くまもとクリニック 八尾。 くまもとクリニックの口コミ・評判(1件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

病診連携室

くまもとクリニック 八尾

感染症対策 当院の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について 当院では患者様が安心して診療を受けていただくために下記の対策を立てています。 1.換気と環境消毒 2.消毒には次亜塩素酸ナトリウム0. 2%と消毒用アルコール(70%以上)の使用 3.診療中のサージカルマスク装着と頻回の手指の消毒 ・・・詳細は「」へ 電話診療 電話診療による再診サービスの提供を開始しました 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として電話診療による再診が認められました。 社会や地域の患者様のために当院で出来る限りのことを行いたいと考え、再診の患者様に対し電話による診療サービスの提供を開始いたします。 ・・・詳細は「」へ 感染症対策動画 手洗い&咳エチケットで感染症を予防しましょう! ママたちから「赤ちゃんや子どもの手洗いはどうしたらいいの?」といった声も多くきかれます。 そこで『赤ちゃん編』『こども編』『大人編』とそれぞれの手洗いの方法や咳エチケットについて、詳しく動画で紹介されたYouTubeチャンネルをご案内いたします。 光文社 2018年12月号 ~「女のからだメンテナンス」HERS~ 女医たち自らが納得して実践する、からだの整え方 掲載情報の詳細はへ くまもとクリニックについて 福岡市中央区天神の「天神ツインビル」8階というアクセスの良さ、そして大病院で耳鼻咽喉科部長、形成外科部長を歴任してきた2人の臨床経験豊富な専門医の診療で信頼を集める福岡の耳鼻咽喉科・形成外科「くまもとクリニック」です。 くまもとクリニックは、男性の院長と女医の副院長が診療を行っています。 初期治療で症状軽減、乳幼児も診療可能です。 毎年つらい症状に悩まされている人は、症状が出てからではなく、初期療法としてシーズンの1~2週間ほど前から自分にあった薬を飲むと、症状を軽減させることができます。 妊婦さんなど薬物療法を避けたい、毎日薬を飲むのは面倒という場合は、鼻の粘膜にレーザーを照射して症状を軽減させる「レーザー治療」も可能です。 保険診療で行えて、1時間程度で日帰りできます。 他に、減感作療法も実施しています。 福岡の耳鼻科「くまもとクリニック」は症状だけでなくライフスタイルに合わせて、最適な治療を提案いたします。 また、最近では乳幼児のアレルギーも問題になっていますが、女性副院長は、全国的にも少ない小児の耳鼻咽喉科で経験を積んだドクターです。 新生児から診療してもらえるので、ママたちの心強いかかりつけ医になるはすです。 加齢や生まれつきの眼瞼下垂は、保険診療対象になります。 ますは気軽に相談を! 「みみ」「はな」「のど」のお悩みの方におすすめ 福岡の耳鼻咽喉科・形成外科の「くまもとクリニック」は「みみ」「はな」「のど」のお悩みの方におすすめのクリニックです。 「耳鼻咽喉科」とは 「耳鼻咽喉科」とは、その名前のとおり「みみ」「はな」「のど」の病気を治療する科です。 「のど」とは口の中だけでなく、顔やくび(頚部)も含まれます。 これらはいびきや睡眠時無呼吸症の原因となる病気で・・・続きを読む 耳鼻咽喉科・形成外科は名医のいる診療機関で受診されることをおすすめいたします。 子供の誤嚥に注意を! 「乳幼児のそばに、たばこなど誤飲しそうなものを置かないこと」 育児の際に口酸っぱく言われることですが、豆類にも注意が必要です! 「誤嚥」とは? 人の体は何かを飲み込む際、特有の運動が起き、殿が少し上がります。 (喉頭挙上) 喉頭が突き上がることで喉頭蓋が気管入り口の喉頭口に倒れ込み、口が閉じて異物が混入しないように仕分けしているのです。 この仕組みによって飲み込んだものは食堂へ送られるのですが、何かの拍子にタイミングがずれると気管に入ってしまいます。 これが「誤嚥」です。 気づきにくい誤嚥 たばこなどが食堂や胃に入るのはもちろん危険ですが、「誤嚥」の恐ろしい点は呼吸に影響を与えることです。 異物が声帯付近や気管にスッポリはまって呼吸困難を引きおこすことがあります。 背中をたたいて吐き出させたり、必要に応じて心肺蘇生をしたり、119番通報する必要があります。 異物が気管を通り越して機関誌に入り込むことも多くあります。 気管にある間は激しくせき込みますが、気管支まで達すると逆に症状が消えてしまうことがあります。 「良くなった!」と勘違いして放置すると、知らぬ間に肺の換気が損なわれ細菌感染などの危険性も増します。 2週間以上たって、気管支に異物が詰まっていることが判明したケースもあります。 異物の除去 異物の除去は簡単にはいきません。 エックス線やCTなどで位置を確認し、子供に全身麻酔をかけなければなりません。 乳幼児は、機関や気管支が細いため、使うのは気管支鏡と呼ばれるステンレス製の筒です。 口から挿入して、小型鉗子で異物を引き抜きます。 ただし、1回の操作時間は2. 3分が限度。 機関誌の直径は小さく、筒を入れると肺の換気が阻害され、酸素の供給などができなくなるからです。 誤嚥して何日もたっていると、さらにリスクが高まります。 異物が水分を吸って膨らみ、砕けやすくなります。 周囲の粘膜が炎症を起こし、出血しやすくなっていることもあります。 時間と闘いながら微妙な操作を繰り返します。 麻酔医がいるような専門機関で対処することが多くなります。 異物の種類 多発しているわけではないけれど、減ってもいません。 親御さんに、こんなに大変とは思わなかったといわれることもあり、少しでも実態をしってもらえたら・・・。 処置した異物で最も多いのが豆類です。 ピーナッツ(チョコレートが混ざったものも含みます。 )、大豆などで、福岡だけでなく全国的にも似たような傾向にあります。 食品以外ではおもちゃ(プラスティック玩具の破片、ビーズなど)や文房具などの報告例もあります。 子供の誤嚥の原因 子供の誤嚥の原因としては食事中や何かを加えているときに「転ぶ」「他の子とぶつかる」「泣く」といった動作が引き金となり、息を吸い込むことで軌道に入るとみられています。 予防として、豆類は飲み込む恐れがある3歳以下、できれば5歳未満の子には与えないように配慮が必要です。 子供が異物を口にするところを直接見ていなくても、急にむせて激しくせき込んだりしたら要注意!その後もゼイゼイした呼吸音やせきなど変調が続くときは、早めに医師に相談することがおすすめです。

次の

【公式】くまもとクリニック

くまもとクリニック 八尾

感染症対策 当院の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について 当院では患者様が安心して診療を受けていただくために下記の対策を立てています。 1.換気と環境消毒 2.消毒には次亜塩素酸ナトリウム0. 2%と消毒用アルコール(70%以上)の使用 3.診療中のサージカルマスク装着と頻回の手指の消毒 ・・・詳細は「」へ 電話診療 電話診療による再診サービスの提供を開始しました 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として電話診療による再診が認められました。 社会や地域の患者様のために当院で出来る限りのことを行いたいと考え、再診の患者様に対し電話による診療サービスの提供を開始いたします。 ・・・詳細は「」へ 感染症対策動画 手洗い&咳エチケットで感染症を予防しましょう! ママたちから「赤ちゃんや子どもの手洗いはどうしたらいいの?」といった声も多くきかれます。 そこで『赤ちゃん編』『こども編』『大人編』とそれぞれの手洗いの方法や咳エチケットについて、詳しく動画で紹介されたYouTubeチャンネルをご案内いたします。 光文社 2018年12月号 ~「女のからだメンテナンス」HERS~ 女医たち自らが納得して実践する、からだの整え方 掲載情報の詳細はへ くまもとクリニックについて 福岡市中央区天神の「天神ツインビル」8階というアクセスの良さ、そして大病院で耳鼻咽喉科部長、形成外科部長を歴任してきた2人の臨床経験豊富な専門医の診療で信頼を集める福岡の耳鼻咽喉科・形成外科「くまもとクリニック」です。 くまもとクリニックは、男性の院長と女医の副院長が診療を行っています。 初期治療で症状軽減、乳幼児も診療可能です。 毎年つらい症状に悩まされている人は、症状が出てからではなく、初期療法としてシーズンの1~2週間ほど前から自分にあった薬を飲むと、症状を軽減させることができます。 妊婦さんなど薬物療法を避けたい、毎日薬を飲むのは面倒という場合は、鼻の粘膜にレーザーを照射して症状を軽減させる「レーザー治療」も可能です。 保険診療で行えて、1時間程度で日帰りできます。 他に、減感作療法も実施しています。 福岡の耳鼻科「くまもとクリニック」は症状だけでなくライフスタイルに合わせて、最適な治療を提案いたします。 また、最近では乳幼児のアレルギーも問題になっていますが、女性副院長は、全国的にも少ない小児の耳鼻咽喉科で経験を積んだドクターです。 新生児から診療してもらえるので、ママたちの心強いかかりつけ医になるはすです。 加齢や生まれつきの眼瞼下垂は、保険診療対象になります。 ますは気軽に相談を! 「みみ」「はな」「のど」のお悩みの方におすすめ 福岡の耳鼻咽喉科・形成外科の「くまもとクリニック」は「みみ」「はな」「のど」のお悩みの方におすすめのクリニックです。 「耳鼻咽喉科」とは 「耳鼻咽喉科」とは、その名前のとおり「みみ」「はな」「のど」の病気を治療する科です。 「のど」とは口の中だけでなく、顔やくび(頚部)も含まれます。 これらはいびきや睡眠時無呼吸症の原因となる病気で・・・続きを読む 耳鼻咽喉科・形成外科は名医のいる診療機関で受診されることをおすすめいたします。 子供の誤嚥に注意を! 「乳幼児のそばに、たばこなど誤飲しそうなものを置かないこと」 育児の際に口酸っぱく言われることですが、豆類にも注意が必要です! 「誤嚥」とは? 人の体は何かを飲み込む際、特有の運動が起き、殿が少し上がります。 (喉頭挙上) 喉頭が突き上がることで喉頭蓋が気管入り口の喉頭口に倒れ込み、口が閉じて異物が混入しないように仕分けしているのです。 この仕組みによって飲み込んだものは食堂へ送られるのですが、何かの拍子にタイミングがずれると気管に入ってしまいます。 これが「誤嚥」です。 気づきにくい誤嚥 たばこなどが食堂や胃に入るのはもちろん危険ですが、「誤嚥」の恐ろしい点は呼吸に影響を与えることです。 異物が声帯付近や気管にスッポリはまって呼吸困難を引きおこすことがあります。 背中をたたいて吐き出させたり、必要に応じて心肺蘇生をしたり、119番通報する必要があります。 異物が気管を通り越して機関誌に入り込むことも多くあります。 気管にある間は激しくせき込みますが、気管支まで達すると逆に症状が消えてしまうことがあります。 「良くなった!」と勘違いして放置すると、知らぬ間に肺の換気が損なわれ細菌感染などの危険性も増します。 2週間以上たって、気管支に異物が詰まっていることが判明したケースもあります。 異物の除去 異物の除去は簡単にはいきません。 エックス線やCTなどで位置を確認し、子供に全身麻酔をかけなければなりません。 乳幼児は、機関や気管支が細いため、使うのは気管支鏡と呼ばれるステンレス製の筒です。 口から挿入して、小型鉗子で異物を引き抜きます。 ただし、1回の操作時間は2. 3分が限度。 機関誌の直径は小さく、筒を入れると肺の換気が阻害され、酸素の供給などができなくなるからです。 誤嚥して何日もたっていると、さらにリスクが高まります。 異物が水分を吸って膨らみ、砕けやすくなります。 周囲の粘膜が炎症を起こし、出血しやすくなっていることもあります。 時間と闘いながら微妙な操作を繰り返します。 麻酔医がいるような専門機関で対処することが多くなります。 異物の種類 多発しているわけではないけれど、減ってもいません。 親御さんに、こんなに大変とは思わなかったといわれることもあり、少しでも実態をしってもらえたら・・・。 処置した異物で最も多いのが豆類です。 ピーナッツ(チョコレートが混ざったものも含みます。 )、大豆などで、福岡だけでなく全国的にも似たような傾向にあります。 食品以外ではおもちゃ(プラスティック玩具の破片、ビーズなど)や文房具などの報告例もあります。 子供の誤嚥の原因 子供の誤嚥の原因としては食事中や何かを加えているときに「転ぶ」「他の子とぶつかる」「泣く」といった動作が引き金となり、息を吸い込むことで軌道に入るとみられています。 予防として、豆類は飲み込む恐れがある3歳以下、できれば5歳未満の子には与えないように配慮が必要です。 子供が異物を口にするところを直接見ていなくても、急にむせて激しくせき込んだりしたら要注意!その後もゼイゼイした呼吸音やせきなど変調が続くときは、早めに医師に相談することがおすすめです。

次の

病診連携室

くまもとクリニック 八尾

大阪府八尾市龍華町1-4-1メガシティタワーズ2F アクセス 関西本線 久宝寺駅 南口 徒歩1分 公共交通機関ご利用の方:関西本線・おおさか東線 JR「久宝寺」駅の改札口を出て右へ向かいます。 お車でお越しの方:スーパー「ライフ」の駐車場をご利用いただけます。 ライフ屋上駐車場にお停めいただければ、バリアフリーで直結しております。 自転車でお越しの方:スーパー「ライフ」の駐輪場にお留めいただき、エレベータにて2Fまでお上がり下さい。 事前に電話連絡等を行うことをおすすめいたします。 情報について誤りがある場合は以下のリンクからご連絡をお願いいたします。 「口コミ」「リンク先URL」以外の店舗・施設情報は、EPARKクリニック・病院から提供された情報となります。 内容については、念のため店舗・施設にご確認ください。 当サイト内で使用している「マッサージ」という言葉は、もみほぐし・整体・鍼灸・リンパ・アロマ・足ツボなど、広く一般に行われている、主にリラクゼーションを目的とした施術全般を指しています。 あん摩マッサージ指圧師をはじめとする、国家資格を有する施術者が在籍する店舗においては、その旨を記載させていただいております。 また、体の悩みを示す「肩こり」「腰痛」「頭痛」といった言葉は、分かりやすさを考慮して一般に浸透している表現を採用したものであり、特定の症状やその改善を意味するものではありません。 個々のサロンページを含め、文言の使用には細心の注意を払っておりますが、お気づきの点がございましたらご一報くださいますようお願い申し上げます。 皆様には、日々の健康維持の一助として当サイトをご活用いただければ幸いでございます。 当サイト内で使用している「マッサージ」という言葉は、もみほぐし・整体・鍼灸・リンパ・アロマ・足ツボなど、広く一般に行われている、主にリラクゼーションを目的とした施術全般を指しています。 あん摩マッサージ指圧師をはじめとする、国家資格を有する施術者が在籍する店舗においては、その旨を記載させていただいております。 また、体の悩みを示す「肩こり」「腰痛」「頭痛」といった言葉は、分かりやすさを考慮して一般に浸透している表現を採用したものであり、特定の症状やその改善を意味するものではありません。 個々のサロンページを含め、文言の使用には細心の注意を払っておりますが、お気づきの点がございましたらご一報くださいますようお願い申し上げます。 皆様には、日々の健康維持の一助として当サイトをご活用いただければ幸いでございます。 "一回のお客様を、一生のお客様に。

次の