任天堂 配信 ミルダム。 ミルダム(2020/03/14 00:00)

【Switch】ゲーム配信・生放送のやり方を図解してみた

任天堂 配信 ミルダム

DarkMioN 福田 直孝さん SF2やCSGOの国際大会に日本代表として出場した経歴を持つ選手。 その他AVAやBSといったFPSタイトルの大会でも多数優勝経験あり。 現在はJet eSportsに所属。 なぜならSwitchに配信機能は備わっていないからです。 30秒の短い録画であれば、Swtich単体でも出来ますが、長時間の録画や、リアルタイムでのライブ配信には対応していません。 そのため、Switchでライブ配信を行うにはキャプチャーボードを利用してSwitchとPCを接続し、PCから配信を行う必要があります。 なので、Switchでライブ配信したい場合は、配信用PCとキャプチャーボードが必ず準備しましょう。 まあPCが無いと出来ないけど、そこまでのスペックはいらないぞ!まずは必要な機材類を確認してみよう。 Switchのゲーム配信で必要なもの Switchでゲーム生配信するには、• Nintendo Switch• 配信用PC• キャプチャーボード• 配信ソフト• マイク が必要です。 Nintendo Switch Switchのゲーム配信ですから、当然、Nintendo Switchは必ず必要です。 ただ、Switchでも 「Nintendo Switch Lite」ではゲーム配信が不可能なので注意しましょう。 ですが、Nintendo Switch LiteはTVモード非対応の、キャプチャーボードと接続できないためライブ配信行うことができません。 なので、新たにSwitchを購入予定の人は、Liteではない通常のNintdndo Switchを購入するようにしましょう。 配信用PC Switchは、PCを経由しないと配信を行うことが出来ません。 ノートでもデスクトップでもいいので、まずはパソコンを用意しましょう! また、その際に必要な最低PCのスペックは• CPUがCore i5以上• メモリが8GB以上• グラフィックボード搭載 (あるとさらに配信が安定する) です。 自分のPCが要件を満たしているかどうかは、 から確認できます。 スマブラやポケモン、マイクラの安定的な配信を可能にする配信用PCは以下の記事にて紹介しています。 Switchでのゲーム配信は• Switchの準備• スイッチとPCを接続• PCの準備• 配信ソフトの設定• ゲーム配信を開始 の5ステップでできます。 ひとつずつ順を追って解説していきます! 1. Switchの準備をする まずはSwitchを、ドックに装着しましょう。 ドックに装着して TVモードにしておかないと、PCにゲーム画面を映すことが出来ません。 ドックに装着することで、SwitchとキャプチャーボードをHDMI接続することが出来ます。 SwitchをTVモードにする詳しい方法は、に掲載されています。 その通り!だから先にコントローラーを左右外しておいて、その後にUSBやHDMIを裏に繋ぐといいぞ。 パススルー機能のあるキャプチャーボードなら、サブモニターにSwitchの画面を映し出すこともでき、音の遅延対策にもなります。 PCを準備する PCとキャプチャーボードとSwitchを繋ぐことが出来たら、次はPC側の準備です。 配信ソフト(キャプチャーソフト) を使ってSwitchのゲーム画面をPCに映しましょう。 OBSの場合は、接続した後に「ソース」の「新規作成」で「映像キャプチャデバイス」を選択したのち、認識されているキャプチャーボードを選択してください。 この時Switchにイヤホンが接続されている場合、外しておかないとゲーム音がPCから出ないので注意してください。 配信ソフトの設定をする PC上にゲーム画面を映し出すことが出来たら、あとは簡単です。 配信ソフトを開き、画面をキャプチャして配信を開始しましょう。 OBSで配信するには、ソースでキャプチャーしている画像を取り込んでください。 この際プロパティで、解像度が1920x1080になっているか確認しましょう。 これ以外の解像度になっていると、映像がうまく表示されない場合があります。 音声デバイスにマイクが認識されているかどうかもしっかり確認しておきましょう。 配信設定等はお使いのPCの性能にもよるので、PCと相談しつつ決めていきましょう。 ゲーム配信を開始する ゲーム配信を開始するには、 配信サイトでの設定も必要です。 自分が 配信したいサイトの詳細を確認をし、配信を開始しましょう。 下のページで配信サイトごとのゲーム配信のやり方について解説しています! 記事を見ながらスムーズに配信の設定を進めていってください! Switchで配信できるゲームは? 任天堂はSwitchでの配信において、 任天堂が定める禁止行為に触れなければ、どのソフトでも配信と収益化をOKしています。 しかし以下のような行為をしてしまうと配信も収益化も禁止になるので、注意しましょう。 違法性や、公序良俗に接触するものはNG 違法コピーや改造、チートなど• 企業が絡んでくる案件などは、個別に任天堂に許可を得る事• 任天堂著作物の投稿や他人のパクリで収益を得ることはNG 詳しくは任天堂公式のガイドラインを参考にしてみて下さい。 任天堂は 自社のゲームで収益化することも基本的にOKとしているので、気軽にゲーム実況・配信に取り組んでみてください。

次の

【Switch】ゲーム配信・生放送のやり方を図解してみた

任天堂 配信 ミルダム

DarkMioN 福田 直孝さん SF2やCSGOの国際大会に日本代表として出場した経歴を持つ選手。 その他AVAやBSといったFPSタイトルの大会でも多数優勝経験あり。 現在はJet eSportsに所属。 なぜならSwitchに配信機能は備わっていないからです。 30秒の短い録画であれば、Swtich単体でも出来ますが、長時間の録画や、リアルタイムでのライブ配信には対応していません。 そのため、Switchでライブ配信を行うにはキャプチャーボードを利用してSwitchとPCを接続し、PCから配信を行う必要があります。 なので、Switchでライブ配信したい場合は、配信用PCとキャプチャーボードが必ず準備しましょう。 まあPCが無いと出来ないけど、そこまでのスペックはいらないぞ!まずは必要な機材類を確認してみよう。 Switchのゲーム配信で必要なもの Switchでゲーム生配信するには、• Nintendo Switch• 配信用PC• キャプチャーボード• 配信ソフト• マイク が必要です。 Nintendo Switch Switchのゲーム配信ですから、当然、Nintendo Switchは必ず必要です。 ただ、Switchでも 「Nintendo Switch Lite」ではゲーム配信が不可能なので注意しましょう。 ですが、Nintendo Switch LiteはTVモード非対応の、キャプチャーボードと接続できないためライブ配信行うことができません。 なので、新たにSwitchを購入予定の人は、Liteではない通常のNintdndo Switchを購入するようにしましょう。 配信用PC Switchは、PCを経由しないと配信を行うことが出来ません。 ノートでもデスクトップでもいいので、まずはパソコンを用意しましょう! また、その際に必要な最低PCのスペックは• CPUがCore i5以上• メモリが8GB以上• グラフィックボード搭載 (あるとさらに配信が安定する) です。 自分のPCが要件を満たしているかどうかは、 から確認できます。 スマブラやポケモン、マイクラの安定的な配信を可能にする配信用PCは以下の記事にて紹介しています。 Switchでのゲーム配信は• Switchの準備• スイッチとPCを接続• PCの準備• 配信ソフトの設定• ゲーム配信を開始 の5ステップでできます。 ひとつずつ順を追って解説していきます! 1. Switchの準備をする まずはSwitchを、ドックに装着しましょう。 ドックに装着して TVモードにしておかないと、PCにゲーム画面を映すことが出来ません。 ドックに装着することで、SwitchとキャプチャーボードをHDMI接続することが出来ます。 SwitchをTVモードにする詳しい方法は、に掲載されています。 その通り!だから先にコントローラーを左右外しておいて、その後にUSBやHDMIを裏に繋ぐといいぞ。 パススルー機能のあるキャプチャーボードなら、サブモニターにSwitchの画面を映し出すこともでき、音の遅延対策にもなります。 PCを準備する PCとキャプチャーボードとSwitchを繋ぐことが出来たら、次はPC側の準備です。 配信ソフト(キャプチャーソフト) を使ってSwitchのゲーム画面をPCに映しましょう。 OBSの場合は、接続した後に「ソース」の「新規作成」で「映像キャプチャデバイス」を選択したのち、認識されているキャプチャーボードを選択してください。 この時Switchにイヤホンが接続されている場合、外しておかないとゲーム音がPCから出ないので注意してください。 配信ソフトの設定をする PC上にゲーム画面を映し出すことが出来たら、あとは簡単です。 配信ソフトを開き、画面をキャプチャして配信を開始しましょう。 OBSで配信するには、ソースでキャプチャーしている画像を取り込んでください。 この際プロパティで、解像度が1920x1080になっているか確認しましょう。 これ以外の解像度になっていると、映像がうまく表示されない場合があります。 音声デバイスにマイクが認識されているかどうかもしっかり確認しておきましょう。 配信設定等はお使いのPCの性能にもよるので、PCと相談しつつ決めていきましょう。 ゲーム配信を開始する ゲーム配信を開始するには、 配信サイトでの設定も必要です。 自分が 配信したいサイトの詳細を確認をし、配信を開始しましょう。 下のページで配信サイトごとのゲーム配信のやり方について解説しています! 記事を見ながらスムーズに配信の設定を進めていってください! Switchで配信できるゲームは? 任天堂はSwitchでの配信において、 任天堂が定める禁止行為に触れなければ、どのソフトでも配信と収益化をOKしています。 しかし以下のような行為をしてしまうと配信も収益化も禁止になるので、注意しましょう。 違法性や、公序良俗に接触するものはNG 違法コピーや改造、チートなど• 企業が絡んでくる案件などは、個別に任天堂に許可を得る事• 任天堂著作物の投稿や他人のパクリで収益を得ることはNG 詳しくは任天堂公式のガイドラインを参考にしてみて下さい。 任天堂は 自社のゲームで収益化することも基本的にOKとしているので、気軽にゲーム実況・配信に取り組んでみてください。

次の

Mildom(ミルダム)の楽曲権利問題について

任天堂 配信 ミルダム

いずれはミルダムへ行くかもしれないとのことですが、今のところ様子見のようです。 (2019. その中で、りんごもちぃさんが教えてくれた、Mildomのすごさや、りんごもちぃさんがMildomへ行こうと思った理由、そして今後の活動についてまとめてみました。 この記事を読んで、Mildomの勢いについて皆さんにも感じ取ってもらえたらと思います。 Contents• O PENRECからMildomへ 配信冒頭で「30分で人生が変わりました。 」と述べたりんごもちぃ。 Mildomの運営さん3人と30分ほどお話しをしたそうです。 そして11月中にはオープンレックからミルダムへ 完全移行するとの発表がありました。 というのも、ミルダムと 専属契約をする為、 他配信サイトでの配信や動画投稿は一切できなくなるのです。 (ミルダムを発展させたいから、他の配信サイトではやらないで欲しいという運営さんの思いです。 ) 3年間配信してきたオープンレックを引退し、ミルダムへ移行するというのは 大きな決断ですね。 1ヵ月前からずっと悩んでいたそうですが、ようやく決心がついたそうです。 Mildomについて Mildomの熱い思い Mildomの運営さんとのお話しの中で、「 YouTubeを超える」という話があったとのこと。 YouTubeは、Googleがバックについている超巨大な動画共有サービスです。 そのYouTubeを超える、とはなかなか言えることじゃないと思います。 りんごもちぃさんも、「 最終的にYouTubeを超えられるかどうかは分からないが、YouTube以外の配信サイトは超えると思っている」と言っていました。 そのミルダムの意気込みや熱意、また、eスポーツを発展させたいという熱い思いが移行する上での決断ポイントになったようです。 Mildomの引き抜き 現在のミルダムはまだまだ小さいプラットフォームかもしれません。 しかし、11月からはものすごいことになるよ、とりんごもちぃさんは言っています。 スプラトゥーンの大手配信者も、 シャドバの大手配信者も、 スマブラの大手配信者もミルダムへ移行するらしいとのこと。 みんなが良く知る配信者も続々移行してくるらしいです…。 中には、なんと 億単位で契約している人もいるとのこと。 これはすごいですね。 りんごもちぃさんも、「 僕も億貰えるかもしれない」と話していて、これは冗談なのか本当なのかよく分かりませんでした。 でも声色的には冗談っぽくなかったんですよね。 すごい。 現在のMildomの大手配信者といえば、プロゲーマーチーム【父ノ背中】所属の けんきさん、 あびつんさん、 ダステルさんでしょうか。 彼らは今までのYouTubeでの配信がメインでしたが、現在はミルダムへ移行しています。 おそらく、結構な額の契約金が提示されたのではないかと思います。 つまり、その有名配信者が 新規ユーザーをミルダムに引き付れてくる訳です。 配信者にとって、視聴者が多いサイトで配信をしたいと思うのは当たり前で(その点でYouTubeは最強ですよね)、視聴者がいないという不安要素やサイトの将来性についても、りんごもちぃさん的に大手配信者が来るということで緩和されたのではないでしょうか。 先日、 Shroud(シュラウド)が mixerへの移行を発表しましたが、それと同じで有名配信者を引き抜く力も企業の力ですよね。 引き抜くだけの財源があるということでしょう。 「〇〇を修正して欲しい!」、「 〇〇を追加して欲しい!」という視聴者の声に結構対応してくれているそうです。 例えば、以前は1回1回配信を更新するとコメントが消えてしまう仕様になっていましたが、それもすぐに修正されました。 また、現在も様々な機能を実装予定で、例えば、 ・ ダークモード機能 (暗い場所で画面を見る時に目の負担を軽減する) ・ キャプチャ機能 ・ アンケート機能 (著作権の問題で実装が難しいが、検討しているとのこと) の実装も検討しているみたいです。 任天堂収益化 スプラトゥーンなどの任天堂のゲームを配信する時は、任天堂の許可が必要です。 ミルダムはその許可も 取得済みです。 現在はそのことがサイトのどこにも書いてありませんが、それは完全に承認されるまでに3ヵ月程かかるそうなので、まだ記載ができないだけのようです。 なので配信者は安心して任天堂のゲームを配信できますね。 りんごもちぃさんの今後の活動について 上記で述べたように、今後は ミルダムのみでの活動になるようです。 ミルダムの 公式配信者ということですね! また、配信頻度も増えるとのこと。 ミルダム側から「 最低20日以上、 1日1時間以上は配信をしてください」と言われているようです。 なかなかにホワイト企業じゃないでしょうか…(笑) 公式配信者であれば、アーカイブもすべて残るようですので、配信を見逃してしまったとしても大丈夫です! スタンプも自分で作れるとのことですので、どんなスタンプが作られるのか楽しみでもあります。 まとめ 私自身、オープンレックは好きな配信サイトで、りんごもちぃさんの配信もよく見ていたので、移行宣言は少し寂しいですね。 りんごもちぃさんはオープンレックで3年間配信していましたが、オープンレック側としては契約も何も結んでいなかったので、引き留めることは難しいでしょうね。 私はオープンレックのプレミアム会員になっていますが、配信者が減ってしまうようなら一般会員に戻るのもアリかなぁと考え中です。 ミルダムは今のところすべて無料ですしね。 ちなみに、私は彼の配信は 大好きなのでMildom(ミルダム)へ行っても視聴します^^ どこまでもついていくよーーー!.

次の