菊ノ紋。 [B!] 小室圭さん「愛子さまと二人になりたい」に、秋篠宮殿下「怒髪天」 眞子さま涙の釈明に、紀子さま「失神」寸前|菊ノ紋ニュース

菊の御紋の由来を解説!天皇の御紋として使わる家紋は戦国武将使っていた!?

菊ノ紋

今日は神紋について、少し考えてみる。 各家庭に「家紋」があるように、神社にもそれぞれ固有の紋、神紋がある。 祭などで引き出される神社の神輿に金色に輝く神紋は、神社のシンボルとして人々に親しまれている。 「神紋」はどのように決められているんだろう。 幾つかの神社のパターンを見てみよう。 また、神話などに登場し天皇家の祖と考えられた祭神を祀る場合も同様。 その意味で応神天皇を祀る八幡宮も菊の御紋を使用する場合がある。 ただ、八幡の神紋は三つ巴と考えられているように、他の紋が使用される場合もあるので、なかなか説明は難しい。 ようするに、「 皇室直系」は、菊の御紋を使用する「 権利」がある、ということ。 おなじ菊の御紋でも、その花弁の数や、八重などの違いは、直系度による差を表現しているのだろうか。 皇室と直接の関係がない祭神であっても、官幣社などでは、菊の御紋を使用する場合がある。 明治二年、太政官布告によって伊勢・宇佐・上下賀茂以外の神社での菊紋の使用が禁止され、 さらに明治四年には全ての神社での使用が禁止されたが、 その後、明治十二年に政令があり、官幣社では菊紋を使用してもよいことになった。 この場合、菊を少しアレンジしているのが面白い。 たとえば、菊に水の流れをあしらった 菊水、 菊を幾つかの分割した 割菊、菊に一文字を加えた 菊に一文字、 菊に本来の神紋を加えるなど。 なかなか面白く美しい意匠だ。 十六八重菊 菊水 四つ割菊 半菊に一の字 ・伝承や神徳を表現 八幡宮の 三つ巴に関して、その由来には諸説あるが、その中の一つに、弓矢の鞆の形から来ている、 というのがある。 八幡神は頼朝の信仰が厚く、武芸の神・弓の神として祀られたという。 つまり、「三つ巴」は武芸のシンボルである。 このように、祭神の神徳を由来とする神紋がある。 同じ「三つ巴」を使用している貴船神社の場合は、祭神が水を司る神ということから、 水の紋として「三つ巴」を使用しているようだ。 また、天日矛の末裔で、垂仁天皇の命によって、「非時の香菓=橘」を常世国から持ちかえった、 多遅摩毛理を祭神とする神社は、その 橘紋を使用している。 出雲の日御碕神社では、素盞鳴尊が柏の葉を投げた故事から、 柏紋を使用している。 このように、祭神にまつわる伝承や神徳のシンボルとして神紋を使用している場合もある。 左三つ巴 丸に橘 三つ柏 ・パトロンの家紋 対馬の神社巡りをしていると、多くの神社で 桐を神紋として使用していることに気づく。 桐は対馬を統括支配していた宗氏の家紋なのだ。 このように、神社の再建・修築等に多大な助力を行ったパトロンの家紋を神紋としている神社も多い。 鹿児島の神社には、島津氏の紋、 丸に十文字を使用しているものが多い。 姫路の射楯兵主神社では、三つ巴と 丸に二引きだが、これは赤松氏の紋。 祇園八坂神社では織田氏の 木瓜 五瓜に唐花 を用いているのは有名だ。 逆に、崇敬する神社、あるいは関連のある神社の神紋から、家紋を採用する場合もある。 有名な所では、三河の松平(徳川)氏・本多氏らは加茂神社との関係から葵の紋を家紋とし、 徳川時代の有名な「葵の御紋」が誕生した。 この場合も少しアレンジが加わり、加茂神社の葵は 双葉葵だが、 徳川氏では 三葉葵、本多氏は 立葵を使用している。 五七の桐 丸に十文字 丸に二つ引 五瓜に唐花 加茂葵 右離れ立葵 ・社紋 神紋は、基本的には祭神毎に決定しており、神社毎ではない。 通常の神社では祭神は一柱あるいは、一組なので、その祭神の神紋を神社の紋としている。 多くの祭神がいる場合では、主祭神の神紋を使用する。 ここで同列に複数の祭神をお祀りしている場合では、 神社の紋はどうすればよいのだろう。 その一つの解答として、出雲の美保神社の紋が面白い。 美保神社では、三穂津姫命と事代主神を祭神としているが、三穂津姫命の神紋は 二重亀甲に渦雲、 事代主神の神紋は 二重亀甲に三巴となっている。 そして美保神社の紋は、 二重亀甲に三の字である。 美保の字は昔、三保(三穂?)と書いたことに由来する。 これを「社紋」という。 つまり、祭神によらない神社の紋ということ。 通常、神社の神紋と呼んでいるものは本当は、 神社の祭神の神紋で、神社の紋としても使用しているだけだ。 ちょっと表現がややこしいが。 このように、祭神に依存しない紋を使用している神社もかなり多くある。 丸や亀甲の中に、 神社名の一字を入れた紋(熊野大社の 亀甲に大、美談神社の 丸に美など、出雲に多い)を用いる事が多い。 金毘羅の 丸に金は、社紋か神紋か判断に苦しむところだが。 二重亀甲に巴 二重亀甲に渦雲 二重亀甲に三の字 亀甲に大の字 丸に美文字 丸に金文字.

次の

【菊の紋ニュースとは】最近皇室バッシングとも取れるニュースを見ますが...

菊ノ紋

菊紋の由来とは 日本には、古くから「野菊」という菊の花がありました。 これは小さくて可憐な花ではありましたが、人目を惹くような圧倒的な華やかさを持つ花ではなく、それゆえに注目されることもありませんでした。 ところが、仁徳天皇(16代天皇)の時代に、中国から「これまでとは全く違う形の菊」が入ってきます。 大きくて華やかな花を咲かせる菊は、その美しさからたちまち当時の人々を虜にしました。 この菊が貴族たちの間で愛でられるようになり、そこから菊紋が生まれたと言われています。 天皇家でも行事の中に菊の花を使ったものを取り入れるなど、菊との関りは深くなっていきました。 天皇家の御紋として菊の花が正式に採用されたのは、平安時代に入って後鳥羽上皇の代になってからです。 とりわけ菊の花を愛した後鳥羽上皇は、天皇家の調度品などに菊の紋を使用するようになり、そこから天皇家の御紋として使用されるようになりました。 ちなみに、天皇家にはもうひとつ「日月紋」と呼ばれる紋があり、こちらは幕末に使用された「錦の御旗」で有名な紋です。 武将に下賜されることで広まった菊紋 天皇家が使用していた菊紋ですが、戦国時代になると「戦果を挙げた武将への褒賞として下賜される」ということが行われるようになりました。 例えば、将軍となった足利尊氏は当時の後醍醐天皇から菊紋を下賜されています。 また、豊臣秀吉も後陽成天皇から菊紋を下賜されており、大層喜んで調度品などに使用していたと言われています。 当時、天皇は神様と同等ともいえる存在。 その天皇から家紋を下賜されるということは、武将たちにとって何にも代えがたい誉でした。 それだけに、勝手に真似をして菊紋を使用した人物がいる一方で、「恐れ多い」と辞退した人もいたほどです。 菊紋の存在は、それほど大きなものだったのです。 「菊紋」の種類!どんなものがあるのかを解説 菊花紋章 菊紋にはたくさんの種類がありますが、天皇家が使用している家紋は「菊花紋章」と呼ばれるものです。 「菊花紋」と呼ばれることもあります。 1869年より、正式にこの紋が天皇の家紋として使用されることになりました。 ここで注意したいのは、たとえ天皇家の血族であっても「宮家」は別に家紋があり、菊花紋章を使うことはできない、ということです。 この「菊花紋章」は、以下の旗にも使用されています ・天皇旗 ・摂政旗 ・皇太子旗 ・皇后旗、皇太后旗 ・皇太子旗、皇太孫旗 ・皇太子妃旗、皇太子孫妃旗 これを見る限り、次期天皇となる皇太子(東宮)も、菊花紋章を使用することができるようですね。 秋篠宮紋(菊栂) 今上(現在の天皇陛下)の次男であり、現時点で皇位継承権二位の秋篠宮文仁親王が使用している家紋です。 「秋篠宮紋」「菊栂紋」と呼ばれています。 秋篠宮家は、文仁親王が紀子さまと結婚されてからできた宮家です。 この家紋の成り立ちについては解りませんが、「栂」は松科の植物で、成長すると30メートル以上にもなるとか。 どのような由来があるのか、聞いてみたいですね。 十六菊(十六一重表菊) 日本のパスポートの表紙に描かれていることで有名なのが、「十六菊」。 天皇陛下が使用している「菊花紋章」とは少しデザインが異なります。 やはり、日本を象徴する紋として菊紋が採用されているようですね。 菊水 菊の花が、まるで川の流れに身を任せながらゆっくりと流れている様な、そんな美しい家紋が「菊水」です。 この「菊水」は、後醍醐天皇が楠木正成という武将に下賜した家紋です。 「菊水」は、天皇から家紋を下賜された楠木正成が、あまりに恐れ多いからと半分を水にしたことで生まれたと言われています。 当時、政治は鎌倉幕府を中心に行われており、都にいる天皇や武将たちはよく思われていませんでした。 その状況を見た後醍醐天皇は、自分たちが政治を取り仕切りたいと考え、倒幕を考えます。 これに楠木正成も賛同するのですが、計画はバレて後醍醐天皇は島流しになってしまいました。 それでも正成は後醍醐天皇の意思を全うしようと、足利尊氏らと協力してとうとう倒幕を果たします。 ところが、島流しから戻った後醍醐天皇は、天皇や公家たちに有利な政治をしようとしたために、尊氏たちは反発。 もちろん正成も後醍醐天皇に「武士たちのことも考えてほしい」と言いますが、聞いてもらえませんでした。 それでも正成は後醍醐天皇を支える道を選び、800人の軍で20万の尊氏の軍と激突、。 自害でこの世を去ります。 この直前に、正成は息子に菊水の家紋が入った短刀を渡したと言われています。 この「菊水」という家紋は、正成の後醍醐天皇に対する忠誠の証なのです。 南州菊 菊の花を、二つの葉が抱きしめている様な家紋「南洲菊」。 これは、西郷隆盛が明治天皇から下賜された家紋です。 この時代には、すでに菊紋は天皇家の紋とされ他での使用は制限されていましたが、西郷隆盛の働きを認めた明治天皇は、この家紋を西郷に下賜しています。 ですが、あまりに恐れ多いものであるためか、隆盛が亡くなったあとの西郷家では「南洲菊は隆盛のみのもの」とし、もとの「三つ葉菊」という家紋を使用しているそうです。 菊紋を使用した武将・著名人 武将 足利尊氏 室町幕府を開いたことで知られる足利尊氏ですが、後醍醐天皇に菊紋を下賜されています。 豊臣秀吉 豊臣秀吉と言えば「五七の桐」の家紋が非常に有名なのですが、天皇より菊紋も下賜されたと言われています。 秀吉はそれをとても喜び、調度品などに菊紋を入れていたとか。 その他 西郷隆盛 西郷隆盛は、明治天皇より「南洲菊」という家紋を下賜されました。 しかし、この家紋を使用する前には「三つ葉菊」という西郷家に伝わる家紋を使っています。 木戸孝允 西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と呼ばれている木戸孝允は「丸に三つ星紋」を使用。 夏目漱石 「吾輩は猫である」「こころ」「ぼっちゃん」などを執筆した文豪・夏目漱石も菊紋を使用していました。 漱石が使用していたのは「菊菱紋」という家紋です。

次の

菊花紋章とは

菊ノ紋

Contents• 悠仁さまのハーレム異世界ラノベ執筆のニュース 悠仁さまのラノベ執筆ニュースは「菊ノ紋ニュース」というところがソースになります。 「意外かもしれませんが悠仁さまは異世界転生もののライトノベルの大ファンで、それを原作にしたアニメなどを熱心に鑑賞されています。 作品を鑑賞するだけでは満足せず、ご自身でも小説の設定資料集を熱心に作られています。 すでに資料集はノート3冊にものぼっており、異世界の歴史や文化、必殺技、魔法などを細かく書き込んでおられます。 悠仁さまのハーレム異世界ラノベ執筆のニュースが嘘だという意見が殺到 流石にデマだよな…? 面白すぎる — dr🛡️idkunn droid20031203 トレンド何事かと思ったら… 悠仁親王殿下のニュースのソースは根拠がわからない不敬な内容を「宮内庁関係者談」などとして掲載するサイトです。 ほかの記事もひどいので見ればわかるとは思うけど… どうか鵜呑みにする人がいませんように。 — たかんこ takanko 菊ノ紋は元々信憑性を感じたことがないので、今回も遊ばれてお可哀想にってくらい。 ただ、罰則付き報道規制や、実際の実力より上に見せようとする親の方針が元凶でしょう。 そしてA家を良く思わない宮内庁職員が多いということも裏付けられていると思います。 — 茶色のさる I74y9JHYC8RAnNZ 『悠仁さま』、トレンド1位になってるから理由を知りたくてめっさめさググったけど『菊ノ紋ニュース』とかいう得体の知れないサイトしか情報引っかからねぇぞ。 どう考えてもこれ、ほぼほぼ99. また調べて見ると「菊ノ紋ニュースは中学生レベル!」谷田川惣氏からの反論(宮本タケロウ)とい記事があり、結構問題になっているようです。 悠仁さまのハーレム異世界ラノベ執筆のソース元「菊ノ紋ニュース」を調査 運営会社は会社登記している? 菊ノ紋ニュースを運営している会社を調べて見ました。 すると、運営している会社メディアイノベーション合同会社でした。 〒107-0062 東京都 港区 南青山二丁目2番15号 ウィン青山 12階 Media Innovation LLC. (メディアイノベーション合同会社) サイトを運用責任者の 佐々木康子氏の顔画像等を、Facebook・その他SNSで調査して見ましたが、Facebookでは同姓同名の方が居て特定は出来ませんでした。 その他SNSではやっていないようです。 このメディアイノベーション合同会社は登記して居るのか?を調査したところ、 法人番号があったので会社自体は存続しているかと思われます。 2019年5月に登記してますので、まだ1年も経っていない会社なのでしょう。 編集者・ライターを集めて立ち上げている会社みたいですが、 悠仁さまのラノベ執筆の件については本当だと言えないと思います。 スポンサードリンク アクセス数は?月商は500万程度? アクセスは1千万PVですね。 さすが9人もライターがいるほどで、アクセスは申し分ないですね。 所々に、GoogleAdSenseが入っており、PV単価が0. 3円~0. 5円と言われておりますので、1100万PVと考えると、月500万程度でしょうね。 9人の給料を払ってもお釣りは出ますね。 悠仁さまノートの写しがないので、嘘である可能性が高い!週間文集ならソースを付ける 法人化し、月間1000万PVを達成している菊ノ紋ニュース。 媒体としては素晴らしいですが、 私がデマだと思う理由は、ラノベの設定を書いたとされるノートの写しがないって事です。 全て推測で書かれているんですよね・・・・ 週刊文春などの場合は、文章だけでなく文章の根拠となる「写真・画像」が必ず付いています。 しかし「菊ノ紋ニュース」の記事を見ると、悠仁さまのニュースだけでなく、他の記事でも根拠になる文章の画像がないんですよね・・・ これでは説得力がかなり下がります。 よって私は、 悠仁さまのハーレム異世界ラノベ執筆のニュースはデマだと判断しています。

次の