通常の時間配分になっていないので さあ!!これから!!というときに熱を出しました^^ >学校や、学童保育に慣れて、生活のリズムが整えば、きっとまた楽しくできそうだと感じていました。 国語は、お母様がついていないとできないというのは、進度が高いのかもしれません。 自力学習できるようになれば、お母様にも、学習者であるお子様にも、負担感はずいぶん違うことでしょう。 なるほど。 ただ甘えているだけではないのですね。 とはいえ・・・ 少し回復気味で残っている宿題(4月分)を学童でやらせようと持たせたところ やってくれました。 あ、、できるんだな〜と。 >ただ、休会は3か月で自動退会となります。 目礼さんもおっしゃっておられますが、お教室でのお子様の様子などお聞きになって、ご相談されることが何より大切と存じます。 そうですね。 退会しちゃうと・・・ どうなるんでしょう? またテストから始まるってことですものね。 公文に批判はあるでしょうが、立派な建物を建てるには、それに見合う基礎が必要です。 公文はその基礎学力を必ず作ります。 そして、自分からどんどん進んでいく意欲をつけます。 どんな方でもスラスラできるところから、学ぶ喜びを感じることができます。 どうぞこれからも、指導者と一緒に楽しんでくださることを念じてやみません。 ありがとうございます。 計算の羅列・・・という感じのする公文算数なのかもしれませんが 計算を苦だと思わないことがまた自信につながると思っています。 またこれからもよろしくお願いします。 はじめまして。 みなさんのレスをすべては読んではいませんが・・・ 私は、小6から高3まで、公文で英語を習っていました。 一応、O教材(最終教材)まで終わりました。 今は、公文退会後から、採点のアルバイトをしています。 私の場合は、自分から公文に入りたいと思って入ったので、一概には言えませんが・・・ 採点のバイトとして、いろんな子供さんの様子を見る機会があるのですが、子供によって学習意欲とか違うのは当たり前です。 宿題をやっていなくて、怒られてるコもいますし。。。 ハートちゃんさんの息子さんは、3教科やられてるみたいですが・・・ 1教科のみ学習するとかだめですかね。 複数教科学習していると、宿題の量とか半端ないと思います。 英語は、CDを聞かなきゃいけない。 国語も読む教材。。。 数学も枚数が・・・ 小さいころから英語やるのもいいですけど、小学校の中・高学年からでも遅くないと思いますし。 公文の宿題をする時間がないのであれば、教科数を減らすとか、先生と相談して枚数を減らしてもらうなど出来ると思いますよ。 私は、英語だけでしたけど、公文のおかげで英語が得意になりましたし。。。 アンチの人がいるとのことでしたけど・・・ 人の考えはそれぞれなので、気にしないとか? 自分がどうしたいのか、お子さんがどうしたいのか、考えたり、相談して、また、公文の先生と相談して、続けるとかやめるとかきめたらいいと思いました。 意味不明な文で申し訳ございません。

次の

全国休校で公文も休校!定期的な宿題交換という対応にみんなの声は?

公文 休会

幼児優秀児を調べていると気になる ツイートを見つけました。 オブジェという文字。 どうやら幼児優秀児課程とは別に 高進度学習者にはオブジェがもらえるようです。 どうやら 基準が違うのだろう。 そこで、これまでに進度基準グラフを作ってきたので、そこに高進度部門の表彰基準を加えることにしました。 高進度部門(オブジェ)の算数基準 まずは算数です。 基準は以下を参照してます。 公文式公式HPより引用 各年度の 3月末進度が基準です。 算数は、 3学年先と同じ進度。 表彰基準が3月末なので、途中で基準を突破していても、オブジェがもらえるタイミングは 3月末の表彰です。 高進度部門(オブジェ)の英語基準 次は 英語です。 英語は、 小4相当の基準でした。 我が子が 3学年先を達成しながら、オブジェを貰えなかった理由が分かりました。 高進度部門(オブジェ)の国語基準 次は 国語です。 国語も算数と同じく3学年先です。 英語だけが表彰基準が違う。 理由が分かりました。 もしも 小学生バージョンも見たいって方は、おかぽん()までリプもしくはDMで連絡ください。 作りますよー。 我が子がまだ幼稚園児の間は、グラフを使わないので、よほど気が向かないと作らないはずー。

次の