セロリ の ピクルス。 ピクルスの作り方|きゅうりなどの野菜を使った人気レシピもご紹介

ピクルス|レシピ|ゆとりの空間

セロリ の ピクルス

セロリはセリ科の植物で、江戸時代に日本へ持ち込まれた外来の野菜です。 加藤清正が日本に持ち帰ったとされる説から、「清正人参(きよまさにんじん)」と呼ばれていたこともあるようです。 セロリの生産は、長野県が全体の約4割を占めています。 次いで静岡県、福岡県、愛知県となっています。 元々セロリの原産はヨーロッパで、涼しい気温で育てられていたため、日本では11月から4月ごろが旬とされていますが、実は夏秋は涼しい長野、冬春は暖かい静岡、春秋は各地と、一年中どこかで栽培されているんです。 だから旬という印象があまりない野菜なんですね。 あえて旬というなら、涼しい季節、つまり11月から4月ごろ、ということになるのでしょう。 セロリは、色が濃く青々としているものが新鮮とされています。 古いものは葉が黄色く変色しているので、一目瞭然です。 茎の部分がみずみずしく、硬くて張りのあるものを選んでください。 芯に空洞が多いと、スカスカしておいしくありません。 さらにセロリは、 内側に巻きが強いものがよいとされています。 巻きが強いセロリは香りもよく、シャキッとしているものが多いです。 アメリカや中国など海外からの輸入物は、検疫の関係で葉を落とした茎の部分だけになっています。 葉が付いているセロリは、基本的に国産のものと考えてよいでしょう。 セロリにはスジがあります。 よいセロリはこのスジがわかりやすいのが特徴。 そしてなんといっても、セロリの特徴と言えばあの「香り」です。 同じセロリでも香りの強さはまったく違いますから、可能であれば、香りを確かめて買うといいですね。

次の

【ピクルス】簡単にできる人気レシピ紹介!子供も大満足 ※栗原はるみ

セロリ の ピクルス

こんにちは、vivo花本です。 さて連載10回目となる今日は、サラダ感覚で食べられる〈野菜のピクルス〉を紹介したいと思います。 すごく簡単に作れて、野菜をたっぷりと食べることができますし、長期保存も可能なので覚えておくと、とっても便利ですよ。 1つはフランス系で、もう1つはアメリカ系です。 どちらも材料はキュウリを使用したものがほとんどですが、フランス系はコルニッションと呼ばれる小さなキュウリで、アメリカ系は皮の厚い中サイズのキュウリが主です。 フランス系はパテや生ハムなんかによく添えられている方で、アメリカ系はハンバーガーに入っていると言えば分かりやすいですかね。 フランス系は酸味がとっても強く、それ単体で食べるのは結構きびしいです。 片やアメリカ系は食感が柔らかく、甘みがあります。 ハーブでつけているものがほとんどなのでクセが強くて料理のアクセントといった使い方しかできません。 今回は『日本のピクルス』 さて、前置きが長くなりましたが今日紹介するピクルスはフランス系でもアメリカ系でもなく、日本のピクルスです。 酸味も穏やかで、野菜それぞれの食感も生き、サラダ感覚で食べることができます。 大根やミョウガといった和の野菜も使ってみました。 注意するのはにんじんの厚さくらいでしょうか。 にんじんは火が通りにくいのであまり厚すぎないほうがいいです、他の野菜はお好みの大きさで。 この後、熱々のピクルス液を流し込むのでタッパーはしっかりした耐熱性のものを選びましょう。 野菜を入れたタッパーに流し入れます。 小さなテクニックですが、これで表面の野菜もしっかりとピクルス液に浸すことができます。 後は常温で冷まし、冷蔵庫へ。 このまま、2週間ほど食べられる 次の日から食べられますが、個人的には2、3日後からが、味もなじんで食べ頃かと思います。 2週間程度は美味しく食べることができるので、お時間ある時に多めに作っておくのがオススメですよ。 後、今回紹介した野菜以外にも、季節の野菜や好みの野菜を色々と試していただけると良いかと思います。 コリコリとした食感で、サラダ感覚で食べれる〈野菜のピクルス〉いかがでしょうか。 vivo daily stand フレンチデリとデイリーワインをメインに提供する一人でも気軽に使える地域密着型のバル。 花本さんは中野本店でキッチンに立っています!レシピの質問も気軽にお店で花本さんに! 【花本朗さんの家バルつまみ、週1回金曜の夜に更新中!】 」.

次の

セロリのピクルス レシピ・作り方 by r_chibico|楽天レシピ

セロリ の ピクルス

野菜の煮物 39品 定番 3品 肉じゃが 1品 ラタトゥイユ 9品 ポトフ 13品 ロールキャベツ・ロール白菜 2品 野菜の煮物 その他 14品 野菜の和え物 47品 定番 1品 きゅうりの酢の物 1品 もやしのナムル 1品 野菜の白和え 2品 野菜の和え物 その他 43品 野菜の炒め物 67品 チンジャオロース 2品 もやし炒め 1品 野菜炒め 5品 なすの味噌炒め 1品 野菜の炒め物 その他 58品 野菜の炒め煮 1品 野菜の炒め煮 その他 1品 野菜の焼き物 7品 野菜の肉巻き 3品 ピーマンの肉詰め 1品 野菜の焼き物 その他 3品 野菜の揚げ物 2品 野菜の揚げ物 その他 2品 野菜の蒸し物 5品 定番 1品 野菜の蒸し物 その他 5品 野菜のおひたし 3品 おひたし その他 3品 野菜のきんぴら 18品 きんぴら その他 18品 野菜のおかず その他 18品 定番 4品 野菜のカルパッチョ 1品 野菜のマリネ 15品 ゆで野菜 2品 肉のおかず 牛肉 38品 ビーフステーキ 4品 ローストビーフ 2品 ビーフシチュー 4品 その他 牛肉料理 28品 豚肉 59品 定番 8品 豚の生姜焼き 3品 豚しゃぶ・冷しゃぶ 5品 角煮・煮豚・チャーシュー 5品 酢豚 1品 チンジャオロース 2品 ポークソテー 7品 野菜の肉巻き 3品 その他 豚肉料理 33品 鶏肉 59品 定番 18品 チキンソテー 8品 鶏の唐揚げ・竜田揚げ 10品 その他 鶏肉料理 41品 挽肉 26品 定番 14品 ハンバーグ 6品 餃子 8品 シューマイ 1品 ミートローフ 1品 ピーマンの肉詰め 1品 その他 挽肉料理 9品 加工肉 9品 その他 ベーコン料理 3品 ウィンナソーセージ料理 3品 ハム料理 3品 魚介のおかず 魚介の煮物 21品 定番 1品 さばの味噌煮 1品 アクアパッツァ 3品 魚介の煮物 その他 17品 魚介の焼き物・ソテー 24品 鮭のムニエル 1品 鮭のホイル焼き 1品 魚介の焼き物 その他 22品 魚介の炒め物 27品 イカ・エビの炒め物 19品 魚介の炒め物 その他 8品 魚介の揚げ物 11品 定番 1品 アジの南蛮漬け 3品 カキフライ 1品 魚介の揚げ物 その他 7品 魚介の蒸し物 7品 あさりの酒蒸し 3品 魚介の蒸し物 その他 4品 魚介のカルパッチョ・マリネ 18品 サーモンのマリネ 2品 魚介のカルパッチョ 2品 魚介のマリネ 14品 魚介の漬け・刺身 3品 刺身 その他 2品 魚介の漬け その他 1品 練り物 5品 ちくわ料理 4品 かまぼこ料理 1品 魚介のおかず その他 7品 スモークサーモン 1品 魚介のアレンジ料理 6品 魚介の缶詰 1品 ツナ料理 1品 ごはんもの オムライス 1品 定番 1品 オムライス(プレーン、アレンジ) 1品 カレー 29品 定番 2品 チキンカレー 2品 野菜カレー 2品 シーフードカレー 6品 キーマカレー 6品 ドライカレー 3品 スープカレー 2品 ビーフカレー 1品 カレー その他 7品 ハヤシライス・ハッシュドビーフ 4品 定番 3品 ハヤシライス 3品 ハッシュドビーフ 1品 寿司 3品 恵方巻き・巻き寿司 2品 すし飯 1品 炒めご飯・チャーハン 3品 チャーハン その他 3品 炊き込み・混ぜご飯 12品 ピラフ 3品 炊き込みご飯 その他 7品 混ぜご飯 その他 3品 どんぶり 7品 定番 1品 中華丼 1品 丼もの その他 6品 雑炊・リゾット 7品 おかゆ 1品 リゾット 4品 雑炊・おじや 1品 クッパ 1品 アレンジご飯 12品 ドリア 6品 タコライス 3品 ロコモコ 1品 アレンジご飯 その他 2品 卵・大豆製品 野菜を使ったサラダ 69品 定番 3品 ポテトサラダ 3品 かぼちゃのサラダ 1品 大根のサラダ 1品 人参のサラダ 4品 セロリのサラダ 19品 野菜サラダ その他 44品 肉を使ったサラダ 28品 定番 1品 バンバンジー 5品 チキンのサラダ 1品 しゃぶしゃぶサラダ 15品 肉を使ったサラダ その他 7品 魚介を使ったサラダ 26品 海鮮サラダ 8品 魚介を使ったサラダ その他 19品 マカロニを使ったサラダ 4品 定番 4品 マカロニサラダ 4品 その他のサラダ 24品 定番 2品 春雨サラダ 6品 豆腐サラダ 2品 コールスロー 2品 サラダ その他 14品 ドリンク セロリの基本情報 セロリの特徴 さわやかな香りとシャキシャキとした歯ごたえが特徴の洋野菜。 西洋料理では、煮込みやスープに使われるほか、ソースやビネガーなどの香辛料、ブーケガルニ(香草束)の材料の一つしても使われ、肉や魚の臭み消しに欠かせません。 日本では、生でサラダにして食べたり、香味野菜として使うことがほとんどですが、炒めたり、じっくり煮たりしても、違ったおいしさが味わえます。 また、セロリの葉は、茎より栄養豊富なので、 捨てずに利用したいもの。 細い茎も一緒に細かく刻んで、つくだ煮やかき揚げにしたり、スープなどに入れてもよいでしょう。 葉の部分だけでも、肉の煮込みや魚のスープなどに入れると、臭み消し・香りづけに効果があります。 一般に流通している茎の白い品種のほか、茎まで緑色で香りの強い「グリーンセロリ」も出回っています。 セロリの選び方ガイド 香りが強いのが新鮮な証拠です。 葉の緑色が濃く、シャキッとしていて、茎が太く長く、筋が縦にはっきりと入って凸凹しているくらいのもの、しっかり巻いているものが良品です。 つやのないもの、しおれているものは、時間がたって水けを失っています。 茎を1本ずつ分けて束ねて売られているものは、逆さにして切り口をチェックしましょう。 穴がポツポツとあいたものはすが入っているので、避けるようにして。 茎を1本ずつ分けたものより、1株で買うほうが日もちがします。 保存する場合は、細い茎と葉を切り分け、乾燥しないようラップで包んで、冷蔵庫の野菜室へ。 新鮮なうちに早めに使い切るようにしましょう。

次の