コオリッポ パーティ。 【ポケモン剣盾】コオリッポ(アイスフェイス)の進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

剣盾S2〖最終143位〗ナイスフェイスなぽけもんず

コオリッポ パーティ

シーズン1とりあえず入っときたい500位以内を達成出来て今は安心と喜びで満たされてます!🤞 使った構築なんですけどあるさんのパーティパクって使ってたんで基本的にはあるけみぃさんの記事を見てください。 確か50戦くらいで5桁からここまで上げたので勝率も高くて強いです。 ついでに言うと無名の実況者さんが2桁順位でこのレンタルパーティ使ってたんで強いのは間違いなさそう。 その他もろもろの特殊アタッカー、ねっとうやけども考えると多くの物理アタッカーを受けきれる最強ぽけもん。 まぁ全然焼かんけど…こいつに対してックスを切ってくれることが多いので守るでターン稼いで適当に裏のいらなさそうな切ってヌオー再展開して詰めていく動きがめちゃくちゃ強い。 使ってて思ったのはとにかくHPを満たんで維持しておきたいってことです、みたいに再生力がないので後出しが簡単に出来るかと言われたらそうでも無いので…… 黒いヘドロ 性格:図太い 特性:再生力 :HBぶっぱ余り適当 技:ねっとう トーチカ 自己再生 毒々 あるさんはあんまり選出しなかったらしいけど自分はまあまあ選出した。 毎回何をしていたかと言われるといまいちわからないけどックスのターン稼ぎ、毒稼ぎ、アーマーガアにお祈りねっとうとか地味だけどやって欲しいことはやれてたと思います。 こいつのおかげで最悪切っていい一枠が設けられるからかなり先の見据えたプレイングが出来た気がしなくもなくもって感じです。 アーマーガア フィラの実 性格:慎重 特性:ミラーアーマー :HD Sに20 技: 挑発 ビルドアップ 羽休め ここまでDに振るとのダイアークがいい乱数で2耐えするのでヌオーサザン対面でックス切られた時のクッションに使える。 当然受けるだけではなく普通のアーマーガアの様にックス切って上からビルド、上から挑発する動きも出来るのでかなり広いパーティに刺さりやすい。 と同様最悪切ってもいい枠でいてもいなくても割とどっちでもいいんでがいたらとりあえず選出しないようにしてた。 ドラパルト 性格:控えめ 特性:すり抜け :HCベースS44余り適当 技:流星群 10万ボルト 火力は足りないがックス切るがドラパルトくらいなので実質伝説。 素早いため受けとのギャップ的に相性が良くてとにかく範囲が広く上から叩けるので必然的に選出率も高い。 攻撃面はをでだいたい倒せるしもでだいたい二回で倒せる。 だから入りには裏しだいだけど割と先発から出してもいいって感じでしたねー👌 チョッキ 性格:控えめ 特性:浮遊 :H252 Cいっぱい S20 技:オバヒ ボルチェン 10万ボルト 悪波 キッス、リザの解答。 火力を落とさず耐久を上げてる一般的なやつ。 アーマーガア、カットムにも牽制になるので必要な枠。 嘘つきは泥棒の始まり己に刻め。 コオリッポ オボンのみ 性格:陽気 特性:アイスフェイス :ASぶっぱ余り適当 技: 思念の頭突き 腹太鼓 あるけみぃさんのとこではだった枠。 自分のパーティとあるけみぃさんのパーティを交互に使っていたので分かるのですが適材適所すぎてどっちもめちゃくちゃこのパーティにあってたので好みな気がします。 コオリッポにすることによってパーティ単位でほんとにきついパッチラゴンと泥試合にさせられるを葬れるようになった。 これがめちゃくちゃ重要でさらに多くのパーティに対応できるように。 逆にドラパルトなど特殊枠に薄くなって先制技で縛ることも出来なくなってしまった。 そのためパーティの適応範囲が広がるのがコオリッポ、スタンパに厚くなるのがって感じでした。 〖選出〗 基本的にヌオー初手でいいです。 あー初手これ他のやつでもいいなーって思ってもヌオーで大丈夫です。 なんか知らないけどだいたい有利対面になってるので👌 攻めれそうだなって時は ヌオー+ドラパルト+コオリッポ 受け回したい時は ヌオー+適当な 相手は選出の時点で攻めてくるのか守りで来るのか考えさせられるので相手の選出がブレてくれることが結構多くて負けかな?とおもってもそのが選出されてなかったりすることがまーまーあったんで選出誘導、選出抑制が効いてた気がします。 〖後語り〗 8世代のシーズン1に攻め+受けという発想が出たのは控えめにいってあるさん天才かなって思います。 しかも結構完成されてて受けスタンにこれからなっていくかたちなんじゃないかと。 パーティから出たり入ったりしたけどずっと相棒にするって言ってたコオリッポ普通に環境に刺さってて嬉しいですねー。 フォロワーの上位まんにも使ってる人結構見たんでシーズン2からはちょっぴり個体が増えるんじゃないかなー! 今回の後悔としては最高順位にこだわりすぎたことですね、もっと潜れば絶対にもっと上に行けたと思うのでほんとにチキチキチキンでした。 記事のタイトルは実況者には攻めであっさり負けるか受けでねちねちと負けるかしてもらうんで全く面白い動画が撮れなさそうなんでこうしました。 コオリッポ擦りに擦ってだけ上げて全くその後使ってない実況者絶対許さんからな!!! 最後まで記事見てくれてあり!! pokering.

次の

【ポケモン剣盾】コオリッポの育成論と対策【皇帝波平!最強の物理受け】

コオリッポ パーティ

こんばんはーかっとです!今回はサブROMが最終143位だったんで記事書いてきますー🙃今回のパーティは最終日までの10日間ずっと2桁維持してたんで割と構築には自信があります。 ヌオーが減ってニンフやを絡ませたサイクルも出来る受け構築がシーズン2では流行してたので受け崩しとして十分な仕事をしてくれました。 実は特殊ゲロゲよりちょっと火力が出る、その時点で強いです。 終盤めちゃくちゃ流行ってた砂かきに強すぎるためeasyWinが多発、またこの一切対策されてないし火力舐めた人がめちゃくちゃ多かったので半端なく環境に刺さってました。 雨乞いはダイウォール用、前提2匹連れてきた時でもしっかり仕事出来るように積んだ技です、ただ以外と打つ機会なかったので天候変えずにドラゴンに打点を出せつつ裏にも繋げれるでも良かったかもしれません。 あまりにも強すぎたため禁止カードになるレベルにやばいです。 あくびによる対面操作と、守るによる回復ととんボルチェンかっとで相手を一方的に回させれます。 毎回食べ残しだけでHP実数値分ぐらい回復して一方的に相手を削れるのが強みです。 の真価はこれだけでなく相手の先ックス切りのヘイトも買ってくれます!無理やりこのをックス突破しようとしてくれるので後の展開が極めて楽になり、、ルンパッパなどで詰めていく理想的な流れが面白いように作れた。 パーティで重すぎるにとてつもなく強くサザンガルドも誤魔化せるのも偉かった。 あくびによるは11分間適当にあくびを打って対面操作で裏のと有利対面作ってックス技打つだけで出来るので実質お手軽即死コンボ感覚で出来ます。 ここまでBに特化することでA+2珠やA+2のックス技を耐えれ、守るも合わせて相手の想定外にターンを消費させれる。 Aはを炎のパンチ2発で落ちるぐらいまで振ってます。 アーマーガアや、辺りが役割対象、普通に対面性能が高いので役割対象じゃないにもかなり勝てます。 ックス切れば+2ギャラの飛び跳ねる耐えて返しのダイサンダーでいいダメージ入れれる、カビののしかかりが前のギャラに一発入れれてたら倒せるックスを処理できます。 Sラインは確か抜き抜き抜きぐらいだった気がします。 選出率は2番目くらい。 相手の能力の上がったックスへの回答。 シャドクロをつんでいるが2ターン消費したと対面させる事が多かったのでの方が良かったかなーと今になっては思います。 特に言うことないほど最強、以上です。 を誤魔化しで処理しようとしているパーティが意外と多かったためで相手の誤魔化そうとしているを削ってでフィニッシュをとるのが一連の流れ。 受け構築にも滅法強く、のあくびでと対面させてそこから悪巧みをして崩していくというのがVS受け構築の本構築の基本です。 Hに振ることで耐久up、ドリュのアイへもだいたい耐えます。 その分Cを少し削ることになりましたが意外と火力不足は感じられることはなかったのでこの調整で良かったと思います! 〖選出〗 基本 カビ+ミミ+相手のパーティを崩せる VS受け カビ+コオリッポororわんちゃんドラパルト VS天候パ カビ++ルンパッパ VS壁展開 初手キッスorカビ+適当な 〖コオリッポルンパッパの枠について考える〗 ドラパルトの枠はこの構築に置いて軸となっているのでほぼ確定としてコオリッポルンパッパの枠は諸説なのでそこの代わりになる、実際入れてみての感想を書いていこうと思います。 陽気ハチマキ中 とにかく選出誘導が優秀すぎる、手持ちに加えてるだけで相手の持ち物をおみとおし出来てしまうのがやばかった。 ックスを切らずに相手に圧力をかけれる点は〇。 しかしやはり絶妙に足りないSラインなので対面性能は高くないためなかなか選出出来なかった。 受け崩しも兼ねてるのにアーマーガアに択でしか勝てないのは宜しくなかった。 意地ダルマモード コオリッポとは違い腹太鼓が読まれないため初手から腹太鼓をぶっぱせるのは強かった。 受け崩しとして優秀でeasyWinを拾えるいい。 だが受け構築意外に出せず、受け構築も早いをパーティに加えてることが終盤多かったため没に。 控えめすいすい 切り返しとしても優秀で対面性能も高めでめちゃくちゃ強いだった。 実際本ROMでもエースとして大活躍した。 でも終盤笑えないほどウドハンがいたため勝つはずの試合が一転して最悪の状況になることが多かった。 ウドハンのせいで選出出来そうなパーティにもビビって選出出来なかったりと終盤お荷物となってしまった。 張り切りパッチラゴン 使ってないけど積み技なしで受けを壊せるのは強いからありだと思う。 影踏み の対面操作と相性がよさそうで受け構築だけでなくスタンパにも刺せるしめちゃくちゃいいと思った。 ただ構築のパワーが欠けそうなのが唯一の欠点かなー😶色違いがかっこいいからめちゃくちゃ欲しいし使いたいから色違い狙いで孵化しまくるかもしれない。 自信のある構築なんで是非見て行って下さい! — かっと pocketermm 〖おまけ〗 くろのさんシーズン2、1位おめでとうございます!大昔に描いて上位に行かはったら渡そうと思ってたけどいつの間にかポットデスがいなくなってて渡すに渡せなくなったのでここに貼っときます。 pokering.

次の

剣盾|【モリモトさん】さんがいない。パーティ(手持ち)は強い?攻略方法は?|ポケモンソードシールド

コオリッポ パーティ

久しぶりに剣盾の記事。 最近、FortniteやApexの新シーズンだったり、ARKを始めたりで、ポケモンの時間があまりとれていませんでした。 いや、たぶん一般的に見たらかなりやってはいるんですよ。 構築記事を漁ったりする時間を含めれば、毎日2,3時間はやっているし。 ただ、対戦勢から見たら全然時間が取れてない。 というか、今の時期に剣盾やってる人って対戦勢以外にいるんですかね? いや、いるか。 未だに、剣盾はソフトの販売本数ランキングでも上位を取っていますし。 思い返せば、私も対戦勢になる前、子供の頃にポケモンをやった時も2,3ヶ月は遊んだ気がします。 まあ、話を戻し、何はともあれ時間が取れていなかったわけです。 環境の考察とかも全然できていないし、新しいポケモンや型を一から考える気力もない。 個人的には、今はポケモンより恐竜を育てることに興味が向かっています。 とはいえ、流石にシーズン3もそろそろ後半。 今シーズンは順位にこだわらず色々試すとは言ってましたが、それでもシーズン最終盤くらいはガチで勝ちに行きたいところ。 そろそろパーティを決めなきゃなーと思うんですが、中々良いアイデアが出てきませんでした。 で、タイトルを見て頂ければ分かると思いますが、パクったわけです。 シーズン2で最終1位を取った方のパーティをそのままパクりました。 元々気になってはいたんですよ。 というか、対戦勢は皆気になっていましたよね。 コオリッポやシザリガー、ゴリランダー等、あまり採用率が高いとはいえないポケモン達が採用されています。 ドラパルト・ミミッキュ・ドリュウズ、全て使わずに1位を取れるのかって。 ということで、シーズン2最終1位の方のパーティを使わせてもらったので、今回はその感想でも。 順位が高くないので上位層とはメタが違う部分もあると思いますが、その辺は上手く情報を取捨選択しながら参考にして頂ければと思います。 対戦初心者が最終1位の方のパーティを使ってみた、って感じで見て頂けると幸いです。 パーティ紹介 有名中の有名パーティなんで必要ない気もしますが、一応パーティ紹介を。 コオリッポ・シザリガー・ゴリランダーは個体を持ってなかったので、育成が大変でした。 え? レンタルチームを使えばいいって? 君のような勘のいいガキは嫌いだよ 個体作った後に気づいたんですよ。 最終1位のくろのさん、パーティ公開してくれてるじゃんって。 数日間の育成時間は完全に無駄だったよ…… まあね、わざわざ自分で作ったんで、 ちょっとだけ調整を変えてみました。 そのまま同じの作ったら、本当にレンタルで良くなっちゃうからね。 少しでも自分の行為を正当化しようと必死。 とはいえ、あまり大きく変えたらそもそも企画の趣旨が無くなるので、具体的にはカビゴンとトゲキッス。 この2匹を少し弄りました。 カビゴンは調整はそのまま、 あくびの枠をのろいに変更。 あくびが弱いってわけでは無いんですが、のろい積むだけで詰める場面が多々あり、私のランク帯ではのろいの方が合っているなと。 実際のろいは結構刺さりが良く、キッスと共にダブルエースで活躍。 トゲキッスは、道具を 命の珠からラムのみに変えました。 最初は珠を使っていたんですが、私のPSではあくびによる流しを防げずラムのみに変更。 珠を持たせることで確定数が大きく変わるので、運用できるなら珠の方が良いかも。 大文字を火炎放射に変えたのは、単純に外しで泣きを見たからです。 これ以上机を傷つけないために火炎放射に変更しました。 コオリッポは強いのか このパーティで一番気になるのはそこですよね。 コオリッポは強いのか。 結果として、コオリッポが刺さる試合は殆どありませんでした。 なんでしょうね。 私の使い方が悪いのかな。 そもそも、 構築が完全にパクリなので型や調整が割れてるんですよね。 コオリッポを出したいって言うのが前面に出てるので、相手もトゲキッスやサザンドラで詰めてきますし。 コオリッポが強いとか弱いとかの前に、刺さらなかったって印象。 ただ、ここで終わってもしょうがないので、もう少し使用感を。 これはコオリッポ自身の性質でもありますが、 強い相手には強く、弱い相手にはめっぽう弱い。 まず、火力が足りないので、 まともに使おうとするとはらだいこがほぼ必須。 つまり、1ターンの猶予が必要なわけです。 この猶予が貰える相手と、貰えない相手で刺さるかどうかが全然違います。 特性アイスフェイスの関係上、物理相手ならこの猶予を貰いやすいですが、特殊相手だと大抵そのままやられます。 ですので、 相手が物理か特殊かっていうので有利不利が大きく変わります。 そして、仮にアイスフェイスで耐えてはらだいこを詰めた場合でも、 S130以上の相手には基本的に負けます。 まあ、S130以上のポケモンはそこまで多くはありませんが。 スカーフだったり、ダイジェットで詰まれていると簡単に抜かれる範囲でもあります。 だから、難しいんですよね。 刺されば強いし、刺さらないと仕事できずに退場してしまうし。 選出段階で通りが良い時だけ使うのがベストだと思いますが、いかんせん通りが良い時が少ない。 素のA種族値がもう少しあれば、はらだいこに頼らず行動できるので強いんですが。 でもそれじゃ強すぎるか。 シザリガーが強い コオリッポが若干残念だった一方、シザリガーが大きな活躍をしてくれました。 先制技持ちで高火力、単純に襷と相性が良いんですよね。 特に活躍してくれたのが、 襷ドリュウズ対面。 この流れが潜っている中で何度かあり、シザリガー刺さるなあ~と思ってました。 あと、 はたきおとすをタイプ一致で撃てるのも強みですね。 環境に多いカビゴンに対して、はたきで木の実を落とせるのは大きい。 インファイトで打点も確保していますし。 パーティの総評 パーティの総評になりますが、 想像以上に強かったです。 いや、最終1位の方のパーティなんで強いのは当たり前なんですが。 レート上位の方ではなく、 私のような対戦初心者が使っても勝てるのが意外でした。 てっきり猛者専用のパーティかと思っていたので。 ただ、やはり私の実力では性能を引き出せてない部分もあって。 それが、先に取り上げたコオリッポと、ゴリランダーになります。 コオリッポは前述の通り仕事をさせてやれず、 ゴリランダーはダイジェットが飛び交う環境では全く動かせませんでした。 対面性能は高いポケモンなんですけどね。 ですから、基本はトゲキッス・カビゴン・ヒトム・シザリガーの4匹で回していました。 まあ、それでも十分すぎる程には強かったですよ。 特にシザリガーに関しては、ドリュウズの処理が凄くしやすくて、今後とも使っていきたいなと思いました。 コオリッポやゴリランダーはね、いつか使えるようになるといいな。 全然パーティが思いつかなくて苦し紛れにやった企画でしたが、得られる物が多くてやってよかったなと思います。 やはり、強い人のパーティは参考になることが多いですね。 今後とも、こういった試行錯誤は続けていきたいと思います。 まあ、次はレンタルパを使おうと思いますが…… 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の