川村 こうすけ。 【ラウンドワン】ボウリング|所属プロボウラー紹介

九州国立博物館

川村 こうすけ

来歴 [ ] バスケを始めたのは小学生の時。 では2年次の、第16回に出場し、予選リーグで敗退。 4月に進学後は1年生時よりメンバー入りし、に出場。 2年次の2005年インターハイではチームの得点源として活躍し、2回戦の金光藤蔭高校戦と準々決勝の北陸高校戦でチームトップの得点を記録するなど準優勝に貢献した。 3年生時の2006年インターハイではベスト8。 同年のにも出場し、3位に貢献した。 3位決定戦の八王子高校戦では42得点を記録している。 4月、に進学。 1年次より主力となり第83回関東大学リーグ2部で3位。 第59回では8位。 2008年1月の1回戦のJBL2・戦でチームトップの28得点。 2年次の、新人戦で優秀選手賞。 第57回関東大学バスケットボール選手権大会で得点王。 第84回リーグ戦2部で4位。 14試合に出場し、得点王と3ポイント王を獲得。 第60回インカレでも5位に貢献し得点王を獲得する。 2009年1月、では3回戦まで進出し、JBLのに敗れた。 3年次の、第58回関東大学選手権大会で得点王。 第85回リーグ戦2部でリーグ通算500得点で得点王と3ポイント王の2冠を2年連続で獲得し、優勝と1部リーグ昇格に貢献した。 第61回インカレは2回戦で敗退。 4年次の、第59回関東大学選手権大会は直前に足首を捻挫し欠場。 11年ぶりに1部リーグに復帰した第86回リーグ戦では10チーム中7位となり1部残留に貢献。 第62回インカレではリーグ戦5位の拓殖大や3位の東海大など上位大学を破り、準決勝でリーグ戦2位の慶応大に敗れたが、3位決定戦では関東学院大に勝利し3位となり、自身は優秀選手賞、得点王、3ポイント王を受賞した。 2011年1月、2大会ぶりに出場したでは3回戦でに敗れた。 大学卒業後の、のに入団。 1年目よりオールスターゲームに出場。 2011-12シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。 2012-13シーズンは2013年1月のではパナソニックとして16年ぶり10度目の優勝に貢献し、ベスト5に選出された。 JBLリーグ戦でもベスト5とフリースロー成功率1位のタイトルを獲得。 パナソニックの2013年限りでの休部を受けに移籍。 2013-14シーズンは3ポイントシュート成功率1位のタイトルを獲得。 、スリーポイント成功率が43. 、2020年3月15日、Bリーグタイ記録となる1試合11本のスリーポイント成功、自身最多の45得点を記録した。 、と共に4年連続でベストファイブに選出された。 スリーポイント成功率が44. 経歴 [ ]• 福岡大学附属大濠高校 - 明治大学 - パナソニック 2011-2013 - アイシン三河 2013- 日本代表歴 [ ] 高校3年次のにU-18日本代表に選ばれ、で6位。 大学3年次のに代表に選出され、得点王を獲得。 直後に行われたでアメリカ挑戦のため活動を辞退したに代わりA代表に初めて招集され、出場機会こそ少なかったものの最終戦で3ポイントを6本決めるなど存在感をアピールした。 また、日韓大学対抗戦の李相栢杯にも出場。 、2年連続で日本代表候補に選出され、ウィリアム・ジョーンズカップに出場。 、で2位。 、で準優勝。 、では7試合に出場して9位。 1試合平均12. 1得点。 、で6位。 で5大会20年ぶりの3位に貢献。 422. 383. 852 3. 4 0. 7 0. 5 0. 3 1. 0 15. 7 2012-13 30 29 32. 456. 461. 911 2. 4 0. 9 0. 5 0. 4 1. 0 15. 6 2013-14 52 50 31. 465. 473. 868 2. 3 0. 9 0. 5 0. 2 1. 1 15. 4 2014-15 45 45 34. 485. 453. 920 2. 7 1. 0 0. 8 0. 0 1. 1 19. 7 2015-16 51 50 33. 422. 365. 850 2. 4 1. 1 0. 5 0. 1 1. 1 17. 5 54 52 29. 450. 426. 908 2. 0 0. 7 0. 5 0. 1 1. 1 16. 7 57 50 28. 445. 395. 932 1. 9 1. 1 0. 6 0. 1 1. 1 15. 7 52 52 28. 453. 437. 909 1. 2 1. 1 0. 3 0. 1 1. 3 17. 9 35 32 27. 497. 448. 974 1. 5 1. 1 0. 4 0. 0 1. 2 14. 485. 429. 941 1. 2 0. 2 0. 2 0. 0 0. 3 17. 2 4 3 32. 426. 417. 957 2. 0 0. 5 0. 3 0. 0 1. 0 19. 8 受賞歴 [ ]• JBL• ルーキー・オブ・ザ・イヤー(2011-12)• ベスト5(2012-13)• フリースロー成功率1位(2012-13)• NBL• 3ポイントシュート成功率1位(2013-14)• ベストFT成功率賞(2014-15、. 908)• プレーオフMVP(2014-15)• Bリーグ も参照• ベスト3P成功率賞:1回(2017)• ベストFT成功率賞:4回:4回(2017 - 2020)• 選出:3回(2017、2019、2020)• 1試合3ポイント成功数:11(2020年3月15日、と並ぶBリーグタイ記録)• ベスト5(2013, 2016)• (2012年度) 脚注 [ ].

次の

【親子クラシックコンサート 6/19より申し込み開始】「まちは劇場」推進事業 まちは劇場コンサート事業

川村 こうすけ

Information 日程 2012年5月26日 土 〜6月27日 水 11:00~20:00(会期中無休) 入場料 無料 レセプションパーティー 2012年5月26日 土 18:00~20:00 アーティスト・トーク <アーティスト・トーク> 2012年5月27日 日 17:00〜18:30 ゲスト :大友克洋(漫画家・映画監督) 2012年6月09日 土 17:00〜18:30 ゲスト:伊藤桂司(UFG Inc. 代表) *予約定員制:5月27日、6月09日各日先着30名様ーご予約はB GALLERYまで(03-5368-7309) フィルムの質感と紙の劣化の雰囲気に拘り、40〜50年代の雑誌や新聞から作品に使用する素材を集めてコラージュ作品を制作するアーティスト、河村康輔。 過去のアノニマスなグラフィックが、コラージュという手法で破壊と再生の過程を経て生まれ変わる、繊細な作品が特徴です。 新作展となる本展では、自らのコラージュ作品を一度シュレッダーにかけ、再コラージュした作品を発表します。 また彼の制作活動において重要な存在でもある"音楽"は、レコード梱包用段ボールなど素材にも自然と現れます。 河村康輔の最新作にどうぞご期待下さい。 「自分ではコントロール出来ないマシーン... 意志のないところでしか起こりえないカット(素材)の数々を再構築する。 東京在住。 グラフィック・ド・ザイナー、コラージュ・アーティスト。 07年よりシルクスクリーンの版を使った作品、ライブ・シルクプリント、貨幣価値に焦点を当てた作品を制作開始。 Winston Smith、KING JOE、SHOHEI等と共作、美術館、ギャラリー等で個展、グループ展に参加。 11年、Winston Smithとのコラボレーション作品集「22Idols」を発売。 サンフランシスコでの個展「TOKYO POP!! 」を開催。 ブックデザイン、DVD・CDジャケットデザイン、広告、アパレル、イベント企画、その他無差別 無意識 に様々な媒体で活動中。

次の

Kosuke Kawamura 「REBIRTH」

川村 こうすけ

来歴 [ ] バスケを始めたのは小学生の時。 では2年次の、第16回に出場し、予選リーグで敗退。 4月に進学後は1年生時よりメンバー入りし、に出場。 2年次の2005年インターハイではチームの得点源として活躍し、2回戦の金光藤蔭高校戦と準々決勝の北陸高校戦でチームトップの得点を記録するなど準優勝に貢献した。 3年生時の2006年インターハイではベスト8。 同年のにも出場し、3位に貢献した。 3位決定戦の八王子高校戦では42得点を記録している。 4月、に進学。 1年次より主力となり第83回関東大学リーグ2部で3位。 第59回では8位。 2008年1月の1回戦のJBL2・戦でチームトップの28得点。 2年次の、新人戦で優秀選手賞。 第57回関東大学バスケットボール選手権大会で得点王。 第84回リーグ戦2部で4位。 14試合に出場し、得点王と3ポイント王を獲得。 第60回インカレでも5位に貢献し得点王を獲得する。 2009年1月、では3回戦まで進出し、JBLのに敗れた。 3年次の、第58回関東大学選手権大会で得点王。 第85回リーグ戦2部でリーグ通算500得点で得点王と3ポイント王の2冠を2年連続で獲得し、優勝と1部リーグ昇格に貢献した。 第61回インカレは2回戦で敗退。 4年次の、第59回関東大学選手権大会は直前に足首を捻挫し欠場。 11年ぶりに1部リーグに復帰した第86回リーグ戦では10チーム中7位となり1部残留に貢献。 第62回インカレではリーグ戦5位の拓殖大や3位の東海大など上位大学を破り、準決勝でリーグ戦2位の慶応大に敗れたが、3位決定戦では関東学院大に勝利し3位となり、自身は優秀選手賞、得点王、3ポイント王を受賞した。 2011年1月、2大会ぶりに出場したでは3回戦でに敗れた。 大学卒業後の、のに入団。 1年目よりオールスターゲームに出場。 2011-12シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。 2012-13シーズンは2013年1月のではパナソニックとして16年ぶり10度目の優勝に貢献し、ベスト5に選出された。 JBLリーグ戦でもベスト5とフリースロー成功率1位のタイトルを獲得。 パナソニックの2013年限りでの休部を受けに移籍。 2013-14シーズンは3ポイントシュート成功率1位のタイトルを獲得。 、スリーポイント成功率が43. 、2020年3月15日、Bリーグタイ記録となる1試合11本のスリーポイント成功、自身最多の45得点を記録した。 、と共に4年連続でベストファイブに選出された。 スリーポイント成功率が44. 経歴 [ ]• 福岡大学附属大濠高校 - 明治大学 - パナソニック 2011-2013 - アイシン三河 2013- 日本代表歴 [ ] 高校3年次のにU-18日本代表に選ばれ、で6位。 大学3年次のに代表に選出され、得点王を獲得。 直後に行われたでアメリカ挑戦のため活動を辞退したに代わりA代表に初めて招集され、出場機会こそ少なかったものの最終戦で3ポイントを6本決めるなど存在感をアピールした。 また、日韓大学対抗戦の李相栢杯にも出場。 、2年連続で日本代表候補に選出され、ウィリアム・ジョーンズカップに出場。 、で2位。 、で準優勝。 、では7試合に出場して9位。 1試合平均12. 1得点。 、で6位。 で5大会20年ぶりの3位に貢献。 422. 383. 852 3. 4 0. 7 0. 5 0. 3 1. 0 15. 7 2012-13 30 29 32. 456. 461. 911 2. 4 0. 9 0. 5 0. 4 1. 0 15. 6 2013-14 52 50 31. 465. 473. 868 2. 3 0. 9 0. 5 0. 2 1. 1 15. 4 2014-15 45 45 34. 485. 453. 920 2. 7 1. 0 0. 8 0. 0 1. 1 19. 7 2015-16 51 50 33. 422. 365. 850 2. 4 1. 1 0. 5 0. 1 1. 1 17. 5 54 52 29. 450. 426. 908 2. 0 0. 7 0. 5 0. 1 1. 1 16. 7 57 50 28. 445. 395. 932 1. 9 1. 1 0. 6 0. 1 1. 1 15. 7 52 52 28. 453. 437. 909 1. 2 1. 1 0. 3 0. 1 1. 3 17. 9 35 32 27. 497. 448. 974 1. 5 1. 1 0. 4 0. 0 1. 2 14. 485. 429. 941 1. 2 0. 2 0. 2 0. 0 0. 3 17. 2 4 3 32. 426. 417. 957 2. 0 0. 5 0. 3 0. 0 1. 0 19. 8 受賞歴 [ ]• JBL• ルーキー・オブ・ザ・イヤー(2011-12)• ベスト5(2012-13)• フリースロー成功率1位(2012-13)• NBL• 3ポイントシュート成功率1位(2013-14)• ベストFT成功率賞(2014-15、. 908)• プレーオフMVP(2014-15)• Bリーグ も参照• ベスト3P成功率賞:1回(2017)• ベストFT成功率賞:4回:4回(2017 - 2020)• 選出:3回(2017、2019、2020)• 1試合3ポイント成功数:11(2020年3月15日、と並ぶBリーグタイ記録)• ベスト5(2013, 2016)• (2012年度) 脚注 [ ].

次の