携帯 電話 保持 と は。 携帯電話使用等(保持) について教えてください。

安全運転のポイント

携帯 電話 保持 と は

今からでも姉がジャニーズ事務所に履歴書を勝手に送ってくれないか。 と期待している貧乏人です。 運転中の携帯電の使用は当然ですが道路交通法で禁止されています。 そして2019年12月から運転中の携帯電話の使用が厳しく罰せられることになりました。 現在の運転中の携帯電話の使用についての条文として 1・道路交通法 (運転者の遵守事項) 第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。 五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。 )を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。 第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。 )を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 )のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 )に表示された画像を注視しないこと。 上記のように定められております。 また、罰則については 改定前 1 携帯電話使用等(交通の危険) 罰 則 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金 反 則 金 大型12,000円、普通9,000円、二輪7,000円、原付6,000円 基礎点数 2点 2 携帯電話使用等(保持) 罰 則 5万円以下の罰金 反 則 金 大型7,000円、普通6,000円、二輪6,000円、原付5,000円 基礎点数 1点 と定められております。 罰則の項目で交通の危険と保持に分類されてますが、携帯電話を使用して事故を起こしたり、事故につながる様な危険な違反だと上記の(1)とみなされます。 そして2019年の12月には上記の法律が変わり厳しくなります。 どう変わるかと言うと 改定後 1 携帯電話使用等(交通の危険) 罰 則 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金 基礎点数 6点 2 携帯電話使用等(保持) 罰 則 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金 反 則 金 大型25,000円、普通18,000円、二輪15,000円、原付12,000千円 基礎点数 3点 へと変わります。 免停になって当然ですし、他人を巻き込む事故につながるので運転中に携帯電話を使用するのは絶対にダメです。 ダメというより危険すぎるのでやめないといけませんし、もっと厳しくしてもいいくらいです。 ですが、ふとした瞬間に 「運転中の携帯電話の使用ってどこまでがアウトなんだろう?」 とも思えました。 気になったので警視庁に電話して徹底的に逆聴取してきましたので、運転中の携帯電話の使用について報告します。 警察から事情聴取されることはありそうですが、逆に警察から聴取するのはとても変な気分でした。 何をすると違反になるか 先程、条文を警視庁のサイトから引用させて頂きましたが、漢字ばっかりでゴチャゴチャしてるし、何がダメなのか僕には少しわかりにくかったんです。 ですので警視庁の交通課に電話して根掘り葉掘り聞いてしまいました。 最初はクレーマーのように扱われるかな。 とも思ってましたが、メチャクチャ丁寧に対応してくれました。 2回電話したのですが、1回目はオッサンが出てだるそうにされましたが、2回目のババァはとても対応が良かったです。 話がそれましたが簡単に説明すると• 携帯電話の画面を見る• 携帯電話を手に持って電話をする この2つを走行中に行うと罰せられます。 ミソは走行中ということですね。 逆言うと信号待ちや一時停止中だと取り締まられません。 ですが電話中、もしくは携帯電話の画面を見ながら少しでもタイヤが動くと取り締まられます。 意外だったのが電話対応していただいた方も明言してましたが、 走行中であっても携帯電話を持つだけだと取り締まられません。 画面を見るか、手に持って通話さえしなければ条文的には違反にはなりません。 ですので走行中であっても画面を見ずに文字を打ってたとしても違反にはなりません。 カーナビのBluetoothを利用してハンズフリーで通話、イヤホンを利用して通話をするのは携帯電話を手に持ってないので違反とはなりません。 逆に 携帯電話自体をスピーカーにして手に持って電話をすると違反になるようなのでお気をつけください。 営業マンや移動中によく携帯電話を利用される方は、イヤホンかBluetoothで電話してください。 まぁ、運転席に就いたら携帯電話は降りるまで触らないのが1番です。 僕の疑問 僕は屁理屈なので電話対応をしてくれた女性に 「携帯電話を耳に当てて電話するのと、片手に缶コーヒーを持ちながらら助手席の人と会話をするのは何が違うんですか」 と聞いてみました。 回答は「法律」だからです。 ごもっともでしたね。 結局は止めた警察官の判断 先程、走行中でも画面さえ見なければ持ってても取り締まられない。 と記載しましたが、携帯電話を見なくても持ちながら運転する方も多いと思います。 条文上では違反になりませんが、巡回中の警察官に見られると止められる可能性もあります。 条文通り携帯電話の通話、注視さえしてなければ取り締まられませんが、第三者から見たら携帯電話を持ってるだけでも使用と見られてしまうものです。 それに携帯電話を持ちながら運転する必要なんてないですよね。 いくら走行中に注視、通話をしてないと訴えたとしても 「じゃあ何のために持っていたの? 携帯電話を利用する以外手にする意味はないですよね。 」 と言われたら返す言葉もありません。 ですので、運転席に就いたら携帯電話は降りるまで使用しないのが1番ですし、当然の行為ですね。 運転中の携帯電話の使用まとめ 改正が行われると結構イカツイ処分になりますが、当然ですよね。 運転中に2秒よそ見をするだけでも33メートルほど車って進むみたいです。 2秒で33メートルって怖いですよ。。。 あのチーターでさえ秒速29メートルですからね。 それによそ見をして事故に巻き込まれた方は本当に可愛そうですし、ご親族も辛く悲しい思いにさせてしまいます。 違反さえしなければ良い。 という考えだと取り返しのつかない事態になります。 違反をしなくて事故を起こすより、事故を起こす前に違反をした方が誰も傷付きませんし二度としないと自分への戒めになります。 事故はマジで誰も得をしないので、携帯電話以外の違反もこれから気をつけて運転をしようと心に誓う貧乏人でした。

次の

携帯電話・PHS契約数|一般社団法人 電気通信事業者協会(TCA)

携帯 電話 保持 と は

今からでも姉がジャニーズ事務所に履歴書を勝手に送ってくれないか。 と期待している貧乏人です。 運転中の携帯電の使用は当然ですが道路交通法で禁止されています。 そして2019年12月から運転中の携帯電話の使用が厳しく罰せられることになりました。 現在の運転中の携帯電話の使用についての条文として 1・道路交通法 (運転者の遵守事項) 第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。 五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。 )を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。 第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。 )を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 )のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 )に表示された画像を注視しないこと。 上記のように定められております。 また、罰則については 改定前 1 携帯電話使用等(交通の危険) 罰 則 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金 反 則 金 大型12,000円、普通9,000円、二輪7,000円、原付6,000円 基礎点数 2点 2 携帯電話使用等(保持) 罰 則 5万円以下の罰金 反 則 金 大型7,000円、普通6,000円、二輪6,000円、原付5,000円 基礎点数 1点 と定められております。 罰則の項目で交通の危険と保持に分類されてますが、携帯電話を使用して事故を起こしたり、事故につながる様な危険な違反だと上記の(1)とみなされます。 そして2019年の12月には上記の法律が変わり厳しくなります。 どう変わるかと言うと 改定後 1 携帯電話使用等(交通の危険) 罰 則 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金 基礎点数 6点 2 携帯電話使用等(保持) 罰 則 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金 反 則 金 大型25,000円、普通18,000円、二輪15,000円、原付12,000千円 基礎点数 3点 へと変わります。 免停になって当然ですし、他人を巻き込む事故につながるので運転中に携帯電話を使用するのは絶対にダメです。 ダメというより危険すぎるのでやめないといけませんし、もっと厳しくしてもいいくらいです。 ですが、ふとした瞬間に 「運転中の携帯電話の使用ってどこまでがアウトなんだろう?」 とも思えました。 気になったので警視庁に電話して徹底的に逆聴取してきましたので、運転中の携帯電話の使用について報告します。 警察から事情聴取されることはありそうですが、逆に警察から聴取するのはとても変な気分でした。 何をすると違反になるか 先程、条文を警視庁のサイトから引用させて頂きましたが、漢字ばっかりでゴチャゴチャしてるし、何がダメなのか僕には少しわかりにくかったんです。 ですので警視庁の交通課に電話して根掘り葉掘り聞いてしまいました。 最初はクレーマーのように扱われるかな。 とも思ってましたが、メチャクチャ丁寧に対応してくれました。 2回電話したのですが、1回目はオッサンが出てだるそうにされましたが、2回目のババァはとても対応が良かったです。 話がそれましたが簡単に説明すると• 携帯電話の画面を見る• 携帯電話を手に持って電話をする この2つを走行中に行うと罰せられます。 ミソは走行中ということですね。 逆言うと信号待ちや一時停止中だと取り締まられません。 ですが電話中、もしくは携帯電話の画面を見ながら少しでもタイヤが動くと取り締まられます。 意外だったのが電話対応していただいた方も明言してましたが、 走行中であっても携帯電話を持つだけだと取り締まられません。 画面を見るか、手に持って通話さえしなければ条文的には違反にはなりません。 ですので走行中であっても画面を見ずに文字を打ってたとしても違反にはなりません。 カーナビのBluetoothを利用してハンズフリーで通話、イヤホンを利用して通話をするのは携帯電話を手に持ってないので違反とはなりません。 逆に 携帯電話自体をスピーカーにして手に持って電話をすると違反になるようなのでお気をつけください。 営業マンや移動中によく携帯電話を利用される方は、イヤホンかBluetoothで電話してください。 まぁ、運転席に就いたら携帯電話は降りるまで触らないのが1番です。 僕の疑問 僕は屁理屈なので電話対応をしてくれた女性に 「携帯電話を耳に当てて電話するのと、片手に缶コーヒーを持ちながらら助手席の人と会話をするのは何が違うんですか」 と聞いてみました。 回答は「法律」だからです。 ごもっともでしたね。 結局は止めた警察官の判断 先程、走行中でも画面さえ見なければ持ってても取り締まられない。 と記載しましたが、携帯電話を見なくても持ちながら運転する方も多いと思います。 条文上では違反になりませんが、巡回中の警察官に見られると止められる可能性もあります。 条文通り携帯電話の通話、注視さえしてなければ取り締まられませんが、第三者から見たら携帯電話を持ってるだけでも使用と見られてしまうものです。 それに携帯電話を持ちながら運転する必要なんてないですよね。 いくら走行中に注視、通話をしてないと訴えたとしても 「じゃあ何のために持っていたの? 携帯電話を利用する以外手にする意味はないですよね。 」 と言われたら返す言葉もありません。 ですので、運転席に就いたら携帯電話は降りるまで使用しないのが1番ですし、当然の行為ですね。 運転中の携帯電話の使用まとめ 改正が行われると結構イカツイ処分になりますが、当然ですよね。 運転中に2秒よそ見をするだけでも33メートルほど車って進むみたいです。 2秒で33メートルって怖いですよ。。。 あのチーターでさえ秒速29メートルですからね。 それによそ見をして事故に巻き込まれた方は本当に可愛そうですし、ご親族も辛く悲しい思いにさせてしまいます。 違反さえしなければ良い。 という考えだと取り返しのつかない事態になります。 違反をしなくて事故を起こすより、事故を起こす前に違反をした方が誰も傷付きませんし二度としないと自分への戒めになります。 事故はマジで誰も得をしないので、携帯電話以外の違反もこれから気をつけて運転をしようと心に誓う貧乏人でした。

次の

運転中の携帯電話は持っているだけでもNGなのか?

携帯 電話 保持 と は

自動車またはバイクの運転中におけるスマートフォンなど携帯電話の使用(いわゆる「ながらスマホ」)については、1999年の道路交通法改正に規定が盛り込まれています。 無線通話装置(携帯電話など)を通話のために使用すること、および画像表示用装置(モニター画面など)に表示された画像を注視することが禁止されるとともに、本規定に違反し道路における交通の危険を生じさせた(事故などを起こした)場合に限って、3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科されます。 この規定の施行(1999年11月1日)前後に発生した、携帯電話などの使用にかかわる交通事故の状況を見ると、施行直後は大幅に減少しましたが、その後は増加に転じて、2003年は2000年の約2倍となり、規定の犯罪抑止力が低下してしまいました。 そこで2004年の改正では、1999年の改正により禁止されていた行為のうち、無線通話装置を手で保持して通話のために使用すること、および画像表示用装置を手で保持して、表示された画像を注視することという行為自体に対して5万円以下の罰金が科されることになりました。 この違反行為は交通反則通告制度の対象で、反則金の額は大型7,000円、普通・二輪6,000円、原付5,000円とされています。 また、付加点もあります。 自転車運転中の携帯電話使用について 携帯電話などを使用しながら自転車を運転したことによる事故が社会問題となっています。 自転車は軽車両に属する乗り物であり、運転中における携帯電話などの使用は片手運転を助長することにもつながります。 そのため、東京都では2009年7月1日に施行された道路交通規則の一部改正のなかで、傘差し運転、自転車で画面注視を含む携帯電話などを使用しながらの運転を禁じています。 この違反者には5万円以下の罰金が課せられます。 さらに、2015年6月1日の自転車に対する改正道路交通法には、悪質な違反を繰り返す運転者には講習が義務化されることが決まりました(詳細は『』を参照)が、その14項目に「安全運転義務違反」が記述されています。 これは道路交通法第70条第1項により定められているもので、車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない、とされています。 この解釈として、自転車乗車中に携帯電話などの使用によってハンドル、ブレーキその他の装置に対する確実な操作ができないと判断されたとするならば、2015年6月1日の自転車に対する改正道路交通法における危険行為とみなされる可能性があるので注意が必要です。

次の