ご 清聴 ありがとう ご ざいました イラスト。 ご静聴とご清聴の違いについて ~ご清聴ありがとうございました

「ご清聴ありがとうございました」はいらないよ!パワポの締め方ベストはこれ!

ご 清聴 ありがとう ご ざいました イラスト

「ご清聴」と「ご静聴」の読みは同じで、どちらも「ごせいちょう」と読みます。 読みは同じですが、意味はまったく異なる言葉なので注意しましょう。 まずは「ご清聴」と「ご静聴」の意味の違いから説明しましょう。 「ご清聴」は他人が自分の話を聞いてくれることを敬って言う 「ご静聴」は他人が自分の話を聞いてくれることを敬って言う、あるいは感謝する言葉です。 挨拶やスピーチの最後に、よく「ご清聴ありがとうございました」と言いますよね。 これはつまり、「自分の話を聞いてくれてありがとうございました」という意味になります。 「ご静聴」には謙遜のニュアンスも含まれているため、「ご清聴ありがとうございました」と言うと、謙虚な印象も与えられます。 「ご静聴」は話を静かに聞くこと 一方「ご静聴」とは、講演などで人の話を静かに聞くことを指します。 講演や誰かがスピーチする際には、司会者からよく「ご静聴願います」と言われますよね。 ここで言われているのは「ご静聴」であり、「ご清聴」ではありませんので注意してください。 「ご清聴」はどのような場面で使う? 「ご清聴」は主にどのような場面で使うのでしょうか。 「ご清聴」の使い方について説明しましょう。 プレゼンを締める時 プレゼンを締める時によく「ご清聴ありがとうございました」と言います。 「以上が私からのプレゼンになります」「ありがとうございました」だけだと、締めの言葉としては印象が弱いですね。 「ご清聴ありがとうございました」には、最後まで聞いてくれた人に対する感謝や気遣いのニュアンスも含まれているので、好印象かつスマートに締めることができます。 結婚式のスピーチを締める時 結婚式のスピーチを締める時にも「ご清聴ありがとうございました」を使う人が多いです。 「ご清聴感謝します」とも言いますね。 締めの挨拶は簡潔に言うのが望ましく、「ご清聴ありがとうございました」は話を最後までいてくれたことに対する感謝や気遣いを一言で表現できる、非常に便利な言葉なのです。 「ご清聴ありがとうございました」「ご清聴感謝します」と言う際は、ハキハキと聴衆を見ながら言うとより好印象を与えられるでしょう。 「ご静聴」はどのような場面で使う? 「ご清聴」の使い方は理解していただけたと思います。 では、「ご静聴」はどのような場面で使う言葉なのでしょうか。 「ご清聴」と「ご静聴」は字面も似ているため、間違えないように注意しましょう。 特に、「ご清聴」と言うべき場面で「ご静聴」と言うのは、聞き手に対して失礼になります。 司会者が場を静かにさせる時 講演やプレゼンなどの前に、司会進行役がよく「ご静聴願います」と言いますが、これは「静かに聞いてください」という意味です。 「ご静聴願います」を使う時のポイントは、話し手以外の人が使うところです。 話し手が言うべきなのは、締めの「ご清聴ありがとうございました」であり、「ご静聴願います」「ご静聴ありがとうございました」ではありません。 話す本人が「ご静聴願います」と言うのは間違い! これから話す本人が、話し始める前に「ご静聴願います」と言うのは間違いであり、聞き手側に対して失礼な行為にあたります。 話し手から「ご静聴願います」、つまり「静かに私の話を聞いてください」と言われたら、少し不快に思いませんか? 話を聞こうとしてくれている相手に対し、「静かに聞いてください」と言うのは失礼です。 「ご静聴ありがとうございました」も同様で、「静かに話を聞いてくれてありがとうございました」という意味になり、失礼にあたります。 「ご清聴」「ご静聴」の類語と関連語とは 「ご清聴」と「ご静聴」の意味や使い方を覚えるついでに、「ご清聴」と「ご静聴」の類語や関連語も一緒に覚えてしまいましょう。 「ご清聴」や「ご静聴」などは、厳粛な場でよく使う言葉ですから、いざという時に困らないよう、社会人として知っておくべきです。 類語は「傾聴」「謹聴」 「ご清聴」と「ご静聴」の類語には、「傾聴」や「謹聴」があります。 「傾聴」とは、耳を傾けて熱心に話を聞くことを指します。 「傾聴に値する意見」「傾聴ボランティア」などといった使い方をします。 「謹聴」とは、謹んで聞くこと、または講演会などで「静かに聞こう」の意味を込めて聴衆側が発する言葉を指します。 「講和を謹聴する」「感心して謹聴した」などといった使い方をします。 音が同じである「緊張」と聞き間違えないように注意しましょう。 関連語は「拝聴」「陪聴」 「ご清聴」と「ご静聴」の関連語としては、「拝聴」や「陪聴」があります。 「拝聴」とは、謹んで聞くこと、あるいは「聞くこと」の謙譲の意味を指します。 謙譲の意味がある言葉なので、「ご拝聴ありがとうございました」という言い方は間違いです。 「御高説を拝聴する」などの使い方が正解です。 「ご」はつけません。 「陪聴」とは、身分の高い人と同席して話などを聞くことを意味します。 宮内庁用語であり、普段は一切使いません。 「身分の高い人」とは天皇や皇后、皇族を指し、つまり「天皇や皇后、皇族とご一緒にご進講を聞かせていただくこと」という意味になります。 「ご清聴」と「ご静聴」は音は同じだが意味は異なる!間違えると失礼になることも 「ご清聴」と「ご静聴」はまったく同じ音ですが、意味はまったく異なる言葉です。 「ご清聴」と言うべきところを「ご静聴」としたり、話し手が「ご静聴願います」というのは、聞き手側に対して失礼にあたりますので、誤字にはくれぐれも注意しましょう。 また、時々「ご拝聴ありがとうございました」と言う人もいますが、「拝聴」は謙譲の意味を持つ言葉なので、この言い方は間違いです。 「ご」をつけるのもNG。 「拝聴する」という使い方が正解です。 正しい日本語を使い、社会人として信用される人になりましょう。

次の

綺麗なパワーポイント ご 清聴 ありがとう ご ざいました イラスト 無料

ご 清聴 ありがとう ご ざいました イラスト

せっかく頑張ってきたプレゼンで、終わり方があいまいだと、しまりのない印象のプレゼンになってしまい、今までの頑張りが水の泡に・・。 そんなことにはならないように、大事な機会なのですから、最後までいい印象を与えられるようにすべきです。 今一度、プレゼンでの挨拶の終わり方・重要さを確認しておきましょう。 締めの挨拶は安心・信頼を与えるため非常に重要! そもそもプレゼンなどを抜きにして、まずは挨拶というもの自体を考えてみてください。 人との出会いにおいて挨拶というのは、親近感や安心・信頼を与えるのに大きな役割を持つものです。 好感というのは、最初と最後の両方に決まるもので、最初が良くても最後の挨拶をおざなりにしてしまうと、結局、最初だけだったなとマイナスな印象になりませんか?それは、プレゼンという場においても全く一緒だということを、しっかりと把握しておいてください。 是非、好印象につながる締め方をしましょう! プレゼンの終わり方のポイントは? 最後の挨拶において気をつけておきたいポイントはどんなものかという事ですが、プレゼンの終わり方では、あまり長くならずに簡潔にするのがスマートです。 正直なところ最後の挨拶に関してはこの一点のみ、守って挨拶をすれば無難であり、最後も聞き心地がよかったと好印象になるでしょう。 終わり方は、気を抜かずにやりきりましょう。 長くならずに簡潔に締める挨拶がスマートで好印象! 最後の挨拶を簡潔に短くすることは、これまで自分のプレゼンを聞いてくれた人への配慮であり、最後に挨拶を時間をかけてやるよりも、短くしたほうが、次回も聞きたいというように惹きつけることができます。 そんな時に使えるのが「ご清聴ありがとうございました」のフレーズなのです。 「ご清聴ありがとうございました」の印象について 「ご清聴ありがとうございました」とよく最後にいいますが、プレゼンの終わり方としては、どんな挨拶がふさわしいのでしょうか。 聞いてくれた方々にお礼が伝わり「ああ、終わるんだな」というのがわかる挨拶・終わり方を心がけたいですね。 ここでは、締め方として最適な「ご清聴ありがとうございました」というフレーズについて、さらにまとめていきます。 気遣い・感謝を表すのに最適な終わり方が出来る 挨拶の締めとして「ご清聴ありがとうございました」というのは、プレゼンの最後で最も適した言葉であり、最後の挨拶で「ご清聴ありがとうございました」はとても良い言葉であるということです。 プレゼンなど、「以上が私からのプレゼンになります」「ありがとうございました」などの言葉では、好印象までにはなりません。 きっちりと、最後まで聞いてくれている人に対しての気遣いというのを持つようにしましょう。 最後も聞いてくれた事に関して感謝をしている事が最も伝わるのが、この「ご清聴ありがとうございました」という一文にその気持ちが込められていますので、積極的に使うようにしましょう。 エンディングでは結論を伝えるという非常に重要な部分でもあるので、最後の挨拶・意思を確実に伝えるには「大きくハキハキした声(響き)」を使うようにしましょう。 プレゼンの最後は「ご清聴ありがとうございました」と元気よく簡潔に言うと良い終わり方になる! 「ご清聴ありがとうございました」を使ったプレゼンの、最後の上手な締め方について見てきましたが、いかがでしたか?どんなに準備していたとしても、本番では緊張してしまい、なかなか思うようないいプレゼンができないときもあるかもしれません・・・。 でもそんなときでも、最後の挨拶・終わり方は気を抜かずにしておく必要があります。 「ご清聴ありがとうございました」などときちんとした締め方をしておくことで、聞いてくれた方への感謝になり、自分自身のなかでひとつの区切りにすることができるでしょう。 どんなときでも、丁寧ですっきりとした終わり方・締め方を目指してください。

次の

「ご清聴ありがとうございました」じゃなくて『まとめスライド』を見せる!その時のポイントはこれ!

ご 清聴 ありがとう ご ざいました イラスト

講演 最近、人前で話をするときに「コナン君のモノマネをしまーす」と言って、「おい、コナーン」と元太くんの真似をしてみるのですがウケません。 話をするときのツカミって大事だと思うのですが、難しいですね。 次は蘭ねーちゃんの練習をしてみましょうか・・・。 ご静聴とご清聴は、実はよく間違われる言葉 今日は「ご静聴」と「ご清聴」の使い分けについて説明します。 人前で話をしている人が、その締めくくりに「ごせいちょう、ありがとうございました」という言葉を使うのですが、この場合は、ご清聴とご静聴、どちらを使う方が正しいかわかりますでしょうか? 清聴とは、相手が聞いてくれることを敬う言葉 静聴とは、話を静かに聞くこと スピーチや講演、プレゼンの最後に言うべきは「私の話を聞いてくれて、ありがとう」の意味である「ご清聴ありがとうございました」が正解なんですね。 「ご静聴」は、ただ、静かに聞く意味を表します。 「ご静聴ありがとうございました」と書いてしまうと、「最後までうるさくしないで、上手にきけまちたねーよちよち」なんてニュアンスになってしまうかも? 感謝は相手に対する敬意。 注意して使い分けたい表現です。 では「ご静聴」はどんなときに使うのか? 使う場面はいくつかありますが、 講演をした人が「ご清聴ありがとうございました」、その横で講演会の司会をしている人が「ご静聴願います」を使うことをイメージしておけば、使い分けのイメージがしやすいのではないでしょうか? 今から講演が始まりますので、皆さん、どうぞ静かに聞いてくださいね、というニュアンスですね。 書き言葉ではほとんど意識しない2つの表現 ご清聴もご静聴も、書き言葉としてはあまり使う機会はないかもしれません。 ただ、スピーチの原稿などをチェックしていますと、この書き間違いがよく見受けられます。 講演やスピーチなどで話した内容は、そのまま主催者やプレスに渡って、原文で紹介されることがあります。 ツカミでスベルのも辛いですが、締まらない終わり方になってしまっても勿体ないので意識しておくようにしたいですね。 犬派の西端です。 猫を飼っている人は、部屋の出入りがしやすいようにドアを完全には閉めずに隙間を作っ 「引け目を感じる」「引け目を持つ」「負い目がある」と、一歩引いたようなニュアンスで用いる「引け目」「 結婚式などの祝いの席では「終わり」や「繰り返し」を連想させるような忌み言葉を使ってはいけないとされて 商品やサービスに対する期待値を上げることは大切。 たとえばお店の外観、メニュー、パッケージ。 それらすべ 円滑なコミュニケーションを行うために、ちょっとした雑学やクイズは有効的ですね。 今日は是非、皆さんにま 集中力を発揮するのに環境は大切。 明石では「明るい選挙推進協会」 そこに飛び込まずにいて、そこを論じてしまうから「お高くとまっているお前に何がわかるねん」という反論を 食欲の秋を象徴する言葉に「天高く馬肥ゆる秋」というものがあります。 秋の高い空、馬たちが草を食べている.

次の