愛 だ の 恋 だ の わからない。 「恋」と「愛」の違いって?チェックポイント3つ|MINE(マイン)

愛とは何か…愛の意味や愛と恋の違いについて

愛 だ の 恋 だ の わからない

人を好きになったことはありますか?おそらくほとんどの人はあると答えると思います。 しかし、好きになったことをきっかけに恋に発展したり、愛し合っているというところまで行ったと言う人もいれば、そうでない人もいます。 つまり、「恋」「愛」「好き」というのは実は別物である可能性が高いのです。 好きだから恋をすると言うわけでもなければ、恋をしていても愛しているとは限らないなど、実はこの3つの要素はかなり複雑なものになっているのです。 おそらくほとんどの人が違いについて説明しろと言われても困ると思います。 そこで今回こちらの記事では、「愛」「好き」についてまとめた記事を作成しましたので、どうぞじっくりお読みください。 もしかしたら、今まで恋愛などで腑に落ちない部分があったと言う方もこちらを読んでいただけましたら、腑に落ちるかもしれませんよ。 「恋」「愛」「好き」の違いとは? 「恋」「愛」「好き」この3つの違いは明確に現すのはちょっと難しいのですが、あえて現しますと、「恋」は相手に対して自分を受け入れてほしいと思う心であり、好きから発展している感じもしますが、どちらかというと発信する方の要求が強いです。 また、「愛」は双方が一致してなりたつもので、お互いに好意を寄せること、信頼し合うことが愛に発展します。 そして「好き」ですが、これは恋よりも一方的で、相手を好きになるかどうかその人次第であって、好きになってもならなくてもさほど影響はありません。 好きになってからどうなるかもその人次第なので、きっかけに過ぎない部分が大きいです。 このように「恋」「愛」「好き」には違いあり、一方的かどうかや双方間でどうなっているのかなどが重要になってきています。 それぞれの意味を理解しよう それではここで「恋」「愛」「好き」の違いを明確に説明したいと思います。 「恋」「愛」「好き」それぞれ3つの違いを理解することで今後のあなたの活動にも良い意味で影響すると思います。 職場で「好き」が行きすぎて、職場の人と関係が悪化したと言う例もある通り、使い方を間違ってしまうととんでもないことになってしまうこともあるので、しっかり理解して正しく使えるようになれば対人関係も良好になりますよ。 もしかしたら、今まであまり恋愛などをしてこなかった人は、この「恋」「愛」「好き」の3つの使い方を間違っていたのかもしれませんね。 ぜひ、この機会にしっかりマスターして、これからの恋愛などに活かしましょう。 恋愛は何歳から始めてもOKですよ。 すべてをいきなり完璧にとは言いません。 あなたのペースでしっかりマスターしていきましょう。 恋の意味 「恋」は発信側がメインになる事柄で、発信する側が相手側に自分を受け入れてほしい。 自分のことをわかってほしい。 好きになってほしいという願望が強い心になっています。 相手に恋をしたと言えば、好きになったより本気があると言うことになります。 故に「恋」に発展するのは好きと言うきっかけがなければ無理な感じもしますが、相手を好きになるかどうかはその人次第なので、好きにならなくても自分のことを良く思って欲しい、自分を受け入れてほしいと言う心を相手に抱いてしまったら恋をしていることになるかもしれません。 いずれにせよ、発信側の心や思いを相手に受け止めてほしいといった気持ちなので、一方的過ぎても良くありませんので気をつけましょう。 愛の意味 「愛」はお互いに思いが一致したり、お互いにそれぞれを受け止められた時に成り立つものです。 つまりは一方的ではなく、発信側も受け止め側の双方の気持ちが一致した時に「愛」というものになるのです。 つまり愛してると言えば、お互いに気持ちや心が一致していることで、一方的に好きになっている場合は恋をしていると言った表現になります。 おそらく、もしかしたら今までは一方的でも「愛している」と言っていたかもしれませんね。 簡単に考えますと、双方が一致しているのであれば「愛」となりますし、どちらかが一方的な場合は「恋」となります。 つまりは「恋」から「愛」に発展していく可能性はありますが、「愛」から「恋」への場合はほとんどないかもしれませんね。 好きの意味 続いて「好き」ですが、好きは恋の一歩手前のようなものなので、気になる相手に好意を寄せることで、相手がどう思うかは関係なく、かなり一方的な思いになります。 当然相手が気づいていない場合もありますが、好きな気持ちを抱く方は、そんなことを気にしてはいません。 ある意味、「恋」や「愛」に発展するかもしれないきっかけではあります。 しかし、ここで注意が必要なのは、好きには種類が二つあります。 英語で現しているようにLOVEとLIKEです。 LOVEは相手に恋を抱くことであり、LIKEは恋ではなく、パートナーや友人、仕事仲間として好きになることです。 このように好きには2種類あり、使い方を間違えると相手に不快を感じさせてしまう危険性もありますので、「好き」を単純に使用するのは辞めましょう。 あなたのその感情は何?診断してみよう!(好き編) では、相手に対していろいろと感情を抱くことがあると思います。 しかし、それが「恋」「愛」「好き」のどれに当たるか理解できる人は少ないと思います。 そこで、ここからは「恋」「愛」「好き」の感情をそれぞれで説明していきたいと思います。 もしかして今まで「恋」だと思っていた感情が実は「好き」だったのかもしれませんし、もしくは「愛」だったのかもしれません。 この記事を読むことで、感情を良く理解して「恋」「愛」「好き」の使い方を正しく行えるようにしましょう。 例え違ったとしてもそれで自分を責めることはありません。 今まで誰も教えていただけなかったことなので、仕方がないのです。 故にこの記事でしっかり理解しましょう。 「恋」「愛」「好き」は奥が深いですね。 ではまずは「好き」の感情から説明していきます。 一緒にいて楽しい 相手を交流しながら一緒にいて楽しいなと思う感情は好きの一種です。 前文でも説明した通り、「好き」は一方的な思いであり、一緒にいて楽しいと思うかどうかその人次第であり、相手にどう思われようが抱くのはこっちの勝手なので、好きの行動表現に近いです。 もし、相手に恋心があるとしたら、まずは一緒にいて楽しいと思わせることができれば、好きという感情が生まれますので、もしかしたら「恋」に発展する可能性が出てきますよ。 もちろん、ご自身も相手と一緒にいて楽しいと思わないことには始まりませんので、一緒にいて楽しいと思える部分を見つけましょう。 そして、ご自身も相手に楽しいと思わせる雰囲気を出すようにしましょう。 楽しいは大切です。 なんでも相談できる 職場の悩みや人間関係の悩みなどを相談できるということは、相談するということで発信側が受けて側に依存している傾向が高いです。 依存している、頼りにしていると言うことでもありますので、相手が一方的に抱く感情に似ています。 好きでもなければ、相談はしないので、相談されることは好きと言っているようなことと捉えてもOKだと思います。 ただ、職場で席が近かったりして相談された場合は愚痴のはけ口になっている可能性があります。 本当に相談できる相手であれば仕事が終わった後などの匿名性が強い場面の時などです。 そんな時に相談された場合は、相手が好きといった感情を抱いている可能性はあります。 もちろん、ご自身も好きな相手には遠慮せずに相談してみるのも良いかと思います。 頻繁に会って近況報告をする 遠方にいても近場にいてもしょっちゅうあったり、報告しあっている友人などがいますが、このような場合は、どちらかが好きと言った感情を抱いている可能性があります。 頻繁に連絡とったりしているのなら「愛」なのではと思う方もいらっしゃると思いますが、「愛」であるのならば、お互いに気持ちに余裕があるので、頻繁に連絡をとったり、会ったりはしません。 頻繁にするということは、余裕のなさの現れです。 つまりはどちらかが好きという感情を抱いていて、とにかく相手と一緒にいたいや話しがしたいといった願望が強すぎる上にこのような行動をしてしまうのです。 頻繁にあったり、会話したりしても良いですが、行きすぎると相手からはそっぽを向かれる可能性も高いので、バランス良く行うようにしましょう。 特別な恋愛感情は抱かない ただ一緒にいたい!話していたい!一緒に仕事ができたらと良いと言った感じで恋愛感情と関係なく相手に好きという感情を抱くケースもあります。 所謂LOVEではなく、LIKEの場合の好きです。 相手に好きと言う感情を似合わせることで、相手にやる気を出させたり、相手が一緒に仕事をしたいと思わせるような効果もあるので、それで部下を動かそうとする上司も多いです。 「好き」という感情は何も異性間だけで起こる感情ではありません。 同性でも起こる場合もあり、場面場面によって対象が変わってくることもあります。 最初のころは好きになるのは恋愛感情からだと思っていた方は多いと思いますが、実はそんなことはなく、いろいろな場面で使用される感情でもあります。 旧友のような関係 幼馴染、もしくは学生生活の中や何かのきっかけで出会った仲間に恋愛とは違った形で好きといった感情を抱く人は結構います。 これは仕事など関係なく、長く交流していきたいと言った気持ちの現れであります。 旧友とはいいますが、古くからの友人である必要はなく、厳密に言えば、何年以上の方と言ったこともないので、ごく最近知り合って意気投合した友人も旧友になる可能性はあります! 相手を好きにならなければ、友人になることも不可能に近いので、まずは好きになることが恋愛だけでなく、友人としても発展していくきっかけになります。 出会って好きといった感情を抱くことになればそれはきっと何かのきっかけかもしれませんね。 ぜひ、好きになると言った行動を大切にしましょう。 あなたのその感情は何?診断してみよう!(恋編) ここまで「好き」という場合の感情について説明きました。 ここからは恋愛感情では好きより一歩先へ進んだ感情である「恋」について説明していきます。 「恋」も一方的な感じの部分では「好き」と変わりませんが、相手に対する本気度では「好き」よりも高く、「愛」へ発展させるための登竜門と言っても過言ではありません。 誰かに恋をすることで「愛」に発展し、やがて結ばれるということもあります。 もしかしたら既に相手に「恋」のような感情を抱いているかもしれませんよ。 まずは、「恋」の感情をしっかり理解しましょう。 そうすることで「愛」へ近づけますよ。 自分の欲を満たそうとする 相手に良く見られたい!相手に自分のことを好きになっていただきたいと言う欲が強いので、そのために相手に対しての施しなどが凄く大きく出ます。 プレゼントを上げたり、何か喜ばれることをするなどの行動に走るので、第3者が見ても恋しているなということが分かりますよ。 恋をすると、どうしても相手のためにといった動きが強くなります。 しかし、これが悪く働くと相手を支配しようと言った感じに見えることもあるので、あまり欲を強くしすぎても危険です。 故に欲を満たすにも相手のことを考えて行わないと一方通行になってしまい、関係性を悪化してしまうこともありますので、注意しましょう。 常に不安がつきまとう 相手の目線をかなり気にしてしまうので、1つ1つの自分の行動や相手の行動を気にしてしまう傾向が高いです。 故に「悪く見らていないだろうか」と言った不安に襲われてしまっている状態が長いです。 しかし、この不安は、実はご自身が抱いているだけなので、相手があなたをどのように思うかを相手の勝手です。 ここはこちら側でコントロールできる部分ではありませんので、ここに不安を抱いても意味はありません。 しかし、恋する故に相手から好かれたいと思うことは仕方がありませんがいつまでもその部分を気にしていては始まりません。 そんなに気にするのであれば相手から素直に聞いてはっきりさせる方が意外とすっきりしますよ。 傷つくのが嫌だと考えているのであればそれはただのエゴですので、要注意です。 裏切りという概念が存在する 一方的に好きになってしまってはいるが、いい返事がこなかったり、良い態度で接してもらえなかったりすると、裏切られた気分になる方もいらっしゃいます。 これは、感情が強いあまりに相手に過度なサービスなどしてこれだけ恩をきせたのにと言った感じに捉えているから起こることです。 実際の問題は相手がどう抱くは相手次第であって、そこの部分を理解できてなくて、恋をしてしまい、良い結果にならないと裏切られたと言った感情になってしまいます。 恋に裏切りはありません。 そのような感情を抱くことが傲慢なだけです。 欲求が強すぎるあまりに傲慢になってしまうケースは強いので、自分の世界だけで発展していくのは辞めましょう。 自分中心で接してしまう 前文でも説明したように欲求が強くなりすぎるあまりに、自己中心的になってしまう傾向が「恋」は強いです。 そのためにいろいろと相手が喜ぶことをしようと思っても、第3者の目から見れば自己中心的で強引なように見えてしまうこともあります。 「恋」の場合で最も注意しなければいけない部分がこの部分であり、欲求を強くしても判断するのは相手だと言うことを頭に入れておかなければいけません。 また、見返りを求めたり、損得勘定を抱くと上手く行きません。 自分は尽くした後は結果を待つだけだと言った感じにどちらへ向いても大丈夫なぐらいの心持ちをしましょう。 尽くされたい 相手への欲求が大きい分、自分自身への向く、ことへの欲求も強いです。 相手から向けられることには強く反応し、話しかけられた、笑顔を向けられたなどどんな些細なことでも自分に返ってくれば凄く喜びます。 恋しているとイキイキしていると言われるのがこの所以です。 しかし、その分、相手から尽くされないとモチベーションもさがり、嫌なことをいっぱい考えてしまうなどの負のスパイラルに陥る危険性もあります。 相手に尽くしすぎるから、自分もそうでないと気が済まないと思ってしまうのであります。 相手へ尽くすことも、自分へむけられることに対する意識もほどほどにしましょう。 自分が必要とされたい 自分がいないとダメ!自分がいることで喜ぶなど相手に自分の存在意義を植え付けさせようと奮闘してしまいます。 本気な一方的故に、抱く感情や想像することもエスカレートする危険性があるので、危ないです。 恋をして、行きすぎると相手を支配したいという気持ちが強くなってしまう人が多く、これでは相手から嫌われる方が確率は高いです。 これは相手を尊重していないことでもあります。 自分の感情だけで相手を支配するのではなく、しっかり相手を尊重しましょう。 相手に必要とされるかどうかは相手が決めることなので、そこの部分を気にしても意味がありません。 出会って年月があまり経ってない 時間は恋とは関係ないと言うのがこの部分であります。 出会ってすぐに恋をしてしまう人も中にはいます。 これは相手からの目線を気にするあまりに、出会ってすぐなら過去の自分を知らずに、今の自分を見てくれると思っているので、短期決戦で行こうと考えてしまう人がいます。 過去に嫌われたり、嫌な思い出がある方に多く見られるパターンです。 悪いことではありませんが、より相手を支配したいという気持ちが強くなる傾向もあるので注意が必要です。 出会っての機関が短いので相手もあなたを知ることで精いっぱいの可能性もあります。 何をしてもキュンキュンしている 恋をしているイキイキしていると言うことがよく現れるのがこのパターンです。 いつも気分がいいので、どんな時でも明るい人間になっています。 恋をしている相手のどんな行動でも興奮せずにはいられないので、同じ空間にいるだけでワクワクしています。 第3者から見てもわかりやすく、また、対象の相手にも気づかれている可能性もあります。 嬉しくなるのは仕方ありませんが、あまりキュンキュンしすぎても良いイメージにはなりませんので、抑える部分は抑えましょう。 心が躍るというのはこのような時に使用されるのかもしれませんね。 頻繁に連絡を待っている 恋していると相手のことが気になって仕方ないので、頻繁にその人に連絡取ろうとします。 これは、相手に自分をわかってほしい。 自分を受け入れてほしいと言った感じなので、発信側に余裕がないのがわかります。 余裕があれば頻繁に連絡を取る必要はないので…これがあまりにも行きすぎると、しつこい人と言った感じに見られてしまいます。 心配性の人やきめ細かい人がこのようなパターンに陥りやすいので気をつけましょう。 相手がどう思うかは相手が考える権利です。 そこまで介入することはできませんので、しつこくは避けましょう。 嫉妬心が激しい 相手に対する思いが強い分、対象の人が異性と話していたり、ちょっとした噂を聞くといってもたってもいられなくなります。 どんな行動にもジェラシーを抱いてしまいます。 これは相手を支配したいという気持ちの強さの現れでもありますので、あまりよくありません。 相手に対して嫉妬心が強くなってきたなと思いましたら、恋をしていることでもありますが、同時にその心を抑えるようにしないと相手からも好かれる可能性は低くなりますよ。 相手がどんな行動をしようともあなたには何の影響もありません。 まずは相手を認めるようにしましょう。 デート前にドキドキする デートとなると相手と一緒にいる時間が長いので、いつも以上にワクワクしたりドキドキしたりして興奮を抑えられなくなります。 とにかくデートの時間になるまでにあれこれと想像や妄想をしてしまいます。 そう考えるのは普通なので、仕方がありませんが行きすぎた妄想や想像をしてしまうと、当日で思い通りに行かずに落ち込む危険性もありますので、行きすぎないようにすることが大切です。 ドキドキするのは構いませんがしっかり相手が喜ぶことを考えないと自己中心的になってしまう傾向が高いので気をつけましょう。 何度も何度も夢に出てくる 恋をしていると相手のことを常に考えた状態になってしまうので、夢に出てくる確率は高いです。 夢は想像や妄想から作られるので、その時考えていることが如実に夢に出てくることが多いです。 何度も何度も出てきてはあと一歩と言った感じなので目が覚めるので、もどかしい気分になってしまうこともあります。 常に考えるのは結構なことですが、あまり考えすぎて夢と現実が分からなくなると厄介ですよ。 何度も何度も夢に出てきた時は恋をしている証拠です。 ここで焦らず冷静に対応していくように心がけましょう。 あなたのその感情は何?診断してみよう!(愛編) 「恋」の感情はいかがでしたでしょうか。 一方的な思いが強すぎるあまりに落ち着かない部分もあったりしましたね。 それでは続きましては、いよいよ「愛」の感情について説明していきたいと思います。 「愛」は両方の思いが一致して成り立つものなので、結ばれる可能性が大きくなる可能性を秘めています。 故にもしかしたら既に「愛」の境地に達しているかもしれない人もいるかもしれませんね。 ここからはじっくりお読みになっていただきまして、あなたの現在の「恋」を「愛」に発展させることができれば幸いですね。 最終的には相手の判断になりますが、諦めなれければ可能性が高いですよ。 ぜひ、目指しましょう。 相手がどこに行っても信頼している 「愛」まで発展していれば、例え遠距離であっても相手への信頼が抜群なので、心配する必要もありません。 「恋」のままでは一緒にいられないだけで落ち着かなくなり不安になってしまう方が多いのですが、「愛」の場合は完全に思いが一致しているので不安になる必要はありません。 お互いに信頼しきれている証でもあります。 遠距離が上手く行っている人同士や、頻繁に会わなくても大丈夫な人同士はもしかしたら「愛」が成立している可能性が高いですね。 相手を支配するのではなく、尊重するようにすれば信頼感が増しますよ。 楽しい<落ち着く 「好き」や「恋」の時は、一緒にいたりすると楽しいと言った感情が強かったですが、「愛」に発展すると、一緒にいると安心するなどの落ち着くと言った感じになります。 これは相手に求めるものが「恋」の時より少ないので、変な欲求感がなく一緒にいることだけで満足感を満たしてしまうと言うことです。 故にへんな気遣いも要らないので、緊張することもないので、平常をキープすることができます。 「恋」のままだと、相手に対する欲求や相手の顔を気にしないといけないので、落ち着くことがありません。 お互い一緒にいて安心することで「愛」になります。 お互いを必要としている お互いに良い部分と悪い部分を理解し合っているので、どんな場面でも協力し合うことができるので、お互いの必要性を理解しています。 べったりなのではなく、お互いにどうすれば支え合っていけるかを理解しているので、常に一緒や話していないといけないと言うわけでもありません。 いざという時にお互いに支え合っていけるから「愛」が成り立っているのです。 「恋」だといつも必要になってもらおうと焦っているので、余裕がありません。 余計なお世話とは恋をしている人に当てはまる言葉なのかもしれませんね。 必要とされるにはお互いのことをしっかり理解することが大切です。 悪い部分に目をつぶってはいけませんよ。 何があっても離れられない存在 この部分だけを見てしまうと、ずっと一緒にいないといけないてきな感じもしますが、そうではありません。 遠距離であっても、どんな場面でも思いが途切れることがないと言うことです。 「愛」となるとお互いを完全に信じ切っているので、どんな場面に遭遇しても離れたり、分かれたりすることはありません。 最近、よく騒がれる不倫などの時も、妻の方が会見やコメントなどを出して立派と言われますが、それはお互いに信じているからコメントできることであって、信頼感がない場合は、すぐに離婚や何だなどの問題になります。 不倫は良くないですが、それでも離れられないのはお互いをしっかり信頼し、理解し合っているからです。 相手のためになにかしたい 「愛」まで達するとお互いに「YouFirstMeSecond」と言った考えになっているので相手のことを最優先に考えて動きます。 お互いにそんな動きなので、上手くいくのは明白です。 相手のために相手のためにでは疲れるのではと思う方もいらっしゃると思いますが、お互いが相手のためにになっているので、ある意味プラスマイナスゼロな感じになっているのでバランスが良いです。 これもお互いを信頼しきっているからできることで、日ごろの交流や行動などへの感謝の気持ちを現すことで相手への恩になっているので、お互いにそれに尽くそうと頑張ります。 一緒にいるだけで幸せ 「恋」の時は相手と一緒にこう思っていただかないと気が済まないといった欲求が強かったのですが、「愛」になると一緒にいるだけで幸せを感じることができるので、欲求を出すこともなく、また変な気遣いも要りません。 お互いを信頼しているし、安心感もあるので、一緒に何かしたりやどこかへ行こうなどと言った感情や欲求を抱くこともありません。 「愛」は欲求が完全に取り除かれた感じの状態のことを現している感じがします。 一緒にいるだけで幸せが満たされるなんて、かなり最高なことですね。 故に一緒にいる時間が少ないとさらに貴重になるので、遠距離でも上手く行くのです。 見返りを求めない 「恋」の時に相手のために尽くそうといろいろと行動を起こし、「YES」の返事をいただこうという欲求が強いですが、「愛」の場合はそんな欲求はありません。 お互いに信じ切っているので、これをすればあーしてもらえるなどと言った見返りを期待するのは愚の骨頂です。 見返りを求めなくてもお互いに信じ切っているし、お互いに「YouFirstMeLast」の考えがあるので、そんなことを考える必要がないのです。 もし仮に相手に見返りを求める傾向がまだあるとしたらそれはまだ「愛」と呼べないのかもしれませんよ。 相手へ見返りを求めるのは辞めましょう。 みなさんのその感情は何に当てはまりましたか? いかがでしたでしょうか。 「恋」「愛」「好き」の3つの感情は奥が深いですね。 あなたが今抱いてる感情はどれに当たるでしょうか。 どれに当たっても正解・不正解はありません。 そこから発展していくことができるので、ぜひ、あきらめることなく目指しましょう。

次の

恋愛の仕方がわからない人って案外多い?特徴から診断して踏み出そう

愛 だ の 恋 だ の わからない

人を好きになったことはありますか?おそらくほとんどの人はあると答えると思います。 しかし、好きになったことをきっかけに恋に発展したり、愛し合っているというところまで行ったと言う人もいれば、そうでない人もいます。 つまり、「恋」「愛」「好き」というのは実は別物である可能性が高いのです。 好きだから恋をすると言うわけでもなければ、恋をしていても愛しているとは限らないなど、実はこの3つの要素はかなり複雑なものになっているのです。 おそらくほとんどの人が違いについて説明しろと言われても困ると思います。 そこで今回こちらの記事では、「愛」「好き」についてまとめた記事を作成しましたので、どうぞじっくりお読みください。 もしかしたら、今まで恋愛などで腑に落ちない部分があったと言う方もこちらを読んでいただけましたら、腑に落ちるかもしれませんよ。 「恋」「愛」「好き」の違いとは? 「恋」「愛」「好き」この3つの違いは明確に現すのはちょっと難しいのですが、あえて現しますと、「恋」は相手に対して自分を受け入れてほしいと思う心であり、好きから発展している感じもしますが、どちらかというと発信する方の要求が強いです。 また、「愛」は双方が一致してなりたつもので、お互いに好意を寄せること、信頼し合うことが愛に発展します。 そして「好き」ですが、これは恋よりも一方的で、相手を好きになるかどうかその人次第であって、好きになってもならなくてもさほど影響はありません。 好きになってからどうなるかもその人次第なので、きっかけに過ぎない部分が大きいです。 このように「恋」「愛」「好き」には違いあり、一方的かどうかや双方間でどうなっているのかなどが重要になってきています。 それぞれの意味を理解しよう それではここで「恋」「愛」「好き」の違いを明確に説明したいと思います。 「恋」「愛」「好き」それぞれ3つの違いを理解することで今後のあなたの活動にも良い意味で影響すると思います。 職場で「好き」が行きすぎて、職場の人と関係が悪化したと言う例もある通り、使い方を間違ってしまうととんでもないことになってしまうこともあるので、しっかり理解して正しく使えるようになれば対人関係も良好になりますよ。 もしかしたら、今まであまり恋愛などをしてこなかった人は、この「恋」「愛」「好き」の3つの使い方を間違っていたのかもしれませんね。 ぜひ、この機会にしっかりマスターして、これからの恋愛などに活かしましょう。 恋愛は何歳から始めてもOKですよ。 すべてをいきなり完璧にとは言いません。 あなたのペースでしっかりマスターしていきましょう。 恋の意味 「恋」は発信側がメインになる事柄で、発信する側が相手側に自分を受け入れてほしい。 自分のことをわかってほしい。 好きになってほしいという願望が強い心になっています。 相手に恋をしたと言えば、好きになったより本気があると言うことになります。 故に「恋」に発展するのは好きと言うきっかけがなければ無理な感じもしますが、相手を好きになるかどうかはその人次第なので、好きにならなくても自分のことを良く思って欲しい、自分を受け入れてほしいと言う心を相手に抱いてしまったら恋をしていることになるかもしれません。 いずれにせよ、発信側の心や思いを相手に受け止めてほしいといった気持ちなので、一方的過ぎても良くありませんので気をつけましょう。 愛の意味 「愛」はお互いに思いが一致したり、お互いにそれぞれを受け止められた時に成り立つものです。 つまりは一方的ではなく、発信側も受け止め側の双方の気持ちが一致した時に「愛」というものになるのです。 つまり愛してると言えば、お互いに気持ちや心が一致していることで、一方的に好きになっている場合は恋をしていると言った表現になります。 おそらく、もしかしたら今までは一方的でも「愛している」と言っていたかもしれませんね。 簡単に考えますと、双方が一致しているのであれば「愛」となりますし、どちらかが一方的な場合は「恋」となります。 つまりは「恋」から「愛」に発展していく可能性はありますが、「愛」から「恋」への場合はほとんどないかもしれませんね。 好きの意味 続いて「好き」ですが、好きは恋の一歩手前のようなものなので、気になる相手に好意を寄せることで、相手がどう思うかは関係なく、かなり一方的な思いになります。 当然相手が気づいていない場合もありますが、好きな気持ちを抱く方は、そんなことを気にしてはいません。 ある意味、「恋」や「愛」に発展するかもしれないきっかけではあります。 しかし、ここで注意が必要なのは、好きには種類が二つあります。 英語で現しているようにLOVEとLIKEです。 LOVEは相手に恋を抱くことであり、LIKEは恋ではなく、パートナーや友人、仕事仲間として好きになることです。 このように好きには2種類あり、使い方を間違えると相手に不快を感じさせてしまう危険性もありますので、「好き」を単純に使用するのは辞めましょう。 あなたのその感情は何?診断してみよう!(好き編) では、相手に対していろいろと感情を抱くことがあると思います。 しかし、それが「恋」「愛」「好き」のどれに当たるか理解できる人は少ないと思います。 そこで、ここからは「恋」「愛」「好き」の感情をそれぞれで説明していきたいと思います。 もしかして今まで「恋」だと思っていた感情が実は「好き」だったのかもしれませんし、もしくは「愛」だったのかもしれません。 この記事を読むことで、感情を良く理解して「恋」「愛」「好き」の使い方を正しく行えるようにしましょう。 例え違ったとしてもそれで自分を責めることはありません。 今まで誰も教えていただけなかったことなので、仕方がないのです。 故にこの記事でしっかり理解しましょう。 「恋」「愛」「好き」は奥が深いですね。 ではまずは「好き」の感情から説明していきます。 一緒にいて楽しい 相手を交流しながら一緒にいて楽しいなと思う感情は好きの一種です。 前文でも説明した通り、「好き」は一方的な思いであり、一緒にいて楽しいと思うかどうかその人次第であり、相手にどう思われようが抱くのはこっちの勝手なので、好きの行動表現に近いです。 もし、相手に恋心があるとしたら、まずは一緒にいて楽しいと思わせることができれば、好きという感情が生まれますので、もしかしたら「恋」に発展する可能性が出てきますよ。 もちろん、ご自身も相手と一緒にいて楽しいと思わないことには始まりませんので、一緒にいて楽しいと思える部分を見つけましょう。 そして、ご自身も相手に楽しいと思わせる雰囲気を出すようにしましょう。 楽しいは大切です。 なんでも相談できる 職場の悩みや人間関係の悩みなどを相談できるということは、相談するということで発信側が受けて側に依存している傾向が高いです。 依存している、頼りにしていると言うことでもありますので、相手が一方的に抱く感情に似ています。 好きでもなければ、相談はしないので、相談されることは好きと言っているようなことと捉えてもOKだと思います。 ただ、職場で席が近かったりして相談された場合は愚痴のはけ口になっている可能性があります。 本当に相談できる相手であれば仕事が終わった後などの匿名性が強い場面の時などです。 そんな時に相談された場合は、相手が好きといった感情を抱いている可能性はあります。 もちろん、ご自身も好きな相手には遠慮せずに相談してみるのも良いかと思います。 頻繁に会って近況報告をする 遠方にいても近場にいてもしょっちゅうあったり、報告しあっている友人などがいますが、このような場合は、どちらかが好きと言った感情を抱いている可能性があります。 頻繁に連絡とったりしているのなら「愛」なのではと思う方もいらっしゃると思いますが、「愛」であるのならば、お互いに気持ちに余裕があるので、頻繁に連絡をとったり、会ったりはしません。 頻繁にするということは、余裕のなさの現れです。 つまりはどちらかが好きという感情を抱いていて、とにかく相手と一緒にいたいや話しがしたいといった願望が強すぎる上にこのような行動をしてしまうのです。 頻繁にあったり、会話したりしても良いですが、行きすぎると相手からはそっぽを向かれる可能性も高いので、バランス良く行うようにしましょう。 特別な恋愛感情は抱かない ただ一緒にいたい!話していたい!一緒に仕事ができたらと良いと言った感じで恋愛感情と関係なく相手に好きという感情を抱くケースもあります。 所謂LOVEではなく、LIKEの場合の好きです。 相手に好きと言う感情を似合わせることで、相手にやる気を出させたり、相手が一緒に仕事をしたいと思わせるような効果もあるので、それで部下を動かそうとする上司も多いです。 「好き」という感情は何も異性間だけで起こる感情ではありません。 同性でも起こる場合もあり、場面場面によって対象が変わってくることもあります。 最初のころは好きになるのは恋愛感情からだと思っていた方は多いと思いますが、実はそんなことはなく、いろいろな場面で使用される感情でもあります。 旧友のような関係 幼馴染、もしくは学生生活の中や何かのきっかけで出会った仲間に恋愛とは違った形で好きといった感情を抱く人は結構います。 これは仕事など関係なく、長く交流していきたいと言った気持ちの現れであります。 旧友とはいいますが、古くからの友人である必要はなく、厳密に言えば、何年以上の方と言ったこともないので、ごく最近知り合って意気投合した友人も旧友になる可能性はあります! 相手を好きにならなければ、友人になることも不可能に近いので、まずは好きになることが恋愛だけでなく、友人としても発展していくきっかけになります。 出会って好きといった感情を抱くことになればそれはきっと何かのきっかけかもしれませんね。 ぜひ、好きになると言った行動を大切にしましょう。 あなたのその感情は何?診断してみよう!(恋編) ここまで「好き」という場合の感情について説明きました。 ここからは恋愛感情では好きより一歩先へ進んだ感情である「恋」について説明していきます。 「恋」も一方的な感じの部分では「好き」と変わりませんが、相手に対する本気度では「好き」よりも高く、「愛」へ発展させるための登竜門と言っても過言ではありません。 誰かに恋をすることで「愛」に発展し、やがて結ばれるということもあります。 もしかしたら既に相手に「恋」のような感情を抱いているかもしれませんよ。 まずは、「恋」の感情をしっかり理解しましょう。 そうすることで「愛」へ近づけますよ。 自分の欲を満たそうとする 相手に良く見られたい!相手に自分のことを好きになっていただきたいと言う欲が強いので、そのために相手に対しての施しなどが凄く大きく出ます。 プレゼントを上げたり、何か喜ばれることをするなどの行動に走るので、第3者が見ても恋しているなということが分かりますよ。 恋をすると、どうしても相手のためにといった動きが強くなります。 しかし、これが悪く働くと相手を支配しようと言った感じに見えることもあるので、あまり欲を強くしすぎても危険です。 故に欲を満たすにも相手のことを考えて行わないと一方通行になってしまい、関係性を悪化してしまうこともありますので、注意しましょう。 常に不安がつきまとう 相手の目線をかなり気にしてしまうので、1つ1つの自分の行動や相手の行動を気にしてしまう傾向が高いです。 故に「悪く見らていないだろうか」と言った不安に襲われてしまっている状態が長いです。 しかし、この不安は、実はご自身が抱いているだけなので、相手があなたをどのように思うかを相手の勝手です。 ここはこちら側でコントロールできる部分ではありませんので、ここに不安を抱いても意味はありません。 しかし、恋する故に相手から好かれたいと思うことは仕方がありませんがいつまでもその部分を気にしていては始まりません。 そんなに気にするのであれば相手から素直に聞いてはっきりさせる方が意外とすっきりしますよ。 傷つくのが嫌だと考えているのであればそれはただのエゴですので、要注意です。 裏切りという概念が存在する 一方的に好きになってしまってはいるが、いい返事がこなかったり、良い態度で接してもらえなかったりすると、裏切られた気分になる方もいらっしゃいます。 これは、感情が強いあまりに相手に過度なサービスなどしてこれだけ恩をきせたのにと言った感じに捉えているから起こることです。 実際の問題は相手がどう抱くは相手次第であって、そこの部分を理解できてなくて、恋をしてしまい、良い結果にならないと裏切られたと言った感情になってしまいます。 恋に裏切りはありません。 そのような感情を抱くことが傲慢なだけです。 欲求が強すぎるあまりに傲慢になってしまうケースは強いので、自分の世界だけで発展していくのは辞めましょう。 自分中心で接してしまう 前文でも説明したように欲求が強くなりすぎるあまりに、自己中心的になってしまう傾向が「恋」は強いです。 そのためにいろいろと相手が喜ぶことをしようと思っても、第3者の目から見れば自己中心的で強引なように見えてしまうこともあります。 「恋」の場合で最も注意しなければいけない部分がこの部分であり、欲求を強くしても判断するのは相手だと言うことを頭に入れておかなければいけません。 また、見返りを求めたり、損得勘定を抱くと上手く行きません。 自分は尽くした後は結果を待つだけだと言った感じにどちらへ向いても大丈夫なぐらいの心持ちをしましょう。 尽くされたい 相手への欲求が大きい分、自分自身への向く、ことへの欲求も強いです。 相手から向けられることには強く反応し、話しかけられた、笑顔を向けられたなどどんな些細なことでも自分に返ってくれば凄く喜びます。 恋しているとイキイキしていると言われるのがこの所以です。 しかし、その分、相手から尽くされないとモチベーションもさがり、嫌なことをいっぱい考えてしまうなどの負のスパイラルに陥る危険性もあります。 相手に尽くしすぎるから、自分もそうでないと気が済まないと思ってしまうのであります。 相手へ尽くすことも、自分へむけられることに対する意識もほどほどにしましょう。 自分が必要とされたい 自分がいないとダメ!自分がいることで喜ぶなど相手に自分の存在意義を植え付けさせようと奮闘してしまいます。 本気な一方的故に、抱く感情や想像することもエスカレートする危険性があるので、危ないです。 恋をして、行きすぎると相手を支配したいという気持ちが強くなってしまう人が多く、これでは相手から嫌われる方が確率は高いです。 これは相手を尊重していないことでもあります。 自分の感情だけで相手を支配するのではなく、しっかり相手を尊重しましょう。 相手に必要とされるかどうかは相手が決めることなので、そこの部分を気にしても意味がありません。 出会って年月があまり経ってない 時間は恋とは関係ないと言うのがこの部分であります。 出会ってすぐに恋をしてしまう人も中にはいます。 これは相手からの目線を気にするあまりに、出会ってすぐなら過去の自分を知らずに、今の自分を見てくれると思っているので、短期決戦で行こうと考えてしまう人がいます。 過去に嫌われたり、嫌な思い出がある方に多く見られるパターンです。 悪いことではありませんが、より相手を支配したいという気持ちが強くなる傾向もあるので注意が必要です。 出会っての機関が短いので相手もあなたを知ることで精いっぱいの可能性もあります。 何をしてもキュンキュンしている 恋をしているイキイキしていると言うことがよく現れるのがこのパターンです。 いつも気分がいいので、どんな時でも明るい人間になっています。 恋をしている相手のどんな行動でも興奮せずにはいられないので、同じ空間にいるだけでワクワクしています。 第3者から見てもわかりやすく、また、対象の相手にも気づかれている可能性もあります。 嬉しくなるのは仕方ありませんが、あまりキュンキュンしすぎても良いイメージにはなりませんので、抑える部分は抑えましょう。 心が躍るというのはこのような時に使用されるのかもしれませんね。 頻繁に連絡を待っている 恋していると相手のことが気になって仕方ないので、頻繁にその人に連絡取ろうとします。 これは、相手に自分をわかってほしい。 自分を受け入れてほしいと言った感じなので、発信側に余裕がないのがわかります。 余裕があれば頻繁に連絡を取る必要はないので…これがあまりにも行きすぎると、しつこい人と言った感じに見られてしまいます。 心配性の人やきめ細かい人がこのようなパターンに陥りやすいので気をつけましょう。 相手がどう思うかは相手が考える権利です。 そこまで介入することはできませんので、しつこくは避けましょう。 嫉妬心が激しい 相手に対する思いが強い分、対象の人が異性と話していたり、ちょっとした噂を聞くといってもたってもいられなくなります。 どんな行動にもジェラシーを抱いてしまいます。 これは相手を支配したいという気持ちの強さの現れでもありますので、あまりよくありません。 相手に対して嫉妬心が強くなってきたなと思いましたら、恋をしていることでもありますが、同時にその心を抑えるようにしないと相手からも好かれる可能性は低くなりますよ。 相手がどんな行動をしようともあなたには何の影響もありません。 まずは相手を認めるようにしましょう。 デート前にドキドキする デートとなると相手と一緒にいる時間が長いので、いつも以上にワクワクしたりドキドキしたりして興奮を抑えられなくなります。 とにかくデートの時間になるまでにあれこれと想像や妄想をしてしまいます。 そう考えるのは普通なので、仕方がありませんが行きすぎた妄想や想像をしてしまうと、当日で思い通りに行かずに落ち込む危険性もありますので、行きすぎないようにすることが大切です。 ドキドキするのは構いませんがしっかり相手が喜ぶことを考えないと自己中心的になってしまう傾向が高いので気をつけましょう。 何度も何度も夢に出てくる 恋をしていると相手のことを常に考えた状態になってしまうので、夢に出てくる確率は高いです。 夢は想像や妄想から作られるので、その時考えていることが如実に夢に出てくることが多いです。 何度も何度も出てきてはあと一歩と言った感じなので目が覚めるので、もどかしい気分になってしまうこともあります。 常に考えるのは結構なことですが、あまり考えすぎて夢と現実が分からなくなると厄介ですよ。 何度も何度も夢に出てきた時は恋をしている証拠です。 ここで焦らず冷静に対応していくように心がけましょう。 あなたのその感情は何?診断してみよう!(愛編) 「恋」の感情はいかがでしたでしょうか。 一方的な思いが強すぎるあまりに落ち着かない部分もあったりしましたね。 それでは続きましては、いよいよ「愛」の感情について説明していきたいと思います。 「愛」は両方の思いが一致して成り立つものなので、結ばれる可能性が大きくなる可能性を秘めています。 故にもしかしたら既に「愛」の境地に達しているかもしれない人もいるかもしれませんね。 ここからはじっくりお読みになっていただきまして、あなたの現在の「恋」を「愛」に発展させることができれば幸いですね。 最終的には相手の判断になりますが、諦めなれければ可能性が高いですよ。 ぜひ、目指しましょう。 相手がどこに行っても信頼している 「愛」まで発展していれば、例え遠距離であっても相手への信頼が抜群なので、心配する必要もありません。 「恋」のままでは一緒にいられないだけで落ち着かなくなり不安になってしまう方が多いのですが、「愛」の場合は完全に思いが一致しているので不安になる必要はありません。 お互いに信頼しきれている証でもあります。 遠距離が上手く行っている人同士や、頻繁に会わなくても大丈夫な人同士はもしかしたら「愛」が成立している可能性が高いですね。 相手を支配するのではなく、尊重するようにすれば信頼感が増しますよ。 楽しい<落ち着く 「好き」や「恋」の時は、一緒にいたりすると楽しいと言った感情が強かったですが、「愛」に発展すると、一緒にいると安心するなどの落ち着くと言った感じになります。 これは相手に求めるものが「恋」の時より少ないので、変な欲求感がなく一緒にいることだけで満足感を満たしてしまうと言うことです。 故にへんな気遣いも要らないので、緊張することもないので、平常をキープすることができます。 「恋」のままだと、相手に対する欲求や相手の顔を気にしないといけないので、落ち着くことがありません。 お互い一緒にいて安心することで「愛」になります。 お互いを必要としている お互いに良い部分と悪い部分を理解し合っているので、どんな場面でも協力し合うことができるので、お互いの必要性を理解しています。 べったりなのではなく、お互いにどうすれば支え合っていけるかを理解しているので、常に一緒や話していないといけないと言うわけでもありません。 いざという時にお互いに支え合っていけるから「愛」が成り立っているのです。 「恋」だといつも必要になってもらおうと焦っているので、余裕がありません。 余計なお世話とは恋をしている人に当てはまる言葉なのかもしれませんね。 必要とされるにはお互いのことをしっかり理解することが大切です。 悪い部分に目をつぶってはいけませんよ。 何があっても離れられない存在 この部分だけを見てしまうと、ずっと一緒にいないといけないてきな感じもしますが、そうではありません。 遠距離であっても、どんな場面でも思いが途切れることがないと言うことです。 「愛」となるとお互いを完全に信じ切っているので、どんな場面に遭遇しても離れたり、分かれたりすることはありません。 最近、よく騒がれる不倫などの時も、妻の方が会見やコメントなどを出して立派と言われますが、それはお互いに信じているからコメントできることであって、信頼感がない場合は、すぐに離婚や何だなどの問題になります。 不倫は良くないですが、それでも離れられないのはお互いをしっかり信頼し、理解し合っているからです。 相手のためになにかしたい 「愛」まで達するとお互いに「YouFirstMeSecond」と言った考えになっているので相手のことを最優先に考えて動きます。 お互いにそんな動きなので、上手くいくのは明白です。 相手のために相手のためにでは疲れるのではと思う方もいらっしゃると思いますが、お互いが相手のためにになっているので、ある意味プラスマイナスゼロな感じになっているのでバランスが良いです。 これもお互いを信頼しきっているからできることで、日ごろの交流や行動などへの感謝の気持ちを現すことで相手への恩になっているので、お互いにそれに尽くそうと頑張ります。 一緒にいるだけで幸せ 「恋」の時は相手と一緒にこう思っていただかないと気が済まないといった欲求が強かったのですが、「愛」になると一緒にいるだけで幸せを感じることができるので、欲求を出すこともなく、また変な気遣いも要りません。 お互いを信頼しているし、安心感もあるので、一緒に何かしたりやどこかへ行こうなどと言った感情や欲求を抱くこともありません。 「愛」は欲求が完全に取り除かれた感じの状態のことを現している感じがします。 一緒にいるだけで幸せが満たされるなんて、かなり最高なことですね。 故に一緒にいる時間が少ないとさらに貴重になるので、遠距離でも上手く行くのです。 見返りを求めない 「恋」の時に相手のために尽くそうといろいろと行動を起こし、「YES」の返事をいただこうという欲求が強いですが、「愛」の場合はそんな欲求はありません。 お互いに信じ切っているので、これをすればあーしてもらえるなどと言った見返りを期待するのは愚の骨頂です。 見返りを求めなくてもお互いに信じ切っているし、お互いに「YouFirstMeLast」の考えがあるので、そんなことを考える必要がないのです。 もし仮に相手に見返りを求める傾向がまだあるとしたらそれはまだ「愛」と呼べないのかもしれませんよ。 相手へ見返りを求めるのは辞めましょう。 みなさんのその感情は何に当てはまりましたか? いかがでしたでしょうか。 「恋」「愛」「好き」の3つの感情は奥が深いですね。 あなたが今抱いてる感情はどれに当たるでしょうか。 どれに当たっても正解・不正解はありません。 そこから発展していくことができるので、ぜひ、あきらめることなく目指しましょう。

次の

恋愛がわからない?「恋愛感情診断」であなたの恋レベルをチェック

愛 だ の 恋 だ の わからない

たとえ二人が一緒に過ごしていても、その理由が「愛」か「執着」かでは大きな違いがあるもの。 でもコレって、自分ではどちらなのか判断しにくいですよね。 そこで、大ヒントになるのが、「」のこの。 5つのチェックリストで、あなたの恋愛の是非が丸裸に! 01. 愛は情熱的 執着はただ一緒にいるだけ 【愛】 愛を感じる時、心の中には怒りや甘い感情など、何かしらの情熱があるはず。 【執着】 ただその人と一緒にいるだけの「執着」では、情熱を感じることはないでしょう。 刺激や不安など、さまざまな気持ちを感じるでしょうが、それは愛とは呼べないもの。 愛は見返りを求めない 執着は利益が欲しい 【愛】 誰かのことを本当に愛していれば、自分よりもまずパートナーを優先させます。 自分を犠牲にしてまでも、パートナーに尽くすのです。 【執着】 考えるのは自分のことだけ。 パートナーに助けてもらいたいと感じ、自分の利益のみを追い求めます。 パートナーよりも自分を気にかけているのです。 離れていても大丈夫なのが愛 耐えられないのが執着 【愛】 恋をするのは素晴らしいこと。 なぜなら、相手の愛情や感情、安心感を感じようと、常に一緒にいる必要がないから。 距離は離れていても、充分につながりを感じます。 【執着】 離れていることに耐えられず、相手が何をしているのかと常に考えてしまいます。 愛はお互いを応援 執着は自分を優先 【愛】 真実の愛を感じることは、空に舞い上がるための翼を手に入れるようなもの。 それは新たなエネルギーとなり、あなたに自由な感覚を与えます。 パートナーと夢を共有し、協力し合うのです。 【執着】 そこにあるのは権力の争いのみ。 常に自分を優先させ、都合のいいように行動します。 愛に時間は関係ないが、 執着には期限がある 【愛】 真実の愛に、時間など関係ありません。 誰かを愛する時は、たとえその関係がどのような形で終わりを迎えようとも、常に相手を愛しています。 【執着】 執着には有効期限があります。 そもそも、2人のうちのどちらかが執着し始めた段階で、その関係にはすでに終わりが迫っているのです。 Licensed material used with permission by.

次の