空 の 青 さ を 知る 人 よ 歌詞 意味。 「空の青さを知る人よ」感想と考察!タイトル意味は?生霊とは?

「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さ(深さ)を知る」とはどういうことか?

空 の 青 さ を 知る 人 よ 歌詞 意味

井の中の蛙大海を知らずとは? まず言葉の整理をすると、井の中=井戸の中 蛙=カエル 大海=大きな海 です。 「井戸の中に住むカエルは自分の住む井戸以外に大きな海があることを知らない」という意味になり、自分の狭い知識にとらわれてしまい物事の判断ができなくなってしまうことを表しています。 由来としては、中国の「荘子 秋水篇」のようで次の話がもとになっています。 井の中の蛙と海のことを語ることはできない、住処のことしか知らないからである。 夏の虫も、氷のことを語ることはできない、夏の時季しか知らないからである。 心の曲がった人や何かを極めた人と「道」の事を語ることはできない、ある教条にとらわれているからである。 この話の初めの部分から「井の中の蛙大海を知らず」は来ているようです。 日本で付け足されたものが、、、 ここまでのことから中国のお話が日本に伝わり、ことわざになっていることが分かりますが今回の本題である「されど空の青さを知る」という部分は触れられていません。 どうやらこの「されど空の青さを知る」という部分は中国から伝わった後、日本で付け加えられたものみたいです。 「狭い世界で生きているからこそ、見えるものがある」といった意味があり、この他にも「空の深さを知る」、「天の高さを知る」などがあるようです。 同じような意味の言葉がある 井の中の蛙大海を知らずの 類義語として次のような言葉があります。 ・針の穴から天を覗く 針のような小さい穴からでは少しの天井しか見えないというように、自分の狭い見識をもとに、大きな事柄について勝手な推測をするという意味。 ・夏の虫氷を笑う 夏の間だけ生きている虫は、世間に氷というものがあることなど知らないように、それを笑うということで、見聞の狭い人間が傲慢に構えるという意味。 ・夜郎自大 自分の力量を知らない人間が、仲間の中で大きな顔をしていい気になっていること。 ・葦(よし)の髄(ずい)から天井を覗く 葦の茎の管を通して天井を見ても全体が見えないように、狭い見識に基づいて物事を判断するということ。 それぞれ少しずつ意味が違いますが、狭い見識や見聞にとらわれて物事が見えてないという点では、同じ意味の言葉として扱えると思います。 まとめ 「井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る」というのは 狭い知識にとらわれず多くのことを知るべきだ。 という意味とは逆に、狭い世界にいるからこそ見えるものがある。 という日本人の知恵が付け加えられた内容になっていました。 どちらの意味も筋が通っていて納得できるものになっていましたね! 今回は雑談という形で紹介しましたがいかがでしたか?ことわざ自体、普段あまり使うことはありませんが昔の人の知恵や教訓を学ぶことは良いことかと個人的に思います。 また興味のある内容のものがあれば紹介したいと思います。 みなさんを気になったことなどあれば調べてみてください! それでは今回はここまで!また次の記事でお会いしましょう!.

次の

あいみょん 空の青さを知る人よ

空 の 青 さ を 知る 人 よ 歌詞 意味

そんな雑学は今関係ないから! そうでした! 話を元に戻しましょう。 「空青」における『井の中の蛙 (以下略)』は あかねの好きな言葉として登場します。 両親を亡くし、幼い妹のために東京行きを諦めたあかねの身の上に重ね合わせると、 『井の中の蛙』=『地元から離れられないあかね自身』 と読み解くことができそうです。 山に囲まれた牢獄みたいな町、というあおいの表現にもなんだか当てはまりますね。 では、後半部分についてはどうでしょう? あかねは義務感であおいの面倒を見ることを選んだのではなく、自ら望んで、恋人 (しんの)との未来を諦めてまであおいと一緒にいることを選びました。 だって、たった一人の家族ですから。 年の離れた妹が可愛くないはずがありません。 つまり、 『あかねにとっての空の青さ』=『あおい』 ということですよね。 つなげて文章にすると、 「あかねは広い世界には出られなかったけれど、本当に大切なあおいと一緒にいられる幸せを知っている」 といったところでしょうか。 映画のタイトルは「空の青さを知る人 (=あかね)よ」なので、慎之介からあかねへの語りかけのように見受けられます。 というか、具体的には終盤の慎之介のこのセリフがすべてを物語っていますよね。 「よかったよ。 妹を一番大切にできるあかねを好きになってよかった」• 慎之介からあかねへの気持ち• あかねからあおいへの気持ち 「空の青さを知る人よ」という短いタイトルの中には、そんな登場人物の大切な想いが込められているのではないでしょうか。 されど空の青さを知る』ということわざは《しんの》にも当てはまっているように思われます。 簡潔にまとめると、こんな感じでしょうか。 「まだ世間の厳しさを知らないけれど、絶対に夢は叶うという自信を持っている」 そんな高校生の《しんの》と関わることで、あおいや慎之介は 『本当に大切なもの』に気づきます。 特に慎之介は《しんの》のおかげで• もう一度、音楽の道で成功するという夢を見ること• あかねへの気持ちを素直に伝えること ができました。 そういう意味ではタイトルの 『空の青さを知る人』には《しんの》も含まれているのかもしれませんね。 生霊(しんの)ってなんだったの? 結局、お堂にいた《しんの》はどういう存在だったのでしょうか? 《しんの》の最後の記憶は、あかねに東京行きを断られた日のものでした。 その夜、慎之介(しんの)は悩んだ末に『ビッグなミュージシャンになってあかねを迎えに来るんだ』と決意します。 その決意の証として、慎之介は『あかねスペシャル』さえもお堂に置いていきました。 おそらく、このときの 慎之介の強い意志がまるでコピーのようにお堂、あるいは『あかねスペシャル』に焼きついていたのでしょう。 「そんなバカな!」という思いもありますが、ほら、お堂って霊的な場所ですし。 《しんの》がお堂から飛び出した時、『あかねスペシャル』が一緒に吹っ飛び、弦が切れていたのも、 「そこに《しんの》が縛られていたから」=「慎之介があかねスペシャルに《想い》を残していたから」 と考えると、納得ができます。 あおいはずっとお堂でベースの練習をしていたのに、そこに《しんの》はいませんでした。 タイミング的に 《しんの》は慎之介が帰ってきたことで現れたと考えてよいでしょう。 ただ《本体》に反応して現れただけか。 それとも、かつての決意を忘れてやさぐれてる31歳の金室慎之介にもう一度あの時の気持ちを思い出させるためか。 本人もわかっていなかったようですが、《しんの》が突然肉体をもって現れた理由はそんなところではないでしょうか。 あるいは、地元の若者を見守ってきたお堂や、『あかねスペシャル』自身が慎之介を導くために《しんの》を遣わせたのかもしれませんね。 「空青」感想 小説版「空の青さを知る人よ」のあとがきに、こんな一文があります。 アニメの世界なのに、登場人物の誰一人として、この世には存在していないはずなのに、 現実を生きる私たちに向かって実に生々しい刃が不意に飛んでくる。 切られて悲鳴を上げている私たちに「いやいや、傷つきながら生きていきなさいよ」と投げかけてくるのが岡田磨里さんの物語でした。 思わず 「それな!」と膝を叩きました。 切ない• 泣ける• 感動する もちろんそういう感想もどっさりあります。 あおいの片思いが切なくて、もらい泣きもしました (あおいちゃんマジ頑張った!) ただ、それはあくまで観客(第三者)としての感想です。 私にとって「空の青さを知る人よ」はなんというか 他人事じゃない物語で、それこそ『生々しい刃』がバシバシ飛んできて、自分自身のことについて考えさせられました。 大人にこそ見てほしい! 「あの花」「ここさけ」では青春ど真ん中にいる若者が主人公でした。 それに対して「空の青さを知る人よ」のメインは31歳の慎之介でありあかねです。 私がちょうど同世代だからか、今回、もうビックリするほど 慎之介への感情移入が止まりませんでした。 だって、ちょっと想像してみてください! 高校生の頃の自分が現れて「わたしはどんな大人になったんだろう?」という目でこっちを見てくるんですよ!? しんのと同じように、未来は輝かしいものだと信じて疑ってない頃の自分が、ですよ!? いったいどんな人なら「安心しろ! 君の願いは何もかも叶う!」と言えるのでしょう。 私なら 「やめてー! こっち見ないでー!」って感じで全力で目を逸らしてしまうに違いありません (言ってて哀しくなる) それでもって、もしも《しんの》みたいに 「将来、お前になってもいいかもしんねえって、思わせてくれよっ!」 なんて言われた日には、完全にKOです。 そんな場面がどうしても脳裏に浮かんできて、『生々しい刃』が胸にグサーっ!と突き刺さってきました。 正直、「うっ」と声が出そうになるくらいに胸が苦しかったです。 ただ、本質は 『そこから』でした。 もし、 高校生の自分にガッカリされるような自分になってしまっているのなら、変わらなきゃいけないんですよね。 慎之介のように「現実は甘くない」なんて言ってないで、ちゃんと「やりたいこと・やるべきこと」をしっかり見据えて、一歩ずつ前に進んでいかなきゃいけないんですよね。 わかってます。 言葉でいうほどそれが簡単なことじゃないくらい、重々承知しています。 でも、それでも、ハッと目が覚める思いがしました。 もしかしたら《しんの》に喝を入れられた慎之介もこんな気持ちだったのかもしれません。 高校生の自分にガッカリされない自分になれているか?• どうすれば高校生の自分に胸を張れる自分になれるか? アラサー世代以上の大人にとって、「空青」は冗談抜きで生き方を見つめなおす機会になると思います。 ……なんて書くとちょっと脅しがすぎるようですが、ホントにいろいろと考えさせられる映画なので、ぜひ大人世代の方々にも広く見てほしいな、と思います。 シンプルにおもしろいしね! まとめ 今回は「空の青さを知る人よ」の感想と考察をお届けしました! 意識して使わないように気をつけていたのですが、 感想は、 めっちゃエモかった! の一言に尽きます!(笑) 「あの花」「ここさけ」で感動した私のツボには直球でストライクでした。 「空青」はこれまでの作品よりも 大人の胸にグサーっ!と突き刺さる方向のエモさなので、• これまでのアニメ見てないよ• ふだんあんまりアニメ見ないよ• 天気の子がおもしろかったから という大人世代のみなさんに強くおすすめしたいですね。 「もう見たよ!」という方は、ぜひ「空青」の感想や考察など、コメントで教えてくれると嬉しいです。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 動画配信サービス比較 サービス名 特徴 無料期間 ・ 圧倒的な動画見放題14万本! ・もらえるポイントで最新映画も見られる ・ダウンロードも可能 31日間 ・ 国内最大級のドラマアーカイブ数! ・独占ドラマ多数 ・放送中ドラマの見逃し配信やスピンオフも見られる 2週間 ・フジテレビ公式の動画配信サービス ・ ドラマやバラエティー番組が充実 ・ 100誌の雑誌が読み放題 ・動画本数3万本 ・独占タイトル5000本 約30日 ・月額料金が安い 400円 ・ アニメ作品数NO. 1 ・アニソンや声優コンテンツも充実 31日間 ・ 海外ドラマが充実 ・オリジナルドラマも多数 ・見放題作品5万本 2週間.

次の

「空の青さを知る人よ」感想と考察!タイトル意味は?生霊とは?

空 の 青 さ を 知る 人 よ 歌詞 意味

次のセンテンスまで続けて読んでみましょう。 繰り返すあやまちの そのたび ひとは ただ青い空の 青さを知る 果てしなく 道は続いて見えるけれど この両手は 光を抱ける 繰り返す過ち は 道は続いて見えるけれど に対応していると読んでみます。 主様の解釈、「同じ事を繰り返してしまうけれど」に加え、「それが終わらない事として科せられているように感じてしまう」気持ちが読み取れます。 つづけてその先、ただ青い空の 青さを知る を この両手は 光を抱ける 対応させてみます。 特に、 この両手は 光を抱ける は希望を感じさせる内容ですね。 解釈として、「そのたびに人間は小さい生き物だと思い知らされる」と言うネガティブさは確かにそぐわない感じがします。 人間と言うものは過ちを犯す事からは逃れられない。 けれど、青さがない青空はないのと同様に、過ちを犯すから人間だとも言える。 そして、青い空の様な美しいものを美しいと感じる心は、過ちを犯し、過ちを知る心でもある。 人は過ちを犯すけれども、そのことでかえって美しいものの美しさを深くを知ることが出来る(=青さを知る)、また、過ちを犯す事から逃れられないとしても、それは美しいものを得る、美しいものと一つになれることの妨げにはならない(この両手は光を抱ける)。 と読み取れます。 ですから、込められた意味としては 人は過ちを犯すけれども、そのことでかえって美しいものの美しさを深くを知ることが出来る と言う事でよいのではないでしょうか。 さらに、過ちを犯す事を受け入れなさい、攻めたり、投げやりにならずに。 それも人の美しさですよ。 とまで読みこむとも可能かなと思います。 私はこの曲の歌詞は映画とリンクさせて考えていました。 お金ほしさにカオナシに料理を与え続けた従業員たちは、 千尋がカオナシを招きいれたというだけで、 自分たちの罪はすべて千尋になすりつけ、素知らぬ顔。 けれど千尋はきちんとすべて自分ひとりで解決し、 ハクとともに銭婆の家から戻ってきました。 そんな千尋を、従業員たちは温かく出迎えてくれました。 過ちを繰り返し、人間を毛嫌いしていた従業員ですが、 最終的には千尋の心の温かさを知った……と。 また、私はもしかしたら「ハク」のことも言っているのかもと思いました。 ハクは自分の名前を失い、湯婆婆の弟子になる代わりに 魔法の力を学びましたが、泥棒という行為までしてしまいます。 川も名前も奪われ、冷えてしまったハクの心に光を当てたのは千尋です。 そんな千尋を見て、ハクもまた、湯婆婆の弟子をやめることを決意します。 この映画は千尋が色々な人に影響を与えていく映画だと思うので、 歌詞もだいたいそのように解釈していました。 「繰り返す過ちの~」以外の部分の歌詞も、 考えてみると千尋やハクの心のように聴こえてきます。 映画との関係性を抜きにして考えると、 他の回答者さまの考えがずばり!だと思います。

次の