ヒビテン液 コロナ。 新型コロナ予防に「『アルコール消毒は効果がない』は誤った情報」 厚労省が注意呼びかけ: J

消毒液の作り方|株式会社ナチュラルファーマシー ファミリー薬局

ヒビテン液 コロナ

2019年12月に中国湖北省武漢市を中心に発生したとされる 新型コロナウイルスは、中国全土そしてアジアを中止として世界中へ広がりつつあります。 日本では、2020年1月15日に 武漢市に渡航歴のある肺炎患者からこのウイルスが検出され、その後接触者や帰国者から感染が報告されています。 中国の発表では、 感染者4万人超、死者908人(2月10日現在)で、日本では横浜港に停泊中のクルーズ船内での感染者が70人に増え国内で確認された感染者の総数は 96人(2月9日現在)と増えています。 個人個人でできるコロナウィルス感染症対策として、 マスクや 石鹸での手洗い、 アルコール消毒が推奨されています。 当ページでは、ウィルスの種類により効果のある消毒液について調べてみました。 スポンサーリンク ウイルスによって使う消毒液の種類の違い ウィルスによって消毒液を使い分けるのではなく、消毒をする場所等で使い分けるようです。 糞便やおう吐物、血液を拭き取る場合には、 塩素系消毒液(次亜塩素酸ナトリウム)を利用します。 薬品名 塩素系消毒液 次亜塩素酸ナトリウム) アルコール (消毒用エタノール液) 消毒をする 場所や物 調理・食事用具、トイレ 衣類や寝具、遊具など 手、遊具 手摺りやドナノブ、便座など 有効なウィルス等 すべての細菌・ウィルス 一般細菌やウィルス等 (ノロウィルスやロタウィルスには効かない) つまり、新型コロナウィルスには アルコール消毒液が有効なのです。 コロナウィルスは表面に脂質性の膜があり、その上にコロナのような突起があるウイルスのようで、アルコールが脂質性の膜を壊すので死んでしまうらしいのです。 これに対して、この脂質性の膜をもたない ノロウィルスやロタウィルスにはアルコール消毒が効果が無いとのこと。 それにしても、食中毒の原因とされるノロウィルスには、アルコール消毒は効果無いのはびっくりですね。 病院やデパートなど不特定で多数のひとが出入りする場所には、アルコール消毒液が用意されていますね。 アルコール消毒液を見つけたら、積極的に手の消毒をするようにしましょう。 新型コロナウィルスはどのように感染するの? 新型コロナウィルスは 飛沫感染と 接触感染で感染すると考えられています。 接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえたりしてら、手にウィルスが付きます。 その手でをわった手摺りやドナノブを他の人が触って口や目をこすると粘膜からウィルスに感染します。 報道によると、新型コロナウィルスの特長として症状の出ない感染者や潜伏期間の感染者でも感染源になるとのこと。 気が付かないうちに感染して、気が付かないうちに感染を広げてしまう危険がありますね。 そして、 感染者の便からもウイルスが検出されたという報告もあるようです。 多くの感染症のウイルスは、感染した人の排泄物から検出されるのですが、新型コロナウィルスではまだ明らかにはなっていないようです。 それにしても、注意することに越したことはありませんね。 スポンサーリンク 個人でできる新型コロナウィルス感染しないための対策 1人1人が新型コロナウィルス感染しないための対策として何ができるのでしょうか? まずは、不特定多数の人がいる場所ではマスクを着用すること。 そして、外出時は手で顔、とくに口や目に触れないように心がけること。 マスクを付けると、飛沫感染を防ぐだけで無く、外で口をさわることが少なくなり効果もあるようですね。 帰宅したときはます石鹸での手洗いですね。 外出時のトイレ等では 石鹸での手洗いや アルコールで手や指を消毒することを心がけるといいでしょう。 濃厚接触では感染の可能性が高まるとう報道がありますが、この濃厚接触とは 感染予防なしで感染者に触れたり、会話できる距離(約2メートル以内)接触した場合を言うようです。 でも、症状の無い人とは無意識に濃厚接触することがあるかもしれないと考えると、外出できなくなってしまいそうです。 ウイルスによって消毒液の種類についてのまとめ 個人としての対策は、 マスクと手洗いを心がけています。 ただ、このところ地方でもマスクが手に入りにくい状態が続いています。 少し暖かくなると、 花粉症の季節です。 花粉症の人はマスクが必需品ですから、マスクが手に入らないと大困りですね。 花粉症はくしゃみと鼻水がつきもの。 新型コロナウィルス感染の疑いの目で見られるのではと不安です。 政治家や自治体の長の方々ですが、中国への支援も大事でしょうが国内の事も考えて欲しいと思います。

次の

コロナウィルス予防に有効なアルコール消毒液はどれ?【おすすめ】

ヒビテン液 コロナ

出典:amazon. jp イソジンの一般名は「ポビドンヨード」です。 ヒビテンより歴史が長く、1950年代に海外で使用が開始されました。 代表的な商品名はイソジンですが、各製薬会社からネグミン、ハイポピロン、ヒシヨード、ピロロチンヨード、ポピドン、ポピドンヨード、イオダイン、ポピヨードなど様々な商品が発売されています。 同様に、 ポピドンヨード=イソジンではないので注意しましょう。 ヒビテンの特徴をまとめてみました ヒビテンは無色透明、無臭で水の様にサラサラしています。 ヒビテンは、菌の細胞膜を破壊する事で殺菌作用を発揮すると言われています。 ヒビテンの最大の特徴は、消毒効果に即効性がある事です。 ヒビテンで消毒した箇所はすぐに殺菌効果が得られ、効果は長く続きます。 後述するイソジンは持続性、アルコールは即効性が特徴なので、両方の長所を兼ね備えた消毒薬と言えます。 ヒビテンの特徴をまとめました。 消毒効果に 即効性がある• 消毒効果に 持続性がある• 濃度によっては 粘膜面にも使用できる• 食毒部位に色が付かないため顔面など目立つ部位でも消毒できる• イソジンやアルコール消毒液に比べて 値段が高め• 芽胞は殺菌できない• 環境面の消毒は出来ない イソジンの特徴をまとめてみました イソジンは、茶色い液体で少しネバネバした粘性のある液体です。 乾燥するとベタベタします。 独特の臭気があります。 うがい用のイソジンガーグルなどの商品はサラサラしていますが、これはポピドンヨードを皮膚消毒用の商品より希釈してあるためです。 イソジンを消毒部位に塗布すると、ヨウ素を遊離します。 ヨウ素と水が反応し殺菌作用のある物質が作られ、細菌・ウイルス・真菌・芽胞表面の膜タンパクに作用し消毒効果を発揮します。 イソジンの最大の特徴は、消毒効果の範囲が広いということです。 つまり殺菌作用が強力ということです。 イソジンの特徴をまとめました。 消毒効果が 長時間持続する• 色が付いているため、 消毒した範囲がはっきりわかる• 細菌・真菌・ウイルス・芽胞形成菌に殺菌効果を発揮する• 消毒効果に即効性がない(イソジン塗布後、消毒効果を発揮するため2分くらいかかる)処• ヨード製剤のため、 ショックの危険性がある• 胸腔内・腹腔内・粘膜に使用できない• 大量に使用することで化学熱傷をおこす危険がある• 環境面の消毒は出来ない 手術部位の消毒にイソジンが使われる理由とは イソジンは消毒効果が長時間(6時間程度)持続します、このため手術や時間のかかる処置に使用されます。 また厳密に消毒したい場合に使用します。 時間のかかる処置とは、例えば中心静脈ラインの留置、各種ドレーンの留置、動脈採血、血液培養採取などです。 厳密に消毒したい場合とは、整形外科領域でよく行われる関節内注射(関節内液の除去、ヒアルロン酸注射)などです。 イソジンを塗布した場所は茶色く着色しますので、消毒した範囲が目視できっちり確認できるので 手術部位の消毒に適しています。 ヒビテンが適している消毒部位とは ヒビテンが適している消毒部位に特に決まりはありません。 むしろイソジンは粘膜面に使用できないなどの制約があるので、 ヒビテンの方が用途が広いと言えます。 粘膜に近い場所、イソジンの着色を避けたい場所などに積極的に使用します。 例えば、• 気管切開部位の消毒• 胃瘻増設術後、数日間の消毒• 顔面の傷• 広範囲の擦過傷• 膀胱内留置カテーテル(バルーンカテーテル)挿入前の消毒• 湿潤環境にあるドレーンチューブの挿入部位消毒(PTGBD、PTCD、膵管Tチューブなど) ヒビテンは濃度の違う商品があると知っておこう クロルヘキシジン製剤であるヒビテンは、全て粘膜面に使用できるわけではありません。 同じ商品名であっても、濃度ごとに適応が変わります。 1~0. 05%消毒液を使用すべき創傷部位に間違って、0. 02%消毒液でも膀胱内、膣内などの体腔内には使用できません。 ヒビテンは商品名が同じでも、濃度が違う商品があると認識しておきましょう。 よく使われるアルコール消毒液の特徴は 看護師が日常的に使用する消毒剤は、消毒用アルコール綿です。 アルコールの一般名はエタノールです。 アルコール消毒液の最大の長所は即効性です。 消毒したい部位をアルコール消毒液で拭くと、消毒液が揮発する時に消毒効果を発揮します。 しかし、アルコールはあっという間に揮発してしまい、消毒効果は持続しません。 このため、アルコール消毒剤は静脈注射、静脈採血、皮下注射、皮内注射、筋肉注射など数分以内で終了する処置で使用します。 針を刺す時と、針を抜くときにアルコール消毒液の効果があれば良いのです。 数分以上時間がかかる処置には使用できません。 アルコール消毒液の特徴をまとめました。 長所・短所両方です。 消毒効果に 即効性がある• 消毒効果に 持続性がない• 粘膜面にも使用できない• 値段が安い• 芽胞は殺菌できない• アルコールにアレルギーがある人は皮膚トラブルを起こす• 揮発していると消毒効果が弱まる アルコールの特徴を知ると、静脈注射、静脈採血、皮下注射、皮内注射、筋肉注射の消毒はヒビテンでも代用できることが分かりますね。 アルコール消毒液にアレルギーがある人はヒビテンを使用しましょう。 ヒビテンとイソジンを使い分けられるようになるには 回診車、包交車にヒビテンとイソジンの両方が搭載されている時、どちらを使用していいか迷うことがあります。 縫合した創、術後創部などはどちらを使っても問題ないでしょう。 イソジンには、細胞毒性と言って細菌を殺す作用と同じくらい正常な人体細胞を障害する作用があります。 そのため、近年では外傷などはイソジン消毒せず、水道水や生理食塩水で洗浄することが一般的になっています。 褥瘡処置にも、イソジン消毒は行いません。 ヒビテンとイソジンの選択に迷った時は、使用する消毒剤と処置方法を医師に確認することが大事です。 同じ患者さんの処置で、看護師ごとに使う消毒液が違う、ということが無いようにしましょう。 まとめ ヒビテンとイソジンの特徴、ヒビテンを使うべき状況について、イメージできましたか? 消毒部位が着色するためかも知れませんが、一般的にイソジンで消毒したほうが「消毒できている」と実感しやすいようです。 実際には、ヒビテンもほぼ同様の消毒効果が期待でき、さらに即効性があります。 適切に消毒液の選択ができる看護師を目指しましょう。

次の

新型コロナ予防に「『アルコール消毒は効果がない』は誤った情報」 厚労省が注意呼びかけ: J

ヒビテン液 コロナ

クロルヘキシジン製剤の使用例 一般名 商品名 使用濃度 消毒対象 備考 クロルヘキシジン ステリクロン ヒビテン ヒビテングルコネート オールカット クリゲン グルコロ クロヘキシン ネオクレミール フェルマジン ヘキザック ベンクロジド マスキン ラポテック ウエルアップ クロバイン ヘキシジン 〈希釈済み製品〉 ステリクロンR( 0. 05, 0. 1, 0. 02, 0. 05, 0. 1, 0. 02, 0. 05, 0. 1, 0. 02, 0. 05, 0. 1, 0. 02, 0. 05, 0. 1, 0. 05, 0. 1, 0. 02など)を用いる• 1~0. Hugo WB, et al ed. Pharmaceutical Microbiology, 3 rd ed, pp228-229, 1983, Blackwell Scientific Publications, London. Platt J, et al. An experimental evaluation of antiseptic wound irrigation. Hosp. ifect. 1984; 5, 181-188. 小林寛伊. 生体消毒薬使用状況調査に関する報告書. インフェクション・コントロール 2000; 9, 398-406. Garland JS, et al. Pediatr Infect Dis J 1995; 14, 510-516. Humar A, et al. Clin Infect Dis. 2000; 31, 1001-1007. Mimoz O, et al. Chlorhexidine compared with povidone-iodine as skin preparation before blood culture. A randomized, controlled trial. Ann Intern Med 1999; 131,834-837. Pereira LJ, et al. An evaluation of five protocols for surgical handwashing in relation to skin condition and microbial counts. Hosp. ifect. 1997; 36, 49-65. Pereira LJ, et al. The effect of surgical handwashing routines on the microbial counts of operation room nurses. Am J Infect. Control 1990; 18, 354-365. Ayliffe GA. Surgical scrub and skin disinfection. Infect. Control 1984; 5, 23-27. Smylie HG, et al. From Phisohex to Hibiscrub. Br Med J 1973; 4, 86-589. Hingst V, et al. Evaluation of the efficacy of surgical hand disinfection following a reduced application time of 3 instead of 5 min. Hosp. infect. 1992; 20, 79-86. Hobson DW, et al. Development and evaluation of a new alcohol-based surgical hand scrub formulation with persistent antimicrobial characteristics and brushless application. Am J Infect. Control 1998; 26, 507-512. 尾家重治, 他: 術前手指消毒におけるウォーターレス法(ラビング法)の効果. 感染制御 2009; 5, 237-242. 奥西淳二, 他: Waterless手術時手指消毒法の有用性. 環境感染誌 2010; 25, 217-222. Okano M, et al. Anaphylactic symptoms due to chlorhexidine gluconate. Arch Dermatol 1989; 125, 50-52. Ohtoshi T, et al. IgE antibody-mediated shock reaction caused by topical application of chlorhexidine. Clin Allergy 1986; 16, 155-161. Evans RJ. Acute anaphylaxis due to topical chlorhexidine acetate. Br Med J 1992; 304, 686. Tabor E, et al. Corneal damage due to eye contact with chlorhexidine gluconate. JAMA 1989; 261, 557-558. Varley GA, et al. Hibiclens keratopathy. A clinicopathologic case report. Cornea. 1990; 9, 341-346. Oie S, et al. Microbial contamination of antiseptic-soaked cotton balls. Biol Pharm Bull 1997; 20, 667-669. Oie S, et al. Microbial contamination of antiseptic and disinfectants. Am J Infect. Control 1996; 24, 389-395. Oie S, et al. Microbial contamination of water-soaked cotton gauze and its cause. Microbios 2001; 104, 159-166. 朝隈真一郎, 他. 中耳手術時に使用される消毒薬の危険性とその対策. 耳鼻 1985; 31, 715-719. Successful hand hygiene in hospital. Z Gesamte Hyg 1990; 36, 80-81. Mitchell KG, et al. Skin reactions related to surgical scrub-up: results of a Scottish survey. Br J Surg 1984; 71, 223-224. Stott WG. Antiseptic Hibiclens and eye injuries. Med J Aust 1980; 2, 456. 各種消毒薬の特徴•

次の