封筒 書き方 御中。 【手紙・ハガキ】宛名、敬称の書き方(様、御中など)

今更聞けない? 御中・様・行・宛・各位・殿など、正しい宛名の敬称の使い分け | 転職実用事典「キャリペディア」

封筒 書き方 御中

「行」「宛」の消し方と書き換え方 「行」「宛」の消し方 「行」「宛」を消す際は、もとの文字の上に線を引いて消します。 線は定規で引いてもフリーハンドで引いても、どちらでも問題ありませんが、短い線なのでかしこまって定規を使う必要性は特にありません。 修正後の訂正印も不要です。 また修正する際、修正液や修正テープを使ってもとの「行」「宛」を消してしまってはいけません。 それは相手の元の文面を誤りとする失礼な行為になります。 返信時の書き換えは、相手の誤りを正すわけではなく相手への敬意を示すために行うものなので、修正液や修正テープは使っては行けません。 修正線は、右上から左下に降りる2本の斜線を「行」「宛」の上に引いてください。 その付近に「様」または「御中」を書きます。 「御中」「様」の書き方 それでは、「行」「宛」を消した後の「御中」「様」の書き足し方を確認します。 縦書き封筒の場合は、消した「行」「宛」の真下か左側の少し下に書くのが一般的です。 横書き封筒の場合は、消した「行」「宛」の右側に書くのが一般的です。 なお、御中と様は併用しません。 会社名や部署名と個人名が併記されている場合は、個人名の方に「行」「宛」が書かれていることがほとんどですので、それを「様」に書き換えるだけでOKです。 関連する参考記事はこちら 「行」「宛」についてのまとめ 基本的には二重線で「行」「宛」を消し、その付近に「様」「御中」を書き足すというルールです。 返信用封筒やハガキで返信するときに、間違えないよう、ビジネスマナーの一つとしてしっかり覚えておきましょう。 関連する参考記事はこちら.

次の

「係」につけるのは「御中」?「様」?正しい宛名の書き方と消し方

封筒 書き方 御中

お寺宛の手紙には御中と書きます 宛名の下に、御中と様のどちらを書くかは、一般の手紙の場合の書き方と変わりありません。 一般の手紙では、宛名が会社、団体、法人組織であれば、「御中」、それ以外で個人の場合は、「様」を使う決まりです。 ですから、お寺が宗教法人であることを考えれば、 「 〇〇寺 御中」 で手紙を出せばよいのです。 とはいえ、「いや~、お寺は会社とは違うよ!」と言う声が聞こえてきそうです。 確かに会社宛とは違い、「お寺に御中はちょっと変」と感じる方もおみえでしょう。 でも、これが一番無難な書き方なんです。 お寺さんも、「御中なんて、失礼な・・・」なんて思うことはありませんから大丈夫です。 スポンサーリンク 住職につける敬称は様です お寺さんに御中をつけるのはどうしても、「ビジネスの雰囲気が出てしっくりこない」と言う方は、住職宛の手紙にするとよいです。 その場合、「〇〇寺 様」にするのではなく、宛名にご住職の名前を入れるよう工夫します。 住職の名前が分かっていれば 「〇〇寺 住職 〇〇様」 住職の名前がわからないときは 「〇〇寺 住職 様」 あるいは 「〇〇寺 御住職 様」 とします。 ご住職様は 二重敬語になる? 「御住職 様」は「御」と「様」の二重敬称になりますが、「御」をつけたほうが丁寧でおさまりがいいと感じられるのであれば、お寺さんに限っては、「御」と「様」両方つけてもよいのではないかと思います。 あまり細かいところにまで気を使いません。 お寺さんへの手紙なんですから、こんな程度で、お釈迦様も目くじらなんか立てません。 ただ、「住職」は、会社で言えば役職名と同じですから、 本当は「〇〇寺 住職 殿」、あるいは、「〇〇寺 御住職」が望ましいです。 「ご住職」には「様」も「殿」もつけない、これが本来の正しい書き方だということは覚えておいて下さい。 そういえば様の他にも「殿」を付ける場合ってありますよね。 実は殿ってちゃんと使わないと相手に失礼に思われてしまうこともあるんですよ。 取り返しの付かないことになる前に、様と殿の使い分けや、 相手に失礼と思われないための使い方をこちらの記事にまとめたのでよろしければどうぞ。 お寺と関わりある仕事をする人が出す場合は 「御中」の代わりに「御裡(おんり)」とか「御裡内(おんりない)」をよく使うといいます。 「〇〇寺 御裡」、「〇〇寺 御裡内」という書き方です。 ビジネス社会では、手紙の宛名に 「〇〇寺 御裡」なんて専門的でかっこいいかもしれませんが、一般の人が使った場合、 お寺さんにすれば、「こんな名前の業者さんいたかな?」と余計なわずらわしさを与えることになるかもしれませんよね。 真剣に考えだしたらキリがありません。 そう思うと、 「 〇〇寺 御中」がやはり一番無難だという結論です。 まとめ お寺へ出す手紙の宛名書きの書き方は、色々ありますが、 一番のおすすめは、「〇〇寺 御中」です。 スポンサーリンク.

次の

エントリーシートの郵送方法!封筒選び、書き方、送付の仕方含めた流れ!

封筒 書き方 御中

お寺宛の手紙には御中と書きます 宛名の下に、御中と様のどちらを書くかは、一般の手紙の場合の書き方と変わりありません。 一般の手紙では、宛名が会社、団体、法人組織であれば、「御中」、それ以外で個人の場合は、「様」を使う決まりです。 ですから、お寺が宗教法人であることを考えれば、 「 〇〇寺 御中」 で手紙を出せばよいのです。 とはいえ、「いや~、お寺は会社とは違うよ!」と言う声が聞こえてきそうです。 確かに会社宛とは違い、「お寺に御中はちょっと変」と感じる方もおみえでしょう。 でも、これが一番無難な書き方なんです。 お寺さんも、「御中なんて、失礼な・・・」なんて思うことはありませんから大丈夫です。 スポンサーリンク 住職につける敬称は様です お寺さんに御中をつけるのはどうしても、「ビジネスの雰囲気が出てしっくりこない」と言う方は、住職宛の手紙にするとよいです。 その場合、「〇〇寺 様」にするのではなく、宛名にご住職の名前を入れるよう工夫します。 住職の名前が分かっていれば 「〇〇寺 住職 〇〇様」 住職の名前がわからないときは 「〇〇寺 住職 様」 あるいは 「〇〇寺 御住職 様」 とします。 ご住職様は 二重敬語になる? 「御住職 様」は「御」と「様」の二重敬称になりますが、「御」をつけたほうが丁寧でおさまりがいいと感じられるのであれば、お寺さんに限っては、「御」と「様」両方つけてもよいのではないかと思います。 あまり細かいところにまで気を使いません。 お寺さんへの手紙なんですから、こんな程度で、お釈迦様も目くじらなんか立てません。 ただ、「住職」は、会社で言えば役職名と同じですから、 本当は「〇〇寺 住職 殿」、あるいは、「〇〇寺 御住職」が望ましいです。 「ご住職」には「様」も「殿」もつけない、これが本来の正しい書き方だということは覚えておいて下さい。 そういえば様の他にも「殿」を付ける場合ってありますよね。 実は殿ってちゃんと使わないと相手に失礼に思われてしまうこともあるんですよ。 取り返しの付かないことになる前に、様と殿の使い分けや、 相手に失礼と思われないための使い方をこちらの記事にまとめたのでよろしければどうぞ。 お寺と関わりある仕事をする人が出す場合は 「御中」の代わりに「御裡(おんり)」とか「御裡内(おんりない)」をよく使うといいます。 「〇〇寺 御裡」、「〇〇寺 御裡内」という書き方です。 ビジネス社会では、手紙の宛名に 「〇〇寺 御裡」なんて専門的でかっこいいかもしれませんが、一般の人が使った場合、 お寺さんにすれば、「こんな名前の業者さんいたかな?」と余計なわずらわしさを与えることになるかもしれませんよね。 真剣に考えだしたらキリがありません。 そう思うと、 「 〇〇寺 御中」がやはり一番無難だという結論です。 まとめ お寺へ出す手紙の宛名書きの書き方は、色々ありますが、 一番のおすすめは、「〇〇寺 御中」です。 スポンサーリンク.

次の