進撃の巨人シーズン4。 進撃の巨人のアニメ続編4期の放送日はいつから?放送局がNHKかも調査|漫画最新刊の発売日と続き速報

進撃の巨人 Season3

進撃の巨人シーズン4

そこでNHKのサイトへ。 新ビジュアルとPVが解禁されたとの情報と原作者の諌山創氏のインタビューなどが掲載されています。 が、ここにも具体的な放送開始予定の記載はありませんでした。 「進撃の巨人」は第3期からNHKが放映。 シーズン3終了後の 予告で「NHK総合にて2020年秋放映」との告知がされていました。 予定に変更がなければ秋に放映開始の可能性が高いと思われます。 ただ、 新型コロナウイルスの感染状況が制作に影響を与えている可能性もありますので、正式な発表を待ちたいと思います。 音楽 澤野弘之氏(変更なし) アニメ制作スタッフが WIT STUDIO からMAPPAに変更されたのがファンとしては最も気になる変更といえそう。 MAPPAといえば、男子フィギュアスケートを扱った作品「ユーリ!!! on ICE」の制作を担当。 オープニングでは、スケーターたちの華麗な動きを見事にアニメーションで再現していたのが印象的でした。 WIT STUDIOの仕事も素晴らしいものでしたが、今回も期待が持てそうです! 「進撃の巨人」ファイナルシーズンの声優キャスティング 既存キャラは変更なし さて、ファンとして最も気になるのは何といってもキャスティング。 公式サイトでは、すでに主なキャストが発表されています。 エレン・イェーガー:梶裕貴• ミカサ・アッカーマン:石川由衣• アルミン・アルレルト:井上麻里奈• コニー・スプリンガー:下野紘• サシャ・ブラウス:小林ゆう• ヒストリア・レイス:三上枝織• ジャン・キルシュタイン:谷山紀章• ライナー・ブラウン:細谷佳正• ハンジ・ゾエ:朴路美• リヴァイ:神谷浩史• ジーク:子安武人 今のところ変更はありません。 新キャラの声優をめぐるTwitterの予想 さて、気になるのは今期から登場となる新しいキャラクターたち。 ファイナルシーズンのPVでは、3人の新キャラの声を聞くことができます。 ツイッターでは、誰が彼らの声を担当するのか、熱い会話が続いています。

次の

進撃の巨人シーズン4ネタバレ紹介!原作最終巻までアニメ化するの?

進撃の巨人シーズン4

2020年秋から進撃の巨人のアニメシーズン4が放送開始される予定です! そんな進撃の巨人の 「シーズン4のネタバレも知っておきたい!」 という方も多いのではないでしょうか。 そんな方へ向けてこの記事では、 進撃の巨人のアニメのやシーズン4 4期 の内容を原作を元にネタバレ紹介してきます! 進撃の巨人アニメを無料でみたい!という方が多いのではないでしょうか。 そんな方へ向けて、 進撃の巨人season1season2season3全てを 無料で視聴するお得な方法があります。 無料登録キャンペーンが行われているので必見です! 下のボタンから無料キャンペーンの紹介記事へ飛ぶことができます。 進撃の巨人season1・2・3での放送話数から推測 まず、アニメ進撃の巨人シーズン 1とシーズン2そして、シーズン3の情報を元にシーズン4が漫画のどこまで放送するか推測して行きます。 シーズン3はパート1とパート2に分かれて放送されました! 進撃の巨人season1 進撃の巨人のアニメseason1は、2013年4月から9月まで、2クールで 全25話が放送されておりました。 アニメと原作は、若干時系列等が変わっておりましたが、原作の 単行本8巻くらい、「女型の巨人を倒す」までの物語です。 進撃の巨人season2 進撃の巨人のアニメseason2では2017年4月から6月まで、1クールで 全15話で放送されておりました。 こちらは漫画で言うと、こちらは原作の 単行本12巻までとなっておりました。 進撃の巨人season3 進撃の巨人のアニメseason3は、NHKで放送されることが決まりました。 ですが、まだ話数は発表されていませんが、おそらく 全24〜25話 2クール になると思われます。 season1も2のアニメの進行具合を考慮しながら、物語のきりの良いところで考えると、全24〜25話 2クール ほど必要と思います。 おそらく進撃の巨人season3はエレンたちが海に辿り着くところまでではないでしょうか。 進撃の巨人シーズン4 過去のアニメから推測すると、進撃の巨人漫画の 22巻までになるのではないかと予想します。 22巻で物語が一区切りするからです。 そのため、シーズン4 4期 は23巻からの話になると思われます。 おそらくシーズン3は、当初の予想通り22巻分まで放送し、シーズン4は23巻からのお話になると思われます。 進撃の巨人の22巻は多くの秘密が明らかになり、エレンたちが海に辿り着くところまでです。 そのため、今回は 23巻から26巻までの内容をネタバレ致します。 進撃の巨人原作23巻の内容をネタバレ! 23巻では、エレンたちが海に辿りついてから3年後、調査兵団と敵対する海の向こう側マーレ視点で開始されます。 マーレ側は、原作の初めエレンたちが住んでいた国を攻めた始祖奪還作戦が失敗し、 女型の巨人と、超大型巨人を失ったことにより、敵対している中東連合との戦いに劣勢を強いられておりました。 マーレ軍は中東連合という敵と戦っており、スバラ要塞の観覧を目指します。 そのため、 「顎の巨人」と「車力の巨人」が登場し、スバラ要塞を陥落させ、約4年に渡る半島の自治権を戦争はおわります。 マーレ軍は、人類の技術が発達してきたことで、巨人の力が絶対でないと気づきます。 そこで、エレン達のいるパラディ島に戻り、「始祖の巨人」の力を手にれ、軍の力を強化するべきだと考えるようになります。 この戦いで負傷したライナーは悪夢から目覚まします。 顎の巨人であるガリアードに色々皮肉を言われますが、ライナーに対するマーレ戦士の候補生からの信頼は厚いことがわかります。 そして、ライナー達は、休日を過ごすため、マーレ統括の地ではあるが故郷に帰ってきました。 そこでライナーは、パラディ島での日々を語り出します。 幼い頃からエルディア人としてマーレで生きる過酷さや、ライダーだけでなくマーレ人は幼い頃からパラディ島のエルディア人は悪魔だと教えられていることが語られます・・・ 進撃の巨人原作24巻の内容をネタバレ! ライナーの苦悩が語られた23巻でしたが、その続きから24巻が始まります。 ライナー視点で、マーレの情勢が語られます。 エレン達と過ごしていた頃のライナーはリーダー的な存在でしたが、実は落ちこぼれだったことが判明します。 一緒に島に来た仲間の一人マルセルがついてすぐに巨人に食べられてしまい、貴重な巨人の力の一つを失います。 マルセルが食べれてしまった原因は、ライナーをかばったためです。 しかも本来であればマルセルを食べた巨人をすぐに確保しなければならなかったのですが、アニ、ベルベルト、ライナーはパニックになり逃げてしまうという失態を犯しておりました。 24巻のラストでは、4年後のエレンがマーレに侵入していることがわかります。 しかも エレンは、左目は怪我と左足を失っている状態でした・・・ また場面が変わってマーレの支配者が登場します。 マーレの支配者は、マーレ人でなくエルディア人 エレンたちの同じ人種 のダイバー家だったことが明らかになり24巻は終わります。 ダイバー家は、9つの巨人の力の一つ「戦鎚の巨人」の力を有している一族です。 進撃の巨人原作25巻の内容をネタバレ! 25巻の序盤では、 始祖の巨人を操る力を持っていたエルディア人の王、フリッツ王は既にマーレやダイバー家に破れていたことが明らかになりました。 フリッツ王は、マーレ側が望むならば、エレン達エルディア人を皆殺しすることを受け入れる覚悟をしておりました。 条件としては、マーレ人はエルディア人に対する処置を決断するまでの間は、平和に暮らさせてほしいとのことでした。 このことにより明らかになったのは、超大型巨人に壁を壊された日、フリッツ王は力を持ちがならも何もしなかったと言うことでした。 そして、24巻の最後に登場していたエレンの場面に変わります。 エレンがマーレのレベリオ収容区で開催された祭で巨人化し、タイバー公ヴィリーや世界の要人を殺し、エレンは世界中から憎まれる存在となります。 リヴァイ兵長、ミカサ、コニー、サシャ、ジャンらもパラディ島からレベリオ収容区に集まり、マーレの巨人を倒すため戦いに向かいます。 マーレ人側は、獣の巨人 顎の巨人 車力の巨人という3つの巨人を持ちます。 しかし、 エレン達エルディア人側は、進撃の巨人と始祖の巨人の力を持つエレン・獣の巨人を一人で倒すことができたリヴァイ兵長を筆頭に、調査兵団全員が新型の立体機動装置を装備しております。 また、25巻では登場しておりませんでしたが、超大型巨人の力を持ったアルミンもおります。 圧倒的エルディア人側が有利と思われる状況で戦いが始まるところで、25巻は終わります。 進撃の巨人原作26巻の内容をネタバレ! 26巻はエレンがタイバー公ヴィリーや世界の要人を殺したところの続きから始まります。 エレンの暴走の近くにいたマーレの戦士候補生のファルコは、ライナーが庇ったため無傷でしたが、ライナーは意識をしなっております。 そしてアルミンは 「超大型巨人」になり、マーレの軍港を破壊して行きます。 そして25巻終盤の続き、リヴァイ兵長vs 「獣の巨人」ジークと 「車力の巨人」ピーク ミカサvs 「顎の巨人」ガリアードの戦いが行われております。 「獣の巨人」ジークを援護していた 「車力の巨人」ピークは、エルディア人側のサシャやジャン達の攻撃に倒れしまいますが、トドメを刺すことができませんでした。 「車力の巨人」ピークが倒れてしまったことに、 「顎の巨人」ガリアードは激昂し巨人化したエレンに襲いかかり、戦いが熾烈を極めます。 エレン達は飛空艇で脱出する作戦を試みますが、 「顎の巨人」ガリアードにバレてしまいミカサは足を失ってします。 しかし、すかさずエレンが 「顎の巨人」ガリアードの手を引きちぎり、 「戦鎚の巨人」の口の中に入れ倒すことに成功。 エレンは「戦鎚の巨人」の力を継承することになりました。 その時、ライナーが復活し巨人化しますが、不完全な巨人化だったため、あっさりやられてしまい、エレン達は飛空艇での脱出します。 飛空艇内では、エレンとリヴァイが揉めたりしている中、マーレ軍のガビとファルコが侵入しており、 サシャが銃撃され死んでします。 進撃の巨人の最新巻までのネタバレはここで終わります。 スポンサーリンク 進撃の巨人を無料視聴する方法はあるの? 「進撃の巨人シーズン3パート2を無料で視聴する方法を知りたい!」 「シーズン4を無料でみたい!」 という方も多いのではないでしょうか。 そこで 進撃の巨人シーズン1シーズン2シーズン3全てを 無料で視聴するお得な方法があります。 今なら無料登録キャンペーンが行われているので必見です! 下のボタンから無料キャンペーンの紹介記事へ飛ぶことができます。 現在連載している分は全てアニメ化されると思われるため、原作最新刊26巻までをネタバレさせていただきました! 新情報が出し次第追記させて頂きますので、よろしくお願いいたします。

次の

進撃の巨人アニメ4期(シーズン4)第1話の放送日はいつ?

進撃の巨人シーズン4

アニメ進撃の巨人season3期のラストを振り返り! 楽しみでたまらない進撃の巨人season4。 進撃の巨人三期の最終回では、衝撃的な事実が公表されましたね! まずはseason4へ続く物語、 season3パート2の最終回を簡単に振り返りたいと思います。 原作コミックスでは22巻までの内容となり、 様々な謎が解明されもっとも盛り上がったのがseason3とも言えます。 ユミルの民の真実 壁の中の人間すべての記憶が改ざんされていることが、最終回では民衆に公開されました。 そこには、• 巨人の正体が人間である• 巨人になれるのは、ほとんどの 壁の中の人々=ユミルの民である• 壁の外の世界は滅んでなどいないこと• ユミルの民は巨人になることから「悪魔の民族」として虐げられていること• 近い将来壁の外から襲撃が始まるということ と数々の物語の核心に迫る事実が明らかになりました。 ウォールマリアは奪還・そして海へ ウォールマリア奪還作戦が功をそうし、1年をかけ壁内の巨人は踏査したと調査兵団は発表。 このことで、トロスト区の住民は約1年ぶりに故郷へ帰ることができました。 その後、調査兵団はウォールマリア外へ壁外調査へ向かいます。 調査兵団はエルディア人が「楽園送り」にされた場所へ。 そこでエレンたちは生まれて初めて「海」を目にします。 海の向こうには自由がある・・・そう信じていたエレンでしたが、目にしたもの全てが父の記憶と一致したことに、絶望を感じていたようにも見えます。 海の向こうにあるものは、敵だった。 向こうにいる敵を倒せば、自由になれるのか・・・? ここまでが進撃の巨人三期の最終回です。 進撃の巨人は漫画原作でもこの回で大きな節目を迎え、物語の舞台は「壁の中」から「壁の外」である 「マーレ」と移り変わります。 スラバ要塞戦と巨人の継承争い アニメ進撃の巨人三期の続きは、原作コミックス通りだと23巻91話「海の向こう側」に該当します。 舞台は海の向こう、 マーレ。 マーレでは半島の自治権を巡る戦争を4年間行なっており、今まさにその戦争の大詰め。 「スラバ要塞」を落とし、要塞下の海に駐在する「中東連合艦隊」を制圧すればマーレの勝利が確定する・・・。 そんな戦いに少年・ ファルコは参加していました。 ファルコの他に、少女・ ガビなどの少年少女たちがこの大切な戦局に戦士として出兵しています。 理由はただ1つ。 彼らは 「戦士候補生」で、「鎧の巨人」の継承者候補たち。 そして、ガビはこの戦いで 最終的な「獣の巨人の継承者」が選定されるだろう、と推測します。 マーレの国力の衰え マーレが大国である理由、それは「巨人の力」を有していることにありました。 しかし9年前の「パラディ島」での「始祖奪還作戦」が失敗に終わり、女型と超大型巨人を失ったマーレの国力は衰えたと周囲の国々に認識されてしまったのです。 その結果起きたこの戦争。 マーレにとって、これ以上巨人を失うことも、周りに国力の衰えを悟られないこともとても重要事項でした。 そんな戦争で活躍することで、巨人の継承者になることが確約できるであろう・・・。 優秀であり、 巨人の継承者第一候補であると自称するガビは、一人重大任務を背負い敵前に飛び出し、見事作戦を成功へと導きます。 そして、ガビの活躍により戦局が大きくマーレへと傾いた瞬間。 ジークとライナーが巨人の力を使い、一瞬にしてスラバ要塞を制圧! そのまま中東連合を壊滅させにかかりますが・・・。 中東連合の兵器によって、 ライナーの鎧は砕けてしまいます。 鎧は砕かれてしまったものの、ジークの遠投でギリギリの勝利を納めたマーレ。 しかし「巨人の力」に対抗する術があることを知られたマーレは、 一刻も早い 「始祖の巨人」の奪還 が必要となってしまいます。 ジークの能力 巨人の力にあぐらをかいていたマーレは、すでに科学技術で敵国に劣る・・・。 自体を深刻に受け止めたマーレに対し、 ジークは始祖の奪還作戦を進言します。 自分の命は残り一年、その期間を使いグリシャの行いに終止符を打つのも自分の責任だと。 そして、自分の能力の全てが次の継承者、コルトに引き継がれるか不安だとも。 ジークの脊髄液を投与された同士は、ジークの「叫び」で巨人になる• 巨人になった場合、ジークのいうことをきく• 月が出てれば夜の動くことができる といったもの。 それらは歴代に「獣の巨人」にもない能力でした。 真っ暗な未来 一方その頃、戦争で怪我を負ったライナーは候補生であるガビたちへ元気な顔を見せていました。 粉々に砕け散った「鎧」を目にし、心配していたガビたちでしたが、元気そうなライナーめがけ飛びついていきます。 一緒に街を回ろう、とはしゃぐ子供たちをみて、ライナーは自分が「候補生」だった頃のアニたちを思い出し・・・。 「待って」と手を伸ばすライナー。 まるでそれは、候補生たちの「未来」を憂いているようでした。 そしエルディア人の故郷である「レベリオ」へ帰る列車の中。 戦争に参加したエルディアの兵士たちは、作戦の立役者となったガビを囲い祝杯ムード! 上級席に座る隊長をはじめ、獣の巨人のジーク、 顎の巨人であるガリアード、 車力の巨人であるピークも微笑ましげに兵士たちの騒ぎに耳を傾けてしました。 しかしそんな様子を遠巻きに見つめている、ファルコとライナー。 ファルコはガビが巨人をこのまま継承し、13年の呪いにかかってしまうのを憂いていました。 そんなファルコに、ライナーはガビを守りたいなら、ファルコがガビを超えるしかない、と言います。 「お前がガビを救い出すんだ、この真っ暗な俺たちの未来から・・・。 」 そう真剣な眼差しでファルコに訴えるライナー。 列車は暗闇の中、ひたすら前へと進んでいきます・・・。 この後のマーレ編では、• 始祖奪還計画〜その後のライナー視点• ライナーと〇〇の再会• 〇〇とのまさかの別れ とかなりストーリーが急展開! 4期で進撃の巨人を最終回まで放送するのか、またさらなる5期があるのかは不明ですがこれからますます楽しめそうですね。 原作ではなんとリヴァイ隊長が〇〇・・・?!的な展開になっているのですが、そこまでやるのかも楽しみです。 原作で一足先にストーリーを楽しみたい方は ので、ぜひ試してみてくださいね。 ちなみに最新28巻はこんな感じです。

次の